【ココヘル602】メガネあづまが浮気対策特集の意気込みを語りました。

 

★女と男の「心のヘルス」ー癒しの心理学 602号 2012.10.26
 
 こんにちは、あづまです。
 いつも読んで下さってありがとうございます。
 
 さて、最近ご相談が増えているのが「浮気問題」ですので、
 浮気問題について、しばらく特集していきたいと思います。
 
 ところで、最近は時に、登録したメルマガが届かない!
 ということが起こるようです。
 登録解除していないのに、勝手に届かなくなってしまうことが。
 (配信元のアドレス整理やサーバーの迷惑フィルターが原因のようです)
 
 今回の浮気対策特集は、特に力を入れて書いていきますので、
 「あ??必要だったのに見逃した??(涙)」ということがないよう、
 あらかじめ、ココヘル(表)とココヘル+の両方で告知しています。
 
 もしも、このココヘル(表)が届いているけれど、
 ココヘル+は届いていない、という場合、今後のために、
 こちらから、ぜひココヘル+にも登録しておいて下さいね。
 http://www.556health.com/sp/e-zine/
 
 
 この特集についての意気込みを動画で語っていますので。
 メガネかけてます(笑)
 http://www.556health.com/archives/2012/10/post_662.html
 
 
 さて。
 
 この浮気対策特集で、
 こんなことを知りたい!
 こんなことを書いてほしい!
 
 というご要望がございましたら、
 いまなら採用される可能性が高いですので、
 ぜひぜひ、こちらのフォームよりご質問下さいませ。
 https://24auto.biz/556health/touroku/556health_q.htm
 (個別の返信はしておりませんので、ご了承下さい)
 
 
◆ 5部構成でお届けします。
 
 この特集は、全体を5部構成として、お届けします。
 ■第一部 浮気にまつわる心理学的基礎
 ■第二部 予防編
 ■第三部 起きちゃった編
 ■第四部 こじれた編
 ■第五部 相当厄介なケースについて
 
 順番が前後する可能性もありますが、
 いまのところ、上から順にお届けしようと考えています。
 
 
 第一部の構成は、いまのところ、こんな予定です。
 
 ■第一部 浮気にまつわる心理学的基礎
 ・浮気が起きるとき、心理的に何が起きているか?
 ・恋愛ホルモン三年説
 ・「結婚三回説」から、浮気を考える
 ・マズローの五段階欲求説から、浮気を考える
 ・お互いがお互いの成長にプラスになってこそ、長続きする
 
 ・意志の力だけでは、一ヶ月しかもたない(浮気症)
 ・浮気する「必要がない」潜在意識の状態をつくること
 
 
◆ では、早速第一回の内容です。
 
 浮気が起きているとき、必ず起きていること。
 それは、カップルのうち少なくとも一方(浮気する人)が、
 浮気相手に「恋愛感情」を持ってしまっている、ということです。
 
 恋愛感情は、PEA(フェニルエチルアミン)という脳内ホルモンの
 作用によるもので、怖れの回路を抑制し、幸せな感じを増加させます。
 
 特定の相手と一緒にいるときにこのホルモンが多量に分泌されます。
 これが「好き??♪」となった状態です。
 
 では、結婚していても、別の相手に対して、このような脳内現象が
 起きてしまうというのは、
 人間の生理学的に、避けられないものなのでしょうか?
 
 ひたすら、恋心が開かないように、異性との接触を避けて、
 あるいは近づくのを我慢して生きるのが
 「正しい生き方」なのでしょうか。
 
 それとも、恋愛感情を操縦するポイントがあって、うまくいけば、
 変な浮気心に人生の足を取られることを避けられるのでしょうか。
 
 あるいは、人間は浮気心があるものであるから、むしろ一夫一婦制の
 社会の方を直していく努力をして(もちろん、離婚後のサポートは厚く
 して、特に子供などがダメージを受けないようにする)
 
 人間の感情を肯定する方向に、
 人類の道徳観念も、社会も進歩するべきなのでしょうか。
 
 こんなことを考えながら、
 浮気について深く理解をしていきたいと考えています。
 
 
◆ 理解なんて、なぜするの?
 
 理解なんて、なぜ必要なのでしょうか。
 
 それは、断絶は怖れを生むだけだからです。
 
 浮気する人を、一方的に「悪者」と断罪して、
 自分とは関係のない「向こう側の人」と位置づければ、
 
 その瞬間は確かに、自分だけ正しくて、相手が間違っている、
 その構図に持ち込めて、一瞬楽になるかもしれません。
 
 
 でも、次に誰かと出会うときにどうなるでしょうか?
 
 きっと「浮気しない人」を探しつづけて、
 徒労を繰り返すことになるのではないでしょうか。
 
 
 理解なき断罪は、
 結局自分のためにもならない。
 
 私はそう考えています。
 
 
 これからの、このシリーズ。
 どうぞお楽しみに。
 
 
◆編集後記
 
 今日は、斉藤学さんのオープンカウンセリングを聴講してきます。
 アルコール依存症の家族など、かなり重いテーマを扱う
 専門の先生なので、いろいろ学べることがあると期待しています。
 
┏━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━┓
 ◆女と男の「心のヘルス」ー癒しの心理学
 祝!TBS・日テレ・フジテレビ出演(目指せNHK!)
 ◆ご意見、ご感想お待ちしています。このまま返信!
 ・頂いたメールは、事前確認なく掲載することがあります。
 ・お名前はイニシャルにします。
 ・メール相談は行っていません。また、多数のメールを頂くた
  め、個別の返信はできないことがございます。
 もっと幸せな恋愛・結婚生活・人間関係を求める方に情報提供
 をするのが本誌の目的です。ご自身の責任にてご活用下さい。
 ◆制作:阿妻靖史(あづま やすし 恋愛セラピスト)
 ◆自己紹介はこちらです↓(声の自己紹介があります!)
  http://www.556health.com/archives/2005/07/post_5.html
 ◆登録・解除: http://www.mag2.com/m/0000164141.html
 (解除依頼は受けていません。ご自分でお願いします)
 ◆ウェブサイト http://www.556health.com/
 このメルマガは自主的な登録によってのみ登録になります。
 違法なアドレス収集は一切行っていません。
 ★ご友人への転送は歓迎です。メルマガ全文をお願いします
 ★このメルマガの著作権は発行者であるあづまやすしに属します。
  無断転載を禁じます。転載は【事前に】お申し出下さい。
┗━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━┛
◎女と男の「心のヘルス」?癒しの心理学
のバックナンバー・配信停止はこちら
⇒ http://archive.mag2.com/0000164141/index.html