恋愛セラピー, トラウマ体験, 癒し

トップページ >  1b.心理学に関するコラム > 辛い体験を「乗りこえる」とはどういうこと?

辛い体験を「乗りこえる」とはどういうこと?

辛い体験、トラウマ体験、などと言いますが、怖かったり、苦しかったり、罪悪感を感じたり、あまりに悲しかったりする体験をすると、その後の人生に大きな影響が出ることがあります。

最も典型的な例は、家族の死です。
とくに、子供時代に経験した場合、心の負担はとても大きいものです。

辛い体験を「乗りこえる」とはどういうことでしょうか?


世の中の多くの人は、感情的に落ち着けば、乗りこえたと考えているようです。
しかし私はあえて、そうではない視点を提供したいと思います。

確かに、辛い体験を経験した直後は、常に感情が乱れている状態です。
混乱し、怖くなったり、怒りが湧いたり、悲しみに襲われたりします。
この状態で必要なことは、他人の支えをもらいながら、激しい感情から少し離れる時間を作ること。表現が適切かどうかは分かりませんが、「休み休み嘆く」ように努める、ということです。そうでないと感情に呑み込まれてしまいます。

お葬式では、喪主は忙しくなるように出来ています。
やることが色々あるので、感情的になっているヒマがないわけです。始めの段階ではこれが大事です。

少し落ち着いてきた後は、逆に、その感情を溜め込まないように、しっかり嘆き悲しむことが必要になります。お葬式で言えば、みんなが帰って、去っていった後、喪に服す期間がありますが、それが嘆き悲しむための、癒しの時間です。現代の生活では、喪に服す期間が短すぎるため、十分に癒しがすすまないという指摘があります。


さて、それも過ぎて、日頃はそれほど辛い感情を思い出さなくなったとしたら、乗りこえたのでしょうか?
ここからが本題です。

実は、まだ完全に乗りこえたとは言えません。

潜在意識の中では、常に全ての経験(の記憶)が生きていると考えてください。思い出すというのは、ある経験にスポットライトを当てるようなものです。スポットライトが当たっていないときもその経験は、そこにあるのです。

常に辛い状態=辛い経験にスポットライトが当たり続けて、離れられない状態
落ち着いた状態=辛い経験にスポットライトが当たり続けてはいない状態
ということです。

しかし、「思い出したら辛い」としたら、完全には乗りこえていません。

つまり
落ち着いた状態=辛い経験にスポットライトが当たり続けてはいない状態
          =辛い経験にフタをして、一時的に安定している状態
乗りこえた状態=その経験を思い出しても、ほぼ平気(古傷の痛み程度)な状態
ということです。

なんとか普通に生活していけるためには、
落ち着いた状態まで行けば、ほぼ大丈夫になるのですが、

恋愛、結婚のように他人と深く関わる活動では、乗りこえきっていない過去の経験があると、どうしてもある瞬間に感情的になってしまうことがあります(他人から見ると「地雷を踏んだ」ということ)。
相手の言葉に極端に反応したり、仲良くなってくると怖くなったり、束縛してしまったり。過去の感情に振り回されて、今ここでの行動が合理的でなくなっているのです。

あるいは仕事であっても、部下の育成、カウンセリング、コーチング、チームをまとめる、などの対人的な仕事の場合、落ち着いたけれど完全には乗りこえていない過去の経験があると、何かの瞬間に感情的になってしまい、そのことが仕事上の問題になることがあります。
極端なケースでは、幼少時の孤独感が癒されていない社長が、女性社員ばかり雇い、しかもほぼ全員社長と男女の関係になったことがある、という例もあります。


そのようなケースでは、心理療法のような、潜在意識の中を浄化する取り組みが必要になります。

過去の辛い経験を乗りこえるのは、三つの段階があります。
・混乱   感情的になっている段階。離れようと思っても感情から離れられない。
・落ち着き 表層意識レベルでは落ち着いた段階。だが、思い出したら辛くなる。
・乗りこえ  潜在意識レベルで整理がついた状態。思い出しても大丈夫。

恋愛、結婚生活、あるいは部下の育成、社長業、職場の対人関係など、人間と深く関わる活動では、過去の辛い経験をきちんと「乗りこえ」る必要があります。

頑張ってるけれど、恋愛・結婚・対人関係がうまく行かないなどの悩みがある場合は、過去の辛い経験をしっかり乗りこえるという解決方法も、ぜひ検討してみてほしいと思います。

恋愛セラピー






現在募集中のワークショップ一覧はこちら

あなたにぴったりの解決法は


応援クリックありがとう!→←人気ブログランキング

ドットライン

コメント

あずまさん、こんにちは。
いつもわかりやすい解説で、まるで迷路で地図を手にしたような気持ちで読ませてもらっています。
 
友達以上、恋人未満な彼のことで、思い当たったことがありまして、できたらアドバイスいただきたいのです。
最初彼の方から積極的に私と関わろう、助けようと近づいてきてくれて、
私はちょっと身辺に事情があったのできっちり友達の線引きを守っていたのですが、
しだいに彼に惹かれていき、すっかり好きになってしまいました。
でも私が本気になり、こちらからも愛情表現をし始めると、
彼は引き始めました。ぎこちない関係になっていき
ついに私と関係が深まっていくのが怖いと言われました。

わたしとしては、彼の方があれだけ熱心だったのに、まるで何もなかったかのように
距離をとられるのがショックでした。
彼はご両親がたいへん厳しい人だったそうなので、ネガティブを押さえ込んで生きてきたのだろうと思っていますが、
20年も前ですが恋人と死別したということも聞いています。
その一言だけで詳しいことは知りません。
そのあとに他に恋人がいたのかどうかも。
 
彼は表向き自立していて、クールにスマートに生きている風を装いながら、
内面は苦しさと寂しさでいっぱいで、鬱傾向もあるようです。
とても真面目な人だと思います。
私は傾聴を習ったことがあるので、彼が誰にも言わないできたネガティブなこと、
心の中のことを少しうまく聞いてあげることができていました。
そのときは彼の表情が和らぎ、目が輝いてイキイキするのを感じていました。
私と話すのは癒される、と言ってもらいました。
だからわたしが嫌われたから避けられている、飽きられたのだともあまり思えないのです。

それでも怖いと言われるのは、彼が過去の恋人との死別の悲しみを乗り越えていないからなのでしょうか。
もしそうだとしたら、私はどう対応したらいいのでしょう。

投稿者 アネモネ : 2011年9月27日 23:42

アネモネさん

コメントありがとうございます。

そうですか。
せっかく仲良くなったのに、急に相手がの態度が冷たくなったりすると、ショックですよね。お察しいたします。

しかし、あえてハッキリ言えば、それを味わうことが、彼との交際を続けていくことなのだと思います。


幼少期の感情というのは、本人の中だけに留まるものではありません。
本人が感じている孤独感や罪悪感は、一番身近な人にうつります。心理学的には「逆転移」と呼ぶのですが、仲のよい恋人や家族は、表に出していない感情も含め、感情を共有するものです。

アネモネさんが彼と一緒にいる理由が今、問われています。


もし、アネモネさんが、彼に自分の不安を埋めて欲しい、自分の寂しさを埋めて欲しい、「好き」という気持ちを受け止めて欲しい、
つまり、アネモネさん自身が、彼との交際を通じて自分の欲求を満たしたい、ということであれば、

辛い道が待っていると思います。

一方、いっときの自分の欲求は、脇に置いておくことができて、本心から彼の課題の解決のサポートに協力したいと思うのであれば、
うまく行っていたときと同じように、彼の話をしっかり聞いてあげることが、よい関わりになると思います。
とにかく、彼が本当に乗りこえるのを、サポートしていくわけです。


ちなみに、私なら、後者はできません。
セラピストとしてなら関われますが、感情も欲求も持った、ひとりの人間として関わろうと思ったら、自分の欲求を受け止めてくれない相手と一緒にいるのは辛すぎます。私は、恋愛で人助けはしない、と決めています。
仕事で一定の枠を決めてサポートする形なら、自分にもできる、と。


やり方そのものよりも、
覚悟が問われているのです。

その点を、よくお考えください。

頑張って下さい、と書こうかと思ったのですが…
頑張りすぎない方がいいですよ、と言い直します。

では。

投稿者 あづま : 2011年10月 1日 09:34

あづまさん

お返事ありがとうございました。
さすが、とても的確なご意見だと思いました。
わたしも、書き込んでから考えているうち、同じ結論に至りました。
覚悟をきめるか、あきらめるかだなと。

彼自身があるていど癒されるまで、わたしは
ほんとうには甘えさせてはもらえない、私は受け取れないのを覚悟しなければならないのだと
感じています。
無意識にカウンセラーとして、求められている、
無償の愛を尽くす母親として求められている、気がします。
彼も、私に与えられないという自分を自覚しているのかもしれません。
私がふつうに甘えてくる女だとわかったら、
責任を持てない、とこわくなったのかも。
だから深く関わりすぎないうちに離れた方がいいと思っているのかも。
かえって大切にしてもらっているともいえるのかな。。。

わたしは
自分の欲求が少しもかなわない、という苦しみに飲み込まれてしまうときと
彼がただ好きで、この世に存在してくれるだけでうれしいと思えるときと
両方があります。
後者はおすすめしないということですが、
それをある程度やってみようと覚悟しました。
成熟した自我でいないとむずかしいのでしょうね。
やらないで後悔するのはいやなので、
ベストをつくしてだめだったらあきらめようかと思います。
彼は今までの自分と変わろうとして苦しんでいると感じるので。
今のまま、誰とも深く関わらず、ひとりさみしく人生を終えてしまうなんて
ほんとうはいやなのだと思います。

ありがとうございました^^

投稿者 アネモネ : 2011年10月 2日 22:35

あずまさん こんにちわ。
いつも参考にさせていただいています。ありがとうございます。
こちらのコメントは個別相談ではないと書きながらも、いつも真面目に返答されていらっしゃるあずまさんには頭が下がります。
ですが、中にはきちんとお金を払って相談されている方もいるので、どうなのかな、とも思います。
ひとつの参考意見としてお伝えさせていただきました。

投稿者 みなみ : 2012年2月17日 16:49

あづまさま

いつも、とっても興味深く拝読しております。
私もコメントを書かれたアネモネさん同様の葛藤をつい最近まで持っていました。

心の整理がついているにも関わらず、心のどこかで「いいのだろうか?」と思う自分もいましたが、あづまさんの

>ちなみに、私なら、後者はできません。
セラピストとしてなら関われますが、感情も欲求も持った、ひとりの人間として関わろうと思ったら、自分の欲求を受け止めてくれない相手と一緒にいるのは辛すぎます。私は、恋愛で人助けはしない、と決めています。
仕事で一定の枠を決めてサポートする形なら、自分にもできる、と。

というコメントを読んで、全てが腑に落ちました。
(私もセラピストです)

ついつい、「1人の人間」であることを忘れて、人助けをしようとしてしまっていた事にも(特に恋愛において)気付きました。

とっても、ドンピシャなタイミングで、このコメントを読む事が出来て、心から有り難く思っています。

こちらに思いをシェアしてくださったアネモネさん、そして、いつも分かりやすい文章で心や思考の地図を渡してくださるあづまさん・・・本当にありがとうございます。

投稿者 ルナ : 2012年2月18日 18:04

みなみさん

コメントありがとうございます。
ご心配もありがとうございます。

このサイトは現在、年間100万人以上の訪問者があります。
私の回答を、書き込んだ人以外の多くの人も読むわけです。

商売上の言い方をすれば、質問への回答が、私の宣伝になっている、とも言えます。
相談を書き込んだ方は、自分の悩みに対する無料の回答を得る代わりに、私の宣伝材料を提供してくれて、なおかつ、ここを訪れた他の方にも悩み解決のヒントを提供してくれているわけです。

そう考えれば、
公開前提の無料の回答(しかも文字のみ)と、
秘密厳守の有料のカウンセリング(電話や対面)。

私は、バランスがとれていると思いますけどね。

投稿者 あづま : 2012年2月26日 11:13

ルナさん

コメントありがとうございます。
そうですか。期せずしてお役に立てたようで、嬉しいです。

ま、要するに、自分も相手も同じように、大切にしようね、ってことなんですよね。
色々問題が増えてくるとついつい冷静じゃなくなってしまうものなんですが、
気づいて元に戻ろうね、ということなんです。

今後も、いい意味で、第三者である利点を生かして、客観的な視点を大事にしてコメントしていきたいと思っています。

ではでは。

投稿者 あづま : 2012年2月26日 11:37




トップページ >  1b.心理学に関するコラム >  このページ“辛い体験を「乗りこえる」とはどういうこと?”のトップへ


辛い体験を「乗りこえる」とはどういうこと?の関連記事etc.

1b.心理学に関するコラム 記事一覧

恋愛依存症? つらい恋愛には「感情の扱い方」が大事。 /  身近に回避依存症者がいるあなたへ、対応策と自分を守るアドバイス /  なぜ、あの人は、自分の問題と向き合わないのか? /  愚者は経験に学び、賢者は・・・(さてなんでしょう?) /  相手の問題を指摘するときの「作法」とは? /  本当につらい理由は「愛せなくなるから」 /  コンサルティング的セッションを始めます2 /  コンサルティング的セッションを始めます。 /  心理セラピーが真に役立つとき3【得体の知れない感情の出どころ】 /  私の目指すセラピーは、真の解決志向 /  人生がパターン化するとき(禁止令と人生脚本、つづき) /  友達に「もう別れなよ」と言われる恋愛パターンの、交流分析的説明【禁止令と人生脚本】 /  深いレベルで、自分を変えること(家事の好き嫌いを例として) /  心理セラピーでいちばん大事なのはリソース探し /  心理セラピーが真に役立つとき2【得体の知れない感情の癒し】 /  自分の気持ちが分からない人に試してみてほしい方法 /  心理セラピーが真に役立つとき【得体の知れない感情の癒し】 /  反省には「肯定的反省」「否定的反省」「反省したフリ」がある /  「信じる」には「期待」と「信頼」と「思考停止」がある /  この世界が安全な場所と感じるかどうかが、幸せな恋愛と関係します(ワールドイメージ)。 /  「子供のために離婚しない」という考えは間違いか? /  出来事に、堂々と対応できる自分になろう /  「浮気はなぜいけないのか」これが私の最終回答です。 /  夫(彼)の浮気のあと苦しいのは共依存だからなのか? /  相手を操作する心理学に頼りたくなる自分の弱さに気づこう。 /  許せない気持ちの中には、許さなくていい部分もある。 /  自立しているはずなのに「依存的」と言われるのはなぜ? /  本当に自分のしたいこと、ほしいものが分からない状態とは? /  親が離婚すると子も離婚する!?ー不幸の世代間連鎖の本質 /  夫の望むことをするな、夫のためになることをせよ /  優しい人を選んだつもりが弱い人だった!とならないために。 /  自分の無意識にも責任を持つ、という高い意識を。 /  反省とは、自分の力を信じること。 /  動画:問題解決に当たるときに、必要なことは? /  自分の「ストレス指標」を知ることから始めよう。 /  人間関係には「解なし」があることを前提に取り組むこと。 /  「叱る」とは「あんた不幸に向かってるよ」と諭すこと /  浮気の清算は、借金の清算に似ている /  「浮気はなぜいけないのか?」について議論しましょう。 /  傷が深いときは、愛を補うだけでは解決できない /  見守る愛が足りないケースとその対処法 /  父親的な愛の必要性と、足りない場合の補い方(2) /  父親的な愛の必要性と、足りない場合の補い方(1) /  母親的な愛の必要性と、足りない場合の補い方 /  信じる=思考停止、のことがあるのでご注意を。 /  自我の発達と、精神的成長 /  一緒にいて疲れる女性の特徴ランキングから考察。 /  「いい子」と「思いやりのある子」は違う。 /  精神的成長とは何か(1) 困った人を「自我の発達」から見ると… /  良いことがあったあとには悪いことがある!? /  「被害の受け身」の言葉を使わないようにしよう。 /  4+1個の感情スキルで、感情のコントロールを。 /  意味と印象を、ちゃんと分けて捉えること。 /  痛み止めではなく、治療薬を選択する意志を持つこと /  能力は「借りもの」という意識 /  自己否定のクセはどうやって始まるの? /  問題だらけの人生は、「共依存的人間関係」から生じる /  親の離婚ではなく、家族間の「心の距離」こそが傷になる /  解決不能な問題に向き合い、「受容」に至る道 /  過去に何を経験したかではなく、そこから何を学んだかが大事 /  問題に向き合う4つの態度「解決・放置・回避・責任転嫁」 /  「成長するな」という禁止令に気づこう /  辛い体験を「乗りこえる」とはどういうこと? /  男性は、非言語のメッセージに無自覚に反応する /  責めないけれど、放置もしないためには? /  不幸の世代間連鎖を断ち切ることの大切さ(2) /  視野が狭いと夫婦は仲間割れする /  不倫に陥る理由(父親との関係) /  大人の人見知り克服法 /  怒りのコントロール(3) ?怒りのコントロールが難しい人 /  実空間と像空間?怒りと罪悪感 /  生きるよろこび /  嫉妬も変化の第一歩、のことがある /  家事が嫌いになる心理学的な理由とその解決方法 /  怒りのコントロール(2) /  怒りのコントロール /  感情の出方が間違っていませんか? /  命をつなぐ /  変えられないことを受け入れる /  不幸の世代間連鎖を断ち切ることの大切さ /  不幸な母親とは、訣別しなさい /  共依存的な恋愛の解決法について /  共依存的恋愛?恋愛依存症の泥沼から抜け出すために /  人生脚本の書き換え方(提案) /  罪悪感を手放す方法 /  ときには、課題から逃げることもあっていい。 /  フォーカシングを使って、感情を整理しよう /  自分を大切にするとは、こういうこと /  いじられキャラの心理分析 /  親からもらった一番悪い癖とは【自分の幸せのために努力しないこと】 /  ハイヤーセルフにつながる前に、自我を育てよう /  好きなことをして幸せになれる人、罠にはまる人 /  相手が変わってくれないと嘆く前に /  感情の90対10の法則 /  心理療法を受けて変化できる人、できない人 /  大人って何? /  幸せなとき、心は外を向いている /  心の力について /  自分の心の力を育てる /  アファメーションをしましょう /  幸せなことを100個書いてみましょう /  私は「脱力系」セラピストなので・・・ /  「私は自立した女」のワナ /  マンネリ解消 /  タロット占いについて思うこと /  息子を愛する母親 /  人生初の三角関係! /  依存?自立?相互依存?共依存 /  「相手を変える」たったひとつの方法 /  人気ブログランキング、快進撃中! /  相談するということ /  メルマガ 女と男の「心のヘルス」?癒しの心理学 を創刊して /  メルマガへのコメント受付中! /  メールマガジンサンプル誌 /  このサイトを立ち上げた目的 /  サイトの立ち上げ / 

記事カテゴリー一覧

1.恋愛の悩みに関するコラム(181) /  1b.心理学に関するコラム(116) /  1c.男性向きのアドバイス(32) /  1d.人を動かす秘訣(36) /  1e.結婚生活の悩みに関するコラム(2) /  1g.セラピストまなみのコラム(24) /  2.恋愛セラピー手法・事例・信念(36) /  3.女と男の心理学用語集(168) /  3b.心の化学反応式ー解説書(10) /  4.リンク(11) /  5.書評・レビュー・講演(109) /  6.メルマガバックナンバー(146) /  6b.メルマガバックナンバー2(153) /  6c.メルマガバックナンバー3(151) /  6d.メルマガバックナンバー4(147) /  6e.メルマガバックナンバー5(150) /  6f.メルマガバックナンバー6(35) /  7.恋愛セラピストあづまの日記・提言・発言(29) /  おすすめ・キャンペーン(7) /  オススメ記事(39) /  電話・skype恋愛セラピー(4) / 

オススメ記事

その恋、恋愛依存症かも!? 問題アリの彼から離れられない心理 /  「浮気しない人」を求めても、引き寄せられない理由 /  身近に回避依存症者がいるあなたへ、対応策と自分を守るアドバイス /  「浮気はなぜいけないのか?」について議論しましょう。 /  浮気症の治療法、改善方法 /  恋愛依存症の克服・解消に役立つ心理療法の技法 /  不倫に陥る理由(父親との関係) /  恋愛カウンセリングの受け方 /  モテる男の心理と、落ち着いた大人の男の心理の違い /  謝れない男の心理 /  婚活(結婚活動)の必須科目 心のおそうじ /  共依存的な恋愛の解決法について /  共依存的恋愛?恋愛依存症の泥沼から抜け出すために /  失恋した元彼との復縁方法を探しているあなたに辛口アドバイス /  浮気性、浮気症 【うわきしょう】 /  恋愛コラムby恋愛セラピストあづまやすし /  彼氏ができない理由、自己診断チャート /  マリッジブルーの原因と解消法?男性と女性でこれだけ違う /  黙り込む男の心理 /  いじられキャラの心理分析 /  モテる男の心理(心の問題/回避依存症) /  回避依存症【かいひいぞんしょう】 /  不倫の子を妊娠?中絶or出産?認知は? /  不倫されたときの心の癒し方 /  浮気男の心理 /  恋愛依存症の克服・回復 【れんあいいぞんしょう】 /  浮気チェックの方法 /  夫の不倫に気付いたら /  男の浮気を防止する方法 /  彼氏が出来ないのはなぜ? /  男心をつかむ方法 /  彼氏が出来ない理由、ご意見募集! /  【男心理解】30分でわかる男心のつかみ方 /  彼氏ができない理由、決定版 /  男の心理が分かる心理学レポート【男心理解】 /  男性心理(怒る男性の心理) /  心理学・メンタルヘルス おすすめリンク /  人生の先生・友人リンク1 /  恋愛・結婚おすすめリンク / 


  PR [無料タロット恋愛占い屋]