【ココヘル703】家族のコミュニケーションで大事なこと2

 

★女と男の「心のヘルス」ー癒しの心理学 703号 2016.5.3
 
こんにちは。あづまです。
いつも読んで下さってありがとうございます。
 
 
★恋愛・人間関係コンサルティング(旧名称:恋愛セラピー)はこちら。
 
 個別に丁寧に、問題を紐解き、解決策を提案しております。
 http://www.556health.com/consulting.html
 
 
★急遽開催決定! 集客講座「恋愛と集客はそっくり!」
 札幌 5/10  (ごめん事情があって札幌のみの開催!)
 
 珠帆美汐さんの得意ネタ! 集客を熱く語る講座!
 そこにあづまが乱入! そして・・・
 なななんと、あなたのプロフィール用写真を撮影!
 という、そこまでやっていいんですか? 的なお得な集客講座。
 https://www.facebook.com/events/493579837500061/
 ↑こちらのページから、申込フォームに飛べますが、
 万が一Facebookページが表示されない場合、直接フォームに
 入力して下さってもOKです。(それがこちら↓ね)
 https://ws.formzu.net/fgen/S47283236/
 
 
★運命の相手にだけ出会う 恋愛心理学ワークショップ
 札幌 5/7-8
 東京 5/28-29
 
 自分の「本当の望み」を見つけ、それを実現することを、
 とことん大事にする。そして同時に、取り組みを通じて、
 しっかり自分自身も成長する。
 そんな、「出会い活動を通じて自己成長できる」道を
 学ぶ講座です。私の大好きな講座のひとつ♪
 http://www.556health.com/sp/bestpartnerwsnov/
 
 
 
さて、今日は、
 
ケンカになったり、険悪になったりする夫婦と、
 
たとえ、楽しくない話題を話す必要があるときでも、
ケンカになったり、険悪になったりしない夫婦。
 
その違いは何なのか。
という話のつづきです。
 
 
前回、
 
>残りの二つの要素、
>・感情をまったく言語化していない
>・自分の感情がそうなった「プロセス」を自覚していない
>については、
>長くなってきたので、次回お伝えします。
 
と、書きました。
 
 
今日はその話。
 
 
・自分の感情がそうなった「プロセス」を自覚していない
まずこっちから。
 
 
これは、私が「心の実況中継」と言って、
大事だ大事だと、ずっと主張していること、
 
 
「出来事」→「解釈」→「感情」
 
を、自分の中で、自覚して、言語化すること。
 
それが、欠けていると、
地雷になる、ということです。
 
 
たとえば、同じ例で行きますと、
 
 
前回、何か行事があったときに、
夫が、色々理由を付けてドタキャンした。
 
妻の側から見た場合、これが「出来事」です。
 
それに対して、色々な解釈(考え)がわき起こったはず。
 
 
「またか」
「自分勝手な」
「家族のことなんかどうでもいいんだきっと」
「仕事のことばっかり」
「またつぎもするんじゃ?」
「私から逃げようとしている」
「子供からも逃げようとしている」
「最低の夫と結婚してしまった」
 
最後の方は、解釈が解釈を呼んで
勝手に暴走した感がある解釈ですが。
 
 
 
でも、解釈はあくまで解釈。
自分が勝手に頭の中で考えたことです。
 
相手が同じ解釈をするかどうかは分からない。
 
 
いや、私の相談経験上、
もめる夫婦ほど、
相手は、自分とは違う解釈をしています。
 
 
相手の解釈が、おかしい、と見えることは、
多いものですが、
 
それを指摘する前に、
自分の側も、解釈がゆがんでないか、
本当に、細心の注意を払ってチェックした方がいい。
 
ひとりのときに、何を言いたいのか原稿を書いて、
で、それがおかしな筋になっていないかチェックして、
という練習をするのは、わりとオススメです。
 
最初は紙に書いた方がいいと思います。
慣れると、紙に書かないでもできるようになります。
 
 
 
お互いに、相手のせいにしていても、
不毛なだけですので、
 
 
まず、自分から、解釈を真っ直ぐに出来るように、
練習する。それが大事なことです。
 
 
話を戻しますと、
 
 
解釈のあとに、感情がやってきます。
 
 
・ショックだった
・うんざりした
・腹が立ってきた
 
などなど、色々あると思います。
 
 
 
こんな風に、自分の感情が、
自分で自覚できていることって、
とても大事なんです。
 
 
 
前回紹介したOKせりふの例
 
どうしても「またああなったらどうしよう」って不安に
なってしまうの。
 
 
これ、分かりますかね?
 
 
「またドタキャンするんじゃないか」
というのは、自分が頭の中で勝手に考えたこと。
つまり「解釈」なんですね。
 
 
それを、
 
どうしても「・・・・・」って(解釈してしまい)
不安になってしまうの。
 
※あえてカギ括弧内は・・・にしてあります
 
 
どうしても・・・そうなのだ、
という言い方で、
 
 
自分の中で、どうしても起きてしまう自動解釈に、
自分で責任を持とうとしています。
 
 
自分の解釈に、自分で責任を持つことの、反対は、
 
 
 
「あなたのせいで、私は不安になった」
 
というロジックです。
 
 
 
これはまさに、
 
・自分の感情がそうなった「プロセス」を自覚していない
 
ことから、起きます。
 
 
 
あなたのドタキャンで、
あのときとても大変で(事実)、
 
今回またドタキャンされるんじゃないかと、
つい想像してしまう(解釈)。
 
すると、不安になる(感情)。
 
 
という、三点セットを、ちゃんと自分で自覚すること。
 
そして、それを、相手に伝えること。
 
 
それが、大事なコミュニケーションです。
 
 
いや、相手に伝えることの前に、
自分で自分のことがちゃんと分かるということ。
 
言うなれば、自分とのコミュニケーション。
 
 
これが、一番の土台です。
 
 
 
さて。
 
 
最後に、
 
 
・感情をまったく言語化していない
 
ということについて、付け加えたいと思います。
 
 
これは、男性に比較的多いかもしれません。
 
 
「仕事で○○はこうすべき」
「子供の教育は△△すべき」
 
あるいは、「べき」という言葉は言わないにしても、
 
「こうするのがいい」
「ああするのがいい」
 
という表現をしていても、
 
 
自分の感情を言わない
 
 
という人。
 
 
たとえば、先ほどの例、
私が勝手に状況設定は考えたわけですが、
 
 
前回の大事な用事をドタキャンされたとき、
 
 
夫は、本当に、仕事上で切羽詰まっていた。
 
まあ、仕事していれば、そういう日もあります。
 
 
 
で、そのときの、伝え方なんですよね、
大事なのは。
 
 
○○の仕事だから。
 
○○の仕事なんだよ!
 
いちいち、ごちゃごちゃ言うな!
 
そもそも、お前がやるべき仕事だろう!
 
 
こういうのは、もちろんダメですよね。
 
 
 
では、どう言うのがいいのか。
 
 
それは、自分の感情をちゃんと言うってこと。
 
 
自分の【感情】をちゃんと言うってことです。
 
 
 
○子の大事な行事だってのは分かってる。
ただ、この仕事、落としたら本当にやばいんだ。
 
会社自体も、どうなるか分からない大きな案件で、
当然、ここでしくじったら自分の居場所も危うい
かもしれない。
 
だから、そのことが【心配】で、それどころじゃない。
 
 
まあ、このぐらい言えれば良いと思います。
ちゃんと【心配】だ、と自分の気持ちを言いました。
 
本当は、【不安】とか【怖い】などのように、
さらに素直な言い方ができるといいんですが、
まあ合格ラインでしょう。
 
(相手との関係を、悪くしないで済むライン
 =合格ライン)
 
 
「そもそもお前の役割だ」とか、
そういう言い方はしていないですね。
 
自分が今どう感じているのか、
率直に言葉にしています。
 
 
私、思うんですけど、
 
 
 
夫婦の間に、
誰が何をする「べき」はないと思うんです。
 
決めごとをしたって、守れないことはある。
 
 
で、その時に大事なのは、
ちゃんと、率直な感情を、相手に伝えること。
 
 
これを、自己開示と言います。
 
 
 
子供の頃に、
ちゃんと気持ちを言う、それを受け止め合う、
というコミュニケーションを、
 
親がしていて、それを見て学んだり、
 
親が、気持ちを聞いてたので、
自分は、気持ちを言う習慣ができた、など、
 
 
家族の中で、気持ちをちゃんと伝え合う、
そしてそれを、受け止め合う、
 
 
そうした習慣を学べた人は、
大人になってからも、気持ちを言葉にするのが、
比較的自然に出来ると思いますが、
 
 
そうした習慣がない中で育った場合、
 
自分を変える努力をしないと、
できません。
 
 
気持ちを言っているつもりでも、
他人が聞いていると、
 
 
なに?
全然気持ちは言ってないよね?
 
 
ってこと、よくあります。
 
 
 
さらに、
警戒心が強いと、
 
気持ちを出せません。
 
 
人は、安全、安心な場所じゃないと、
素直な気持ちなんて、出せないものですから。
 
心の中で、戦闘モードが解けずにいる人は、
当然、素直な気持ちを言えません。
 
これが、仕事の激しいストレスから来る場合もあれば、
幼児期の安全の欲求が満たされずに育ったことが原因の
アダルトチルドレン的な問題のこともあります。
 
 
「素直な気持ちを出せない」
 
という症状の原因は、
ひとそれぞれ、異なっているんです。
 
 
あづまのコンサルでは、
ロジカルな分析と、経験と、直感などを総動員して、
原因を探りますが、
 
 
慣れないと、原因探しが迷宮入りするので、
 
 
自分でとり組む場合は、
まずは、行動から入ってみるのがオススメです。
 
 
つまり、
 
 
気持ちを言葉にして表現してみる。
 
とにかく、やってみる、ということですね。
 
 
やってみようとして、
何度やっても、全然できない。
ものすごく抵抗があるとか、
他人から見ると全然気持ちじゃないことを
言っているとか、
 
しまいには、気持ちって何だろう?
と分からなくなってきたとか。
 
 
そうなったら、やっぱり、
専門家を頼ってみた方が解決は早いでしょうね。
 
 
でも最初は自分で、
やってみることです。
 
 
気持ちを素直に表現する。
 
 
大事なことです。
 
 
 
今日のまとめ。
 
 
家族のコミュニケーションで大事なこと、後編。
 
・自分の感情がそうなった「プロセス」を自覚していない
・感情をまったく言語化していない
 
と、問題が起きる。
 
出来事→解釈→感情、の三点セットを自覚する練習。
心の実況中継の練習が有効。
 
そして、
 
自覚するだけではなくて、感情を言語化する習慣。
とくに、弱みを見せるような感情を表現すること。
これを「自己開示」と言う。
 
自己開示がちゃんとできているかどうか。
 
 
そこが、大事なことです。
 
 
 
家事をどっちが分担するとか、
話し合いをしたかしないかとか、
 
それこそ、
あやまったかどうかとか、
ほめたかどうかとか、
お礼を言ったかどうかとか、
 
 
そういうことよりも、
実は大事なことだと考えています。
 
 
ちゃんと自分を開いて素直になること。
弱みも見せること。
感情を言葉にして表現すること。
 
 
大事にしてくださいね。
ではでは!
 
 
 
 
★運命の相手にだけ出会う 恋愛心理学ワークショップ
 札幌 5/7-8
 東京 5/28-29
 
 自分の「本当の望み」を見つけ、それを実現することを、
 とことん大事にする。そして同時に、取り組みを通じて、
 しっかり自分自身も成長する。
 そんな、「出会い活動を通じて自己成長できる」道を
 学ぶ講座です。私の大好きな講座のひとつ♪
 http://www.556health.com/sp/bestpartnerwsnov/
 
 
 
 
ご相談のご用命は、こちらから。
 
★恋愛・人間関係コンサルティング(旧名称:恋愛セラピー)はこちら。
 
 個別に丁寧に、問題を紐解き、解決策を提案しております。
 http://www.556health.com/consulting.html
 
 
◆ココヘル主催のワークショップ・セミナー一覧はこちら
 http://www.556health.com/work.html
 
 
◆編集後記
 
部屋の模様替え&片付けが進行中です!
 
┏━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━┓
 ◆女と男の「心のヘルス」ー癒しの心理学
 祝!TBS・日テレ・フジテレビ出演(目指せNHK!)
 ◆ご意見、ご感想お待ちしています。このまま返信!
 ・頂いたメールは、事前確認なく掲載することがあります。
 ・お名前はイニシャルにします。
 ・メール相談は行っていません。また、多数のメールを頂くた
  め、個別の返信はできないことがございます。
 もっと幸せな恋愛・結婚生活・人間関係を求める方に情報提供
 をするのが本誌の目的です。ご自身の責任にてご活用下さい。
 ◆制作:阿妻靖史(あづま やすし 恋愛セラピスト)
 ◆自己紹介はこちらです↓(声の自己紹介があります!)
  http://www.556health.com/archives/2005/07/post_5.html
 ◆登録・解除: http://www.mag2.com/m/0000164141.html
 (解除依頼は受けていません。ご自分でお願いします)
 ◆ウェブサイト http://www.556health.com/
 このメルマガは自主的な登録によってのみ登録になります。
 違法なアドレス収集は一切行っていません。
 ★ご友人への転送は歓迎です。メルマガ全文をお願いします
 ★このメルマガの著作権は発行者であるあづまやすしに属します。
  無断転載を禁じます。転載は【事前に】お申し出下さい。
┗━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━┛