【ココヘル605】三年目の浮気は仕方ないとあきらめる前に。

 

★女と男の「心のヘルス」ー癒しの心理学 605号 2012.11.21
 
 こんにちは、あづまです。
 いつも読んで下さってありがとうございます。
 
 さて、前回の配信からずいぶん間が開いてしまいましたが、
 理由は忙しいとかいろいろありますが、
 一番の理由は、咳がひどくて書く気力が出なかった。
 これに尽きます。
 
 まだ完治していないのですが、
 ずいぶん気力は戻ってきました。
 
 ウェブサイトの細かい修正とか、
 ココヘルの記事とか、文字を扱うものほど、
 集中力が落ちると効率が、がた落ちになりますね。
 
 
 最近ご相談が増えているのが「浮気問題」ですので、
 浮気問題について、しばらく特集していきたいと思います。
 
 
 この浮気対策特集で、
 こんなことを知りたい!
 こんなことを書いてほしい!
 
 というご要望がございましたら、
 いまなら記事に反映される可能性が高いですので、
 ぜひぜひ、こちらのフォームよりご質問下さいませ。
 https://24auto.biz/556health/touroku/556health_q.htm
 (個別の返信はしておりませんので、ご了承下さい)
 
 
◆ 5部構成でお届けします。
 
 この特集は、全体を5部構成として、お届けします。
 第一部の構成は、いまのところ、こんな予定です。
 
 ■第一部 浮気にまつわる心理学的基礎
 ・浮気が起きるとき、心理的に何が起きているか?
 ・恋愛ホルモン三年説(←いまここ)
 ・「結婚三回説」から、浮気を考える
 ・マズローの五段階欲求説から、浮気を考える
 ・お互いがお互いの成長にプラスになってこそ、長続きする
 
 ・意志の力だけでは、一ヶ月しかもたない(浮気症)
 ・浮気する「必要がない」潜在意識の状態をつくること
 
 
◆ 恋愛ホルモン三年説
 
 よく、浮気が起きる理由として、
 「恋は三年で冷める」という生物学的根拠が
 引き合いに出されます。
 
 まあ実際、脳科学的にも、いわゆる「恋愛ホルモン」は
 三年しか出ないということが既に証明されているわけですから、
 この根拠はそれなりに説得力があると、認めざるを得ないですね。
 
 
 しかし、ではなぜ、
 浮気問題で苦しんでしまう夫婦と、
 そういう問題には無縁の夫婦がいるのでしょうか。
 
 
 しかも、我慢して無理して頑張っているとかではなくて、
 実際に仲の良さが続いていく夫婦もいます。
 その違いは何なのでしょうか。
 
 
 というところまで考えていくと、
 恋愛ホルモン説というのは、
 あまり頼りにならない想定原因だということができますね。
 
 違いを生み出す違い、ではないってことです。
 
 
 ホルモンの量を変えたら浮気がコントロールできる、
 という方法が、未来には実現するかもしれませんが
 (私はちょっとそれはイヤですが)、
 
 今現在、ホルモンを引き合いに出しても、
 実際何の解決にもなりませんね。
 
 
 私は、恋愛ホルモンの三年説については、こう考えています。
 
 実は、恋愛ホルモンは、
 怖れの感情の回路を抑制する働きがあるんですね。
 
 相手の欠点やお互いの問題点が見えにくくなるって事です。
 「あばたもえくぼ」という言葉があるように。
 
 
 自分自身の負の感情と向き合える心の力を持ち、
 その上で、ベストパートナーを見つけていれば、
 
 三年を超えたあとも、
 
 小さな恋心と、
 大きな信頼と、
 家族愛のような温かい感情で結ばれ続けると、
 
 あづまは信じています。
 
 
 つまり、恋愛ホルモンに頼った関係、
 恋愛感情によってのみつながっている関係、
 そういう関係があったら、その時点で問題だよ、
 という話。
 
 恋愛感情がなくても、人間として信頼し合えるの?
 そういう点こそが、大事だという話です。
 
 
  あまりに当たり前すぎて、つまらなかった?
  …道徳の授業みたいですよね。
  すいません。シリーズものなので、
  前提みたいな話も書いておかないといけないもので。
 
 
 いまのところ、その信念は揺らいでいませんが、
 いかんせん、私自身も結婚生活は現在7年目。
 
 まだまだヒヨッコですんで、
 確信を持って断言することは、念のため避けておき、
 
 今日のところは、
 
 私は今のところ、
 恋愛感情(恋愛ホルモン)がほぼなくなっても、
 持続する信頼関係があり得る、
 と信じている。
 
 という、個人的信念として、お伝えしておきます。
 
 
◆ 今日のまとめ
 
 まとめというか、今日一番お伝えしたかったことは、
 確かに、人間の進化の歴史上古い感情である、恋愛感情。
 これに頼った関係を作ったら、
 確かに3年で終わるかもしれませんが、
 
 実際続いている夫婦もいるわけですし、
 はじめからあきらめないでほしいな、と思うわけです。
 それが、お伝えしたかったことです。
 
 私もまだまだ、夫婦年齢6歳のヒヨッコですんで、
 これからも磨きをかけながら、続けていきたいと思います。
 
 
 
◆ 会員番号3番。「離婚」がらみの相談ならこの人に。
 
 女と男の心のヘルス 登録セラピスト
 恋愛セラピスト 田中延代
 
 <プロフィールより>
 … 一番身近な他人、一番利害関係が対立する他人、
   その夫婦関係から得られるものって、実はとても多くて、
   そして、人間的な成長の種も、人生の幸せもいっぱい
   詰まっているのが、夫婦という関係性なんじゃないかなと、
   今の私は考えています。 …
 つづきはこちらから
 http://www.556health.com/archives/2012/06/post_621.html
 
 
◆編集後記
 
 前回のココヘルを配信してから、ずいぶん間がありました。
 
 その間に、いろいろな出来事がありました。
 
 「夫リターンの秘訣」座談会。
 座談会そのものより、その後の振り返り会などで、
 ココヘルの登録セラピストたちと議論できたのがよかったです。
 知見も集まり、私自身の知識も深まりました。
 ほんと、ありがたい仲間たちです。
 
 「愛が長続きする秘訣」セミナー&DVD撮影。
 愛の永久磁石になる方法DVDの撮影以来、5年振りに、
 撮影をお願いしたのですが、懐かしかったな?
 この日は集中していたので、咳はあまり出ず、無事撮影終了。
 (でも翌日から悪化しました)
 
 あ、ちなみに、愛の永久磁石になる方法DVDはこちら。
 http://www.556health.com/sp/dvd.html
 
 あとほかに、セミナーに参加したり、
 あ、そうそう、名古屋のセラピスト養成講座の初日がありました。
 メンバーが各地から集まってきてくれていて(感謝)、
 これからは、名古屋校と呼ばず、センター・オブ・ジャパン校と
 呼ぼうかと…
 
 ではまた!
 
┏━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━┓
 ◆女と男の「心のヘルス」ー癒しの心理学
 祝!TBS・日テレ・フジテレビ出演(目指せNHK!)
 ◆ご意見、ご感想お待ちしています。このまま返信!
 ・頂いたメールは、事前確認なく掲載することがあります。
 ・お名前はイニシャルにします。
 ・メール相談は行っていません。また、多数のメールを頂くた
  め、個別の返信はできないことがございます。
 もっと幸せな恋愛・結婚生活・人間関係を求める方に情報提供
 をするのが本誌の目的です。ご自身の責任にてご活用下さい。
 ◆制作:阿妻靖史(あづま やすし 恋愛セラピスト)
 ◆自己紹介はこちらです↓(声の自己紹介があります!)
  http://www.556health.com/archives/2005/07/post_5.html
 ◆登録・解除: http://www.mag2.com/m/0000164141.html
 (解除依頼は受けていません。ご自分でお願いします)
 ◆ウェブサイト http://www.556health.com/
 このメルマガは自主的な登録によってのみ登録になります。
 違法なアドレス収集は一切行っていません。
 ★ご友人への転送は歓迎です。メルマガ全文をお願いします
 ★このメルマガの著作権は発行者であるあづまやすしに属します。
  無断転載を禁じます。転載は【事前に】お申し出下さい。
┗━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━┛