【ココヘル142】まず自分を幸せにしてください

 

個人セッション、来て下さった方どうもありがとうございました。
◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 女と男の「心のヘルス」?癒しの心理学 142号 2006.11.8
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆
 
 こんにちは。あづまです。
 
 
 今日から読んで下さっている方、ありがとうございます。
 もしまだこれをダウンロードされていないようでしたら、
 ぜひ読んでみてくださいね。
 
 【男心理解】30分でわかる男心のつかみ方
 いまだに感謝のメールが届く、私の力作無料レポートです。
 
 
 
◆まず、自分を幸せにしてください。
 
 前回は、他人の幸せを願うことについて書きました。
 もちろん、大切なことなんです。
 
 でも、もしあなたが自分を置き去りにして他人の期待に応えよう
 として疲れてしまうタイプなのだとしたら、
 
 まず自分を幸せにすることを第一に考えるべきです。
 
 
◆献身は美徳、の危険
 
 日本人のメンタリティーの中には、自分を犠牲にして、他人のた
 めに尽くすことを美徳と捉える考え方があります。
 
 本人がそれで満足しているのであれば、大変立派なことですし、
 他人がとやかく言う筋合いのものではありません。
 
 それに、十分に幸せになった人は結果的に他人のために尽くすこ
 とが苦でなくなり、周りから見れば他人のために尽くしているよ
 うに見えたりするのです。
 
 
 ただ、悩み、苦しんでいる人の中には、この、
 「自分より他人を優先しなければいけない」という道徳観に縛ら
 れていると思えるケースがあるので、今日はこの、
 
 「自分より他人を優先しなければいけない」という
 心の縛りを解いていただこうという内容を書きます。
 
 
◆自分の幸せ度チェック
 
 あなたは、何らかの労働をしていると思います。幸せに働いてい
 ますか?勤労だけでなく、家事労働も含めて考えてみてください。
 
 幸せに働いているのであれば、大変結構なことです。
 
 本当に幸せかどうかは、この質問に答えてみると分かります。
 
 問:もし、あなたの隣に、財産があったり、とても割のいいビジ
   ネスをしていて、はたから見ると大して働かず楽に暮らして
   いるように見える人がいたとします。
 
   あなたは、どう感じますか?
 
 
 
 
 
 
 (ちょっと考えてみてください)
 
 
 ・
 
 ・
 
 ・
 
 
 
 
 
 
 あなたの隣にいる幸せそうな人を見て、気持ちがぐらつかないの
 であれば、あなたは、その労働を「好きで」やっているのですか
 ら、大変結構なことです。
 
 または、好きとまでは言えなくても、自分の人生を豊かにするた
 めに「覚悟を決めて」やっているのでしょう。
 
 大いに結構なことですね。それなら、今日の話は不要です。
 
 
 
 さて。
 
 もしも、幸せそうな人が隣にいて、なにか焦りのような気持ちを
 感じたり、いらいらする気持ちになるとしたら、
 (働かないで楽に暮らしているなんてけしからん!という怒りの
 気持ちの場合も同じです)
 
 あなたは、自分が望んでいる生活をしていないのです。
 
 
◆こんな久美子さんがいたら、何と言いますか?
 
 ちょっと、たとえ話をしますね。
 これは、あづまの創作であって、実際の話ではありません。
 
 
 久美子さんはとても献身的で、周りの人からは「いいひと」と評
 価される、物静かで大人しい女性です。
 
 最近だんなさんが失業し、その後なかなか仕事が見つからないの
 で久美子さんが働いて一家を支えています。
 
 体が弱くなってきた実の両親と同居しているので、家事も引き受
 けています。さすがの久美子さんも疲れ気味です。
 
 母親は昔ながらの強い女性で、若い頃は身を粉にして働いていま
 した。久美子さんもその姿を見て育ちました。
 
 最近、久美子さんが疲れて休んでいると母親から
 「だらしない」と喝が入りました。
 
 
 久美子さんは、何とか両親に認めてもらおうと辛い体に鞭打って
 家事をして、仕事もしています。負けず嫌いですから。
 
 でも最近、何のために生きているのか分からなくなってしまいま
 した。
 
 
 さあ、あなたなら、この久美子さんに
 なんとアドバイスしますか?
 
 
 
◆自分幸せにしているかどうか
 
 他人を幸せにすることは、とても尊い行為であり、
 そのこと自体は否定すべきものではありません。
 
 しかし、他人に尽くす一方で、自分が幸せに毎日を生きることを
 ないがしろにしているのであれば、そして特に、幸せな人が隣に
 来たときに何か不快な感情を感じるのであれば、
 
 自分を幸せにしていないという点で、問題なのです。
 
 
 逆境に負けない、めげないことはとても大切なことです、
 
 ただ、その逆境はちょっと考えて工夫すれば抜け出せるのに、い
 つまでも辛い環境に身をおいているのであれば、
 
 もう、身も蓋もない言い方ですが、
 
 好きでそこにいるのです。
 
 
 「私は、好きでこの環境にいる」
 
 自分に向かってこの言葉を言ってみてください。
 
 心の声が、
 
 「ああ、そのとおり」
 
 そんな感じで答えてくれたり、
 何か、体に温かい感じ、穏やかな落ち着いた感じが現れたら、
 
 あなたは、自分の望む環境を手に入れています。
 
 
 「私は、好きでこの仕事をしている」
 「私は、好きで主婦をしている」
 「私は、好きでこの家にいる」
 
 そう自分に言ってみたときに、
 「いや、○○がもっとこうなったらいいのに・・・」
 
 見たいな声を感じたら、それがあなたの願いです。
 
 あきらめるのではなく、それをいかに実現するかを考えることが、
 幸せに、そして感謝しながら生きるうえで大切なことです。
 
 
 自分の望むことが叶い、幸せな気持ちで生活していると、
 他人のことも幸せにできるようになるものなのです。
 
 幸せのおすそ分けです。
 
 分けるためには、まず自分が幸せを持っている必要があります。
 
 
◆幸せでない人が、相手に尽くすと、こうなります。
 
 自分が不幸なまま、他人に尽くす場合、
 共依存に陥りかねません。
 
 共依存というのは、ものすごく簡単に言うと、
 
 依存側が、わがままを言い、アルコール依存になったり暴力を振
 るったりすることで、
 「あんたは、優しくないだろう、どうだ?」
 という言葉や態度でのメッセージを送り、
 
 自立側が、徹底的に相手の世話を焼きながら相手の自立を妨げ、
 「あなたは、だめな人。すべきことをしていない」
 という言葉や態度でのメッセージを送る、
 
 という構図です。
 
 片や「あんたは優しくない」
 片や「あなたは正しくない」
 
 相手に罪悪感を植え付けて自分の思い通りに相手をコントロール
 しようとするのです。
 
 
 暴力やアルコール依存などは本当に極端な例ですが、
 
 うまくいかないカップルは、大抵共依存的な問題を抱えているも
 のなのです。
 
 
◆好きでいるわけじゃない!
 
 そう、好きでその環境にいるわけじゃないという気持ちになるの
 はよく分かります。
 
 しかし、こう自問してみてください。
 
 「私は、この環境にいることで、どんな利益を得ているだろう?」
 
 
 たとえばそれは、
 人生を変えて、未知の世界に飛び込むことへの不安と恐怖を感じ
 なくてすむことかもしれませんし、
 
 たとえばそれは、
 少なくとも一時的には、自分のパートナーを怒らせて家庭内が
 険悪になることかもしれません。
 
 
◆私は、それが出来ない
 
 自分には出来ないと思っていることが壁になり、環境を変えるこ
 とに不安や恐怖を感じているかもしれません。
 
 そうです。
 
 変化することによる痛みを避けること。
 これも含めて考えれば、
 「好きで(=自分の意志で)そこにいる」のです。
 
 
◆なぜそんな、好きでそこにいると強調するのか?
 
 それは、現在の環境を他人のせいにしている限りそこから抜け出
 すことができないからです。
 
 変化を恐れる気持ちや、どうせ自分には出来ないと思う気持ちと
 きちんと向かい合わない限り、いつまでも誰かのせいにしながら、
 不本意な環境にとどまることになります。
 
 私の場合、不本意な環境をはっきりと認識するための魔法のキー
 ワードが「好きでここにいる」でした。
 
 嫌なことを愚痴りたくなるとき、
 「好きでここにいる」
 ・・・・あほらしくなってきませんか?
 
 なんか行動しようかな。
 
 そう思いたくなりますよね。
 
 
 あなたも、ぜひ、言ってみて下さい。
 「私は、好きでここにいる」
 
 
◆次回予告
 
 ひきつづき、恋愛の基本みたいな話を書こうと思います。
 あと、離婚というテーマも書きます。
 熟年離婚の典型、「役割夫婦」について準備中です。
 
 まだ、ネタに不安がありまして・・・
 要望のある方、歓迎です!
 
 こちらまで、よろしく!
 azma@556health.com
 @とドットは半角に替えてください。
 
 
◆編集後記
 
 個人セッションに来てくださった方、ありがとうございました。
 質問などは、お気軽にどうぞ。
 
 次回は12月です。日程は追ってお知らせします。
 
┏━◆━━◆━━◆━━◆━━◆━━◆━━◆━━◆━━◆━━┓
 ありがとう! ライフスタイル版新着1位! 祝!15000部
 ●女と男の「心のヘルス」?癒しの心理学
 ●ご意見、ご感想お待ちしています。このまま返信して下さい。
  これまで、頂いたメールをメルマガで紹介させていただく際の
  ルールを明確にしていませんでしたが、このようにします。
 
 ・メールの文面は、基本的に元の文体そのまま。
 ・本人のお名前や、登場人物はイニシャルにするか、または別の
  名前にすることで、個人が特定できないようにします。
 ・事前の確認は原則しませんので、送って下さったメールは紹介
  されることがあるとお考え下さい。
 ・紹介不可の場合、明記してくだされば、紹介しません。
 
  azma@556health.com ←メールはこちらまでお願いします。
  スパム防止で@は全角になっています。半角に直してください。
 
 ※たくさんのメールを頂いています。ありがとうございます!
  個別の返信はできないことがあります。
  個人セッション(有料)を受けて下さった方の対応を優先して
  おりますので、ご了解下さい。
 
 こんな方にお役立ち情報をお届けします。
 ○出会いがない(出会う自信がない)
 ○なぜか不倫ばかり(一対一の恋愛に自信がない)
 ○不倫されて悩んでいます!
 ○交際が長続きしない
 ○今の相手と喧嘩が絶えない
 ○パートナーとマンネリ(冷戦)
 →でも、現状を変えたい!解決したい!
 
 ●制作:あづま やすし(女と男の心のヘルスカウンセラー)
 ●自己紹介はこちらです↓(声の自己紹介があります!)
  http://www.556health.com/archives/2005/07/post_5.html
 ●登録・解除:http://www.mag2.com/m/0000164141.html
  (解除依頼は受けていません。ご自分でお願いします)
 ●ブログ http://www.556health.com/
 
 このメルマガは、メルマガの登録、無料レポートの請求および
 協賛によってのみ登録になります。違法なアドレスの収集は
 一切行っていません。
┗━◆━━◆━━◆━━◆━━◆━━◆━━◆━━◆━━◆━━┛
 
(結婚とは)
 
 今日はお休み
 
 
(今日のアファメーション)
 
 「人を幸せにすることが、償いです」
 
 私たちは、過去の自分の言動に罪悪感を持ってしまうものです。
 
 「あんなこと、言わなければよかった」
 「あのとき、こうしていれば」
 「本当に、悪いことをした」
 
 後悔し、罪悪感を持つことは生きている上で必ずあるでしょう。
 
 
 でも、そのことで、
 
 もう自分は幸せになってはいけない、と考えてしまうとしたら、
 ちょっと立ち止まって考えてみて下さい。
 
 あなたが不幸になることで、幸せになる人はいないのです。
 
 
 だから、こう唱えてみましょう。
 
 「人を幸せにすることが、償いです」
 
 
 そして、私の願いですが、
 
 その「人」の中に、あなた自身も含まれていますように。