子供のために離婚しない

トップページ >  1b.心理学に関するコラム > 「子供のために離婚しない」という考えは間違いか?

「子供のために離婚しない」という考えは間違いか?

夫が浮気をしている。
夫婦仲が冷え切っている。
夫婦げんかが絶えない。

もう、破綻しているよ、この関係。

でも、「子はかすがい」とも言うし、この子のために離婚しないでおく方がいいのでは...?


離婚するかしないか、みたいな表面的な出来事ベースで考えると、重要な決断は、間違えてしまうと思うんですね。


昔は、離婚して母子家庭になったら、それこそ悲惨な生活が待っている、ということだって現実味を持った話でした。それこそ、「子供のために離婚しない」がリアリティーのある話だったと思うんですね。

物質的な部分ですよね。「人はパンのみに生きるにあらず」とは言うけれど、そのパンがなければまず生きていられないわけですから。

しかし、最近は「離婚したら悲惨」という考えは、若干過去のものになってきたかな、と思います。福祉のサポート体制が充実してきたことや、ぜいたく言わなければ女性でもなんとか仕事をして子どもたちとの生活をまかなっていくことが可能な社会になってきたことも大きいのだと思います。


先日、読売新聞の「きしむ親子」という特集の中で、こんな事が書かれていました。
茨城大学の野口康彦准教授が、大学生321人を「両親の仲がいい」「仲が悪い」「離婚した」の3群に分けて、そのことと、自己嫌悪や心身の不調などの抑うつ傾向との相関を調べる研究を行ったのだそうです。

その結果、「仲が悪い」のグループが、いちばん抑うつ傾向が強く、「仲がいい」と「離婚した」では差がない、という結果が出ました。


同記事には、別の研究者の研究として、離婚後、子供が別居した方の親と面会できるかどうかと、子供の自己否定傾向を比較した結果、面会できていない子の方が、月一回以上面会できている子よりも自己否定傾向が強かった、という話も取り上げられていましたが...

面会しているかどうかそのものよりも、子供を面会させない親が別居する親の悪口を子供に言う割合が91%と非常に高く、むしろ、このことが子供の精神に影響を強く与えているのではないか、という解釈が紹介されていました。


何をお伝えしたいかというと、
私も以前は研究者でしたから分かるのですが、

研究では、
明確に白黒判定できる「要因」と
できるだけ明確に違いが分かる「結果」を見つけて、
その相関関係を調査したいという衝動に駆られるわけです。

つまり、
親の仲がいいか悪いかという、主観的な要因よりも
離婚しているか否か、みたいな客観的な要因の方が、
研究者には好まれる、ということです。

同居の親が別居の親に対して、未だ悪感情を持っているかどうかという主観的な要因よりも、
子供が別居の親に面会しているかどうか、という客観的な要因の方が、
研究者には好まれる、ということです。


すると、離婚したかどうか、面会できているかどうか、など、客観的に、アイテム的に判断できるものが、まるで原因であるかのような、イメージが出来上がります。
これは、社会学者や、それを取り上げるマスコミの問題でもあると思います。


つまり、面会の話で言うと、
「面会できている子」「面会できていない子」の間で、
明確な自己否定傾向の差がある。

これは、統計的な事実なわけです。

しかし、人はこれを聞くと、解決方法として、
「子供の面会は大事。子供の精神の健康のために、面会させよう」
と考えますよね?

しかし本当は、
別居の親に子供を面会させない親は、高い割合で、
別居の親の悪口を子供に言っている。

子供は、離婚しても未だ「喧嘩の続き」をしているかのような親の影響を受け続ける。

子供自身の精神に悪影響。

ということが起きているかもしれないわけです。


だとしたら、面会させることよりも、悪口をやめることの方が意味があるわけです。
(悪口というのは子供の立場からの解釈で、親は「ちょっと愚痴を言っているだけ」と思っているんじゃないかと、私は思います。それすらも、子供に言うのはやめた方がいいです)


社会学的な研究を解釈するときには、本当に慎重な姿勢が必要です。

子供の面会の話のように、本当の原因と見かけの原因が違ってしまうことを「偽相関」といいます。研究の現場ではよく現れることです。


私たちは、研究者の研究を再現実験する力はありませんから、社会学の研究者が出してきた結果や、それを紹介しているマスコミのニュースを見聞したときに、


「なぜそうなのか」

を、しっかり自問して、自分の頭で考えて、受け取るクセをつける必要があると思います。


「離婚すると子どもがかわいそう」
「子供のために離婚しない」

「なぜそうなのか?」


考えてみて下さい。


ひとつ、私から問いかけたい点があります。

それは、親自身がまだ、マズローの五段階欲求説で言えば、下から二番目の「安全の欲求」が十分に満たされていない感覚にあって、

子供の精神の健やかな発達というのは三番目の「承認の欲求(愛と所属の欲求)」に関連した部分なのですが、

親自身が、三番目の欲求を考える段階まで、進めていないのではないか。
というのが、私から問いかけたい点です。


ちなみに、マズローの五段階欲求説というのは、下から順に書くと、こうです。

生理的欲求(飢餓状態なら、食べ物を得ることしか考えられない)
安全の欲求(現代社会では、お金と生活。生きていけるかどうかの不安があるとそれが優先になる)
承認の欲求(自分が他人から承認され、受け入れられたい欲求)
自尊の欲求(自分がちゃんとしている、できる、ということを自他共に認めたい欲求)
自己実現の欲求(自分が何のために生まれて、何をして生きるのかを探求する欲求)

ちなみに、セラピストとしての活動から得た、あづまの個人的見解ですが、
幼少期に家庭が安全な場所ではなかった場合、どうしても安全の欲求が、子供時代に十分満たされないまま、大人になってしまい、実際の生活が安定していたとしても、子供時代の感覚が残り、安全の欲求にしがみつく、というようなことが起こると感じています。


つまり、「子供のために離婚しない」と言ってしまう親は、自分自身がまだ、幼少期の不安な家庭環境の影響を脱し切れていないのではないか、というのが、この記事で問いかけたいことなのです。


さらにもう一歩踏み込んで考えると、
「離婚した」親というのは「離婚できた」親なのかもしれません。

親自身が、自立した心を持ち、まずは夫婦関係の修復をしっかり試みるけれど、やっぱり相手方の問題が大きいということも、現実にはあるわけですから、

そういう場合には、離婚を選択できるぐらいに、自立した大人の心(精神的自立)と、社会で生きていくための生活力(経済的自立)を持っている親。

そういう親の元で暮らしている子は、精神的に健やかに生きている。


そういう、統計には出てこない、本当の理由が裏にはあるんじゃないかと思うんですね。


研究者は、こうして憶測で論文を書いてはいけないわけなんですが、

それを受け取って活かす我々はむしろ、しっかり裏の理由を読み取って、対応することが大事なのだと思います。


私は、先の大学生の研究で、親が、
「離婚した」「仲が悪い」
の間に子供の抑うつ傾向の差がある、という統計的事実の裏には、

仲が悪い親=依存的で相手に期待するのでケンカになる親=精神的に自立していなくて離婚できない親
離婚した親=精神的に自立して離婚できた親

という、「離婚したしない」そのものではない、
その裏にある、親の精神状態、親の精神的成熟度が、

本当の原因として横たわっていると解釈しています。

さて、ここまで来て、表題の
「子供のために離婚しない」という考えは間違いなのかどうか、について再度考えてみますと、

自分の中に、「離婚する」という道が、選択肢として十分にある
(=経済的、精神的に自立している)
そういう親が、客観的に考えて「子供のために今は離婚しない」という選択肢を選ぶのであれば、私はそれは正しいと考えます。

そういう親はきっと、自分の選択肢に対して責任を持つでしょうから、子供に愚痴を言ったり、ましてや「あなたのために離婚しないのよ」なんて恩着せがましく言ったりすることもないでしょう。自分で決めた道。誰のせいにもしない。と言えるはずですから。


しかし、自分がまだ、生活の安全・安心を得られない精神状態(主に親自身の生育環境に原因がある)である親の場合、
(=精神的に自立していない。経済的にも自立していない場合あり)
よくよく突き詰めて考えると、自分の中にまだ、離婚して一人でやっていくという選択肢がないことに気づくはずです。怖くて怖くて進めない、というか。

そういう状態であるにもかかわらず、責任を子供に転嫁して「子供のために離婚しない」と言ってしまうのは、これは間違いであると、私は思います。

つまり、「子供のために離婚しない」という言葉だけで、正しいか間違いかは言えないのです。

精神的に自立している人が言ったなら、正しい。
本当に「子供のため」であれば、正しい。

精神的に自立できていない人が言ったなら、間違い。
本当は自分が離婚できないのに、子供に責任転嫁しているのであれば、間違い。

ということになるのだと思います。

蛇足ながら、もう一言付け加えると、
精神的に自立する道を目指すと、(相手次第ではありますが)夫婦仲はよくなることが多いです。

つまり、本来、離婚するかしないかということは、心理学的に見れば、精神的自立に比べたら小さいことなのです。


女と男の心のヘルスのセラピーでは、離婚するかしないかで迷っている人に、離婚は一旦保留にしておいて、精神的自立を目指すことに全力を尽くすように指導します。

精神的に自立して、離婚できるようになったら、それはそれでOK。ハッピーエンド。
精神的に自立して、夫婦仲がよくなったら、それももちろんOK。ハッピーエンド。

という道を提案するわけです。


今日は少し複雑な話でしたが、
やはり物事は、本質を見据えることが大事です、というお話しでした。






現在募集中のワークショップ一覧はこちら

あなたにぴったりの解決法は


応援クリックありがとう!→←人気ブログランキング

ドットライン

コメント

初めまして
主人が不倫しております。10年以上と分かりました。
何度も割れて欲しいと言いっても別れたと嘘ばかり。
私が行きたいと言えばドライブ,日帰り旅行にも連れて行きました。が
それも腹がたちます。相手の女が憎いし忘れられない、
密会の二人のアパートが発覚したことて私のプライドがズタズタになり別居をもしでて
主人が出て行きました。毎月、生活費は振り込んで貰ってます。
半月になります。忘れる努力をしているが、とうしても女が憎い、忘れて主人とまた
暮らしたいが、無理かも、ダブル不倫なので女の家庭もめちゃくちゃにしたい。
この気持ちをどうすればいいのでしょうか。女は私と同い年です。主人は一体本気なのか?
気持ちが分かりません、体の関係はもう無いと思います出来ないから。
アドバイスお願いします。

投稿者 ズミ : 2012年12月 2日 23:53

ズミさん

コメントありがとうございます。

大変な状況で、混乱されているのだとは思いますが、あなたのコメントを見て、私はとても、残念な気持ちです。

このコラムの主旨が、全然伝わっていないと感じるからです。

子供のために離婚するか、しないかを考える時すら、自分が精神的に自立しているかどうか、それが大事だよ、というのがこのコラムの主旨です。


あなたのご主人さんは、ウソをついてまで相手の女性と会っているということを考えると、確かに精神的に未熟なところがある気がします。

しかし、あなたの文面を見ると、あなた自身も、精神的に自立する必要があります。正直、今のあなたには、そのご主人さんとの関係を修復するだけの精神的成熟度、精神的エネルギーはないと思います。

楽になりたいのであれば、私はむしろ別れを勧めます。


浮気問題で、恋愛セラピーを利用して相談して下さっている方に、私は常々申し上げているのですが、

「短期的に見れば、修復の方がイバラの道だよ。
 『自分が楽になりたいから、主人の浮気をやめさせたい』というような、
 自分都合の理由で取り組むなら、絶対続かないです。
 でももし、たとえいっとき辛くても、この人との関係を絶対取り戻したい、
 そういう想いがあるなら、奇跡も起きるかもしれないので、
 それなら、修復方向で、私も喜んで協力します。」

ということなのです。


今のあなたには、そのご主人さんとの関係を修復するだけの精神的成熟度も、精神的エネルギーもないと思うんです。

この状態で、あれこれ努力してみようとすると、裏目に出やすいですし、本当の意味での解決もないでしょう。


まずは、ご主人さんに代わる、男女関係ではない、精神的支えを持つことが、第一段階の取り組みだと思います。

友達に助けを求めて下さい。必要なら、カウンセラーにも助けを求めて下さい。

親には…言いにくいことも多いし、余計な介入をしてくる親だと状況が余計こじれることもあるので、相談は慎重に。

自然、動物、芸術、神様。
何か、自分の支えになるものを見つけて下さい。


まず自分が落ち着くこと。
すべては、そこからです。

今は、ご主人さんには頼れません。
それだけは、受け入れて下さい。


辛口コメントでしたが、それだけ、厳しい状況です。
覚悟を決めて、前に進んでほしいと心から願っています。

がんばれ!

投稿者 あづま : 2012年12月27日 09:09

離婚・別居が子どもにああ得る影響、同居親が別居親への否定を子どもに刷り込む「片親疎外」について、日本は著しく知見が遅れています。「片親疎外」については学術的分類(シンドロームとするか精神疾患とするか)に争いはあるものの、問題の存在、その悪影響については諸外国において一致して認められるところであり、DSM基準に入れることも検討されています。一度こちらをお読みになってみては如何でしょうか?

「離婚毒」 リチャード・A・ウォーシャック著

投稿者 リップ・ヴァン・ウインクル : 2013年1月 5日 01:39

リップ・ヴァン・ウインクルさん

コメントありがとうございます。
「片親疎外」ですか。なるほど納得です。

確かに、親権を持った親が、もう一方の親に会わせないなどの行動が、日本ではまかり通っていますね。

ただ、離婚せず夫婦げんかをずっと見せ続けるというのも、子供の心に毒を流し込む行為であることは間違いありません。

やはり、このコラムで
>子供は、離婚しても未だ「喧嘩の続き」をしているかのような親の影響を受け続ける。
と書いたように、離婚したかしないかではなく、

子供は、離婚せずケンカしている親を見ることで傷つく。
子供は、離婚したにもかかわらず、ケンカの続きをしている親を見ることで傷つく。
ということなのだな、という信念を深めました。

役立つ情報ありがとうございます。

投稿者 あづま : 2013年1月 6日 05:39

素晴らしいコラムですね。
人間関係と向き合うための具体的判断の適否は、精神的自立が前提にあるか、という測定不能だが歴然とある当事者の人格の真実次第である。
男女関係において、それをここまで見事にわかりやすく伝えられているコラムを僕は見たことがありません。石田さんの洞察力と表現力には感動しました。
読ませていただけて感謝いたします。

投稿者 千明 : 2013年2月 6日 08:11




トップページ >  1b.心理学に関するコラム >  このページ“「子供のために離婚しない」という考えは間違いか?”のトップへ


「子供のために離婚しない」という考えは間違いか?の関連記事etc.

1b.心理学に関するコラム 記事一覧

恋愛依存症? つらい恋愛には「感情の扱い方」が大事。 /  身近に回避依存症者がいるあなたへ、対応策と自分を守るアドバイス /  なぜ、あの人は、自分の問題と向き合わないのか? /  愚者は経験に学び、賢者は・・・(さてなんでしょう?) /  相手の問題を指摘するときの「作法」とは? /  本当につらい理由は「愛せなくなるから」 /  コンサルティング的セッションを始めます2 /  コンサルティング的セッションを始めます。 /  心理セラピーが真に役立つとき3【得体の知れない感情の出どころ】 /  私の目指すセラピーは、真の解決志向 /  人生がパターン化するとき(禁止令と人生脚本、つづき) /  友達に「もう別れなよ」と言われる恋愛パターンの、交流分析的説明【禁止令と人生脚本】 /  深いレベルで、自分を変えること(家事の好き嫌いを例として) /  心理セラピーでいちばん大事なのはリソース探し /  心理セラピーが真に役立つとき2【得体の知れない感情の癒し】 /  自分の気持ちが分からない人に試してみてほしい方法 /  心理セラピーが真に役立つとき【得体の知れない感情の癒し】 /  反省には「肯定的反省」「否定的反省」「反省したフリ」がある /  「信じる」には「期待」と「信頼」と「思考停止」がある /  この世界が安全な場所と感じるかどうかが、幸せな恋愛と関係します(ワールドイメージ)。 /  「子供のために離婚しない」という考えは間違いか? /  出来事に、堂々と対応できる自分になろう /  「浮気はなぜいけないのか」これが私の最終回答です。 /  夫(彼)の浮気のあと苦しいのは共依存だからなのか? /  相手を操作する心理学に頼りたくなる自分の弱さに気づこう。 /  許せない気持ちの中には、許さなくていい部分もある。 /  自立しているはずなのに「依存的」と言われるのはなぜ? /  本当に自分のしたいこと、ほしいものが分からない状態とは? /  親が離婚すると子も離婚する!?ー不幸の世代間連鎖の本質 /  夫の望むことをするな、夫のためになることをせよ /  優しい人を選んだつもりが弱い人だった!とならないために。 /  自分の無意識にも責任を持つ、という高い意識を。 /  反省とは、自分の力を信じること。 /  動画:問題解決に当たるときに、必要なことは? /  自分の「ストレス指標」を知ることから始めよう。 /  人間関係には「解なし」があることを前提に取り組むこと。 /  「叱る」とは「あんた不幸に向かってるよ」と諭すこと /  浮気の清算は、借金の清算に似ている /  「浮気はなぜいけないのか?」について議論しましょう。 /  傷が深いときは、愛を補うだけでは解決できない /  見守る愛が足りないケースとその対処法 /  父親的な愛の必要性と、足りない場合の補い方(2) /  父親的な愛の必要性と、足りない場合の補い方(1) /  母親的な愛の必要性と、足りない場合の補い方 /  信じる=思考停止、のことがあるのでご注意を。 /  自我の発達と、精神的成長 /  一緒にいて疲れる女性の特徴ランキングから考察。 /  「いい子」と「思いやりのある子」は違う。 /  精神的成長とは何か(1) 困った人を「自我の発達」から見ると… /  良いことがあったあとには悪いことがある!? /  「被害の受け身」の言葉を使わないようにしよう。 /  4+1個の感情スキルで、感情のコントロールを。 /  意味と印象を、ちゃんと分けて捉えること。 /  痛み止めではなく、治療薬を選択する意志を持つこと /  能力は「借りもの」という意識 /  自己否定のクセはどうやって始まるの? /  問題だらけの人生は、「共依存的人間関係」から生じる /  親の離婚ではなく、家族間の「心の距離」こそが傷になる /  解決不能な問題に向き合い、「受容」に至る道 /  過去に何を経験したかではなく、そこから何を学んだかが大事 /  問題に向き合う4つの態度「解決・放置・回避・責任転嫁」 /  「成長するな」という禁止令に気づこう /  辛い体験を「乗りこえる」とはどういうこと? /  男性は、非言語のメッセージに無自覚に反応する /  責めないけれど、放置もしないためには? /  不幸の世代間連鎖を断ち切ることの大切さ(2) /  視野が狭いと夫婦は仲間割れする /  不倫に陥る理由(父親との関係) /  大人の人見知り克服法 /  怒りのコントロール(3) ?怒りのコントロールが難しい人 /  実空間と像空間?怒りと罪悪感 /  生きるよろこび /  嫉妬も変化の第一歩、のことがある /  家事が嫌いになる心理学的な理由とその解決方法 /  怒りのコントロール(2) /  怒りのコントロール /  感情の出方が間違っていませんか? /  命をつなぐ /  変えられないことを受け入れる /  不幸の世代間連鎖を断ち切ることの大切さ /  不幸な母親とは、訣別しなさい /  共依存的な恋愛の解決法について /  共依存的恋愛?恋愛依存症の泥沼から抜け出すために /  人生脚本の書き換え方(提案) /  罪悪感を手放す方法 /  ときには、課題から逃げることもあっていい。 /  フォーカシングを使って、感情を整理しよう /  自分を大切にするとは、こういうこと /  いじられキャラの心理分析 /  親からもらった一番悪い癖とは【自分の幸せのために努力しないこと】 /  ハイヤーセルフにつながる前に、自我を育てよう /  好きなことをして幸せになれる人、罠にはまる人 /  相手が変わってくれないと嘆く前に /  感情の90対10の法則 /  心理療法を受けて変化できる人、できない人 /  大人って何? /  幸せなとき、心は外を向いている /  心の力について /  自分の心の力を育てる /  アファメーションをしましょう /  幸せなことを100個書いてみましょう /  私は「脱力系」セラピストなので・・・ /  「私は自立した女」のワナ /  マンネリ解消 /  タロット占いについて思うこと /  息子を愛する母親 /  人生初の三角関係! /  依存?自立?相互依存?共依存 /  「相手を変える」たったひとつの方法 /  人気ブログランキング、快進撃中! /  相談するということ /  メルマガ 女と男の「心のヘルス」?癒しの心理学 を創刊して /  メルマガへのコメント受付中! /  メールマガジンサンプル誌 /  このサイトを立ち上げた目的 /  サイトの立ち上げ / 

記事カテゴリー一覧

1.恋愛の悩みに関するコラム(179) /  1b.心理学に関するコラム(116) /  1c.男性向きのアドバイス(32) /  1d.人を動かす秘訣(36) /  1e.結婚生活の悩みに関するコラム(2) /  1g.セラピストまなみのコラム(24) /  2.恋愛セラピー手法・事例・信念(36) /  3.女と男の心理学用語集(168) /  3b.心の化学反応式ー解説書(10) /  4.リンク(11) /  5.書評・レビュー・講演(103) /  6.メルマガバックナンバー(146) /  6b.メルマガバックナンバー2(153) /  6c.メルマガバックナンバー3(151) /  6d.メルマガバックナンバー4(147) /  6e.メルマガバックナンバー5(147) /  7.恋愛セラピストあづまの日記・提言・発言(29) /  おすすめ・キャンペーン(9) /  オススメ記事(39) /  電話・skype恋愛セラピー(4) / 

オススメ記事

その恋、恋愛依存症かも!? 問題アリの彼から離れられない心理 /  「浮気しない人」を求めても、引き寄せられない理由 /  身近に回避依存症者がいるあなたへ、対応策と自分を守るアドバイス /  「浮気はなぜいけないのか?」について議論しましょう。 /  浮気症の治療法、改善方法 /  恋愛依存症の克服・解消に役立つ心理療法の技法 /  不倫に陥る理由(父親との関係) /  恋愛カウンセリングの受け方 /  モテる男の心理と、落ち着いた大人の男の心理の違い /  謝れない男の心理 /  婚活(結婚活動)の必須科目 心のおそうじ /  共依存的な恋愛の解決法について /  共依存的恋愛?恋愛依存症の泥沼から抜け出すために /  失恋した元彼との復縁方法を探しているあなたに辛口アドバイス /  浮気性、浮気症 【うわきしょう】 /  恋愛コラムby恋愛セラピストあづまやすし /  彼氏ができない理由、自己診断チャート /  マリッジブルーの原因と解消法?男性と女性でこれだけ違う /  黙り込む男の心理 /  いじられキャラの心理分析 /  モテる男の心理(心の問題/回避依存症) /  回避依存症【かいひいぞんしょう】 /  不倫の子を妊娠?中絶or出産?認知は? /  不倫されたときの心の癒し方 /  浮気男の心理 /  恋愛依存症の克服・回復 【れんあいいぞんしょう】 /  浮気チェックの方法 /  夫の不倫に気付いたら /  男の浮気を防止する方法 /  彼氏が出来ないのはなぜ? /  男心をつかむ方法 /  彼氏が出来ない理由、ご意見募集! /  【男心理解】30分でわかる男心のつかみ方 /  彼氏ができない理由、決定版 /  男の心理が分かる心理学レポート【男心理解】 /  男性心理(怒る男性の心理) /  心理学・メンタルヘルス おすすめリンク /  人生の先生・友人リンク1 /  恋愛・結婚おすすめリンク / 


  PR [無料タロット恋愛占い屋]