【ココヘル367】苦しさと共に生きる2.

 

◆女と男の「心のヘルス」?癒しの心理学 367号 2009.3.31
 
 あづまです。こんにちは。
 昨日は焼き肉でした。
いつも読んでくださってありがとうございます。
 
 さて、本題です。
今日のテーマは、
「苦しさと共に生きる2」です。
 
 前回、問題が起きて苦しいときの態度として、
よくないものを三つ挙げました。
 
 ◇ 良くない態度1 【否認】する
 ◇ 良くない態度2 【我慢】し続ける
 ◇ 良くない態度3 【荒っぽい解決策】をとる
 
(前回のメルマガはこちら)
http://archive.mag2.com/0000164141/20090327123206000.html
 
 
◆ できるだけ、ムチ以外の方法を工夫する。
 
 解決できる問題は解決する。
必要な知識は積極的に求める(読書、専門家に相談等)。
これは、最低限大事なことです。
相手が問題を起こしているように見える場合は、
まず、やめてもらうように穏やかにお願いします。
(責めるのではなく、まず穏やかに【お願い】するのです)
ここでいきなり、
 怒りをぶつけたり、ガミガミ言ったり、上から目線で相手をこき
下ろしたり、キレたり、不機嫌さをぶつけたりしたら、
うまく行くものも、うまく行かなくなります。
○ポジティブな動機付け
お願いする→ちょっとでも前に進んだ→評価する
×ネガティブな動機付け
相手が行動しないと「嫌な目に遭わすぞ」と脅す。
相手が行動しないと、無視する。愛情を注がない。
など。
 
実際にはネガティブな動機付けをゼロにすることはできないもの
だと思います。ですが、できるだけポジティブな動機付けをする
ように心がけることが大事です。
よく、アメとムチと言いますが、ムチばかり使っていると、相手
は次第にあなたから離れてゆくのです。そしていつか、
もう、あなたのためには、指一本動かしたくない。
そういう心境になってしまいます。
こうなってしまったら、何をお願いしても効果なしです。
 
 
◆ 現実主義になる
 
 結婚生活や、恋愛でも関係が長くなってくると、
相手のせいで問題が起きたと感じる場面も出てくるものです。
その時に、自分が正しい、相手が間違っていると言いたくなるも
のですが、それを言っても二人の仲はもどりません。
たとえば、夫が浮気をした。
確かに、間違っている行動です。
でも、奥さんから一方的に「あんたは間違ってる。私が正しい」
という主張を突きつけられた夫が、その後妻に対して心を開ける
かというと、怖くて開けないものです。
頑なになりますね、こんなふうに。
「もう浮気はやめたんだ。いつまでもグチグチ言うな!」
このメルマガは、女性の側がどう行動したらよいかを中心に書い
ています。
目の前にその男性がいるのなら、
「そんな簡単に忘れられるものではないから、しばらくは、時々
 謝りながら、奥さんが気持ちを吐き出すのにつき合ってあげて」
 と、アドバイスするところですが、
これは、男性の側がセラピストを利用して、メンタルサポートを
受けながらなら何とかできると思うのですが、
私も、自分がたとえ間違いを犯したとしても、自分の奥さんから
ずっと責められるような状況下で、話を聴き続けられるかどうか、
自信がありません。
 
要するに、こういう状況では、あなた(女性)の嫌な気持ちを
旦那さんに全部受け止めてもらうのは無理があるということです。
 
 相手が悪いからといって、全部相手に責任取らせようとして、
自分の感情の処理を相手にゆだねても、うまく行かないのです。
たとえ相手が(法律的・倫理的には)悪くても、
その結果として湧いてきた感情の責任は、自分にあると考える
必要があります。
まるで、人に汚された服を自分で洗うような理不尽さを感じる
かもしれません。心のクリーニング代を請求したくもなります。
でも、現実主義になることが、ここでは必要なのです。
目的が「関係を修復すること」なら、そのために行動する。
それが、現実主義です。
 
 
◆ 問題を起こしたのは相手。問題の土壌を作ったのはふたり。
 
あなたが女性の側なら、
とにかく「許す」ことが課題になります。
 
 ちなみに男性の場合は「謝る」ことが課題になります。
 
 なぜそうなるかというと、
女性は相手を許せずに関係を悪化させがちで、
男性は素直に謝らずに関係を悪化させがちだからです。
 
 
 男性は、女性が「許す」姿勢を見せていると謝りやすいのです。
逆に、自分が断罪されそうな気配だと謝りにくいものです。
女性は、男性が謝ってくれると許しやすいものです。よね?
「謝る」「許す」は男女の共同作業なのです。
相手が先に行動を起こしてくれるまで、
「謝らずに放っておこう」(男性のやりがちな、悪い態度)
 「絶対許せない!」   (女性のやりがちな、悪い態度)
意地の張り合いを続けている時間だけ、限りある人生の時間から、
幸せな時間が失われていきます。
冷え切った夫婦関係という牢獄にお互いを閉じこめ続けて生きる
なんて、なんと不毛なことでしょう。
どちらが先に、大人になれるかですね。
女性のあなたに、相手を許すのに役立つ考え方をお伝えします。
それは、たとえば浮気なら、
「問題を起こしたのは、確かに相手だ。
 でも、問題の土壌を作ったのは、ふたりだ。」
 
 そう考えることです。
相手が100%悪いと考えているうちは、
なかなか許せないものです。
しかし、本当に相手が100%悪くて、あなたに直すべきところ
が全くないとしたら、相手を変えることはできないですから、
何もできない、別れるしかないという結論になるのです。
大抵、カップルの問題というのは、
どちらか一方が問題を起こすように見えるけれど、
問題が起こる土壌は、ふたりで作りっこしているものです。
 
 
 浮気の問題なら、夫婦の心の絆がしっかりしていて、お互いに、
夫婦で一緒にいることが心底一番心地よいと感じていたら、
浮気は起こらないのです。
早めに対策しなかったこと。
心のどこかで、どうせ夫婦って冷めるよな?とあきらめたこと。
そういう部分が「問題の土壌作り」です。
 
 
 浮気された側はただでさえショックです。
もう色恋沙汰は卒業したから、夫婦はラブラブではなくなったと
あきらめていたら、旦那があの小娘にはラブラブメールを送って
いたなんて知ったとしたら、嫉妬で死にそうになると思います。
そして、その上さらに、自分にも悪いところがあると認めるなん
て、ものすごく辛いことだと思うのです。
 
 
 だからこそ、一旦はセラピストに相談して欲しいのです。
http://www.556health.com/order.html
ひとりで、あるいは旦那さんとふたりで乗りこえようとするのは、
血だらけの素足で山歩きを続けようとするようなものです。
 
いったん心の手当てをしてから、とり組んだ方がいいのです。
 
◆ 苦しさと共に生きる
 
 夫婦間や恋人同士で起きる問題というのは、
大抵そういう構図をしています。
相手が起こした問題であっても、土壌はふたりが作った。
大抵、深刻な問題、浮気・ギャンブル・借金・アルコールなどは
ある種の依存症なのです。苦しさから逃れるためにやっている。
だから、浮気の問題なら、
「浮気をやめさせるよう、圧力をかける」
これだけでは、解決しない可能性が高いと思います。
英語にDry Drunk(ドライ・ドランク:飲まないアル中)という
言葉があります。アルコール依存症の人で、アルコールはやめた
けれど、抱えている心の闇が解決していなくて、別の形で今にも
問題が起きそうな人のことです。
浮気も、行動をやめさせることは、まず必要なことなのですが、
そこまでだと、単に浮気のドライ・ドランク状態になるだけです。
彼の苦しい気持ちをしっかり解消することにとり組まないと、
根本的な解決にはなりません。
浮気症の人は母親からの愛情が不足した環境で育ち、常に女性か
らの承認がないと不安でしかたがないという心の状態の人も多い
のです。
根本的な部分にとり組むことが、必要なんです。
そうするとね、
あなたもいま、苦しいのに、
苦しがっているパートナーも支えなければならない
そういう状況にあることを受け入れなければいけないのです。
セラピーなど、外部のサポートを利用するとしても、
簡単な道ではないですよね。
でも、苦しさを相手にぶつけられるわけではない。
自分の心の手当てをし、少しでもゆとりができてきたら、
相手の心の手当てを手伝う。癒しの道が必要になります。
◆ 自分を責めることさえ止めれば、心は結構強いもの
さて、こういう局面を粘り強く乗りこえていくために、
一番大事なことは、自分をゆるすことだと私は考えています。
 
 
私のセラピストとしての治療観に、自分を責める心さえ、しっか
り癒せば、大抵の問題は乗りこえられるというものがあります。
たとえば、浮気をした旦那さんに「何が苦しかったの?」と訊く
ことは難しいですよね?
 
 なぜなら、たとえば、その答えとして
「お前の態度が冷たかったこと」
と答えられたとしますね。
(あぁ、浮気されてさらに、自分の欠点を指摘されるなんて!)
 そう受け止めたら、身もちぎれそうですよね?
それは「私が悪い」という思いが心の底にあるからです。
 
この状態では、「謝ること=自己全否定」みたいに感じてしまい、
謝れないか、謝るとしたら、自分の心が壊れてしまいます。
 
しっかりと、自分をゆるすこと。
これが大事です。
自分を本当にゆるせると、どうなるか。
(そうか。冷たい態度に映ったんだ・・・
 私も、いっぱいいっぱいだったからなぁ・・・あの頃・・・
  ホント、お互い苦しかったなぁ。)
 
 そして、こんな風に謝ることができるかもしれません。
「私も余裕がなかったの。冷たく見えたよね。ごめんね。」
そして、自分をゆるしていないうちは、解決策も、
 「苦しくても、いかに行動だけは正しくするか?」
という我慢大会になってしまいがちなのに対して、
自分をゆるしてしまうと、解決策もがらっと変わり、
「いかに苦しい状況を抜け出し、生活や心にゆとりを作るか?」
という自分を活かす方向性が出てくるものなのです。
 
 そして、後者の捉え方になれば、
ふたりで協力して同じ方向を向くことができます。
 
 
 苦しさと共に生き、相手に責任を押しつけないで、粘り強く生活
の改善を図るためには、自分をゆるすことが大切です。
そのために、ご活用ください。
心のデトックスマニュアル
http://www.556health.com/selfcare/

罪悪感をいやす、ゆるしのワークを特典として追加しました。
(既に購入された方も、ダウンロードページに置いてあります!)
また、恋愛セラピーも、その目的で活用してください
http://www.556health.com/order.html
なお、とても依存的で、自分の人生に責任を持たないタイプの人
もいます。こういう相手に対処するのは、非常に難しい。
この本が参考になります。
避けられない、無視できない(身近な困った人たちへの対処法)
 http://tinyurl.com/JTownsend
こういう「困った人」が相手の場合、別れも視野に入れた方が
よいかもしれません。くれぐれも、無理をなさらぬよう。
 
 
◆ 今日のまとめ
 
 うまく行かない方針【否認】【我慢】【荒っぽい解決策】をとら
ないと決めたら、どうしたらよいのか?
粘り強く、ポジティブな動機付けで相手の行動を促し、
感情を相手に全部ぶつけようとせず、【許す】ことにとり組む。
そして、その時には、
「問題は相手が起こしたが、土壌はふたりで作った」と捉えるこ
とが許すために役立つ考え方。
すると、相手も苦しかったことを受け入れなければならないが、
この二重の苦しみに耐えてゆくためには、
自分をゆるす、ということがとても大切です。
 
 
 
◆ 次回以降の予定
 
 次回は、「間違いだらけの男選び」を書きたいと思います。
例によって、気が変わるかもしれませんが、あしからず。
 
「自分をゆるせば すべてはうまく行く」というテーマは、
のんびり掘り下げて書いていきたいと思っています。
ではまた! 次回もお楽しみに。
 
 
◆ 恋愛セラピー 申込受付中です。
 
 ひとりで抱えていないで、一緒に悩みを分かち合いませんか?
きっと、楽になって解決が早くなりますよ。
初回20,000円です。
(1ヶ月以内の再度のご利用の場合18,000円です)
http://www.556health.com/order.html
 
 
◆ 出張恋愛セラピー 申込開始しました!
 
 お忙しい方や、事情があって東京の会場まで来られない方のため
に、出張恋愛セラピーを開始することにしました。
基本は4時間。
出張費+セラピー代金で6万円のところ4月末まで5万円です。
 
 ☆出張可能範囲は、小田原駅から片道1時間半エリア内。
(それを超える場合は、別途追加料金をお見積もり致します。)
☆交通費は、往復で1万円までは追加料金なし。超える場合は
  超過分の実費をご請求いたします。
★こんな使い方が可能!
☆社長室に、スーツ姿で訪問。こっそり恋愛相談ができます。
 ☆ご自宅に訪問。
 ☆近所のカフェを指定。そちらに訪問。
 ☆その他、ご指定の場所にお伺いします!
 
 お申し込みは、メールにてお問い合わせ下さい。
azma☆556health.com ☆→@に替えてください。
 
 
 
◆編集後記
 
 昨日は、突然幸恵ちゃんが「焼肉」と言ったので、焼肉屋に行き
ました。平日なのに混んでました。3月末だからですね。
カルビにロースに牛タン。キムチにサラダに包み菜。
カルビクッパに冷麺。デザートまで。食べ過ぎです。ふう。
知花がクッパのことを「ブッパ」と言ってました。
あれが仏壇にあったら、相当びっくりです(笑)
ではまた!
 
 
 
┏━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━┓
 応援ありがとう!まぐまぐ殿堂入り! 祝!23000部
 ◆女と男の「心のヘルス」?癒しの心理学
 ◆ご意見、ご感想お待ちしています。このまま返信!
 ・頂いたメールは、事前確認なく掲載することがあります。
 ・お名前はイニシャルにします。
 ・メール相談は行っていません。また、多数のメールを頂くた
  め、個別の返信はできないことがございます。
 
 もっと幸せな恋愛・結婚生活・人間関係を求める方に情報提供
 をするのが本誌の目的です。ご自身の責任にてご活用下さい。
 
 ◆制作:阿妻靖史(あづま やすし 恋愛セラピスト)
 ◆自己紹介はこちらです↓(声の自己紹介があります!)
  http://www.556health.com/archives/2005/07/post_5.html
 ◆登録・解除: http://www.mag2.com/m/0000164141.html
  (解除依頼は受けていません。ご自分でお願いします)
 ◆ウェブサイト http://www.556health.com/
 
 このメルマガは自主的な登録によってのみ登録になります。
違法なアドレス収集は一切行っていません。
 
 ★ご友人への転送は歓迎です。メルマガ全文をお願いします★
 このメルマガの著作権は発行者であるあづまやすしに属します。
 無断転載を禁じます。転載は【事前に】お申し出下さい。
┗━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━┛
 
 幸せな恋愛・結婚生活・人間関係を引き寄せる
心のデトックスマニュアル
http://www.556health.com/selfcare/
 
 ゆるしのワークの特典が付いています。
 
☆罪悪感をいやす ゆるしのワーク
  最近私がセラピーの現場で多用し、効果を上げている、
  心の中に抱えた罪悪感をいやすワークです。こんなに簡単
  なのに、効果抜群です。
 
 幸せな恋愛・結婚生活・人間関係を引き寄せる
心のデトックスマニュアル
http://www.556health.com/selfcare/