自我の発達, 初期自我, 中期自我, 後期自我, 成熟した自我

トップページ >  1b.心理学に関するコラム > 自我の発達と、精神的成長

自我の発達と、精神的成長

私は、人間関係の問題を考えるときに「自我の発達モデル」を中心に据えて考えています。

浮気を繰り返す、依存症から抜けられない、などのトラブルが多い人は、自我の発達という観点で見ると問題を抱えている場合が多いからです。


人間の自我の発達は、4段階で進むと考えられています。

初期の自我

初期の自我は、いわゆる「イヤイヤ期」「反抗期」の頃に芽生えるものです。 それまでは、自我がないのかというと、ないのです。ただ目の前にあるものに反応しているだけです。

2歳頃になると、自分の意思が出てきます。やりたいことを主張したり、それができないと泣いたり、自己主張が始まるわけです。これが、初期の自我です。

但しこの初期の自我、まだ自分のことしか分かりません。他人の立場を理解できるわけではないのです。だから、目の前のお皿においしそうなお菓子があったら食べるし、隣のこのお皿においしそうなお菓子があったら、それにも手を出してしまいます。

中期の自我

中期の自我というのは、自分の思い通りになんでもできるわけではない、ということを学び始めた段階です。分かりやすく言うと、他人の顔色をうかがうようになる、ということです。

自分のやりたいこと(たとえば隣の子のお菓子が欲しい)と、怒られるのが嫌だ(これも結局自分基準)とが葛藤している段階です。

実は大人でも、この段階のまま生きている人がいます。たとえば、

・おとなしくて文句を言えない人を、うまく利用する。
・ばれなければ浮気をしてもいい、と考える。
・威圧や経済力で「モノを言わせない」体制を作り、自分の思い通りに振る舞う

などの行動は、「相手から怒られたり文句を言われたりしなければ、何をしてもいい」というルールが共通しています。この「怒られなければ何をしてもいい」「見つからなければ何をしてもいい」というルールが、中期の自我に特徴的なルールです。


後期の自我


後期の自我まで成長するというのは、どういうことかというと、相手の顔色をうかがうのではなく、自分の中に行動の規範つまり、やっていいこととダメなことが内在化された状態です。

つまり、
・おとなしくて文句を言えない人であっても、利用したり踏みにじったりしない。
・ばれなくても、浮気はいけないことだ考えられる。
・自分と相手を入れ替えても納得できる行動をする

ということです。
普遍的なルール、道徳、倫理観などが自分の中にあり、目の前の相手が、たとえ気が弱くて何をしても文句を言わなそうな人であっても、だましたり利用したり、相手に不利な条件を強制したり、そういうことはしない、という自分の行動の軸、規範を持っている状態です。

これは別の言葉で言うと、精神的に「自立した」「ひとり立ちした」段階と言うことが出来ます。

社会の中でうまく生きていくためには、最低限この段階まで成長しないと、生き辛いことになります。


但し後期の自我の段階は、ある意味「ケチ」な状態です。
自分が本当にやりたいことを「いけないことだから」「ダメなことだから」と我慢している状態なので、中期の自我の人などが、その、「ルール破り」をしていると、かなり腹が立つし、責めたくなります。

自分の基準を、他人にも強制したくなるのです。
他人を許したり、受け入れたりすることが、まだ難しいのが、この段階です。


成熟した自我


成熟した自我は、本来のありたい自分と、社会に合わせて作ってきた仮面の自分が、統合されて、自分の意思で、社会に合わせた行動を取ることも出来るし、自分の責任で、あえて自分の主張を通すこともできるようになった状態です。

この段階まで成長した人は、たとえ自分の欲求に反した行動をとらなければいけない場合でも、それが社会で生きていくために「自分に必要なこと」と理解し、自分の責任でその行動を取るわけですから、人のせいにすることがありません。

また、道徳、倫理観などを身につけていない中期の自我の人を見ても、「ルールを守れないヤツはけしからん」などと憤慨することなく、それがその人の今の段階だと理解することが出来ます。

この段階は、別の言葉で言うと、自立を超えて、「人を育てる段階」に至ったと言えると思います。
自分自身は成熟した精神をしっかり持っていて、
自分はあくまで、道徳、倫理観などの行動の規範・軸は持って行動できる。

まだ自分の内側に行動規範を持っていなくて「顔色をうかがっている」人に対しては、
自分と同レベルをいきなり強要することはないけれど、
安易な妥協や迎合もせず、相手が成長して、内側に規範を持つよう願うことが出来る。

そんな段階です。


相手に成長して欲しい!そんなときどうすれば?


自分が成熟した自我の段階、つまり「人を育てるレベル」まで成長することが、まず大事です。

成熟した自我を持った人と接していると、相手も良い影響を受けて、変化し始めることがあります。逆に言うと、成熟した自我を持った人と接する機会を持てなかった人は、中期自我ぐらいで止まったままになっている場合もあると言うことです。

相手に要求するのではなく、自分がまず成長し、生きる姿勢、姿で相手を導いていくことを考えて下さい。


もちろん、いい歳になってまだ中期の自我(他人の顔色をうかがっている段階)の人の成長をうながそうという場合、子供をひとり育てるような、相当の根気が必要です。そこまでする覚悟を決められるかどうか。それが一番始めに必要な決断かもしれませんね。





瞑想・ヨガ・セラピーを全部体験できる! 自分をゆるめる講座 ゆるゆる亭 ヨガ・瞑想・セラピー 盛り合わせ体験講座(7/29)

現在募集中のワークショップ一覧はこちら

あなたにぴったりの解決法は


応援クリックありがとう!→←人気ブログランキング

ドットライン

コメント

私は、ペンネームキティです。私は、小さい頃から、あまり落着きがないとか、人の話を聞いてないと、周囲から言われます。私は、人の考えがまったくって、言っていいほど、理解ができません。周りの空気も、読めません、 前に、周囲の中の人たちを見て、思ったんですが。私は、みんなよりもあまりにも、言葉の理解ができません、
 これは、精神的な事に、関係があるのでしょうか。私もいつも疑問があって、親と話しするときは、声が小さくなります。なぜなのか、自分でもわからなくて。悩んでいます。
後は、他人と話をするときには、声が大きくなります。テションが高いから声とか。トーンがとても、高くなります。なぜなのか分からず、悩んでいます。あまりにも注意をされることが多くて、頭が痛いです。これは、精神的なことなのでしょうか。教えてください。 幼いころに、言葉の事でいじめを受けたことがあり、言葉に対して。コンプレックスを持っています。言葉の理解力があまりありません、人の話を理解する力がなくて困っています
 

投稿者 キティ : 2011年9月15日 21:13

キティさん

コメントありがとうございます。

…正直、その自覚症状だけでは、何とも言えません。
何かの先天的な発達障害があるのかもしれませんし、幼少期の親子関係の感情のもつれからくるものかもしれません。

これは、私の専門外の領域です。あまり有効な回答ができなくてごめんなさい。

発達障害関係に関して、専門家に診てもらった方が、よい指針が得られるのではないかと思います。
但し、いま社会生活を送っていらっしゃるのであれば、お医者さんに診てもらうと、「発達障害ではない」と診断されることもあり、すると苦しさは解決しないままでしょう。

このようなことを総合的に判断できる専門家は、なかなかいないのですが、私の知り合いのセラピストさんでスズキケンジさんという方がいます。
彼はADHD(落ち着きのない子供)であったのですが、今ではそれを強みにしつつ人の相談に乗っています。

先天的なものであっても、親子関係などのトラウマから来るものであっても、どちらも対応できる方ですので、ご紹介しておきます。

なお、ここをお読みになった他の方に向けて書いていますが、この回答は、自我の発達という本コラムの主旨とは、直接関係ない話です。あしからず。

またのコメントすみません。お忙しいというのに。
しかしどうしても書いておこうと思って。

「成熟した自我」に触れて成長する、というので「名言」を思い出しました。

私は尊敬できる大人というものに出会ったという自覚はないのですが、中期の段階「自分のやりたいこと(たとえば隣の子のお菓子が欲しい)と、怒られるのが嫌だ(これも結局自分基準)とが葛藤している段階」のその葛藤に苦しんでいた時、道を指し示してくれる希望の光になったのが「名言」でした。

本だけでなくブログやメルマガなどに、名言を集めたものがあります。
苦しいとき、迷った時、その名言を頼りにがんばっていました。

そして徐々に名言を必要としない心になったのです。
それは成熟した自我に触れる、という経験だったのですね!

今は後期の自我の、ルール違反を認められない葛藤を、あと少しで乗り越えられそうなところにいます。
(無条件の自己承認を自分にしてあげることが必要なのだと心の底から理解しているから、相手が悪いとは思っていないけれどまだイライラする。という状態です)

名言に触れることで、成熟した人に出会うのと同じ効果が期待できるのでは、ということを書いておきたくなりました。
すでにご存知でしたら残念ですが、本当に勇気と活力を得られるので、実践するかは別にして、まずは多くの人に知ってほしいと思いました。

それでは。

投稿者 このは : 2012年8月16日 23:05

このはさん

コメントありがとうございます。
名言を見て、尊敬できる大人と触れることの代わりにしてきた。

えらい!すごい!素晴らしい!

親がやってくれなかったから、みたいにふて腐れる道ではなく、逆に、自分で自分を成長させていく道ですよね。それこそ、大事な姿勢だと思います。


但し、一応、ここを読まれた他の方のために補足しておきますが、
ある程度の存在承認(私はここに居ていいんだ)を得ることができて、自分が中期〜後期まで成長できた人の場合、名言は素晴らしい心の栄養になると思います。

しかし、どんな状態の人にも効果があるわけではなく、名言が、自分の心の体力に見合っていない場合、さらに自分を苦しめてしまうこともあります。

活かす場合は、あくまで、今の自分の状態に合っているかどうか、よく自分の心と相談しながらやってほしいと思います>ここを読まれた多くの方へ

では。

投稿者 あづま : 2012年9月 4日 11:30




トップページ >  1b.心理学に関するコラム >  このページ“自我の発達と、精神的成長”のトップへ


自我の発達と、精神的成長の関連記事etc.

1b.心理学に関するコラム 記事一覧

恋愛依存症? つらい恋愛には「感情の扱い方」が大事。 /  身近に回避依存症者がいるあなたへ、対応策と自分を守るアドバイス /  なぜ、あの人は、自分の問題と向き合わないのか? /  愚者は経験に学び、賢者は・・・(さてなんでしょう?) /  相手の問題を指摘するときの「作法」とは? /  本当につらい理由は「愛せなくなるから」 /  コンサルティング的セッションを始めます2 /  コンサルティング的セッションを始めます。 /  心理セラピーが真に役立つとき3【得体の知れない感情の出どころ】 /  私の目指すセラピーは、真の解決志向 /  人生がパターン化するとき(禁止令と人生脚本、つづき) /  友達に「もう別れなよ」と言われる恋愛パターンの、交流分析的説明【禁止令と人生脚本】 /  深いレベルで、自分を変えること(家事の好き嫌いを例として) /  心理セラピーでいちばん大事なのはリソース探し /  心理セラピーが真に役立つとき2【得体の知れない感情の癒し】 /  自分の気持ちが分からない人に試してみてほしい方法 /  心理セラピーが真に役立つとき【得体の知れない感情の癒し】 /  反省には「肯定的反省」「否定的反省」「反省したフリ」がある /  「信じる」には「期待」と「信頼」と「思考停止」がある /  この世界が安全な場所と感じるかどうかが、幸せな恋愛と関係します(ワールドイメージ)。 /  「子供のために離婚しない」という考えは間違いか? /  出来事に、堂々と対応できる自分になろう /  「浮気はなぜいけないのか」これが私の最終回答です。 /  夫(彼)の浮気のあと苦しいのは共依存だからなのか? /  相手を操作する心理学に頼りたくなる自分の弱さに気づこう。 /  許せない気持ちの中には、許さなくていい部分もある。 /  自立しているはずなのに「依存的」と言われるのはなぜ? /  本当に自分のしたいこと、ほしいものが分からない状態とは? /  親が離婚すると子も離婚する!?ー不幸の世代間連鎖の本質 /  夫の望むことをするな、夫のためになることをせよ /  優しい人を選んだつもりが弱い人だった!とならないために。 /  自分の無意識にも責任を持つ、という高い意識を。 /  反省とは、自分の力を信じること。 /  動画:問題解決に当たるときに、必要なことは? /  自分の「ストレス指標」を知ることから始めよう。 /  人間関係には「解なし」があることを前提に取り組むこと。 /  「叱る」とは「あんた不幸に向かってるよ」と諭すこと /  浮気の清算は、借金の清算に似ている /  「浮気はなぜいけないのか?」について議論しましょう。 /  傷が深いときは、愛を補うだけでは解決できない /  見守る愛が足りないケースとその対処法 /  父親的な愛の必要性と、足りない場合の補い方(2) /  父親的な愛の必要性と、足りない場合の補い方(1) /  母親的な愛の必要性と、足りない場合の補い方 /  信じる=思考停止、のことがあるのでご注意を。 /  自我の発達と、精神的成長 /  一緒にいて疲れる女性の特徴ランキングから考察。 /  「いい子」と「思いやりのある子」は違う。 /  精神的成長とは何か(1) 困った人を「自我の発達」から見ると… /  良いことがあったあとには悪いことがある!? /  「被害の受け身」の言葉を使わないようにしよう。 /  4+1個の感情スキルで、感情のコントロールを。 /  意味と印象を、ちゃんと分けて捉えること。 /  痛み止めではなく、治療薬を選択する意志を持つこと /  能力は「借りもの」という意識 /  自己否定のクセはどうやって始まるの? /  問題だらけの人生は、「共依存的人間関係」から生じる /  親の離婚ではなく、家族間の「心の距離」こそが傷になる /  解決不能な問題に向き合い、「受容」に至る道 /  過去に何を経験したかではなく、そこから何を学んだかが大事 /  問題に向き合う4つの態度「解決・放置・回避・責任転嫁」 /  「成長するな」という禁止令に気づこう /  辛い体験を「乗りこえる」とはどういうこと? /  男性は、非言語のメッセージに無自覚に反応する /  責めないけれど、放置もしないためには? /  不幸の世代間連鎖を断ち切ることの大切さ(2) /  視野が狭いと夫婦は仲間割れする /  不倫に陥る理由(父親との関係) /  大人の人見知り克服法 /  怒りのコントロール(3) ?怒りのコントロールが難しい人 /  実空間と像空間?怒りと罪悪感 /  生きるよろこび /  嫉妬も変化の第一歩、のことがある /  家事が嫌いになる心理学的な理由とその解決方法 /  怒りのコントロール(2) /  怒りのコントロール /  感情の出方が間違っていませんか? /  命をつなぐ /  変えられないことを受け入れる /  不幸の世代間連鎖を断ち切ることの大切さ /  不幸な母親とは、訣別しなさい /  共依存的な恋愛の解決法について /  共依存的恋愛?恋愛依存症の泥沼から抜け出すために /  人生脚本の書き換え方(提案) /  罪悪感を手放す方法 /  ときには、課題から逃げることもあっていい。 /  フォーカシングを使って、感情を整理しよう /  自分を大切にするとは、こういうこと /  いじられキャラの心理分析 /  親からもらった一番悪い癖とは【自分の幸せのために努力しないこと】 /  ハイヤーセルフにつながる前に、自我を育てよう /  好きなことをして幸せになれる人、罠にはまる人 /  相手が変わってくれないと嘆く前に /  感情の90対10の法則 /  心理療法を受けて変化できる人、できない人 /  大人って何? /  幸せなとき、心は外を向いている /  心の力について /  自分の心の力を育てる /  アファメーションをしましょう /  幸せなことを100個書いてみましょう /  私は「脱力系」セラピストなので・・・ /  「私は自立した女」のワナ /  マンネリ解消 /  タロット占いについて思うこと /  息子を愛する母親 /  人生初の三角関係! /  依存?自立?相互依存?共依存 /  「相手を変える」たったひとつの方法 /  人気ブログランキング、快進撃中! /  相談するということ /  メルマガ 女と男の「心のヘルス」?癒しの心理学 を創刊して /  メルマガへのコメント受付中! /  メールマガジンサンプル誌 /  このサイトを立ち上げた目的 /  サイトの立ち上げ / 

記事カテゴリー一覧

1.恋愛の悩みに関するコラム(179) /  1b.心理学に関するコラム(116) /  1c.男性向きのアドバイス(32) /  1d.人を動かす秘訣(36) /  1e.結婚生活の悩みに関するコラム(2) /  1g.セラピストまなみのコラム(24) /  2.恋愛セラピー手法・事例・信念(36) /  3.女と男の心理学用語集(168) /  3b.心の化学反応式ー解説書(10) /  4.リンク(11) /  5.書評・レビュー・講演(106) /  6.メルマガバックナンバー(146) /  6b.メルマガバックナンバー2(153) /  6c.メルマガバックナンバー3(151) /  6d.メルマガバックナンバー4(147) /  6e.メルマガバックナンバー5(147) /  7.恋愛セラピストあづまの日記・提言・発言(29) /  おすすめ・キャンペーン(9) /  オススメ記事(39) /  電話・skype恋愛セラピー(4) / 

オススメ記事

その恋、恋愛依存症かも!? 問題アリの彼から離れられない心理 /  「浮気しない人」を求めても、引き寄せられない理由 /  身近に回避依存症者がいるあなたへ、対応策と自分を守るアドバイス /  「浮気はなぜいけないのか?」について議論しましょう。 /  浮気症の治療法、改善方法 /  恋愛依存症の克服・解消に役立つ心理療法の技法 /  不倫に陥る理由(父親との関係) /  恋愛カウンセリングの受け方 /  モテる男の心理と、落ち着いた大人の男の心理の違い /  謝れない男の心理 /  婚活(結婚活動)の必須科目 心のおそうじ /  共依存的な恋愛の解決法について /  共依存的恋愛?恋愛依存症の泥沼から抜け出すために /  失恋した元彼との復縁方法を探しているあなたに辛口アドバイス /  浮気性、浮気症 【うわきしょう】 /  恋愛コラムby恋愛セラピストあづまやすし /  彼氏ができない理由、自己診断チャート /  マリッジブルーの原因と解消法?男性と女性でこれだけ違う /  黙り込む男の心理 /  いじられキャラの心理分析 /  モテる男の心理(心の問題/回避依存症) /  回避依存症【かいひいぞんしょう】 /  不倫の子を妊娠?中絶or出産?認知は? /  不倫されたときの心の癒し方 /  浮気男の心理 /  恋愛依存症の克服・回復 【れんあいいぞんしょう】 /  浮気チェックの方法 /  夫の不倫に気付いたら /  男の浮気を防止する方法 /  彼氏が出来ないのはなぜ? /  男心をつかむ方法 /  彼氏が出来ない理由、ご意見募集! /  【男心理解】30分でわかる男心のつかみ方 /  彼氏ができない理由、決定版 /  男の心理が分かる心理学レポート【男心理解】 /  男性心理(怒る男性の心理) /  心理学・メンタルヘルス おすすめリンク /  人生の先生・友人リンク1 /  恋愛・結婚おすすめリンク / 


  PR [無料タロット恋愛占い屋]