【ココヘル488】あづまのセラピスト的日常

 

◆女と男の「心のヘルス」?癒しの心理学 488号 2010.8.22
 
 あづまです。こんにちは。
 いつも読んでくださってありがとうございます。
 
 今日は、癒しのセラピスト養成講座の最終日。
 
 この講座、今期で5期目なのですが、
 「コミュニケーションを改善する」という方向に、
 軸が固まりつつあります。
 
 そして第五期、最終日の今日は、「相手を動かす」
 がテーマです。
 
 
★ 愛の永久磁石になる方法(DVD)
 
・男と女のコミュニケーションスキル
・コミュニケーションスキルが通用しないケースの考え方1
・理想の結婚相手と理想の結婚を知るワーク
 などなど・・・
 詳細は・・・
 >>> http://www.556health.com/sp/dvd.html
 
★ 恋愛セラピー
 早めに解決! 人生の中で、楽しい時間を増やしましょう!
 空き状況は、こちらからご覧下さい。
 >>> http://www.556health.com/order.html
 
 
 
 さて、今日は、家族の出来事を書きます。
 
 題して、阿妻家のセラピスト的日常。
 
 
 一昨日、母の誕生日プレゼントを買いに、
 あるデパートに買い物に行ったんですね。
 
「ねぇ、ゆきちゃん。なに買ったらいい?
 ぜんぜん分からんし。」
 
「自分のお母さんでしょ(笑)」
 
「こないだゆきちゃんのお父さんのプレゼント、
 やっくんが決めてあげたじゃん?」
 
「それは同性だから・・・」
 
「いや、今の言葉そのまま返しますが。」
 
 
 
「男子的には、衣食住のみっつに分けて、
 一番こだわりがある分野の『道具』を贈るといい。
 
 たとえばやっくんなら『食』だから、泡立て器とか、
 実はもらったら嬉しいし( http://ow.ly/2sS3P )
 
 ゆきちゃんのお父さんは『住』だよね。」
 
「女の人は、道具とかもらってもあんまり嬉しくないし。
 やっぱり化粧品とか、服とか、身につけるものがいい。」
 
 
 
 そんな会話もありつつ、
 なかなか決まらないので、
 
 色を使ったイメージワークで決めることにしました。
 
 
◆ お母さんを色にたとえると?
 
「お母さんを色に例えると・・・
 『茶色』かな。」
 
 母は、割と地味なんです。
 
 ここで気づきました。
 地味なイメージのままだと、プレゼント決まらないな、と。
 
 
「じゃあね、ゆきちゃん。
 茶色に映える色って、何色?」
 
「オレンジ」
 
 ちなみに私は桜の幹(茶色)に桜の花のイメージで、
 ピンク、を思い浮かべました。
 
 
「じゃあ、プレゼントで、
 オレンジ色のイメージのものって何?」
 
「ル・クルーゼ!」(←ホーローの鍋です)
 
(ていうかそれって、うちにある鍋の色じゃん。
 調理器具はやめようって話したのに・・・)
 
 
◆ やっぱり自分で考えることに・・・
 
 ということで、自分で考えた「ピンク」のイメージを
 持つものを考えて見ることにしました。
 
「・・・ふわっと羽織る感じのものがいいんじゃない?」
 
 まあそんなわけで、
 そのイメージを持ってもう一度売り場を回り・・・
 
 無事決めることができました。
 実際の「色」は紫でしたが。
 
 何を買ったかは、メルマガでは書かないことにします。
 ごめんね。
 
 
◆ おしまい・・・?
 
 さてさて。
 
 その後食料品売り場でフルーツと野菜などを買って、
 帰りました。
 
 
 おしまい。
 
 
・・・じゃなかったんですよ。
 
 
 妻が枝豆をゆでてくれて、夕食に食べていたところ、
 妙に黒ずんでいるところが多くて。
 
 もちろん、茶豆とかじゃありません。
 
 なんか変なので、一粒ずつ皿に出してみたんですね。
 
 
◆ あ、あ、あ・・・
 
 青虫が・・・
 
 
 黒ずんでいたり、汚らしい感じになっている
 豆粒は、虫食いのあとだったんです。
 あと虫の糞かな。
 青虫本体も4匹ぐらい発見しました。
 
 
 多少のことではクレームの電話はしない私ですが、
 これはあんまりなので、電話することにしました。
 
「もしもし。あづまと申しますが。
 いつもお世話になっております。」
 
・・・で、担当者に変わってもらってから・・・
 
「枝豆を買ったんですが、黒ずんでいるところが多くて、
 あと、芋虫が何匹もいたんです。」
 
「ご対応させていただきたいのですが。
 ご返金と、交換とどちらがよろしいでしょうか?」
 
「いや、あの、その点は、して頂けるのであれば、
 どちらでも良いのですが、たぶん他のお客さんにも
 同じ物が行っていて、まずいと思いまして、
 ご連絡したほうがよいかと思いまして・・・」
 
「ありがとうございます。」
 
 しばらくやりとりがあって、その日の夜9時に、
 家まで来てくれる話になりました。
(クレーム対応のお仕事は大変ですね!)
 
「ご返金か交換か、どちらかをさせていただきたいのですが。」
 
「では、交換でお願いします。
 あ、でもあの青虫入りのやつは、
 たぶん別の袋もだめだと思うので、困りますが。」
 
 まあそんなわけで、
 綺麗な、別の仕入れ元の枝豆をもらいました。
 
 
◆ クレームって?
 
 なんの話かというと。
 
 こういうクレームって、私は昔は苦手だったんですね。
 我慢しちゃうか、我慢の限界を超えて、かなり不機嫌に
 文句を言ってしまうということが多かった。
 
 でもね、客商売をしている側からすれば、
 お客さんからの報告って、実はありがたいもの。
(自分が起業して、それがよく分かります)
 
 ちゃんと言うべきことを言うって、大事なんですね。
 相手のためにもなっている。
 
 新しい枝豆は、報告の手間賃として、
 堂々と受け取りました。
 
 
◆ 言葉と本音がずれていると・・・
 
 ただ、不機嫌なクレーマーは、やりにくいでしょうね。
 
 言葉では、現実的な対応を求めているようなことを言いながら、
 本音では「わたしの感情の面倒をみてくれ」と言っているので。
 
 また、「怒ってはいけない」と思っている人は、
 怒っている自分を嫌うんですね。
 そうすると、自分を嫌って生じた不機嫌まで、
 クレームを言う時に表情とか声に出るんですね。
 
 クレーム対応の人は、
 ・現実問題への対応、
 ・お客さんの怒っている感情への対応、
 ・お客さん自身の、自己嫌悪への対応、
 
 と、背負うものが多くて大変になっちゃいます。
 
 
◆ 今回は、冷静にクレームを言いました。
 
 今回は、落ち着いて、必要なことを伝えられました。
 対応してくださった方も、恐縮してました。
 
 枝豆を届けに来てくれたときに、
「これから一軒一軒謝りに行きます。」
 そうおっしゃっていました。
 
 私が一番に報告したので、その結果今どうしているのか、
 それを伝えてくれたのだと思います。
 
 
 必要なことをちゃんと伝えるのは、
 それがマイナスなことであっても、
 相手のためにもなることなんだ。
 
 改めて、それを感じた出来事でした。
 
 
★ HUG&ACTワークショップ
 
 9/4(土)5(日)でHUG&ACTワークショップを開催。
 場所は北区滝野川会館です。最寄り駅は駒込/上中里。
 
 このシリーズは色で内容を分けているのですが、
 今回はGOLD(基本2)です。
 
 今回初めて開催するテーマなので、定員は4名とします。
 
 どなたでも参加できます。
 テーマとしては「NOを言う」がメインです。
 
 HUG&ACT“GOLD”の目的は以下のとおりです。
  ☆嫌なことをイヤと言える
  ☆相手を大切にしながらNOと言える
 
 NOと言えない典型的な理由は、
  ☆「言ったら嫌われてしまうかも」という怖れが強い
  ☆相手の気持ちばかり優先してしまう心のクセがある
  ☆単なる練習不足
 などがあります。
 
 これらの、様々な原因に対応して、本講座では、実践形式で
 「断る練習」のロールプレイをすること(行動:ACT)と、
 
 心のブレーキを外すこと(癒し:HUG)を車の両輪のように
 どちらも大切にして、とり組んでいきます。
 
 なお、GOLDの名前は、自分を守るワークで、金色のオーラを
 まとうイメージをするので、イメージカラーとして選びました。
 
 言いたいことが言えない関係を続けていると、その場は丸く収まっ
 ても、長い目で見ると対人関係の歪みが修復不可能な問題に発展
 します(夫婦だと浮気・病気・お金などで表面化する)。
 
 風通しのよい人間関係のために、まず一歩を踏み出しましょう!
 一緒にとり組めば、心強いし、自己流よりも効果的です。
 
 ※講座内容はより良くするため変更することがございます。
 ■一日目
 ・自己紹介?オリエンテーション等
 ・「ありがとう」を言う/受け取るワーク
 ・NOを言おう!(アサーティブに断る練習:ロールプレイ)
 ・確固たる居場所を感じるための「ゆるしのワーク」
   (Blue講座とはと別バージョン)
 ■二日目
 ・相手が怖いときに有効な、自分を守るイメージワーク
 ・NOを言える自分になる「暗示の瞑想」
 ・より面倒な相手にNOを言うワーク(ロールプレイ)
 ・自分の味方を引き寄せる心理学的ヒケツ♪
 ・学び・気づきのシェアタイム
 
 詳しくは
 http://www.556health.com/sp/hugandact/gold.html
 
 
◆ 今日のまとめ
 
 日記調なので、まとめは特にないのですが・・・
 
 言うべき事は、ちゃんと言う。
 但し、相手に自分の感情のケアを当然のように押しつけない。
 
 それが大事なことかな。
 
 
◆ ご意見・ご要望お待ちしております。
 
 励みになりますので、ご意見・ご感想・ご要望を
 お寄せいただけますと大変嬉しく思います。
 
 こちらに、コメントを頂けますと嬉しいです。
 http://ameblo.jp/loveandpartnership/
 
 公開されたくないご意見ご要望は、こちらから。
 http://clap.mag2.com/thaliovioc?goiken
 
 
◆編集後記
 
 今日は、癒しのセラピスト養成講座の最終日。
 たぶん今日も、お昼は中華弁当の出前かな?
 
 昨日の昼もそうだったし、夜はその店で懇親会だったのに。
 どんだけ気に入ってるんでしょうか・・・
 
 
┏━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━┓
応援ありがとう!まぐまぐ殿堂入り! 祝!21000部
◆女と男の「心のヘルス」?癒しの心理学
◆ご意見、ご感想お待ちしています。このまま返信!
・頂いたメールは、事前確認なく掲載することがあります。
・お名前はイニシャルにします。
・メール相談は行っていません。また、多数のメールを頂くた
め、個別の返信はできないことがございます。
 
もっと幸せな恋愛・結婚生活・人間関係を求める方に情報提供
をするのが本誌の目的です。ご自身の責任にてご活用下さい。
 
◆制作:阿妻靖史(あづま やすし 恋愛セラピスト)
◆自己紹介はこちらです↓(声の自己紹介があります!)

恋愛セラピストあづまやすし プロフィール紹介


◆登録・解除: http://www.mag2.com/m/0000164141.html
(解除依頼は受けていません。ご自分でお願いします)
◆ウェブサイト http://www.556health.com/
 
このメルマガは自主的な登録によってのみ登録になります。
違法なアドレス収集は一切行っていません。
 
★ご友人への転送は歓迎です。メルマガ全文をお願いします★
このメルマガの著作権は発行者であるあづまやすしに属します。
無断転載を禁じます。転載は【事前に】お申し出下さい。
┗━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━┛