【ココヘル474】浮気問題の解決法(1)

 

◆女と男の「心のヘルス」?癒しの心理学 474号 2010.6.9
 
 あづまです。こんにちは。
 いつも読んでくださってありがとうございます。
 
 月曜日に、ねとらじのお知らせをしましたが、
 こちらのミスで放送の音質に問題がありました。
 お詫びいたします。
 楽しみに聞いてくださったのに、すみませんでしたm(_’_)m
 
 
 
 今日は、結婚生活において、気になる問題のひとつ、
 浮気問題の解決法について書きたいと思います。
 
 今日から何回かシリーズもので、書いていきます。
 
 
◆ 浮気は夫婦ふたりで作りっこしている
 
 まず、大前提として、
 浮気という「決定的な行動」は浮気をした側の責任ですが、
 
 「夫婦の溝」を作ったのはふたりに責任がある、
 という点を、強調しておきます。
 
 
 相手を傷つけたり追い詰めたりして、結果的に相手が問題行動を
 起こした場合、問題行動を起こした側だけが悪いのか?
 という視点がまずあります。
 
 極端な話、もし仮に妻の側が、
 ・夫を責めるばかりで
 ・感謝をせず
 ・セックスも断り
 ・好き勝手な行動をしていて
 
 その結果として、浮気が起きたとして、
 その妻の行動は正義に適っているのか?
 という話です。
 
 そこまで極端ではないと思う場合であっても、
 ・感謝より文句が多くなかったか?
 ・心も体もつながっていたか?
 ・夫の幸せより私の機嫌が優先じゃなかったか?など、
 
 無意識に相手との心の距離が離れる行動をしていなかったか、
 それを省みてみる必要はあります。
 
 
 また、解決志向の視点で言うと、
 
 もし、浮気をした側が100%悪くて、浮気をされた側は100%
 正しくて、何も直すところがないとしたら、
 
 あとは別れるしかないですよね。自明の論理です。
 
 
 浮気された側が、自分にも直すべき点があると認めるのは、
 身を切られるような痛みだと思いますが、そこを乗りこえていか
 ないと、
 
 「じゃあ、離婚だ」
 
 という話しか出てこないのです。
 
 ※法律の世界では、どちらに夫婦関係を破綻させた責任があるか
 という話を考えますが、それは「離婚」する場合に役立つ考え方
 です。修復するときには「正しさ」は一旦脇に置いておくことが、
 きわめて重要です。
 
 
◆ 一過性の浮気と「浮気症」はちょっと違う
 
 但し、一過性の浮気については、
 夫婦の絆が弱っていたことについて反省し、
 そこを強めていくこと
 
 ・・・それは多くの場合、相手を「許す」こと・・・
 
 それが解決のキーポイントになるわけですが、
 
 
 一種の依存症として「浮気症」の症状を持っている人もいます。
 
 相手が浮気症の場合、夫婦の絆を取りもどす、通常の行動だけで
 は解決が難しいのです。
 
 
 厳密な見分け方はおそらく存在しないですし、
 境目ぐらいのケースも多いと思いますので、
 ここでは、目安を示しておきます。
 
 
 相手の男性が、
 ・結婚前から何股もかけている人だった
 ・交際中にも何度も女性の影が登場した
 というタイプであれば「浮気症」の可能性が高いです。
 
 一方で、相手の男性が、
 ・基本的に真面目な人
 ・「この人が浮気するなんて」と青天の霹靂だった
 というタイプであれば「一過性の浮気」です。
 
 ※なお、メルマガへの質問として「私の彼はどっちですか?」と
 いう質問には回答しませんのでご了解下さいね。
 恋愛セラピーでは、その回答と解決方法の指南をしています。
 >>> http://www.556health.com/order.html
 
 
◆ 話を夫婦の絆に戻して・・・
 
 絆というのは、何かというと、
 妻→夫の行動で表現すると、
 
 ・夫のいいところを認め、尊敬していることを表現する
 ・夫の弱いところを責めず受け入れ、そっとサポートする
 
 というふたつの行動によって作られる信頼感、安心感です。
 
 
 一過性の浮気が起こるケースというのは、
 夫は仕事も家族サービスもよくやってくれる
 妻はそれに安住して、安心していた
 
 しかし、少しずつ、夫の側は(主に精神的に)無理をしていて、
 息苦しさを募らせていて、逃げたくなっていた。
 
 誤解を怖れずズバッと書くと、
 依存的な妻に対して、重いと感じていた。
 
 という背景があることが多いです。
 
 しかし義務感から「それは無理」「それは苦しい」
 「助けてほしい」と、なかなか言えない夫。
 
 で、ついに逃げてしまうわけです。
 
 
 浮気そのものが「俺の弱いところを認めてくれ?」という
 行動を通じたメッセージだと言えます。
 
 
◆ 全否定は禁物
 
 なぜ、浮気を責め立てると問題が悪化するのかというと、
 
 夫は苦しいから逃げに出て、
 「俺のこんな弱いところを認めてくれ?」
 という無意識のメッセージを発信しているのに対して、
 
 責め立てることで
 「あなたのそんなところは一切認めません」
 という答えをすることになるからです。
 
 結果、
 夫婦の関係は、さらに悪化します。
 
 
◆ 全肯定も禁物
 
 かといって、
 「あなたの弱いところなのね。私は責めません。」
 と、全部を認めて受け入れてしまうのは、違います。
 
 やはり、浮気は明らかに問題行動です。
 これは、最終的には直してもらわないと困ります。
 
 責めないが、全肯定もしない。
 禅問答みたいですね。
 
 今日から数回にわたって、考えを深めていきましょう。
 
 
◆ 「私は責めていない」と思う人も要注意
 
 なお、「私は責めていない」「私は責めない」と思っている方に
 も、要注意だよ、とクギを刺しておきます。
 
 浮気問題が起きたときに、冷静な妻の典型的な行動は、
 
 「なぜそれをしたの?」
 「なにがあったの?」
 「本当のことを言って。」
 
 と色々聞くことです。
 
 
 聴くことは、間違いではありません。但しそれは、
 
 ・真実を受け止める覚悟ができていて、
 ・聴くことが本当の目的の場合
 
 に限ります。
 
 「行動」ではなく「動機」と「心のあり方」が重要なのです。
 
 
◆ 冷静なのではなく「冷静なフリ」の場合の罠
 
 聴いた結果、出てきた事実に対してさらに感情的に反応したら
 夫婦関係にとってマイナスです。落ち着いていられる自信がない
 のなら、聴かない方がいいです。
 
 もうひとつは、ダブルメッセージの問題。
 言葉では「何があったの?」と質問をしていますが、夫が言葉通
 りに回答しても、妻はいつまでも納得しない、そういうケースが
 よくあります。
 
 それは妻の本心が別のところにあるからです。
 
 「私をとにかく完全に、あなたの責任で、安心させてほしい。
  この不安の感情はあなたの責任なのだから、あなたは私を安心
  させる義務があります。」
 
 というのがこの場合の妻の本心です。
 
 この動機があるケースでは、最初は落ち着いて答えていた夫も、
 結局妻の感情が収まるまで延々と被告人席に立たされることに
 耐えられず、
 
 「うるさいな!もう終わったことなんだから、
  何度も何度も同じことを聞くな!」
 
 とキレる結末になりがちです。
 
 質問をする場合、その答えを受け止める責任が伴うのです。
 
 
◆ ふたりきりで解決するのは、難しいとき・・・
 
 浮気問題を夫婦の間だけで解決するのは、
 相当高いレベルの心の力と精神的成熟度が求められます。
 元々それが十分なら、浮気問題は起きにくいわけですし。
 
 こういうときは、専門家を頼ってみてください。
 恋愛セラピー
 >>> http://www.556health.com/whats.html
 
 
◆ 今後のココヘル
 
 しばらく、浮気について書きます。
 
 次回は、自分が浮気をしてしまった。発覚した。
 そのとき、どうすればいいのか? という話を書きます。
 
 訊きたいことがあったら、こちらからお願いします。
 http://clap.mag2.com/thaliovioc?474wow
 お待ちしてま?す♪
 
 
★ 恋愛セラピー
 次は6/13(日)です。
 早めに解決! 人生の中で、楽しい時間を増やしましょう!
 http://www.556health.com/order.html
 
 
◆編集後記
 
 ディズニーランドですが、幸い雨に降られることもなく、
 パレードも見て、一日楽しむことができました。
 
 一番笑えたのは、ミッキーと一緒に写真を撮ろうとしたら、
 知花が「こ わ い ?」と泣き叫んだことでした(笑)
 
 等身大のミッキーは・・・確かに怖いのかも・・・
 
 
┏━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━┓
 応援ありがとう!まぐまぐ殿堂入り! 祝!21000部
 ◆女と男の「心のヘルス」?癒しの心理学
 ◆ご意見、ご感想お待ちしています。このまま返信!
 ・頂いたメールは、事前確認なく掲載することがあります。
 ・お名前はイニシャルにします。
 ・メール相談は行っていません。また、多数のメールを頂くた
  め、個別の返信はできないことがございます。
 
 もっと幸せな恋愛・結婚生活・人間関係を求める方に情報提供
 をするのが本誌の目的です。ご自身の責任にてご活用下さい。
 
 ◆制作:阿妻靖史(あづま やすし 恋愛セラピスト)
 ◆自己紹介はこちらです↓(声の自己紹介があります!)
  http://www.556health.com/archives/2005/07/post_5.html
 ◆登録・解除: http://www.mag2.com/m/0000164141.html
  (解除依頼は受けていません。ご自分でお願いします)
 ◆ウェブサイト http://www.556health.com/
 
 このメルマガは自主的な登録によってのみ登録になります。
違法なアドレス収集は一切行っていません。
 
 ★ご友人への転送は歓迎です。メルマガ全文をお願いします★
 このメルマガの著作権は発行者であるあづまやすしに属します。
 無断転載を禁じます。転載は【事前に】お申し出下さい。
┗━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━┛