【ココヘル501】女と男の相性学6-恋の相性と結婚の相性?

 

★女と男の「心のヘルス」?癒しの心理学 501号 2010.11.5
 
 あづまです。
 いつも読んでくださってありがとうございます。
 
 
★ 恋愛セラピーのお知らせ。
 
 日曜日は電話セラピーも入れることにしました。
 >>> http://www.556health.com/skype.html
 
 対面は平日開催もあります。
 恋愛セラピー。早めに解決。幸せな時間を増やしましょう。
 >>> http://www.556health.com/order.html
 
 
◆ セラピストを仕事にしたい方に
 
 11/27(土)に東京日本橋で、
 
 駆け出しセラピストのための仕事術
 ?集客力と業務効率化で“貧乏暇なしセラピスト”を抜け出せ!
 
 を開催します。
 ★今はやりのtwitterの活用術
 ★そして、twitterだけではダメな理由。
 ★twitterと同時に使うと効果的なメディア。
 
 ★迷惑メールが99%来なくなる秘訣
 ★空き時間にだけ申込が来る(断りメールが不要な)仕掛け
 
 などなど…
 
 駆け出しセラピストが陥りがちで、
 しかも陥ると時間もお金もなくなって、
 いっぱい働いているのに、お金が入ってこない。
 という“貧乏暇なしセラピスト”になってしまう。
 
 そういった落とし穴について、徹底的に解決策を語ります。
 
 いま、申込ページを用意しているところなので、
 興味のある方は、予定を開けて待っていて下さいね!
 
 
 
 
 
◆ 女と男の相性学。
 
 今日は、恋の相性と愛の相性は違う、
 という話を書いてみたいと思います。
 
 
 この話を読んで、なるほどそうか、と思うか、
 いや、そんな訳ないでしょ、と思うかは、
 読んだあなたにお任せします。
 
 考えるきっかけを提供します。
 
 
 
 
◆ 恋の相性と結婚の相性
 
 実は、恋の相性と、愛、というか結婚の相性は、
 別の仕組みで成り立っていると思います。
 
 ※長続きしている恋愛は結婚に近いと考えています。
 
 
 人間も動物的な、発情、と言えるような仕組みを
 持っています。
 
 考えてみれば、見ず知らずの男性に触られたら、あるいは、
 こいつ嫌だなと感じる男性に触られたら、
 ものすごく嫌な感じがするのに、
 
 好きな彼氏とのスキンシップは幸せに感じる、
 って、とっても不思議なことだと思うんですね。
 
 
 視覚や聴覚などの五感と、これまでの、
 その相手との間にあった出来事+感情の記憶。
 
 それが、今相手に対して何を感じるかを決めています。
 
 
◆ 女性の感覚
 
 特に女性は、相手が自分に対して”与える”行動をしてくれたか
 どうかをよく記憶していると考えられています。
 
 セックスだけして、はいさよなら、みたいな男性を本能的に避け
 るように、そうできているようです。
 
 
 但し、動物的な、本能的な嗜好がないわけではないようです。
 たとえば、自分と遺伝的に近すぎず、遠すぎない相手の体臭を
 心地よいと感じるという研究結果もありますし、
 
 何か、人間性とは関係ない、本能的な嗜好もあるようなのです。
 
 
 また、学生時代には大抵、勉強ができる男子より、スポーツが
 できる男子の方がモテますよね。
 
 スポーツは、感情レベルでは「狩り」の代わりになっているよう
 です。本能レベルでは狩がうまい男子がモテるという傾向は、
 あるのだと思います。
 
 
 現代社会では、スポーツができる男子より、
 言語能力・数学論理能力・対人関係能力の高い男子の方が高収入
 を稼ぎ、家族を豊かに出来る可能性が高いので、
 
 快活な理系男子を高校時代から青田買いしておくほうが、
 スポーツ男子に熱を上げるよりいい結婚につながる可能性は高い
 と思うのですが、そんなことを考える女子は少数派です。
 
 
 …スポーツに関する記述は、スポーツでモテたことのない私の
 恨みが多大に入っていますので…
  …割り引いて聞いて下さい(笑)…ご容赦。
 
 
◆ 男性の感覚
 
 男性の方が、見た目に反応する部分が大きいと考えられています。
 
 進化の過程で女性がとった戦略が、男性が継続的に、誠実に接し
 てくれるか(いつも自分に優しくしてくれるか)をしっかり記憶
 しておき、ある程度尽くされると恋愛感情が開く、というものだっ
 たので(妊娠・出産の負担を考えれば当然の戦略ですが)、
 
 男性は、一生懸命尽くして、その結果残念ながら子孫が残せなかっ
 た、ということのないよう ?これは決して道徳的とは言えず、
 非常に利己的な戦略ですが? 一瞬で妊娠可能性(女性ホルモン
 の量など)見抜くように進化したと考えられています。
 
 要するに、男が若い女性が好き、というのも、
 本能的なものだと言えるわけです。
 
 
◆ 本能と社会性は、本来葛藤する存在
 
 もちろん、本能的に反応したからと言って、そのまま行動して
 いいというわけではなく、社会生活を営んでいる私たちには、
 一旦客観的に考えて行動することが必要なのです。
 
 あるセミナーの中で、茂木健一郎さんがおっしゃっていました。
 
 思ったことをそのまま口に出すのではなく、そこで「言わない」
 というような判断ができるところに人間の尊厳がある、と。
 
 
 発言以外の行動についても同じだと思うんです。
 
 私たちには、自分の子孫“だけ”を残すための、非常に利己的な
 本能が組み込まれています。男性であれば妊娠可能な女性に惹か
 れやすい、とか、女性であれば、自分を一番に守ってくれる男性
 に恋心が開く、というように。
 
 でも、自分の本能的な反応を、一旦客観視して、良く考えてから
 行動できるところに人間の尊厳があるんだよ、という話なのです。
 
 
 実は、茂木氏のコメントは、不適切なことを言います、と前置き
 された上で、オンナとオバサンの違いは何か、という話題で出た
 ことです。オバサンは無意識を垂れ流しする、と。
 
 オバサンに限らず、これは男性も女性も当てはまることです。
 上から口うるさく言う人がいなくなったからといって、自分の
 行動が崩れてしまうのは、避けたいものです。
 
 ちゃんと、自分の中に行動の軸を持っていたいですね。
 
 さて。脱線しました。話を戻しますと、
 
 
◆ 男性も女性も、恋心は本能的
 
 男性も女性も、恋心が開くときには、本能的なものが関わってい
 ます。それは、サバンナで二足歩行を始めた頃から、
 
 いや、一部はもしかしたらもっと前からの、遺伝子に刻まれた、
 太古の先祖の記憶です。
 
 まず大事なことは、私たちには、こうした利己的な性質がある
 ことを、否定することなく、まっすぐに見ることだと思います。
 
 
 人は不合理、非理論、利己的です。
  気にすることなく人を愛しなさい。(マザーテレサ)
 
 
◆ 今日のまとめ
 
 今日の話は、経験的には「そうかな」と思っている話が多かった
 のではないかと思います。今日お伝えしたかったのは、そういう
 感情があることを、まずは認めようよ、ということです。
 
 男性が若い女性に反応することを毛嫌いしたり、
 女性が守ってもらいたいと思う気持ちを依存的と断罪したり、
 
 そういうことをせず、
 
 まずは、私たちには、そういう感情があると認めること。
 
 
 次回は、恋が始まるときではなくて、長続きする相性、結婚に
 関する相性について書いて行きたいと思います。
 
 恋愛感情(発情)の利己的で本能的な反応と、いかに相反する
 要素が出てくるか。それを対比していきますので、お楽しみに。
 
 
◆ セラピストを仕事にしたい方に
 
 11/27(土)に東京日本橋で、
 
 駆け出しセラピストのための仕事術
 ?集客力と業務効率化で“貧乏暇なしセラピスト”を抜け出せ!
 
 を開催します。
 ★今はやりのtwitterの活用術
 ★そして、twitterだけではダメな理由。
 ★twitterと同時に使うと効果的なメディア。
 
 ★迷惑メールが99%来なくなる秘訣
 ★空き時間にだけ申込が来る(断りメールが不要な)仕掛け
 
 などなど…
 
 駆け出しセラピストが陥りがちで、
 しかも陥ると時間もお金もなくなって、
 いっぱい働いているのに、お金が入ってこない。
 という“貧乏暇なしセラピスト”になってしまう。
 
 そういった落とし穴について、徹底的に解決策を語ります。
 
 いま、申込ページを用意しているところなので、
 興味のある方は、予定を開けて待っていて下さいね!
 
 
◆ 質問募集中です!
 
 女と男の相性学。
 あづまに質問を送りたい方は、
 
 次のどの方法でもOKです。
 
 (1)ブログにコメントする(公開)
   http://ameblo.jp/loveandpartnership/
 (2)ツイッターで @azmax777 をつけてつぶやく(公開)
   ↑つけないと私が気づかないので確実によろしく。
 (3)質問フォームから質問する(非公開)
   https://24auto.biz/556health/touroku/556health_q.htm
 (4)まぐまぐ! のクリックアンケートから(非公開)
   http://clap.mag2.com/thaliovioc?goiken
 
 
 なお、今のところ、書きたいと思っているテーマを列挙すると、
 以下のようになります(あくまで予定。変更あります)
 
 
 ◯男らしさとは、相手が女らしくいられること
  女性は、どんなときに女らしくいられるか
 ◯女らしさとは、相手が男らしくいられること
  男性は、どんなときに男らしくいられるか
 ◯「こうあるべき」が強いと自分らしさを見失う
 ◯自分らしさの見つけ方
 ◯依存タイプと犠牲タイプ
 ○外見の影響?
 ○においは関係あるか?
 ○父親との関係と、結婚相手選びは関係ある?
 
 などなど(まだ思いつきを列挙した段階です)
 
 
 
★ 恋愛セラピーのお知らせ。
 
 日曜日は電話セラピーも入れることにしました。
 >>> http://www.556health.com/skype.html
 
 対面は平日開催もあります。
 恋愛セラピー。早めに解決。幸せな時間を増やしましょう。
 >>> http://www.556health.com/order.html
 
 
◆編集後記
 
 2日はおかあさんといっしょファミリーコンサートに行きました。
 口笛奏者の分山貴美子さんが出ていて、口笛なのにめちゃ2迫力
 がありました。すげ?。すりかえかめんも間近でみたし(分から
 ない人には分からないネタですいません)。
 
 帰りに六本木ヒルズに寄って傘を買ったので。帰宅が22時。
 疲れました。一昨日、昨日と、家でゆっくりして、今日は元気、
 です。
 
 これから知花の七五三の準備の買い物に行ってきます。
 もう七五三か?早いな?。
 
┏━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━┓
 応援ありがとう!まぐまぐ殿堂入り! 祝!21000部
◆女と男の「心のヘルス」?癒しの心理学
◆ご意見、ご感想お待ちしています。このまま返信!
 ・頂いたメールは、事前確認なく掲載することがあります。
 ・お名前はイニシャルにします。
 ・メール相談は行っていません。また、多数のメールを頂くた
  め、個別の返信はできないことがございます。
 
 もっと幸せな恋愛・結婚生活・人間関係を求める方に情報提供
 をするのが本誌の目的です。ご自身の責任にてご活用下さい。
 
◆制作:阿妻靖史(あづま やすし 恋愛セラピスト)
◆自己紹介はこちらです↓(声の自己紹介があります!)
 http://www.556health.com/archives/2005/07/post_5.html
◆登録・解除: http://www.mag2.com/m/0000164141.html
(解除依頼は受けていません。ご自分でお願いします)
◆ウェブサイト http://www.556health.com/
 
 このメルマガは自主的な登録によってのみ登録になります。
 違法なアドレス収集は一切行っていません。
 
★ご友人への転送は歓迎です。メルマガ全文をお願いします★
 このメルマガの著作権は発行者であるあづまやすしに属します。
 無断転載を禁じます。転載は【事前に】お申し出下さい。
┗━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━┛