問題解決型, 問題回避型, 問題放置型, 責任転嫁型

トップページ >  1b.心理学に関するコラム > 問題に向き合う4つの態度「解決・放置・回避・責任転嫁」

問題に向き合う4つの態度「解決・放置・回避・責任転嫁」

問題にぶつかったとき、人は大きく分けて4つの態度で問題に関わります。

それが、
問題解決型
問題放置型
問題回避型
責任転嫁型
です。

夫の浮気が発覚したときの対応を例にとって、説明していきます。

問題解決型の関わり方

問題解決型の関わり方というのは、とにかく「未来の幸せ」を手に入れるための最善の手を考え、自らそれを手に入れるための行動を起こすということです。

夫の浮気なら、まず、どの程度の深刻さなのかをざっと見積もります。出来心でやっていそうなのか、それとも、離婚まで視野に入れている段階なのか。
感情的になることが問題解決にマイナスなら、夫に感情をぶつけることは避けます。これは、我慢のための我慢ではなく、一番良い結果を手に入れるための、節制の効いた行動です。

出来心なら、それとなく気づいていることを伝える方法が役立つこともありますし、もっと本質的には、夫と自分との心の絆を強くする(夫が浮気相手の女性を必要としなくなる)ことが役立ちます。

もはや夫婦間の溝は決定的で、夫は離婚したがっているところまで来ているとしたら(ふつうは、問題解決型の考え方、行動をしている人は、そこまで問題を放置しないものですが)、別れる方がふたりの幸せかもしれません。法律家に相談し、慰謝料や財産分与などで自分が不利にならないように段取りをつけたり、別れの後の自分や子供の心のケアのことまで考えて準備を進めます。

過去にとらわれたり、現状を見ないふりしたりせず、まっすぐに現実を見て、未来に向けて最善の手を尽くす。これが、問題解決型の関わり方です。


問題放置型の関わり方

問題放置型の関わり方というのは、「事なかれ主義」という言葉がぴったりです。気づいていても行動を起こさず、波風を立てず、表面的に平穏ならそれ以上何もしない、というやり方です。

夫の浮気の場合、放置しておくと悪化することがありますので、問題放置型の関わり方をすることは決してお勧めはしませんが、この関わり方がどんな時も常に悪いわけではありません。

問題放置型の関わり方が有効な局面として、たとえば、夫の母親が認知症になっている。介護は色々と大変で、本当はこの問題を解決したい。しかし、親戚関係や経済的な状況を考えると、有効な手だてがない。こういった「簡単には解決できない問題」に直面しているときには、無理に解決しようとするよりも、この問題が爆発しないようにそっとしておき、時間が解決するのを待つ(このケースでは義母が亡くなるのを待つ)という姿勢も、とても大切になります。

但し、問題放置をして、様子見をする場合は、精神的な支えになってくれる人が必要です。義母の介護なら、夫の理解が最低限必要でしょう。

繰り返しますが、夫の浮気は放置しない方がよいと思います。


問題回避型の関わり方

問題回避型の関わり方というのは、ある出来事が「もう二度と絶対に起こらないようにする」という姿勢のことです。

たとえば過去に夫の浮気が原因で離婚したとしたら「もう二度と結婚しない」というのが問題回避型の関わり方です。問題に上手に対応しよう、問題が起きても解決しようという考え方ではなく、生活や人生に不都合が起きようとも、ある問題が起きないことを優先する、というものです。たとえば「結婚しない」という選択はほとんどの人にとってワクワクしない選択肢ですが、浮気されるよりはマシ、ということでこちらを選んでしまうのが「問題回避型」の関わり方、ということになります。

浮気の問題でいえば、「二度と結婚しない」選択の他、「浮気できそうにない、さえない男と結婚する」「浮気をしないという念書をとる」などの行動が、問題回避型と言えるでしょう。


責任転嫁型の関わり方

責任転嫁型の関わり方というのは、問題を放置せず、回避もしないという意味で、問題解決型と共通しています。問題解決型と異なっている点は、相手のせいにする、ということです。

たとえば、浮気が起きたときに、感情的に相手を責める「浮気なんてしないでよ!すぐ別れて!」
これは、解決を目指してはいますが、「自分が解決に向けてどう行動するか」に意識が向いていなくて、「相手が悪いのだから、相手が行動すべき」という部分に意識が向いています。

もちろん、浮気はされた方ではなく、した方が悪いのですが、それは夫婦関係が決裂して、離婚にまで発展するときの、法律的な責任の話です。夫婦関係を修復しようと考えるときには、相手を責めてしまって、夫婦の心の絆を壊してしまったら、元も子もありません。

問題は解決したい。しかし、自分は悪くない、相手が100%悪いから、相手にぶつけてしまう。
これが、責任転嫁型の関わり方です。
もちろん、トラブルが起きたときには感情的になり、冷静に対処できなくなることも当然ありますが、それでも、感情に振り回された結果、事態をさらに悪化させてしまうと最終的に損をするのは自分です。

一旦クールダウンして、冷静に、かつ、将来を見据えて行動したいものです。


問題に関わる4つの態度 まとめ

まず大切なことは、この4つの関わり方のうち、あなたがよくとってしまう態度はどれなのか、自分で知っておくことです。問題に関わる態度の全体像を理解せず、自分がいつもとっている態度だけが全てだと思っていると、行き詰まったり、思わぬところで足元をすくわれたりしますので。

問題解決型の関わりをするのは、非常に頭を使いますし、知識も経験も、創意工夫も必要です。決して楽な関わり方ではありませんが、長い目で見ると問題解決型の関わり方が一番うまく行くと思います。

私たちは問題と関わるとき、ついついクセで、慣れ親しんだ方法を選んでしまいがちですが、常に効果的な方法を取れるように自分を成長させ続けていきたいものです。





身近な「食べる」行為を通じて瞑想を体験できる講座! 食べる瞑想の会

現在募集中のワークショップ一覧はこちら

あなたにぴったりの解決法は


応援クリックありがとう!→←人気ブログランキング

ドットライン

コメント

こんにちは。
いつも記事を読み勉強させていただいてます。


私には何か月か前に出会って好きになった彼がいます。
彼から付き合おうといわれ、とても幸せな時間を持てたのですが
今日はしないといっていたのにその日に体の関係を求められ
私は断り、落ち込み、しばらく立ち直れませんでした。
彼もそんな私を見てかなり落ち込んだと思います。

次の日、彼に電話で「あれからずっとなんであんなことしたんだろうと考えてて
あなたのこと傷つけたし、これからも傷つけてしまうし、このことは忘れられない」
といわれ、振られてしまいました。
「あなたが真面目なのしっているし・・・」と。

この問題を私はこれから2人で考えていけばいいと思っていました。
でも彼は傷つき自分が許せずその結論に至ってしまったのでしょうか…
「やっぱり好きじゃなかった」ならあきらめもつくのですが、
私はこの問題の解決の仕方に納得できません。

私は彼が好きなのでもう一度自分から言おうと思っています。

彼は問題回避型なのでしょうか。
だとしたら私はどうしたらよいのだろう…と考えてしまいます。

投稿者 こっこ : 2011年6月16日 05:05

こっこさん

コメントありがとうございます。

…正直何が問題なのか、よく分かりません。

好きなら、今日は気分が乗らない、という日には、にっこり笑って「今日はダメ」と言えばそれですむ話じゃないですか。

なんか、こっこさん自身の中に、性に関する嫌悪感があるみたいな感じがしますけど。だとすると、相手のことを考える前に、自分の状態を整える方が先だと思うんです。

あるいは、まだ全然そんな関係ができていない段階の話なら、そういう女性の気持ちを分からない彼を、好きって思っちゃう、恋愛感情そのものの問題かもしれません。

(短い文章の中からですから、十分に情報がない中での推測になります、あしからず。但し、世の中には、なぜかダメんずばかり好きになってしまう女性たちもいるのです。こっこさんにその傾向がないか、ちょっと心配しています。)

ということで、ご質問の答えですが、
相手の問題を考えるのではなく、今私が書いたように、自分の側の課題にきちんと意識を向けることが大切です。

心理学は即効性はないものです。自分の成長のためにこそ活かすもの。そう考えて下さいね。

応援しています。

投稿者 あづま : 2011年6月30日 16:12




トップページ >  1b.心理学に関するコラム >  このページ“問題に向き合う4つの態度「解決・放置・回避・責任転嫁」”のトップへ


問題に向き合う4つの態度「解決・放置・回避・責任転嫁」の関連記事etc.

1b.心理学に関するコラム 記事一覧

恋愛依存症? つらい恋愛には「感情の扱い方」が大事。 /  身近に回避依存症者がいるあなたへ、対応策と自分を守るアドバイス /  なぜ、あの人は、自分の問題と向き合わないのか? /  愚者は経験に学び、賢者は・・・(さてなんでしょう?) /  相手の問題を指摘するときの「作法」とは? /  本当につらい理由は「愛せなくなるから」 /  コンサルティング的セッションを始めます2 /  コンサルティング的セッションを始めます。 /  心理セラピーが真に役立つとき3【得体の知れない感情の出どころ】 /  私の目指すセラピーは、真の解決志向 /  人生がパターン化するとき(禁止令と人生脚本、つづき) /  友達に「もう別れなよ」と言われる恋愛パターンの、交流分析的説明【禁止令と人生脚本】 /  深いレベルで、自分を変えること(家事の好き嫌いを例として) /  心理セラピーでいちばん大事なのはリソース探し /  心理セラピーが真に役立つとき2【得体の知れない感情の癒し】 /  自分の気持ちが分からない人に試してみてほしい方法 /  心理セラピーが真に役立つとき【得体の知れない感情の癒し】 /  反省には「肯定的反省」「否定的反省」「反省したフリ」がある /  「信じる」には「期待」と「信頼」と「思考停止」がある /  この世界が安全な場所と感じるかどうかが、幸せな恋愛と関係します(ワールドイメージ)。 /  「子供のために離婚しない」という考えは間違いか? /  出来事に、堂々と対応できる自分になろう /  「浮気はなぜいけないのか」これが私の最終回答です。 /  夫(彼)の浮気のあと苦しいのは共依存だからなのか? /  相手を操作する心理学に頼りたくなる自分の弱さに気づこう。 /  許せない気持ちの中には、許さなくていい部分もある。 /  自立しているはずなのに「依存的」と言われるのはなぜ? /  本当に自分のしたいこと、ほしいものが分からない状態とは? /  親が離婚すると子も離婚する!?ー不幸の世代間連鎖の本質 /  夫の望むことをするな、夫のためになることをせよ /  優しい人を選んだつもりが弱い人だった!とならないために。 /  自分の無意識にも責任を持つ、という高い意識を。 /  反省とは、自分の力を信じること。 /  動画:問題解決に当たるときに、必要なことは? /  自分の「ストレス指標」を知ることから始めよう。 /  人間関係には「解なし」があることを前提に取り組むこと。 /  「叱る」とは「あんた不幸に向かってるよ」と諭すこと /  浮気の清算は、借金の清算に似ている /  「浮気はなぜいけないのか?」について議論しましょう。 /  傷が深いときは、愛を補うだけでは解決できない /  見守る愛が足りないケースとその対処法 /  父親的な愛の必要性と、足りない場合の補い方(2) /  父親的な愛の必要性と、足りない場合の補い方(1) /  母親的な愛の必要性と、足りない場合の補い方 /  信じる=思考停止、のことがあるのでご注意を。 /  自我の発達と、精神的成長 /  一緒にいて疲れる女性の特徴ランキングから考察。 /  「いい子」と「思いやりのある子」は違う。 /  精神的成長とは何か(1) 困った人を「自我の発達」から見ると… /  良いことがあったあとには悪いことがある!? /  「被害の受け身」の言葉を使わないようにしよう。 /  4+1個の感情スキルで、感情のコントロールを。 /  意味と印象を、ちゃんと分けて捉えること。 /  痛み止めではなく、治療薬を選択する意志を持つこと /  能力は「借りもの」という意識 /  自己否定のクセはどうやって始まるの? /  問題だらけの人生は、「共依存的人間関係」から生じる /  親の離婚ではなく、家族間の「心の距離」こそが傷になる /  解決不能な問題に向き合い、「受容」に至る道 /  過去に何を経験したかではなく、そこから何を学んだかが大事 /  問題に向き合う4つの態度「解決・放置・回避・責任転嫁」 /  「成長するな」という禁止令に気づこう /  辛い体験を「乗りこえる」とはどういうこと? /  男性は、非言語のメッセージに無自覚に反応する /  責めないけれど、放置もしないためには? /  不幸の世代間連鎖を断ち切ることの大切さ(2) /  視野が狭いと夫婦は仲間割れする /  不倫に陥る理由(父親との関係) /  大人の人見知り克服法 /  怒りのコントロール(3) ?怒りのコントロールが難しい人 /  実空間と像空間?怒りと罪悪感 /  生きるよろこび /  嫉妬も変化の第一歩、のことがある /  家事が嫌いになる心理学的な理由とその解決方法 /  怒りのコントロール(2) /  怒りのコントロール /  感情の出方が間違っていませんか? /  命をつなぐ /  変えられないことを受け入れる /  不幸の世代間連鎖を断ち切ることの大切さ /  不幸な母親とは、訣別しなさい /  共依存的な恋愛の解決法について /  共依存的恋愛?恋愛依存症の泥沼から抜け出すために /  人生脚本の書き換え方(提案) /  罪悪感を手放す方法 /  ときには、課題から逃げることもあっていい。 /  フォーカシングを使って、感情を整理しよう /  自分を大切にするとは、こういうこと /  いじられキャラの心理分析 /  親からもらった一番悪い癖とは【自分の幸せのために努力しないこと】 /  ハイヤーセルフにつながる前に、自我を育てよう /  好きなことをして幸せになれる人、罠にはまる人 /  相手が変わってくれないと嘆く前に /  感情の90対10の法則 /  心理療法を受けて変化できる人、できない人 /  大人って何? /  幸せなとき、心は外を向いている /  心の力について /  自分の心の力を育てる /  アファメーションをしましょう /  幸せなことを100個書いてみましょう /  私は「脱力系」セラピストなので・・・ /  「私は自立した女」のワナ /  マンネリ解消 /  タロット占いについて思うこと /  息子を愛する母親 /  人生初の三角関係! /  依存?自立?相互依存?共依存 /  「相手を変える」たったひとつの方法 /  人気ブログランキング、快進撃中! /  相談するということ /  メルマガ 女と男の「心のヘルス」?癒しの心理学 を創刊して /  メルマガへのコメント受付中! /  メールマガジンサンプル誌 /  このサイトを立ち上げた目的 /  サイトの立ち上げ / 

記事カテゴリー一覧

1.恋愛の悩みに関するコラム(179) /  1b.心理学に関するコラム(116) /  1c.男性向きのアドバイス(32) /  1d.人を動かす秘訣(36) /  1e.結婚生活の悩みに関するコラム(2) /  1g.セラピストまなみのコラム(24) /  2.恋愛セラピー手法・事例・信念(36) /  3.女と男の心理学用語集(168) /  3b.心の化学反応式ー解説書(10) /  4.リンク(11) /  5.書評・レビュー・講演(104) /  6.メルマガバックナンバー(146) /  6b.メルマガバックナンバー2(153) /  6c.メルマガバックナンバー3(151) /  6d.メルマガバックナンバー4(147) /  6e.メルマガバックナンバー5(147) /  7.恋愛セラピストあづまの日記・提言・発言(29) /  おすすめ・キャンペーン(7) /  オススメ記事(39) /  電話・skype恋愛セラピー(4) / 

オススメ記事

その恋、恋愛依存症かも!? 問題アリの彼から離れられない心理 /  「浮気しない人」を求めても、引き寄せられない理由 /  身近に回避依存症者がいるあなたへ、対応策と自分を守るアドバイス /  「浮気はなぜいけないのか?」について議論しましょう。 /  浮気症の治療法、改善方法 /  恋愛依存症の克服・解消に役立つ心理療法の技法 /  不倫に陥る理由(父親との関係) /  恋愛カウンセリングの受け方 /  モテる男の心理と、落ち着いた大人の男の心理の違い /  謝れない男の心理 /  婚活(結婚活動)の必須科目 心のおそうじ /  共依存的な恋愛の解決法について /  共依存的恋愛?恋愛依存症の泥沼から抜け出すために /  失恋した元彼との復縁方法を探しているあなたに辛口アドバイス /  浮気性、浮気症 【うわきしょう】 /  恋愛コラムby恋愛セラピストあづまやすし /  彼氏ができない理由、自己診断チャート /  マリッジブルーの原因と解消法?男性と女性でこれだけ違う /  黙り込む男の心理 /  いじられキャラの心理分析 /  モテる男の心理(心の問題/回避依存症) /  回避依存症【かいひいぞんしょう】 /  不倫の子を妊娠?中絶or出産?認知は? /  不倫されたときの心の癒し方 /  浮気男の心理 /  恋愛依存症の克服・回復 【れんあいいぞんしょう】 /  浮気チェックの方法 /  夫の不倫に気付いたら /  男の浮気を防止する方法 /  彼氏が出来ないのはなぜ? /  男心をつかむ方法 /  彼氏が出来ない理由、ご意見募集! /  【男心理解】30分でわかる男心のつかみ方 /  彼氏ができない理由、決定版 /  男の心理が分かる心理学レポート【男心理解】 /  男性心理(怒る男性の心理) /  心理学・メンタルヘルス おすすめリンク /  人生の先生・友人リンク1 /  恋愛・結婚おすすめリンク / 


  PR [無料タロット恋愛占い屋]