【ココヘル566】傷つきにくい心の育て方8 心の強さのレベル

 

★女と男の「心のヘルス」ー癒しの心理学 566号 2012.2.14
 
 こんにちは。あづまです。
 いつも読んで下さってありがとうございます。
 
 世間ではバレンタインデーだというのに、
 まったく季節感のない原稿を書いているのが、
 ココヘルらしいと言えばらしいですね(苦笑)
 
 でもこのノリは変えられませ?ん(>_<)        今日は、いったん基本に戻って、傷つきやすさにもレベルがある、  という話をしたいと思います。    今日の主題はどういうことかというと、    私には問題があるのか、ないのか。  そういう考え方の限界についてです。    結論から言うと、心理的ストレスのレベルによって、  心の問題を解決しなければいけないレベルも変わる、  ということです。      生活や仕事の環境が穏やかで、責められることも感情を逆撫でされ  ることも少なければ、過去の心の傷が多少あっても、  それなりに平穏に暮らしていけるものです。    逆に、常に批判にさらされる立場であったり、競争の激しい環境に  いたり、時間的にゆとりがない中で人間関係が険悪になりやすかっ  たりすると、過去の心の傷や愛情不足の影響が表面化してしまう  ものなんです。    まあ、古傷にたとえてみると、分かりやすいですかね。    肩をどーんとぶつけてしまうと、よく「脱臼する」って言いますが、  よく起きるのが肩鎖関節っていう肩胛骨と鎖骨を結んでいる腱が伸  びてしまう状態。    私も以前、つるっつるに凍った路面で、すごく気をつけていたのに  すべって、これ、やっちゃったことあるんですよね。    それで、幸い私の場合は、腱は切れなかったんですが。  三本あるうちの一本ぐらい切れちゃうことがあるんですよね。    そうすると、日常生活はできるんだけど、スポーツをやるとなると、  手術した方がいいよ、となる場合もあるんだそうです。    話が長くなりましたが、  心の負荷というのも、同じようなものだと思います。     ◆ 批判の矢面に立つという大変さ    この例が分かりやすいかどうかはわかりませんが、  大阪市長の橋下さん。批判も脅しも(もちろん応援もですが)  たくさん受けているようです。    こんな激しい環境では、やはり、過去の傷があったり、愛情不足が  あったりすると、その影響が表面化しやすいでしょう。    話しぶりや雰囲気、志から見ると、橋下さんは、精神的にはとても  成熟した(過去の傷などはしっかり乗り越えている)人に見えます。  だから務まっているのでしょうね。      仮に、レベルをつけてみるならば、    ◇レベル0 とても傷つきやすいレベル  日常の、相手がこちらを傷つけようという意図もない言動であっても、  ちょっと自分から関心が離れてしまった程度で傷ついてしまう。    ◇レベル1 ようやく自分を確立したレベル  私は私、あなたはあなた、ということを基本に生きられる。  でも、面と向かって批判されると、やっぱり傷つく。    ◇レベル2 不安定な他人にも対応できるレベル  私は私、あなたはあなた、が基本だが、  それが今できない状態の人を理解し、思いやり、育てられる。  面と向かって批判されても、一つのメッセージだと捉えられる。    ◇レベル3 非常にメンタル体力の高いレベル  レベル2までのことは、きちんとできる。  加えて、大勢の人から批判されても、それをメッセージだと思って  受け止められるだけの、メンタルの強さがある。    と、なるでしょうか。      始めの話に戻りますが、  「私の心には問題があるのでしょうか?」    そういう問いに、あまり意味がないことが、  わかっていただけたでしょうか?      あなたが目指している自分が、上のレベル1なら、今の自分でOKでも、  状況的にレベル2が必要になった瞬間、心の課題が表面化する。    あるいは、自ら責任の重い立場や心理的にプレッシャーのある生き方を  選んだ瞬間に、心の課題を解決する必要が出てくる。    そういうものなのです。    だから、問題があるか、ないか、ではなくて、    今の自分で、どの程度の心理的ストレスに耐えられるのか。  そして、そういう自分に満足しているのか。    満足していないなら、何か取り組んで成長したいのか?    そんな風に考えることが大事なのです。      私ですか?    まあ、仕事でレベル2ぐらいは大丈夫かな、と思っています。  少なくとも家庭内はレベル1でも対応できるぐらい平温なので。    レベル3に対応できる人は、すごいですよね。大変ですよね。  パブリックに批判を受けるような立場の人。     ◆ 今日のポイント    心の課題を解決すべきレベルは、  自分が背負っていく心理的プレッシャーのレベルと相関する。    今の自分でOKかどうかは、自分がどこまで耐えられる人間に、  成長したいかで、自分で決めるべきもの。      世界に対するイメージのお話は、  次回以降でお伝えしますね。      続きは次回!     ◆編集後記    そうそう、16日にテレビ出演します。  フジテレビ系の「とくダネ!」で、最近はやっている「街コン」  ってどうなのよ、というテーマで専門家としてコメントします。    9時台の放送だそうです。  私のオフィス(兼寝室、笑)で収録したので、  あづまさん、こんな部屋で仕事してるんだ?  ってところが、見られちゃう(恥ずかし?)    ちなみに後ろに映っているPC画面は買ったばかりのmacです。    って、まだ映像ができあがっていないので、  どんな風に映るか、私もわかりません。    見てね?。  あ、でも恥ずかしいからあんまり見なくてもいいです。  あ、でもでも、あんまり見られないのも寂しいので...  そっと見てやってください。   ┏━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━┓  応援ありがとう!まぐまぐ殿堂入り! 祝!20000部  ◆女と男の「心のヘルス」ー癒しの心理学  ◆ご意見、ご感想お待ちしています。このまま返信!  ・頂いたメールは、事前確認なく掲載することがあります。  ・お名前はイニシャルにします。  ・メール相談は行っていません。また、多数のメールを頂くた   め、個別の返信はできないことがございます。  もっと幸せな恋愛・結婚生活・人間関係を求める方に情報提供  をするのが本誌の目的です。ご自身の責任にてご活用下さい。  ◆制作:阿妻靖史(あづま やすし 恋愛セラピスト)  ◆自己紹介はこちらです↓(声の自己紹介があります!)   http://www.556health.com/archives/2005/07/post_5.html  ◆登録・解除: http://www.mag2.com/m/0000164141.html  (解除依頼は受けていません。ご自分でお願いします)  ◆ウェブサイト http://www.556health.com/  このメルマガは自主的な登録によってのみ登録になります。  違法なアドレス収集は一切行っていません。  ★ご友人への転送は歓迎です。メルマガ全文をお願いします  ★このメルマガの著作権は発行者であるあづまやすしに属します。   無断転載を禁じます。転載は【事前に】お申し出下さい。 ┗━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━┛