【ココヘル362】自立?依存の反転タイプ

 

◆女と男の「心のヘルス」?癒しの心理学 362号 2009.3.12
 
 あづまです。こんにちは。
 いつも読んでくださってありがとうございます。
 
 
◆愛の永久磁石になる方法【セミナーDVD】
 
 矢野先生とあづまが幸せな恋愛、結婚生活、人間関係を引き寄せ
 るための【愛の永久磁石】になる方法について語りました。
 http://www.556health.com/sp/dvd.html
 (↓このメルマガの一番下に、詳しい説明があります。)
 
 
 
 では、本文です。
今回も、ご質問をとりあげてみたいと思います。
今回のテーマは「自立?依存」の反転についてです。
 
 
◆ Fさん
 
> 罪悪感タイプについて質問です。
 
>あづまさんは罪悪感タイプの特徴として、
>怒れないことや、人に頼れないことをよく挙げていますよね?
>私は、弱みを見せるのが苦手で、なかなか人に頼れないタイプ
>です。
 
>でも、怒るのは得意です。
>ノーとはっきり言うことに抵抗がありません。
>むしろ、競争心が強いので、
>受け入れたり我慢したりするほうが苦手です。
 
>また、魅かれる男性のタイプは、
>「かわいそうな人、救いを求めている人、傷ついた人」です。
>でもその理由は、あづまさんのように「助けたい」ではなく、
>「こういう人なら私のことを傷つけない。安心だ」というもの
>です。
 
>いざ、そういう人とお付き合いすると、
>共依存というより、子供VS子供みたいになって、
>お互いに求めてばかりで喧嘩が絶えず、空中分解します…。
 
>自分が罪悪感タイプなのか、依存心タイプなのか、わかりません。
>自分の中に、いつも2人の人間がいる感じで、混乱します。
>こんなだから、恋愛もうまくいかないのかな、と思っています。
 
>ヒントになる考え方など、メルマガで取り上げていただけたら
>嬉しいです。
 
 
 Fさん、ご質問ありがとうございます。
弱みを見せるのが苦手で、なかなか人に頼れないと、
辛くても人に分かってもらえず、苦しいですね。
よく頑張っていらっしゃると思います。
いくつか、ポイントがありますが、
まず、タイプ分けをすることが大事なわけではない、ということ
を始めにお伝えしておきます。
依存・犠牲・自立、というタイプのどれに当てはまるとしても、
本来の自分とは違う「役割」を演じているわけですから、
どこかに歪みが出てくるのです。
そして、状況に応じて役割が変化することもよくあります。
たとえば、仕事では【自立】しているけれど、恋愛になると自分
の満たされていない部分を相手に全部求めて【依存】してしまい、
一極集中になってしまう、というもの。
Fさんも、このパターンかもしれませんね。
 
 解決の糸口になるのは、この部分。
>また、魅かれる男性のタイプは、
>「かわいそうな人、救いを求めている人、傷ついた人」です。
>でもその理由は、あづまさんのように「助けたい」ではなく、
>「こういう人なら私のことを傷つけない。安心だ」というもの
>です。
 
 そうですか。今まで大変でしたね。
 
 これは、すべての人の、すべての問題に共通する法則ですが、
 
ちょっと厳しい言い方に聞こえるかもしれませんが、
 
思い通りの人生を歩めない人は、
 【幸せになることよりも、傷つかないことを優先している】
ことが多いのです。
どうしても怖い、嫌な、傷つくことを避けようとすると、
やはり、判断が歪むんです。
 
 
 そして、Fさんの場合も、ご自分で気づかれているとおり、
 
>いざ、そういう人とお付き合いすると、
>共依存というより、子供VS子供みたいになって、
>お互いに求めてばかりで喧嘩が絶えず、空中分解します…。
 
 なんと、傷つかないことを目指して相手選びをしているのに、
傷つくことになるという、皮肉な結果になっています。
 でもFさんに限らず、傷つかないことを優先して恋愛したら、
誰でもそうなるものなのです。
 
ちなみに、恋愛においては、こういう関係が成り立ちます。
依存×犠牲→典型的な共依存。一方がわがまま。一方が犠牲。
 依存×依存→激しいケンカをする関係
犠牲×犠牲→疎遠になる。恋が始まらない。遠距離など。
 
 
 ここから先は、私の推測です。メールにも書かれていなかった
ので、もし外していたらごめんなさい。
Fさんは、お父様か、あるいは家族の誰かが恐い人だったのでは
ないでしょうか。あるいは「厳しい」というか。
すると「もうあんな怖い思いはしたくない」と思ってしまい、
元気で自己主張がしっかりできる男性を避けたくなってしまうこ
とがあります。エネルギーが強い人と一緒にいると、疲れてしま
う、という理由もあるかもしれません。
そうして、傷ついた、弱い感じの男性を選んでしまうことがある
のです。
 
 
本当に大事なことは、
【傷つく出来事や人を避ける】のではなく、
【自分の心を強くする】ことです。
そして、心の本当の強さとは、
【頑固さや、攻撃性や、プライドの高さ】ではなく、
【しなやかさ、柔軟さ、素直さ】の中にあるのです。
 
 
 本当の心の強さは、体験して身につけていくことが大事です。
★恋愛セラピー
http://www.556health.com/order.html
 
 
◆ 次回以降の予定
 
 次回は、「間違いだらけの男選び」を書いてみたいと思います。
例によって、気が変わるかもしれませんが、あしからず。
 
 しばらく、質疑応答シリーズを書いていきながら、
「自分をゆるせば すべてはうまく行く」というテーマを、
さらに掘り下げて書いていきたいと思っています。
このテーマ、今年出版につなげたいです。
ではまた! 次回もお楽しみに。
 
 
◆ 恋愛セラピー 申込受付中です。
 
 ひとりで抱えていないで、一緒に悩みを分かち合いませんか?
きっと、楽になって解決が早くなりますよ。
初回20,000円です。
(1ヶ月以内の再度のご利用の場合18,000円です)
 
http://www.556health.com/order.html
 
 
◆愛の永久磁石になる方法【セミナーDVD】
 
 矢野先生とあづまが幸せな恋愛、結婚生活、人間関係を引き寄せ
 るための【愛の永久磁石】になる方法について語りました。
 http://www.556health.com/sp/dvd.html
 (↓このメルマガの一番下に、詳しい説明があります。)
 
 
◆編集後記
 
新しいPCを買いました。
Windows Vistaなので、ちょっと慣れなくてとまどっています。
19インチのモニターのものを買いました。
画面は広いし、キレイで気持ちいいですね。
ネットにつなぐまでが一苦労です(まだつながってない)。
メインは現在使っているノートPCなので、新しい方はサブです。
だから、のんびりセットアップしているんですけどね。
ご家族の風邪は大丈夫ですか?という気遣いのメールを下さって、
ありがとうございます。
おかげさまで、順調に回復しています・・・が!
なんと、私が風邪をもらってしまいました(>_<) なんという・・・ でも、既に回復しつつあります。 熱は一番出ていたときで36.9度。 ほとんど発熱なしで、風邪を退治できたみたいです。 もうほとんど治ってますから。ご心配なく。   薬ももう飲まないでOKな感じ。 幸恵ちゃんは医者にもらった薬は全部飲む派なんですよ。 で、よく怒られるわけ(笑) 私は、途中でやめちゃう派。     ┏━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━┓  応援ありがとう!まぐまぐ殿堂入り! 祝!25000部  ◆女と男の「心のヘルス」?癒しの心理学  ◆ご意見、ご感想お待ちしています。このまま返信!  ・頂いたメールは、事前確認なく掲載することがあります。  ・お名前はイニシャルにします。  ・メール相談は行っていません。また、多数のメールを頂くた   め、個別の返信はできないことがございます。    もっと幸せな恋愛・結婚生活・人間関係を求める方に情報提供  をするのが本誌の目的です。ご自身の責任にてご活用下さい。    ◆制作:阿妻靖史(あづま やすし 恋愛セラピスト)  ◆自己紹介はこちらです↓(声の自己紹介があります!)   http://www.556health.com/archives/2005/07/post_5.html  ◆登録・解除: http://www.mag2.com/m/0000164141.html   (解除依頼は受けていません。ご自分でお願いします)  ◆ウェブサイト http://www.556health.com/    このメルマガは自主的な登録によってのみ登録になります。 違法なアドレス収集は一切行っていません。    ★ご友人への転送は歓迎です。メルマガ全文をお願いします★  このメルマガの著作権は発行者であるあづまやすしに属します。  無断転載を禁じます。転載は【事前に】お申し出下さい。 ┗━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━┛   ◆ 愛を引き寄せる秘訣のDVD 内容紹介です。   第1部 講師:あづまやすし    ◆緊張をほぐし、円滑なコミュニケーションをする方法★    ◆男女の心理の違い    男性のほしいもの、女性のほしいもの。    男性への禁句、女性への禁句。    ◆コミュニケーションスキル    アイメッセージとアクショントーク。   「これは禁句」という言い方。    ◆コミュニケーションスキルが通用しないケースの考え方1    相手が不平不満愚痴タイプの場合:愚痴のこぼし上手、    愚痴聞き上手になり、お互いの心を元気にする方法。    それでもダメなときは執着を手放すワーク★    ◆コミュニケーションスキルが通用しないケースの考え方2    自分が「正しさ」を主張している場合:本当にほしい    ものを自分に許可すること。    ◆過去の経験から来る恨みや禁止を手放し、   楽に生きるためのワーク★    (インナーチャイルドヒーリングの応用版です)   第2部 講師:矢野惣一    ◆恋と愛の違い    恋は○○○でするもの。愛は○○○でするもの。    ↑名言です!    ◆愛の目的    愛に「目的」があるなんて!?これを知ると、何が愛    なのか分からず空回りしていたあなたも、正しい方向で    ムダのない努力ができます。    ☆「愛と勘違いしやすいもの」の話は絶品です。    ◆理想の結婚相手と理想の結婚を知るワーク★    恋愛は相手の○○とするもの。    結婚は相手の○○とするもの。←目から鱗の名言!    ワークは矢野惣一の真骨頂、光と影の統合のワークです。    ◆愛と癒し ?その表現方法?    癒しは「見る」「聴く」「触れる」で起こる。    真髄は話を聴いてみてください!   第3部 質疑応答    ナイスで鋭い質問が飛び交いました。    講師も必死で答えました(笑)      お申込は↓  http://www.556health.com/sp/dvd.html