トップページ >  7.恋愛セラピストあづまの日記・提言・発言 > 中絶からの心の回復 体験談集

スポンサードリンク

中絶からの心の回復 体験談集

メルマガ 女と男の「心のヘルス」?癒しの心理学で取り上げた中絶からの心の回復のテーマ。

(このサイトの記事「中絶経験のあるあなたに」をご参照ください)

とても反響がありました。
言いにくいことだったと思いますが、勇気を出し、声を上げて、コメントを寄せてくださった皆さまに感謝の意を表したいと思います。

こちらが、中絶からの心の回復 体験談集です。

かなり回復された方、回復途上にある方、まだ痛みが生々しい方・・・
それぞれの歩みの早さで、課題に取り組まれています。

http://www.556health.com/voicemessage/recovery_from_abortion.pdf

右クリックして「対象をファイルに保存」「名前をつけてリンク先を保存」などとすると保存できます。


ダウンロード後、ひとつだけ、お願いがあります。
ブログランキングの応援クリックお願いします。






スポンサードリンク


あなたにぴったりの解決法は


応援クリックありがとう!→←人気ブログランキング

ドットライン

コメント

初めまして。僕は今共に生活をしている妻に中絶をさせてしまった事があります。
その時の僕は経済的に生活ができない訳ではないのに将来の夢の為にお金を貯めていました、避妊はピルを飲んでもらいこれからの人生計画を妻にも話して結婚は何年か後にして子供はこれくらいに作ってと理解してもらっていました。妊娠したのは飲み忘れでした。
僕はそのとき、自分ですべてを背負う事ができませんでした。今回は諦めて、何年かしたら改めて赤ちゃんをつくろう。
生活にも困らせないし、絶対幸せにするからと言いました。彼女は産みたいと言いましたが嫌々僕の意見を飲んでくれました。
そしてすぐに結婚しました。そして二人でお金を貯めていこうと話しました順調に全てがいっているとおもっていました。
でも普段は幸せそうにしていますが、妻は心に大きな罪悪感を抱えて、段々不安定になりました。
そんなときに、実際には浮気をしていた訳ではないのですが、妻の気持ちを悲しませるような疑惑の行動で深く傷つけてしまいました。
妻は初めて、僕ともう居たくないと言いました。僕はずっと愛されている。当然ずっと一緒に居れるとばかり思っていて妻を思いやる気持ちが足りなかったのだと思います。
僕は妻を愛しているし、これからもずっと一緒に居たいと言って許しを請いました。妻は、許せない気持ちもあるけど、やっぱりあなたが好きだし。私は過去の事も含めてもうどこにも行けない。あなたと居るしかないと言いました。
だから余計に二人の絆が欲しいしやっぱり今直ぐに赤ちゃんが欲しいと言われました僕はもうその頃から、自分の夢や経済的に恵まれた生活をする事も大切だけど彼女と一緒に幸せになる事が何より大切だと思ってきていました。
僕は迷いもなく、今すぐ赤ちゃんをつくろうと言いました。奇跡的にすぐに彼女は妊娠しました。いろいろあったけど本当に幸せだ、これから私たちはパパとママだねと言って心から二人で喜びました。僕は、今できる全ての事を彼女の為にしたいと思い家事から、色々な事をやり始めました。
しかし、お腹の赤ちゃんは妊娠が分かってから1ヶ月で育たなくなりました。毎日、二人で泣いて。彼女はもう生きているのも辛い二人の所に行かせてと言いました。
僕はそれでも一緒に居たい、愛している。幸せに二人でなろう、未来を信じよう。それを赤ちゃんも望んでいるはずだと言って。励ましました。
心を癒す為に、旅行に出かけたり、一緒にできる楽しみを見つけたりと、仕事人間だった僕はできる限り妻との時間を持とうと、会社にも理解して頂きなるべく一緒に過ごすようにしています。
少しでも妻に愛情や誠意を見せる為に今も家事のほとんどは僕がやっていますなるべく、妻が楽しい気持ちになれるように、喜んだ顔を見たくて、サプライズで以前から欲しがっていた物を用意したり。夜中にでも出かけたいと言えば、出来限り一緒に出かけたり。
一緒に過ごして、遊んで、小さくても、楽しさ、幸せのかけらを沢山拾って少しでも、気持ちが晴れればと、喜びの感情が増えればと、取り組みました。
昼間に一人になるのが、怖い、嫌だという事で昔から望んでいた犬も飼い始めました。生まれ変わりだと思って可愛がると言っていました。
妻は普通に気分が良さそうな時は、一緒に居てくれてありがとう、大好き!!と言ってくれたり、出会えて良かったと言ってくれたり。
仕事帰りには早く逢いたいから急いで帰ってきて、と言ってくれたりします。昔から、僕に対する愛情表現はストレートでそれが良い所でもありました。
しかし、いったん、イライラが抑えられなくなったり、友人が妊娠したとか芸能人が妊娠したとか、そのようなきっかけで、負の感情が溢れ出します。
そうすると、やっぱり僕が許せない、人殺しと一緒だと、もう一緒に居るのが辛いから別れたいとか、生きていくのが辛いから死にたい、赤ちゃんと同じように殺して欲しいといってきます。
もう一生私は幸せになれないと言います。僕はいつも同じような内容しか言えないのですが。
本当に傷つけた事、僕が弱かった事。たくさんごめんなさい。許してとは言えないけど、ずっと一緒に居たい。愛しています、一緒に乗り越えよう。代わりになる訳じゃないけどまた赤ちゃんをつくって二人で愛情を注ごうと言っています。
妻はいつも許せない、もう遅い、赤ちゃんを返してくれたら許せると言いますが、帰ってくる訳はありません。妻ももちろんそれも分かっていて、きっとこんな、辛くて、悲しい感情しか私にはもうない。幸せになんかなれない。こんな風に死んだように生きていくしかないんだと言います
いつも、2〜6日程、その状態が続いて、泣いてばかりいますが、不意にもう怒る事にも疲れたから、どうでも良い。どうせこんな感情で生きていくしかないんだ。許せないけど、あなたと生きていくしかないと言って。少し元気になります。
そうなると、逆にどこかに行こうと。いつもの妻のようになって、やっぱり赤ちゃんが欲しいねと言ってくれたり。習い事はこれをやらせようとか、子供服を見に行きたいと、言ったりします。
妻は僕以外の誰にも、実は今辛い状態にある事を隠しています。昔から人から無理にでも幸せに見えるようにしてきたようです、弱みを見せません。自分が辛い事を人に知られたくないと、知られるくらいなら、死んだ方が良いと言います。
ですので、友人や、両親はその辛い事を知りません。僕と居て、周りから羨ましがられる夫婦である事を、彼女の中では演じているといいます。本当は、そうなれるはずだったのに、全部僕のせいだと言います。
心療内科に一緒に行こうとも考えましたが、行きたくないと妻が言う事、やはり赤ちゃんが欲しいと思うので薬の副作用が心配な事、普通に笑える時もある事などから、なかなか行く事が出来ませんでした。
この一ヶ月妻がとても、良い状態が続いていて、子供を作るチャレンジも前向きな話も何ヶ月ぶりかに出来ました。基礎体温も僕が体温計を渡し、僕が記録をつけているのですが、取る事が出来ました。
二度と行きたくないと言っていた産婦人科も行く事が出来ました。しかもそこで、妊娠の可能性があると診断されたのです。しかし、その結果も今回はダメでした。
しかし可能性があると分かった瞬間の妻は、とても幸せそうで、いろいろ癒されて、これまでの事を乗り越えていけると僕は期待をしました。やはり二人が前向きに生きる為には赤ちゃんが欲しいと思いました
分かった日は泣きましたが、次の日は、元気にふるまっていて、未来の事を二人で色々話をしましたすごく前向きなことを言ってくれて、今回の赤ちゃんが出来るイメージが思い描く事ができて、前向きな考えが産まれたのではないかと期待しましたが。
行かなければ、よけい悲しい気持ちにならなかったのにと妻は言いました。
すぐに、やっぱり最初の子が許してくれないんだ、乗り越えられないというふうに、なってしまいました。
今回言われた事で、僕はすごく迷ってしまっているのですが、
妻は、色々自分の為にしてくれる事も嬉しい。有り難いけど、何かずれていて結局、わたしのペースを無視している気がすると、赤ちゃんが出来たら嬉しいけど、だからといって、私の気持ちは変わらない。
許せないし、半分死んだままだよといわれました。結局、僕優しくするのも、罪悪感から逃れたいだけ赤ちゃんが欲しいのも私の気が晴れて、自分が楽になると思っているだけ。いつもいつも、自分勝手で自分の事しか考えていないんだと言われました。私は街で赤ちゃんをみるのも苦しいと。
僕は二人が前向きになれるには、必要だと思っていたのです。その自分勝手な考え方も私のペースを分かってくれない所も大嫌いだといわれました。
僕は、自分が出来る限り尽くしていけば、きっと大丈夫だ。二人はまた愛し合える。今でもそう思い合えている日もある。と信じて来ました。
僕の愛情はもう決して揺らぐ事はありません。もちろん別れたくはないし、彼女を幸せにしたいといつも思っています。どんな努力でも出来る想いがあります。
でも、いま彼女にしてあげられる事が何なのか分からなくなっています。自分が信じてやってきた事も、全て間違いだとは思いませんが、それで私の気持ちは晴れる事はないと言われると、どうしたら良いのか悩みます。
カウンセリングも同時並行している産婦人科に行っていて、僕も妻には言わずに同時に色々なメンタルケアや妊娠する事への相談をしているのですが、彼女はここに来る時にはとても、しっかりした受け答えで、とても不安定には見えない強さがある。
時間がかかると思うけど、きっと少しずつ回復していくからと、また赤ちゃんが欲しいと言ったことを言えるのだから、旦那さんも大きくゆっくりかまえて、僕が僕がと背負わずに寄り添うように時間をかけていけば良いよ。
そう言っていただけました。僕が辛そう妻をみる事が辛いから、すぐにでも妻に笑って欲しいと、自分の気持ちを押し付けていたのかと思ってしまいます。
ここに、投稿されている方は、ほとんど、その時のパートナーとは一緒に居ないようです。忘れる事は出来なくても、新しい人との未来を描きやすいのかもしれません
僕たちは過去の人との間でなく、その当事者と居て、妻はその人間が好きで大切だと思っているし今のその人には感謝をしてはいるけど、その人間が一番許せない。そんな状況なのです。
経験者の方等のいけんも聞いてみたいと思い。こんな僕がここに書き込む事が、良いのかと思いますが、書かせて頂きました。乱文長文で何を言いたいのか分からない部分もあると思いますが。
何かありましたら、アドバイス頂けないかと思っています。このHPのこういった使い方が正しいんか分かりませんが。お願い致します。

投稿者 H : 2007年9月10日 17:58

彼女が妊娠し知らない間に中絶をしていました
彼女は中絶を打ち明ける事なく何も言わず去っていきました
俺が浮気してたのを知っていて知らないフリして中絶をし去っていき俺は子供に手も合わせてません

投稿者 森田匡 : 2008年3月 9日 19:20

はじめまして。

僕には妻子があります。
不倫の彼女もいました。
その不倫の彼女が秘密にしていた、妊娠、中絶を本人から聞きました。
これを書いている今から3ヵ月ほど前、本当に早い段階でわかり彼女がひとりで行動した事実でした。

まったく知りませんでした。

でも、そのことはまったく知らなかったけど、なぜだかわかりませんがちょうどその頃から、彼女が離れていく様な気がして、それまではそれほど出さなかった、やきもちの感情を伝えてみたり、やさしい言葉や素直な気持ちを出したりしてました。

もっと大事にしないと離れていってしまう・・・

男って(僕が特にそうなのかな?)しまった!と気がついてからやさしくしたりしますよね。
特に今までと変わらず付き合っていれたのですが・・・


このひと月、彼女の仕事が異様に忙しくなり、というか、ありえないくらい忙しくなり3回ほど約束をドタキャン。
今までそんなことは絶対なかったのにおかしいと胸にモヤモヤをかかえていました。
彼女は本当に仕事が忙しいといい、たしかにそれは間違いないのですがモヤモヤが日に日に大きくなり、ようやく出会って「何かあるの?変わり過ぎだよ。」と聞き、そしてついにカミングアウトしてくれました。
「言っても言わなくても終わっていくと思う。」そういってからの告白通りもう彼女は心に決めていたようです。

彼女だけが背負おうとしてて長い間背負っていて、それでも明るく振舞っていました。彼女はメニエル病で薬を飲んでいて、その薬ゆえに子供が奇形の確立が高いので子供を持つのはあきらめていると前々から言ってました。すごく頑張る子なんで仕事もキャリアをのばしてます。そんな彼女を尊敬もしていた僕は実行するしないは今後の課題として、しかし未来の可能性のひとつとして離婚して彼女と一緒になったら病気が辛いときは精いっぱい支えてあげるからしばし薬を止めて子供を持つ夢を持たしてあげたいと言った事もありました。

でも遅かった。

子供が奇形かもしれないのと自分のキャリアを捨てるのが惜しいという気持ちでまだ二週間ほどのころの発覚の時期に中絶していました。中絶した後すぐにどんな事になってでも生んであげれたのに・・・と思ったと言います。後悔したんです。全部自分で決めたから、罪と罰の罰が今の殺人的多忙で、だからそれからは逃げないと言ってます。
僕がやさしくしたり想いを素直に出したりしだしたから余計に苦しんだのかも知れません。

もっと早くに、あきらめないでいい、女なんだから子供をもつ夢をもっていてもいいんだよ、と伝えてあげていれば・・・別の苦労は来たんだろうけど、彼女ひとりで苦しむことは(一生の心の傷をもつ)せずにいれたかも知れません。

実質ふたりの関係は終わりということになりました。

正直未練がいっぱいあり自信がないんで部屋の鍵を返す時に携帯のアドレスを消しました。(バックアップありますが・・)

彼女の決めた関係の終焉ですが、このままの彼女の状態、気持ちを日々とともに忘れていくように(忘れてはいけはいのに)するのがいいのでしょうか?

こんな男側の気持ちを書くということに抵抗はあったのですが、どこかに聞いて欲しいという苦しみかあったので書かせてもらいました。

かなりの長文で申し訳ありません。


投稿者 はちどり : 2008年11月11日 13:46

投稿者 はちどり : 2008年11月11日 16:25

私も中絶しました。
ここにある提示版読ませて頂きました。

中絶した相手の彼といるのはつらいのはわかり
ます。
私が中絶した相手は私の旦那です。それも
外国人です。
彼はいつも優しいですが、そのことへの
責任はとろうとしません。
これは自分が欲しくてできた子供ではないとの
ことで、経済的にもやっていけないから中絶
するのはあたりまえだといっています。
たしかに私も、避妊をしてませんでした。
心のどこかで2児がほしかったのです。
いま一人めがいます。3歳です
子供は可愛いです。このような子供の命をたった
私はとても後悔と、罪にせめれられます。

ここで考えて欲しいのは、子供の命、生命の重さと
中絶の重さや、経済的な面です。
命以上に重いものがどこにあるのでしょうか?
それよりも経済的な面や、自分の幸せのほうが
大事なのでしょうか?
そのために人は犠牲になるのでしょうか?
そのために胎児は死ぬのでしょうか?
それほどご自身が胎児より大事なのでしょうか?

私は生命という観点から見ると、胎児の命が
一番大切だと思っているので、中絶したことを
いつでも後悔しています。

でもなぜか旦那は今でも好きです。
別れられません。なぜなら第一児の親でもあり、
第二児を中絶させた男でもあるからです。
いくら旦那が好きでもこの人といるのはつらいです
中絶を思い出せます。セックスもまともに
したくありません。体が拒みます。

こんな人といていいのかわかりません。
人生いろいろあるといっても
中絶だけは 私の人生の中で一番
理解できない出来事でした


なんだか わけのわからないことを書いて
すみません

でもどうしても理解できない中絶の事実は
私には重過ぎるのです。
こんなことを重過ぎるとおもっていると
自殺したくなります
みなさん どうしてのりこえましたか?

投稿者  若松公一 : 2009年4月14日 01:05

中絶して1年弱経ちました。

相手の男性は家庭のある方で、約1年半お付き合いをしていましたが、不倫関係が奥様にバレてしまい、彼は家庭を選びました。
その後、私は彼との結婚(離婚して欲しいとの希望)をあきらめましたが、彼に会いたいという自己中な考えだけで、そして彼も私を選ぶことは出来ない可哀想だからと、それだけで数回関係を持ちました。

妊娠しました。
気持ちが変わりました。

生みたい。
あきらめた彼との結婚・・・
しかし彼はやはり、「家庭を選ぶと伝えたよね?あきらめてほしい」と言いました。
つわりも苦しくて、エコーの写真を見て、まだちっちゃい点ですが、見つめて泣き続けました。
彼に何度もお願いしました。
駄目でした・・・
そのうち、彼が一緒ということはあきらめ、結婚できなくても「生みたい」と伝えました。
駄目でした・・・
先ず、認知すると将来奥様にバレた時に離婚になってしまう。そして、私が未婚で一人で子育てするのは無理だど。子供はペットじゃないよと。大変なんだよ、と・・・。

結局彼は自分の幸せのことしか考えてないと、思いました。
妊娠のことは、相手が既婚者だった為両親にはとても打ち明けることができず、一人で悩んでいました。

エコーの写真を見ていると涙がとまらず悲しくて彼に渡してしまいました。
写真をみることで、命の大切さを知って欲しかったことと、私の苦しみを知って欲しかったこと、ここでも私は自己中な考え・行動をしました。

結果、写真が奥様に見つかり、彼は別居しました。
私は両親に打ち明け、両親には「未婚、シングルマザーの状態では生まれてくる子供が不幸になる、手術して欲しい」と泣かれました。彼は奥様との仲直りを希望し、やはり生むことは賛成してくれませんでした。

もう、全部いいって思いました。
何も考えたくないって思いました。
反対する皆へのあてつけのように、私は自分の中できちんとあきらめることもせず、気持ちの整理をつけないまま、手術をしました。

その結果が現在です。
鬱のような症状。心的外傷後ストレス障害という病名。
誰にも話せず、泣いてばかり。
後悔の毎日。
何をって、周りの意見に流されたこと。
生みたいって強い意志があったのに、何故自分以外の言いなりになったんだろう。
手術に行ったのは私自身なのに、病院に電話したのも私なのに、何故今更・・・。
もっと話合えてれば、今こんなに苦しんでいない?
自分自身で納得して決断していれば、今こんなに苦しんでいない?
わかりません・・・

現在、私は自分が大嫌いです。
不倫していた自分、家庭を選んだ後も会っていた自分勝手さ、周りにながされて手術を決めたこと・・・全部全部大嫌い。
そして、あの時、私の希望・生命を守ってくれなかった両親をも憎んで恨んでいます。
心の叫びを両親に訴えたとき、「もう終わったことだよ・・・仕方なかったじゃない」と言われました。
その一度以来、両親には二度と辛いなんて言っていません。
親としては当然ですよね。
娘が未婚・シングルマザー・・・で苦しむのは望みたくなかったですよね。もう、いなくなった赤ちゃんの話も聞きたくないですよね・・・不倫の彼なんてね・・・。

でも、私は生みたかったんです。
彼のことも本当に愛していました。
決して安易に考えてはいません。母子家庭の助成や生活保護も調べていました。
それなのに・・・

私は親から自立できていない人間ですか。
親に、彼に反対されれば、手術してしまった人間です。
自分の意思がない最低人間です。

供養も行きましたが、苦しさ悲しさ切なさ怒りは変わりません。
友達の赤ちゃんにも会いたくないです。本当に勝手です・・・。最低なんです。
自分を卑下すると楽だからと思われますが、そうするしかないんです。
自分を卑下することが私の責任なのです。

彼は半年後離婚しました。
これで私の罪はまた更に増えました。
同時に、離婚するのなら生ませてくれればよかったのに・・・と思ったりしてしまいます。

死ぬこともたくさん考えています。
私は孤独です。

家庭を選んだ彼、神様がせめて赤ちゃんだけでもと授けてくれた命だったのに私は受け取らなかった・・・

今も赤ちゃんが「ママ」と叫んでいます・・・。
読んでくださりありがとうございました。

投稿者 亜紀子 : 2009年5月 8日 23:16

コメントを下さった皆さま

突然襲ってきた不意の事態。
どうしていいか分からない中で、決断を迫られて。
自分が決めたことだけれど、十分に悩む時間もなく。

事態が収拾した後でも、苦しさがずっと残ってしまう。

こんなとき、どうしたらよいのでしょうか。


残念ながら私は、
辛い気持ちを一切感じずに解決するという方法を知りません。

但し、乗りこえてゆくための道は、あります。

まず、このような場合、辛さの一番の原因は、怒りと罪悪感だということを知ってください。
これを、しっかり吐き出し、表現して、自分で感じることが第一歩です。これは決して、妊娠させた彼にぶつけるという意味ではありません。相手を傷つけることをしても、自分もますます嫌な人間になるだけで、根本的な癒しにはなりません。
元々心の基礎体力がある人でも簡単なことではありませんし、元々心の基礎体力が弱い人には、この回復のプロセス自体も、「過酷なリハビリ」七転八倒の苦しみかもしれません。

それでも、怒りと罪悪感を表現し、自分で感じるプロセスを経ないと、癒しが次のステージに進みません。

そのあとは、こんな感じで進みますが、繰り返しますが始めの段階が終わらないと、先に進もうとしても極めて難しいと思います。
今度は、本当に欲しかったものをちゃんと表現する段階です。次に、それを手に入れるため、自分が本当に幸せになるために、いい相手を引き寄せられる自分になること。
そこまで行くと、本当に幸せな感じを感じていると思います。

まずはしっかり、始めの段階つまり、怒りと罪悪感を吐き出し、癒すところをやってみてくださいね。

投稿者 あづま : 2009年5月18日 11:57

怒りと罪悪感を吐き出し、癒すところをやってみてくださいね。
・・・それをどうすればいいのですか。わかりません。
怒りも、罪悪感も日々、常に感じております。
癒やし方がわかりません。

それに、私は癒されて良いのか?
たくさんの罪を負い、自分が楽になろうだなんて甘いんじゃないか。

もうわかりません。
今週も供養のお寺に行きたいと思います。

誰も助けてくれません。
反対した人全員が敵です。
自分自身幸せになりたいとも思わない。
ただ毎日が過ぎていく。

投稿者 亜紀子 : 2009年5月26日 21:56

亜希子さん

コメントありがとうございます。
辛い経験だったのですね、そして、「敵」と書かれていますが、そのような人の中で生きていかなければいけない状況の苦しさ、私には想像もつきません。

この世界には、人を責めるような人間ばかりがいるわけではありません。他人の幸せを願う人間もいるのです。

簡単なことではないかもしれませんが、亜希子さんの幸せを願う人に出会い、拒否することなく受け入れ、共に生きられる日が来ることを、心からお祈り申し上げます。

>自分自身幸せになりたいとも思わない。
こう思っているうちは、きっと辛い日々だと思います。
私も、幸せになりたくない人を助けることはできません。

でもいつか、「幸せになろう、今の状況から抜け出そう」と決めてほしいと心から願っています。

投稿者 あづま(恋愛セラピスト) : 2009年5月31日 17:19

こんにちわ。恵といいます。亜紀子さんと気持ちは全くと言っていいくらい同じです。相手は不倫ではなかったのですが・・・今年の冬に中絶をしました。産みたかったけれど、周りの反対・・・なぜ、自分たちのことばかり考え、自分のエゴで、大事な命を消して、あの人間たちは、なんとも思わないのか?周りに反対され、絶縁すると言われ、一人で守り抜くことができませんでした・・・弱かった。。
親、相手が憎い。殺したい、死ねばいいとさえ思います、もちろん自分も生きる資格も価値もないと思います。
自分も許せない、周りも許せない、誰にもわからない、みんな敵です。この悲しさ辛さ苦しみ・・・わかりもしない人たちに簡単に『幸せになっていいのよ』と言われ・・・経験したことのない人たちに何がわかるというのですか?この重さに耐えられません。この事実を持って、どうして幸せになれるというのでしょうか?明るく生きれるのでしょうか?どうしても理解できません。

投稿者 恵 : 2009年6月30日 08:47

2007.9に書き込みをされてるHさんに・・
私はHさんと逆の立場ですが、書き込みを見て、涙がでました。どうしたら夫を許せるだろう、とずっと思っていましたが、もう苦しめてはいけないな・・という気持ちになりました。これからもそばにいてほしいって思いました。
Hさんご夫婦に今頃かわいい赤ちゃんが誕生していますように・・

投稿者 m : 2009年7月 7日 09:28

恵さん

辛いご経験でしたね。

同じ日本に生きていても、どんな人々に囲まれているかで、全く別の世界だと感じることがあります。

恵さんが、いつか、恵さんを大切に思ってくれる人たちの中で生きられますよう、お祈りいたします。

そして、今はそう思えないかもしれませんが、恵さん自身が、そのような世界がきっとあるはずだと思える日が来ますよう、心から願っています。

今のままでは、怒りで心身共にボロボロになってしまうかもしれませんので、できることなら、精神科、セラピスト、カウンセラーなどの専門家の助けを借りることを、私はお勧めいたします。


mさん

優しいコメントありがとうございます。
愛のあるコメントを見ると、私もホッとします。
そうですね。
辛い経験も、しっかり辛い気持ちを感じて癒し、水に流せる心の強さを、持っていたいものです。

投稿者 あづま(恋愛セラピスト) : 2009年7月 8日 17:41

わたしは、15歳ごろから中絶、出産、流産、出産を経験しているものです。上の子は大学です。

実の父と母の喧嘩(かなり暴力的、言葉も醜く母が包丁を出してきたとき私はすぐに奪いに行きその後家中の包丁を隠したそうです。子供のころの記憶はほとんどありません。9歳ごろです)は絶えずしばらくして離婚し母には監視、中傷されてきました。

再婚?するはずだった相手が家に住んでましたが、単なるサギで、しばらくして出て行き若い女と再婚したそうです。それでも家にきたり泥棒に入ったり姉に暴行しようとしたりストーカーまがいの電話などで姉は次第に鬱病になっていました。

私が15で家を出た後です。

母は警察にも言わず、しばらくして違う男のもとへ
引越し、跡に残された姉はストーカー行為を受けていたようです。

そして鬱病になりました。

おかしくなった姉を引越し先に呼び
再婚相手と暮らしていましたが、母の中傷は、まったく変わっていませんでした。

私は私で、15で家を出た後
自分を大事にすることもなにもわからず
ただ家にいるのが嫌で当時付き合った相手の家に同棲し
ただ、遊んだり水商売したりしてました。

なにも考えていなかった私はもちろん妊娠し彼は産婦人科医の息子だったので
知っている病院に連れて行かれ中絶、その後も暮らしていました。
ーその時は、親戚に子供のいる人もいなかったため赤ちゃんの可愛ささえ知りませんでした。

でもわけも分からず泣いたり叫んだり
見かねた彼の友達が励ましたりしてくれていました。

話が前後してしまいますが、家を出る前に辛い遠距離恋愛をしました。わずかな間ですが。
当時はとにかく辛くて手首を何度か切ったりしていました。

そして今でも忘れませんが、とても恐ろしい夢をみました。

そのころ住んでいた街の丘の上に私は浮いていて街を見下ろしていました。

街は左半分が地獄で(人骨があちこちに転がっており、炎に包まれていました。)右半分は今の色のある楽しい街の風景でした。
どこからか声がして、「今死ねば左の地獄に行くことになる。それが嫌なら死ぬなんて考えるな。」

絶対に嫌だと心底思いました。それから自傷行為はしていません。
目に見えない神様はいると信じています。

それから当時の夫に出会い、結婚し出産しました。

それから何度か家に行き来していましたが
姉の症状は悪化し、おそらく変わらない姉に母の暴言もエスカレートしていたのでしょう。
最悪の結果になってしまいました。
実の父に姉の死そして最近まで、ずっと辛辣だった母。
自分の周りには、癒してくれる家族さえいませんでした。

そして、10年の間流産を経験、色々と絶えてきた結婚生活に終止符をつけ
ひとりは可愛そうだと出産後に離婚しずっとひとりで育ててきました。

いまでは、母の態度も少し変わり自分も許す方が、楽だと悟りました。

幼馴染や色々な方との出会いで、色々な人がいて幸せな場面もあると
ひしひしと感じております。

でも不安定なときは、今の彼に酷く辛辣な言葉を吐きすべてから遠ざかろうとします。そんな自分が嫌で辛い毎日です。

そんな時、このサイトを知り日々救われています。

いまは、大事にしなければいけない命と失った命と
自分のせいで傷つけてしまった人、とてもやりきれない面もあります。
でも親とも子供とも仲良しです。

どうかいつか変われる日が来ると、違う人もいると知ってほしいと思い投稿しました。

投稿者 いるか : 2011年1月23日 04:23

いるかさん

貴重なご経験を、コメントして下さってありがとうございます。

大変な境遇の中、生き抜いてこられたご努力は、さぞ大変なものだったのだろうと想像するばかりです。それでも、今のところまでたどり着かれたことは、同じようなご経験を今まさにされている方への応援メッセージと感じます。

穏やかな心の日が続きますように。
ありがとうございました。

投稿者 あづま : 2011年1月28日 17:37

はじめまして。今、妊娠中のものです。
しかし、きっと生んであげる事は出来ないと思っています。

私は今、留学中で海外にいます。彼も留学生です。
私たちには、子供を立派に育てるための、経済的な余裕はありません。

検査薬で調べたとき、私は戸惑いました。
赤ちゃんの存在よりも、産めるわけがないから、早く何とかしなくては。と、そればかりを考えていました。
自分の中では、確実に妊娠している事が分かっていたにもかかわらず、
私の中で新しく生まれた命に対して、向き合えていませんでした。
彼はそのとき、生む事も考えていてくれました。私の体のことを考えたら、中絶はよくないんじゃないか。
生むのは難しい事は分かっていても、なにか出来ないかと考えて、調べていてくれたようです。
でも私は彼に、生まないほうがいいと思うと告げました。
彼はごめんねと言ってくれました。

その後、病院にいき改めて、検査してもらいました。

妊娠しているといわれました。

私はそのとき、確かに、嬉しいと感じていました。
そのとき初めて、人に言われてようやく、新しい命が自分の中に宿っている事を、自覚できたのです。
しかし、すぐに哀しくなりました。虚しくなりました。
この子は、命を奪われるために、その存在を認められたのかという気がして、泣きそうになりました。
どうするつもりか決めているのかとドクターにきかれ、あきらめるつもりだといえませんでした。
命を奪う勇気が、その覚悟が、自分の中で出来ていないのです。
この赤ちゃんは、私の中にいるけれど、けして私の命ではないんです。他の人間の命なんです。
私は悪者になりたくない。人殺しになりたくない。きっとそう思っているから、踏ん切りがつかないんです。
経験者の方の話を読んで、その方たちを人殺しだとは思わないし、とても悩まれたのだろうと思うのですが、いざそれをするのが自分だとどうしても許せないんです。
彼ともう一度はなしをしました。でも今回は、私はすぐに、じゃあ中絶でとは言えなかったんです。諦めしかないと思っているけど、悲しくて悲しくてしょうがないんです。赤ちゃんのことを思うと涙か止まらないんです。
相手も自分も経済的に、自分の親に支援してもらっている身で、赤ちゃんを生んで、幸せにしてあげられるわけがないと頭では分かっているんです。愛をたくさん注いであげる事は、お金がなくてもきっと出来るかもしれませんが、お金がないために途方もない苦労もさせるし、自分でも未熟な人間だと分かっている私たちが親になって、ずっと愛を注ぎ続けることができる自信もない。迷惑をかけるのは子供だけじゃない。親にもたくさん迷惑をかけるでしょう。それでもきっと幸せになれるなんて思うのは、夢物語もいいところでしょう。生んで幸せにしてあげられる保証がないまま生むのはきっと無責任で、中絶するのと同じぐらい、罪は重いんじゃないかとも、思うんです。でも、そう考えるのは、自分を正当化したいだけなんじゃないか、とも思うんです。堂々巡りで答えが出ません。

少し話は変わりますが、彼は私とのことを、彼の親に話していません。
もともと、私自身、親に自分の恋愛について話すほうではなかったので、話さなくてはいけない。ってものではないとは、分かってはいるんです。でも、今まで付き合った人たちは、すぐに親に、私のことを話してくれていました。
その上、彼には、私と付き合う直前まで、長く付き合っていた彼女がいて、その子のことは親にも話していました。
その彼女と遠距離になり、心が離れて、私と付き合うようになりました。でも私の事は、1年以上たついまも、親に話してくれていない。その他いろんな事情があって、わたしは彼に、本当に愛されてるのかと不安でしょうがありませんでした。

こうなった今、妊娠のことを含め親に話す気はあるのかと彼に聞きました。
彼は私が言ってほしいなら言うし、言わないで欲しいなら言わないといいました。
私は自分の親に話せないけれど、彼には親に話して欲しいって思ったんです。彼が逃げるんじゃないかと疑っていたわけではないですが、何か、保障が欲しかったんだと思います。
でも、彼自身には自分の意見がないのか全部私任せかと、彼の返答にすごくイライラしてしまったんです。
落ち着いて普通に考えれば、私のことを気遣ってくれてたんだと思えるのですが、頭で理解できる事と、感情が別物過ぎて、コントロールできません。
でも経験者の方の話を読んで私は、だれかに、中絶しなさいといわれたかったんだと気づきました。自分は親には話せないから、相手の親に言ってほしかった。彼がいうのはなんだか許せない。だって君の赤ちゃんでしょ。私が言うのも許せない。だって私の赤ちゃんだから。だから自分じゃない誰かに、悪者になって欲しかった。とんだ甘ちゃんですよね。この決断は、他人に頼ってしていいものではないと気づきました。彼よりも、私がしなきゃいけないことなんだと思いました。でも、私の決断を、きっと、彼も一緒に負ってくれると信じて、もう少し考えてみます。

今でも、きっとこの子は産んであげられる状況ではないと思っています。
でも、まだこの子の命を奪う覚悟は出来ないので、後悔しないよう、よく悩みよく考えて、今の私に出来る最善はなんなのかを考えてみようと思います。

とても長くなってしまって、申し訳ないです。
読んでいただいてありがとうございます。

投稿者 A : 2011年6月 7日 17:22

Aさん

コメントありがとうございます。

そうですか。
よくよく悩まれて、本当に悩み抜いて、結論を出されてください。

(悩む≠自分を責める です)


私は個人的には、多くの夫婦は自分たちの力で子育てをするべきだが、もしそれが叶わなかった場合、社会が、シングルマザーでも生きていけるような十分な子育て支援体制を持っているべきだ、という考えを持っていますが、
(ちなみにそうすると結婚生活を早々にあきらめる人も増えそうなので、夫婦仲の支援もしたほうがいいと思っていますが)

なかなか、そういう理想的な環境はないですから、現実の中でギリギリの決断をしていくことになるのだと思います。


何が言いたかったかというと、
物事には様々な切り口があり、様々な見方があると言うことです。

辛い経験を乗りこえていくと言うことは、その経験に対して、色々な視点からの見方ができるようになる、ということとほぼ同じです。

この経験から、Aさんの考え方の幅が拡がってくれるといいな、と思っています。


どう考え、どう決めるかについては、
私がとやかく言う立場ではありませんので、
ご自分で納得できる道を行かれて下さい。

コメントありがとうございました。

投稿者 あづま : 2011年6月14日 19:20

バツイチで子供2人引き取って実家(母親1人)と生活しているものです。

彼女はいます。遠距離ですが。
実家暮らしです。

彼女が妊娠しました。
付き合い始めから、私達2人の子供や結婚はしなくても良いと言われていました。
私はいづれ時期が来たら、結婚して子供を欲しいと言っていました。

時期も来ていない時の妊娠でしたが、正直どうしようとは思わなかったです。
産んで欲しい、そのためにはどうしたほうが良いのかを考えていました。

まず彼女は、私の住んでいる所には行かない。実家で住む。
私は、それでも良いと考えていました。
ただ、現実には彼女に子供を1人で育てて行くほどの収入(正社員ですが)は有りませんので、私が出来るだけの費用を渡すことをしようとしていました。
二人で会って話をした時に、産まないとの結論が出ました。
話し合いの中で、彼女が私を必要とは言わなかったのも、そう決断した要因でも有ります。
ですが、やはり産んで欲しくて、どうにかならないかとしているうちに、彼女の家族を怒らせてしまい、もう後戻り出来なくなってしまいました。

その後は、彼女からは、産めないし、家族からも産まないなら別れるのが当然と言われていると連絡が有り、私からの連絡は一切返事が有りません。

まだ、病院で堕ろす事はしていません。(初期すぎて再度検査してから)

彼女と共にこれからも歩んでいきたいと強く望んでいますが、
彼女は当然といえば当然ですが、分からない、その前に堕ろすということに対しての決意を固めている所だからと言います。
私からの連絡にしても決断が揺れる、病院も1人で良いと言っています。

私は、力になれることは何でもして彼女と共にと考えています。

私は自分が無力で情けなくてどうすれば、これからも彼女と共に歩めるのか教えて欲しいと投稿しました。

乱文で申し訳ございませんが、よろしくお願いします。

投稿者 YK : 2012年1月18日 15:48

YKさん

貴重な体験談、ありがとうございます。

話を読んで、驚きました。私ももし、YKさんの立場だったら、驚き、混乱してしまうと思います。

とはいえ、男として、こういう場面で何ができるか…できることは多くはないですが…考えてみると、結局、彼女のことを本当に愛しているのなら、彼女の意思を尊重して、それを応援することしかない、と分かるはずです。

とても残念な彼女さんの決定ではありますが、今この時点で、彼女が堕ろすと言い、そして別れるとも言っているのなら、辛くても、こちらの希望とは違っても、まずその決定を尊重することが、一番大事なことだと思います。

妊娠が分かってからのYKさんの行動は、私も同様に振る舞うだろうと思いますし、ベストを尽くしたと考えて良いのではないでしょうか。きっと、何度考えても、そう大きく状況を変えられる選択肢は出てこないと思うのです。

こんなときは、ちょっとよく状況を俯瞰して見る必要があるんじゃないかと、私は思います。


まず気になるのは、彼女さんが始めから、結婚もしない、子供もいらない、ということをおっしゃっている点です。

私の相談経験では、自分の子供時代が幸せじゃなかったので、子供をもうけてもその子が幸せに生きるイメージが持てない、だから子供はほしくない、という女性は少なからずいらっしゃいました。

彼女さんがそれに当てはまるかどうかは、直接お話を伺っていませんのでわかりませんが、子供をほしがらないだけの理由ですから、何か相応の背景があるはずです。
本来、子供を望むかどうかを話し合うというレベルではなく、こうした、本質的な問題点をきちんと明らかにして、そして、二人で取り組んで(場合によってはセラピーなどを利用して)解決する必要があるのだと思います。

本来、子供を産むことに関して、男は無力なのです。そこを受け入れて、女性が望む方向へと名サポート役をすることが、いい男なのだと思います。

話を戻して、彼女さんが子供を望まないことに、何か背景があるだろうことに想いを致せば、少なくともセックスの時には用心に用心を重ねておくこと、そして、二人で過ごしている間に、少しでも本質的な問題点を明らかにしていくこと(経済的な問題はおそらく本質ではないです)が大事でした。

私なら、こういうことを考え、次こそは、事がいよいよ切羽詰まってしまう前に、相手のメンタルな課題が分かり、早め早めに解決のための働きかけができる自分に【成長しよう】、と決意するんじゃないかと思います。

そして、気持ちの揺れを止めるためにも、しばらく勉強する期間にすると思います。特に、人間関係の問題や、人を動かす方法など、仕事にも役立つ、人間関係のスキルを身につけるかな。

勉強って、新しく成長した自分と出会えるじゃないですか。だから、無力な感じを、少しでも打ち消してくれます。「あぁ自分、ちょっと成長したな」って。

ま、私の場合、過去にどうしようもなく恋愛で困って傷ついて、【成長しよう】で成長してきて、今ここで恋愛セラピストなどをやっているわけですが。

まとめますと、
彼女さんの意思を尊重できるのがいい男。
辛い経験も、糧にして成長できるのがいい男。
ということじゃないでしょうか。

未来はまだまだ拓けていますよ。
いまは暗い気持ちかもしれませんが、できるだけ前向きに、進んでいきましょう。

応援しています。

投稿者 あづま : 2012年2月15日 02:56

はじめまして、私は去年の11月に中絶をしました。

彼とは付き合っていても彼のことで不安になってすこし距離を置いていて、久しぶりに再会した時にできた赤ちゃんでした。

生理が来ないとは思っていても、自分が妊娠しているとは思うことができませんでした。もし妊娠していたら結婚して赤ちゃんを産むんだろうか、彼はきっと結婚なんて考えていないから中絶するほうが現実的なんだろうかと、色々考えては自分は妊娠なんてしていないだろうと、考えていました。

ひとりで検査をすることができず、とりあえず彼に生理が来ないことを報告しました。

その時の彼は驚いてはいましたが、男の子かな?女の子かな?と、言って私のことを思ってかはわかりませんが、前向きに考えているように見えました。報告しながら私が泣いていたからかもしれませんが。

それから一緒に検査薬で確認した結果、陽性でした。その時はなぜか私は落ち着いていました。彼はそれから悩んでいました。中絶をしてほしいと言いたそうに見えたので、彼に「(赤ちゃんを)なかったことにしてもいいよ」と、言いました。

実際その時の私は、彼より先に言うことで彼から私の赤ちゃんはいらない、といわれることに対してのダメージを少なくするため、自分のために赤ちゃんをなかったことにして今まで通りにするため、と自分のことだけを考えていました。

朝になってから彼に、「今回はなかったことにしよう、また欲しくなったときに赤ちゃんをつくろう」といわれました。

自分でいらないと言っておいて、彼から言われるとなぜか泣いてしまいました。
同じ職場だったのでそのまま一緒に行ってくれましたが、私は早く離れたくてしょうがありませんでした。自分勝手だなと思っても彼のことを考えることはできませんでした。赤ちゃんがお腹にいると分かってもセックスをしようとする人だから。今更妊娠の心配もしなくていいから。彼は自分のことしか考えられないから、優しくする自分が好きなんだろうと、彼の行動を素直に受け止められませんでした。

仕事が終わってからも一緒にいて、泣いている私に寄り添っていてくれました。何日かしてから一緒に産婦人科に行きました。やはり妊娠していました。そのときにまだ小さな赤ちゃんのエコーの写真をいただきました。赤ちゃんを写真で確認することで現実を知り、自分の赤ちゃんを殺そうとしている事実に罪悪感を感じ、怖くなりました。

「(赤ちゃんを)堕ろしたくない」と、わたしがいっても彼は「育てられない」といい、やはり中絶することになりました。強く言えない、自分の意見も言えない自分も嫌だし、彼の責任にしてしまおうとしている自分も嫌、でもひとりで育てる勇気もない。自立できていない自分が安易な行動をしてしまったことを後悔しました。

それからは検査をした産婦人科では手術ができなっかたため、中絶するための病院をまた探しました。自分で自分の赤ちゃんを殺す病院を探すという、馬鹿な行動をとっている自分が嫌でしょうがなかった。

見つけた病院ではひとりで行き、日程を決め、手術の同意書を彼の欄も書き、自分がしている行動が馬鹿らしかったが中絶のための作業は着実に進んでいました。

手術日は彼と一緒に行き、待合室で待っているときに彼は「やっぱり手術やめよう」と、言いましたがそんな言葉を手術をする直前にいう彼を信じられず、そのまま手術をしました。

手術をした後も一緒にいました。次の日からも一緒にいました。彼のことを信用できなかったので、別れたいと言いましたが、結局別れずそのまま過ごしていきました。

その後生理も来て、産婦人科での診察にも行きました。その時の彼は帰り際に「もう大丈夫でしょ」と、言いました。

もうそれからは彼はやっぱり自分のことじゃないから、どうでもいいことなんだ。私なんかどうでもいい存在なんだ。なんにもわかってくれない。と、思いながら関係が続きました。でもやっぱり彼の存在は大きくて完全に離れられなくて。

でも、このまま彼と付き合っていてもまた中絶するような状況になってしまう。と、思えるようになって彼とは別れました。

もうすぐ手術をして1年になります。去年の私は妊娠中の幸せそうな同僚をみて、自分が惨めにみえ、どうせ中絶するから流産してもいいと思いながら仕事をし、生活していました。赤ちゃんを通して自分の価値を確認しようとしているような自分が嫌、どうして自分の赤ちゃんを大事にできなかったんだろうと、冷たい自分に後悔です。もっと強く自分を持ってひとりででも産んで育てたほうがよかっただろうか、と思うばかりです。

まとまりもなく、長文で申し訳ありません。

わたしは今どうしたらいいのでしょうか。
この気持ちをどう整理していいかわかりません。

よろしくお願いします。

投稿者 まなみ : 2012年10月19日 23:54

はじめてコメントします。
私は今年の3月に中絶手術をした24歳の女です。
他に同じ体験をされた方々の思いを知りたくて、ここにたどりつきました。みなさんの体験を拝見させていただきました。
涙がとまりませんでした。

ちょうど、このくらいに生まれている予定だったんだ、と最近になって思い返し、フラッシュバックに襲われています。

私自身も整理したい気持ちもあり、今回書かせていただいています。

相手の方は当時付き合っていた彼氏でした。春から遠距離になることが決まっており、「こどもがほしい」の言葉を何の根拠もないのに信じて、結果、避妊を怠りました。こわくなってアフターピルを処方していただいたのにもかかわらず、妊娠しました。本当に好きな人の子供で、嬉しかったと同時にとてつもなく不安になりました。
彼は春から大学院への進学が決まっていました。諦めて働くと言ってほしかったのが本音でしたが、彼の夢を追いかけたい性格もわかっており、彼の両親にも猛反対され、心身共にボロボロになりながら中絶を選びました。
考えが甘く、幼稚であったことが本当に恥ずかしいです。

しかし、彼のせいではありません。
私が自分の意志で手術台にあがりました。私が強く生みたいと願えば、シングルマザーでもやっていけたのです。私は働いていましたから。
1人で生活する自信や勇気もなく、中絶を選んだのは私自身です。
そのころの記憶はあまりありません。

その後、彼と付き合っていくことが辛くなり、別れを告げましたが彼が「戻りたい」と言ってくれてもう一度やりなおす覚悟をしました。
しかし、最近の私の情緒不安定な様子を見て、私に振り回されるのが辛い、と言い離れていきました。当然の結果だと思っています。
本当に独りになってしまいました。


周囲の友達にも誰にも告げていません。
よって、安易な「妊娠したらどうしよう」だとか、「中にださなきゃ大丈夫」と言う話を聞く機会もあり、気がおかしくなりそうです。
結婚の報告や出産の報告を聞いても素直に喜んであげられません。
その場は我慢しても、一人になると死にたい気持ちになります。

他によりどころがなく、遠距離中の彼のところに行きたいと何度も考えましたが、私の母がガン治療中ということ、父が以前脳梗塞を起こしたことがストッパーとなり、家からでることができませんでした。
今では彼が離れていったので、どうすることもできませんが。

母のガンは私が中絶してから発覚し、その治療の過程で卵巣を全部摘出しました。
母も女性です。卵巣をなくす気持ちがどのようなものだったのか、想像もできません。

私のせいだ、と思っています。
こんな人殺しがのうのうと生き続けなきゃならない理由はなんでしょうか。
自分の都合で小さな命を殺しておいて、母には生きてほしいと願う。
本当に勝手です。
毎月、水子供養をしていただいたお寺にお参りに行きますが、謝ることしかできません。

罪悪感で押しつぶされながら毎日を送っています。

でも、こんな私でも将来温かい家庭をつくりたいと願うことはいけないことでしょうか。
そう願えば願うほど、殺してしまった赤ちゃんに申し訳なくなります。

家族はそのときのことには触れず生活してくれています。
私も気にしていないように振る舞っているつもりです。
しかし、以前のように明るい私も、友達や好きな人を過ごして楽しいと感じていた私はどこにもいません。これから先、好きな人ができるとも思えません。
少しでも環境を変えたくて仕事を変えてみたものの、やはりうまくいかずまた職を変える予定です。

死にたい、と思うことが多いですが、死ぬわけにもいかないのです。
闘病中の家族を置いて死ぬわけにはいきません。
赤ちゃんにも申し訳ないです。

痛みを分かち合う彼はもういません。

女として、母親として最低なことをしたことには変わりません。
強く意志をもてなかった自分を、一生恥じて生きていきます。

長文、乱文失礼しました。
読んでいただきありがとうございました。

投稿者 M : 2012年11月26日 17:18

まなみさん

コメントありがとうございます。

つらい体験でしたね。

私もどうコメントしていいか、分からないのですが…
まずとにかく、今の気持ちをはき出す場所を持つことです。
水子供養でも、セラピーでも占いでも何でもいいと思います。
とにかく、マイナス感情は、否定されないところではき出すこと。
それが、しばらくはつらいと思いますが、癒しの道です。


そのあとは、もう少し俯瞰(ふかん)して、全体的な状況を見つめられるといいですね。なんだか始めから、問題ありの彼と関係を持ってしまった感じがありますし。

まずは、自分の気持ちを、はき出して浄化する場を、何でもいいから持つことだと思います。
しばらくはおつらいでしょうが、一歩ずつでも前進してください。

出口が見える日が来ることを、心からお祈りいたします。

投稿者 あづま : 2012年12月14日 16:06

Mさん

貴重な体験談ありがとうございます。
辛いご経験でしたね。

まずは、辛い気持ちを受け止めてくれる人に、しっかりと気持ちを吐き出して、浄化して、終わらせていくことが、何より大切です。

ひとりで進むのは辛いです。友達だって、受け止めきれない部分があると思います。ですから、セラピストを頼るのも、ひとつの方法です。


この段階に、もしかしたら半年?数年かかるかもしれません。
ですので、いまから書くことを、Mさんが今すぐ実践できるとは思っていませんし、実践すべきだとも考えていませんが、いつか思い出してほしいと思って書きます。

Mさんは、もっと、「わがまま」になっていいのです。

仕事をしていると、家族を持っている人が、強く見えませんか?
自分の都合(というか家族の都合)を、家族の代表として主張する人、いませんか?

職場では、上司からは、職場の論理をあれこれ言われると思いますが、それに負けないで、家族の都合を堂々と主張する人、いませんか?

みんな、自分と自分の家族、そして、(これから子供を持つ人は)、まだ見ぬ将来の家族のために、闘っているのです。

闘える自分にならないと、未来の子供を守ることができません。


職場の人、周りの友達に対して「いい人」であるより、
自分が本当に守るべき家族、そして、自分が守ってあげなければ生きていけない未来の命(子供)に対して「いい人」であるために、

外では闘うことも、人間、必要なのです。

それは、わがままなのではなく、大切な命の営みです。


繰り返しますが、いますぐ、Mさんが、いま書いたようなことを実践できるとは、全く期待していません。
(でも、コメント欄は本当に一期一会で、このタイミングで全部書かないと、永久にさようならなので、未来のことまで書いています)

まずは、心と体を休めてください。

そして、今度は本当に、未来の小さな命を守れる自分になるために、闘える自分になるために、何をしたらいいのか、本気で考えて成長してください。

一緒に闘ってくれるパートナーを見つけてください。
優しいだけが愛じゃないよ。
守るべき者のために、闘ったり、厳しいことが言えることだって大事。

そういう人を好きになれる自分に成長する。
それも大事。

こういう課題を、本気で、10年かけてでも、クリアしてください。


償いというなら、それが、償いです。


本気でやれよ!
応援してます。

投稿者 あづま : 2013年1月23日 12:14




あなたにぴったりの解決法は

トップページ >  7.恋愛セラピストあづまの日記・提言・発言 >  このページ“中絶からの心の回復 体験談集”のトップへ


中絶からの心の回復 体験談集の関連記事etc.

7.恋愛セラピストあづまの日記・提言・発言 記事一覧

「サイコロで1の目が出る確率は、出るか出ないかの二分の一」理論について思うこと /  コンサルティング的セッションを始めます2 /  コンサルティング的セッションを始めます。 /  恋愛セラピスト、この歳で恋愛する気持ちが分かった(爆) /  オーロラ写真をアップします。 /  今年のココヘルの活動についてタロットで占ってみました。 /  私が「科学的でない」スピリチュアルの主張と距離を置く理由 /  日本政府が合法的に外国企業に課税する方法 /  ときには"形で示す"ことも大事。 /  若い人の脱原発運動はいいかもしれない、と思う理由。 /  この際、男女産み分けも公認すればいいじゃないの。 /  お笑い芸人河本氏がつるし上げられた件についての違和感2 /  お笑い芸人河本氏がつるし上げられた件についての違和感 /  新しいワークショップの方向性をタロットで占ってみました。 /  あづまの今年をタロットで占ってみました。 /  自分自身の、食生活から、食糧自給率とTPPを考える /  自分の無意識にも責任を持つ、という高い意識を。 /  最近の物理学で気になっていること。 /  レディー・ガガ、ありがとう。 /  原発=シロアリの喰ったマイホーム、と考えてみる。 /  お風呂の鏡をアルミホイルで磨くとき、何が起きている? /  誠実に愚直に努力している人が評価される仕組みの大切さ /  飲んではいけない飲みもの 飲んでもいい飲みもの /  草食系男子は、少子化問題解決の切り札になるか? /  サイコパス(反社会性人格障害者)の特徴と対処法 /  少子化とメンタルブロック /  中絶からの心の回復 体験談集 /  中絶経験のあるあなたに /  もう子育てはやめなさい / 

記事カテゴリー一覧

1.恋愛の悩みに関するコラム(183) /  1b.心理学に関するコラム(116) /  1c.男性向きのアドバイス(32) /  1d.人を動かす秘訣(36) /  1e.結婚生活の悩みに関するコラム(2) /  1g.セラピストまなみのコラム(24) /  2.恋愛セラピー手法・事例・信念(36) /  3.女と男の心理学用語集(168) /  3b.心の化学反応式ー解説書(10) /  4.リンク(11) /  5.書評・レビュー・講演(114) /  6.メルマガバックナンバー(146) /  6b.メルマガバックナンバー2(153) /  6c.メルマガバックナンバー3(151) /  6d.メルマガバックナンバー4(147) /  6e.メルマガバックナンバー5(150) /  6f.メルマガバックナンバー6(77) /  7.恋愛セラピストあづまの日記・提言・発言(29) /  おすすめ・キャンペーン(2) /  オススメ記事(40) /  電話・skype恋愛セラピー(4) / 

オススメ記事

夫の不倫が発覚!さあどうする?という時に役立つ記事たち /  その恋、恋愛依存症かも!? 問題アリの彼から離れられない心理 /  「浮気しない人」を求めても、引き寄せられない理由 /  身近に回避依存症者がいるあなたへ、対応策と自分を守るアドバイス /  「浮気はなぜいけないのか?」について議論しましょう。 /  浮気症の治療法、改善方法 /  恋愛依存症の克服・解消に役立つ心理療法の技法 /  不倫に陥る理由(父親との関係) /  恋愛カウンセリングの受け方 /  モテる男の心理と、落ち着いた大人の男の心理の違い /  謝れない男の心理 /  婚活(結婚活動)の必須科目 心のおそうじ /  共依存的な恋愛の解決法について /  共依存的恋愛?恋愛依存症の泥沼から抜け出すために /  失恋した元彼との復縁方法を探しているあなたに辛口アドバイス /  浮気性、浮気症 【うわきしょう】 /  恋愛コラムby恋愛セラピストあづまやすし /  彼氏ができない理由、自己診断チャート /  マリッジブルーの原因と解消法?男性と女性でこれだけ違う /  黙り込む男の心理 /  いじられキャラの心理分析 /  モテる男の心理(心の問題/回避依存症) /  回避依存症【かいひいぞんしょう】 /  不倫の子を妊娠?中絶or出産?認知は? /  不倫されたときの心の癒し方 /  浮気男の心理 /  恋愛依存症の克服・回復 【れんあいいぞんしょう】 /  浮気チェックの方法 /  夫の不倫に気付いたら /  男の浮気を防止する方法 /  彼氏が出来ないのはなぜ? /  男心をつかむ方法 /  彼氏が出来ない理由、ご意見募集! /  【男心理解】30分でわかる男心のつかみ方 /  彼氏ができない理由、決定版 /  男の心理が分かる心理学レポート【男心理解】 /  男性心理(怒る男性の心理) /  心理学・メンタルヘルス おすすめリンク /  人生の先生・友人リンク1 /  恋愛・結婚おすすめリンク / 


  PR [無料タロット恋愛占い屋]