トップページ >  1b.心理学に関するコラム > コンサルティング的セッションを始めます。

コンサルティング的セッションを始めます。

あづまです。

セラピーという枠にとどまらず、
自分を広げてみようと思いまして、
コーチングとか、色々学んでみたんですが、

自分が一番、
しっくりくる相談業の形。
それは、カテゴリ的に言うと、
「コンサルティング」であるという結論に至りました。

ちなみに私の定義ですが、
・セラピー、カウンセリング
 このふたつは基本的に言い方の違いだけで、
 主に、トラウマを含む未解決の感情の問題、
 あるいは、機能不全家族などに起因する、承認不足の問題。
 あと、安全の欲求を十分に満たされなかったことによる、
 ネガティブな世界観(この世界は安全じゃない)の問題、
 などを、傾聴やワーク、行動課題で解決していく
 そういう分野。

・コーチング
 「不足感」「恐怖心」などの、セラピー領域の
 問題が解決している人向けの相談業の形で、
 「自分にとって意味のある人生とは?」
 「自分はどのような生き方をしたいのか?」
 など、マズローの五段階欲求説で言うと、
 自尊の欲求から自己実現の欲求のあたりを開いていく、
 そのために、傾聴や質問の技法を使う分野。

・コンサルティング
 必ずしも内面的な問題を扱うわけではなくて、
 現実問題に対処するための相談も請け負う。
 特に、コンサルティングらしい関わりとは、

 ・問題点を整理して、課題を再設定する
 ・問題解決スキルを活かして、問題に切り込む
 ・コンサルタントの知識も、むしろ積極的に使う

 そういう分野。


 といったことだと思います。

このなかで私は、
やはり、話を良く聞いて、
こじれているポイントがあったら、
それを発見し、
課題を再設定することで、
問題に取り組む姿勢を変えて、
結果、解決に導くという、
コンサルタント的関わりの部分が、自分の特長だし、
たとえ、セラピーのセッションを行っているときでも、
大事にしているポイントだな、と感じています。

アプローチの違いを、少し例を挙げて説明してみると、

たとえば、夫の浮気問題が起きた、
毎日苦しくて、相談に来た。

詳しい状況の設定ははしょりますが、
まあそんな相談が来たとしますね。

セラピー的な関わりは、
・まず、共感的に話を聞く。つらい気持ちを十分に吐き出す手助けをする
・もしそのつらさが、(夫ではなく)父親が昔浮気していたつらさと、
 重ね合わせになってしまっているのなら、過去の痛みも、
 傾聴やワークを使って、癒していく。

個別に状況や対応は色々ありますが、
たとえば、こんな感じになるでしょう。


コーチング的関わりは、
・あなたは、どんな人生を生きたいのか、そこに焦点を合わせる
・その人生を生きるために、今の出来事から学べることは?
 あるいは、今の状況の中で、やるべきことは?
 そんな質問を通じて、困難の中でも、前に進むことを、
 力強くサポートします。

コーチングでも、話を聞くことは大事ですし、
共感力も大事ですが、特徴的な部分は、今書いたようなことです。


それに対して、
コンサルティング的関わりというのは、

「コンサルタントの知識、問題解決スキルを積極的に使い」

・本当の課題を見つける
 いまつらいのが、本当はなぜなのか、きちんと見つける
 (よく起こる「課題の変化」が、
  a浮気がつらい
    →b夫が嘘をつくのがつらい
      →c私をないがしろにされているのがつらい
   などです。さらに言うと、
   本来、夫が何をしようが、夫の行動を、自分の評価に
   結びつけなくていいはずなのに、d夫を神さま(あるいは先生・親)
   みたいな「評価者」に仕立て上げてしまっていたりします。
  その「本当の課題」を見つける、ということを大事にします。)


・問題の整理
 現実問題と、内面の課題、
 自分の課題と、パートナーの課題など、
 複数の問題が絡むときに、
 とにかく、どれが誰の課題で、
 自分が取り組むべきなのはどこなのか、
 取捨選択するのを助ける。

 たとえば、「浮気がつらい」と言って相談に見える方の中には、
 「おまえが居心地のよい雰囲気を作らないからこうなるのだ(by夫)」
 と言われつづけて、受け入れたくないけれど、
 浮気問題が自分のせいかも、みたいに感じてしまっている。

 という場合もあるんですが、こういうとき、
 相談を受けた側(肩書きはセラピストでもコーチでも
 いいんですが)は、コンサルタント的関わりをして、
 きちんと「パートナーの課題はパートナーのもの」と、
 問題を相手に返す手助けをする、必要があります。

 ここは「そうですか。そう言われてつらいですね」
 とか言ってる場合じゃないんですね。
 「いやいや、それ不当な言われ方ですから」
 と、言うべきところなんです。


・あとは、これは説明するのが難しいのですが、
 「主語ナシ文を話す傾向がある」(母子分離がうまくできなかった?)
 「話の中心が、『人に嫌われてないか』になっている」(人は私を嫌う、という前提)
 「『私が悪い』が大前提になっているっぽい」(悪いことにしておくと安全)
 「何でも自分で背負う傾向」(信じられるのは自分の能力のみ。他人は危険)

 など、個々の話の内容と言うより、
 その人の話に繰り返し出てくる、その人の世界観みたいなものを、
 整理しながら聞いて、発見していく。

 そういう、「心理コンサルティング」みたいなことも、
 私の場合は、重視しています。
 というより、私のセラピーでは、ここが最重要ポイントかな。


 浮気問題でも、
・相談者が「寂しげな男性を見ると世話をしてしまう」パターンを持っている
 から、浮気に逃げそうな男性を、引き寄せてしまったのか、
・相談者が「相手に全部おんぶに抱っこ」のパターンを持っている
 から、夫が次第に「妻が重くなって」、浮気に逃げたのか、

によって、起きていることの本質(と、もちろん解決策)が違うんですね。
こういう、相談者の「メンタルなクセ」みたいなものを見極める。

それもまた、かなり心理寄りではありますが、コンサルタント的関わり、
だと考えています。


・また、コンサルタントとして、大事なことはもう一つ、
 解決策を幅広く提示する
 ことだと考えています。

夫の浮気でつらい、
という訴えであっても、

現実問題への対処、というくくりでは、
・夫に働きかけて、浮気が止むようにして、解決
・自分の楽しみに集中して、夫は放っていて、気にならなくする
・それでもつらいなら、離婚してスッキリする

内面的課題の解決、というくくりでは、
・夫以外に承認をくれる人を見つけて、受け取る
・過去に裏切られた痛みがあるなら、ちゃんと開いて癒す
・自分が悪いのかも、という思いを手放す
・自然・動物・芸術・子供時代の幸せ体験、からエネルギーを得る

→こうした色々な取り組みから、最終的には、
 人間は、聖人の側面もあり、欲に振り回される側面もあり、
 それでも、そんな「人間」にOKを出してつきあっていくんだ。
 という感覚に至ることをサポートします。

実は解決しないで、置いておく、というくくりでは、
・離婚せず、別居して、その状況でずっと行く
・離婚も別居もせず、家庭内別居のまま、しばらく行く

状況によっては、こういう「解決策」もあり得ます。

こんな風に、
・(いま起きている問題の中の)本当の課題を見つける
・自分⇔相手・現実⇔内面など、課題を分類して整理する
・(そもそも相談者のクセとしての)世界観や内面的課題を見つける
・解決の方法を幅広く考え、適切に提示する

といった、
コンサルタント的な関わりというのは、
とても大事なことだと考えています。

今までも大事にしてきましたし、
これからも、より一層、大事にしていくと思います。


セラピストとしてみたときの、共感力は、
あづまの場合、まあ平均ぐらいじゃないでしょうか。
すごい共感力のある、聞き上手のセラピストかと言ったら、
そうでもないかも、とは思います。

コーチとしてみたときの、質問力は、
あづまの場合、コーチとしての活動歴が浅いこともあり、
ぼちぼち、って感じかな、と思います。
ランダムにコーチを集めてきたら、平均よりちと下かも。

コンサルタントとしてみたときの、
問題を整理する力、
本質的課題を発見する力、
解決の方法を提示する力、
あと、
心理コンサルタント的に、
クライアントのクセを見抜く力、は、

結構自信があるところです。
私の強みと言っていいと思います。


今後、問題解決スキルをもう少し積極的に使い、
「恋愛セラピー」以外の「パーソナルなコンサルティング」も、
仕事の範囲に加えていきたいと考えています。





身近な「食べる」行為を通じて瞑想を体験できる講座! 食べる瞑想の会

現在募集中のワークショップ一覧はこちら

あなたにぴったりの解決法は


応援クリックありがとう!→←人気ブログランキング

ドットライン

トップページ >  1b.心理学に関するコラム >  このページ“コンサルティング的セッションを始めます。”のトップへ


コンサルティング的セッションを始めます。の関連記事etc.

1b.心理学に関するコラム 記事一覧

恋愛依存症? つらい恋愛には「感情の扱い方」が大事。 /  身近に回避依存症者がいるあなたへ、対応策と自分を守るアドバイス /  なぜ、あの人は、自分の問題と向き合わないのか? /  愚者は経験に学び、賢者は・・・(さてなんでしょう?) /  相手の問題を指摘するときの「作法」とは? /  本当につらい理由は「愛せなくなるから」 /  コンサルティング的セッションを始めます2 /  コンサルティング的セッションを始めます。 /  心理セラピーが真に役立つとき3【得体の知れない感情の出どころ】 /  私の目指すセラピーは、真の解決志向 /  人生がパターン化するとき(禁止令と人生脚本、つづき) /  友達に「もう別れなよ」と言われる恋愛パターンの、交流分析的説明【禁止令と人生脚本】 /  深いレベルで、自分を変えること(家事の好き嫌いを例として) /  心理セラピーでいちばん大事なのはリソース探し /  心理セラピーが真に役立つとき2【得体の知れない感情の癒し】 /  自分の気持ちが分からない人に試してみてほしい方法 /  心理セラピーが真に役立つとき【得体の知れない感情の癒し】 /  反省には「肯定的反省」「否定的反省」「反省したフリ」がある /  「信じる」には「期待」と「信頼」と「思考停止」がある /  この世界が安全な場所と感じるかどうかが、幸せな恋愛と関係します(ワールドイメージ)。 /  「子供のために離婚しない」という考えは間違いか? /  出来事に、堂々と対応できる自分になろう /  「浮気はなぜいけないのか」これが私の最終回答です。 /  夫(彼)の浮気のあと苦しいのは共依存だからなのか? /  相手を操作する心理学に頼りたくなる自分の弱さに気づこう。 /  許せない気持ちの中には、許さなくていい部分もある。 /  自立しているはずなのに「依存的」と言われるのはなぜ? /  本当に自分のしたいこと、ほしいものが分からない状態とは? /  親が離婚すると子も離婚する!?ー不幸の世代間連鎖の本質 /  夫の望むことをするな、夫のためになることをせよ /  優しい人を選んだつもりが弱い人だった!とならないために。 /  自分の無意識にも責任を持つ、という高い意識を。 /  反省とは、自分の力を信じること。 /  動画:問題解決に当たるときに、必要なことは? /  自分の「ストレス指標」を知ることから始めよう。 /  人間関係には「解なし」があることを前提に取り組むこと。 /  「叱る」とは「あんた不幸に向かってるよ」と諭すこと /  浮気の清算は、借金の清算に似ている /  「浮気はなぜいけないのか?」について議論しましょう。 /  傷が深いときは、愛を補うだけでは解決できない /  見守る愛が足りないケースとその対処法 /  父親的な愛の必要性と、足りない場合の補い方(2) /  父親的な愛の必要性と、足りない場合の補い方(1) /  母親的な愛の必要性と、足りない場合の補い方 /  信じる=思考停止、のことがあるのでご注意を。 /  自我の発達と、精神的成長 /  一緒にいて疲れる女性の特徴ランキングから考察。 /  「いい子」と「思いやりのある子」は違う。 /  精神的成長とは何か(1) 困った人を「自我の発達」から見ると… /  良いことがあったあとには悪いことがある!? /  「被害の受け身」の言葉を使わないようにしよう。 /  4+1個の感情スキルで、感情のコントロールを。 /  意味と印象を、ちゃんと分けて捉えること。 /  痛み止めではなく、治療薬を選択する意志を持つこと /  能力は「借りもの」という意識 /  自己否定のクセはどうやって始まるの? /  問題だらけの人生は、「共依存的人間関係」から生じる /  親の離婚ではなく、家族間の「心の距離」こそが傷になる /  解決不能な問題に向き合い、「受容」に至る道 /  過去に何を経験したかではなく、そこから何を学んだかが大事 /  問題に向き合う4つの態度「解決・放置・回避・責任転嫁」 /  「成長するな」という禁止令に気づこう /  辛い体験を「乗りこえる」とはどういうこと? /  男性は、非言語のメッセージに無自覚に反応する /  責めないけれど、放置もしないためには? /  不幸の世代間連鎖を断ち切ることの大切さ(2) /  視野が狭いと夫婦は仲間割れする /  不倫に陥る理由(父親との関係) /  大人の人見知り克服法 /  怒りのコントロール(3) ?怒りのコントロールが難しい人 /  実空間と像空間?怒りと罪悪感 /  生きるよろこび /  嫉妬も変化の第一歩、のことがある /  家事が嫌いになる心理学的な理由とその解決方法 /  怒りのコントロール(2) /  怒りのコントロール /  感情の出方が間違っていませんか? /  命をつなぐ /  変えられないことを受け入れる /  不幸の世代間連鎖を断ち切ることの大切さ /  不幸な母親とは、訣別しなさい /  共依存的な恋愛の解決法について /  共依存的恋愛?恋愛依存症の泥沼から抜け出すために /  人生脚本の書き換え方(提案) /  罪悪感を手放す方法 /  ときには、課題から逃げることもあっていい。 /  フォーカシングを使って、感情を整理しよう /  自分を大切にするとは、こういうこと /  いじられキャラの心理分析 /  親からもらった一番悪い癖とは【自分の幸せのために努力しないこと】 /  ハイヤーセルフにつながる前に、自我を育てよう /  好きなことをして幸せになれる人、罠にはまる人 /  相手が変わってくれないと嘆く前に /  感情の90対10の法則 /  心理療法を受けて変化できる人、できない人 /  大人って何? /  幸せなとき、心は外を向いている /  心の力について /  自分の心の力を育てる /  アファメーションをしましょう /  幸せなことを100個書いてみましょう /  私は「脱力系」セラピストなので・・・ /  「私は自立した女」のワナ /  マンネリ解消 /  タロット占いについて思うこと /  息子を愛する母親 /  人生初の三角関係! /  依存?自立?相互依存?共依存 /  「相手を変える」たったひとつの方法 /  人気ブログランキング、快進撃中! /  相談するということ /  メルマガ 女と男の「心のヘルス」?癒しの心理学 を創刊して /  メルマガへのコメント受付中! /  メールマガジンサンプル誌 /  このサイトを立ち上げた目的 /  サイトの立ち上げ / 

記事カテゴリー一覧

1.恋愛の悩みに関するコラム(179) /  1b.心理学に関するコラム(116) /  1c.男性向きのアドバイス(32) /  1d.人を動かす秘訣(36) /  1e.結婚生活の悩みに関するコラム(2) /  1g.セラピストまなみのコラム(24) /  2.恋愛セラピー手法・事例・信念(36) /  3.女と男の心理学用語集(168) /  3b.心の化学反応式ー解説書(10) /  4.リンク(11) /  5.書評・レビュー・講演(104) /  6.メルマガバックナンバー(146) /  6b.メルマガバックナンバー2(153) /  6c.メルマガバックナンバー3(151) /  6d.メルマガバックナンバー4(147) /  6e.メルマガバックナンバー5(147) /  7.恋愛セラピストあづまの日記・提言・発言(29) /  おすすめ・キャンペーン(10) /  オススメ記事(39) /  電話・skype恋愛セラピー(4) / 

オススメ記事

その恋、恋愛依存症かも!? 問題アリの彼から離れられない心理 /  「浮気しない人」を求めても、引き寄せられない理由 /  身近に回避依存症者がいるあなたへ、対応策と自分を守るアドバイス /  「浮気はなぜいけないのか?」について議論しましょう。 /  浮気症の治療法、改善方法 /  恋愛依存症の克服・解消に役立つ心理療法の技法 /  不倫に陥る理由(父親との関係) /  恋愛カウンセリングの受け方 /  モテる男の心理と、落ち着いた大人の男の心理の違い /  謝れない男の心理 /  婚活(結婚活動)の必須科目 心のおそうじ /  共依存的な恋愛の解決法について /  共依存的恋愛?恋愛依存症の泥沼から抜け出すために /  失恋した元彼との復縁方法を探しているあなたに辛口アドバイス /  浮気性、浮気症 【うわきしょう】 /  恋愛コラムby恋愛セラピストあづまやすし /  彼氏ができない理由、自己診断チャート /  マリッジブルーの原因と解消法?男性と女性でこれだけ違う /  黙り込む男の心理 /  いじられキャラの心理分析 /  モテる男の心理(心の問題/回避依存症) /  回避依存症【かいひいぞんしょう】 /  不倫の子を妊娠?中絶or出産?認知は? /  不倫されたときの心の癒し方 /  浮気男の心理 /  恋愛依存症の克服・回復 【れんあいいぞんしょう】 /  浮気チェックの方法 /  夫の不倫に気付いたら /  男の浮気を防止する方法 /  彼氏が出来ないのはなぜ? /  男心をつかむ方法 /  彼氏が出来ない理由、ご意見募集! /  【男心理解】30分でわかる男心のつかみ方 /  彼氏ができない理由、決定版 /  男の心理が分かる心理学レポート【男心理解】 /  男性心理(怒る男性の心理) /  心理学・メンタルヘルス おすすめリンク /  人生の先生・友人リンク1 /  恋愛・結婚おすすめリンク / 


  PR [無料タロット恋愛占い屋]