【ココヘル137】私はなぜ激しく嫉妬してしまうのか?(感情のコントロール)

 

◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 女と男の「心のヘルス」?癒しの心理学 137号 2006.10.21
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆
 
 こんにちは。あづまです。
 
 
 今日から読んで下さっている方、ありがとうございます。
 もしまだこれをダウンロードされていないようでしたら、
 ぜひ読んでみてくださいね。
 
 【男心理解】30分でわかる男心のつかみ方
 いまだに感謝のメールが届く、私の力作無料レポートです。
 
 
 さて、今回は(予告を変更して)嫉妬について書きます。
 
 
◆私はなぜ嫉妬してしまうのか?
 
 私の受けた相談の中に、嫉妬してしまう自分をどうにかしたい、
 というものがありました。
 
 仮にH子さんとします。
 
 彼女は、彼氏がある女性のことを褒めたり、飲んだときに1対1
 であれこれ聞き出しているのを見て、我慢できずに彼氏を問いつ
 めて喧嘩になってしまったそうです。
 
 その女性は既婚で、過去にもめ事があったそうですが、その件は
 一旦は解決済みで、でもどうしても彼氏がその女性に好意がある
 のがダメでちょっとでも会話に出てくると突っかかってしまうの
 だそうです。
 
 
 さて。
 
 
◆前提1:ふつう、嫉妬するものです。
 
 ふつう、彼氏が他の女性のことを褒めていたら、なんか損した気
 持ちになるものです。
 
 いいじゃないですか。健全な嫉妬は可愛いものですよ。
 全く嫌な顔をしなくて、いい人でいつづけるような女性だったら、
 かえって物足りないですけどね。私なら。
 
 
◆前提2:恋愛には依存側と自立側があり、依存側が嫉妬します。
 
 必ず依存側と自立側があるかというと、そうも言いきれないと思
 いますが、多くの場合、
 
 自立側:お金を出す。世話をする。能力がある。魅力がある。
     相手に与えることが多い側。
 
 依存側:おごってもらう。面倒を見てもらう。相手を立てる。
     相手から受け取ることが多い側。
 
 どちらかがより自立的で、どちらかがより依存的になるのです。
 
 自立側は自分が与えているので、行動は自由です。
 こういう言い方をすると身も蓋もないのですが、相手が勝手なこ
 とをしたらおごらない、世話をしない、みたいな方法で罰を与え
 ることもできるわけです。
 
 だから、心は比較的楽なのです。嫉妬もしにくいのです。
 
 逆に依存側は自分が受け取っているので、幸せです。
 でも、相手の機嫌を損ねたら、今の幸せが受け取れなくなるとい
 うリスクをいつもしょっています。
 
 だから、相手の心の動きには敏感に反応します。
 そして、嫉妬もするのです。
 
 
◆前提3:自分に自信がないと、嫉妬が強くなります。
 
 感情は常に自分のためにあるのです。
 あなたをよりよく生かすための、潜在意識からのメッセージです。
 
 強いネガティブな感情は、あなたの潜在意識からの警告です。
 このままじゃやばいよ!まずいよ!行動して!
 そう伝えてきているのです。
 
 自分に自信がないと、素敵な女性が現れたとき、その人の方が自
 分より魅力的かもしれない、そう感じて、潜在意識は警告を発す
 るのです。危ないぞ!と。
 
 
 
 さて、現実的なアドバイスですが。
 
◆彼からの愛情が足りないのなら、要求してください。
 
 もし彼が、H子さんのことを日頃から「可愛いね」みたいに褒め
 てくれなくて、その女性のことばかり褒めているのであれば、
 (ちゃんと思い出して数えてください)
 
 その女性を褒めないようにさせるのではなく、H子さんをもっと
 褒めてほしい。そうしたらもっと笑顔でいられると伝えるのがよ
 いでしょう。ポジティブにね。
 
 
◆彼からは愛情のこもった言葉があるのに嫉妬が止まらないなら、
 
 もし彼は「可愛いね」みたいに優しい言葉をかけてくれるにもか
 かわらず、でも自分は嫉妬の感情を感じる、というのであれば、
 やはり自信のなさが課題になります。
 
 これは回を改めて詳しく書こうと思いますが、
 自信を持つというのは、ダメな自分でもOKを出すことなのです。
 
 学歴、資格、お金、容姿などでごまかすことはできません。
 
 もう一つだけ言うと、ダメな自分でもOKというのは、自分の嫌
 な感情も認めてあげることと深いつながりがあります。
 
 
 お金や容姿など、客観的な(=他者の)基準を満たしたときにO
 Kを出すだけでは、感情の根がきちんと張れません。だから自分
 がぐらつくのです。
 
 嫉妬をする自分の気持もOK、と認めてあげる習慣を付けましょ
 う。この習慣はとても大切です。
 
 
◆ダメな自分を罰して叩き直す人は、他人をも罰する
 
 感情によいわるいをつけて、悪い感情を追い出そうとする人は、
 他人の行動にもよいわるいをつけて、矯正しようとします。
 
 自分のありのままの感情を、ありのままに感じて、それが必要な
 ものだと思えるようになったとき、他人の感情や行動を縛ること
 もしなくてよいのだと気づくものです。
 
 
◆まずは、存在を認めてあげることから。
 
 まずは、嫉妬する気持ちを自分自身でいたわってあげてください。
 今までメッセージを送ってくれてありがとうね。
 ちゃんとメッセージを受け取らなくてごめんね。
 
 そして、
 嫉妬さん、今まで嫌っていてごめんね。
 
 これが言えると、ずいぶんと気持ちが楽になるのではないでしょ
 うか。
 
 
◆次回予告
 
 次回あたりから、基本に戻って、恋愛が上手く行くためのテクニッ
 クみたいなことを書いてみようかな?なんて思っています。
 
 但し、もちろんココヘルですからちゃんと心理に基づいた話に仕
 上げます。
 
 ・・・うまく書けるかな。
 
 突然違うテーマになっていたらごめんなさいね。
 
 
◆編集後記
 
 今日は髪を切ってきました。
 頭をいじられていると、気持ちよくなって寝てしまいますね。
 特にシャンプー台がダメです。
 
 もう、意識がとぎれとぎれで・・・・
 催眠・・・いや睡眠か(爆)
 
┏━◆━━◆━━◆━━◆━━◆━━◆━━◆━━◆━━◆━━┓
 ありがとう! ライフスタイル版新着1位! 祝!15000部
 ●女と男の「心のヘルス」?癒しの心理学
 ●ご意見、ご感想お待ちしています。このまま返信して下さい。
  これまで、頂いたメールをメルマガで紹介させていただく際の
  ルールを明確にしていませんでしたが、このようにします。
 
 ・メールの文面は、基本的に元の文体そのまま。
 ・本人のお名前や、登場人物はイニシャルにするか、または別の
  名前にすることで、個人が特定できないようにします。
 ・事前の確認は原則しませんので、送って下さったメールは紹介
  されることがあるとお考え下さい。
 ・紹介不可の場合、明記してくだされば、紹介しません。
 
  azma@556health.com ←メールはこちらまでお願いします。
  スパム防止で@は全角になっています。半角に直してください。
 
 ※たくさんのメールを頂いています。ありがとうございます!
  個別の返信はできないことがありますのでご了解下さい。
 
 こんな方にお役立ち情報をお届けします。
 ○出会いがない(出会う自信がない)
 ○なぜか不倫ばかり(一対一の恋愛に自信がない)
 ○不倫されて悩んでいます!
 ○交際が長続きしない
 ○今の相手と喧嘩が絶えない
 ○パートナーとマンネリ(冷戦)
 →でも、現状を変えたい!解決したい!
 
 ●制作:あづま やすし(女と男の心のヘルスカウンセラー)
 ●自己紹介はこちらです↓(声の自己紹介があります!)
  http://www.556health.com/archives/2005/07/post_5.html
 ●登録・解除:http://www.mag2.com/m/0000164141.html
 ●ブログ http://www.556health.com/
┗━◆━━◆━━◆━━◆━━◆━━◆━━◆━━◆━━◆━━┛
 
(結婚とは)
 
 このコーナーはあづまが気付いた結婚とはなにか?を気まぐれに
 配信するコーナーです。自分が思い描いていた幻想通りにはいか
 ないのが現実の生活。でもそれがいいじゃないの。
 そんな肩の力が抜けるためのメッセージです。
 
 結婚とは、新たな自分の発見である。
 
 
 人が二人いると感じることは、「あ、これ自分と同じ」か、
 「あ、これ自分と違う」のどっちかです。
 
 自分の嫌な面を見せつけられてしまうような相手の前に出ると何
 かとても落ち着かなくてイライラすることもありますし、
 
 同じ魂を持っている人同士であれば、強い絆が生まれたりします。
 
 
 結婚すると、色々相手に合わせることも多く、一人でいるときの
 気ままさとはさようならです。
 
 しかし、それがいいのです!
 
 仕事一本で生きてきて、休日をのんびり過ごすことにも罪悪感を
 感じていた自分が、パートナーのゆったりしたペースに始めはと
 まどいながらも、次第に慣れてゆき、
 
 ゆったりしたことも楽しめる自分を発見したりするのです。
 
 逆のケースもあり得ます。
 のんびりすることしかできなかった自分が、仕事人間のパートナー
 に始めはとまどいながらも、仕事の先にある、お客さんの笑顔や
 収入を得ることで得られる家族の笑顔。そういったものへの熱い
 思いを感じていくうちに、
 
 一生懸命働くことの喜びを理解している自分を発見したりします。
 
 
 相手が自分と違うと感じたとき、
 相手の魂が、何を求めてその行動をしているのか?
 
 それを問うことで、新たな自分を発見することが出来ます。
 
 
(今日のアファメーション)
 
 「私の心は○○として、日々成長しています。」
 
 いつもは、幸せに対してどうしても素直になれない自分に許可を
 与えるようなアファメーションを書いています。
 
 今日は久しぶりに「断定型」のアファメーションです。
 こちらが、本来の形です。
 
 
 自分が、何かになりたかったとします。
 たとえば、医者です。
 
 あなたがまだ高校生だったとしましょう。
 まだ医者にはなれません。医者として成長するのも無理?
 
 本当にそうでしょうか?
 
 資格を取ったから医者になるのではありません。
 それもひとつの要素ですが、
 
 医者の心を持つことが必要ではないでしょうか?
 そしてそれは、資格があろうとなかろうと、病気の人のことを考
 えることにより日々成長できるものなのです。
 
 たとえ今それが出来なくても、心を育てることは出来るのです。
 
 「私はセラピストとして日々成長しています。」
 
 私が最近唱えているアファメーションです。
 
 あなたも、なりたい自分をイメージしながらアファメーションし
 てみてはいかがでしょうか。
 
 優しいお母さん、人生を楽しむ人、幸せなサラリーマンなどなど、
 本当に心からなりたいものを入れれば良いんです。