【ココヘル644】内面も環境も同じぐらい大事にする(決断力を高める4)

 

★女と男の「心のヘルス」ー癒しの心理学 644号 2015.1.16
 
こんにちは。あづまです。
いつも読んで下さってありがとうございます。
 
今年から、こんな風に配信することにしました。
まぐまぐ版を出す → 翌日、ココヘル+を出す。
本文はほぼ同じ内容ですが、
クイズなどの問題を出します。
で、回答はココヘル+で発表、という。
 
というわけで、
★ ココヘル+(プラス)もよろしく。
http://www.556health.com/sp/e-zine/
 
 
★本編
 
 
例題はこれでしたね。
 
今の彼氏はいい人なんだけど、
収入が低い(年収で300万円程度)。
結婚しても、もし子供が生まれたら、
夫婦は経済的に困窮してしまうかもしれない。
彼と結婚すべきか否か。
 
 
前回は、
 
>そう、意識の視野が広がり、
>より広い視点から・・・それも本質的に・・・
>ものを見られるようになることで、
 
>新たな解決策が見えてくるわけです。
 
と、書きました。
 
そして、
 
>次回、考えを整理するために「やっておくべきこと」
>について書いていきたいと思います。
 
 
という話でしたね。
 
 
これは、ひとりで取り組もうとすると、
慣れないうちは結構混乱するかもしれないので、
 
原則はこうだけど、
練習が必要な話だよ、
と思って読んでください。
 
 
最初に、
自分の内面で起きていることを、
実況中継する、と書きました。
 
そして、より広い視野で見られるように、
という話を、前回書いたのですが、
 
大事なことは、
内面で起きていることも、
自分の外側で起きていることも、
 
両方とも、同じぐらいのウエイトで、
ちゃんと見る、ということだと、
あづまは、考えています。
 
 
どっちかに偏りすぎないこと。
 
 
「全ては捉え方次第です」
 
みたいに、内面に偏ってしまうと、
極論を言うと、
 
DV・モラハラ彼氏なのに、
「捉え方次第」「捉え方次第」
 
→いやいや、逃げなさいって。
 
 
逆に、
内面を全く見ないで、
外側で起きていることばかりに目が向いていると、
 
本当は、
自分は、誰かの世話をして、役に立っている、
という感覚がないと、本当は自信がない。
だから、埋め合わせるために、いつも他人のために、
行動してしまう、
 
という自己肯定感の低さを持っているのに、
そこに気づかず、
 
毎回、一生懸命相手に尽くすことを
考えながら、出会いを作っていて、
 
結果、
 
オレサマタイプの彼氏に、
いいように利用される展開になっていたり、
 
なぜか、二人の関係性だと、
経済的負担や、家事や、交通などの時間的負担面で、
女性の側の負担ばかり多くなっていたり、
 
していて、
でも、その原因が、
自分の内面にあると気づかないで、
 
 
辛くなると別れる
(=自分の外側の環境を変える)
 
という方針の対策ばかりしている、
 
 
と、なってしまったりします。
 
 
 
大事なことは、
 
内面で起きていることと、
外側で起きていること、
 
 
偏らずに、
 
 
列挙していくことです。
 
 
 
慣れていない人は、
 
目の前の問題、悩みに対して、
 
自分の外側で起きていることと、
自分の内面で起きていることを、
 
 
どんどん書き出すときに、
付箋紙を使うと良いです。
 
そこに書いていくの。
 
間違ったら、くしゃっ、ぽい、できるし。
 
 
もっと大きなメリットがあるんですが、
 
 
 
長くなってきたので、
今回はこの辺で。
 
 
次回、付箋紙で整理することの、
メリットをお伝えします。
 
 
 
 
次回もお楽しみに!
 
 
★Lのマメ知識
 
冷凍
 
冷凍庫って便利ですよね。
生協のバラ冷凍ひき肉など、冷凍状態で、
ばらばらになっているので、生のひき肉よりも、
むしろ使いやすかったりして。
 
うちは、保存食品が多くなると、
冷蔵庫は結構空きがあるのに冷凍庫が満室です、
みたいになったりします。
冷凍したバジルペーストも、それなりに存在感を
主張したりして。
 
冷凍中に味が落ちる理由が大きく分けて二つ。
ひとつは、細胞の破壊
もうひとつは、冷凍焼け。
 
細胞の破壊は、凍らせていくときに、ゆっくりだと、
氷の結晶の粒が大きく成長し、細胞膜を破ってしまい、
解凍したときに、細胞内の液がだーっと出てしまうん
ですね。防ぐには、急速冷凍しか手がありません。
加熱済みのものは、比較的細胞破壊に強いですね。
(ある意味、すでに破壊されてるから)
家庭で対策するには、加熱してから冷凍、ぐらいかな。
 
冷凍焼けの方は、なかなか厄介です。
家庭用冷凍庫は、ふたつの理由で、温度が安定しません。
ひとつは、運転と停止を繰り返していること。
設定温度の上限まで暖まってきたら、運転を開始、
設定温度の下限まで冷えたら、停止。
これを繰り返しているので、実は温度が一定しないんです。
 
もうひとつの理由が、霜取りです。
冷却器は、ずっと冷やしっぱなしだと霜というか、
氷がついてしまって、冷却効率が落ちます。
そこで、ときどき、暖めて、氷を溶かしてやるんですね。
自動で行われています。
がしかし、その間に、冷凍食品の温度も上がっちゃう。
(溶けるほどじゃないにしても、上がっちゃう)
 
なので、冷凍庫は保冷剤でも何でもいいから、
少し、ものを詰めておいた方が、温度変動が減るので、
冷凍焼けを防ぎやすいと言われています。
 
 
で、冷凍焼けってのは、
温度が上がったときに、氷が「昇華」って言うんですが、
固体の氷から直接水蒸気になるんですね、
で、また冷えると氷に戻るんですが、
残念ながら食品に戻らず、その周辺で「霜」になるわけ。
これを繰り返して、食品がぱさぱさに乾燥してしまう、
これが原因です。
 
さらに、水分がなくなると、水に守られなくなって、
タンパク質や脂質の酸化も進みます。香りも飛びます。
ということで、まずくなる、と。
 
ラップなどで、空間がないように、
ぴっちりと覆ってあげると、
水分が抜けていくスペースがなくなるので、
冷凍焼けは防ぎやすくなります。
 
冷凍・・・なかなか奥が深いです。
 
 
 
★脳トレ的クイズ
 
今日もなぞなぞです。
 
名前を言うだけで破れてしまうほど、
繊細なものとは何でしょう?
 
 
★登録セラピストのセラピーも絶賛受付中です
http://www.556health.com/therapist-list.html
 
 
◆編集後記
 
NHKで、ろうそく5本でお湯を沸かせる鍋を作る、って番組を
やっていたんですが、熱効率の良い鍋を作っている町工場vs
伝熱の専門家である大学の先生のチーム、って勝負で。
 
いやー、すごい接戦で、100℃に達したのがほんとに同時。
その日の気圧の関係で沸点が100.1℃。僅差を差して、
町工場が勝ったんですが・・・面白かった・・・
 
┏━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━┓
 ◆女と男の「心のヘルス」ー癒しの心理学
 祝!TBS・日テレ・フジテレビ出演(目指せNHK!)
 ◆ご意見、ご感想お待ちしています。このまま返信!
 ・頂いたメールは、事前確認なく掲載することがあります。
 ・お名前はイニシャルにします。
 ・メール相談は行っていません。また、多数のメールを頂くた
  め、個別の返信はできないことがございます。
 もっと幸せな恋愛・結婚生活・人間関係を求める方に情報提供
 をするのが本誌の目的です。ご自身の責任にてご活用下さい。
 ◆制作:阿妻靖史(あづま やすし 恋愛セラピスト)
 ◆自己紹介はこちらです↓(声の自己紹介があります!)
  http://www.556health.com/archives/2005/07/post_5.html
 ◆登録・解除: http://www.mag2.com/m/0000164141.html
 (解除依頼は受けていません。ご自分でお願いします)
 ◆ウェブサイト http://www.556health.com/
 このメルマガは自主的な登録によってのみ登録になります。
 違法なアドレス収集は一切行っていません。
 ★ご友人への転送は歓迎です。メルマガ全文をお願いします
 ★このメルマガの著作権は発行者であるあづまやすしに属します。
  無断転載を禁じます。転載は【事前に】お申し出下さい。
┗━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━┛