トップページ >  1b.心理学に関するコラム > 本当に自分のしたいこと、ほしいものが分からない状態とは?

本当に自分のしたいこと、ほしいものが分からない状態とは?

恋愛や結婚生活の相談を受けていると、

特に、うまくいっていないケースにおいては、

本当に自分のしたいこと、ほしいものが分からない状態、
というのが、よく見受けられることに気づかされます。


自分が本当はどうしたいのか、何がほしいのか、何が大事なのか分からない、という訴えの女性の方もいらっしゃいますし、逆に、彼の問題行動が多くて(たとえば何股もの浮気など)、話し合いの中で「あなたはどうしたいの?」と訊いても、本人もどうしたいのか分からないようで、全然分からない、という相談もあります。

自分のしたいことやほしいものが分かっていて、それを手に入れるために行動して、手に入れて、満足して、というサイクルがちゃんと回っている、人生がうまく行っている人からすると、全く想像のつかない世界かもしれませんが、実際、自分のしたいことやほしいものが感じ取れない、分からない状態というのは、あるのです。


そこで、どういう状態の時に、自分のしたいことやほしいものが感じ取れなくなってしまうのか、このコラムではそれを書いていきたいと思います。


まず、人が「○○がしたい」と言っているときに、必ずしも動機が言葉通りとは限らないと言うことは、知っておく必要があります。

たとえば、ある女性が「結婚したい」と言ったとしましょう。その人が本当に結婚をイメージするとわくわくしたり、温かい気持ちになっているかというと、必ずしもそうとは限りません。

独り身でずっと生きるが怖い、が本当の気持ちかもしれませんし、
親の「結婚はまだ?」の言葉に、責められた気持ちになっていて、逃れたいのかもしれません。
(もちろん、純粋に「結婚したい」場合もあるわけですよ!)

ここで、考えておくべきことは、人の動機には、
・喜びに向かう動機
・痛みから逃げる動機
の二種類があるということです。

本当に自分のしたいことが分からなくなるときというのは、後者の、痛みから逃げたいという動機が支配的なときによく現れます。

とくに、痛みから逃げたい動機が二つ以上あって、葛藤を起こしているときには、自分が本当はどうしたいのか分からない状態になりやすいです。

たとえば、結婚の例でさらに説明すれば、結婚しないとしたら、独り身で生きるのが怖い、けれど、結婚するとしたら、男性に支配され自由がなくなる気がしてそれも怖い。

という風に葛藤していたりすると、「私は結婚したいのか、したくないのか分からなくなってしまった」という風に感じるものなのです。


同様に、彼が浮気をしていて、彼女の方が、極力冷静に、
「あなたは、どうしたいの?」
と訊いても、本人の意見は全然出てこない。
ただただ「自分でもどうしたいのか分からない」と言うばかり...

なんてときは、間違いなく彼は、
・痛みから逃げたいという動機と、
・別の痛みから逃げたいという動機の間で、
板挟みになっているわけです。

幼少期の孤独感を癒やす方法も分からず、恋愛に逃げ込んでいて、新しく誰かと交際開始したときの高揚感・ラブラブ感があるときだけ、なんとか少し楽になれる、浮気の恋愛をやめて孤独感という痛みと向き合うのは、いやだ。

でも、このまま浮気を続ければ、一番自分のことを分かってくれている本命の彼女を失うことになる。それも、いやだ。

人それぞれ若干このあたりの感覚は違うでしょうが、大きくは、いま書いたみたいな感じだと思います。


まとめですが、
人は、自分の希望を「○○したい」という言葉で表現するものだけれど、それは必ずしも喜びに向かう動機の表現とは限りません。

むしろ、「○○しないことが怖い(いやだ)」という、痛みから逃げたいという動機の表現のことも多いのです。

そして、自分がどうしたいのか分からなくなってしまうとき、というのは、痛みから逃げたい動機と、別の痛みから逃げたいという動機の間で葛藤が起きているものなのです。


あなたがもし、「本当に自分のしたいこと、ほしいものが分からない」と感じたり、
「彼の本当にしたいこと、ほしいものが分からない」と感じたりしているのなら、

ちょっと立ち止まって、
「どんな痛みから逃げたいと感じているのだろう?」
「どんな葛藤が、そこにあるのだろう?」
と、深く理解しようとしてみると、今まで見えなかった本質が見えてくるかもしれません。






現在募集中のワークショップ一覧はこちら

あなたにぴったりの解決法は


応援クリックありがとう!→←人気ブログランキング

ドットライン

コメント

こんにちは。

以前、何度かコメントさせていただいた者です。

このテーマにとても反応してしまいました。

主人の長年(独身で同じ相手)の不倫で悩んでいるのですが、
2年前に発覚後、私から「もう一度修復しよう!私も努力するから」と言ってから、
主人も、なんとか気持ちを家庭に持っていこうとしようとしているようです。

だから、もう携帯など見る行為はしていないので、相手と終わったのか、水面下に入ったのか、わかりません。一切の連絡を断つのは社内なので無理ですが・・・

ただ、心の中は相手を完全には断ち切れず、かといって家庭を手放し離婚し
全てを捨ててしまう事も出来ず
(発覚前は離婚を考えていて、相手にも伝えていたようです。それで余計に相手にすまない・・・と、実現できない自分が悔しいーーと相手に伝えていました)

本当に自分がどうしたいのかーー、これでよかったのかーーというのが
主人の心にあり、だから私と、このことに関しては貝になり、
一切、話し合ってくれません。

ずっと主人を観察していて、そんなふうに感じていましたが
主人の心の問題であり、私がどうこう出来ないのは解っていますが
気づかせてあげることは出来ますか?

上から目線や強制するつもりはないですが、なんとか自分と向き合って欲しいなぁ・・・と、自分自身が生きやすくなって欲しいなぁ・・・と。

これも、相手を支配する・・・ということになりますか?

ちなみに主人は、基本真面目で、仕事も勤勉ですし、ギャンブルや風俗にも行きませんし、浮気性ではないです。よく、浮気問題の相談に出てくるような逆ギレや罵声を浴びせられた事もないし、離婚してくれとも言われた事もありません。給料も結婚以来全て渡してくれます。
内向的で、心を許した人でなければ心を開きません。
両親は情の熱い人で、主人を愛していますし主人も親思いです。
ただ、経営者なので、忙しくしてられますが、愛情かけてフォローされてきたと思います。

黙って一人葛藤したり、逃げたりしている主人を傍で見ているのは辛いです。
何か私が出来る事、気付かせてあげるヒントのようなものはないでしょうか?

投稿者 siawase : 2012年4月11日 18:15

siawaseさん

コメントありがとうございます。

・・・私には、何を問題にしているのか分かりませんでした。

ご主人さんは、不倫をしていたけれど、別れた。
どうやら、それは本当らしい。
ただ、同じ社内の人なので、一切コンタクトを取らないということは不可能。

ご主人さんは、戻ってきたけれど、それは本当に自分がしたいことなのか、
siawaseさんから見ていて、分からない(気がする)

ということですよね?

もう、ご主人さんを変えるべきところは、ないじゃないですか。
この状況を受け入れて生きていくことを、siawaseさんがきちんと、自分の責任で、選択することが必要なだけでしょう?

それができないのを、ご主人さんの心の問題にしてはいけないと思います。

と、厳しい意見を書いたあとで、
ひとつだけ、確かに、理解できるところもあります。

ご主人さんとは、本音を打ち明け合って、絆ができた、という感覚が持てないでいるのですよね?
女性の方で、そういう悩みを持たれる方は結構いらっしゃいますので、そういうことなのかな、と。


それは、お互い様の話です。
ご主人さんも、心を開かない傾向があるのだと思いますが、
相手の問題とばかりは言えません。
自分の側でできることに集中する、それが大事なことです。


siawaseさんの側でできることは、
・ご主人さんが安心して本音を言えるような、感情的にどっしり安定した人になる
・ご主人さんをよくほめ、よく認め、ねぎらい、感謝し、十分に認める
 (すると男性は、弱音も本音も出しやすくなるものです)
・自分で楽しみを見つけ、幸せを自家発電できる人になる
 (ご主人さんに依存していると、ご主人さんは自由になれないので)

ということなのだと思います。

そして、本気で努力してみても、これは無理だ、と思うときには、率直に、「努力したけれどこのままでは夫婦を続けられない。離婚も考えている。」と心の内を言うしかないでしょう。


なお、ここを訪れた他の方が混乱しないためにも明言してきますが、
「自分のしたいことが分からない」という表面的な言葉は同じように見えますが、
siawaseさんのコメントの主旨は、このコラムの主旨とは違っているし、対策も全く違ってくるものです。

投稿者 あづま : 2012年5月16日 15:23

はじめまして。

最近、浮気をしてしまい、自分がどうしたいのかわかりません。

海外で外国人の方と付き合い約4年になります。
私は29、相手は23歳です。
色々なストレスから私が彼とセックスするのが嫌になった期間が続いたり、同棲もなかなかうまくいかず、私から解消したいと言ったこともありました。

そんな私でも、彼は我慢して私の全てを受け入れてくれます。
海外で、彼なしではここまでやってこれなかったのも事実です。

最近、私が引っ越しをせざるをえなくなり、お互い約20マイル離れたところに住むようになりました。
新しい土地での新しい生活に、若干ナーバスでもあり孤独感も感じていました。

そんな時、私の新しいルームメイトとお互い深い話をするうちに、相手が私を好きな気持ちが痛いほど伝わり、こちらも胸が苦しくなることが度々ありました。
その都度、私には私を非常に大切に思ってくれている彼がいるのだから、と気持ちを落ち着けました。
が、その反面、そのルームメイトに特別扱いして欲しい、気持ち的にも友達以上に踏み込めないことにイライラともしていました。

ある日、お互い酔っ払って帰ってきて、身体を許してしまいました。合意のもとです。本彼は自国に戻っていてここにはいません。

私はどうしたいのでしょうか。
彼にこのことを話し、今まで通りには愛せないといわれ、当然のことなのに、ひどく落ち込み体重も激減してしまいました。
浮気しても許されるとたかをくくっていたのでしょうか。
最低な愚か者ですよね。

彼と別れたかったから浮気したのか。
浮気相手は浮気相手にすぎなかったのか。

どうか、辛口アドバイスをお願いします。

投稿者 トマト : 2012年9月 4日 08:21

トマトさん

コメントありがとうございます。

直感ですが、トマトさんは自分らしくのびのびとしているという恋愛をしていなかったのではありませんか?
目の前に彼がいると、彼に嫌われないように、気を遣いながら、どこか緊張している、という関係が常態化しているということはありませんでしたか?

年下の彼だと、ある程度こちらが操縦しやすいので、なんとかバランスを保っていたけれど、未熟な彼に対して、なんだか恋愛における「持ち出し」が多いような感じがして、次第に彼の存在が負担に感じてくる、みたいなことはありませんでしたか?


彼氏云々の前に、
子供時代に本来満たしておくべき、心の深いところがまだ、十分に安心感を感じて満たされる、というところに至っていない。いわゆるインナーチャイルドの問題があるのではないでしょうか。

うまくコントロールできない恋愛の問題というのは、根っこをたどるとインナーチャイルドの問題、言い換えると幼少期の承認不足の問題に帰着することが多いのです。

もちろん、目の前に魅力的な異性が現れたからといって、安易に行動しないよう自分を律することも大事なことではありますが、律する、我慢する、自分を抑える、みたいな意識的な対策だけでは正直、感情の力には勝てません。

感情パターンそのものを変えなければ、恋愛上の問題は、解決しないことが多いのです。

感情パターンを変えるには、幼少期の承認不足の問題を解消することが一番の近道のことが多いです。

一番近道なのは、恋愛セラピーなどの心理セラピーを活用することですが、ご自分で取り組まれる場合は、私の書いているメールマガジン(バックナンバーは全部公開)が最近はずっとこのテーマなので、しっかり読んで頂いて、出来るところから実践することがよいと思います。


まあ、起きてしまったことは仕方ないと割り切って、
そのような、自分でも困るような衝動が起きない自分づくり、という根本対策に励む。

こういう姿勢が、大事だと思います。
頑張って下さいね。

投稿者 あづま : 2012年10月14日 21:49

 こんにちは、わたしも今自分が何を望んでいるのか? 自分の心の矛盾に葛藤しています。

 私は海外の大学を出て就職活動をしており、そのなかで出会った彼とつき合っておりました。彼はDVの被害者でもあり つき合っていく内に彼の衝動的な感情と戦うことが多くなりました。一方で私も 過去の恋愛においてなかなか男性を信用できなかったことや、自分の中にも人を愛する事に自信が持てない自分をこの恋愛で発見しました。

 私と彼はお互い いろいろな困難を超えて 別れたり、つき合ったりしてきていました。私も海外での暮らしを精神的に彼に依存していた部分もあります。そして彼も時々厳しく批判したり、自分を否定するくせなど彼なりに悩み、難しい私を唯一の家族として、いつでも理解してくれています。

 お互いに 別れて違う道を歩むことと話し合っています。しかし私はどんなことがあっても 諦めない彼の姿がとても忘れられません。そして 本当に愛する事がどういうことなのか? 甘えから、寂しさから人はつき合うのでしょうか? 愛がどういうものか、はっきり言ってわからなくなりました。今までの恋愛でも本当に好きな人にはまったく逆の行動をとってしまったり、幸せになるのが怖いと思ってしまうこともあったりしました。彼の愛情が強すぎて他の男性へ逃げ出したいこともありました。

 しかし、このつき合いで自分の矛盾した自己の姿も 幼い甘えたかった私がいることも分かってきました。どのように心に何か訴えがあって それが何だか分からず、悶々と一人で過ごす時間が増えました。

 また自分で歩き出すにはどうしたらいいのでしょうか?

投稿者 あや : 2012年10月24日 20:06

あやさん

コメントありがとうございます。

しばらく時間がたっているので、既に状況は変わっているかもしれませんが…

こういうときは、とにかく、話を否定せずに聞いてくれる人に、気持ちを聞いてもらうなどの取り組みをして、気持ちの整理をつけていくことが必要です。

彼のことを理解するのは、それから取り組んだ方がいいでしょうね。
先のことを書いてしまいますが、本当に、理解してみたいのか、それとも、自分自身のがんばりを自分で認めたいだけなのか(私はどちらも等しく価値のある考え方だと考えます。)、そこも、本当はよく自分と対話してみる必要がある部分です。

自分のしたいことが分からない、という症状が、彼との交際を始めてからのものであるなら、気持ちの整理をつけていけば、元に戻っていくと思いますよ。
(逆にもし、子供時代から自分の気持ちが分からないのなら、「アダルトチルドレン」関連の情報を調べてみると、ヒントが見つかると思います)

ご参考になれば。

投稿者 あづま : 2013年1月 6日 05:12

こんにちわ。いつも読ませていただいております。

今私も自分がどうしたいのかわからないのです。
相談させてください。


現在私29歳、彼も29歳。
付き合いが8年になります。

昔から彼は結婚したがっていましたが、
「私はいずれしたいけど今はまだしたくない・・」
とここまできました。

29になり、そろそろ・・ということで
両親にも本格的に話をしたのですが、はじめは賛成してくれていたのですが、猛反対。

理由は彼の家柄と、貧乏だということ。
お嫁にそんなところへ行くとあなたが絶対苦労すると。

両親の言っていることもわからなくもないのです。
でも今まで待っていてくれた彼、すごく優しい彼。

もともと結婚願望がなく、結婚にたいして
良いイメージもなくて、あまり人を好きになれない性格なのですが・・臆病ながらも・・結婚してもいいかなって考えれる人もはじめてです。

でも私は小さいころから、両親が大好きで、
何でも両親に相談をしてきました。
こんなに反対され、ネガティブなことばかり言われるとは
思わなかったので、少し結婚に対しても臆病になっています。

両親と彼の板ばさみもありますが、
私自身どうしたいのかもわからなくなってきています。

結婚にいいイメージはないけれど
してみないとわからないしと無理やり気持ちを切り替えてる
ような気もします・・。

マリッジブルー的なものなのかと考えたり・・
結婚するのがとても怖くなったり・・。と
こんなに物事で悩むのは初めてです。

厳しいアドバイスよろしくお願いします。

投稿者 癒歌 : 2013年3月 7日 17:54




トップページ >  1b.心理学に関するコラム >  このページ“本当に自分のしたいこと、ほしいものが分からない状態とは?”のトップへ


本当に自分のしたいこと、ほしいものが分からない状態とは?の関連記事etc.

1b.心理学に関するコラム 記事一覧

恋愛依存症? つらい恋愛には「感情の扱い方」が大事。 /  身近に回避依存症者がいるあなたへ、対応策と自分を守るアドバイス /  なぜ、あの人は、自分の問題と向き合わないのか? /  愚者は経験に学び、賢者は・・・(さてなんでしょう?) /  相手の問題を指摘するときの「作法」とは? /  本当につらい理由は「愛せなくなるから」 /  コンサルティング的セッションを始めます2 /  コンサルティング的セッションを始めます。 /  心理セラピーが真に役立つとき3【得体の知れない感情の出どころ】 /  私の目指すセラピーは、真の解決志向 /  人生がパターン化するとき(禁止令と人生脚本、つづき) /  友達に「もう別れなよ」と言われる恋愛パターンの、交流分析的説明【禁止令と人生脚本】 /  深いレベルで、自分を変えること(家事の好き嫌いを例として) /  心理セラピーでいちばん大事なのはリソース探し /  心理セラピーが真に役立つとき2【得体の知れない感情の癒し】 /  自分の気持ちが分からない人に試してみてほしい方法 /  心理セラピーが真に役立つとき【得体の知れない感情の癒し】 /  反省には「肯定的反省」「否定的反省」「反省したフリ」がある /  「信じる」には「期待」と「信頼」と「思考停止」がある /  この世界が安全な場所と感じるかどうかが、幸せな恋愛と関係します(ワールドイメージ)。 /  「子供のために離婚しない」という考えは間違いか? /  出来事に、堂々と対応できる自分になろう /  「浮気はなぜいけないのか」これが私の最終回答です。 /  夫(彼)の浮気のあと苦しいのは共依存だからなのか? /  相手を操作する心理学に頼りたくなる自分の弱さに気づこう。 /  許せない気持ちの中には、許さなくていい部分もある。 /  自立しているはずなのに「依存的」と言われるのはなぜ? /  本当に自分のしたいこと、ほしいものが分からない状態とは? /  親が離婚すると子も離婚する!?ー不幸の世代間連鎖の本質 /  夫の望むことをするな、夫のためになることをせよ /  優しい人を選んだつもりが弱い人だった!とならないために。 /  自分の無意識にも責任を持つ、という高い意識を。 /  反省とは、自分の力を信じること。 /  動画:問題解決に当たるときに、必要なことは? /  自分の「ストレス指標」を知ることから始めよう。 /  人間関係には「解なし」があることを前提に取り組むこと。 /  「叱る」とは「あんた不幸に向かってるよ」と諭すこと /  浮気の清算は、借金の清算に似ている /  「浮気はなぜいけないのか?」について議論しましょう。 /  傷が深いときは、愛を補うだけでは解決できない /  見守る愛が足りないケースとその対処法 /  父親的な愛の必要性と、足りない場合の補い方(2) /  父親的な愛の必要性と、足りない場合の補い方(1) /  母親的な愛の必要性と、足りない場合の補い方 /  信じる=思考停止、のことがあるのでご注意を。 /  自我の発達と、精神的成長 /  一緒にいて疲れる女性の特徴ランキングから考察。 /  「いい子」と「思いやりのある子」は違う。 /  精神的成長とは何か(1) 困った人を「自我の発達」から見ると… /  良いことがあったあとには悪いことがある!? /  「被害の受け身」の言葉を使わないようにしよう。 /  4+1個の感情スキルで、感情のコントロールを。 /  意味と印象を、ちゃんと分けて捉えること。 /  痛み止めではなく、治療薬を選択する意志を持つこと /  能力は「借りもの」という意識 /  自己否定のクセはどうやって始まるの? /  問題だらけの人生は、「共依存的人間関係」から生じる /  親の離婚ではなく、家族間の「心の距離」こそが傷になる /  解決不能な問題に向き合い、「受容」に至る道 /  過去に何を経験したかではなく、そこから何を学んだかが大事 /  問題に向き合う4つの態度「解決・放置・回避・責任転嫁」 /  「成長するな」という禁止令に気づこう /  辛い体験を「乗りこえる」とはどういうこと? /  男性は、非言語のメッセージに無自覚に反応する /  責めないけれど、放置もしないためには? /  不幸の世代間連鎖を断ち切ることの大切さ(2) /  視野が狭いと夫婦は仲間割れする /  不倫に陥る理由(父親との関係) /  大人の人見知り克服法 /  怒りのコントロール(3) ?怒りのコントロールが難しい人 /  実空間と像空間?怒りと罪悪感 /  生きるよろこび /  嫉妬も変化の第一歩、のことがある /  家事が嫌いになる心理学的な理由とその解決方法 /  怒りのコントロール(2) /  怒りのコントロール /  感情の出方が間違っていませんか? /  命をつなぐ /  変えられないことを受け入れる /  不幸の世代間連鎖を断ち切ることの大切さ /  不幸な母親とは、訣別しなさい /  共依存的な恋愛の解決法について /  共依存的恋愛?恋愛依存症の泥沼から抜け出すために /  人生脚本の書き換え方(提案) /  罪悪感を手放す方法 /  ときには、課題から逃げることもあっていい。 /  フォーカシングを使って、感情を整理しよう /  自分を大切にするとは、こういうこと /  いじられキャラの心理分析 /  親からもらった一番悪い癖とは【自分の幸せのために努力しないこと】 /  ハイヤーセルフにつながる前に、自我を育てよう /  好きなことをして幸せになれる人、罠にはまる人 /  相手が変わってくれないと嘆く前に /  感情の90対10の法則 /  心理療法を受けて変化できる人、できない人 /  大人って何? /  幸せなとき、心は外を向いている /  心の力について /  自分の心の力を育てる /  アファメーションをしましょう /  幸せなことを100個書いてみましょう /  私は「脱力系」セラピストなので・・・ /  「私は自立した女」のワナ /  マンネリ解消 /  タロット占いについて思うこと /  息子を愛する母親 /  人生初の三角関係! /  依存?自立?相互依存?共依存 /  「相手を変える」たったひとつの方法 /  人気ブログランキング、快進撃中! /  相談するということ /  メルマガ 女と男の「心のヘルス」?癒しの心理学 を創刊して /  メルマガへのコメント受付中! /  メールマガジンサンプル誌 /  このサイトを立ち上げた目的 /  サイトの立ち上げ / 

記事カテゴリー一覧

1.恋愛の悩みに関するコラム(181) /  1b.心理学に関するコラム(116) /  1c.男性向きのアドバイス(32) /  1d.人を動かす秘訣(36) /  1e.結婚生活の悩みに関するコラム(2) /  1g.セラピストまなみのコラム(24) /  2.恋愛セラピー手法・事例・信念(36) /  3.女と男の心理学用語集(168) /  3b.心の化学反応式ー解説書(10) /  4.リンク(11) /  5.書評・レビュー・講演(109) /  6.メルマガバックナンバー(146) /  6b.メルマガバックナンバー2(153) /  6c.メルマガバックナンバー3(151) /  6d.メルマガバックナンバー4(147) /  6e.メルマガバックナンバー5(150) /  6f.メルマガバックナンバー6(35) /  7.恋愛セラピストあづまの日記・提言・発言(29) /  おすすめ・キャンペーン(7) /  オススメ記事(39) /  電話・skype恋愛セラピー(4) / 

オススメ記事

その恋、恋愛依存症かも!? 問題アリの彼から離れられない心理 /  「浮気しない人」を求めても、引き寄せられない理由 /  身近に回避依存症者がいるあなたへ、対応策と自分を守るアドバイス /  「浮気はなぜいけないのか?」について議論しましょう。 /  浮気症の治療法、改善方法 /  恋愛依存症の克服・解消に役立つ心理療法の技法 /  不倫に陥る理由(父親との関係) /  恋愛カウンセリングの受け方 /  モテる男の心理と、落ち着いた大人の男の心理の違い /  謝れない男の心理 /  婚活(結婚活動)の必須科目 心のおそうじ /  共依存的な恋愛の解決法について /  共依存的恋愛?恋愛依存症の泥沼から抜け出すために /  失恋した元彼との復縁方法を探しているあなたに辛口アドバイス /  浮気性、浮気症 【うわきしょう】 /  恋愛コラムby恋愛セラピストあづまやすし /  彼氏ができない理由、自己診断チャート /  マリッジブルーの原因と解消法?男性と女性でこれだけ違う /  黙り込む男の心理 /  いじられキャラの心理分析 /  モテる男の心理(心の問題/回避依存症) /  回避依存症【かいひいぞんしょう】 /  不倫の子を妊娠?中絶or出産?認知は? /  不倫されたときの心の癒し方 /  浮気男の心理 /  恋愛依存症の克服・回復 【れんあいいぞんしょう】 /  浮気チェックの方法 /  夫の不倫に気付いたら /  男の浮気を防止する方法 /  彼氏が出来ないのはなぜ? /  男心をつかむ方法 /  彼氏が出来ない理由、ご意見募集! /  【男心理解】30分でわかる男心のつかみ方 /  彼氏ができない理由、決定版 /  男の心理が分かる心理学レポート【男心理解】 /  男性心理(怒る男性の心理) /  心理学・メンタルヘルス おすすめリンク /  人生の先生・友人リンク1 /  恋愛・結婚おすすめリンク / 


  PR [無料タロット恋愛占い屋]