【ココヘル645】「なぜ」と問うてはいけない理由(決断力を高める5)

 

★女と男の「心のヘルス」ー癒しの心理学 645号 2015.1.20
 
こんにちは。あづまです。
いつも読んで下さってありがとうございます。
 
今年から、こんな風に配信することにしました。
まぐまぐ版を出す → 翌日、ココヘル+を出す。
本文はほぼ同じ内容ですが、
クイズなどの問題を出します。
で、回答はココヘル+で発表、という。
 
というわけで、
★ ココヘル+(プラス)もよろしく。
http://www.556health.com/sp/e-zine/
 
但し、ときどき、ココヘル+が届かない、という
ことが起きるようです。ほとんどの場合、受信側の、
迷惑フィルターの関係です。
但し、送信する私の側でも、受信するあなたの側でも、
自動で作動する迷惑フィルターを解除することが、
できないことがあります(困ったことに)。
解決方法は、Gmailなど、比較的届きやすいアドレスを、
(持ってない場合は作って)メルマガ登録に使うこと。
今のところ、有効な対策は、そのぐらいしかありません。
あしからず。
 
 
 
★出張ヒーリング整体
 
幸せな恋愛・結婚生活・人間関係を引き寄せるための
心のデトックスマニュアル、というセラピースキルの
自習型マニュアルを、以前から販売していますが、
http://www.556health.com/selfcare/
 
このマニュアルの、漫画の部分を書いてくださった、
体験漫画家(当時)の松本さつきさんが、
現在は、キネシオロジーを中心とした施術をされてまして、
来る2/11(水・祝)、東京に来るそうです。
出張ヒーリングがあるとのことで、
↓興味のある方は、こちらのページを見てみてください。
http://ameblo.jp/boyaju/entry-11978489504.html
↓ヒーリング整体とは何?
http://ameblo.jp/boyaju/entry-11978514431.html
 
↑申込やお問い合わせは直接松本さつきさんへ。
 
 
★本編
 
 
例題はこれでしたね。
 
今の彼氏はいい人なんだけど、
収入が低い(年収で300万円程度)。
結婚しても、もし子供が生まれたら、
夫婦は経済的に困窮してしまうかもしれない。
彼と結婚すべきか否か。
 
 
前回は、
どんどん紙に書いてみることをお伝えしました。
 
できれば、付箋紙の方がいい、って書きましたが、
 
今回はその理由です。
 
 
貼ってはがせるから(笑)
 
 
・・・・えーと。
 
それを書こうと思ったんですが、
その前に、もっと大事な前提を伝えなければ
いけないことに気づいてしまいまして、
 
今回はそこを書きます。
 
 
 
ともあれ、
手順を説明していきますね。
 
まず、台紙を用意します。
といっても、普通のコピー用紙で十分です。
 
台紙は、A4ぐらいでもいいと思うんですが、
字が大きくて、付箋紙も大きいのを使う人は、
台紙はA3がいいですね。
 
ちなみに私は字が小さいので、
A5ぐらいの紙でも出来ます。
 
 
台紙は横に使い、
一番上に、最も大事な問いを書きます。
基本的には、○○という問題に対して、
「○○の問題が、どのように起きているのか?」と問います。
 
例題でしたら、
「私が彼との結婚を迷っている問題が、
 どのように起きているのか?」
 
↑たとえばこんな風に書くわけです。
 
動作の主体は「私」。つまり自分を主体にして問いを立てる
方が、解決しやすいと思います。
 
「彼の年収が低い問題が、
 どのように起きているのか?」
 
という問いの立て方も、
もちろんアリではありますが、
自分が入っていない問いは、
問題解決に向かないんですね。
 
たとえ、分析がうまくできたとしても、
実践するのは、彼。
つまり、問題が解決できるか否かは、
彼次第となってしまいます。
 
 
また、
「二人が結婚できない問題が・・・」
 
という、主体がはっきりしない書き方も、
オススメしません。
 
 
あくまで、自分の人生をよくするために、
取り組むわけですから、
 
主語は自分、です。
 
 
また、問いは、
「なぜ」ではなくて、
「どのように」です。
 
ここ、とっっっっっても大事です。
 
 
うまく行かないことがあると、
人はつい「なぜ」と問いたくなります。
 
でも、物事をよく見る前に、
「なぜ」と問うてしまうと、
 
 
脳が、
これまで、その問題を解決できなかった、
自分の古い思考パターンを使って、
「なぜ」の答えを出そうとしてしまうんです。
 
 
このシリーズの中で、
こうお伝えしました。
 
 
>世界的な物理学者 故アルバート・アインシュタインは、
>こう述べています。
 
>「この世の重要な問題は全て、それを作りだした時と
> 同じ意識レベルで解決することはできない。」
 
 
だから、
「私が彼との結婚を迷っている問題が、
 なぜ起きているのか?」
 
と問うてしまうと、
 
完璧主義の自分で、
ちゃんとできないと自分を責める傾向がある女性なら、
 
今までのパターンを変えるのが
本当は必要なのに、
 
その問いのせいで、
 
今までのパターン通りに考え、
 
 
「私が(ちゃんと)彼を受け入れていないから」
「私が世間体ばかり気にして、彼の収入を気にしているから」
「私が、十分に稼ぐ自信がないから」
 
のような、短絡的な答えが出やすくなります。
 
完璧主義のパターンではない人も、
その人の、従来通りの思考パターンで、
従来通りの答えを出そうとしてしまいます。
 
 
 
冷静に、
しっかりと物事を見るためには、
 
 
「なぜ」
の結論を出す前に、
 
「どのように」
の観察をしっかり行うことが、
 
大事なのです。
 
 
というわけで、
紙の一番上に書く問いは、
「○○の問題が、どのように起きているのか?」です。
 
 
次に、目分量でいいので、
紙を4分割して、左から、
 
出来事(事実)→解釈(考え)→感情(気持ち)→行動
 
と、書きます。
 
 
・・・と、長くなってきたので、続きは次回。
 
 
 
次回もお楽しみに!
 
 
※なお、この記事の内容は、
 3月に開講する予定の、
 「人間関係セラピスト養成講座 パートC」
 のコンセプトを簡潔にお伝えしているものです。
 
※パートCの受講のためには、パートAの受講が必須です。
 現在、大阪講座の募集をしています。
 http://www.556health.com/sp/r_therapist_ws/part_a.html#osaka
 
 
 
★Lのマメ知識
 
今日の内容は、脳トレ的クイズの答えと
関係するので、ココヘル+の方でお知らせします。
 
 
 
★脳トレ的クイズ
 
1/18・19は全国的にセンター試験でしたね。
 
そこで、センター試験の問題を少し改題して。
物理の問題です(イヒヒ)
 
抵抗1の抵抗値は10Ω、抵抗2は20Ωです。
 
回路A 直列回路
・──【抵抗1】─【抵抗2】──・
 
回路B 並列回路
・──【抵抗1】──・
 └─【抵抗2】─┘
 
という回路があるとき、それぞれの
回路の両端に10Vの直流の電圧を印加しました。
 
それぞれの回路において、発熱量の多い抵抗は、
どちらでしょう。
 
(1)回路A:抵抗1 回路B:抵抗1
(2)回路A:抵抗1 回路B:抵抗2
(3)回路A:抵抗2 回路B:抵抗1
(4)回路A:抵抗2 回路B:抵抗2
 
(センター試験では、抵抗が3つ、選択肢は9つでした)
 
 
★登録セラピストのセラピーも絶賛受付中です
http://www.556health.com/therapist-list.html
 
 
◆編集後記
 
科捜研の女、スペシャル見た?♪
 
┏━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━┓
 ◆女と男の「心のヘルス」ー癒しの心理学
 祝!TBS・日テレ・フジテレビ出演(目指せNHK!)
 ◆ご意見、ご感想お待ちしています。このまま返信!
 ・頂いたメールは、事前確認なく掲載することがあります。
 ・お名前はイニシャルにします。
 ・メール相談は行っていません。また、多数のメールを頂くた
  め、個別の返信はできないことがございます。
 もっと幸せな恋愛・結婚生活・人間関係を求める方に情報提供
 をするのが本誌の目的です。ご自身の責任にてご活用下さい。
 ◆制作:阿妻靖史(あづま やすし 恋愛セラピスト)
 ◆自己紹介はこちらです↓(声の自己紹介があります!)
  http://www.556health.com/archives/2005/07/post_5.html
 ◆登録・解除: http://www.mag2.com/m/0000164141.html
 (解除依頼は受けていません。ご自分でお願いします)
 ◆ウェブサイト http://www.556health.com/
 このメルマガは自主的な登録によってのみ登録になります。
 違法なアドレス収集は一切行っていません。
 ★ご友人への転送は歓迎です。メルマガ全文をお願いします
 ★このメルマガの著作権は発行者であるあづまやすしに属します。
  無断転載を禁じます。転載は【事前に】お申し出下さい。
┗━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━┛