人を動かす, よい感情, 嫌な感情, 快楽, 苦痛, モチベーション

トップページ >  1d.人を動かす秘訣 > よい感情で導く

よい感情で導く

人を動かすときに、押さえておくべきポイントです。
それは、人は感情の生き物で、よい感情を感じる方に向かい、嫌な感情を感じる方からは逃げようとする、ということです。

これをシンプルに、快楽を求め、苦痛を避ける、という言い方をしますね。

たとえば、夫婦関係であれば、旦那さんに食器洗いを分担してもらいたいとしますね。このときに、動機付けの方法としては、ご褒美(よい感情)による動機付けと、罰(嫌な感情)による動機付けと二種類あり得ます。

罰による動機付けというのは、こんな感じです。
「食器の片付けしてよ。」
「え?。めんどくさいなぁ・・・(でも動かない)」

「あなただって食べた食器なんだよ(不機嫌)」
「そんなこと分かってるよ。(と言いながら動かない)」

「食器洗いぐらいやってくれないわけ!(かなり不機嫌)」
「・・・わかったよ。やるよ(しぶしぶ)」


ご褒美による動機付けというのは、こんな感じです。
「今日は疲れてるの。食器の片付けしてくれると助かるなぁ。」
「あ、そうなの。でもめんどくさいなぁ・・・(動かない)」

少し時間をおいて
「今日は疲れてるの。食器の片付けしてくれると助かるなぁ。」
「あ、そうか。ごめんごめん・・・(動かない)」

少し時間をおいて
「今日は疲れてるの。食器の片付けしてくれると助かるなぁ。」
(毎回、初めて言うような調子で伝えるのがポイント)
「あ、そうか。ごめんごめん・・・(食器を洗い始める)」

「ありがとね?。ホント助かった?♪」


罰による動機付けと、ご褒美による動機付け。
頭では分かっても、実際やってみると、結構難しいことが分かります。一番の難所は、「罰によって動かす誘惑に打ち勝つ」ところです。忍耐力が必要なのです。

なぜなら、人間はもともと、よい感情を感じたいという動機と、嫌な感情から逃げたいという動機を比べた場合、嫌な感情から逃げたい方が強いからです。

だから、罰によってコントロールした方が即効性があります。
でも、それが日常化すると、ふたつの大きなデメリットが生まれてきます。

ひとつ目は、怒られるのが嫌だからやる、という姿勢になることです。
もしも旦那さんが、ご褒美による動機付けの結果、家の中をきちんと片付けるのが気持ちいいという感覚になったとすれば、奥さんが出かけているときも、そこそこきれいにしているはずです。食器を片付けるのも、ある程度自発的にやるようになります。
ところが、罰による動機付けの場合、基本的に見張られていないとやらないようになります。ちょうど、パトカーが近くにいるときだけ、制限速度を守る車のように。


もうひとつの大きな問題は、夫婦の心の溝ができることです。
罰によってコントロールすると、その場は素早く相手を動かすことができますが、同時に、相手の中に、あなたに対する「嫌な感情」が蓄積していきます。これが徐々に積み重なっていって、近づきたくない、なんとなく避けたい気分になっていきます。
すると、次第に罰によるコントロールも利きにくくなるし、ますます不機嫌さを増して(場合によっては叱りつけたりケンカをして)相手を動かさなければならなくなります。
始終怒っている人に対して人間は、「怒られたくない」と思うと同時に「近寄りたくない」とも思うものですから。


とは言え、相手に嫌われるから自分ばかり我慢するという姿勢は、長い目で見ると、今度は自分の心の中に怒りやわだかまりを蓄積させていくことになります。次第に恨みがましくなり、相手に対する愛情を感じられなくなっていく危険性があります。

ですのでやはり、こちらの要求を伝えて、相手を動かすことは大事なことなのです。
但しそのやり方は、できるだけ、よい感情で導くように心がけることです。
忍耐強く、よい感情で導くように心がけた結果得られる成果は、罰で導いたときの結果と比べて、大きな喜びと幸せを感じられるものになると思います。

ぜひ、忍耐力をもって、とり組んでみてください。






現在募集中のワークショップ一覧はこちら

あなたにぴったりの解決法は


応援クリックありがとう!→←人気ブログランキング

ドットライン

コメント




トップページ >  1d.人を動かす秘訣 >  このページ“よい感情で導く”のトップへ


よい感情で導くの関連記事etc.

1d.人を動かす秘訣 記事一覧

ときには"形で示す"ことも大事。 /  「浮気はなぜいけないのか」これが私の最終回答です。 /  相手を操作する心理学に頼りたくなる自分の弱さに気づこう。 /  夫の望むことをするな、夫のためになることをせよ /  自分の無意識にも責任を持つ、という高い意識を。 /  反省とは、自分の力を信じること。 /  「別れたあと友達に戻りたい」と「円満離婚」は心理学的には同じこと。 /  相手と自分が同意できる、共通の土台から話を始める /  人間関係には「解なし」があることを前提に取り組むこと。 /  良かれと思ってしたアドバイスが裏目に出る理由 /  苦言を言うときは、相手のペースに合わせた提案をする /  「叱る」とは「あんた不幸に向かってるよ」と諭すこと /  正しいことを「正しい」と言うのは正しいか?(浮気を問い詰めることを例として) /  引き寄せる相手を変える秘訣?内面を大事にしよう /  「浮気はなぜいけないのか?」について議論しましょう。 /  「浮気はなぜいけないのか?」について議論しましょう、準備編 /  正直、誠実な態度が、味方を作る /  夫の浮気のあと、不安で仕方ないのはなぜ? /  自己重要感を持たせる /  傷つけ合ったことは、相殺されない /  なぜ夫婦の話し合いはうまく行かないのか-ダンマリ・逆ギレ夫の対処法 /  相手を悪者にしない /  難しい相手には、一人で立ち向かわない /  わたしはわたし、あなたはあなた /  不当な批判をキッパリ否定する /  黙っていたこと、何もしなかったことにも責任を持つ /  正当な批判を受け止め、必要なら素直に認める /  正当な批判と、不当な批判を見分ける /  何度でも根気よく繰り返し伝える /  議論しない /  よい感情で導く /  文章を完結させ、語尾までハッキリと発音する /  相手の痛みに共感する /  まず、自分を深くゆるすこと /  批判で人を動かそうとしない /  「リーダーシップ」を発揮するためのセラピー / 

記事カテゴリー一覧

1.恋愛の悩みに関するコラム(181) /  1b.心理学に関するコラム(116) /  1c.男性向きのアドバイス(32) /  1d.人を動かす秘訣(36) /  1e.結婚生活の悩みに関するコラム(2) /  1g.セラピストまなみのコラム(24) /  2.恋愛セラピー手法・事例・信念(36) /  3.女と男の心理学用語集(168) /  3b.心の化学反応式ー解説書(10) /  4.リンク(11) /  5.書評・レビュー・講演(109) /  6.メルマガバックナンバー(146) /  6b.メルマガバックナンバー2(153) /  6c.メルマガバックナンバー3(151) /  6d.メルマガバックナンバー4(147) /  6e.メルマガバックナンバー5(150) /  6f.メルマガバックナンバー6(35) /  7.恋愛セラピストあづまの日記・提言・発言(29) /  おすすめ・キャンペーン(7) /  オススメ記事(39) /  電話・skype恋愛セラピー(4) / 

オススメ記事

その恋、恋愛依存症かも!? 問題アリの彼から離れられない心理 /  「浮気しない人」を求めても、引き寄せられない理由 /  身近に回避依存症者がいるあなたへ、対応策と自分を守るアドバイス /  「浮気はなぜいけないのか?」について議論しましょう。 /  浮気症の治療法、改善方法 /  恋愛依存症の克服・解消に役立つ心理療法の技法 /  不倫に陥る理由(父親との関係) /  恋愛カウンセリングの受け方 /  モテる男の心理と、落ち着いた大人の男の心理の違い /  謝れない男の心理 /  婚活(結婚活動)の必須科目 心のおそうじ /  共依存的な恋愛の解決法について /  共依存的恋愛?恋愛依存症の泥沼から抜け出すために /  失恋した元彼との復縁方法を探しているあなたに辛口アドバイス /  浮気性、浮気症 【うわきしょう】 /  恋愛コラムby恋愛セラピストあづまやすし /  彼氏ができない理由、自己診断チャート /  マリッジブルーの原因と解消法?男性と女性でこれだけ違う /  黙り込む男の心理 /  いじられキャラの心理分析 /  モテる男の心理(心の問題/回避依存症) /  回避依存症【かいひいぞんしょう】 /  不倫の子を妊娠?中絶or出産?認知は? /  不倫されたときの心の癒し方 /  浮気男の心理 /  恋愛依存症の克服・回復 【れんあいいぞんしょう】 /  浮気チェックの方法 /  夫の不倫に気付いたら /  男の浮気を防止する方法 /  彼氏が出来ないのはなぜ? /  男心をつかむ方法 /  彼氏が出来ない理由、ご意見募集! /  【男心理解】30分でわかる男心のつかみ方 /  彼氏ができない理由、決定版 /  男の心理が分かる心理学レポート【男心理解】 /  男性心理(怒る男性の心理) /  心理学・メンタルヘルス おすすめリンク /  人生の先生・友人リンク1 /  恋愛・結婚おすすめリンク / 


  PR [無料タロット恋愛占い屋]