【ココヘル359】「悪い」「ひどい」「ダメ」を言い換えよう.

 

◆女と男の「心のヘルス」?癒しの心理学 359号 2009.3.4
 
 あづまです。こんにちは。
 いつも読んでくださってありがとうございます。
3/1は「うつは薬じゃ治らない!」チャリティーセミナーが、
大盛況のうちに終了しました。
実は、その後二日間、頭が働かなくて、寝ていました。
頑張りすぎたんでしょうか・・・
そういうときは、無理しないに限りますね!
今日は、復活して朝から元気です!
 
 
★最近メルマガが届かない?
 最近、メルマガは勝手に迷惑メール判定されることが増えている
ようです。こちらのURLを時々見に来てくださいね!
http://archive.mag2.com/0000164141/index.html
 
 
 
 
◆愛の永久磁石になる方法【セミナーDVD】
 
 矢野先生とあづまが幸せな恋愛、結婚生活、人間関係を引き寄せ
 るための【愛の永久磁石】になる方法について語りました。
 http://www.556health.com/sp/dvd.html
 (↓このメルマガの下の方に、詳しい説明があります。)
 
 
今日は、私がとても大事にしている考え方をお伝えします。
それは、
「悪い」「ひどい」「ダメ(間違ってる)」
「頑張ってない(怠けてる)」
という言葉を言いそうになったら、
【すべて】
「いっぱいいっぱい」に言い換える、というもの。
彼氏が、
「おまえの携帯見せてみろよ。男のメルアドはいってんだろ?」
→ひどい男
→あ、いけない、いけない。
→「いっぱいいっぱいな男」
母親が、
「あんたの彼氏、○○で△△で××で、やめたほうがいいわよ。
 お母さんなんてね、○○で△△なお父さんと結婚して苦労して
○×△■※でなんたらかんたら・・・」
→余計なお世話!ひどい母親!
→あ、いけない、いけない。
→「いっぱいいっぱいな母親」
 
 
 また、一番大事な使い方は、自分自身に使うことです。
「あ、また忘れ物しちゃった。わたし、【ダメ】だなぁ・・・」
→あ、いけない、いけない。
→私、いっぱいいっぱいだったなぁ。
 
 
 「昨日彼氏にひどいこと言っちゃった・・・私、ひどい女だなぁ」
 
 →はっ! いけない、いけない。
 
→私、いっぱいいっぱいだったなぁ。
 
 
◆ なぜ、「いっぱいいっぱい」と言い換えるのか?
 
 まず、人が変わるためには、
現状ではいけない、と思うことが大事です。
よく、「すべての人はそのままで素晴らしい」なんて言う言い方
がありますが、確かに、それは「人間の存在」を認める意味では
大事な考え方ではありますが、
 
現在の自分のままで、成長しなくていい、行動を変えなくていい
としたら、何も変わりません。
 
 
しかし、難しいのは、その時に、
自分を責めてしまうと、身動きが取れなくなってしまうのです。
特に、罪悪感を感じやすいタイプの人はそうです。
また、自分を責めることで、偽りの満足感を得ることもあります。
 
私は失敗した。
 
  →だから心の中で自分を責めよう。
 
  →これだけ自分を責めたのだから、もういいよね。
 
   →で、成長もしないし、行動も改めない。
 
    →次もまた、同じ失敗をしたら、
      同じように自分を責めればいいし。
これって、最も不毛な考え方だと思うのです。
本人も含めて、誰の幸せの役にも立っていないでしょ?
だから、
現状の全肯定ではない。変えるべきところがある。
でも、
自分を責めない考え方。自分を否定しない考え方。
そういう考え方が必要なのです。
 
 
◆ 心の傷や、こども時代に身につけた考え方が原因の場合
 
 確かに、なかなか人生が前に進まない人には、どうしようもない
理由があるものです。相談をたくさん受けて、そう感じています。
私なら、その状況を乗り切っていけないかもしれない。
この人は、本当に頑張ったな、そう思うことだって、あります。
そういう状況があるから、今、前に進めない。
これを、上手にたとえ話にした人がいます。
だれがたとえたのかは、分かりませんけどね。
心の問題を、ケガにたとえたわけ。
あなたは今、心が「ケガ」しているんですよ。
だから、治療しましょう。
あなたが「悪い」わけじゃない。
あなたが「がんばってない」わけじゃない。
あなたが「やさしくない」わけじゃない。
今あなたは、心が「ケガ」しているだけ。
治せば、良くなるし、がんばれるし、やさしくなれるよ。
英語でも、心の傷のことを「トラウマ」と言います。
これはギリシャ語で「傷」の意味です。
確かに、変えた方がいい部分はある。
でも、あなたが悪いわけじゃないし、希望がないわけじゃない。
ケガを治せば、大丈夫になるから。
そういう考え方が、大事なのです。
 
◆ いい日本語があります
 
 でも、そんな回りくどい説明しなくても、
いい日本語があります。
それが、
「いっぱいいっぱい」です。
 
 辞書には精神的な意味は載ってないみたいですが、
最近は精神的に限界のときに使う人が多いですよね。
愛情のある言葉だなぁって思います。
 
 「いっぱいいっぱい」って、
一時的に、余裕がないという意味です。
 
だから、
根本的にその人がダメだという意味じゃありません。
そして、
ゆとりを持てるように現状を変えようという考えをもちやすい。
何か、うまく行かないことがあったら、
「私、いっぱいいっぱいだ」ってまず言ってみましょう。
自分のことを【悪い】【ひどい】【ダメ】などの言葉で責めるの
はやめましょうね。
そういう癖があるのなら、まず使う言葉から変えてみましょう。
私も、自分が使う言葉を変えたことが、人生が好転する始めの
きっかけになりました。
言葉って毎日使っていて、知らず知らずのうちに自分の精神とか
人間関係に影響を与えていますから、バカにせずやってみてくだ
さい。
 
◆ ポジティブシンキングとは、ちょっと違います!
 
ポジティブシンキングの本などに書いてある、ポジティブな言葉
を使いましょうというのとは似ているようで少し違います。
ポジティブな言葉を使ったり、ポジティブな考え方をするのは、
もちろん大事なのですが、人間、うまく行く日ばかりではない。
ポジティブシンキングを心がけていると、うまく行かなかった日
の自分を否定してしまいがちなのです。
 実は、
ネガティブな日の自分をゆるすことが、一番大事なことです。
 
 それが
「私、いっぱいいっぱいだ」ってまず言ってみて、次に、
「いっぱいいっぱいから抜け出すためにどうしたらいいだろう?」
って考えてみることです。
 
 
◆ 使用上の注意
 
 「いい」状態にある人以外はすべて、
「いっぱいいっぱい」の状態にあると考えます。
たとえば、人をだます人。
「いっぱいいっぱい」なのかな・・・
犯罪を犯してしまう人
「いっぱいいっぱい」なのかな・・・
 
 浮気をする旦那さん
「いっぱいいっぱい」なのかな・・・
 
 不倫を繰り返してしまう女性
「いっぱいいっぱい」なのかな・・・
 
 
 こうして、感情的に相手を責めないことを学びます。
ですが!
ここで注意です!
現実的に、自分がだまされてしまっては意味がないですし、
犯罪に巻き込まれてしまっては、安心して暮らせません。
現実的には、こうした状況を避ける必要があるのです。
相手を責めたり、裁いたり、見下したりする必要はないけれど、
自分の身を守る必要はあります。
もうちょっと核心を突いたことを言うと、
「いっぱいいっぱい」な人を救ってあげたいと思ったとしても、
できないこともある、ということです。
これは私の持論ですが、人は誰でも、困っている人を助けたいと
思っているのです。誰もが優しい。誰もが愛情を持っている。
でも、人を際限なく助けることはできない。自分には限界がある。
それを認めるのは苦しいことです。

ここがポイントです!
だから、「この人は悪い人だ」「ひどい人だ」などと責めて自分
から切り離し、助けないですむ口実を作っているのです。
意識的にはそう考えていない人も多いと思いますが、心の深いと
ころでは、みんなそう感じているに違いないと私は信じています。
 
だったら、素直にそれを認めてしまえば楽なんです。
 
「いっぱいいっぱい」で苦しんでいる人を救うほどには、自分に
も余裕がない。
自分のことは何とかやっているけれど、いっぱいいっぱいな人を
救おうと考えてしまうと、自分もまた「いっぱいいっぱい」になっ
てしまう、と。
実は、ここを認めて受け入れられるようになると、
人生がぐっと楽になりますし、楽しくなります。
他人を責めることもなくなりますし、
自分を責めることもなくなります。
 
 
◆ 次回以降の予定
 
 しばらく、質疑応答シリーズを書いていきながら、
「自分をゆるせば すべてはうまく行く」というテーマを、
さらに掘り下げて書いていきたいと思っています。
このテーマ、今年出版につなげたいです。
ではまた! 次回もお楽しみに。
 
 
◆ 恋愛セラピー 申込受付中です。
 
 ひとりで抱えていないで、一緒に悩みを分かち合いませんか?
きっと、楽になって解決が早くなりますよ。
初回20,000円です。
(1ヶ月以内の再度のご利用の場合18,000円です)
http://www.556health.com/order.html
 
 
◆愛の永久磁石になる方法【セミナーDVD】
 
 矢野先生とあづまが幸せな恋愛、結婚生活、人間関係を引き寄せ
 るための【愛の永久磁石】になる方法について語りました。
 http://www.556health.com/sp/dvd.html
 (↓このメルマガの一番下に、詳しい説明があります。)
 
 
◆編集後記
 
いや?、よく寝た。
二日間、なんだか、すごく疲れていて、寝た気がします。
主に昼寝。
2月は、忙しかったんです。それはそれで、ありがたいことです
が、やっぱり、体は大事ですからね。
少し休んで、スローペースにしてから、また色々企画します。
ではまた!
 
 
 
┏━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━┓
 応援ありがとう!まぐまぐ殿堂入り! 祝!25000部
 ◆女と男の「心のヘルス」?癒しの心理学
 ◆ご意見、ご感想お待ちしています。このまま返信!
 ・頂いたメールは、事前確認なく掲載することがあります。
 ・お名前はイニシャルにします。
 ・メール相談は行っていません。また、多数のメールを頂くた
  め、個別の返信はできないことがございます。
 
 もっと幸せな恋愛・結婚生活・人間関係を求める方に情報提供
 をするのが本誌の目的です。ご自身の責任にてご活用下さい。
 
 ◆制作:阿妻靖史(あづま やすし 恋愛セラピスト)
 ◆自己紹介はこちらです↓(声の自己紹介があります!)
  http://www.556health.com/archives/2005/07/post_5.html
 ◆登録・解除: http://www.mag2.com/m/0000164141.html
  (解除依頼は受けていません。ご自分でお願いします)
 ◆ウェブサイト http://www.556health.com/
 
 このメルマガは自主的な登録によってのみ登録になります。
違法なアドレス収集は一切行っていません。
 
 ★ご友人への転送は歓迎です。メルマガ全文をお願いします★
 このメルマガの著作権は発行者であるあづまやすしに属します。
 無断転載を禁じます。転載は【事前に】お申し出下さい。
┗━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━┛
 
◆ 愛を引き寄せる秘訣のDVD 内容紹介です。
 
第1部 講師:あづまやすし
 
 ◆緊張をほぐし、円滑なコミュニケーションをする方法★
 
 ◆男女の心理の違い
   男性のほしいもの、女性のほしいもの。
   男性への禁句、女性への禁句。
 
 ◆コミュニケーションスキル
   アイメッセージとアクショントーク。
  「これは禁句」という言い方。
 
 ◆コミュニケーションスキルが通用しないケースの考え方1
   相手が不平不満愚痴タイプの場合:愚痴のこぼし上手、
   愚痴聞き上手になり、お互いの心を元気にする方法。
   それでもダメなときは執着を手放すワーク★
 
 ◆コミュニケーションスキルが通用しないケースの考え方2
   自分が「正しさ」を主張している場合:本当にほしい
   ものを自分に許可すること。
 
 ◆過去の経験から来る恨みや禁止を手放し、
  楽に生きるためのワーク★
   (インナーチャイルドヒーリングの応用版です)
 
第2部 講師:矢野惣一
 
 ◆恋と愛の違い
   恋は○○○でするもの。愛は○○○でするもの。
   ↑名言です!
 
 ◆愛の目的
   愛に「目的」があるなんて!?これを知ると、何が愛
   なのか分からず空回りしていたあなたも、正しい方向で
   ムダのない努力ができます。
   ☆「愛と勘違いしやすいもの」の話は絶品です。
 
 ◆理想の結婚相手と理想の結婚を知るワーク★
   恋愛は相手の○○とするもの。
   結婚は相手の○○とするもの。←目から鱗の名言!
   ワークは矢野惣一の真骨頂、光と影の統合のワークです。
 
 ◆愛と癒し ?その表現方法?
   癒しは「見る」「聴く」「触れる」で起こる。
   真髄は話を聴いてみてください!
 
第3部 質疑応答
   ナイスで鋭い質問が飛び交いました。
   講師も必死で答えました(笑)
 
 
 お申込は↓
 http://www.556health.com/sp/dvd.html