強い男とDV男の違い, 優しさ, 強さ, 男性性, 闘う, 戦う

トップページ >  1b.心理学に関するコラム > 優しい人を選んだつもりが弱い人だった!とならないために。

優しい人を選んだつもりが弱い人だった!とならないために。

男性に「優しさ」を求めるのは、いつの時代でも、基本ではあります。

しかしその優しさは、家庭を持ったときには、一家を呑み込もうとする社会や世間の荒波から、家族を守ろうという「強さ」「賢さ」に裏打ちされた、実力の伴った優しさである必要があります。

単に、目の前の人の感情に敏感というレベルの、「顔色伺いが上手」な男性を「優しい」と勘違いしてしまうと、交際が長くなるにつれ、あるいは結婚してから「頼りない彼にがっかり」という結果になりかねません。

このコラムは、女性が自分の行動をどう律するべきか、という視点から書いています。このコラムを彼に見せたからと言って彼が変わってくれるわけでもないので、ご注意下さい。


さて、では、どうしてそういうことになってしまうのでしょうか?

私が思うに、次の3つの要素があります。
(1)隠れ男性恐怖
(2)父親の「強さ」を知らない
(3)社会に対峙する必要性の認識の甘さ

順に行きたいと思います。

(1)隠れ男性恐怖

これは、精神科で「男性恐怖ですね」と言われるほどではないにしても、男性に対する恐怖心を持っている、というパターンです。職場で接する場合は何とか大丈夫なことも多いですが、恋愛となるとかなり距離が近くなりますので、怒る男性に対して、過剰に怖れを持ってしまい、避けてしまうという反応をしてしまうわけです。

家族のために怒ることができる男性、家族のためにここ一番で踏みとどまって闘える男性を選ぶよりも、とにかく怒らない感じがする男性を選んでしまう、というのが、このパターンです。

DV(ドメスティック・バイオレンス)を行ってしまう男性と、怒ることのできる男性の違いですが、それは、強いものには従う、という傾向の強さで分かります。DVは強いものに従い、弱いものをいじめる傾向のある男性が行うものです。

もちろん、社会は多くの人で構成されていますから、無謀な行動に出て、ドンキホーテになってしまうべきではありませんし、闘う場合には、用意周到に、むしろ敵をこちらに巻き込んで味方にするぐらいのしたたかさも時には必要でしょう。

ですから、常に上にたてつく下克上的な男がいい男だ、なんて短絡的なことを言うつもりはありません。しかし、問題は問題としてきちんと認識して、怒りも表現することができる男性。そしてその怒りに振り回されるのではなく、行動は冷静に、効果的に行うという男性を求める、というのが大事なことでしょう。

そんな人いないよ?なんて思う女性の方もいらっしゃると思います。若いうちからそこまでできる男性はなかなかいません。彼が正義のために闘っているときこそプラスのリアクションをしましょう。そうやって育てていくのです。逆に、彼女が恐がりで、彼に対立を避けるように、できるだけ事なかれ主義で振る舞うように要求し続けたら、彼はきっと、闘えないつまらない男になってしまいます。

闘える男性かどうか、それはもちろん、彼自身の問題ではあります。でも、上に書いたような部分で、女性側の見識も問われる話なのです。


(2)父親の「強さ」を知らない

最近思うのは、家族のために防波堤になって闘える強い父親が少なくなったのではないか、ということです。正しいこと・正しくないことに対して厳しさを持っている心の働きをCP(シーピーと読みます。支配的な親の要素です)というのですが、このCPの説明として最近私が使うのが、

間違ったことには厳しい、肝っ玉母ちゃん

です。昔はよくCPは「父親的な厳しさ」なんて表現されていたのですが、最近では、以下のような父親がずいぶん増えたように感じています。

×正義・不正に関しての厳しさがたりない(CP的な関わりが足りない)。
×キレたり不機嫌になることはあるが、自分都合(ネガティブなFC:エフシーと読む。自由な子供)である。
×子供が「好き」ではあるが友達感覚(FC)。親としてしつける気がない。

あるいは、仕事で忙しくて家にいないというパターンもあります。

いずれにしても、親として、子供と本気で関わる、という姿勢が足りないんですね。

そのような父親不在の家庭で育った場合、強くて軸のしっかりした父親像を知らない可能性があります。あるいは、ここでも女性の見識の話になるのですが、母親が、父親のこうした男性的な面を肯定的に認めていることが教育上大切です。

自分が寂しい、自分のことをかまってくれない、優しさがない、みたいな、自分の側の承認欲求ばかり表に出して愚痴を言い、夫の強さや軸のしっかりしたところを認める発言がなかったりすると、娘は男性に「強さ」や「軸」を求めることを許可できなくなってしまう懸念があります(もちろん娘自身が途中で気づいて母親とは違う考え方を身につけ、父親を再評価する可能性もあります)。

このような環境で育った結果、男性に「強さ」を求めていいのだということを知らずに大人になり、その結果、闘えない弱い男性を選んでしまうことは、十分あり得ると思うのです。

なお、再度書いておきますが、DV(ドメスティック・バイオレンス)を行ってしまう男性と、闘うことのできる男性の違いですが、それは、強いものには従う、という傾向の強さで分かります。DVは強いものに従い、弱いものをいじめる傾向のある男性が行うものです。

身近に、軸のしっかりした、家族のために防波堤になれる、闘える「強い」父親を見ていたなら、DV男と、闘える男性の違いなど、直感的にすぐ分かるはずなのです。


(3)社会に対峙する必要性の認識の甘さ

みっつめは、交流分析で「問題の大きさのディスカウント」と呼ばれるものです。
結婚することは、夫婦やその後に生まれてくる子供も含めた家族として、社会に対峙し、家庭の中を守っていくという活動をする、ということなのです。

理不尽に残業を要求する上司、無理なことを言うお客さん、リストラ、病気、近所づきあい、困った親戚、などなど、家族に対して脅威になり得るコトや人は、たくさんあります。

ですから、社会に対峙していくということに対して、一定の問題意識を持っていることが大事なのです。

たとえば、収入を得るということに対しても、職場で追い詰められないために、自分だけしかできないような、価値の高いスキルを本気で磨こう、など、やはり身を守るために危機意識、問題意識を持って取り組むことは大事なのです。

社会に対峙する認識が甘く、自分自身でも十分に対策していなくて、パートナーを選ぶときも、恋愛感情を抱けたかどうかだけで選んでしまった、となれば、あとで「弱い人を選んでしまって後悔した」という結果を招きかねないわけです。


まとめ。伝えたいこと。

何ごとも、偏っていると、問題が生じる、ということ。

社会に対峙するという側面だけを重視して、闘うことはできるけれど、闘いをやめることが極端に苦手な男性と結婚してしまえば、きっと寂しい結婚生活になってしまうと思います。

だから、極端に、闘える人を選ぼう!!!!と考えることを勧めているわけではありません。

しかし、逆に、私のように男性の目線から見ると、極端に「闘えない人を選ぶ」傾向の女性がいるなぁ、とも感じるのです。本人は気づいていないかもしれませんが、男性目線から見ると明らかに「闘えない男」を選んでいて、男性を選ぶ目に偏りがあるように感じるわけです。

もしあなたが、未婚なのであれば、自分が何となく選んできた男性のタイプに、偏りがなかったかどうか考えてみてほしいと思います。

もしあなたが、既に安定したパートナーを持っていたり、結婚しているのであれば、この記事を読んだからといって今更別れる選択はしないかもしれません。でも、その相手のどういう部分と積極的に付き合うか(どういう行動に承認・賞賛を与えるか)によって、相手を徐々にではあるけれど導くこともできるわけです。

そのような意味で、自分の中の評価基準を見直してみることは、良いことだと思います。

あなたが、強さと賢さに裏打ちされた、本物の優しさを持った男性の卵と巡り会えますように。
そして、その強さを持った男性の卵を、うまく育てられますように。





身近な「食べる」行為を通じて瞑想を体験できる講座! 食べる瞑想の会

現在募集中のワークショップ一覧はこちら

あなたにぴったりの解決法は


応援クリックありがとう!→←人気ブログランキング

ドットライン

コメント




トップページ >  1b.心理学に関するコラム >  このページ“優しい人を選んだつもりが弱い人だった!とならないために。”のトップへ


優しい人を選んだつもりが弱い人だった!とならないために。の関連記事etc.

1b.心理学に関するコラム 記事一覧

恋愛依存症? つらい恋愛には「感情の扱い方」が大事。 /  身近に回避依存症者がいるあなたへ、対応策と自分を守るアドバイス /  なぜ、あの人は、自分の問題と向き合わないのか? /  愚者は経験に学び、賢者は・・・(さてなんでしょう?) /  相手の問題を指摘するときの「作法」とは? /  本当につらい理由は「愛せなくなるから」 /  コンサルティング的セッションを始めます2 /  コンサルティング的セッションを始めます。 /  心理セラピーが真に役立つとき3【得体の知れない感情の出どころ】 /  私の目指すセラピーは、真の解決志向 /  人生がパターン化するとき(禁止令と人生脚本、つづき) /  友達に「もう別れなよ」と言われる恋愛パターンの、交流分析的説明【禁止令と人生脚本】 /  深いレベルで、自分を変えること(家事の好き嫌いを例として) /  心理セラピーでいちばん大事なのはリソース探し /  心理セラピーが真に役立つとき2【得体の知れない感情の癒し】 /  自分の気持ちが分からない人に試してみてほしい方法 /  心理セラピーが真に役立つとき【得体の知れない感情の癒し】 /  反省には「肯定的反省」「否定的反省」「反省したフリ」がある /  「信じる」には「期待」と「信頼」と「思考停止」がある /  この世界が安全な場所と感じるかどうかが、幸せな恋愛と関係します(ワールドイメージ)。 /  「子供のために離婚しない」という考えは間違いか? /  出来事に、堂々と対応できる自分になろう /  「浮気はなぜいけないのか」これが私の最終回答です。 /  夫(彼)の浮気のあと苦しいのは共依存だからなのか? /  相手を操作する心理学に頼りたくなる自分の弱さに気づこう。 /  許せない気持ちの中には、許さなくていい部分もある。 /  自立しているはずなのに「依存的」と言われるのはなぜ? /  本当に自分のしたいこと、ほしいものが分からない状態とは? /  親が離婚すると子も離婚する!?ー不幸の世代間連鎖の本質 /  夫の望むことをするな、夫のためになることをせよ /  優しい人を選んだつもりが弱い人だった!とならないために。 /  自分の無意識にも責任を持つ、という高い意識を。 /  反省とは、自分の力を信じること。 /  動画:問題解決に当たるときに、必要なことは? /  自分の「ストレス指標」を知ることから始めよう。 /  人間関係には「解なし」があることを前提に取り組むこと。 /  「叱る」とは「あんた不幸に向かってるよ」と諭すこと /  浮気の清算は、借金の清算に似ている /  「浮気はなぜいけないのか?」について議論しましょう。 /  傷が深いときは、愛を補うだけでは解決できない /  見守る愛が足りないケースとその対処法 /  父親的な愛の必要性と、足りない場合の補い方(2) /  父親的な愛の必要性と、足りない場合の補い方(1) /  母親的な愛の必要性と、足りない場合の補い方 /  信じる=思考停止、のことがあるのでご注意を。 /  自我の発達と、精神的成長 /  一緒にいて疲れる女性の特徴ランキングから考察。 /  「いい子」と「思いやりのある子」は違う。 /  精神的成長とは何か(1) 困った人を「自我の発達」から見ると… /  良いことがあったあとには悪いことがある!? /  「被害の受け身」の言葉を使わないようにしよう。 /  4+1個の感情スキルで、感情のコントロールを。 /  意味と印象を、ちゃんと分けて捉えること。 /  痛み止めではなく、治療薬を選択する意志を持つこと /  能力は「借りもの」という意識 /  自己否定のクセはどうやって始まるの? /  問題だらけの人生は、「共依存的人間関係」から生じる /  親の離婚ではなく、家族間の「心の距離」こそが傷になる /  解決不能な問題に向き合い、「受容」に至る道 /  過去に何を経験したかではなく、そこから何を学んだかが大事 /  問題に向き合う4つの態度「解決・放置・回避・責任転嫁」 /  「成長するな」という禁止令に気づこう /  辛い体験を「乗りこえる」とはどういうこと? /  男性は、非言語のメッセージに無自覚に反応する /  責めないけれど、放置もしないためには? /  不幸の世代間連鎖を断ち切ることの大切さ(2) /  視野が狭いと夫婦は仲間割れする /  不倫に陥る理由(父親との関係) /  大人の人見知り克服法 /  怒りのコントロール(3) ?怒りのコントロールが難しい人 /  実空間と像空間?怒りと罪悪感 /  生きるよろこび /  嫉妬も変化の第一歩、のことがある /  家事が嫌いになる心理学的な理由とその解決方法 /  怒りのコントロール(2) /  怒りのコントロール /  感情の出方が間違っていませんか? /  命をつなぐ /  変えられないことを受け入れる /  不幸の世代間連鎖を断ち切ることの大切さ /  不幸な母親とは、訣別しなさい /  共依存的な恋愛の解決法について /  共依存的恋愛?恋愛依存症の泥沼から抜け出すために /  人生脚本の書き換え方(提案) /  罪悪感を手放す方法 /  ときには、課題から逃げることもあっていい。 /  フォーカシングを使って、感情を整理しよう /  自分を大切にするとは、こういうこと /  いじられキャラの心理分析 /  親からもらった一番悪い癖とは【自分の幸せのために努力しないこと】 /  ハイヤーセルフにつながる前に、自我を育てよう /  好きなことをして幸せになれる人、罠にはまる人 /  相手が変わってくれないと嘆く前に /  感情の90対10の法則 /  心理療法を受けて変化できる人、できない人 /  大人って何? /  幸せなとき、心は外を向いている /  心の力について /  自分の心の力を育てる /  アファメーションをしましょう /  幸せなことを100個書いてみましょう /  私は「脱力系」セラピストなので・・・ /  「私は自立した女」のワナ /  マンネリ解消 /  タロット占いについて思うこと /  息子を愛する母親 /  人生初の三角関係! /  依存?自立?相互依存?共依存 /  「相手を変える」たったひとつの方法 /  人気ブログランキング、快進撃中! /  相談するということ /  メルマガ 女と男の「心のヘルス」?癒しの心理学 を創刊して /  メルマガへのコメント受付中! /  メールマガジンサンプル誌 /  このサイトを立ち上げた目的 /  サイトの立ち上げ / 

記事カテゴリー一覧

1.恋愛の悩みに関するコラム(179) /  1b.心理学に関するコラム(116) /  1c.男性向きのアドバイス(32) /  1d.人を動かす秘訣(36) /  1e.結婚生活の悩みに関するコラム(2) /  1g.セラピストまなみのコラム(24) /  2.恋愛セラピー手法・事例・信念(36) /  3.女と男の心理学用語集(168) /  3b.心の化学反応式ー解説書(10) /  4.リンク(11) /  5.書評・レビュー・講演(105) /  6.メルマガバックナンバー(146) /  6b.メルマガバックナンバー2(153) /  6c.メルマガバックナンバー3(151) /  6d.メルマガバックナンバー4(147) /  6e.メルマガバックナンバー5(147) /  7.恋愛セラピストあづまの日記・提言・発言(29) /  おすすめ・キャンペーン(8) /  オススメ記事(39) /  電話・skype恋愛セラピー(4) / 

オススメ記事

その恋、恋愛依存症かも!? 問題アリの彼から離れられない心理 /  「浮気しない人」を求めても、引き寄せられない理由 /  身近に回避依存症者がいるあなたへ、対応策と自分を守るアドバイス /  「浮気はなぜいけないのか?」について議論しましょう。 /  浮気症の治療法、改善方法 /  恋愛依存症の克服・解消に役立つ心理療法の技法 /  不倫に陥る理由(父親との関係) /  恋愛カウンセリングの受け方 /  モテる男の心理と、落ち着いた大人の男の心理の違い /  謝れない男の心理 /  婚活(結婚活動)の必須科目 心のおそうじ /  共依存的な恋愛の解決法について /  共依存的恋愛?恋愛依存症の泥沼から抜け出すために /  失恋した元彼との復縁方法を探しているあなたに辛口アドバイス /  浮気性、浮気症 【うわきしょう】 /  恋愛コラムby恋愛セラピストあづまやすし /  彼氏ができない理由、自己診断チャート /  マリッジブルーの原因と解消法?男性と女性でこれだけ違う /  黙り込む男の心理 /  いじられキャラの心理分析 /  モテる男の心理(心の問題/回避依存症) /  回避依存症【かいひいぞんしょう】 /  不倫の子を妊娠?中絶or出産?認知は? /  不倫されたときの心の癒し方 /  浮気男の心理 /  恋愛依存症の克服・回復 【れんあいいぞんしょう】 /  浮気チェックの方法 /  夫の不倫に気付いたら /  男の浮気を防止する方法 /  彼氏が出来ないのはなぜ? /  男心をつかむ方法 /  彼氏が出来ない理由、ご意見募集! /  【男心理解】30分でわかる男心のつかみ方 /  彼氏ができない理由、決定版 /  男の心理が分かる心理学レポート【男心理解】 /  男性心理(怒る男性の心理) /  心理学・メンタルヘルス おすすめリンク /  人生の先生・友人リンク1 /  恋愛・結婚おすすめリンク / 


  PR [無料タロット恋愛占い屋]