トップページ >  1.恋愛の悩みに関するコラム > 男はちゃんと立ててあげないとダメ、の心理学的な意味。

男はちゃんと立ててあげないとダメ、の心理学的な意味。

「男を立てる」という言葉がありますね。

結果論から言えば、これは必要だと考えています。
しかしまた、誤解が多いのも事実。

そこでこのコラムでは、男を立てるという意味の誤解について心理学的見地から書いていきたいと思います。

「男を立てる」の誤解1:「どんな男でも、立てなければならない」

ひとつ目の誤解は、「どんな男でも、立てなければならない」というものです。
これは、明確に否定しておきます。完全なる誤解です。

ところで、一つの真実があります。
「どんな男でも、自分を尊重してほしい、尊敬して持ち上げてほしいと思っている」
一見上の言葉と似ていますが、全く違うものです。


「どんな男でも、自分を立ててほしいと思っている」
のに、
「どんな男でも、(妻が)立てなければならない、わけではない」
ということは、つまり、論理的に、

「相手の期待に、必ずしも応えなくてよい」

ということと同じです。


「男を立てる」の誤解2:「相手の言動にかかわらず、常に褒め称えなければならない」

ふたつ目の誤解は「相手の言動にかかわらず、常に褒め称えなければならない」というものです。女性の中には、愛は無条件のもの、と考えがちな方が少なからずいらっしゃいますが、これはダメんずを作りやすい危険思想です。

これは、女性は、無条件に自分の存在を受け入れてほしいという気持ちが強いから、きっと相手も自分と同じだろうと考えるからだと思います。

ところが、男性は、自分が成果を上げたときに、その成果をこそ認めて褒め称えて欲しいものなのです。逆に、何もしていないのに認められてしまうと、それでいいのだと誤解してしまったり、そういう認められ方では満足できないと思ってしまったり。あまり、いい男になっていかないのです。

とは言え、女性の期待通りに行動したときに褒め称えて、そうでないときにはキツイダメ出しをする、というのでは、お互いにあまり気分のよくない関係になってしまいます。

だから、本当にしてほしいことをしてくれたときには心から喜び、それを表現し、
一生懸命やってくれたけれど、イマイチずれていたときには、社交辞令的にありがとうを言い、
何もしてくれていないときには、淡々と接する。

そんな風に、マイナスのリアクションは少なくするけれども、プラスのリアクションにちゃんと差をつけて、メッセージを伝えた方がよいのです。

そうです。
「相手の言動にかかわらず、常に褒め称えなければならない」
のではなく、
「相手の言動が、自分の期待通りだったときにこそ、心から褒め称えるべき」
なのです。


「男を立てる」の誤解3:「男を立てるとは、ほめることである」

みっつ目の誤解は「男を立てるとは、ほめることである」です。

もちろん、結婚したからには、うまく行くように最大限努力すべきですし、恋愛の段階でも、長続きするよう努力することは大事です。

但しそれが、関係が壊れることや、相手に嫌われることを怖れるあまり、本当に言うべきことを言わないという、風通しの悪い関係になってしまうのであれば、一度よく二人の関係やコミュニケーションを考え直すべきです。

たとえば、彼が、倫理観の欠如した職場で働いていて、上司が不正に手を染めていたとします。彼もそれに荷担しなくてはいけない状況になってきて、実際何度か不正に手を染めてしまっていて、悩んでいた。彼女はそんなことは絶対しないでほしいと考えています。

そんなとき、彼女の言うべき言葉は「あなたは、そんなことに手を染めるような人間じゃない」です。

これは苦言であり、決してほめ言葉ではありません。

しかし、彼の現状を肯定することよりも、
彼の存在そのものを、高潔な存在であると信じて「今やっていることは、本来のあなたらしくない。もったいない。本来の高潔なあなたにもどるべき。」という苦言を言うことの方が、より「相手を立てている」と言えるのではないでしょうか。


「男を立てる」について、本当の理解をしましょう

先ほどまでの話と、一見逆に感じられるかもしれませんが、私は「男を立てることができないとしたら、そこに何か問題がある」と考えています。

バロメーターというか、気づくためのポイント、と言ってもいいでしょう。

どこに問題があるのか。
それは、ケースバイケースです。

まず、確実に間違った対応を書いておきます。
それは、「無理をして男を立てようとする」ことです。まあこれは、ほとんどの場合で、効果がないというか、下手をすると逆効果にすらなると思います。

もちろん、女性が変わるべきケースもあります。父親との関係が悪かった女性が、男性に嫌悪感を持っていて、結果的に男性に対してものすごく基準を厳しくしてしまい、夫の言動に常にダメ出しばかりしていて、夫はうんざりしている。こういうケースなら、妻の側が自分の内面的な課題に取り組むべきです。

でも、そういうケースばかりではありません。

夫が妻の気持ちを分かっていなくて、夫が妻の気持ちをちゃんと分かる男に成長すべき、と言うケースもあります。

こういうケースでは、夫の方がある程度まともなら、関係を継続できる可能性があります。そのような場合、女性の側の努力としては、我慢して相手に合わせるのをやめて、自分の望みをきちんと言葉にして相手に伝えることが大事です。女性の側も変わるべきですが、変わり方が、我慢する方向ではなく、きちんと自己主張できる方向なのです。

また、夫が尊敬に値しない行動を繰り返している場合もあります。

そういう場合は、「それはあなたらしくない。本来のあなたはもっと尊敬に値する存在のはず。」という意識で、苦言を言うことが「男を立てる」ということだと思います。
内面的な動機はやっぱり重要で、「やっぱりコイツはダメだ、怒られないとまともに行動できない。だから私が言わないといけない。」という意識を持っていると、苦言というより見下しになっています。そんな意識で相手を見ていたら、相手は成長するどころか下手をしたら、女性が見なしたとおりのダメな男に堕落していきます。

そしてまた、夫の態度があまりに酷い場合は、別れるという対応も考えるべきです。


このように、男を立てることが出来ない状態というのは、何かの問題があるわけですが、その問題がどこにあるかは、ケースバイケース。解決策もケースバイケース。よくよく現状を見つめないと見えてこないものなのです。

くれぐれも、短絡的に「だから男を立てるように私が我慢して頑張ればいいんだ」と考えないで下さいね。





身近な「食べる」行為を通じて瞑想を体験できる講座! 食べる瞑想の会

現在募集中のワークショップ一覧はこちら

あなたにぴったりの解決法は


応援クリックありがとう!→←人気ブログランキング

ドットライン

コメント

犬を躾ける時とすごく似ています(マジメな意見です)

投稿者 T : 2011年7月21日 05:24

Tさん

コメントありがとうございます。
確かに、条件付けをしていくという意味ではすごく似ていますね。

犬のしつけと大きく違うのは、どういう方向に条件付けをするのか、そこに女性の人間性が大きく関わる点です(犬はどう躾けるかは大体決まっている)。

たとえば、夫に、尊敬すべき行動の出来る人でいて欲しければ、妻としての利益が多少減っても、京セラの稲盛さんの奥さんのように、夫から一緒に乗っていかないかと誘われたときに公私混同をいさめて、「会社の車には乗りません」と言うでしょう。

一方で、「あなたの会社の車なんだから、なんで私を乗せてくれないの?」という奥さんもいるでしょう。

長年、ずっと夫に対する条件付けをしていった先に、夫がどんな人になっていくのか。それは妻の人間性や見識にも関係があると思います。

私などは、正義の意識や、善い生き方を追求しているかどうか、といった点が生きる上で結構重要な方なので、後者のような奥さんだったらすぐ嫌になってしまって離婚でしょうね。でも離婚せずに、モラルの低い男に「育って」いく夫もいると思うのです。

そのぐらい、妻の人間性の影響力は大きいものだと思います。

そこが、犬をしつけるのと、人間を条件付けするのと、根本的に違うところだと思います(まじめに答えてみました)。

投稿者 あづま : 2011年7月31日 05:19

男の人の気持ちを知りたくて、読ませていただきました。
「男を立てる」というフレーズは、ほかのサイトでもよく出てくるのですが、
危うく誤解するところでした。
なにがなんでも、ではなく、時には苦言を呈することも必要だと、それも
あなたらしくない、という傷つけない言い方が参考になりました。
私は、もともとダメ出しが多い方なので、これを改善するために
自分が我慢しないといけないと思っていた矢先です。
波風の多いので結婚生活をしてきましたが、今後はなるべくうまく
やっていくために自分が変わらないといけないと考えているところです。

投稿者 秋桜 : 2011年8月 4日 18:18

秋桜さん

コメントありがとうございます。

そうですね。
うまくいかないことが続くときにはきっと、根本的な部分、つまり自分が常識と考えて疑わないような部分で、考え方を変えることが必要なのだと思います。

短絡的に、何でもいいから変わろう、ではなく、自分は何を大事にしていて、どんな理由でダメ出ししたくなっているのか、よくよく考えて、変わるべきなら変わる、というように、

まずは自分を知るところから始められることを、心からオススメいたします。

幸せの道に進まれることを、心よりお祈り申し上げます。

投稿者 あづま : 2011年8月17日 13:21

初めまして、amです。
コラムをたくさん読ませていただきました。
とても勉強になりました。

ちょうど先日、私がたくさんのひどいこと(尊敬できてない、など)
を彼に言ってしまい、
1週間距離を取り、現在とりあえず別れずに仲直りしましたが、
彼の気持ちは今、「好きかどうかわからない」だそうです。

私がたくさんひどいことを言ってしまった理由は、自分への無価値感だったと
(自分が無価値→相手に価値を埋めて欲しい→ダメなことばっかり見える)、
先ほど気づき、涙を流して少し楽になりました。
男性を立てるとはほど遠い自分でした。

距離を取っている間に、自分の理想は愛情貯金をたくさんしてい状態とだと
気づいたのに、今まで自分がしていたことは「愛情のざる」状態でした。
彼はたくさん私に愛情をくれたのに、あまりに私が受け取らなかったため、
「好きかどうかわからない」になったんだと思います。


なんとか別れずにいるので、がんばって自分の傷を癒し、
彼との関係を修復していきたいです。

まだ間に合うでしょうか。
一度ひびが入った状態から元に戻し、さらに理想に近づくことは可能なのでしょうか。
彼は「今後の君次第」と言っています。


今後もぜひ参考にさせてください。

投稿者 am : 2011年10月18日 22:41

amさん

コメントありがとうございます。

そうですか。色々気づきがあったのですね。

とにかく、気づいたら前に進むことです。
彼との関係を何が何でも修復、という限定された狭い範囲で考えれば、それが可能かどうかは、分かりません。

お互いのメンタル体力と、お互いに傷つけ合った傷の深さ次第です。

逆に、彼との関係を修復することに限定しなければ、幸せな男女関係を手に入れる可能性は、ぐっと高くなります。彼とうまくやれるかどうかを、まずは考えるとしても。

可能性は広いのです。そして、うまく行くかどうかは、結局は自分次第。
自分も相手も大切に出来る、メンタル体力の高い状態を目指して、進んでいって下さいね。

応援しています。

投稿者 あづま : 2011年10月31日 17:22

これは男性に読んでほしいコラムですね。

どちらかというと、「男性をたてる=女は無条件に男に従う」と考えている人が多いように思います。恋愛面だけでなく、社会的にもそういった残念な場面に遭遇してしまいます。

たとえば担当が女性であった途端横柄になる男性、命令口調になる男性、セクハラをしようと考える男性、またそれを女性が喜ぶと勝手に肯定している男性。

一部ではありません。一般的です。
そうではない男性が一部です。

投稿者 まめかまぼこ : 2012年4月 4日 12:24

まめかまぼこさん

コメントありがとうございます。

>どちらかというと、「男性をたてる=女は無条件に男に従う」と考えている人が多いように思います。
うーん。どうなんでしょうか。
私が女性ではないので、そういう面を、自分の身で体験していないということはあるでしょうが、私がつきあいのある男性は、そうではないと感じています(但し、私は割と、つきあう相手を選ぶ人です)。

女は無条件に男に従うべき、と心底考えている男性がいたとしたら、彼は感情面でかなり未熟であると言えますね。


人間関係の法則として大事なものとして、
「精神的成熟度が同じぐらいの人が引き合う」というものがありますので、

身を守るためにも、女性の側も、自分の感情の責任を自分で持つなど、精神的に成熟することを、しっかりと心がけることが大事だと思います。

女性が気づきにくいポイントとして、自分が未熟で、依存的なとき、相手の行動に心から感謝できない(喜びを表現できない)状態になります。すると相手の男性は「何をしても反応が悪い。喜ばない。」と感じて承認不足(自分のがんばりの成果がでていない)に陥り、次第に態度を硬化させていく、というパターンがあります。

ですので、自分の心のケアをしっかりして、喜び上手、ほめ上手、受け取り上手になることを、まず心がけることが大事だと思います。


それでも、やっぱり、相手の行動が変わらないとき。それはもう、明らかに、その場を離れるべき時です(職場の場合、全体的に問題の多い職場というのもありますし)。

目の前の男性のインナーチャイルド(子供時代から未解決になっている承認不足)を癒すという「福祉」を、一個人として引き受ける義務はありませんから。


男性に読ませたいという欲求はあるでしょうが、
・成熟した男性つまり「いい男」ほど、こういう記事をちゃんと読む
・本当に必要な男性は、こういう記事を読まない
という傾向があると思いますので、簡単ではありません。

まずは、自分が自衛することです。

投稿者 あづま : 2012年5月16日 12:39




トップページ >  1.恋愛の悩みに関するコラム >  このページ“男はちゃんと立ててあげないとダメ、の心理学的な意味。”のトップへ


男はちゃんと立ててあげないとダメ、の心理学的な意味。の関連記事etc.

1.恋愛の悩みに関するコラム 記事一覧

共働き時代の夫婦は、愛情にも「時間コスト」感覚が必要。 /  セフレ、都合のいい女になってしまうのはなぜ? 抜け出し方は? /  夫の浮気が発覚!どうしたらいい?動画を公開。 /  家事の分担ではなく、本当の問題は「頭脳労働」の分担 /  恋愛依存症? つらい恋愛には「感情の扱い方」が大事。 /  その恋、恋愛依存症かも!? 問題アリの彼から離れられない心理 /  不倫から結婚へ。不倫から始まり結ばれる可能性はあるか? /  「浮気しない人」を求めても、引き寄せられない理由 /  身近に回避依存症者がいるあなたへ、対応策と自分を守るアドバイス /  なぜ、あの人は、自分の問題と向き合わないのか? /  本当につらい理由は「愛せなくなるから」 /  彼女側の理由で、夫が浮気相手と別れないときに、一考すべきこと /  友達に「もう別れなよ」と言われる恋愛パターンの、交流分析的説明【禁止令と人生脚本】 /  なぜ、イケダン(イケてる旦那)育てに失敗するのか /  恋愛セラピスト、この歳で恋愛する気持ちが分かった(爆) /  自分の気持ちが分からない人に試してみてほしい方法 /  この世界が安全な場所と感じるかどうかが、幸せな恋愛と関係します(ワールドイメージ)。 /  「子供のために離婚しない」という考えは間違いか? /  メガネあづまが、浮気対策について語りました。 /  出来事に、堂々と対応できる自分になろう /  「婚外恋愛」について語りましょう?珠帆印ねとらじに出演しました。 /  夫(彼)の浮気のあと苦しいのは共依存だからなのか? /  相手を操作する心理学に頼りたくなる自分の弱さに気づこう。 /  許せない気持ちの中には、許さなくていい部分もある。 /  親が離婚すると子も離婚する!?ー不幸の世代間連鎖の本質 /  夫の望むことをするな、夫のためになることをせよ /  優しい人を選んだつもりが弱い人だった!とならないために。 /  彼との復縁に適切な方法で取り組めば、人は成長できる2。 /  彼との復縁に適切な方法で取り組めば、人は成長できる1。 /  強制しても、夫婦仲は戻らない。二人が自発的に選ぶことが大事。 /  男はちゃんと立ててあげないとダメ、の心理学的な意味。 /  「別れたあと友達に戻りたい」と「円満離婚」は心理学的には同じこと。 /  動画:相手の話を受け止めて言葉にすることの大切さ(コミュニケーションのコツ) /  動画:恋愛二ヶ月目。彼が引いちゃったと感じるとき。どうしたらいい(2)? /  動画:恋愛二ヶ月目。彼が引いちゃったと感じるとき。どうしたらいい(1)? /  絆の回復ではなく、対決を目指す場合、覚悟を決めて(露木幸彦さん) /  本気?遊びの恋? 遊び人を好きになってしまう女性の深層心理 /  男のマリッジブルーは、プロポーズ前にやってくる /  浮気の清算は、借金の清算に似ている /  失恋した元カレが忘れられないときの解決方法 /  引き寄せる相手を変える秘訣?内面を大事にしよう /  女性からの逆プロポーズはマル?バツ? /  女性は少し依存的、男性は少し犠牲的、がよい理由 /  問題のある彼と続けるか、別れるか? 正解:別れ方が大事。 /  私はこんなに愛しているのに!と思う方へのメッセージ /  男性にプレゼントを選ぶときのコツ。 /  喧嘩しないカップルより、風通しのいいカップルを目指せ! /  浮気発覚後、修復を選択。そこからがスタートです。 /  浮気症の治療法、改善方法 /  ケンカの一本道?喧嘩に至る道はワンパターン /  自分が二股やW不倫をしていてこじれた場合は・・・ /  心の距離を放置しない姿勢が大切 /  自他の時間を大切にすると、人間関係が良くなる /  「結婚」とは??人によって千差万別の結婚イメージ /  男性は、非言語のメッセージに無自覚に反応する /  責めないけれど、放置もしないためには? /  社長と不倫しているが、仕事上別れられない・・・ /  正直、誠実な態度が、味方を作る /  視野が狭いと夫婦は仲間割れする /  不倫に陥る理由(父親との関係) /  夫の浮気のあと、不安で仕方ないのはなぜ? /  恋愛体質の光と影?自由な感情と、依存症の違い /  男性の欲しいもの、女性の欲しいもの。 /  旦那さんに「私と一緒にいる時間を作って」と言おう /  彼の携帯をのぞき見したくなったとき、どうすべきか? /  夫の携帯をのぞき見するってどうなの? /  離婚か?夫婦関係の修復か?揺れているあなたに(2) /  上昇志向の男性狙い? 草食男子狙い? /  離婚か?夫婦関係の修復か?揺れているあなたに(1) /  共働き時代の恋愛道 ?女性の仕事は恋愛にマイナス? /  別れさせ工作を使いたい貴女へ /  男性心理を知りたい、というあなたにご忠告 /  相手に対する条件が多い人は・・・ /  遠距離恋愛を乗りこえる秘訣?この人と結婚するために /  正しい「愛着」と「恋愛依存症」の違い /  ヤンデレな彼氏・彼女とつき合っているあなたへ /  彼に怒りを感じて、苦しいあなたへ /  夫の浮気を今も許せない!というあなたに(3) /  夫の浮気を今も許せない!というあなたに(2) /  夫の浮気を今も許せない!というあなたに(1) /  不倫の彼が離婚してくれない!というあなたに。 /  モテる男の心理と、落ち着いた大人の男の心理の違い /  不幸の世代間連鎖を断ち切ることの大切さ /  親は、いつまでも親であってはいけない /  謝れない男の心理 /  婚活(結婚活動)の必須科目2 男女の違いの理解 /  婚活(結婚活動)の必須科目 心のおそうじ /  男と女の違い?恋愛で活性化する脳の部位 /  男は結婚式の準備にどこまで関わるべき??マリッジブルーの心理学? /  親切の受け取り拒否&返品をしていませんか? /  別れたあとの執着を断ち切る【捉え方】 /  共依存的な恋愛の解決法について /  共依存的恋愛?恋愛依存症の泥沼から抜け出すために /  草食系男子を攻略したい貴女へ /  マリッジブルーの彼女にかけたい言葉 /  同棲生活ってどう?結婚への同棲、別れる同棲 /  不倫ぐせの治し方 /  愛と依存心と罪悪感 /  まずは、笑顔を向けることから始めよう /  男女の友情はあり得るか? /  結婚を真剣に考える上で必要なこと /  ダメ男を作らないために(魚を授ければ一日の糧、竿を授ければ一生の糧) /  失恋した元彼との復縁方法を探しているあなたに辛口アドバイス /  恋愛コラムby恋愛セラピストあづまやすし /  彼氏ができない理由、自己診断チャート /  マリッジブルーの原因と解消法?男性と女性でこれだけ違う /  心のブライダルエステ /  遊びの恋と本気の恋の見分け方 /  黙り込む男の心理 /  彼の気持ちが分かりません、という人へ /  魔性の女とハマる男の心理 /  モテる男の心理(心の問題/回避依存症) /  恋愛心理学:男と女の違い?女と男の心理はどこに違いがあるか? /  別れた彼が憎くて忘れられない(失恋後の心のケア) /  恋愛初期にこそ、心のウミ出しを /  不倫解消に向けた4ステップ(不倫相手編) /  不倫の子を妊娠?中絶or出産?認知は? /  感情のバランスはとれていますか? /  不倫されたときの心の癒し方 /  恋愛相談なら、恋愛セラピーの「女と男の心のヘルス」 /  頑張れ!シングルマザー /  離婚後の心のケア /  恋愛の悪い癖を治すなら /  アイメッセージとアクショントーク /  別れの辛さを癒す方法 /  支配をやめると、幸せがやってくる /  パートナーに対する最大の罪 /  父親との関係が恋愛に影響する /  うまく行くカップルの特徴 /  浮気男の心理 /  カップルの幸せな将来が見える催眠ワーク /  恋愛ニューロロジカルレベル /  浮気調査を依頼する前に /  あなたは「正し」すぎて敬遠されていませんか? /  不倫・一夫多妻 /  不マジメ人生のススメ /  ヨシエさんの公開相談:夫婦問題について /  図解!依存・自立・相互依存そして共依存 /  男性が女性に望むもの /  1日1回恋愛タロット占い /  男を浮気という逃げに走らせる態度とは? /  浮気チェックの方法 /  夫の不倫に気付いたら /  男の浮気を防止する方法 /  男性は女性からのプレゼントをどう思うか /  恋愛がうまくいく潜在意識活用法 /  私はどうして彼に尽くしてしまうのか。。 /  いい女 /  専業主婦志向は幸せをつかめるか /  男性は感情表現が苦手 /  男心をつかむ方法 /  ?furin?ふりん?不倫?を繰り返してしまう理由 /  自分を安売りしない!の落とし穴 /  遠距離恋愛の乗りこえ方?体験記 /  恋して幸せになっていいんだよ /  恋愛・結婚生活がうまく行く秘訣?自分を許すこと /  彼氏が出来ない理由、ご意見募集! /  恋愛の悩み /  結婚の悩み /  恋愛と心の潤い /  甘えの欲求?マザコン男について /  復縁を願う心 /  失恋後の心のケア /  男心が手に取るように分かる方法 /  離婚弁護士について /  成田離婚の心理分析(なりたりこん) /  あなたが男性を立てられない本当の理由 /  暴力に至るまで /  彼氏ができない理由、決定版 /  男性心理(怒る男性の心理) /  離婚後の感情 /  男は失敗を責められることが怖い /  別れた時に、プレゼントを返せ…の心理 /  世話焼きの女性は歓迎されるか? /  真に男を立てるということ /  離婚アドバイス /  離婚するかしないか、迷う心 /  離婚後の悩み、迷い、逡巡 /  男を立てるということについて / 

記事カテゴリー一覧

1.恋愛の悩みに関するコラム(179) /  1b.心理学に関するコラム(116) /  1c.男性向きのアドバイス(32) /  1d.人を動かす秘訣(36) /  1e.結婚生活の悩みに関するコラム(2) /  1g.セラピストまなみのコラム(24) /  2.恋愛セラピー手法・事例・信念(36) /  3.女と男の心理学用語集(168) /  3b.心の化学反応式ー解説書(10) /  4.リンク(11) /  5.書評・レビュー・講演(105) /  6.メルマガバックナンバー(146) /  6b.メルマガバックナンバー2(153) /  6c.メルマガバックナンバー3(151) /  6d.メルマガバックナンバー4(147) /  6e.メルマガバックナンバー5(147) /  7.恋愛セラピストあづまの日記・提言・発言(29) /  おすすめ・キャンペーン(8) /  オススメ記事(39) /  電話・skype恋愛セラピー(4) / 

オススメ記事

その恋、恋愛依存症かも!? 問題アリの彼から離れられない心理 /  「浮気しない人」を求めても、引き寄せられない理由 /  身近に回避依存症者がいるあなたへ、対応策と自分を守るアドバイス /  「浮気はなぜいけないのか?」について議論しましょう。 /  浮気症の治療法、改善方法 /  恋愛依存症の克服・解消に役立つ心理療法の技法 /  不倫に陥る理由(父親との関係) /  恋愛カウンセリングの受け方 /  モテる男の心理と、落ち着いた大人の男の心理の違い /  謝れない男の心理 /  婚活(結婚活動)の必須科目 心のおそうじ /  共依存的な恋愛の解決法について /  共依存的恋愛?恋愛依存症の泥沼から抜け出すために /  失恋した元彼との復縁方法を探しているあなたに辛口アドバイス /  浮気性、浮気症 【うわきしょう】 /  恋愛コラムby恋愛セラピストあづまやすし /  彼氏ができない理由、自己診断チャート /  マリッジブルーの原因と解消法?男性と女性でこれだけ違う /  黙り込む男の心理 /  いじられキャラの心理分析 /  モテる男の心理(心の問題/回避依存症) /  回避依存症【かいひいぞんしょう】 /  不倫の子を妊娠?中絶or出産?認知は? /  不倫されたときの心の癒し方 /  浮気男の心理 /  恋愛依存症の克服・回復 【れんあいいぞんしょう】 /  浮気チェックの方法 /  夫の不倫に気付いたら /  男の浮気を防止する方法 /  彼氏が出来ないのはなぜ? /  男心をつかむ方法 /  彼氏が出来ない理由、ご意見募集! /  【男心理解】30分でわかる男心のつかみ方 /  彼氏ができない理由、決定版 /  男の心理が分かる心理学レポート【男心理解】 /  男性心理(怒る男性の心理) /  心理学・メンタルヘルス おすすめリンク /  人生の先生・友人リンク1 /  恋愛・結婚おすすめリンク / 


  PR [無料タロット恋愛占い屋]