【ココヘル113】他人の感情に引きずられてしまうあなたに2

 

◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 女と男の「心のヘルス」?癒しの心理学 113号 2006.7.22
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆
 
 こんにちは、あづまです。
 目の前にしかめっ面ばかりの人がいる。
 いつも、説教ばっかり。
 
 嫌な気分になりますね。
 
 経験談です(笑)
 
 
 さて、今回は自分の感情を他人に押しつける人が身近にいるとき、
 どう接したらいいかの話です。
 
 前回、自分が他人に感情を押しつけないためにどうしたらいいか
 ということを書きました。今度は立場を逆にして考えるのです。
 
 だから、前回の内容が分かっていないと、今回は理解できません。
 
 
◆ちょっと、復習です。
 
 前回はこんなことを書きました。
 
 「自分の幸せの責任者は自分」
 最低限の自分の幸せは自分で面倒を見ること。
 
 「アイ・メッセージ」
 相手にお願いするとき、自分の感情を、「私は、こう感じた」
 という形で説明し、自分の責任で相手にお願いします。
 
 
◆立場を入れ替える、「ポジション・チェンジ」
 
 まず自分の立場から相手を見ます。
 困った人は、誰ですか?その人が目の前にいるところを思い浮か
 べてください。
 
 「どんな表情をしていますか?」
 「どんな声で、どんな口調で話していますか?」
 
 そして、自分がどんな気持ちになったか、感じてみてください。
 
 
 次に、相手になりきって、あなたの姿を見ます。
 あなたは、どんな表情をしていますか?どんな様子ですか?
 
 その相手の立場から、あなたにアドバイスをしてください。
 あなたが、幸せになるためのアドバイスですよ。
 
 
 最後に、中立の立場を保てるとあなたが信じる第三者に登場して
 もらいます。それは、誰ですか?
 
 その人になり切って下さい。
 そして、目の前にあなたと、その困った人がいるところを中立の
 第三者の方の目から見ていると想像してください。
 
 二人はどんな様子ですか?
 二人にアドバイスをしてみて下さい。
 
 
 まあ、こんな感じで、相手と自分の立場を入れ替えてみるのです。
 
 
◆他人の立場に立って考えなさい
 
 小さい頃に言われた人も多いと思います。
 でも、私たちの多くは、この言葉を誤解しているのです。
 
 ここは、あくまで私見ですが、
 
 他人の立場に立って考えるとき、
 私たちは「他人の利益」に立ってしまっているのです。
 
 しかし、本当に大切なことは、
 他人の立場に立ち、「自分自身の利益」を考えることです。
 
 
 自分の幸せのために、他人にアドバイスしてもらう。
 それを一人二役、三役でやってみるのです。
 
 役に立つし、とても幸せな体験です。
 
 私自身、これは役に立ちました。
 
 
◆どうしても、どうしてもダメなときは・・・
 
 これは、強力なので、濫用厳禁ですよ。
 イメージの中で、嫌な相手の背中にロケットをつけて月まで飛ば
 してしまいます。
 
 しばらくすると、本当に目の前からいなくなったりします。
 濫用厳禁ですよ。
 
 まあ、そこまでしなくていいなら、イメージの中で小さくします。
 そして、2頭身にしちゃうんですよ。漫画みたいにね。
 
 
 なぜか、実物を見たときも、コミカルな感じがして、
 嫌なイメージが随分減るものです。
 
 
 上手く説明できませんが、きっとそれは、
 私たちが感じる感情の9割は過去に感じきっていない感情が、
 あることをきっかけに表に出ることによるもの。
 (ジョン・グレイ博士による)
 
 これが関係するのだと思います。
 過去の感情を、コミカルにして笑い飛ばしてしまうことにより、
 実際に感じている感情(たったの1割!)だけを感じることにな
 り、嫌な気持ちが9割減る、というわけです。
 
 これも、実際に効果のあった体験談です。
 
 
◆次回予告
 
 次回から、出会いがないあなたに向けたメッセージを書こうと思
 います。ありきたりの内容にはしないので、覚悟してください。
 
 しっかりと、自分と向き合ってもらいますので。
 ではまた。お楽しみに。
 
 
◆あなたは、どう思いますか?
 メッセージお待ちしています
 
 azma@556health.com までメールしてください。
 (@を半角にしてください)
 
 
◆編集後記
 
 ちなみに、今日の内容は、職場の上司を書きました。
 実際に、嫌な気持ちが消えましたよ。
 お試しあれ。
 
 
 ちょっと業務連絡ですが(笑)
 ココヘルブログ http://www.556health.com/
 相互リンクを募集しています。
 
 まず、リンクを張った上で、
 件名:「ココヘルブログ相互リンク希望S」でメールにて
 お申し込み下さい。この件名のメールに対しては、必ず(お断り
 も含めて)お返事いたします。
 
 リンクテキスト(ここに書くテキストです)は、
 女と男の心のヘルス?癒しの心理学
 ?結婚、離婚、カウンセリングに関する情報サイト
 で、お願いします。
 
 紹介文はなくても構いませんが、つけていただける場合には、
 たとえば、こんな例文(編集可)をつけてくださいね。
 「恋愛、結婚生活を豊かにするための心理学ブログです。パート
  ナーの心を理解するため、そして何よりご自身の心を理解する
  ためにご活用下さい。」
 
 なお、私は複数サイトを持っていますので、ランクの高いサイト、
 内容の充実したサイトをお持ちの方には、こちらから複数リンク
 を張った上で、折り返し追加の相互リンクを依頼いたします。
 
 また、情報商材のみのサイト、内容がほとんどないサイトや、
 アダルト、ネットワークビジネスを始めとして、こちらで選別し
 てお断りさせていただくことがありますのでご了解下さい。
 
┏━◆━━◆━━◆━━◆━━◆━━◆━━◆━━◆━━◆━━┓
 ありがとう! ライフスタイル版新着1位! 祝!11000部
 ●女と男の「心のヘルス」?癒しの心理学
 ●ご意見、ご感想お待ちしています。このまま返信して下さい。
  これまで、頂いたメールをメルマガで紹介させていただく際の
  ルールを明確にしていませんでしたが、このようにします。
 
 ・メールの文面は、基本的に元の文体そのまま。
 ・本人のお名前や、登場人物はイニシャルにするか、または別の
  名前にすることで、個人が特定できないようにします。
 ・事前の確認は原則しませんので、送って下さったメールは紹介
  されることがあるとお考え下さい。
 ・紹介不可の場合、明記してくだされば、紹介しません。
 
  azma@556health.com ←メールはこちらまでお願いします。
  スパム防止で@は全角になっています。半角に直してください。
 
 ※たくさんのメールを頂いています。ありがとうございます!
  個別の返信はできないことがありますのでご了解下さい。
 
 こんな方にお役立ち情報をお届けします。
 ○出会いがない(出会う自信がない)
 ○なぜか不倫ばかり(一対一の恋愛に自信がない)
 ○不倫されて悩んでいます!
 ○交際が長続きしない
 ○今の相手と喧嘩が絶えない
 ○パートナーとマンネリ(冷戦)
 →でも、現状を変えたい!解決したい!
 
 ●制作:あづま やすし(男女の心のヘルスカウンセラー)
 ●自己紹介はこちらです↓(声の自己紹介があります!)
  http://www.556health.com/archives/2005/07/post_5.html
 ●登録・解除:http://www.mag2.com/m/0000164141.html
 ●ブログ http://www.556health.com/
┗━◆━━◆━━◆━━◆━━◆━━◆━━◆━━◆━━◆━━┛
 
(結婚とは)
 
 このコーナーはあづまが結婚生活で得た気づきを気まぐれに書く
 コーナーです。思い通り(自分の描いていた幻想通り)にはなら
 ないけれど、それが現実。そしてその現実が、いいじゃないの。
 肩の力を抜いて、現在を生きましょう、というメッセージです。
 
 今日は、思いきりポジティブに行きます!
 「結婚とは、生きる意味の発見である」
 
 意味:相手と自分の人生を豊かにすること。それだけで、人生の
 大きな目的になります。相手がいると、本気になれます。
 
 自分が生きている意味には色々ある(例えば仕事)けれど、結婚
 相手を幸せにすることは、生きている意味のうち最も大きなもの
 ではないでしょうか。
 
 そのためには、自分も笑顔で活き活きと生活している必要があり
 ます。結婚生活で一人が暗くて、もう一人がハッピーということ
 は、ちょっと無理がありますからね。
 
 そのためには、自分はどうなったら幸せかを、真剣に考える必要
 があるのです。
 
 相手の幸せを願うからこそ、自分の幸せも真剣に追求する。
 とても、大切なことですね。
 
 
(今日のアファメーション)
 
 「まず私が幸せになってもよい」
 
 他人のことを思いやれとか、自分より他人を優先してとか、色々
 言う人はいるけれど、「人は自分以上に他人を幸せに出来ない」
 のです。
 
 だから、まず自分が幸せになる。そして、そのおすそ分けを世界
 中に広げてゆく。そう考えてよいのです。
 
 まず、自分が望む生活、望む人生を受け取って良い。
 そう、心に決めることから始めませんか?


 

「【ココヘル113】他人の感情に引きずられてしまうあなたに2」への2件のフィードバック

  1. あづまさま、
    いつも根本的なことを具体的に教えてくださってどうもありがとうございます。
     
    さっそくポジションチェンジをやってみました。
     
    >困った人は、誰ですか?その人が目の前にいるところを思い浮かべてください。
    >「どんな表情をしていますか?」
    >「どんな声で、どんな口調で話していますか?」
     
    「困った人」をアル中の父と想定しました。
     
    たとえば、一緒に生活をしているなかで、父にしてほしいことを頼みます。父も自分がしたほうがいい、または
    自分がしなければいけないとおもい、父は
     ・)やろうとしたのだが、どうすればよいのか理解出来ず、いっぱいいっぱいでパニックになっている
     ・)やることをすっかり忘れてしまい、後でそのことを指摘されて、忘れた自分に対する自己嫌悪、
       物事が自分の思いどおりにいかないのはいつも自分以外のせいという考えをもっているので
       おそらく私を含めた自分以外に対する怒りと、責められることに対する恐れがミックスして
       威圧感に結集させていっぱいいっぱいになっている
     
    という状態を想像しながら、
    >その相手の立場から、あなたにアドバイスをしてください。
    >あなたが、幸せになるためのアドバイスですよ。
     
    その相手の立場になると、いっぱいいっぱいな気持ちから少しも出られず、まったくアドバイスな気持ち
    になれませんでした。
     
    私はこのコラムのタイトルとおり「他人の感情に引きずられる」傾向がおおいにあるので、このワークを
    行いたいのです。相手の立場になりながら 自分にアドバイスするコツがあればおしえていただけたら、
    とても嬉しいです。
     
    いまはポジションチェンジをスルーして、上記のロケット飛ばしや“ピコピコハンマー”をやっています。
    “ピコピコハンマー”はとても笑えました☆
     
    これからも サイトの更新メルマガの配信楽しみにしています。
    いつもどうもありがとうございます☆☆☆

  2. まじるさん
     
    コメントありがとうございます。
    ポジションチェンジをやってみたんですね。
     
    いっぱいいっぱいの人の場合、アドバイスを出すことは難しいかもしれませんね。その場合、もう一人、冷静であなたのことを大切に思ってくれている人を、ちょうどお父様とまじるさんの中間の位置(3人が三角形になる位置)に置いて、
     
    その人からアドバイスをもらうといいです。
    あくまで、愛情があり、その愛情を出すゆとりのある人でないと、なかなかいいアドバイスにならないものですので。
     
    では!

コメントは受け付けていません。