【ココヘル627】「オレはホントは婚外恋愛がしたいんだよ2」

 

★女と男の「心のヘルス」ー癒しの心理学 627号 2013.9.6
 
 こんにちは、あづまです。
 いつも読んで下さってありがとうございます。
 
 
 オーロラツアーから帰国して、
 時差と夜中にオーロラ観察という、二重のリズムの乱れから、
 ようやく回復しつつあります。
 
 え、見れたのかって?
 それは・・・
 
 ブログでドタバタ道中記を書いていますので、
 そちらをお楽しみに・・・
 
 オーロラ見えたかドタバタ道中記
 第一話 http://amba.to/17Ju0T1
 第二話 http://amba.to/17Ju70N
 
 
 さて。
 
 ところで、前回、
 「オレはホントは婚外恋愛がしたいんだよ」と題して、
 思うところを述べた号を配信しましたが、
 
 よく分かった、私も同じことを考えていた、
 という感じの感想もいただきましたし、
 (たとえばこれね http://amba.to/1dJw83b )
 反発を覚えた、という感じの感想もいただきました。
 
 
 まあ、確かにね。
 ちゃんと大事なことを書いたはずなんですが。
 
 分かる人には分かるけど、
 分からない人には不快な内容だったかもしれません。
 
 
 そこで、
 もう少し分かりやすくかみ砕いてみようと思います。
 
 
 
◆ 再度、確認しておきますが・・・
 
 前回、こんなくだりがありました。
 
> 妻が、夫の浮気を禁止することは、
> 相手の意向を無視して、
> 自分の都合を押しつけることには、
> ならないのでしょうか?
 
> 現在私は、なる、と考えています。
 
> つまり、
> 夫は婚外恋愛したい人。
> 妻は夫の浮気を許さない人。
 
> という場合、
 
> 夫が妻の意向を無視して勝手に浮気することも悪。
> 妻が夫の欲求を無視して浮気を禁止することも悪。
 
> と考えている、ってことです。
 
 再度、確認しておきますが、
 現在私は、やっぱりそう考えている。
 それは、他人からの反論があっても、
 やはり、変わりません。
 
 
 で、反発を覚えたとの感想をいただきました。
 まあ、色々書いてあったんですが、要は、
 
>「浮気をすること」と、「浮気を禁止すること」を
>まるで同等レベルの悪とすることにとても驚きました。
 
 
 ということです。
 
 
 確かに、法的にみれば、
 勝手に浮気をした人は「不貞行為」となり、
 離婚申し立てや慰謝料請求の対象になります。
 
 浮気を禁止するということを言った側は、
 そうはなりません。
 
 法的には、同等の扱いにはならないんですね。
 
 それは、法律が、
 幸せなパートナーシップを築くという目的ではなく、
 家族の生活を破綻させないことを目的としているからです。
 
 
 日本の夫婦には、
 生活における相互扶助の義務はありますが、
 
 実は、驚くかもしれませんが、
 愛し合う義務はないんです。知ってました?
 
 
 法律の観点だけから言えば、
 結婚は、別に愛がなくてもいいんです。
 お互いに、仮面夫婦のようになっても、
 生活面で、破綻しないよう、
 お金を入れる・家事をするといった、
 生活面の最低限の義務を果たしていれば、
 
 法的に言えば、離婚申し立てされる言われはないですし、
 立派に夫として、妻としての義務を果たしているわけです。
 
 (セックスの継続的な拒否は離婚理由になりますので、
  そういう意味では、愛することを間接的には、
  法律も支持している、とは言えるでしょうが、
  イヤイヤセックスに応じていれば義務は果たしているのです)
 
 
 それが、
 日本の法律の思想です。
 (まあちょっと、極端に表現しましたが)
 
 
 ですので、
 親密なパートナーシップを築く、という、
 より高度な目的を考える場合、
 
 法律の考え方よりも、
 もっと高度な基準を考える必要があります。
 
 
◆ 実は私も、正しさを振りかざす人でした。
 
 ちょっとここで、昔の私の話をしますね。
 
 東大を出て、大企業の研究者になり、仕事はしっかりして、
 自分はちゃんとやっている、という自負を持っていました。
 
 そして、全ての人は、努力してちゃんとやるべきだと、
 他人を裁く思想を、併せ持っていました。
 
 人は、自分を基準にして、
 勝手な自分ルールを作りがちなものです。
 
 
 私のように、ある程度仕事の能力がある人は、
 仕事をキチンとすべき。
 いいかげんな仕事の仕方は、悪。
 
 で、仕事に没頭してくると今度は、
 自分で勝手に仕事に没頭しているくせに、
 
 仕事よりプライベートを優先する人はたるんでいる、
 みたいに、勝手に考えるようになったりします。
 
 
◆ 一方、別の正義を持っている人もいます。
 
 仕事面では、そんなこと思ってないよ、
 と、今の文章を読んで思った人は、
 
 かつての私とは別の、自分勝手な、
 自分ルールを持っている可能性があります。
 
 次のことを考えてみてください。
 
 
 自分が、仕事面で、他人より劣った部分を意識させられる、
 そういうことが多い人の場合、
 
 人は、仕事の能力で差別すべきではない。
 思いやりを持って、他人に接するべきだ。
 
 思いやりを持っていない人は、悪。
 
 みたいに、これもまた、自分都合の、
 自分ルールを心の中に作って、
 他人を裁いて見るようになりがちです。
 
 
 何を、最上の正しさとするかは、
 
 何を、最上の正しさとすれば、
 自分が一番正しくいられるか、で決めがちなんです。
 
 人間って奴は。
 
 
 
 で、私の場合、
 ある程度分析力や仕事の能力があったので、
 それこそが大事。みたいな自分ルールを持って、
 生きている時期がありました。
 
 
 そうするとね、どうなるかっていうと、
 彼女が疲れて仕事に手を抜きがちになると、
 「そうか大変だね」と共感する前に、
 
 「ナニ甘えてんの?」
 という気持ちが先に出てきてしまうんです。
 
 
 思いやり至上主義の人の場合、
 思いやりを持てない人を見たときに、
 その人の事情を思いやるより前に、
 
 「ナニこの人!」
 と、嫌う気持ちが先に出てきてしまうんです。
 
 
 話を私の過去に戻すと、
 そういう気持ちを持っていると、
 
 まあ、いい人でいたいですから、
 思っていても、言わないわけですが(苦笑)
 
 言わなくてもね、
 空気で伝わっちゃうわけ。
 
 
 そうすると、無言のプレッシャーを感じるの。
 相手はね。
 
 で、次第次第に、それが、
 二人の溝になっていく。
 
 
 
 こういう構図で、
 せっかくの恋愛を壊したことあるんですよ。
 
 昔の私は。
 
 
 
 で、ここで質問ですが、
 
 私がやっていたことは、
 「悪」でしょうか。
 
 
 まとめてみますと、
 ・勉強をしっかりして、いい大学に入った。
 ・仕事を真面目にやっていた。
 ・プライベートより、仕事を優先する傾向があった。
 
 ・それを、自分も他人もそうすべき、と考えていた。
 
 
 こういう風に表現すると、
 とても「悪」とは言えないと思うんですよね。
 
 
 でも、親密なパートナーシップを目指すときには、
 こんなものでも「悪」になるんですよ。
 
 
 
 つまりね、
 たとえ、世間一般に「正しい」とされている価値観であっても、
 相手に押しつけて、相手がそれを受け入れられない場合、
 
 パートナーシップは破綻する、
 
 ということなんです。
 
 
 続きは次回。
 
 
 
 ところで、今日の記事を、
 ちょっと読み返してみてほしいんですが、
 
 私は、
 
 「現在私は」そう考えている、と書きました。
 
 その意味は、
 
 現在の私の、精神的成長のステージでは、
 現在の私の、パートナーシップのステージでは、
 
 という含みがあるんですよね。
 
 分かった人、いました?
 分かったなら、かなり鋭いです。
 
 
★ 登録セラピストたちのセラピー、おすすめします。
 
 恋愛セラピスト 玉川華世(HaNA)
 マリッジライフセラピスト 花桜里(かおり)
 恋愛セラピスト 田中延代(のぶちん)
 恢復セラピスト まなみ
 自分軸セラピスト ひなた
 
 一覧はこちら。
 http://www.556health.com/therapist-list.html
 
 
◆編集後記
 
 まあ、日記系はブログにガッツリ書いていますので、
 ここでは一言だけ。
 
 日本は暑い。
 
 ではまた!
 
┏━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━┓
 ◆女と男の「心のヘルス」ー癒しの心理学
 祝!TBS・日テレ・フジテレビ出演(目指せNHK!)
 ◆ご意見、ご感想お待ちしています。このまま返信!
 ・頂いたメールは、事前確認なく掲載することがあります。
 ・お名前はイニシャルにします。
 ・メール相談は行っていません。また、多数のメールを頂くた
  め、個別の返信はできないことがございます。
 もっと幸せな恋愛・結婚生活・人間関係を求める方に情報提供
 をするのが本誌の目的です。ご自身の責任にてご活用下さい。
 ◆制作:阿妻靖史(あづま やすし 恋愛セラピスト)
 ◆自己紹介はこちらです↓(声の自己紹介があります!)
  http://www.556health.com/archives/2005/07/post_5.html
 ◆登録・解除: http://www.mag2.com/m/0000164141.html
 (解除依頼は受けていません。ご自分でお願いします)
 ◆ウェブサイト http://www.556health.com/
 このメルマガは自主的な登録によってのみ登録になります。
 違法なアドレス収集は一切行っていません。
 ★ご友人への転送は歓迎です。メルマガ全文をお願いします
 ★このメルマガの著作権は発行者であるあづまやすしに属します。
  無断転載を禁じます。転載は【事前に】お申し出下さい。
┗━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━┛