トップページ >  1c.男性向きのアドバイス > 女性は「自分の感覚を強く信じていて頑固」だと知ろう

女性は「自分の感覚を強く信じていて頑固」だと知ろう

男子の皆様。

女性と接するときに、どうしても知っておかなければならないことがあります。
・・・たくさんあるのですが。

その中で、とても大事なことをお伝えしたいと思います。
それは、女性は、自分の感覚や感情を男性よりもハッキリと強く感じていて、それが絶対だと信じる傾向があるということです。

男性の場合、
職場に、なんとなくいつも不機嫌な女性がいたとして、
「なんか感じ悪い人だな?」と思ったとしますね。

そのときに、同僚から、
「真面目な人だけどね。私は別に嫌だと思わないなぁ。」
と言われたとします。

「そうか。そうなのかも。」
こう思うことは、比較的多いんじゃないでしょうか。
(あなたが男性の場合です)


女性の場合、同様のシチュエーションで、
職場に、なんとなくいつも不機嫌な女性がいたとして、
「なんか感じ悪い人だな?」と思ったとしますね。
大抵の場合、この時点で評価を確定しています。

そのときに、同僚から、
「真面目な人だけどね。私は別に嫌だと思わないなぁ。」
と言われたとしても、
男性のように
「そうか。そうなのかも。」
と、評価を変えないどころか、

その同僚の人に対して、
「あの人に対して味方するなんて、絶対おかしい!」
と、評価を下げてしまうほどです。


多くの場合、女性の感性というのは、熟慮せずに直観的に判断している割には、かなり正しいものなのですが、それは、心の内に溜め込んでいるマイナス感情が比較的少ない女性の場合の話です。

マイナス感情を溜め込んでいくと、女性は、次第にものの捉え方が歪んできます。(それは男性も同じなのですが、マイナス感情を溜め込める量が、女性の方が圧倒的に多いので、影響も大きく出るのです。)
しかも、問題なのは、本人はそのことに無自覚だということです。
自分の感覚はあくまで正しいと思いこんでいるのです。

周りから指摘されたら、指摘者を「あんたの方が間違っている」と思うわけです。


ですので、男子の皆様。
男性的感覚で表現すると、「女性は自分の感覚を強く信じていて頑固」なのです。
これをよく理解しておいてくださいね。

だから、女性の感じたことは、安易に否定してはいけません。
ということは、マイナス感情を溜め込んで、感じ方が歪んできてしまった女性と交際するのはとても難しいことが分かるでしょう?
比較的軽度の場合は、マイナス感情を全部吐き出してもらう、つまり愚痴でも悪口でも、否定せずに話を聴くことが出来れば、元の優しい彼女に戻ります。男子の心得として、身につけておきましょう。

但し、マイナス感情の出所が、今日の職場とか、最近の人間関係など、比較的浅いものの場合は上記の対応で問題ないのですが、幼少期の親への恨みとか、性的暴力によるものとか、非常に深いものの場合、相当熟練したプロのカウンセラーでも、話を聴くだけで大もとのマイナス感情を癒すのは難しいものです。

あなた(男子)がプロのカウンセラー/心理セラピストになりたいのなら、マイナス感情解消のスキルを磨くのも大事なことですが、もしあなたが、幸せな結婚生活を送りたいだけなら、深い部分にマイナス感情を持っていない女性を選んだ方が、悩みの少ない結婚生活を送れると思います。

もしも、交際を始めてから気づいてしまった場合、私のお勧めは「この関係でたぶん大丈夫」と思えるところまでは、結婚前に徹底的にとり組んで癒すことです。彼女も、結婚してから「君のトラウマが解消されなければ別れる」と言われたら納得しないでしょうが、結婚前に「君のトラウマが、ほぼ大丈夫なところまで解消できなければ、結婚は出来ない」と言われたら、本気でとり組む気になるでしょうから。

それに、結婚してから引き返すのはすごいエネルギーが必要ですから。

男子の皆様。
「女性は自分の感覚を強く信じていて頑固」なのです。
よく心得ておいて下さいね。






現在募集中のワークショップ一覧はこちら

あなたにぴったりの解決法は


応援クリックありがとう!→←人気ブログランキング

ドットライン

コメント




トップページ >  1c.男性向きのアドバイス >  このページ“女性は「自分の感覚を強く信じていて頑固」だと知ろう”のトップへ


女性は「自分の感覚を強く信じていて頑固」だと知ろうの関連記事etc.

1c.男性向きのアドバイス 記事一覧

花に水をやるように、妻の【心】に水やりを。 /  浮気相手と別れて終わりではない、と心得るべき。 /  自分の感情に気づいていないと、彼女との関係を壊す /  自分の「ストレス指標」を知ることから始めよう。 /  男のマリッジブルーは、プロポーズ前にやってくる /  彼女が出来ない男性は、まず仕事を頑張れ。 /  夫が妻に「口うるさい」と感じる本当の理由とは? /  「共感」できると、女性の扱いは一気に楽になる /  女性の人間関係は「距離感」中心。 /  彼女を笑顔にしよう! /  浮気症の治療法、改善方法 /  ケンカの一本道?喧嘩に至る道はワンパターン /  女性は「自分の感覚を強く信じていて頑固」だと知ろう /  嫁姑問題の本質。必ず嫁の味方に付くこと。 /  彼女が感情的なときこそ、しっかり向き合って話を聴こう /  彼女の世界を、把握しておこう /  女性には、ごまかしが利かないと思って接するべし /  信頼に足る行動をすること。妻との「距離」に要注意。 /  まずは、彼女を本気で喜ばせよう /  感情シグナルに、意識を向けよう /  男性の欲しいもの、女性の欲しいもの。 /  何をやっても不満な女性は【元々】不満な女性 /  男性は、彼女の気持ちをくみ取ることに挑戦を。 /  彼女が大切にしているものを、大切にする2 /  彼女が大切にしているものを、大切にする1 /  見る・聴く・触れることの大切さ /  働き者で遊び好きの女性を選ぼう /  女性は、感情の貯金箱 /  こんな女性とは、結婚してはいけない /  男は結婚式の準備にどこまで関わるべき??マリッジブルーの心理学? /  マリッジブルーの彼女にかけたい言葉 /  黙り込む男の心理 / 

記事カテゴリー一覧

1.恋愛の悩みに関するコラム(181) /  1b.心理学に関するコラム(116) /  1c.男性向きのアドバイス(32) /  1d.人を動かす秘訣(36) /  1e.結婚生活の悩みに関するコラム(2) /  1g.セラピストまなみのコラム(24) /  2.恋愛セラピー手法・事例・信念(36) /  3.女と男の心理学用語集(168) /  3b.心の化学反応式ー解説書(10) /  4.リンク(11) /  5.書評・レビュー・講演(109) /  6.メルマガバックナンバー(146) /  6b.メルマガバックナンバー2(153) /  6c.メルマガバックナンバー3(151) /  6d.メルマガバックナンバー4(147) /  6e.メルマガバックナンバー5(150) /  6f.メルマガバックナンバー6(35) /  7.恋愛セラピストあづまの日記・提言・発言(29) /  おすすめ・キャンペーン(7) /  オススメ記事(39) /  電話・skype恋愛セラピー(4) / 

オススメ記事

その恋、恋愛依存症かも!? 問題アリの彼から離れられない心理 /  「浮気しない人」を求めても、引き寄せられない理由 /  身近に回避依存症者がいるあなたへ、対応策と自分を守るアドバイス /  「浮気はなぜいけないのか?」について議論しましょう。 /  浮気症の治療法、改善方法 /  恋愛依存症の克服・解消に役立つ心理療法の技法 /  不倫に陥る理由(父親との関係) /  恋愛カウンセリングの受け方 /  モテる男の心理と、落ち着いた大人の男の心理の違い /  謝れない男の心理 /  婚活(結婚活動)の必須科目 心のおそうじ /  共依存的な恋愛の解決法について /  共依存的恋愛?恋愛依存症の泥沼から抜け出すために /  失恋した元彼との復縁方法を探しているあなたに辛口アドバイス /  浮気性、浮気症 【うわきしょう】 /  恋愛コラムby恋愛セラピストあづまやすし /  彼氏ができない理由、自己診断チャート /  マリッジブルーの原因と解消法?男性と女性でこれだけ違う /  黙り込む男の心理 /  いじられキャラの心理分析 /  モテる男の心理(心の問題/回避依存症) /  回避依存症【かいひいぞんしょう】 /  不倫の子を妊娠?中絶or出産?認知は? /  不倫されたときの心の癒し方 /  浮気男の心理 /  恋愛依存症の克服・回復 【れんあいいぞんしょう】 /  浮気チェックの方法 /  夫の不倫に気付いたら /  男の浮気を防止する方法 /  彼氏が出来ないのはなぜ? /  男心をつかむ方法 /  彼氏が出来ない理由、ご意見募集! /  【男心理解】30分でわかる男心のつかみ方 /  彼氏ができない理由、決定版 /  男の心理が分かる心理学レポート【男心理解】 /  男性心理(怒る男性の心理) /  心理学・メンタルヘルス おすすめリンク /  人生の先生・友人リンク1 /  恋愛・結婚おすすめリンク / 


  PR [無料タロット恋愛占い屋]