浮気男, うわき男, うわきの心理, 男の心理, 浮気男の心理, 男性心理, 男心, 男の心

トップページ >  1.恋愛の悩みに関するコラム > 浮気男の心理

浮気男の心理

 この浮気男の心理のコラムは、「仮説」であり、確信を持っていない話であることをあらかじめご了解下さい。
 そして、できれば「私は浮気男だけれど、浮気男の心理はこう思う」とか、「身近に知っている浮気男の心理はこんな感じだった」という報告や、意見を頂けると大変ありがたく思います。

 その際に、できれば、浮気男に対して、
 断罪でなく、理解
 を示すようなコメントを頂けるとありがたいです。
 というのは、「浮気をする=悪」という断罪の立場では建設的な議論は出来ないためです。建設的な議論とは、浮気男本人が自主的に行動を変える助けになるという意味です。

 なお、タイトルは「浮気男」としましたが、男女が逆のパターンについてもコメントしていただけるとありがたいです。


 「浮気男は、自信がない
 という論点から始めたいと思います。

 男女を問わず人は誰でも、心の奥には幸せになりたいという願いを持っていて、また自分のパートナーにも幸せでいてほしいと願うものです。ただ、どれだけのことをパートナーにしてあげられるのかという「自信」については、ひとそれぞれだと思います。

 「捨てられるのではないか」
 心の底に、自分なんてちっぽけで、取るに足らない存在で、近づいてきた人もいつか裏切って去ってゆくのではないか、という観念を持っていると、相手から別れを言い渡される怖れに耐えきれなくなり、無意識に別の相手を「保険」としてキープする習慣を身につけてしまうかもしれません。
 しかし、このような習慣は自己評価を高めるためには全く役立ちません。なぜなら、一人のパートナーを心から愛し、大切にすることによって、相手からも心から愛されるものだからです。むしろ低い自己評価から導かれた帰結すなわち「いつか別れを言い渡される」という現実を引き寄せてますます自ら心を傷つけ自己評価を低くしてゆくという悪循環を招いています。


 「果てしないパートナーの要求に応えきれないのではないか」
 心の底に、自分が無力であるという観念を持っていると、パートナーが幸せになるためにする要求がとても重いものに感じられます。そして、本当の問題が自分の心の中にあるにもかかわらず、相手が「わがまま」であると問題をすりかえる(自分を正当化する)のです。
 結婚相手が、「こんな家に住みたい」とか「一緒にいる時間がほしい」と言っただけでも、その家を買うためのお金を自分が稼げないという不安や、仕事を効率よく切り上げて早く帰ることが出来ないという不安が頭をもたげてくるのです。
 本当は結婚生活では二人がお互いに夢を語り合い、相手の夢も尊重しながら歩み寄って同じ道を歩いてゆくことが必要ですが、相手が何か願望を言うたびに、それに応えられない自分に無力感を感じてしまいます。

 そこに、幸せの要求レベルの低い相手が現れたとします。やはりその相手も自己評価が低いのです。結婚して幸せになれることや、快適な家を持ち、子供を育てながらでも旅行したり楽しいことがたくさんあるというような幸せのイメージをうまく持てない人だったとします。(実際、自分が不倫相手になってしまう人は、自己評価が低く、結婚して幸せになるイメージが持てない場合が多いのです。)

 すると、無力な自分でも、この相手の要求レベルなら満たせるかも、と思うのです。

 家に帰ると安らげない。不倫相手のところにいるときだけが安心できるときだ、なんていう男がいたら、きっとこの「相手を幸せにする力がない」という自分の無力感に敗北しているかもしれません。


 「男らしくない自分を認められない」
 小さい頃や比較的若いうちに女性から支配される経験(母親との関係や、年上の女性から望まない性交渉を強要されたことなど)をした男性は、その無力感を潜在意識に植え付けられ、次々と女性を「落とす」ことによって「男らしさ、強さ」を感じて問題から目をそらすような行動に出ることがあります。
 もちろん、そのような行動によって根本的な問題が解決するわけではないので、内心は苦しんでいるわけですが、弱い部分を自分でも認めるのが辛いわけですから、次々と女性を落とすことによって心を支えるわけです。


 どうすれば、問題は解決するか?

 いずれのケースにおいても心理的な、「怖れ」や「無力感」といった、心の中の「低い自己評価」が根本にあります。目に見えないものであるだけに、なかなか変えることは難しい点です。

 ひとつの切り口は、「感情を価値あるものと認める」ことではないかと思っています。
 たとえば、自分が捨てられるのではないかという不安は、安定したパートナーシップを築く自信のなさから来ているものです。安定したパートナーシップは、お互いに相手の感情を尊重することが最も大事なポイントで、相手のネガティブな感情すなわち怒り、不安、寂しさ、悲しみなどもうろたえることなくありのままに受け止めることが大事な点です。逆にそれ以外に大事なことはあまりないのです。

 自分が相手に「いい生活をさせてあげている」とか「人から尊敬される職業に就いている」とか「家事を手伝っている」というのは表面的な部分で、パートナーシップの本質的なところは、

相手が幸せな気持ちで毎日を過ごすことを許しているか

なのです。
 そう考えると、果てしないパートナーの要求に応えられないという不安も、いわば取り越し苦労です。
 相手の希望を否定しないことが大事なのです。相手の希望をすべて叶えられなければ自分はパートナー失格だと考える必要はありません。相手の希望は肯定した上で、今できないことは素直にできないと認める素直な姿勢が大切です。これは、相手の希望を叶えることが出来ないから、「相手に希望を言わせない」という姿勢とは全く違うものです。
 もちろん、最低限度の快適な生活を送れる生活力は必要ですが、本来夢は本人が努力して叶えるもの。パートナーは相手の希望や感情を肯定してあげることができればまずは合格点だと思います。


 感情を価値あるものと認めることでもう一つ大事なことがあります。これが一番大事かもしれません。ここまでの議論は、「相手の感情を認めること」でした。それ以上に大切なことは「自分の感情を認めること」なのです。

 たとえば、無力感を抱えている自分が、パートナーから「こんな家に住みたい」と言われたとします。自分の無力感から逃げようとすれば、相手が「わがまま」で「お嬢様育ちだから家を買う大変さが分からない」と、問題を相手のせいにすることになりますが、相手の感情を認め、そして自分の感情も認める姿勢では、こういう受け答えになるはずです。
 「この家、可愛いね。こんな家に住みたいな♪」
 「そうだね。○子はいいセンスしてるね。こういう家に住めたらいいね♪
  でも、今の自分では、この家を買うほどの収入はないし、なんかとても不安な気持ちだよ。」

 ここまで正直に心の内を語った相手に対して、もしも、
 「そんなだらしないことじゃ、何やっても成功しないよ」
みたいに言う相手だったら、そりゃもう、浮気に逃げるどころか別れも視野に入れた方がいいかもしれませんが、ふつう、ここまで正直に気持ちを話したとしたら、

 「大丈夫。あなたならできるよ。私も○○して働いて助けるから、一緒に頑張ろう♪」
みたいな言い方になるのではないでしょうか。


 感情という目に見えないものに価値を見出し、ありのままに受け止めることが出来るかどうか。
 それが、できないから、浮気に逃げているのではないかと、私は思うのです。

 私自身は、この関係がもう嫌だ、別れた方がいいかもと思ったことはありますが、浮気したいと思ったことはないので、学んだ知識と、想像力を最大限に働かせて書きました。

 ポイントが外れているかもしれないので、コメントしていただけるとありがたいです。
 もちろん、その通り!というコメントも嬉しいです。


 最後に、もう一度お願いですが、浮気男に対して、
 断罪でなく、理解
 を旨に、コメントを書いていただけると建設的になりますので、お願いいたします。


2009.11.26 追記
浮気症の男は、「回避依存症」という(正式の病名ではないが)症状を持っている可能性があります。
当サイトの記事「恋愛依存症の克服・回復」から関連記事へのリンクがございますので、ご覧になることをお勧めいたします。

2010.8.16 追記
浮気症の相談事例経験を積み、更なる心理学的理解も進めた結果、現在は、本人が解決の意思を持っていれば解決・改善の方針が出せるようになりました。詳しくは
「浮気症の治療法、改善方法」
をご参照下さい。





瞑想・ヨガ・セラピーを全部体験できる! 自分をゆるめる講座 ゆるゆる亭 ヨガ・瞑想・セラピー 盛り合わせ体験講座(7/29)

現在募集中のワークショップ一覧はこちら

あなたにぴったりの解決法は


応援クリックありがとう!→←人気ブログランキング

ドットライン

コメント

私は女性ですが、自分の事かと思いぎくっとしました。
浮気症であるつもりはないのですが、一人の相手と向き合う自信がないため、ついつい常に保険を用意してしまいます。
「保険」がないと不安に押しつぶされそうなのです。
一人になることが耐えられずまた、別れの不安にいつも怯えているようです。

相手に自分の感情を表現すると嫌われるのではないか?と思い
ありのままの自分を出すことに抵抗を感じてしまいます。
絶対受け入れてもらえないだろう
とタカをくくってしまっているところがあります。
自分に対しての自信のなさが今までの行動に繋がっていることも重々承知なのですがどうしようもできない状態です。

このままでは悪循環を繰り返すだけなのもわかっているんですけどね・・・・。

投稿者 Fatale : 2006年11月22日 02:25

浮気という定義は、たとえ結婚していなくても一夫一婦制が前提になっている考え方です。これはキリスト教の影響で、日本では歴史的にも極く最近、戦後に普及したものです。世界の歴史、文化を調べてみると、実は一夫一婦の方が少数派です。こう考えると、人間の本性から見て、一人のパートナーのみといることが自然な男女の形態なのかどうかも疑問になりませんか。パートナーが一人であるべき、という考え方がなければ、浮気も存在しなくなりますね。どうでしょう?

投稿者 戌年生まれ : 2006年11月22日 08:58

基本的に人は痛みを避けて快を追求するように脳が設定されているわけですので、基本的には、自分の得たいモノがパートナーからは、得られていないという認識が一番の原因でしょう。
自分に不安があり保険をかけるのは、安心という感情を得たいためであり、多くの女性を引き付けたいのは男性の生理的な「ばら撒き本能」を満たしたい、NO1で有りたいという自己認識を得たいの欲求が強いためでしょう。
いずれにしても、一人の女性(パートナー)から自分の欲求が満たされないという思いが根底にあるとおもいます。
自分を開き拒絶を恐れずにコミュニケーションを取るのだ
というパートナーシップへの決意と、男性と女性の価値観ニーズの違いを知ることが大切だと思います。

投稿者 ハマー : 2006年11月22日 10:05

あづまです。

◆Fataleさん

 書きにくいことを正直に書いて下さってありがとうございます。こういうカキコミは、他の方にも自分の心と向き合う勇気を与えることになりますから、本当にありがたいです。

 お友達というレベルであれば、異性の知り合いが多いことは別に悪いことではないと思います。彼氏候補、彼女候補をキープするという発想にならなければ。私自身、女性の知人は結構たくさんいます。

◆戌年産まれさん

 仰るとおり、一夫一婦制が前提となっているからこそ浮気という定義があるのだと思います。
 一方、「三角関係」というのは制度とは関係なく、男女が複数いれば成立するのではないでしょうか?
 最近は、結婚していてするものを「不倫」、恋愛中にするものを「浮気」と使っている例も見受けられます。言葉の定義について議論する気はありませんが、やはり三角関係の頂点になる側と、三角関係の底辺になる側が生まれるのは制度とは関係ないと思います。

 そして、一夫多妻制のイスラム教でも多くの男性は一人の奥さんを持つ形になっていることから、やはり「パートナーが一人であるべき」とまでは言えなくても「パートナーが一人であるのが自然」とは言えるのではないでしょうか。
 また、複数の奥さんを持つ場合でも、平等に愛さなければいけないと決められているそうです。それは当然ですね。

 戌年生まれさんへの回答を書きながら、「安定したパートナーシップが築けない」ということが問題の本質ではないかと思い始めました。

 制度を変えても、一人の相手と安定した関係を築けないので次々と別の相手を探してしまう、という問題は解決しないのではないでしょうか。
 もちろん、次々と女性遍歴(男性遍歴)を続けることを容認するのであればいいのかもしれませんが、私には何となくそれが本人にとっても周りにとっても不幸なことのように思えてしまいます。


◆ハマーさん

 カキコミありがとうございます。
 ちょっと難しくて理解しきれない部分もあったのですが、一人の女性からでは自分の欲求が満たされないということが主旨なのですね。だから浮気に走ると。

 私の考えでは、浮気に走っても、一時的には欲求が満たされたように感じるかもしれないが、やはり満たされないのだと思います。

 マズローによれば、
 自己実現の欲求
 尊敬の欲求
 承認と愛情の欲求
 安全の欲求
 生理的欲求

というように、欲求は階層になっていて、下位の欲求が部分的にでも満たされることで上位の欲求が顕在化すると考えられています。
※マズローは、問題を抱えた人や病気の人を研究したのではなく、「うまく行っている人」のパターンを研究したことで有名です。そして、うまく行っている人というのは自分の欲求を上手に満たし、最も高次の欲求である自己実現の欲求(自分らしさ、創造力を十分に発揮し、自他の幸せのために貢献する欲求)を追求するようになった人間のことです。

 3階層の「承認と愛情の欲求」は「ダメな自分を受け入れてもらい、安心したい」
 4階層の「尊敬の欲求」は「カッコイイ自分を認めてもらいたい」
 わかりやすくいうと、そんな感じです。

 だから満たす順番は、
 「ダメな自分も開示して受け入れてもらう」→「承認と愛情の欲求が満たされる」
 「カッコイイ自分を見せて、好きになってもらう」→「尊敬の欲求が満たされる」
 だと思うのです。
 もちろん、完全にこの順番でなくてもいいですが、
 ダメな自分を受け入れてもらう部分をすっとばすと、
 まるでお腹が空いているのに水を飲むように、違う欲求を満たそうとして苦しむ状態になるといいたいのです。

それと私は、
 「男性は生理的なばら撒きをする本能があるから、本来浮気性」
 「それを理性で我慢している」
 という考え方には、基本的に反対です。
 やはり、一人の女性に認められ、受け入れられることには限りない安心と自信につながる満足感があると思います(この部分は実体験にもとづいて書いています)。その安心感と自信を得たいという欲求が、一時の刺激のために色々な女性とエッチしたいという欲求を上回ったとき、理性で抑えつけるのではなく、心の底から安定した関係を求める気持ちが湧いてくるのだと思います。


 コメントをしてくださった皆さま、
 コメントがあることで考えも深められますし、ここを訪れてくれた方にも、色々な意見があることを分かっていただけます。本当にありがとうございます。

投稿者 あづま(管理人) : 2006年11月22日 11:15

【家に帰ると安らげない。不倫相手のところにいるときだけが安心できるときだ、なんていう男がいたら、きっとこの「相手を幸せにする力がない」という自分の無力感に敗北しているのではないかと思います。】

この言葉に心臓ドキュン(古い・・)です。

まさに、以前付き合っていた彼がこういうタイプでした。
そして、私もそんな彼の気持ちを理解してあげれなかったこと、普通の感覚の要求が彼にとって重い要求をしていたと申し訳ない気持ちになりました。

現在もその人とは連絡のやり取りをしていますので、今からでも彼の心を理解し、肯定する会話をしたいと思います。
以前のような関係はもう無理ですが、一人の人間としての理解をしていけたらな・・・

投稿者 りんたん : 2006年11月22日 11:16

僕自身は、28年間彼女がいません。
その根底には、やはり「自分に自信がない」「本当の自分を知られたら、きっと幻滅されてしまう」という気持ちがありました。
28年もの間、彼女もいなく、童貞で、デートの経験もなく、女性とうまく付き合っていけるのか?そんな不安が、僕を一人にし続けたのだと思います。

また、僕自身も浮気心があります。一人の人をいいな、と思っていても、他の人も気になってしまいます。一人の人を選べない→これは本当の好きではない、だから他の人を探そう。そんな心理もありました。まだ僕が自分の自信のなさに気が付かなかった頃、色んな人に声をかけたりしてアプローチしたこともありましたが、そんな感じで一人とも付き合うことはできませんでした。

「もしかしたら運命の人ではないかも・・」そんな子どもっぽい発想がなければ、もしかしたら僕も色んな人と付き合って、浮気をしていたかもしれません。その差は紙一重だったのかな、と思います。

今僕は自分自身の弱さと向き合い、自分を受け入れようとしているところです。その点であづまさんのメルマガは、とても役に立っています。いつもありがとうございます。そしてこれからもよろしくお願いします。

投稿者 ゆたか : 2006年11月22日 11:52

私は、ハマーさんの

>基本的には、自分の得た
>いモノがパートナーからは、得られていないという認識>が一番の原因でしょう。

という意見に賛成です。

私も浮気をしたことがあり、そのとき、なんでその道を
選んでしまったのかと考えていたのですが、
ハマーさんの意見が一番しっくりくると思いました。


浮気をしたのは、自分に自信がないとか
保険がほしいとかではなく、

だた、元彼よりもいいと思える人を見つけたから。
元彼がもってないものを持っていたから、
元彼に対する不満な部分を新彼が持っていなかったから。

という理由だったと思います。

女性はいい種を残すために
バランスよく、より多くの素晴らしい能力を持っている
男性を日々選んでいるのではないかと思います。

投稿者 ネコタ : 2006年11月22日 11:53

私は自分の自信のなさからでした。
自分で自分を認められなくて、他人に認めてもらうことで自分を保っていたところがあると今は思います。だからもっともっとと、いろんな人の関心が欲しくて、私はここにいると認めて欲しくて男の人とお付き合いしていたと思います。

年を重ねて、自分に責任が持てるようになると、一人の人としっかり関係を築くことに関心が向かい、他の人に・・・なんて、下心も抱かなくなりましたね。女として、下心くらいは持ち合わせていたいのですがw

投稿者 ういか : 2006年11月22日 12:17

私は恋人候補ができると、必ず他の男性を同時に探してしまいます。
それは、ゆたかさんのおっしゃるように、「本当にこの人でいいのだろうか。もっといい人がいるのでは?」「本当にこの人を好きなのだろうか」と不安になるからだと思います。(恋を重く考えすぎているのかもしれません)
また、本気で好きになると溺れてしまうので、「私はそんなに好きではないのよ」というスタンスを自分の中にもつことで、相手におぼれてしまわないようにバランスをとっているのではないかと思います。
私の場合、本当に好きになると「二人とつきあう」といったことはできません。

投稿者 augusta : 2006年11月22日 14:29

あづまです。

◆りんたんさん

 とても思いやりのあるコメントありがとうございます。
 このことに気付く男女が増えれば、浮気に向かわずに済む男女も増えるのではないかと願っています。

 ただ、りんたんさん、ぜひ、ご自分を責めないでください。
 ご自分が幸せになることを、心から望み、
 幸せになった姿をイメージして、
 自分にその幸せを許可してください。

 瀬戸内寂聴さんがよくおっしゃっていますが、
 「和顔施(わがんせ)」
 笑顔で人に接することが、施しなのです。

 そのためには、自分の心をスッキリとわだかまりのない状態にしておく必要があります。
 つまり、自分が幸せであることが大事なのです。

 どうか、ご自分の幸せを、心から求めて下さいね。


◆ゆたかさん

 書きにくいことを書いて下さってありがとうございます。
 読んで勇気が出る人もいると思いますよ。
 ほんと、ありがとうございますm(_'_)m

 自分の弱さと向き合うってことは、始めは何か真っ暗な穴の底をのぞき込むようで怖いものですね。
 そして実際、自分のネガティブな感情をしっかり感じてみたらその強さに驚き、恐ろしくなることもあるでしょう。ゆたかさんは、それにしっかり取り組んでいらっしゃいますね。すごいです!カッコイイです。


 その先にあるもの。

 そう、その先にあるものを信じる力が、自分の弱さと向き合い、ありのままの自分を受け入れてゆく力を与えてくれます。


 それは、こんなことに気付くということです。

・ありのままの自分を受け入れた方が楽であること。
・ダメな自分を消したり抑えつけたりせずとも、ちゃんと生きられること。
・ダメな自分と思っていた部分は、実は自分の大切な一部だったこと。
・「いい」とか「ダメ」という基準自体、大した意味がなかったこと。

この4番目に気付くと、ぐっと生きるのが楽になります。


◆ネコタさん

 コメントありがとうございます。
 ハマーさんの意見、共感が多いんですね。
 そうかそうか、

 その時つき合っている人に、不満がある。
 そして、
 いい人が現れて、そっちに惹かれる。

 そうですね。
 それは自然ですね。

 まあ、若干期間がかぶることはあるとしても、
 それって、別れと次の出会いですね。

 ほんと、自然なことだと思いますよ。


 私が始めに書いた記事はね、
 一人の相手と結婚までしていても、その相手のことを大切に扱わず、別の相手に簡単に走ってしまう、そんな男性(女性)のことを想定したものです。

 恋愛の時は、新たな出会いもあるし、別れもあります。色々な経験をするのは良いことだと思いますよ。


 でもそれじゃ、ココヘルっぽくない回答なので・・・

 実は、相手が世間一般でいう意味で「いい」とか「悪い」とかってのは最後にはそれほど意味がなくなるものだと思っています。
 もちろん、相性ってのもあるし、外見レベルの好みもあるのは承知の上で書いています。

 いい男性と結ばれた。
 ↓
 仕事もできてお金もあるし、家事もやってくれる。
 ↓
 幸せ。
 ↓
 (そんな男性だって、自分の夢とか欲求を持った一人の人間です)
 ↓
 彼が、どうしてもやりたい仕事があり、忙しくなった。
 ↓
 彼をサポートしようにも、私は何も出来ない。
 が?ん。

 実は、これは「いい相手」を選んだ場合の帰結です。何でこうなるかというと、よいパートナーシップでは最終的に「相手に何をしてもらえるか」と同じくらい「自分が相手に何をしてあげられるか」が大事になるからです。

 この、「受け取ること」と「与えること」のバランスが取れていることがとても大事なんです。受け取ったときに幸せを感じる感度が高くて、心から感謝して、今度は与えるときにちょっぴり余計に与えられると二人の間で愛がドンドン増えていきます。

 周りの友達に自慢できるかどうかじゃなくて、心の底に「幸せになれると信じる気持ち」を持っているかどうかがパートナー選びでは大事だと思います。自分も、相手もね。


◆ういかさん

 コメントありがとうございます。
 自信がなかったんですね。書いて下さってありがとうございます。

 「自分に責任が持てる」と書いて下さいました。
 そうですね。自分に責任を持つというのは良い言葉ですね。
 特に私は、「自分の感情に責任を持つ」ことがパートナーシップでは本当に大切なことだと思っています。
 このことは「自分の幸せに責任を持つ」こととつながっています。

 自分の感情は、自分のもの。そして、大切なもの。ネガティブなものも含めて。
 相手の感情は、相手のもの。そして、大切なもの。ネガティブなものも含めて。

 こういうことですよね。


 そして、恋心はいくつになっても持っていた方がいいと思います。自分のパートナーとは、熱情とか発情をこえた部分、そうですね、「友情」ともいえるような結びつきを持っていて、それは簡単には壊れないし壊さないけれど、

 その一方で、

 何歳になっても、あの人かっこいいな、とか、あの人かわいいな、という素直な心は持っていたいものですね。


 コメント、本当にありがとうございます。
 まだまだお待ちしておりますm(_'_)m

投稿者 あづま(管理人) : 2006年11月22日 14:50

浮気がばれた男のその後の心理が知りたい。
夫婦中が悪くなってから 主人は、浮気をしました。(私にばれるまで 2年間も・・・)それから お互い話し合いもう一度やり直すことに決めたのですが、どうもしっくりしません。この半年夜の生活は、私が月に一度誘ってするぐらいで 夫からもとめてくることは、ありません。夫は、私のことを愛してるといいますが、そんなことばかり続くと本当に愛されていないのでは、と不安になり そのことでさらに夫婦中が気まずくなるのです。夫は、どのように思っているのか心理がしりたいです。

投稿者 ビオラ : 2006年11月22日 16:10

◆augustaさん

 コメントありがとうございます。
 恋愛の始めに、複数の男友達を持つことは良いことだと思いますよ。私はむしろ意識的に複数の女友達を持つようにしていました。

 上のコメントにも書いたのですが、世間一般にいわれる「いい」「悪い」はあんまり最終的には自分の幸せとは関係ないと思います。
 自分の感情を自由にして、素直な心で感じると相手と一緒にいるときに自分が幸せになれるのか、苦しくなるのか分かるようになると思います。
 交際を始めてから、半年ぐらいはかかるかな。ふつうは。最初は何も見えないですからね、好き好き!って感じで。


◆ビオラさん

 ご主人さんが浮気をされたとのこと、さぞ辛かったでしょうね。
 ここに書いて下さってありがとうございますm(_'_)m

 人は、言葉によってコミュニケーションしているようでいて、実はその奥にある心が通じてしまうのです。ビオラさんがご主人さんの気持ちがわからないと仰るのなら、きっとその「愛してる」という言葉に心が、いや「魂」が入っていないと感じたのでしょう。

 まず、もしそう感じたのだとしたらその感覚を大切にしてください。

 その原因ですが。

 ご主人が、あなたに断罪されることを怖れて心を開けなくなっている。
 あなたが、ご主人さんに裏切られることを怖れて心を開けなくなっている。

 いずれか一方、もしくは両方ではないかと思います。
 相手の心を開くためには、自分も心を開く(=感情を素直に出す)ことが必要です。セックスの時に相手だけ裸にしたらなんだか辱めているようではないですか?だから一緒に服を脱ぐんでしょ?
 心を裸にしていくときだって同じです。

 一度こういう問題があった後に再びお互いが心を開くのはとても勇気がいることだし、辛く感じるときもあるかもしれません。

 でも、相手の心理だけ知ろうというのではなく、これからやり直して前より仲良くなっていこうという可能性をあきらめないのならば、

 ビオラさん自身も心を開いていく勇気を出すことが必要です。


 コメントありがとうございました。
 まだまだ募集中です。

投稿者 あづま(管理人) : 2006年11月22日 16:43

私の兄は、兄としてはいい男なのですが、常に二股どころが、三股四股来る者拒まず、去る物追わずって感じの一般的に女の敵って男でした。
何故にそんな状態なのか・・・兄が言うには、俺が1人になるのはイヤ。男友達との時間が終わると、本命彼女と食事って時に、本命彼女が何か予定があったりすると俺が1人でご飯を食べなくちゃならなくなるだろ。そんなの淋しいじゃん。だから 第二彼女、第三彼女と声を掛けていくらしいのです。つまり、兄いわく・・・俺が会いたい時に断るから、俺を一人にするから、結果的に浮気になっちゃうらしいのです。
そのな身勝手な・・・兄は今に刺されるよ。と妹ながらに兄の将来を心配していたのです。
が、しかし、世の中にはスゴイ女の子も居たもんで・・・
兄の予定をビッチリ確認し、バイトや男友達との時間に自分の友人との予定を立て、絶対に兄の急な誘いを断らない女の子が出できたのです。すると兄は、自分で言っていたとおり2番3番の女の子を誘うことも無くなり、その子と結婚しました。
結婚してもこのパターンは持続しているようで、兄の仕事中や予定の有る時間に、プライベートな予定を入れ、兄を1人にしません。なので浮気もしません。
兄は、今では子煩悩なパパです。嫁の作戦勝ちです。

投稿者 ミタ : 2006年11月22日 17:52

ミタさんのお兄さんのお話
とても素敵ですね^^

私は、お兄さんの気持ちとてもよくわかります。

男性にデートに誘われたり
彼女になってほしいと言われたりするのですが、

完璧な人を求めてしまって、
もっといい人がいるのではないかと、妥協できません。

でも、だからといって、
まったく妥協せず、だれとも食事にいったりする
機会がないと寂しいと感じてしまい、
彼女になるということには応じられないけれど、
食事したり、遊びに出かける異性はいます。

自分の寂しさを埋めるための相手って
相手に失礼だなと思いつつ、
自分の身勝手さを感じる生活です。

だから、一人だと寂しいから、っていうお兄さんの
気持ちは分かる気がするな。

投稿者 コバト : 2006年11月22日 18:41

知人(男性)で、自分の浮気性に気がついていて、罪悪感も持ってる人の話です。

その人は離婚歴があり、現在はステディなパートナーがいますが、たぶん結婚することはないでしょう。

彼の話では、一人ではいられない、だから、誰か必ずそばにいて欲しい。現在のパートナーにはアル中の気があり、そのために自分の人生がつぶされていると思うとたまらない。男性である期間が刻一刻とつぶされていくのはたまらない(現在はうまく行ってないんでしょうね)が、パートナーを見捨てるのは、自分の人間性から許せない、という相反する多多の面を抱えて、身動きできない状態です。

パートナーの方は、たぶんそういう願望を感じるんでしょう、彼にしつこく電話をかけて「監視する」、それで彼が逃げ出したくなる、という悪循環です。

私の印象では、一人でいたことがないからパートナーのありがたみがわからない、どういう生活を二人の生活に望んでいるのかわからない、のじゃないかな、という印象を持ちますが?

投稿者 さすらい人 : 2006年11月22日 22:40

◆ミタさん、コバトさん

 コメントありがとうございます。
 ミタさんの奥様、すごいですね。そこまでされたら感謝、感謝ですね。

 コバトさんは、寂しいのですね。つき合うということは、相手からのギフトですよね。受け取れなくて辛いですね。
 立場を入れ替えれば、コバトさんが心を開き、恋人に笑顔を見せること自体が相手に対するギフトだということに気付くことが出来ます。

 恋愛が、ぐっと楽になりますよ。
 浮気とは関係ない話になってしまいましたね(^^)


◆さすらい人さん

 コメントありがとうございます。
 ご本人の投稿でないので、あまりあれこれコメントするのは控えますが・・・

 その知人の方は、とても優しい気持ちをお持ちです。
 その気持ちが、相手の問題を何とかしなければと思いついつい世話を焼く方向に向いています。
 でも、世話を焼かれる方は、あまりあれこれ世話を焼かれると、どんどん子供みたいに退行してしまうのです。だんだんわがままになる。
 実によくあるパターンです。

 罪悪感は、悪いことをするから感じるものではなく、感じるから悪いことをするものなのです。罪悪感をすてられることを祈らずにはいられません。

 その方が幸せな人生をイメージして、その人生を手に入れてゆくことをお祈りいたします。


 コメントありがとうございます。
 まだまだコメント募集中です。

投稿者 あづま(管理人) : 2006年11月23日 08:08

自信がないから・・という言葉に
そっかー、と思いました。

実は今、彼が浮気をしているのではないかと疑っているところです。
彼は、私がいろいろ彼に対して望んでいるように思ってしまっていて、
それは私が本当にいろいろなものを望んでいる人なのか、
彼の被害妄想というかなのか良くわかりませんでした。
でもあづまさんのコメントで、なんとなく目からうろこというか、
逆にすごく楽になりました。

ありがとうございます。
これからもいろいろ参考にさせていただきます。

投稿者 mik : 2006年11月23日 17:57

現在、私は夫の浮気がきっかけで別居しています。
夫にしてみれば、やはり浮気した原因というか、過程があったと思います。

> 「浮気する男の心理を解説してください」
>
> でもね。浮気されているあなたに聞きます。
> その心理を知ったら、許せるのですか?
> その心理を知ったら、別れを決意できるのですか?

> 最終的にあなたの行動に反映しないのなら、知っても意味がないです。

私は心理を知らなくても浮気を許すことはできる、
心理を知っても別れは決意できるとは限らない、
です。
そして心理を知っていれば浮気を防げるかもしれないと思っています。
私はパートナーの自己評価を高められるように(下げないように)
「私は今のままのあなたを愛している」ってもっと示せばよかったと後悔しています。

だから私は浮気男の心理を知っている、知っていないは大きいと思います。
パートナーがそのような心理にならないように心がける事はできます。
もちろん心がけても駄目な場合はあると思いますけど・・・。

今、知っても私自身の問題解決に直接繋がらないの残念です。

投稿者 こまちゃん : 2006年11月23日 18:41

ウン十年前の大学時代の友達と、お互い配偶者も子供もある状態で、2回だけ浮気して、やっぱりもうやめようねということで落ち着いた、これだけで、経験といえるかわかりませんが。

共犯者同士として、お互いのパートナーには絶対秘密で密会するって言うこと自体、ものすごく刺激的で、これだけは、公式のパートナーからは得られない感覚かなあと思います。2つの家庭を壊してどうこうなろうという考えはまったくなかったですから。

若い方たちには、中高年でも色恋があるのだろうかと思えるでしょうけど、人生の先が見え始めてきたからこそ、今しとかなきゃって気持ちもあるかもしれません。まだ自分が男または女として現役である事を確認したいとか。昔お互い気がなかったわけでもないのに、今ひとつ行動に移せず、別々の道を来てしまった感慨とか。言い訳はいくらでも。

仕事の上での欲求不満を浮気のスリルで解消しようとしてはいけないなあというのは、自戒です。

投稿者 おばさん : 2006年11月23日 21:02

初めて投稿させていただきます。
コメントというより、質問になってしまいますが、
ご容赦ください。

結婚歴25年の20年以上、不倫を繰り返す男性。
平均2〜3年の継続。長い相手とは10年間。同時進行で数人。
そんな男性であっても、

 自己実現の欲求
 尊敬の欲求
 承認と愛情の欲求
 安全の欲求
 生理的欲求

を満たしてくれる女性がいれば、
他の女性には走らないものなのでしょうか?
その女性を失いたくないために、
妻や他の女性達と別れるものなのでしょうか?

私にはとても可哀想な人に思えてならないのですが、
こういう男性は、今回のコラムとは違う次元の
病的なケースだと思われますか?

投稿者 ema : 2006年11月24日 02:17

あずまさん、お返事どうもありがとうございました。

知人について書いていらっしゃること、まさにその通りです。不幸なことには、知人のほうは「これだけやってやったのに感謝のひとかけらもない」(お買い物してあげたのに、浮気の疑いをかけられるんだそうで)、パートナーが欲求不満なのはすでに書いたとおりです。

おまけに、そういう物欲しそうな状態なので、知人も女性から「変な人」「気をつけたほうがいい人」というレッテルを貼られてしまうんです。こんな話、めったやたらに相談する人もないし、ということで悶々としています。かわいそうですが、私も話を聞く以外に何もできませんでした。

投稿者 さすらい人 : 2006年11月24日 12:31

折に触れてコラム等を読み、参考にさせていただいています、ありがとうございます!
最近「私は幸せになっていいんだ〜」と自らを励ます独身女性30歳です。

今思えば情けないですが、15歳年上の既婚男性と半年間不倫関係でしたが、その間にも目の前で女性に囲まれて楽しそうにされ、嫌な思いをしていました。
いったん疎遠になりましたがその間に男性は20年連れ添った奥さんと娘に家を出られ、一方的に離婚されてしまったようです。
男性が離婚後連絡してきたのがきっかけで、フリー同士のつきあいなら私もいい意味で遠慮がなくなると期待し会うようになりましたが、
前から感じていた、かなりの女好きで浮気性?を改めて確認する結果になってしまいました。

先のコメントにもでていますが、寂しがりというのはあったと思います。
大勢で会っても、男女問わずいろんな人にまめに話しかけます。
でも、自ら誘うわりには一人の女性の内面に深く入っていくのが苦手なのかわかりませんが、
うまく表現できないですが思いやりの気持ちが薄い、とか、思いやりを表現できないタイプと映りました。
いつも冗談めかして会話をし、理想の男を演じているようでした。
あづまさんのコラムを読んで、公務員で出世しているという男性の兄や、しっかり者の母親の存在が大きいかもしれないと何となくですが思いました。

若い女性にほどあからさまに目尻をさげて、自らを棚上げして強気発言でアピールめいたことを言ったりと、悪く言うと恥知らずっぽく感じだした人に、
私が好きな部分があっても、付き合って、とは言う気にならなくなっていき、
気遣いのつもりでもともと少なくしていたこちらからの要求も減らし相手の様子をみていると、
ある女性と楽しそうに話しているのをみた直後からメールもそっけなくなっていきました。

何となくですがその男性が特定の女性との相性を判断する期間は半年とか期間を決めているようでした、経験豊富が表れている部分なんですかね?

そんなひとでもあまり気にせず最大限心を開きがんばりを見せたら男性の何かを変えられていたでしょうか。
強い部分、弱い部分ともに、ある意味とても男性的な人だったかなと思います。

投稿者 おえかき : 2006年11月24日 14:18

◆mikさん

 コメントありがとうございました?m(_'_)m
 とにかく、信じてあげることでしょうね。

 信じてもらっている→浮気は申し訳ないからやめよう。
 そういう男性を選び、しっかりした関係を築いてくださいね。


◆こまちゃんさん

 ご自身の体験を書いて下さってありがとうございます。
 そうですね。
 心理を知っていれば浮気を防げるかもしれませんね。

 こまちゃんさんの仰るとおり、パートナーの自己評価を高められるような言葉や接し方が何よりのクスリです。
 相手に「おまえといるときの俺が一番いいやつだ」
 と言わせられたら最高ですね。


◆おばさん

 カキコミありがとうございます。
 絶対家庭を壊さないと言うのなら、絶対だめとはいえません。
 大人なんだから、自分で責任を負って行動すればいいんです。

 そんな刺激もほしい日もあるかもしれませんから(笑)


 ただ、この記事を読んでいる他の方に向けて書いておきますが、

 感情豊かに生きていると、強い刺激は別に必要なくなります。
 感情を抑えて生きていると、刺激がほしくなります。

 これから浮気の道へ踏み出そうか迷っている人は、ご自分の感情表現の豊かさを一度点検してみてから考えてもいいのでは?


◆emaさん

 コメントありがとうございます。

 まず、
 自己実現の欲求
 尊敬の欲求
 承認と愛情の欲求
 安全の欲求
 生理的欲求
 のうち、生理的欲求と安全の欲求は今の日本ではあまり脅かされることはないと思います。

 そして、自己実現の欲求というのは「創作活動をして、人類に貢献したい」みたいな欲求を言いますから、これはパートナーとはあまり関係ないものです。

 すると、残るのは、

 尊敬の欲求
 承認と愛情の欲求
 
 と、なります。

 それぞれ、簡単にいえば、

 尊敬の欲求=スゴイスゴイ、と褒められたい
 承認と愛情の欲求=だめな自分でも受け入れられたい

 ということです。

 で、ずっと不倫を繰り返している男性。

 20年不倫を繰り返してきたということは、きっとある特定の女性との関係では満たされないということなのでしょうね。
 小さい頃の体験などにより、一人にされることを極端に怖れていて、そういう行動に出るのかもしれません。

 これは、どのような体験をし、どの程度の怖れを抱いているか分からない他人がとやかく言えることではないと思います。そして、本人が「変わりたい」と心から思わなければ周りが無理やり操作できるものではないということも付け加えておきます。


◆さすらい人さん

 再度、コメントありがとうございます。
 うまく伝わるかどうか分かりませんが・・・

 やや宗教的な言い方になりますが、生きるということは「魂を磨く」ことだと私は考えています。
 相手の心の成長を妨げるような手助けは罪だと思っています。相手が自分の弱さに気付き、殻を破って成長していけるように手助けするのが本当の優しさでしょう。

 それは、言葉を替えると、相手の力を信じるということです。

 色々大変だと思いますが、そんな気持ちを持って接していくといいと思いますよ。


◆おえかきさん

 いつも読んでくださってありがとうございます。
 ぜひ、幸せになって下さいね

 ちょっと、別の話を書きますが、親が、子供に出来る最大の教育は、
 「あなたには、愛される価値がある」と身をもって伝えること
 だと私は思っています。

 なぜかというと、自分に価値があるかどうかは、自分でそう信じることだけがよりどころだからです。
 言いかえると、自分の価値を証明するためにいい大学に入ったり、いい会社に入ったり、年収○千万を達成したり、他人に尽くしたりしても、心の中の「無価値感」は消えないということ。
 そして、自分に価値があると信じる根拠を最初に与えられるのは、親がそう信じてくれたかどうかなのです。

 そして親が、「あなたには愛される価値がある」という気持ちを子供に伝えるためには、

 親自身が、
 「私には愛される価値がある」と信じている必要があります。

 だから、しっかり者であること自体には善悪はないけれど、もしも、万が一、
 「自分には価値がないから、少しでも自分の価値を証明するために身を粉にして働いている」
 のであれば、子供も自分に価値がないと信じてしまう可能性があります。

 「幸せ者の母親」
 これから母親になる方、子育て中の方は、ぜひこれを目指してください。

 そして、
 「人生は、楽しいもの」
 「親になるって、素敵でわくわくすること」
 「大人になっても、楽しいことがいっぱい、いや、大人だからこそ楽しい」
 「問題は常に起こる。でも、解決して前進すれば成長できる。それが人生」
 そんな、前向きな心を受け継ぐことこそ、最高の教育ではないでしょうか。

 話が脱線しましたが、
 本人がその状況を「辛い」「変えたい」と思わない限り、他人がどうこうできるものではないでしょうね。
 もしも、万が一、他人がその状況を変えるきっかけを与えられるとしたら、
 彼にとって身近な誰かが、「たったひとりのパートナーを愛し、本当に幸せそうに生きている」のを見せることでしょう。
 それを見て「焦り」を感じるとしたら、彼も心の中では一人の女性を愛したいと思っているのです。


 だから、私たちは人のことに色々口出ししたりせず、
 自分が心から信じるパートナーを一生かけて愛する生き方を貫くのが、結局他人のためにもなるのです。

 まずは、自分が幸せになることを、心に誓ってくださいね。
 →読んでくださっている皆さんへ

投稿者 あづま(管理人) : 2006年11月24日 16:38

あづまさま

早速のご回答を、ありがとうございました。

この満たされない男性と関わりを持つ身になってから、
こちらのコラムを参考にさせていただいております。
いつも、とてもためになります。

>自己実現の欲求というのは「創作活動をして、人類に貢献したい」みたいな欲求を言いますから、
>これはパートナーとはあまり関係ないものです。

実は、この部分で、大きく関わっている状態です。
創作活動における自己実現において、私は、良きサポーターと思われています。

複雑な生い立ちにより、一人になることを極度に恐れているため、
それを踏まえたうえで、

>尊敬の欲求=スゴイスゴイ、と褒められたい
>承認と愛情の欲求=だめな自分でも受け入れられたい

この2点を、特に注意深く実践したところ、
大変な信頼を寄せられるようになりました。

また、

>安全の欲求
>生理的欲求

の一部分も、満たしてあげられているように思います。
性と食と健康の部分です。

> そして、本人が「変わりたい」と心から思わなければ周りが無理やり操作できるものではない
> ということも付け加えておきます。

たくさんのコミュニケーションを重ねた今、
彼は心から「変わりたい」と、思っているようです。
そのために努力している姿を目の当たりにしているので、
信じて見守ってあげたいのですが、あまりにも病的なケースであれば、
(「もう嘘はつかない」という嘘をつくような)
私の手にはおえないであろうと不安になり、質問をさせていただきました。

パートナーといえばパートナーですが、決して褒められた立場ではないのに、
最近では、周囲が呆れるほど、私への強い依存と執着がみられるので、それも不安です。

ネット上では詳しい内容を書けないため、
機会があれば、直接ご相談にお伺いしたいと思っております。
その際は、よろしくお願いいたします。

投稿者 ema : 2006年11月25日 07:09

◆emaさん

 たびたびのコメントありがとうございます。
 世間一般でいわれる「自己実現」は「夢を実現すること」ですね。
 その夢を共有し、一緒の目標に向かって進むことはとても素敵なことですね。

 よく誤解されるのですが、「自己実現の欲求」というのは、
 「夢を実現したいと思うこと」ではないのです。

 もうちょっと、深いところまで掘り下げる必要があります。
 有名(立派)になって、人から注目を浴びたい、尊敬されたい。
 夢を実現したい動機は、こういうものではないでしょうか?
 これは、尊敬の欲求なんです。
 または、隠れた承認と愛情の欲求かもしれません。


 本当の「自己実現の欲求」というのは、もう人から尊敬されるとか、受け入れられることをすでに超越していて、
 「自分の活動は、人類に貢献する」
 「今認められなくても、子供たちの時代には役立つ」
 「自分の活動で、誰かが幸せになってくれる」
 そういう、「与えたい」という欲求のことをいいます。
 だから、あくまで自分自身の問題なのです。

 なかなか、自己実現の欲求を十二分に発揮した人はいないといわれています。

>尊敬の欲求=スゴイスゴイ、と褒められたい
>承認と愛情の欲求=だめな自分でも受け入れられたい
これを上手に満たしてあげられる女性は愛されます。
emaさん、いいことですよ。


>安全の欲求
>生理的欲求
性の部分は別として、これは「親の役目」に近いです。
大人の男性に対して、あまり過剰にこの役を引き受けると、かえって彼の自立心をそいでしまいますのでご注意。

 直接のご相談は、一旦
 azma@556health.com (@と.を半角に直してください)
までメールでお願いします。
 メルマガでも時々告知しています。

 コメントありがとうございましたm(_'_)m

投稿者 あづま(管理人) : 2006年11月25日 10:12

はじめてのコメント失礼します。

浮気の心理とは少し異なるかもしれませんが、
聞きたいことがあり、コメントさせていただきます。

私は今の彼氏のダメなところも含めて大好きです。
ですが、彼氏はそれこそ自信がないらしく、
細かい点で「自分はあかんな、ごめんな」みたいなことを言います。
私は気にしてないですし、「全然気にしてないよ」と言って許してしまいますが、(とゆーか、許す以前に気にならないんですが)
最終的には私が気にしなさすぎて、いわゆる「ダメ男」を作ってしまうんじゃないかと心配です。

そんな心配をしているときに「浮気する男性の心理」について書かれている
あづまさんのメルマガを拝見したので気になりました。

こんな質問ですみません><;
ですが、最高1年半しか彼氏と続いたことのない私としては、
今の彼とずっと続けていって、できれば結婚したいと思っています。
少しでもうまく楽しく続けていくための参考にさせていただきたいです。

投稿者 flower : 2006年11月25日 23:46

◆flowerさん

 ご質問ありがとうございます。

 えと。具体的なことが何も書いてないので一般論でしか答えられませんが、

1.>私は気にしてないですし、「全然気にしてないよ」と言って許してしまいますが、(とゆーか、許す以前に気にならないんですが)
2.>最終的には私が気にしなさすぎて、いわゆる「ダメ男」を作ってしまうんじゃないかと心配です。

1と2は矛盾してますよね。

男性にとって最高のパートナーとは、
自分を成長させてくれるパートナーだと思います。

そして、成長のためには、失敗も必要ですから、
だめな自分を見せたときも、受け入れてくれるけれど、
人間としてさらに大きくなることを信じていてくれる、
そんな女性が最高だと思っています。

うまく伝わるかどうか不安ですが、
「自分はあかんな、ごめんな」と彼が言ったときに、
にこにこ、最高の笑顔で(←これが「受け入れる」ということです)、
「ほんとあかんなぁ。でも成長できるって信じとるで。」
と言えたら本物です。

投稿者 あづま(管理人) : 2006年11月26日 01:30

ご丁寧なご返答ありがとうございます!!
具体的な事例がないので分かりづらかったですよね、すみません><;

彼氏は以下のことを気にしてるみたいなんです。

・お金がなくて家で過ごしたり散歩するなど、お金を使わず過ごすことが多い。

・車がない

・私が女性専用のアパートに住んでいるからなんですが、私ばかりが彼氏の家に行くことになっている状態

・私の誕生日に彼が大学の授業と電車の都合で約束より2時間遅刻したこと


私にとったらどれも理由があることですし、仕方がないって思っていたのですが・・。
そんなある日、彼氏から「もう別れる?」と言われたときがあったんです。

じっくり話を聞いていったら↑に挙げたような理由から
「flowerのことは好きだけど、別れた方がflowerにとっていいんじゃないか」と言われまして。。
恥ずかしながら、そこで初めて彼氏が劣等感を持っていることを知りました。

「私は彼氏の劣等感にも気づくことができなかった。
このまま私と付き合っていったらダメな男にしてしまうんじゃないか」
と急に不安になったんです。
つまり、彼氏が私に対して思ったのと同じように、
「自分が付き合っていると相手のためにならないんじゃないか」と思ったんです。

また、彼氏にとったらきっと劣等感もあったと思うのですが、
その頃、私の帰りが遅い日が続いていたので彼氏がすねていたことも重なったと思います。
ですから、「別れた方がflowerにとっていいんじゃないか」
という言い回しは、私の気持ちを試されたのかな、とも思います。


彼氏が気にしているということは、気にさせる私にも問題があるということなのでしょうね><;
ただ単に「気にしてないよ」と言ってきたので、その言い方が彼氏を不安にしてきたのかもしれません。
私の対応を少し変えてみようと思います。
相手を受け入れてあげれる女を目指して頑張ります!

投稿者 flower : 2006年11月26日 11:45

僕は、浮気する側の男性です。

今回の件で、いろいろと自己分析してみました。
自分が浮気をする理由と、そこから得られる喜びについてです。

 ?スリルが味わえる
 ?自分がモテる男だと錯覚できる
 ?女性の心理をもてあそぶ喜び
 ?パートナーに満足できない

大きく分けると、こうなるだろうと行き着きました。
?については、今の自分の生活や、これからの目標など、
自分の人生に満足していないことが原因でしょう。
アルコールの酩酊感に満足できなくなると、次はどうしても
覚醒剤や犯罪といった、極限に心が向かいます。
死にたいわけではありません。
むしろ逆です。
充実して生きたい、と思うため、そして、人生の充実の
させ方を知らないために、思いつくぎりぎりの行動を取り、
生きているという実感を捕まえようとします。
性行為自体も、どんどん倒錯したものになり、ついには
何をしても満足できなくなります。
そのうち、新しい女の子と、ホテルに行くことが確定した時点で、
もう苦痛になります。
時間の無駄だと感じるんです。
それでも浮気は続きます。
タバコに似ているかもしれません。

?と?は似通った部分があるような気がします。
つまり、自分に自信がないのでしょう。
だから、たくさんの女性を抱くことで、自分はモテなくはない、
ということを自分に言い聞かせる、あるいはアピールする
ことになると思います。
そして、自分(あくまで僕のことです)が女の子にバカにされた
(と思っている)経験に対してのコンプレックスを解消するため、
女性をもてあそぶことで、自分はバカにされる存在ではない、
と根拠のない溜飲を下げたいのでしょう。

?は、自分の行動次第で相手も変わってきますから、
相手の責任ではもちろんないのですが、どうしても合わない
部分があり、その部分について話し合っても決着がつかず、
しかもそこがどうしても譲れない部分だとしたら、他の人で
補うしかない、という発想になります。
もちろんそうなるのは、相手の女性となんとしてもうまく
やっていきたい、という気持ちが弱いからでしょう。
そういう気持ちが弱いから、関係を修復する気概も起こりにくく
なるんだと思います。

ここまで書いて、よく分かったことがあります。
どう考えても、幸せになれる思考ではありませんね(笑)。
明らかに破滅的です。
ですが、本人は幸せになりたいと思っているんです。
他の有効な手段が見つからないのでしょう。

その手段を見つけるため、自分なりにいろいろと考えている
ところです。
長文になり、申し訳ありません。
お目汚しになりましたら、ご容赦ください。

投稿者 ken : 2006年11月27日 21:34

◆flowerさん

 とにかく、あなたはできる、と信じてあげることが何よりのクスリです。
 そして、万が一、今の恋が実らなくても、その信じる力を持てるようになった
 flowerさんは、必ずいい恋をつかむことができるようになっているでしょう。


◆kenさん

 魂の告白、ありがとうございますm(_'_)m

 上のコメントを読まれた皆さん、どうか断罪のコメントを書かれないよう、お願いいたします。

 kenさんの心に届く言葉を書けているかどうかは自信がないのですが、
 過去に、無力さを感じるような経験をされたのではないですか?
 身近な人との関係で、辛い経験があったのかもしれません。

 辛い気持ちを抱えると、それを乗りこえようとして、ぐ?っと我慢します。あまりに辛いと、抑えつけるのも本当に大変です。

 辛い気持ちを抑えつけると、幸せな気持ちも鈍くなるのです。
 感情の鈍麻といいますが、これが、本当に一番辛いことかもしれません。感情が鈍麻すると男性はアルコール、セックス、ギャンブル、命の危険を感じる行為にはまりやすいと言われています。ちなみに女性は過食にはまりやすいと言われています。それは、それらの行為が感情が鈍麻しても辛うじて感情を感じることができる「刺激の強い」行為だからです。その時だけ「生きている感じ」がするのです。


 お話を読むと、どんどん刺激を求める方に向かっているようです。確かに破滅的かもしれませんね。
 本当に解決を望むのなら、勇気を出して自分の中の辛い感情と向き合うことが必要ではないかと思うのです。それは、傷が深ければ深いほど、長い時間と、辛い気持ちと向き合う勇気が必要になると思います。

 感情の鈍麻を乗りこえたあとには、朝の日射しを見て幸せな気持ちを感じるような、幸せに対する心の感度の高い状態が待っています。

 私の場合は、書くことで自分の心の傷と向き合うことができました。ショックだった出来事を日記のように書き、その時自分がどう感じたかをきちんと書き記すのです。そのことで過去の自分の感情に触れることができ、その時は辛いけれど癒されていきます。

 プチアルコール依存症と、危険行為にはまりかけたけれど、回復できました。

 一人で感情と向き合うのが難しいと感じるのであれば、心理療法のセラピストを頼ってみるのもよいかもしれません。

 幸せとは、朝起きたときから幸せな気持ちでいられることだと思っています。幸せに生きている人は強い刺激は必要ないのです。
 kenさんが、幸せに生きられることを願わずにはいられません。

投稿者 あづま(管理人) : 2006年11月28日 00:32

沢山の方のコメントを読ませてもらい、自分の過去と
再度向き合ってみました。
離婚した元夫も、彼の母親との関係も原因で不倫や
ギャンブルにのめり込んだんだろう、と。当時
の私との結婚生活でも自信を無くし、生きている実感を
そのあたりで感じたかったのかもしれません。
そんな彼との結婚生活を維持しなくちゃ、って頑張って
いた私は、間違いなく依存の要素をぎっしり持ち合わせ
ていたと思いますが。
現在はどうしているかわかりませんが、私は現在再婚
して幸せに暮らしています。私も沢山の痛みを再度洗い
出し、見つめ直し、本当の幸せや魂のあり方って何だろうっ
て考えたことを思い出しました。
見つめ直すというのは、本当に苦痛です。でも、自分の
力で行わないことには無意味であり、前に進まないとも
思います。
本題からかなりずれてしまいましたが、浮気・不倫の心
理って、幼い頃から培われた土壌に現れる甘えや、
ちっぽけな自己実現なんだろうな・・・そう感じました。

投稿者 にっち : 2006年11月28日 14:06

浮気も才能だと思っていました。浮気も相手が居てこそ成り立つ関係。『モテなきゃ浮気もできないよ。』と、思っていましたので、あずまさんの意見に驚きです。

私も今、自分の恋人と事で、精神的にヘトヘトです。彼女から得られないものを得るために、浮気をしたくて仕方がありません。しかし、浮気をしたいと思っても、そう簡単に相手はみつかりません。

浮気相手だって、第二、第三の“恋人”です。異性から相手にされないと、浮気も実現不可能です。浮気するにも、それなりのモテる能力(容姿、フィーリング、経済力など)が必要のはず。異性から好意を持ってもらえ、異性とコミュニケーションが苦にならない行動力(まめさなど)を持った人間でないと、浮気もできないと思うのです。

モテない暦の長い私の経験上、自信の無い男は女性にモテません。ゆえに、あずまさんの言うとおり、自分に自身が無い連中が、本当にモテるのか、私には信じられません。自分に自身が無いという理由は、彼女すらできない人達にあてはまる理由だと、私は感じています。

多くの人は通常、あずまさんのご指摘どおり、許せない自分を抱えて生きています。ならば、ほとんどの人が浮気をする可能性を持っていることになりますね。だからでしょうか、男女交際を厳しく制限する時代や、風習が世界各地にありました。イスラム圏では今も厳しく残っています。

今の日本は自由恋愛となりました。現在の日本で、浮気をせずに無事に過ごせた人は、たまたまそういう出会に遭遇しなかっただけだと思うのですが、どうでしょうか。

それに、私の女友達もそうでしたが、浮気をしたいと思って浮気をする人は、意外と少ないようです。離婚と同じで、多くの浮気経験者が、「まさか自分が浮気をするなんて」と語る意見を、多く見聞きします。

いずれにしても、誰の心にも浮気心はあると認める事ですね。男も女も、浮気心に大きな違いはありません。“男性の浮気心がわからない”という女性陣は、自分の浮気心もわからないのです。まずは自分の心の中の、隠れた浮気心を知覚する事から始めましょう。そうすれば、おのずと男の気持ちも分かります。

上記の友達がそうでした。自分が浮気を経験して、初めて浮気をする人の気持ちが分かったそうです。あずまさんの言うとおり、自分の心を知る事が大切ですね。

あずまさん、あなたの心の中にも、浮気心はありますよ(笑)。あすまさんも浮気を経験すれば、このコラムも新たな視点で展開するでしょう。

もちろん、そんな期待はしていませんよ。コメントを呼んでいる皆さんも、誤解の無いように、お願いします。

投稿者 yarit : 2006年11月30日 02:03

はじめまして。30歳、主婦です。本気で他の人をスキになった事があります。行動していません。旦那に愛されていると確信してたからです。同じ頃、旦那は女性2人に結婚していることをかくし、デートに誘っていました。断られたので行動してはいません。また同じ頃に旦那が、前の彼女の連絡先を大事にもっている事が発覚。自分が、おさえていた事をされて、複雑でした。こちらを読んでいてナニカわかりかけた気がしますが、モヤモヤしています。今、素直に旦那を愛せません。少し悲しい気がします。自分の目が信用できなくなっています。

投稿者 ふたば : 2006年11月30日 11:20

私は、本気で他の人をすきになりました。旦那に愛されてると確信してたので行動してはいません。同じ頃、旦那は、結婚をかくして、女性をデートに誘っていました。断られたので、デートはしてません。そして、前の彼女の連絡先を大事に財布にいれてもっていた事が発覚。自分の事は棚あげでショックだった事と、自分がおさえていた事をされて複雑でした。今はとてもいい関係です。私は、自分らしくいれていません。この状態からぬけだしたいです。自分らしくいれるから、旦那と結婚したのですが、なんだか悲しい気持ちです。

投稿者 ふたば : 2006年11月30日 11:35

こんにちは、あづまさん。
以前に、夫の不倫の事でメールをした薫です。

今回のあづまさんのコラムを読んで、私が新たに感じた事は
あづまさんが仰っているように、不倫をする人は弱い人なん
だなと言う事です。
その弱いとは、自分以外の人と心の深い関係を持つ事ができ
ない弱さです。
何か自分に問題があっても、直視せずに、その問題から逃れる為に、他の人へ行く。
その不毛な繰り返しをしている事にさえも気づく事がなく、
問題を自分以外の人のせいにし、又、上手く行く努力、解決をしていく為の努力ができない。

上の方で、モテないから浮気ができないと書いている方がい
ますが、モテなくても、不倫願望を持っている人達はいて実際に、不倫をしている人達はいるので、一概に、それだけで浮気をしない、するにはならないと想うのですが。。。
どうなのでしょうね?

投稿者 薫 : 2006年11月30日 12:23

こんにちは、あずまさん。
少し追記させていただきます。

浮気をする人間が弱い、という問題についてですが、
浮気をしない人たちは、浮気がしたくてしたくて仕方が
ないけれど、心を強く持って我慢しているのでしょうか?
もしそうでないのなら、単にそれほど浮気をしたいわけ
ではないからしていないだけで、強いから、というわけ
ではないでしょう。
カロリーコントロールができない人に浮気をする人が
多い、ということもありません。

同じように、浮気をする人も、浮気は絶対にいけない
ことだと思っているんだけど、どうしても直すことが
できない、という精神状態で浮気をしている人は、
どちらかというと少ないでしょう。
そして、問題(自分が浮気をしている事実)を直視して、
どういった心理でそれを行っているのか、そして自分の
幸せにつながる行動はどのようなものか、そしてその
行動を取るためには自分の精神状態をどのように改善
していく必要があるのか、といった分析も行います。
その分析の結果が、現在の状態なのです。

もちろん、それは現在の状態であって、それが自分の
答えと一致しているわけではありません。
だから日々考え、日々変わっていくんです。

浮気をしない人は、毎日を幸せにすごされていますか?
そんなことはないはずです。
何か悩みや不満をもっているはずです。
なかなか改善されない問題もお持ちのはずです。
ではなぜ問題を抱えたままなのでしょう。
問題を直視して、改善するための行動を取ればすむ
ということであれば、そんなことにはならないのでは?
浮気をする人とどう違うのでしょうか。

人は変化し、成長するものです。
そして、その成長の過程が現在なのです。
そのなかで、人と人との間で、それぞれが持つ情報を
交換しながら、自分の歩みに役立てていくことにこそ、
話し合いの意義があるのではないかと思っています。

強い、とか弱い、また良いとか悪い、といった評価は、
見る人が持つ基準と比較した場合、という条件のみに
影響されますし、非常に局地的な見方でしょう。
性格も経験も違うわけですから、ある面で成長している
でしょうし、ある面では成長が遅れているでしょう。
そういう意味では、誰もが弱く、そして誰もが強いと
言えます。
自分以外の人との深いつながりを持てないのではなく、
持つ必要を強く(少なくとも自分を浮気に駆り立てる
何か以上には)感じていないために浮気をするのです。

浮気が悪いかどうかは個人の道徳ですから、基本的
には自由です。相手の心を傷つけているんだから、
悪くないはずがない、と言う意見も聞きますが、人の
心を傷つけてはいけない、というのも、あくまで個人の
道徳です。不倫であれば法律で罰せられるということ
についても、だからといって、それ自体が悪いもので
あるかどうかとはまったく別の問題です。
そもそも善悪自体、人間がそれぞれに作り上げたもの
ですから、浮気自体に善悪の性質が伴っているわけ
ではありません。
浮気をよしとする人の気持ちが理解できないことと、
その人が弱いこととはまったく別なのです。
もちろん、自由というのは、してもよい、ということでは
ありません。するかしないかを自分で決定することが
できる、ということです。

浮気が嫌いなら、本来は自分がしなければよい問題
なのですが、浮気をする人を評価する人の傾向として、

 ・自分が浮気をしていないのになぜするのか
 ・人の悲しみを分かっているのか
 ・自分のことを愛していないのか

という気持ちを踏みにじられていると感じている、という
状態を挙げることができると思います。
つまり、相手が浮気をする決定をしたことに対して、
一人の大人の行動として容認できていないということ
になります。
私見で言えば、どちらかというと、自立した人間の考え
としてはこちらの方が弱いのではないかと思いますが。

この文章を読んで、非常に不快な気持ちにさせられる
方もおられると思います。
ただ、なぜこの文を書いたかというと、浮気をする心理
について意見を持ち寄る際に、浮気というものについて
ある程度客観的な定義を与えなければ、

 ・浮気のような「ひどい」行為を、なぜするのか

といった、非常に偏った意見交換になってしまう可能性
が高いと思い、僕はこのサイトが好きなので、できれば
建設的な意見がたくさん出て来るようにと思い、お邪魔
させていただきました。

浮気をしたいとも思わない人もいて、したいけど我慢
している人もいます。そして、悪いと思いつつ浮気をして
いる人もいれば、罪悪感をまったくもたず、普通に浮気
をしている人もいます。
なにが正しいかは誰にも決められませんし、またそれは
自分が心の中で決めていくものです。
そのなかで、あくまで浮気をする人は、どういう「心理」
で浮気をしているのかについて、客観的に、たとえば、
なぜ人は歌を歌うのか、といった問題と同様に扱うこと
が必要ではないかと思います。
フィルターを通してものを見ることが、相手の心と深い
つながりを持つことを妨げている大きな原因のひとつ
だからです。

長文、お許しください。

投稿者 Ken : 2006年12月 1日 15:01

◆にっちさん

 コメントありがとうございます。
 現在幸せに生活されているとのこと、それが何よりです。
 これからも幸せが続きますように☆


◆yaritさん

 コメントありがとうございました。
 実は、「自信」と書いたのは、本来「自己評価」という心理学用語を分かりやすく書いたもので、そのせいで誤解を招いたかもしれません。

 自己評価とは、心の底で「自分を大切に思っている程度」のことで、最近私は「幸せを受け取る器」という言葉で表現するのが好きなのですが、とにかく、自分がどれだけの価値のある人間で、だからどれだけの幸せを受け取ってよい、というように心の底で思っている、その「度合い」のことです。

 自己評価が低くても、それを補うために一生懸命仕事をし、外見も他人への接し方も磨き、モテることはできます。他人から見たら自信があるように見えることでしょう。

 ただ、人生のどこかの時点で、「今の自分でOK」「今の自分のままで幸せになってよい」という許可を出す必要があります。

 そうしないと、幸せを受け取ることができません。そして幸せを受け取っていい自分になるための努力を一生懸命し続けてしまいます。
 言いかえると「幸せになるための準備」を死ぬまで続けるということです。

 それから、「誰の心にも浮気心はある」とのコメントですが、言いかえると「誰でも男女関係で満たされたい思いがある」ということですよね。
 一人のパートナーとの関係で満たされなければ、他に目がいってしまう、「だからこそ、今のパートナーを大切にしよう」と思うところまで成長できれば結果的に浮気には走らないですむのだと思います。

投稿者 あづま(管理人) : 2006年12月 2日 09:47

◆ふたばさん

 コメントありがとうございます。
 コメントが、旦那さんといい関係なのか、複雑な気持ちなのか、ちょっと分からないところもあるのですが、
 とにかく、悲しい気持ちなんですね。

 幸せな気持ちで毎日が過ごせるようになることをお祈りしております。


◆薫さん

 そうですね。不倫をする人は弱さを持っていて、その弱さに勝てずに不倫をしているのだと思います。
 そして、おっしゃるとおり、自分以外の人と心の深い関係を持つことができないのです。
 カキコミありがとうございました。


◆Kenさん

 とても大切なご意見ですね。ありがとうございます。
 ここを読まれている他の方にも説明しておいた方がいいと思うので、詳しくご説明します。

 まず、
>浮気をする人を評価する人の傾向として、
> ・自分が浮気をしていないのになぜするのか
> ・人の悲しみを分かっているのか
> ・自分のことを愛していないのか
>という気持ちを踏みにじられていると感じている、という
>状態を挙げることができると思います。
ここの部分。
書いて下さってありがとうございます。
私もこのような形で浮気する人を「断罪」するのは本意ではありません。ですので、始めに「断罪ではなく理解」のコメントをお願いします、と書きました。
ここで再度お願いいたします。

 それから、「浮気をしない人」に関する話が随分書かれていますが、申し訳ありませんが、このコラムの本筋から外れるので、その点に関するコメントは致しません。あしからず。

それからこの部分。
> そういう意味では、誰もが弱く、そして誰もが強いと
言えます。
これも賛成です。
基本的に、このことがいいたかったのです。
人は誰でも、心の中に弱さを抱えている、と。

人は、お互い相手の感情を思いやり合って生きていくものだと思います。だから、浮気をしているからといっていきなり「断罪」ではなく、どんな気持ちで、どんな弱さを抱えて生きているのか、それを理解することが大事ではないかと思い、このコラムを書きました。

私たちは、相手を断罪するとき、その相手の心の中が見えなくなります。言いかえると「もの扱い」です。心を持った、自分と同じように欲求も感情もある個人として扱ったときは、一方的な断罪にはならず、仮に自分のパートナーが浮気した場合であっても、被害の訴え(自分が辛かったこと)と相手に対する要求(謝罪や、今後の行動など)になるはずです。

コメントを書かれる方は、そのような視点を少しだけ持っていただいて、書いて下さると嬉しいです。


さて、浮気が悪いかどうかは個人の道徳、とのコメントですが、
善悪については議論するつもりはなかったのですが、やはりこういう議論になりましたので、持論を書きたいと思います。

私は、善悪よりも「浮気では幸せになれない」という観点の方が大事だと思っています。
私は、浮気相手になってしまう側の女性からの相談をたくさん受け、カウンセリングをしていますが、家庭を壊さないことを前提にすると、ほとんどの男性は浮気相手と会う時間は極めて少ないのです。少なくとも奥さんと一緒にいる時間と比較したら歴然としているでしょう(逆に家庭を壊すのなら奥さんを不幸にするのですから、同じことです)。

だから、たとえ浮気相手が正式のパートナーにとっては敵みたいな感じに映るとしても、その実態は、浮気相手にとっては会いたいときに会えない、辛い関係になることが多いのです。

誤解を招かないようにはっきり書いておきますが、
「浮気では、その浮気相手を幸せにできない」
と言っているのです。

相手を幸せにするためには、自分も人生をかける必要があります。中途半端な、空いた時間でちょっと会って、奥さんとの予定があるときは後回しね、なんていうつき合い方ではその相手を幸せにできません。

そして、「相手を幸せに出来る自分」ほど誇らしいものはありません。
私は、そういう考えです。

もしも、次々と浮気を繰り返すとしたら、
自分と一緒にいても幸せにならない人をたくさん見ることになります。
相手の気持ちを思いやったら、辛くて続けられないと思うのです。
そして、相手を思いやり、相手の幸せを願うことで自分も幸せな気持ちになるものです。だから、相手を思いやる気持ちに蓋をして浮気を続けて生きていくとしたら、自分自身の心を一番傷つけていることになります。

浮気は、正式のパートナー(奥さん)を傷つける以上に、浮気相手を傷つけるし、そしてそれ以上に自分自身を傷つけるものだと、私は思います。

そして、この部分。
>自分以外の人との深いつながりを持てないのではなく、
>持つ必要を強く(少なくとも自分を浮気に駆り立てる
>何か以上には)感じていないために浮気をするのです。
私は、この、深いつながりを持つ必要を感じないということ自体が、とても悲しいことだと思います。本当の豊かさ、本当の幸せ、本当の絆を持つことの喜びを全く知らないまま人生を過ごしていくことほど、寂しいことはないと思います。何か心の底に怖れがあるとしても、それを手放して心を開くことが幸せの流れをつかむことだと考えています。

そう、もうひとつ気になったことがあります。
人は、エゴ(表層意識の自分)とソウル(潜在意識の自分つまり感情や欲求の部分)とを持って生きています。
Kenさんのコメントは、全般に、ソウルが求めているものはどうしようもないという考えが貫かれているように思えました。
ソウルが浮気を求めてしまったら、あとはエゴで押さえ付けるか、抑えるのをやめて浮気するかだ、と。

それに対して、私は心理療法をしていますから、ソウル(潜在意識)の方も変えられると考えています。つまり、もし現状が苦しいのなら、ソウルを育てて、浮気をする気が起こらない自分にもなれるということです。
変わる方向としては、「自分は幸せと感謝の気持ちに満ちた毎日を送れる」「自分は愛する相手を幸せにできる」「問題が起きても解決すればいいし、それが生きるということ」というような、幸せに生きられるという自信を持つのが向かうべき方向だと考えています。

Kenさんのコメントは、私に考える機会を提供してくださり、このコラムの奥行きを増してくれました。本当にありがとうございました。

投稿者 あづま(管理人) : 2006年12月 2日 21:51

あずまさん、こんばんは。

今までの一般的な傾向として、表現方法が悪いのか、聞き手の真実に向かう姿勢が悪いのか、なかなか
理解を得られない僕の意見ですが、理解しようとしていただけてうれしいです。
もちろん、あずまさんならそうしてくださると思ったので書き込んでいるわけですが。

少し訂正させてください。
ソウルについてです。
僕は、ソウル(本能と言い換えても良いかもしれません)の問題は仕方がないとは思いません。
人は、究極的な意味で、なりたいものになれると考えています。
つまり、今ある人がその状態にあるのは、(その人のソウルやエゴやさまざまなものが影響した中で)自身が
選択しているからだ(たとえその状態に当人が不満を抱いていても)、ということです。

ですから、浮気をしない人について少し触れたのも、浮気をする心理を理解するうえで、浮気をしない人の心理
について考えることは、このコラムの趣旨に反するものではない、と考えるからです。

「浮気では、その浮気相手を幸せにできない」
「いつながりを持つ必要を感じないということ自体が、とても悲しいことだと思います」
という部分については、僕は、どこに自分の生きる意義を見出すかについては、それぞれが決めることであり、
他の人が、自分の経験で得たことが他の人に当てはまると考えることは思想として非常に危険だと考えていますが、
(つまり、ほんとうにそういった別の幸せを求めている人が、自分の状態はおかしいといたずらに悩むことになる
ためです)
ほんとうのところは誰にも分からないので、あずまさんのご意見が実は正しく、僕の意見は幸せの定義を無理に
広げ過ぎ、みんなを不幸にする考え方なのかもしれませんが。

ちょっと心配なのは、せっかく浮気をする人が書き込もうと思ったときに、上記のようなことを定義付けられると、
あまり正直に意見を書けなくなる可能性があると思うことです。当事者で書く人は少なそうですから。
できるだけフラットな姿勢で意見交換をすることも大切かもしれません。

浮気についてですが、そう言えば、
「この人には浮気したく(させたく)はない」
と思った事があります。
悲しい思いをさせたくない、また、この人の心をもてあそぶようなことをしたくない、と感じたからです。
相手のことを大切に思っていたのでしょう。
自分自身の考え方の変化に加えて、やはり、自分に合った、心からそう思えるパートナーがいる(見つかる)
ことも大事な要素かもしれません。

あずまさん、どうかお気を悪くされないでください。

投稿者 Ken : 2006年12月 4日 00:28

あづまさんとkenさん、それぞれのお考えを
大変、興味深く読ませていただきました。

あづまさんの

>「相手を幸せに出来る自分」ほど誇らしいものはありません。

という言葉にうなずき、

Kenさんの

>どこに自分の生きる意義を見出すかについては、それぞれが決めること

という言葉にも、おおいに共感してしまいます。

お二人のお考えに、それぞれ納得したうえで、
女性の立場から、少々、Kenさん寄りの意見を述べさせていただきます。

世の中には「愛人体質」の女性がいます。
愛人といっても、お手当をいただく職業愛人ではなく、
婚外恋愛のパートナーとなる独身女性のことです。

>浮気では、その浮気相手を幸せにできない

のが真理であれば、
「本当はオンリーワンとして愛されたいはず」なのに
結婚できないことの言い訳として「私は愛人体質なの」と
強がっているように思われてしまいそうですね。

ですが、男性が都合よく浮気をしたいように、
女性にとっても愛人の立場が居心地良いというタイプもいるのです。

男性の経済力に頼るより他に、女性の生きる道がなかった昔と違い、
現代の女性は、よく働き、よく稼ぎ、よく学び、よく遊びます。
仕事や人間関係も充実し、中高年になっても美しく輝いています。

自分の生活ペースを確立してしまった女性にとって、
結婚して他人のペースに合わせる我慢より
オンリーワンでないことの我慢をするほうが、ラクなようです。

私自身は、そこまで達観しているかどうか怪しいものですが、
不倫という形の恋愛の中でも、「相手を幸せにする喜び」を
得ていることは事実です。相手も同様の様子です。

相手の奥様が幸か不幸かはわかりません。
浮気をするご亭主が不幸の種なら、三行半をつきつければいいからです。
それをしないのは、愛人の存在に目をつぶる我慢をしてでも、
その人の妻でいることが、幸せなのだろうと推察するからです。
幸せの形は、本当に人それぞれだと思います。

「不幸なら別れる選択」の権利は、妻にも愛人にもあるのです。
もちろん、男性にも同等に、「愛情が冷めたら別れる」権利はあります。

yaritさんの書かれたように、浮気には才能が必要なのでしょう。
限られた時間の中で、スケジュールをやりくりする能力。
妻にも愛人(複数の場合も)にも、ありったけの愛情を注ぐ能力。
とにかく、浮気な男性はマメという才能に溢れているようです。

そして、あづまさんのおっしゃる「自信のなさ」こそが、
女性に「仕方ないわね」と思わせてしまう、最大の魅力かもしれません。

今月もセラピーがあるのですね。
伺ってみたいのですが、どうしても日程が合わず、残念です。

投稿者 ema : 2006年12月 4日 03:52

emaさん

コメントありがとうございます。
まったくおっしゃるとおりだと思います。

>世の中には「愛人体質」の女性がいます。
そうなんです。

>yaritさんの書かれたように、浮気には才能が必要なのでしょう。
>限られた時間の中で、スケジュールをやりくりする能力。
>妻にも愛人(複数の場合も)にも、ありったけの愛情を注ぐ能力。
>とにかく、浮気な男性はマメという才能に溢れているようです。
そうそう。これぐらい本気なら、
「愛人体質の女性」との関係を維持することはできますね。
(もはや浮気というレベルではないような気がします。)

>そして、あづまさんのおっしゃる「自信のなさ」こそが、
>女性に「仕方ないわね」と思わせてしまう、最大の魅力かもしれません。
これは、新鮮な意見でした。
確かに、そうかもしれません。

次第に議論のレベルが上がって来て嬉しい限りです。

ご意見のある方は、遠慮なく書き込んでくださいね。
レベルとか、気にしなくていいですからね。

投稿者 あづま(管理人) : 2006年12月 4日 12:38

再び管理人です。

Kenさんの
>「この人には浮気したく(させたく)はない」
>と思った事があります。
ですが、

もしかすると、Kenさん自身の心理ではなく、
その相手の方が、
「私は三角関係ではなく、堂々と正式のパートナーとして幸せになる」
「私は正式のパートナーとして、相手を幸せにできる」
という信念と覚悟を持っていたのかもしれません。

これは、「愛人体質」とは対極のタイプです。

そしてまた、このような自己認識と信念をもっていることが、結婚相手の浮気を防ぐ上でも、一旦浮気が発覚したときに関係を修復する上でも、きわめて重要なポイントになると考えています。

投稿者 あづま(管理人) : 2006年12月 4日 15:15

あづまさま

私のつたない意見に、優しいお返事をありがとうございます。

レベルを気にせず・・・とありましたので、
調子にのって、また書きこみさせていただきます。

「自信のない浮気男」が、何故モテてしまうのか?
私なりの推察です。

男の浮気っぽさ、ズルさ、冷たさ
これらは案外、女の好物だったりします。

男の弱さは、女の母性本能をくすぐります。
守ってあげたくなります。

男の嘘に、女は上手に騙されてあげたくなります。
一生懸命、嘘をつく姿が、可愛くみえてしまうのです。

ですが、度が過ぎると、時々、針でつついてみたくなります。
つつかれて、ビクッとする姿も、可愛いです。

その関係に、いつしか疲れ果てたとしても、
女は憎みながら、許すことしか覚えないのです。


「浮気なんて、絶対に許せない!」と息巻いていたのは、
執着や依存を、愛情とはき違えていた若い頃のこと。

中年となった今、浮気については、
受け止める側の意識の問題が大きいと知りました。

女は・・・と書いてしまいましたが、
気分を害される方がいらしたら、申し訳ありません。

そうはいっても、男のやんちゃが可愛いと思えなくなった時には、
私だって、見切りをつけますよ(笑)。

投稿者 ema : 2006年12月 4日 21:59

あずまさんこんばんは。
メルマガ、いつも勇気付けられています。ありがとうございます。

私は30歳独身女です。
皆さんのお話をとても興味深く拝見いたしました。

ここまで読ませて頂いて、非常に今動揺しています。
あずまさんの書かれている浮気男性の心理。
弱さ、自信の無さ・・・納得しています。

そして浮気相手は、自己評価が低い、と・・・

私は今浮気相手の状態です。
もともとは互いにパートナーがいる状態で今のような関係になりました。
私も「浮気」でした。初めての浮気でした。
結婚するだろうと思っていた恋人と、特に問題の無い交際をしていたのですが、結局別れました。
恋人へと新しい彼に対する気持ちは全く別の感情でした。スキとアイシテル。そんな感じでしょうか?
だから、別れを決断するまですごく迷ってなかなか決められませんでした。
恋人が大切だったので、始めは絶対に別れない!
でも新しい彼が好き。楽しいからいいや。
そう思っていたのですが、だんだんと恋人に対して罪悪感からか冷たくあたってしまうようになり、
これ以上傷つけてしまうことになるかもしれない、そう思って別れました。別れを告げることは本当に辛かったです。後悔はしていませんが。
それからもう3年ほど経ちます。
新しい彼は、もうすぐ彼女と結婚します。

彼は確かに浮気性です。弱い人だと思います。
彼自身も言っていますが、家庭が荒れていて、そのせいで本心を出せない、と。
愛している人にも、本心を見せたくないそうです。悲しいことですね。
初体験は、年上の女性といつのまにかそうなっていた、という経験もあるそうです。
若い頃はナンパばかりして派手な女性関係だったようです。
女無しでは、生きられないんだな、と感じます。
彼は彼自身を愛していません。自分のことはどうでもいい、と。両親がそれぞれ幸せだったらそれでいい、と。
両親が離婚したときは心底ほっとしたそうです、そして、一生結婚なんてしたくない、と。

彼が弱い人間なのも、自分から幸せになろうとしてないこともわかっています。
でも私は彼が大好きです。その弱さも含めて。
結婚が決まった今でも、好きです。
彼には彼自身を好きになって欲しいと本当に思います。
自分の幸せを見つけて欲しいと。

私は2番目。そう思ってきたし、今もそう思っているのですが、
彼自身は順番ではなく、愛し方が違うといいます。
私のことも、好きだと。
ただの浮気ならこんなに長続きしない。結婚するのは責任だ、と。どっちが先だったかどうか・・・みたいなことも言ってました。
今までは私が去ろうとしたときは、気持ちを引き止めるような言動もありましたが、結婚が決まった今では、
私が会いたくないといえば、それ以上は言えないと言っています。

あずまさんの文章を拝見して、私はこのままでは幸せにはなれないのか・・・と感じましたが、
浮気相手だとしても、彼との時間は失いたくないものです。辛い思いもしてますが・・・
ちなみに私自身は問題なく幸せな家庭環境に育ってます。

私と要る時間は楽しいと、他のどんな女性と居るときよりも、私と要る時の自分が好きだと彼は言ってくれました。
今の私の幸せは彼との時間です。

辛くても彼から離れることがお互いの幸せに繋がるのでしょうか・・・
まだ覚悟が出来ずにいますが。
彼に自分の幸せを見つけてほしい、その方法があれば、と思っています。

主旨と外れたことを書いてしまったのでしょうか?
長々と失礼しました。

投稿者 めめ : 2006年12月11日 23:36

私の気持ちは母性本能かもしれませんね。
弱い自分を隠して必死に自信ありげに振る舞い、
仕事もばりばりとこなし、友人を楽しませ、
体を鍛え(笑
一見すると、自分大好きなナルシストに見えます。
もしかしたらそうなのかもしれませんが、
そんな彼の弱さ、甘えん坊なところが可愛くてたまりません。
彼が浮気性だったからこそ、私は楽しい時間をいっぱいもらえました。
それ以上に辛く悲しく寂しい時間もありましたが、
彼の目を見たら、帳消しになっちゃいます。
私が馬鹿なんですかね。
彼を私が守る、幸せにしてやると、今でも思ってます。

ほんとは浮気する男性は嫌いで、旦那様にはしたくないです。
私もほんとは浮気はしたくはないですが、私自身、浮気性かもしれないです。
他の男性に言い寄られると、弱いのです。
女として扱われるだけで嬉しく感じてしまいます。
これは自分の女としての自信の無さからきていると思っています。

投稿者 めめ : 2006年12月11日 23:49

◆めめさん

 コメントありがとうございます。
 怖れを手放し、本当に心の求めるものを素直に求められるようになると、一気に幸せがやってきます。どこに怖れがあり、どこに幸せがあるのかじっくりと探していってくださいね。きっと見つかると信じていますよ。

投稿者 あづま(管理人) : 2007年1月 1日 12:18

初めてコメントさせていただきます。

私は既婚者である異性の友人から不倫関係を望まれたことがあります。
やはりおっしゃるように自分に自信がなく、自己主張が苦手な方でした。
それで夫婦仲はかなり深刻な状況のようだったのですが、離婚は考えていないみたいでした。

私はキッパリ断りました。
理由は良心の呵責と罪悪感です。
それに自分でまいた種は自分で刈り取れるような方でなければ、もし関係が始まったとしてもお互いいい方向には向かうことは決してないだろうし…
むしろ相手は私にとって大切な友人だからこそ節度を持った関係でいたいと強く思います。
お互いがお互いのためになるような関係でありたい方だったので…

ただもし彼が離婚をしたのであれば、その時は改めて考えるかも知れません。


世の中にはお互いが信頼できないまま結婚している夫婦もかなりいると思います。
『類は友を呼ぶ』で、不倫をする人もされる配偶者も、不倫相手に選ばれる人もやはりみんな自分に自信がなく、自己評価が低く自己主張ができない人多いからだと思います。


そう考えるとW不倫や共依存って納得できるような気がしますが…いかがでしょうか!?

投稿者 rose : 2007年2月 4日 23:41

私は現在、既婚男性とお付き合いをしています。

ちょっと信じられないかもしれませんが、彼と半同棲しています。(ちょうど1年が過ぎました)
結婚当初から仕事を言い訳に週に1?2日くらいしか帰らない生活をずっと続けていたそうで、私と付き合いだしてからもそのスタンスは変わらず・・・

奥さんは彼を信じきっているのか、既に諦めているのか解りませんが家庭は子供を中心に上手く回っているようです。
彼は大学生の頃から、本命の彼女以外にもお付き合いしていた人が常にいたそうです。
殆どが彼の女癖の悪さに耐えかねて別れているみたいです。

みなさんのコメントを読んでいると、彼は病的に女性が好きなのかそれとも自分に自信がなかったり、不足の原理で他の女性に目が行くのか考えてしまいます。

家庭がありながら私と半同棲生活を送り、それ以外にもお付き合いする人が必要なんです。
付き合いだして3年の間、相手は色々変わりましたが
同僚の女性と1年以上関係が続いています。
その彼女は私の存在を知りませんが私は彼女の存在を知っています。
私が感が鋭く彼の嘘を見破ってしまうことと、彼はお酒を飲んで酔うと他の女性とのことを話し出します。
(翌朝になると話したことは覚えていません)

話さないでいてくれれば気にならないのに、聞いてしまった以上気になって仕方ありません。
彼女に電話をしてしまいそうになることも・・・

私自身が浮気相手ですから彼女のことをとやかく言える立場ではないのですが心が休まりません。
これは勝手な解釈ですが奥さんには社会的な部分での妻としての役割と子供の母親としての役割を求め、私には私的な部分での妻の役割(逆玉的な結婚の為か奥様には本音をさらけ出せないので)を求め、彼女には恋人として役割を求めているのかなと感じるんです。

私も仕事をしていますが、生活にかかるもの一切を彼が負担しているので端から見たら職業愛人と写るんでしょうね。
もしかしたら彼自身もそう思ってるのかな?

男でも女でもリスクがなければ少しくらいは浮気心ってあると思うんです。
でも、彼のように家庭を持ち私とヘビーな関係を結びなおかつそれ以外の女性とも付き合うなんてどんな心理なんでしょう。

投稿者 なな : 2007年2月11日 22:48

趣旨からはずれていると思いますが、ごめんなさい。
私は、両親祖父母から、「自分がされて嫌な事は、絶対するな。」と強く言われて育ちました。
そして、「自分より弱い立場の、者は守るものであって、決して、いじめるな、泣かすな。」とも言われずいぶんと、つっぱて生きてきました。
確かに、浮気は、個人の自由だと思います。
しかし、それによって傷つく人がいるのなら、しないにこした事だと思います。
お互い自立していて、それぞれが、自分の価値観だけで、判断し好きなように、相手を代えたり複数の時が合ったりしても、別にかまわないと、思います。
ただし、お互いが、それで良く、相手の人たちも、それを理解し、同じ考え方を持っている人たちが相手なら。
しかし、人間には、執着心、独占欲、嫉妬心、など色々な、やっかいな心があります。
そこで、判らないのが浮気する人たちは、自分がされても、理解できるのでしょうか?
私の父は「、男は遊びだが、女は本気になるからだめだ。」などと化石みたいな事をいっています。
おまけに、女の浮気は絶対許しません。
そんな女は、どうしようもないインバイ、バイタ、パンスケと、罵ります。
私にあれほど、自分がされて嫌な事はと、言っておきながら、ご自分は、羽振りの良い時は女を囲い、海外にまで買いに行く始末。
私の、少ない人生経験では、ありますが浮気する人が、浮気されたことを知ったとき、やっぱり責める人が、傷つく人が多いと言うか、そんな人しか知らないのですが・・・。
男も女も、自分の事は棚に上げなんですけど・・・。
あとは、浮気ではなく本気かな、
妻も子も捨て、若い女と、逃げ出しもう20年以上家族の下に帰っていない男性を一人知っています。
彼は、末っ子で甘やかされて育ち、年老いた両親を散々悲しませ、3,4度女を作っては、家出を繰り返し、今に至ります。
私の目から見て、とても自立した責任感のある大人には、見えないのですが・・・。
女もまた、1人ではありますが、面白い人を知っています。
彼女は、見目の良い男性全てと、関係を持ちたいらしく、友達の彼氏であろうが、旦那であろうがおかまいなしに、誘惑します。
結婚した後も、その癖は治らず今は・・・。
その二人とも、自分の相手に対しては、潔癖さを求めています。
ちょっとでも疑わしい事が有ると、猟犬のごとく嗅ぎ回り相手を攻め立てます。
これは、浮気に限った事ではありませんが、他人を裏切ったり、悲しませるやからほど、自分がされると、物凄く怒り、わめき散らす人が多いような気がするのですが、
それは、たまたま私の周りがそうなのでしょうか?
子供の時から、そう言うごたごたを、見てきたせいか、
私は、浮気自体したいと思ったことがありません。
ばれた後どうなるか、考えただけで鬱陶しいし、傷つけた心の責任なんて、どうとれば良いのか、取れるとも思えないし・・・。
自分の、パートナーの事で手一杯です。
そんな私も、裏切り続けられたのですが・・・。
2年ほど、話し合いを続けています。
彼の場合、ただセックスがしたかったそうです。
色んな女と、具合が人によって違うかどうか知りたかったそうです。
そして、させてくれるのなら見目が許せば誰でも良かったそうです。
そこに、恋愛感情は、全く無かったと言います。
つまり、生きたダッチワイフと言うことです。
本当かどうかは、わかりません。
相手もそう言う割り切った相手を、さがしたそうです。
と、 言う事は、自分もダッチハズバンド扱いで良かったと言う事に、なりますよね。
そう聞いてみたら、「そんな事は、考えていなかった。
それは、嫌だなぁ。」と言う答えでした。
でも、人間に対してそんな酷い事を、考えるような人だったのかと、ショックが大きくて。
今、私の心も少し、壊れています。
わたしは、自分の事だけ、考えられ好きに生きようとおもえば、だれとも本気にならず、遊びと割り切る事が出来る人間です。
ただ、自分の、大切な人を傷つけたくないと言う思いから、浮気は出来ないし、しません。
それに、私は人間なのだから、人間で有りたいと思うし、人間扱いされたいし、そのためにも、人間を物扱いにはしたくありません。

投稿者 やちゃ : 2007年3月27日 20:18

古い話なんですが、5年前に彼の浮気が原因で、一緒に住んでいた家を飛び出しました。

まぁ、出会いからして最悪で、私と出会った時は他に彼女がいたのです。それを何回も発見してついに動かぬ証拠を掴んだという感じです。

3ヶ月後に再開し、私が「変わって、成長したらまた付き合おう」と約束しましたが。私もズルズルs1?2週間に1回ほど会っていました。1年くらいかな。その間何度もやり直そうと言われましたが、様子を見ていると答えていました。そして、変わろうと努力している彼を見て、そろそろやり直そうかな?と思った時、
最初に二股を掛けていた、彼女からのメールを見つけてしまいました。彼は、その女性が勝手に送ってくるのだと言って言い訳して、もうメールはしてくるなと、とても汚い言葉で脅したから、大丈夫だ。と言ったので、「そのメール見せて」と言ったら、
「あまりに下品な言葉づかいのメールなので、すなに見せたら嫌われるから・・」と、見せてもらえませんでした。多分、送ってないか、「見つかったから、しばらく会えない」とでも送ったんじゃないでしょうか?

その2ヶ月後、彼女が出来たとメールが来て、
あまりにもムカついたので、電話じゃ話にならないと、会う事に。実は私は彼に多額の金を貸していたので、取り戻したいという気持ちでした。

それから何度か会ううちに、またやり直したいと何回も言われ、断っていると、彼女とは別れたと言ってきました。自分は今まで、ひとりではいられない性格だったけど、一人になって自分を見つめ直したい・・と。へぇ、すごいじゃないの!成長したのねと思い、友達として様子を見る事にしまして、
ズルズル(1年くらいお金を返してもらう為)会っていたけど、冷める一方の私で、お金を返してもらってから、会わなくなりました。その間、酔っ払って脅しのような電話もありました。「金返したら、終わりかコラ!」みたいな。

私はその後、時々は思い出しながらも立ち直り、
頑張っていました。そうしたら1ヶ月前、偶然彼の友達と会い(約5年ぶり!)彼はその彼女と結婚したと聞きました。私は彼から「別れた。」と聞いていた時に段々会わなくなっていたので、「ああ、じゃあ別れたけどまた戻ったのね」と言ったら「やつら、1回も別れてないよ」と。私には別れたと嘘をついていたのです。そして、私にモーションを掛けてきていたのです。今でも浮気を繰り返しているそうで、友人はみな、嘘の多い彼に嫌気がさして、付き合いはもう無いそうです。

何なんですかね? 浮気者なのに結婚願望が強くて
(私も何度も求婚されました)でも浮気を止めない。友人に見捨てられても、止めない。

私は心から、この人と別れて良かった・・と思うし。彼は病気だと思います。

投稿者 すな : 2007年4月 2日 11:21

久しぶりの書き込みですm(_'_)m

◆roseさん

コメントありがとうございます。
よく観察されていますね。

低い自己評価を「高める」のではなく、
他人の評価や、自分の言うことを聞いてくれるしもべの
人数みたいなもので「埋める」ことをするので様々な
問題が起きるのだと思います。

言葉でこうやって書くほど簡単じゃないですけどね。


◆ななさん

コメントありがとうございます。
このコメントだけでは、ちょっとどんな彼なのか伝わっ
てきませんでした。

ひとつ言えることは、社会的な是非を脇に置いて考える
と、浮気をする人は、心理的に浮気が必要だからするの
だということ。

本当は、ななさん自身が、この不倫をどう捉えているの
か、続けたいのか、苦しいからやめたいのか。

そんな話を書いてくださると
コメントしやすいんですけどね。


◆やちゃさん

お父様の言動、辛かったですね。

他人を信じて、心を開く。
そんな気持ちが幸せの元になります。

そんな気持ちを持てるようになるといいですね。
そして、その時にはきっとパートナーもそれにふさわし
い状態に変わるか、変われない人なら、そんなあなたに
ふさわしい別の人に替わっていますよ。

不信感を持ったまま話し合いをしても、
残念ながら現状を変えることは難しいんじゃないかな。

厳しいコメントでごめんなさいね。
やちゃさんの心が癒され、楽になると、現状も変わるよ
ってことを言いたかったんです。


◆すなさん

別れることができてよかったですね。

読んでいて「見捨てられ不安」という言葉が浮かびまし
た。不安が心の傷によるものだと気づき、自分自身を
癒して変えていくことができれば、他人を傷つけて生き
るのをやめられるんです。

でも、多くの人は不安などのネガティブな感情を他人の
せいにしています。

そして、その感情を感じなくてすむような生き方をする
のですが・・・それでは安らぎがおとずれないんです。

コメントしてくださった皆さま。
ありがとうございます。

投稿者 あづま(管理人) : 2007年4月 3日 08:35

ご回答ありがとうございます。
まだ、信じる気持ちが足りないのでしょうか?
今まで、自分的には信じてやってきた積りなのですが。
一緒に、共に暮らす人は、信頼して安らげる場を作ろうと努力してきたつもりなのですが、私のどこがいけないのか、自分では判らず・・・。

彼に聞いても、ヤチャは悪くないいつも精一杯愛してくれている、悪いのは俺だと言うだけで・・・。
他の女はいらないやちゃに、そばにいて欲しい、絶対に別れたくないと言うのですが、もう彼の言葉が信じられなくなっていて。

もう少し心を休めたいのですが、休め方すら分からなくなっているみたいです。
自律神経が悪くなっているのか、毎日だるくて空腹すら分からない毎日です。

少しでも前向きになれるよう、頑張ります。
ありがとうございました。

投稿者 やちゃ : 2007年4月 4日 18:25

やちゃさん

コメントありがとうございます。

ご自分を大切にしてくださいね。
他人を信じる前に、自分を大切にするクセをつける方が先のようです。

自分を愛している人は、他人からも大切にされます。
自分を粗末にしている人は、他人からも粗末にされます。

自分を愛するというのは、
自分の感情や欲求をちゃんと表現するってことです。

自分の欲求を表現することが「悪いこと」「わがまま」という気持ちがあるのではないでしょうか。

私はセラピストなので、セラピーにいらっしゃった方には言葉だけでなく表情や声の調子も含めて「あなたはそのままでいいんですよ」「あなたには生きている価値があるんですよ」ということをお伝えしています。

文字だけだと、それが伝わらなくて残念ですが、

身近に、そうやってあなたのことを受け入れてくれる人を見つけてくださいね。

それが、心の力(自分自身を肯定する気持ち)を育てます。

そしてもしも、不幸な世界にひたっていたい気持ちがあるのなら、その気持ちを変える必要があるのだと言うことに、是非気づいてほしいと思います(幸せを怖れる気持ちとして感じる場合もあります)。

不幸な世界にひたっていたい人を、他人は助けることができないのです。

投稿者 あづま(管理人) : 2007年4月 6日 07:52

こんばんは、いつも私のような者の書き込みに、丁寧なご回答ありがとうございます。
彼は、私にとって、こんな事になる前は、本当にオアシスでした。
会うことさえ間々ならない交際でした。
今まで付き合った男性は、「君は、1人でも大丈夫、でも○○子は、俺が付いていてやらないと。」とか
「いくらなんでも、そんな家あるもんか、俺と付き合いたくないならそう言え。」とか
「ごねんね、他に好きな女が出来た。」
「俺のためには、時間が作れないのか。」
など、私の事情をあまり本気で考えてくれませんでした。
初めて、私のペースに合わせてくれ、無理な事は求めてきませんでした。
優しく、親よりも甘えられる人でした。
その心地よさを、私が手放したくなかったのだと今は、思います。
今も、それに執着しているのかもしれません。
親元に帰っていたときの、あの針の筵状態もう耐えられませんでした。
ただ、あの人も可哀想な人間ではあるのです。
母親から愛されず(彼の母親の母親も今で言うモラルハラスメント、パワーハラスメントの激しい女性で、とてもまともとは、言いがたい人でした。)
父親は、仕事人間でまともないい人ではありましたが、
家族との交流がほとんどなく、母親にまかせっきりだったようです。
何かが、ゆがんでいる。
結婚したときから薄々は気づいていたのですが、認めたくなかったのでしょう。
自分の目を信じたかった・・・。
私を、そのまま受け入れてくれている彼を、信じていきたかった。
決して、不幸なだけの結婚生活だけでは、ありませんでした。
あずまさんの言われた事も、きちんと視野に入れこれから先あきらめず生きていこうとおもいます。
本当にありがとうございました。

投稿者 やちゃ : 2007年4月 9日 21:38

いろんなコラム拝見させてもらっています
浮気され責めて追い詰めて傷つけて
結果その浮気相手と同棲されて
確かに自信がなく弱さから相手に逃げたくなったのは理解できます
浮気だけではなく
自分も何もかも捨てて
相手を幸せにしたいとまで思っているみたいです
妻子を捨てる覚悟で
そんな事ができるのですか家族と比べられないくらい大事な物ができたのも
事実なんだって
妻と相手は別の存在だと
浮気男の気持ちが
わかりません
そんなに本気になる事
ありますか
妻子に対して未練や後悔はないのですか?
浮気する気持ちは理解できます
そこからの気持ちは理解できないのです

投稿者 あまね : 2007年5月27日 10:35

あまねさん

浮気というより、ほとんど別れに近い形で他の女性と関係を持たれてしまったのですね。
辛かったですね。

私は浮気するよりも、嫌だったらすっぱり別れる方がむしろ理解できます。
子供に対しての未練はきっとあるでしょう。
後悔もあるでしょう、きっと。
(念のため書いておきますがそれは私に対して聞く質問じゃありません)

人はいくつもの気持ちを同時に感じるものです。
後悔しながらでも、やはり別れたい場合もあります。
というか、全ての離婚経験者は後悔の気持ちがあるんじゃないでしょうか。それでも、決断するんです。

私はこの疑問がとても不思議に思いました。
>妻子に対して未練や後悔はないのですか?
だって、後悔の気持ちだけで戻ってきたとしても、
幸せにはなれないと思うからです。

好き、大切に思う気持ち、愛情、尊敬、感謝の気持ちがなければきっと幸せにはなれません。
今は難しいかもしれませんが、きっとそこにたどり着けると信じて進んでください。

投稿者 あづま(管理人) : 2007年5月28日 01:11

あづまさんありがとうございます
きっとそこにたどり着けると信じてとありましたが
意味がいまいち理解できません
そういう気持ちになれればやり直せるという事でしょうか

投稿者 あまね : 2007年5月28日 19:21

あまねさん

好き、大切に思う気持ち、愛情、尊敬、感謝の気持ちに向かって進んでくださいという意味です。

投稿者 あづま(管理人) : 2007年5月28日 21:42

男の浮気についてですが、そもそも浮気とはどういう状態のことを言うのでしょうか。
いろいろな投稿を読ませていただくと、結婚している方が、他の異性を愛してしまった。
と言う例も少なくはありません。
この場合は浮気なのでしょうか。それとも本気の恋愛なので浮気とは呼べないのでしょうか。

実は私の夫は浮気をしています。

主人が半年ほど単身赴任をしているときに性的欲求が抑えられなくなり、職場の部下とそういう関係になりました。
サービス業と言う仕事柄、若い女の子は常にいるので、浮気をする環境は十分整っているわけです。

たまたま私が夫の浮気に気づき、耐えられなかった私は主人に問い詰め、すべてを話してもらいました。

主人いわく、私がいなかったことで、性的欲求が抑えられなかった。
私への愛は変わらないし、私には一切の不満もない。自分には十分すぎる人だ。と言ってくれました。
主人にとっての浮気とはただ単に生理的欲求を満たすだけのものでしかなく、愛ではないと言うのです。

私がおばさんになってしまうと、だんだんSEXができなくなってしまう。そのときに男はまだ欲求があって、
若いことSEXしたくなる。だからと言って私への愛は変わらず、恋愛とSEXは別だと言うのです。

恋愛とはその人を愛しいと思うか。であり、浮気のSEXはただやりたいだけで愛情はない。
そして結婚は生活そのものであって、その人の人間性すべてを愛しているか。と言うことなのだそうです。

私はそのすべてを満たしたと言うことで結婚を決意した。だから、一生一緒にいると決めたし、家族も1つで良いと・・・。

男の性的欲求は食欲や物欲と一緒で、やめろと言われてもやめられない。と言うのが主人の言い分です。

正直言って主人は自分勝手だと思います。
そんなことを言われても女の私には、理解できないことばかりです。

でも主人が私を愛してくれているのは十分感じられるし、信頼してくれるのも解ります。

ただ、主人の浮気に関する考え、それに伴う行動にはとても理解することはできません。
主人の愛を信じているのですが、浮気している事実を許すことができないのです。

世間には夫の浮気を単なる浮気としてとらえ、立派に理解している方もたくさんおられると思います。

私は夫の浮気とどう向き合ったら、良いのでしょうか。
どうしたら、"男の浮気はたかが遊び 所詮まやかしだ”と理解することができるのでしょうか。

投稿者 迷子の子猫 : 2007年7月26日 19:17

★迷子の子猫さん

大変でしたね。
辛かったですね、それは。

このコラムは、「浮気性の男」の心理について書いたものです。その後私も勉強して、浮気を繰り返したり、何人もの恋人を作る人は「回避依存症」という心の問題を抱えているのだと理解できました。この場合、本人も心の苦しさから逃れるために浮気しているのです。

しかし、これはあくまでその男性の立場に立った場合の議論です。浮気された側に、受け入れなさいと言っているわけではないということを、まずお断りしておきます。

>私は夫の浮気とどう向き合ったら、良いのでしょうか。
>どうしたら、"男の浮気はたかが遊び 所詮まやかしだ”と理解することができるのでしょうか。
えと、そういう理解をされている方もいらっしゃるとは思うのですが・・・
私は決してお勧めしない考え方です。

すごく簡略化して書くと、
浮気した側:反省し、改心する
浮気された側:相手を追い詰めていたことを反省し、許す
こういう風に、お互い修復に向けて歩み寄ることが必要です。
でも、ご主人さんがどうしても歩み寄ってこないようならば、あとはあなたが我慢するか別れるかしかないわけです。

別コラム「不倫されたときの心の癒し方」もお読み下さい。


また、性欲に関してですが、
これは、否定しても仕方ありません。
夫婦間で性欲に違いがあると、苦しくなります。
夫婦で「どうやって性欲を安全に満たすことができるか」話し合ってください。あなたがセックスに応じられないのなら、手でしてあげるのはどうか、あるいはご主人さんがマスターベーションするときに、肌を触れていてあげるのならOKなのか。このまま我慢を続けて爆発したら別れしかないわけですから、覚悟を決めればこの程度の話し合いはできるはずです。
浮気は、私はあまりお勧めしない方法です。

また、セックスに対してあなたが嫌悪感や罪悪感を持っていないかどうかもチェックしてください。セックスは子孫を残すという人間にとって根幹をなす部分の欲求で、とても強いものですので、いかに抑え込まずに【安全に】満たすかが大事なのです。

大変だと思いますが、応援しています。
ぜひご夫婦でこの危機を乗り越えられることを祈っています。

お返事ありがとうございます。

お互いの歩み寄り と言うのは簡単な様で難しいですね。
私も歩み寄ろうと思い、何度も主人と話し合いました。
主人も私には隠しとおせないと感じたのか、すべてを話してくれました。
その話では、私に何か欠点があって、逃げる様に浮気をしたのではなく、
純粋に生理現象を抑えられなかったと言うことなのです。
単身赴任をしていなかったら、浮気はなかったでしょう。
ただ、主人がポロットこぼした言葉で、
「お前は俺のことをたててくれていたけど、子供さえいたらいい。と言う感じもあったよな。」
と言われました。
主人にとってはもう少し一緒にいてほしいと言う思いがあったのかもしれません。
それはSEXに対してもいえることだったんだと思います。

それに関しては私も少し反省をしました。
しかし、下世話な話ですが、主人は若い女の子を知ってしまったのです。
私のことは心から愛しているから、SEXなしでも、お互い信頼し、
お互いを成長させられる関係を永遠に築くことができる。
しかし、浮気は肉体的欲求だから、若い女の子を見ると我慢できなくなる。
そこに愛や精神的安定、人間性はあまり関係ないと言う理論なのだそうです。

ある意味風俗的な意味合いなんだと思います。

だから主人も私に我慢しろと、私にはそれができる人だからと言う言い分です。

私も離婚は望んでいないので、我慢するしかないと思っております。
ただ、同じ我慢するにも、自分の嫉妬心を回避させられるような何か良い方法があれば・・・と思ったのですが、
そんなものはないかもしれませんね。

投稿者 迷子の子猫 : 2007年7月27日 12:21

あの後、少し考えてみました。
今までは主人は私のことを愛してくれている。
ただ、私もだんだん年をとり、若い子には肉体的には絶対にかなわない。だから主人は若い子を求めて浮気をするのだ。と思っていました。

でも、やっぱり、浮気をするということは私自身に何らかの原因があるんですよね。

以前の私は主人の求めてくるSEXに対して義務的な感覚で答えていました。
それが主人には悲しかったのではないかと思うのです。

精神的に私のことを信頼してくれているのであれば、彼の性的な欲求にも答えて上げられるよう私も努力すれば、もっと彼といい夫婦関係が築けるのではないかと思ったのです。

今すぐどうすると言う考えはないのですが、私自身、もっと主人に歩み寄ってみようと思います。
いつも嫉妬心でうじうじしていた私ですが、前向きに考えることによって少し、肩の荷が下りたような気がします。

とりあえず、一歩前に進んでみようと思います。
ありがとうございました。

投稿者 迷子の子猫 : 2007年7月28日 23:50

迷子の子猫さん

コメントありがとうございます。
そうですね。解決に向けて前に進んでほしいと思います。

>以前の私は主人の求めてくるSEXに対して義務的な感覚で答えていました。
>それが主人には悲しかったのではないかと思うのです。
これは、きっとその通りだと思います。

もちろん、今のあなたの感情が「嫌だ」「義務感がある」というものでしたら、無理に我慢して合わせるのではなく、
・どういう状況だと応じるのが嫌なのか?
・どういう状況だとそれほど嫌でないのか?
というように、自分のパターンを理解するようにするといいです。

酒臭い主人が嫌だった。
若い頃は、プレゼントをくれて、香水をつけていたのでOKだった。

じゃあ、また若い頃みたいにやってみようか。

これは一例ですが、こんな風に工夫するのです。
クリエイティブに!!

では、健闘を祈っております。

投稿者 あづま(管理人) : 2007年7月29日 17:22

初めまして。私は急逝統合失調症で、彼氏は重度の強迫神経症で20年患っています。
実は6年間付き合ってきた彼なのですが、、彼氏は昔から私以外に他の女性達とお茶をしたり、食事をしたがっていました。でも私がそれは辛いからやめて欲しいと伝えたところ、隠れてこそこそあっていたようです。
いつもばれた後の事後申告でした。最近2ヶ月前から作業所で仲良くしていた女の子と食事に行き、彼女と付き合いたいと言われました。理由は彼女と話が合うし、彼女は彼が他の女の子と会うのを許可してくれるからだそうです。彼はこの5年前にも同じ様に他の女の子と私に隠れてお茶をし、彼女をゲットできると思ったその日に私に別れを告げ、その翌日本を返してもらおうと電話したら、「何言ってるんだ別れる訳ないだろ」と180度変わった返事が来ました。理由を聞くとその彼女は彼を友達としか思っていなかったとのこと。その時は彼を許したのですが、又同じことの繰り返しです。私から好きで告白した恋なのですが、最初は「お前は5級の女で、オレは一流の男、お前と付き合うオレの気持ちが分るか。冷たいなんて文句言うな。お前は友達以上、恋人未満なんだ」と言われ、傷つきましたが、その後彼が「好きなら真正面からぶつかってこい。そのお前の気持ちをオレはむだにはしないよ」と言われ、一生懸命彼を支え、癒し、許し、尽くしてきました。でもやはり、1年前に「お前はどぶねこで、オレはリッチで上品なねこ(彼の家は実際とても裕福です)。オレにもう少しふさわしくなれよな」と言われとても傷つき、別れようとしたのですが、「あれは冗談だよ。そんなことで気にするなよ。」と屈託のない笑顔で言われてしまい、許してきました。彼は自分の母親が車のCDを入れる操作が一度で出来ると「猿でもできるんだな」と冗談で言っている人なのです。注意をしても「いいんだよ。相手は気にしないから」と言われてしまいます。最近やっと彼が「お前は最高のパートナーだ。お前といると安らぐ。空気みたいな存在がいいな」と言ってくれ、結婚をほのめかしたので、嬉しくて仕方がありませんでしたが、突然のことでショックです。彼に別れると伝えると、「オレが調子悪いときはやっぱりお前だし、6年間築き上げてきたものを一気にここで崩す必要はないんじゃないか。又家のおやじも交えて話し合おう。今は距離を置こう。でも自殺はするなよ。大丈夫だな。オレの責任でそうなったら困るからな」と言われました。でも彼は彼女が出来る前によく「どうせ俺はお前しかいない。他の女の子なんて出来るわけがない」とよくぼやいていました。別れるべきでしょうか。どうしたらいいでしょうか。彼の気持ちが分りません。

投稿者 ぽぷり : 2007年8月18日 15:54

はじめまして。あづまさんのメルマガは毎号楽しみに読んでいるのですが、サイトに来たのは初めてで・・・興味深く読んでいます。

私は、2年半前、5年以上付き合った男性と結婚しました。子どもはいません。
ただ、2年前に出会った、年下の彼がいます。
当時、彼には彼女がいましたが、しばらくして別れ、それからは私が彼女のようなもの。
私は、本当に彼を好きになってしまい、旦那との別れも考えました。
彼も、本気で愛してくれました。一緒になりたいと、言います。
ただ、先日彼が浮気をしました。
たまたま、私に用事が会って会えなかった日に、つい2,3日前に知り合った女の子と初めてのデートで。

今でも彼は、私が一番好きで、絶対に失いたくない、私のいない未来は考えられない、といいます。
ただ、これから先、全く浮気をしないかといえば、断言できない、下半身は別物だから・・・と。

彼は、女の子にもてます。
そして、とても寂しがりやです。
女の子がよってくれば、断らずに、流されるだろうな・・・て思ってましたが、彼にとって私が初めて本気で好きになれたかもしれない女、という言葉に、私がいれば浮気はしない、って変に期待していました。

彼とは今遠距離です。
できる限り時間を作ってはいますが、やはり埋められないのかもしれません。
だからといって、私が離婚をすることは、今は拒みます。
今は、彼にとって、それが重いことだから。

自分がやってることがそのまま返ってきてるんだって思うし、このまま彼を忘れて、元の生活に戻ればいいと思います。
ただ、私は、彼に依存しすぎてしまいました。
母子家庭で、母も夜の仕事をしていたので、ほとんど一緒にはいませんでした。
父親は他に家庭がありました。それでも私の事を大事にはしてくれたけど。
でも、やっぱり、寂しかったのかなあって思います。
それが、今の依存に繋がっているのかなあ、って。

彼がまたその女の子と会うかどうかはわかりません・・・ただ誘われたら断れないとは言います。
それでも、彼への気持ちはなくなりません。
それでも、彼への不信感も完全には消えません。
それでも、旦那のことを愛す事もできません。
こんな状態で、旦那といるのも、失礼だと思うし・・・。

あづまさんのコラムを読んで、やっぱり彼は弱い子なんだと思いました。
彼に対しては、今回の事は許して、できるだけ自重してね、と伝えています。
それでも、つらい気持ちは消えません。
でも・・・まずは私の依存心を消すことが大切なのかなあって思います。

コラムとはちょっとずれてしまったかもしれません。
長々失礼しましたm(__)m

投稿者 しおね : 2007年8月30日 13:42

2年半付き合っていた彼と、度重なる彼の浮気が原因で別れました。
浮気する人の心理を知りたいと思ったのは言うまでもなく、あづま先生のコラムを拝見しました。

確かに彼は精神的に弱い人だったと思います。
10代の頃には鑑別所と少年院を出入りし、20歳になった時には刑務所に入りました。
それもこれも育ってきた環境が多分に影響すると思いますが、その中で自分の感情を上手にコントロールできないようになってしまったんだと思います。
一見すると彼は優しそうな人です。見た目もごくごく普通で、とても過去にそのような事があったとは思えない感じです。話し方も穏やかだし、笑った顔はとてもかわいいんです。

私の正直な感想は「なんで?」です。

彼の過去を聞き、いろいろな状況から“愛情不足”が原因なんではないかと、私なりに支えになっていこうと思いました。私も本当に彼を愛していたので、言葉や行動で彼にわかりやすく愛情を示してきたつもりです。何か失敗した時には黙って手を握っていたり、はたまた解決の方法を一緒に見出したり、何か悪いことをしても、たしなめながらも「あなたならできるから。信じてるよ。」といい、ずっと側にいました。
彼は仕事や人間関係の中で良い方向に向かえる道とそうでない道の2択を迫られると、必ず良からぬ道を選択します。自分が悪者になればその場をしのげると思っているからだと思います。それともうひとつは成功して喜んだことがない(一緒に喜んでくれる人がいなかった)からだと思います。私から見ればクリアできる力量はあるのにわざわざ悪者になる道を選んでいるようにしか見えませんでした。

簡単に言えば自暴自棄な人。
後先考えずにその場だけの判断をする人。
自分の行動で苦しむ人がいることを認識していない人。

日常でこのような考え方だったり行動をする人が浮気をすることに嫌悪感がないんではないかなと思います。
浮気をする心理としては、生理的な部分ではなく精神的な部分が大半ではないかなと思います。

私は彼に達成感を味わってほしかったし、愛し愛されることの充実感を味わってほしかったんです。愛していた彼だったからもちろん浮気されたときは辛かったし、悲しかったですが、それを攻撃しても解決にならないことは目に見えていたので、そこは耐えました。
浮気をしても私は側にいるということで、愛されている実感を得てほしかったし、自信につなげてほしかった。
でも結局は自信がないから上辺だけ(じゃないかもしれませんが)のライトな愛情をかき集めて自信につなげていたんだと思います。
彼の3度の浮気で共通しているのは、決まって特定の女性が1人ではないということです。必ず複数の人と同時進行でした。多分1人では自信にならないんでしょうね。
そして浮気相手に対する態度は決まって上目線です。年齢は関係なく、年上の女性に対しても自分の方が強いということ・包容力を強調します。
おそらく浮気相手との時間で自分の偽りの自信を確信しているのでしょう。優しくできる自分に酔っているんだと思います。
そんな彼も浮気相手とうまくいかなくなると、切り捨てるようにその相手には未練がなく私のところに戻ってきました。そして泣きながら「俺にはお前しかいない」と言うんです。私も心の半分は「ふざけんな!」的な気持ちがありましたが、毎回「今度こそ!」という気持ちで彼との時間を過ごしてきました。
彼も自分にやましい事がない時は、何事に対しても非常にポジティブで、こと仕事に対しては素晴らしい程の向上心で取り組んでいました。でもその向上心はちょっとした壁にぶち当たることでなくなります。また楽な良からぬ道を選んでしまうんです。「せっかく俺ががんばっているのに、認めてもらえない」という理由なんだと思います。

彼は不安という言葉や淋しいという言葉を口にしません。もちろんそのような素振りも見せません。過去にあった出来事は話してくれても、その時何を感じ、何を考えたのかを聞くと非常に怒ります。そこに解決策があるように感じていましたが、結局話してもらえなかったので私の「愛情を注ぎ続ける」という方法はもしかしたら間違っていたのかもしれません。でもその人が育ってきた環境と浮気をすることは、切っても切れない因果関係があると思います。

あづま先生、ひとつ伺いたいのは、浮気する人に多く見られる精神的に弱い自信のない人にそれを気づかせるきっかけ作りは、他人にはできないんでしょうか?
私は今でも彼に幸せになってもらいたいと思いますし、でもそれには自分で気づいて改善してもらうしか結局は方法がないんだという結論に達しています。
私なりに考え、私が感情を露わにすれば彼もそうしやすいかと思って、私の弱い部分を話したこともあります。そして彼の行動を拒絶することはなかったです。彼の良くない行動に対しては許し、そして根っこの部分を理解しようと尽くしてきました。
でも私の力不足か、最後の切り札というか、「別れる」という今までやってこなかった手段で今を過ごしています。

私も精神的にいっぱいいっぱいのところがありますが、彼が気づいて前を向いてくれるなら、コンタクトが取れる間なら力になりたいと思っています。

何か助言をいただければ幸いです。

投稿者 さぼてん : 2007年9月11日 01:38

私は2度目の結婚をしました。
結婚してすぐに旦那の携帯の動画で前の彼女との性交の画像を見てしまいました。
彼は消すのを忘れただけだと。その前彼女は私も知っている人だっただけにショックは大きくて、。
確かに彼は謝ったし、そういうモノを残していた事も失敗だとわかっています。
今ではとてもよい旦那なのですが。
パソコンなどでアダルトなサイトのものを隠れて見ているようで。
あの時の衝撃が彼を許した今でも忘れられず、そういう所を発見すると手が震えどうしたらいいかわかりません。
まだ浮気をしている訳ではないんですけど、私にとってはその日の事がトラウマになっていて、パソコンに向かっている時も苦しくて仕方が無いです。
昔、どんな男性でもそういうモノに興味があるのは当然だし、むしろ少しかわいく思えていたのですが、明らかにこの事件のあとから受け入れられない女になってしまったようです。
結婚してまだ半年なのですが、夜の生活も1ヶ月に1度くらいと・・・
それは仕事や生活の状況もあるのでしょうが、このコラムを読ませていただいて、彼に自信がない事が一番大きな原因と思いました。
2人ですごい悪循環の中にいるのだとわかったのですが。
やはり、そんなサイトばっかり見ているのに私との関係が少ないと、どうにも心がやすらぎません。
このままではそのうち旦那も浮気してしまいそうで怖いです。
でも、今日こちらを拝見させていただいて、私が旦那に自信をあげればいいんだとわかりました。
それは簡単な部分と難しい部分がありますが、この幸せを壊したくないのでがんばってみようと思います。

投稿者 かりん : 2007年10月13日 09:19

以前、相談させていただいた時に
上手く伝えられずコメントしづらかったようですみません。

相談させていただいた春以降も、彼の浮気は止まらずにいます。
浮気はしても相変わらず私への対応は一切変わらずにいることが不思議でなりません。

浮気は彼にとって必要な事と先生は仰っておられましたが、どういう意味なのでしょうか?

彼は既婚者で家庭がある身です。
週に1日は自宅、1日は当直(勤務医の為)、残りの5日は私のところで過ごしています。
浮気は月に2回位で相手は同じ病院の看護師さんです。
それ以外に月に1?2回程度ソープに行きます。
これも決まった女の子がいます。

彼と同棲して2年になりますが、その間に私とのSEXは2回だけです。
何度も、レス状態に不満を抱いている事も伝え話し合ってきましたが帰ってくるのは同じ台詞です。

奥さんと私は大事になりすぎてしまって抱けない。
自分にとってSEXは不浄のもの(溜まっているものを吐き出す行為)、だから遊びの女としかSEXできないと・・・

これって本音なんでしょうか。
それとも、奥さんと私には新鮮味が感じられないからでしょうか?

私は彼に他の女性と付き合って欲しくないし、レス状態も解消したいと思っています。
彼に奥さんと私だけ見るように望む事は無理な事なのでしょうか。

投稿者 なな : 2007年11月30日 20:54

結婚10年、最近2回目の主人の浮気が発覚しました。
私の彼に対する態度も原因だったと思います。
未だに、連絡を取り合ってる2人ですが、とても苦しそうです。
慰謝料を払うから離婚してくれ、
俺は悪い男なんだから、
家庭に幸せなんて求めてない・・・

いろいろ、言ってきますが、苦し紛れながらも、一生懸命愛情をそそいでいます。

主人が最近よく、聞いてくるのです。

ちゃんと聞かせてくれ、俺のことが好きなのか、
嫉妬してるから、離婚しないのか??

そんなの決まってるじゃないですか!!好きだからです。

そういうと、しつこいですね?っていやみを言われるんですが・・・・
これは、不安な主人の、安心確認なんでしょうか・・
いい兆しのような気がします

投稿者 佐藤 : 2008年3月 8日 17:23

12月に結婚したばかりの、新婚ほやほやのまいです。

結婚をしようと、準備のために同棲し始めたころから、当時は付き合っていた今の夫に浮気をされていた経験があります。
発覚したのが、自分の誕生日の五日後・・。疑ってはいたモノの、まさか浮気されるなんて信じてた私はバカだなぁと思いました。思い出してみれば、同棲し始めてから、相手にされなくなり、誕生日も祝ってもらえませんでした。
結局、私が好きだったということ、『そばにいて欲しい』という甘い言葉に付き合いは続き、現在に至っています。

しかし、一年も前の出来事なのに、まだトラウマで夫を信用できません。少しでも仕事で遅くなると、”浮気”、休日出勤”浮気”、私が友達に会って遅いと”浮気”・・・
私が悪いんですかね、どうしても信用できない。ほかの部分では尊敬もしてるし、嫌いじゃないのに、その二文字を連想させるようなことがあると、すぐに確かではないのに八つ当たりをしてしまいます。

でもやっぱり別れたくない・・ただ誰かに横にいて欲しいだけかも

あっそういえば、浮気をする男の条件にうちの旦那はピッタリで、ある意味これを読んでしょうがないかと思ったりも・・・

投稿者 まい : 2008年3月23日 17:49

久しぶりのコメントです。
コメントありがとうございます。

いくつか、共通するポイントがあるように思いましたので、個別のご返答ではなく、共通するポイントについて書きたいと思います。

まず、女性が思っている以上に、男性は女性から賞賛されたり尊敬されたいと思っているものです。そして、それが叶わない相手は怖いと思うものです。

奥さんが心の底では怖いから、虚勢を張っていたり暴力的になったりする男性は多いです。大体、怒るというのは怖いから怒るわけですし。

但し、怖い感情の90%は子供時代から抱えているものですから、奥さんの側にも旦那さんを怖がらせた責任が少しあるとは言え、基本的には本人の問題です。勝手に怖いと思い、勝手に怒ったり、勝手に逃げたり(=浮気に走ったり)するわけです。

あともうひとつ、これは関係あるかな、と思う要因が、セックスをすると、お互いに感情がうつる、ということ。セックスしなくても一緒に生活をしていると相手の気分はうつるものですが、セックスの時は、催眠状態になっていますから、相手の感情がうつりやすいです。

日頃から怒ることや相手を責めることが多い女性は、その感情が相手にうつるから、男性がセックスをしたがらなくなっている可能性があります。

ここは、女性側で対策できる部分です。カウンセリングを受けたり、セルフケアの本などを参考にして、自分の心に抱えた毒(ネガティブな感情)をデトックスすることで、夫婦関係がよくなります。

それから、以前メルマガに書いたのですが、奥さんのことを心から大切だと思った男性が、自分の回避依存症傾向を克服しようと恋愛セラピー(個人カウンセリング)に訪れたことがありました。
奥さんのことを、心の底から大切だ、絶対に失いたくないと思ったら、こういう風に、親密になると逃げたくなる心を治そうと思う人もいるのです。

相手を受け入れ、相手の辛い心を理解し、問題を解決するために共に考え、共に歩むと決めること。結局それが愛することなのだと思います。
(念を押しておきますが、「相手が悪い」と責めるのであれば、関係が好転する見通しは暗いです。さっさと別れて別の相手を探した方が傷が浅くてすみます。相手の心の問題が解決する可能性があるのは、相手の心の痛みを分かち合ったときです)

但し、誰にでもできることではないと思っています。それぞれ、自分の限界があります。私は、仕事では恋愛依存症や回避依存症の方とも関わりますが、結婚相手としてはそういう方は選びません。私には荷が重すぎますし、そのような問題を抱えた方をパートナーに選んでしまえば、今のように多くの悩みを抱えた方と仕事で関わるのは無理です。一人を救うことに人生をかける必要があると思います。

それでも、心の課題を抱えた方と結婚して相手の問題を共に解決していこうと決意されるのであれば、そんなあなたを私は尊敬しますし、その決心は立派なものだと心から思います。

但し、無理しすぎないように、と付け加えておきます。老婆心ながら。

名前のところをクリックすると、回避依存症傾向のある男性を改心させた話を書いたメルマガの号にジャンプします。


相手が幸せな気持ちで毎日を過ごすことを許しているか

「相手に希望を言わせない」

この部分にとてもぐっときました。僕の両親はまさにこの言葉が当てはまる両親だったと思います。
僕も近頃は、女性を幸せにする力も自分自身を幸せにする力もないと思っていて、欲求の解消に女性に買われた方が楽だなぁって思っていました。
自分が男としてやっぱり居たいので、そんな力はないとしても、やっぱり将来結婚するに際しては、子供の前でも一人の男として子供から見られたいので、自分で女性を迎えられるようにと思い日々頑張っています。
良い分をありがとうございます。

投稿者 s : 2009年2月26日 11:04

はじめまして。一年前に5年同棲している彼に浮気されました。
彼は自分の趣味もあり比較的一人でも大丈夫なタイプで寂しがりではありませんでした。
ただ一時私が彼に駄目だしを多くしていて、その時期に浮気されました。
もともと自信は無い彼でしたが、浮気はしないと胡座をかいていました。女性側が積極的で恋愛依存的な方でした。
彼は浮気相手に「結婚まで考えた彼女とも上手くいかなかったのに君と付き合っても上手くいくわけない」と関係を持ってすぐ終わりにしていました。
体の関係が目的ではなく、駄目だしばかりする私に対する怒りや腹いせで関係をもったといいます。

彼はいつも私のわがままをきき振り回しても怒っても我慢し犠牲していたようでした。
もともと自信がない彼に無くすようなことばかりしていたこと、精神的に弱い彼なのに自分のエゴばかりぶつけていました。
結局私が彼に対して愛情がなかったのが伝わっていたんだと思います。
とても傷つき苦しみましたが、そのおかげでお互いに自分と向き合うきっかけになりました。

投稿者 まりも : 2009年3月12日 13:25

sさん

コメントありがとうございます。
自信のなさは、子供の頃に付いた心のクセのことが多いです。能力や容貌などとは実は関係ないのです。その証拠にとてもキレイでも劣等感の塊の人や、能力があるのにチャレンジすることにいつも二の足を踏んでしまう人などがいます。

だから、このクセを変えていくと決めることが出発点になります。
一人でとり組むのは簡単ではないかもしれませんが、まずは、ポジティブな言葉を使うことから始めてみてはいかがでしょう。


まりもさん

コメントありがとうございます。
貴重な体験談を書いて下さってありがとうございます。

ぜひ、彼が喜んでまりもさんのために尽くしたいと思うような、そんな女性を目指して下さいね。
相手を責めて、行動を強制できたとしても、イヤイヤ尽くされたのでは自分も幸せにはなれないですからね。

ぜひ、本当の幸せを目指して下さいね。

投稿者 あづま(恋愛セラピスト) : 2009年3月18日 16:20

はじめまして 
このサイトを始めて拝見しました。

私の夫は数年前に浮気を繰り返していました。
その時はなぜ夫が浮気をするのか全く分かりませんでした。

夫はまじめでギャンブルもせず、酒もタバコものまず、よく働くやさしい人です。

結婚する前は、まさか浮気をするとは思ってもみませんでした。

ところが結婚して3,4年経った頃、最初の浮気が発覚しました。

私はとにかく夫を責めました。
そしてもう絶対に浮気をしないと誓わせました。

ところがしばらくしてまた浮気をしてることがわかりました。同じ人と続いていたのです。

私は前よりも責めました。人格をを否定するようなひどい言葉を何度も浴びせました。

「別れよう」と言ったことも何度かありますが、夫は「お願いだから別れないでくれ」の一点張りでした。

別れたくないと思ってるのになぜ浮気をするのか不思議でしかたがありませんでした。

とにかくその人とは別れることを約束させ、その後も私は許す事ができずにいつまでもひきずっていました。

しばらくするとまた浮気が発覚しました。
今度は別の人です。

私はもうダメだと思い、家を出ました。
夫からは何度も別れないでくれと電話がきました。

別れようかどうしようかものすごく考えました。
考えて考えて、ふと(私はどうだったんだろう?)と思いました。

夫のしたことはすごくひどいことだし、絶対に許せないけど、私は夫に対してどうだったんだろう?と。

思い返すと私は夫に不満ばかりだったし、文句ばかり言っていたことに気づきました。

浮気のことで責めてばかりいたのはもちろんですが、その前から色々と不満がありました。

夫は定時制の高校卒で、あまり勉強ができず常識的なことをあまり知りませんでした。
不器用で要領が悪く、私はよくイラっとしていました。
(もっとこうしてくれたらいいのに)とか(こんなふうになってくれたらいいのに)とばかり思っていました。

浮気が発覚してからは不満がますますひどくなり夫にぶつけていました。

そのことに気づき、離婚するのはまず私が変わってからでもいいんじゃないかと思うようになりました。

私が変わってみて、それでもやっぱり浮気するようならもうあきらめようと思ったのです。

でも、自分を変えると言うのは大変なことでした。
浮気をされたことを考えると腹が立つし、まだ浮気をしているんじゃないだろうかと考え出すと止まりません。
なので、少しでもそっちの方に考えが向くと深く考えないように、友達に電話したりして気をまぎらわしたりしました。

夫は夫で私との関係を修復しようとがんばっていたのだと思います。
その気持ちが伝わって、私も夫に対してやさしくなる事ができました。

だんだんと、がんばらなくても自然に夫を受け入れられるようになってきました。
浮気のことに関してはまだ許せない気持ちや、疑ってしまうことはありますが、夫にそれをぶつけることはなくなりました。

そんな関係が続くと夫の不器用なところや要領の悪いところなど、以前不満に思っていたところが全く気にならなくなってきました。

浮気に関しても以前のように怪しい行動や疑わしいところが全然無くなったので気にならなくなってきました。

それから5年ほど経ちましたが浮気の影は全くありません。

最近ふと(あのとき夫はなぜ浮気なんかしたのだろう?)
私が追い詰めたせいなのはわかりますが、なぜ『浮気』
だったのだろうと思い調べていると、このサイトにたどり着きました。


このサイトをみてすごく納得がいきました。
まず夫は(自分ではそう言いませんが)自分に自信が無い人だと思います。
そして夫の母は、夫が小学校6年生の時に家を出て行ってしまったそうなのです。
夫はひとりになるのが怖かったんだと思います。


夫の浮気に悩んでいる方にひと言いいたいのですが、一度ご主人のすべてを受け入れてみて下さい。
難しいとは思いますが、ご主人の方にもやり直したいという気持ちがあれば、あとはあなた次第でやり直せると思います。

投稿者 ココ : 2009年6月 5日 19:13

ココさん

コメントありがとうございます。
とても真剣な書き込みありがとうございます。

色々あったにせよ、私はココさんは、ご主人さんの心を救うのに、大きな役割を果たしたのだと思います。素晴らしいことです。

>まず夫は(自分ではそう言いませんが)自分に自信が無い人だと思います。
>そして夫の母は、夫が小学校6年生の時に家を出て行ってしまったそうなのです。
>夫はひとりになるのが怖かったんだと思います。
こういう状態だったご主人さんが、

>それから5年ほど経ちましたが浮気の影は全くありません。
いま、こうなっているということは、ご主人さんはココさんと一緒にいることを心から選んでいるのですね。

>夫の浮気に悩んでいる方にひと言いいたいのですが、一度ご主人のすべてを受け入れてみて下さい。
この言葉、経験者の言葉として非常に重みがありますね。ありがとうございます。


とても素敵な書き込みでした。
ありがとうございました。

投稿者 あづま(恋愛セラピスト) : 2009年6月 7日 03:27

はじめまして

 私は1ヶ月まえに主人の浮気メールを発見してしまったものです。

 主人はやめろというならやめるといいました。
お互い家庭に迷惑はかけない約束だから。
同じ会社の人だ。
飲み会でそうなってしまった。
気が楽だった。
最後の一線は越えてない。

主人は正直な人で私が真剣に質問したことを、すべて話してくれました。(聞いてしまったことで何度もそれ以上に妄想して苦しくなるのですが。。。)
すごくショックで、何をしていても胸が息苦しくて、水を飲んでものどは潤いませんでした。
これではいけないと睡眠薬を服用したりもしました。

でも・・・私はどうだっただろう?
半年前彼が保証人になった借金が大きくのしかかってきました。
そのとき主人は見る見る痩せてひざをかかえて寝ていました。
それでも私には相談してこない寂しさに私も孤独感にさいなまれていました。
数日後主人に「最悪離婚もかくごしなければならない。」と言われた時、私は泣きたい気持ちをがまんして「私も思っていた。母子手当てでやっていけるかな?。」と明るく言ってのけました。
その後で撤回はしたのですが。。。

主人はあの時から「遅かれ、早かれ離れていくんだろう」と思っていた。と言いました。
あの時から男の機能が弱ってしまった。と言いました。

私は、すごく反省しました。
私は主人を大事にしてきたんだろうか?
威張ってばかりだったのでは?
強がってあなたなしでも生きていける!のメッセージを送って主人をキズつけていなかっただろうか?

そう考えるとこの浮気は、私の眼をさまさせてくれたので逆によかったのではないかと思うようになりました。

でも、頭と心は違います。。。
今、私と主人は少しギクシャクしています。
主人は時間が解決してくれる。と言ってます。(勝手ですね笑)

今は、自分の趣味を持ってそれを楽しみ、主人をあまり干渉せず、主人に感謝しながら生活しようと思ってます。

・・・でも、男はつれなくされたほうが追いかけるもの。
浮気女もかしこいもので、押したり引いたりで誘いをかけるプロの人種もいるだろう。

また浮気されたら・・・そう思うとただただ明るい自分にもなれません。どうすれば主人がリラックスできるような自分になれるのでしょうか?難しいです。

長い文になりすみません。ここに書き込んだだけでも、少し気がらくになりました。ありがとうございました。

投稿者 みーこ : 2009年6月10日 00:22

はじめまして。
遠距離で付き合っている彼氏が浮気していました。
なんで発覚したかというと……お互いwillcomを持っていて、専用電話だったのに、
一緒にいるときに電話がかかってきて、他の女の子の名前が見えたから。
焦ってたし、動揺していました。
それが一瞬とはいえ、女の人なら「浮気だな」ってカンでわかるはず。
決定的なのは、それからwillcomの電源もケータイの電源も落としていました。
久しぶりに会って早々ショックを受けてしまいました。
頭の中で色々考えが浮かびました。「今日泊まりなのになぁ」とか「なんで浮気したんだろう」とか。

私は、彼を信じていました。
以前、『前の彼女に浮気されて辛い思いをしたから、俺はそんなこと絶対せぇへん』
『なんで浮気なんかするんやろなぁ・・・』って言ってたから。

言ってる事とやってる事、違う!!裏切られた。って思いました。

その日の夜、「遠距離は不安??」って聞いてみました。
『不安』。即答でした。
寝ている間に、キスマークまで付けられてて、「なんで付けたの?」と聞いたら、
『mioは俺のもんやから!』

寂しかったのかなぁって思いました。(でも、寂しいのを我慢しているのは私だって一緒なのに・・・。)

彼は定時制卒で、私より6歳年下で、そのことを知った私の親は交際に大反対しています。
私自身、親とうまくいっていなくて、そういうことも含めて彼に相談していました。
不安にさせてしまったのかもしれません。
学歴とか、劣等感を持たせてしまっていたかも。(私は全く気にしていませんが・・・)
そして、私は依存心が強くて、自分自身に自信がないから、冗談でヤキモチ妬かせることを言ってたことも思い出しました。

今回のことで、色々試されている気がしました。
浮気されたのは凄くショックだけど、彼の事を本気で憎めません。

これからどう対応していこうかなぁ・・・と模索中です。
長文失礼しました。

投稿者 mio : 2009年11月24日 14:09

mioさん

ショックな出来事でしたね。
しかし彼は、「浮気癖のある男」ではないと思いますよ。

考えるべきことは、ふたりの心の絆が十分強かったかどうか。
mioさんが彼から十分な愛情をもらって満たされていたのか?
彼は、mioさんの愛情を十分感じて、満たされていたのか?

遠距離恋愛では、この点が不十分になりやすいのです。
満たされないままでいると、他の異性に走りやすい。
遠距離恋愛は、ほうっておいて長続きするものではありません。遠距離を乗り切っているカップルは、いつか一緒になるという強い意思を持って現状に耐えているのです。

考えるべきことは、今後のふたりの絆を強くしていけるかどうかでしょう。
もちろんその前に、気持ちの整理をしっかりつける必要があると思います。
乱れた感情のまま彼に接しては、うまく行くものも、悪い方向に転がる危険性がありますのでね。

応援しています。

投稿者 あづま(恋愛セラピスト) : 2009年11月26日 09:41

あづまさん、ありがとうございます。
あれから‥‥私の方から一時、連絡を断ちました。
混乱している状態では自分がこわれてしまいそうだったから。
電話で「話がある、私から必ず連絡するから、それまではメールも電話もいらない」って言いました。
彼は、突然のことで「??」という感じで、でも私がめずらしく不機嫌なのは伝わったようでした。

数日後、私は、彼に手紙を書きました。
『他の子から電話かかってきてたのを知って、すごくショックだった。○○のこと信じてたから‥。
けど、私にも原因があると思ってる。不安にさせるようなこと言ってごめんなさい。
前に○○が、(mioの良い所も悪い所も全て受け止めるから安心して)って言ってくれたけど、私も同じように思ってる。だから安心してほしい。』
このような内容で、自分でもびっくりするくらいの長い手紙になってしまいましたが。。

手紙が届いたのは3日後で、彼からメールが来ました。
「会えない淋しさから、軽い女に手を出してしまった、ウソ言ってごめんなさい」
私はメールを見てやっと彼の本心がわかった気がしました。ショックだったけど同時にホッとしました。その後すぐ電話で話しました。
お別れの手紙かと思って開けるのが恐かったそうです。
彼は泣いていました。

前の彼女に飽きられて終わったことも聞いて、離れて置いて行かれる恐さがあったみたいです。
私の方は、完全には落ち着いていないけれど、このサイトを見て、自分が置かれた状況を客観的に見るように頑張っているところです。

投稿者 mio : 2009年12月 5日 20:34

mioさん

頑張りましたね。最善の対応だったと思いますよ。
まずは、頑張った自分をほめて、ねぎらってあげてくださいね。

今後のことは・・・焦らずに進めていきましょうね。
応援しています。

投稿者 あづま(恋愛セラピスト) : 2009年12月 5日 23:58

はじめまして。

今私も結婚予定の彼氏が浮気性で悩んでいます…。

彼とは2年半付き合い同棲したのですが、計十数回に及ぶ浮気まがいがありました。
(SNSサイトなどで知らない女性と知り合い、お互いの顔写真を交換したのち気に入れば直接連絡をとったり、会おうとする、などです)

自分に自信がないようで、自分の写真を見て女の子が興味を示してくれたり褒めてくれることが快感のようです。

このうち「会おうよ」というメールを彼氏側から送信されているのを何回か確認したのですが、実際に会ったりしたのかは定かではありません…。

メールのやり取りが発覚するたびに本当に私のことを愛しているのだと、彼氏は泣きながら謝罪してくるし、嘘をついているようにも思えません。
しかし度重なる裏切りに私が耐えきれなくなり別れを切り出したことも幾度となくありましたが、必死で私をつなぎとめようとする彼を見て情が湧き、私の中ではきれいに消化できないままここまできました。

結婚がリアルになってくれば、きっと変わってくれるだろうと信じて。

しかし、彼は私の両親に結婚のあいさつをした後も変わることはありませんでした。

一回私が耐えきれなくなり自分の両親に彼氏の浮気癖を告白したことがあり、結果結婚の話を出しておきながらそんな行動を未だにしているなんて信じられないしこんな男に娘はやれんと両親の怒りを買い、うちの実家までもうしませんと土下座しにきた事もありました。

少し可哀想だったかなとも思いましたが、私が幾度となく傷付けられたこともあったし、これで彼が改心してくれるなら結果オーライと思ってました。

が、案の定そのあとにも数回発覚し、両親の信頼もすっかり失われてしまい、いまでは結婚することすら賛成してくれなくなりました…

(実はそのあとにも母と彼氏を交えて話し合いがあって、そのあとにも最近またやってると発覚したのですが、これ以上両親に彼の事も悪く言われたくないので黙っているしかなく、私は両親に相談出来なくなりました…)

私はこんな彼でも愛しています。浮気性の事だけを除けば私の事を一番に理解してくれるかけがえのないひとなのです。

一緒になりたい…。
でも母が「こういう男と結婚したらとんでもない苦労するのは分かり切ってる。結婚した後にまた発覚したらどうするつもり?そんな幸せになれない結婚に親として賛成するわけにはいかない」と…

私もそろそろ心が疲れてきました。彼の浮気が発覚するたびに号泣し、発狂し、過呼吸になりながら彼を問い詰めてきました。


どうにかして彼に浮気性克服してほしい。

でももうどうしていいのか分かりません。
彼の私に対する気持は本物なんだということは分かるんですが、だからこそ彼の浮気する気持ちが分からないのです…

投稿者 ゆず : 2010年3月 1日 02:25

ゆずさん

浮気症の彼との関係で、悩まれているのですね。
このような彼とのお付き合いはとても大変ですね。

但し、私は、厳しいことをお伝えしなければなりません。
>うちの実家までもうしませんと土下座しにきた事もありました。
>彼の浮気が発覚するたびに号泣し、発狂し、過呼吸になりながら彼を問い詰めてきました。
これらの対応は、逆効果になっている可能性が高いです。

対応が難しい相手なので、簡単ではないことを承知の上で書いていますが、
ゆずさんが彼を責めたり、追い詰めて、罪悪感を植え付ければ植え付けるほど、彼は、ますます罪深い自分にふさわしい行動が増えていきます(=浮気が増える)。

彼の浮気癖は、ある種の依存症ではないかと思いますので、セラピストの助けなしで(つまりゆずさんが彼のセラピスト役になって)解決を目指すのは極めて難しいと思います。

依存症の解決は、本人が「自分の意識的な努力では解決不可能だ。治療が必要だ。」と自覚するまでが一番大変です。

私の勝手な推測ですが、彼は何かトラウマというか、生育過程で見捨てられる不安を感じながら育ってきた、みたいな課題を抱えているのではないでしょうか?

お会いしたことがないので、明確なことは言えませんが、カキコミから判断するに、彼自身が、「自分の『心の問題』を解決する」と決意しない限り、「浮気をやめる」という意志だけでは解決しない可能性が高い、というのが私の見解です。

最後に大事なひと言を。
浮気を繰り返すなどの問題行動を繰り返す人(彼)にとって、「感情的に怒るけれど、問題行動を容認してしまう人(ゆずさん)」は、本当は怖くないのです。
(1)愛情のある対応をし、(2)穏やかに話し、(3)感情的に責めたり、彼を悪者にしたりはしなくて、かつ、(4)毅然とした態度を取る人(たとえば、本気でとり組み始めるまではセックスはナシと宣言し、実行するなど)の前では、人は襟を正すものです。
彼の行動の修正は簡単ではないと思いますので、(1)?(4)の全てを満たす行動をとり続ける必要があると思います。

これは、並の精神力ではできないと思います。心理療法を専門的に学んだ私がゆずさんの立場だったとしても、とり組むかあきらめるか、本当に悩むと思います。少なくとも、専門家の助けは借ります。

本当に解決したいのなら、覚悟を決めて、本腰を入れてとり組まれることを心からお勧めいたします。生兵法は大けがの元です。

投稿者 あづま(恋愛セラピスト) : 2010年3月 3日 02:40

あづまさん

お返事ありがとうございました。

彼は幼少期両親が共働きでほとんどを祖母に育てられた事や、小さいころ自分の体形や(かなり太っていたようです)母親の起こした事故で「犯罪者の子供」と学校などでいじめられた経験があるようです。

彼を責めず、愛情のある接し方を…今の私には出来そうもありません…

実は度重なる精神的ダメージで私がいま摂食障害や鬱になりかけ、来週心療内科へ通うこととなりました。

何度もチャンスを与えたにも関わらず、自分の事をここまで追い込んだ彼を許せる自信がありません。

なので今の私に今まで彼のしてきたことを棚に上げ、彼を責めることなしに許せるだけの余裕はありません。

ですが諦めず、まずは自分自身の心を整理してから、心に余裕が出来てからあづまさんの提案してくださった事を実行してみようと思います。

少しでも明るい未来になれたらいいんですが…

ありがとうございました。

投稿者 ゆず : 2010年3月 4日 17:14

はじめまして

私も(女) 彼と付き合い始めて 浮気をされてしまいました。
2年前出会ったころは 彼から付き合いたいと 言われ スタートしたのですが・
3ヶ月もすると 他の女性と 浮気(前から続いていた、遠距離) しているのを 発見しました。 このとき 私は 取り乱し 問い詰めてしまいました。 彼は 逆切れで 終わりだと その時言われたのですが。 その 3日後 彼からメールで やり直したい 彼女とは なんでもない。 と言われ その言葉を 信じられないまま よりを もどしました。 
しかし 彼は 結局 また 彼女に 会いにいったり していました。その間 嘘を 彼は つきとおしました。 彼女には 会ってないと。 何度か 耐え切れなくなり 私から 別れを 切り出しましたが、 彼からの メールで 君だけだなどと 言われ また すぐ関係が もどりました。
 半年前に いきなり 彼の 電話番号が変わり メールで 別れようと 僕には もっと なにかが 必要だ、 もう 会わないほうがいい と 言われました。
 かなり 傷つき 恨み言の一つでも言おうかと 思いましたが、 私からの返信は わかりました。 気をつけて。 のみを 送りました。 たぶん 彼女が 一緒に住みに 来たのだと思いました。
 しかし 2ヶ月もすると また 彼からメールが あり どうしてる 又 あいたい などの 連絡があり また よりを戻しました。 が また ネットでしりあっ他、別の女性に 会いにいく 予定を みつけ ショックでしたが、 また 知らない振りを していました。 
 その後 彼は 態度も 変わり 愛してる 君だけだなどと 言い出しました。 私も 彼の言葉を 信じ 彼女とは うまく行かなかったんだ。。と 思っていました。が やはり また 会いに行く予定を みつけ、 もう 限界だとおもい 私の知ってることを 彼に伝えました。 今回は 冷静に 私がなぜ 傷ついているのかを 伝えました・
 「あなたは 自分の起こした行動で 私がどう 感じるかを 考えてくれなかった事が一番悲しい。 あなたの 体の関係などよりも それが 一番つらい」 と  そこで 彼は やっと 「ごめん その場所には旅行で行ったけど 体の関係は ない」 と いいました。私は メールも 見てたので それは 嘘だと しっていましたが、 もう一度 チャンスを あげることにしました。 が やはり 気になり 最近 その新しい 彼女に 電話をしてしまいました。 それが 良かったのか悪かったのか わかりません。
 彼は 何がしたかったのか わかりません。 一緒に住む話もでてきてるのに 愛してると いいながら 君を失いたくないと言いながら 何故?という 思いばかりです。
 もう 心が 壊れてしまったように おもいます 
彼は 私を 又 捨てて 彼女のほうへ 行くつもりなのかと 思うと 苦しいです・
すいません 長くなってしまいました。 

投稿者 まき : 2010年3月21日 16:50

私は今まで、自分が浮気をする事が好きなんだと思ってました。でもよく考えると相手から逃げたいと思っていたのです。付き合いはじめは何も無く幸せで一緒に居るだけで幸せを感じることが出来ていますが、安定するに連れパートナーへの不満、、幸せであることへの疑問、、浮気を危険行為だと思うことが出来ずに重ねる事で自分の自信、相手の愛情を得る事ができる、この人は許してくれる等、に自信を持って生きて来ました。
振り替えると小さい頃両親からの愛情が得られて無いからなのか、家に居ると喧嘩ばかりなので外に安心を求めていたのが浮気になったのでしょうか?パートナーにでは無く違う場所に愛情と安心を求めていたのかもしれないです。付き合う人は縛りたく無いっていうのですが実際縛られてる感覚があります。一般的には家に帰って来る事が普通ですが、帰って来た事、側にいる事をただ褒めてもらいたかったからなのかな?いずれにしても浮気男は普通を受け入れる事が困難です。

投稿者 浮気症です。。。 : 2010年3月24日 08:04

まきさん

辛いご経験でしたね。心中お察しいたします。

但し、恋愛セラピーでは一対一で相談者の方と向き合えますが、このコラムは不特定多数の方への情報提供が目的の場所です。

多くの人の役に立つガイドラインを書きたいと思いますので、おそらくまきさんにとってはすぐに実行することの難しい、厳しい内容になることを予めお断りしておきます。

まず申し上げたいことはこれです。彼とあなたと、二人だけでとり組んでうまくいくことは決してないと思います。なぜかというと、浮気症は一種の依存症で、アルコール依存症の治療が、本人も専門家の治療を受け、家族もカウンセリングを受けながら対処するのと同様に、浮気症も専門家を入れた対処が必要だからです。


私があなたの立場だったらどうするか・・・多少は専門知識もありますので、それに基づいて「考え得るベストの対応」を書いてみたいと思います。現実には100%できるとは限りませんが、ひとつのガイドラインとして。

まず、初回に浮気が発覚したときに、「どんな不満があって、あるいは、どんな苦しさがあって浮気に至ったのか」を責めずに訊きます。浮気をした側(彼)の苦情を聴くわけです。ここで苦情が出てくれば、対策が出来ます。

しかし、浮気症の場合は、ここで苦情は出ないでしょう。なぜなら、彼の側に問題があるからです。

「お前に不満はない。悪いのは全て俺だ。」
というような言葉が出たら、こう返します。

「不満がないのに浮気をするとしたら、浮気症なのね。浮気症は、一種の依存症なのだから、あなたはその心の問題をちゃんと治療してちょうだい。今後の交際を続けられるかどうかは、あなたが自分の問題とちゃんと向き合うかどうか次第です。専門家に相談しないのなら、別れます。」


一方、あなたの対応も、以下のように、問題がある部分があります。
(1)彼女とは なんでもない。 と言われ その言葉を 信じられないまま よりを もどしました。 
(2)彼からの メールで 君だけだなどと 言われ また すぐ関係が もどりました。
(3)かなり 傷つき 恨み言の一つでも言おうかと 思いましたが、 私からの返信は わかりました。 気をつけて。 のみを 送りました。

これらは、「思っていることを言わない」という対応で、残念ながら大人の対応ではありません。きちんと相手に必要なことを伝えることが大事なのですが、それができていません。表面的にはいい人を演じていて、心の中では相手を許していない人ほど、つき合うのが難しい人はいません。
彼も逆ギレする人なので、きちんと意見を伝えるのは難しいでしょう。相当高いコミュニケーション能力が必要です。アサーティブな言い方をきちんと身につけることが最低限必要だと思います。

(4)もう一度 チャンスを あげることにしました。 が やはり 気になり 最近 その新しい 彼女に 電話をしてしまいました。

そしてこの対応は、彼に恥をかかせていますね。男性のプライドを傷つける行動が「よかったのか悪かったのか分からない」のでは、うまくいくはずもありません。
相手の女性に連絡をすることがプラスに働く唯一のケースは、(a)正妻が、(b)ダンナの浮気相手に、(c)ダンナの了解の下、(d)「夫もあなたとは別れると申しております。別れてください」と言う、(a)?(d)を全て満たす場合のみです。出来心で浮気をしたが、相手の女性が、何をするか分からない「怖い女」だったので恐れをなして別れを切り出せない情けないダンナに代わって、妻がキッチリ対決する、といった状況のことです。


相手がひどい行動をする人だと、こちらもひどい行動をするようになってしまいがちですが、それでは、残念ながら同類に堕ちてしまいます。相手の行動を治す影響力を発揮するためには、相手と同レベルに堕ちてはいけないのです。

相手が浮気症の場合、通常の交際よりも、かなり高いレベルの対応が求められますし、相手の親代わりになって「心を育てる」ような関わりが必要になりますから、私があなたの立場だったら、自分のコミュニケーションの仕方もあらためて専門家に相談します。

つまり、浮気症の相手と交際を続けるのは、このぐらい大変なことなのです。
あなたの心が壊れてしまったように感じたのも、無理はありません。
まずは、心と体を休めてください。


そして、最後に大事なことを付け加えておきますが、もし私があなたの立場なら、80%ぐらいの確率で、別れる方を選んでいると思います。2回目に浮気が発覚したあたりで。

投稿者 あづま(恋愛セラピスト) : 2010年4月 3日 23:57

浮気男さん

貴重なコメントありがとうございます。

>いずれにしても浮気男は普通を受け入れる事が困難です。
この感覚があるのですね。きっと、簡単ではないのだと思います。しかし、そのままでいると、本当にあなたと一対一で向き合いたいと考えてくれる女性は、去っていきますよね。

いずれにしても、真の幸せにたどり着くことが難しい。
原因はあなたの心の中にあると思います。
>付き合う人は縛りたく無いっていうのですが実際縛られてる感覚があります。
縛られている感覚は、二人で作り出しているものです。半分は相手の女性。半分はあなたの心の中にあります。

安心して、心がつながっている関係が築けない、その大もとのきっかけは、書かれているように、
>小さい頃両親からの愛情が得られて無いからなのか、家に居ると喧嘩ばかりなので外に安心を求めていたのが浮気になったのでしょうか?
こういうところにある可能性が高いと思います。

但し、「親から愛情が得られなかった」→「浮気症になった」と考えるのではなく、

「親から愛情が得られなかった」→(自分が心の底で「私は愛情が得られない存在」と決めてしまったし、寂しい感情をフタしてしまった)→(その寂しさを埋めるために)「浮気症になった」

と、自分の心の存在を入れて考えることが大事です。周りの環境に振り回された結果とはいえ、幼少時に自分で(おそらくは無意識に)決断したことですから、再決断して、自分を変えていくことも可能です。

但しやはり、意志の力だけでは、難しいと思います。心理療法などの、潜在意識にアクセスする方法を駆使して、心の変化を作り出していくことが、とても大切だと思います。

ご本人からのご意見は、浮気症の本人が相談にいらっしゃるケースが少ないため、大変ありがたいと思っています。

貴重なご意見、ありがとうございました。

投稿者 あづま(恋愛セラピスト) : 2010年4月 4日 08:05

若い頃はよく「魔性の女」と言われてました。
もちろん自覚はありませんでした。

私の場合、自信のなさです。
「女たるもの」が出来なくて、すっかり自信がなくなり、確かめたくなって・・・です。

どんな男が相手でも、添い遂げようと思ったら、
お世話をしたり、甲斐性と言われる浮気がしやすい環境を作ったり、実家や知り合いを使ってでもお金を工面したり・・・
それが出来なくて、最低な女だと自信をなくし、迷惑をかけるしか出来ないやつだと落ち込んで・・・

ふと、子供も産めず、結婚も出来ず、最低な女のまま「ババア」になるのかな?と悲観して、確かめたくなりました。
まだ私は魅力があるのか、男(彼)が出来るのか、恋愛対象として見てもらえるのか、魅力はあるのか・・・

最初に、「それを確かめたいので口説いてもいいですか?」って断って、浮気をするようになりました。
複数人いるのもきちんと話して、許可をとって、口説けたら終わり。
今思えば最低な行為です。
まだ大丈夫。それを知りたかっただけです。

嘘は下手なので、聞かれた質問には丁寧に答えていました。

許可を取る(先に不利な話をする)+ 何でも話す = 奥の深い女になっていきました。
どうやら聞けば聞くほど、難しい話だらけに思えるようです。

10年くらい続いたでしょうか。
ある一人の男性に救われました。
浮気だらけを黙って見てきた男性でした。
自信をなくすきっかけになった男を羨ましいと言いました。
誰かにそこまで愛されたいと。

あい???

私の過去は、今の私の人格形成に必要な出来事だったと。
おかげでとてもいい子に巡り合えたと、何をやっても褒めてくれます。
浮気も自信のなさも、辛いと思っていた過去も、おかしな性格も、彼は褒めてくれます。

彼と付き合って8年、
10年続いた過去が嫌いじゃなくなってきています。
浮気は悪いけど、なぜ悪いのか、なぜ嫌なのか、エッチってなんなのか、そのうち理解できるようになってきました。

幸せを実感出来るような精神状態になったから、過去を反省出来るようになりました。

サイトの趣旨から外れているような気もしますが、過去の懺悔をしたくなったので書いてみました。

投稿者 過去は魔性女 : 2010年5月17日 21:49

こんにちは あずまさん アドバイス ありがとうございました。

結局その彼とは また 復縁しましたが 数週間前に また 違う女性と 小旅行へでかけてたことが 発覚し 別れました。 やはり 私には 手に負えない 感じでした。
今回は 私から 別れましょうと 言いました。 もう これ以上は 耐えられない 自分の限界を感じました。 私は 自分が 彼に 執着していたのです。 結婚を餌につられてた 自分の 弱さに気づきました。 2週間ほどは つらかったし 怒りや 未練もありました。 が 自分の中でも これまで やりたい様に してしまったこともあり(浮気相手に連絡するとか)、私も 自分の行動、感情の恐さ、違った自分を 知るいいきっかけ、結果だったとおもいます。 私も いろいろ つらい思いもしたけど。 これで 良かったんだと 今は 思えます。 そして 最近になって 彼から また メールがきて やり直したいし、 結婚しよう、 と 言ってきました、 何度断っても 彼は 私の 話も聞かなく一方通行な感じで 最近は なんで こんな人と ずっと いたんだろう? ああ 私さびしかったんだ。 などなど 改めて ふっきる キッカケを 彼のほうから 作ってくれました。(笑) 今は すっきりしました。 憑き物がとれたようにおもいます。 
彼には 今まで ありがとう あなたの 愛と 私の愛は まったく 違う、私はあなたとは一緒になれません。 あなたはあなたの人生を 送ってください。 さようなら。 と 最後に メールして終わりました。(彼からは いまだにメールきてますが、返信はしないでおこうとおもってます。) 
あずまさんの おっしゃるとおり、 彼は 専門家の アドバイスなりが 必要な人だったと 思います。(今回新たな浮気のことも彼は謝ってもこないし、無かったことになってるようです。彼の中で) でも  やめときゃよかった とは 思いません。 もう 後悔は してません。 
あずまさんの アドバイス通りには できませんでしたが(笑) とても 助かりました 
本当に 良い人生勉強になりました!! 

投稿者 まき : 2010年7月 8日 13:07

まきさん

ご報告ありがとうございました。

人生はまだ先があります。ぜひお幸せに。

投稿者 あづま : 2010年7月16日 16:10

うちの主人はまさに浮気性です。つねに誰かいます。居ない時は必死に探してます。この記事を読んでハッとしました。
主人とは高校で出会い、卒業後主人は就職。私は進学しました。主人の浮気が始まったのはその時でした。よく大学いったらふられるんじゃないか、なんて言ってましたがほんとにそんな気持ちから浮気に走っていたとは。彼が大好きで、浮気を更正させる気で結婚しましたが一向によくはなりません。
そういえば、彼は多数の女性がいますが初めての浮気相手は本気のようです。結婚直後に「二人とも愛してる.三人で住もう」といわれたこともありましたが、未だに別れられないようです
主人はよくいってます。「彼女はわかってくれる。お前はわかってくれない。」
何年も彼の苦しみ、幼少時代のつらい思いを理解して支えたいと思うのですが、この台詞を言われる旅に打ちのめされています。
きっと主人は私に心を許せないけど、彼女には許せるのでしょう

投稿者 メル : 2010年8月11日 00:00

メルさん

コメントありがとうございます。

これは一般論で、最近夫の浮気に悩まされている女性の相談を受けると、大抵お伝えしている話なのですが、

浮気性を持っている男性は、確かにどこかで愛情不足の部分を持っていて、サポートを必要としていると思います。
しかし、(ここからが重要です)、その愛情の種類は、多くの、サポートに失敗している女性が思い込んでいるものとは違います。

浮気性の男性で、それを自分が治そうとしていない人に必要なのは、父親的に、感情的には落ち着いているけれど、ダメなものはダメ、という規範を示す種類の愛情です(同時に辛い気持ちを受け止める母親的な愛情も必要になります)。

難題ですから、どうか、お一人で抱え込まず、信頼のおける友人と、カウンセラーと、最低三人のチームを作って取り組まれることを、強くお勧めいたします。

なお、「浮気症の治療方法、改善方法
」というコラムも参考になると思いますので、お読みになって下さい。

数ヶ月前、旦那に浮気されました。私が、出産入院中のことでした。入院を1ヶ月してしまい、旦那の仕事も暇で、いろんなことが重なっていました。
出産後、旦那の行動がおかしいので、いろいろ調べると、10以上年上のスナックのママと浮気をしていました。

旦那は、もうしない。俺が悪かった。分かれないで欲しいと、泣きながら土下座されました。私は、正直離婚も考えました。しかし、子どもを育てること、旦那をそこまで憎めなかったのでやり直すことにしました。

しかし、どこか、納得できていない自分がいて、ついつい旦那に浮気について質問すると、もう終わったことだ、触れないでくれと、喧嘩になってしまいます。

旦那は、本気でなかった。擬似恋愛だった。彼女から誘われた。1回の浮気ぐらいで。。。。とまあ、いろんなことを並べて言い訳してきます。

男の浮気の心理を読んでると、私へのもの足りなさを、旦那はその人に求めていたのでしょうか?心に再び隙間やチャンスがくると、また浮気をするのではないかと疑ってしまいます。私はどんどんどつぼにはまっていっています。

投稿者 こんと : 2010年10月 7日 17:53

こんとさん

コメントありがとうございます。

女の一番の勝負所。本来、一番味方になってほしいそのときに、旦那さんの浮気。ショックでしたね。

浮気は今まで水面下にあった二人のメンタルな課題が表面化しただけで、浮気そのものにフタをすることが、解決策ではありません。

こう書かれているように、
>私へのもの足りなさを、旦那はその人に求めていたのでしょうか?
そういう面はあると思います。
年上の女性とのことですから、ご主人さんは精神的、感情的に甘えたかったのかもしれません。


このような課題はあるものの、今色々掘り下げて根本的な解決を目指すのは、私は得策ではないと思います。

まずは、生まれた子供と母親であるあなたが健康に暮らせることを目指す方が大事なのではありませんか?

しばらく、不安を抱えたままの生活になるかとは思いますが、日々の幸せと、今自分がなすべき事に目を向けて、乗り切っていってほしいと思います。

なお、男性に浮気の動機や気持ちを聞いても、本人も自分の感情と向き合うことになれていないので、意味のある答えは返ってこない気がします。険悪になるだけなので、無駄なことはしない、という姿勢がよいと思います。


妊娠・出産・育児は人生の勝負所です!
そう思って、毎日一歩でも前に進みましょう。
応援しています。

投稿者 あづま : 2010年10月 8日 11:33

あづま先生、お世話になります。アドバイスお願いします。

「もと」浮気男についてです。私はその新妻です。

私と出会う数年前まで、彼は浮気男でした。
数年間一人の時期があり、その後私と出会いました。

交際当初から、私は嫌なことはNOと言い、ストレートに話をしてきました。
そのためか、彼の心は人生で初めて開き、彼は本当の満たされる幸せをやっと見つけた、と喜んでいます。

行動的な面では、ごはんを作ってもらえるのが、とくにうれしいようです。簡単なもので恐縮だなと思っていますが。
あと、「今日もお仕事ありがとう」と毎日帰ってきてくれたときに言うようにしています。

私は体が弱くあまり働けず、夫は収入は多くはありませんが、
私にとって経済的サポートは命綱で、本当に感謝しています。


夫は非常に寂しがりやで、過去には浮気・不倫もくり返し、好きかどうかよくわからない女性と、セックスやさみしさのために一緒に居たり、執着や嫉妬心ばかりでかっこつける関係を持ったりと、心を開く関係ではなかったようです。
また、売春(本番セックス)もかなり行ったそうです。

彼の離婚も、不倫が原因ではなく、子供のいない仮面夫婦というか、お互いに何も言わない関係になってしまったからなのだそうです。透明人間状態だったと。

先生のコラムを見てなるほどと思いましたが、子供の頃、母親は忙しく、お金をもらって外食をするような家庭だったそうです。
母も妹も高学歴、彼だけ高卒でしかも裏口入学です。卒業試験は白紙で出したと周囲に強がっていたそうです。
劣等感も強かったのだろうな、と思います。男女交際もかなり早いスタートだったとか。
十代のときに父親が不倫から家庭を捨ててしまい、音信不通。
今でも思い出すと、悲しみと恨みで、心が乱れるようです。


彼が今幸せを感じているのはうれしいのですが、まだ仕事が残っているのを感じます。
「もと」浮気男も、まだ癒される途中の段階?なのだろうな、とよく感じます。

私に対しては、迷子だった子供が母親にしがみつくように、べったりべったりしたがります。お世話されたいと言っているので、一種の赤ちゃん返り?とも思います。

これは、きっとまだ「依存」なのだろうな、と思います。
「私がいなければ生きて行けない」というのは、うれしいようですが、本人が不自由なのはかわいそう、とも思います。
あんまりべったり甘えさせるのも、やっぱり本人によくない気もしますが、これはどうでしょうか。むしろいったん甘えさせた方が卒業できますか。私は、甘えさせるのはむしろ得意で、甘やかすほど相手がどんどんおかしくなった過去があるので、今はなるべくセーブしています。

何が問題になっているか、うまく言えないのですが、
たぶんこれまでの彼の生き方が、潜在意識的にパターン化してしまっており、
(言いたいことをズバリ言わない、
表面的に良く振る舞おうとする反応が出る、
自分の心がわからない、自分に恐れがあることに気づけない 等..)
私にはとても居心地が悪く感じることがあります。
極端に言えば、私と同じように自分の心を見つめられる人だったら、私も楽なのになー、と思います。
彼の言ってることと、彼の心の中がちぐはぐで、本人もそれに気づいていなかったりするのが、たいへんです。
ネガティブな話題は、むしろまっすぐに切り込んでくれればそれで済むのに、できるだけそこにタッチしないようにする彼のやり方がとても疲れたりとか。
男性は平均的にそういうものかもしれませんが、自分からは心を開けないんでしょうね。自分が謝るときでもかっこつけたがるというか、自分は心を開かないですませようというか...
もっと一緒に弱さをさらけ出し合いたいと願っています。
いつも私が心をたっくさん開いて、それで相手も開くというパターンですが、つかれています。特に、相手が謝るようなケースでも、私の方が先に心を開かないと話が進まなくなると辛いです。
たくさんたくさん理解してもらって、許してもらえると確信してからでないと、本物の「ごめん」が言えないのですよね...それは分かっていますが、パターンにつかれました。


うまく言えてなくてすみません。
そういう感じのことで、コミュニーケションしていて、何か変だ、と感じます。
そしてそれは、彼の過去の習慣からだとハッキリわかりますし、わかりやすくそれを話すと、本人もそう感じていると教えてくれます。

私自身は、これまで数年間、あづま先生などの助けをいただき、自分と向き合うことがもはや習慣になっているため、同じようにすることを相手にも求めてしまっているのだとも感じます。
たぶんこれは、相手には高い要求ですよね。
相手もそうしたいと言葉では言っていますが、今の私には、「そう言うのは、さみしさからではないのか?自分でも自覚していないだけで、本当にそうしたいわけではないのでは?」とも思います。

本人が本当にそうしたくないんなら、それでいいんです。私も身の振り方を考えます。
ただ、本人が自分の意志がわからないので、自分の言葉にも責任が持てないのが、私には本当にもどかしい気持ちです。 

相手を変えることはできませんが、変化を望むならば、手伝いたいし、
自分が自分らしくあることで、彼の内部から変化する影響を与えられたら..とも思います。
それがダメなときは、私はこのままでは居心地が悪いので、相手との距離を変えるしかないんですよね。
最近はそういうことも話しました。
でもそう言うと相手は、寂しさと恐怖が先にたってしまったようですが.. でもそのときはそれでいい、とは言っていました。


国際結婚なので、あづま先生の日本語の記事を読んでもらえないことが、本当に残念に思っています。
今はジョングレイ氏の Mars & Venus の有名な本を、少しずつ読んでもらえています。

本の紹介には感謝され、これを機会に彼も心の中を恐れずに見つめることが出来、
過去の傷の癒しが起きますように..と願っています。

それと同時に、やはり私も経済的に、せめて自分を養えるくらいの自立を..と思い、健康増進に励んでいます。
私自身、経済的に彼に依存していますから。これは心苦しいです。互いに利用し合っているようにも感じて悲しいです。
互いを利用する必要が少ない方が、本当の意味で一緒にいて幸せだろうと思うので....。

実は彼のお母様はマリッジカウンセラーなのですが、当のお母様自身、過去の離婚の苦い経験から癒されておらず、子供の結婚にも、やはり母親としてみてしまうところが強いので、頼るのも難しそうです。


すみません、長くなりました。

「もと」浮気男が、癒される過程は、心開き合える相手に出会うところでは終わらないんだろうな、と私は最近思いました。

わたしが彼を背負うことはできませんし、彼の子供時代が癒されることが大事なのだろうとも思います。

どうでしょうか.. 日々自分なりに分析し、それまで自分の癒しのために使ってきた知恵を動員させています。

うまく説明できている自信はありませんが、あづま先生、コメントがありましたら、ぜひお願いします。

投稿者 エミ : 2010年12月 2日 04:26

長々とすみません。追記です。

読み返してみると、彼の問題ばかり指摘してしまったようですが、私自身の子供時代の心の傷は、むしろ彼よりも激しい物であった、と思います。
かなり癒されたと思っていても、まだまだ顔を出します。

彼の寂しさに、この傷が反応したんでしょうね。
「この人ならば、寂しいだろうから、私を見捨てないだろう」と。

そういう意味で、寂しい物同士、見捨てられ不安を持っている者同士なのだと思います。
ただ違いは、私はそれを見つめられる、というだけのことだと。
ほんとうに、わたしの取り柄は、そこだけです。

この傷がなければ、この人とは一緒になっていなかったかもしれませんからね。
バランス?需要と供給?があったからこそ惹かれ合ったのだと思います。

一段高い所から見ているような書き方ですみませんでした。読み返すと自分でも気分悪いです。

私は自分の心の傷の癒しも続けて行きたいし、彼の傷も癒されてほしい。

そして、利用し合う必要があるから一緒にいる、という関係ではなく、
一緒にいて幸せで、助け合いもする、という関係に生まれ変わりたい、と心から願ってます。

投稿者 エミ : 2010年12月 2日 04:50

エミさん

コメントありがとうございます。

エミさんの分析は、ほとんど当たっているように思います。
実際の彼のことを、私は知らないので、確定的なことは言えませんが、心理学的におかしな分析は、ここに書いて下さったコメントの中にはないと感じました。

よく勉強されましたね。

そして、まだ癒しの旅の途中かもしれないとは言え、浮気を繰り返す状態から、エミさんを選ぶところに至ったわけですよね。頑張りましたね。
今後の心配事はまだあると思いますが、まずは、ここまで来たことを喜びましょうよ。


最近私がお気に入りのイメージワークがあります。

左手の上に、子供時代の、淋しかった自分を、モノ・動物・植物にたとえて載せます。見た目(視覚)、音や声(聴覚)、触った感じや温度(触覚)でよく観察します。(どれかが分かればOK。苦手な感覚は飛ばしても大丈夫。)
左手を胸の前に持ってきて、そのイメージの気持ちを感じてみます。

一旦左手を胸の前から離します(イメージは載せたまま)。

次に、右手の上に、元気なときの自分(彼がワークするなら、エミさんと一緒の時の自分、など)を、同様にモノ・動物・植物にたとえて載せます。視覚聴覚触覚で観察し、胸の前で感じて、一旦右手を胸の前から離します。

ここまでで準備OK。

そうしたら、両方のイメージを胸の前に持ってきて、右手のイメージの持っているプラスのエネルギーを、左手のイメージに注ぎます。(これを中和といいます)。

さて。

何がお伝えしたかったのかというと、
このワークのポイントは、心の中にあるマイナス感情とプラス感情は、人によっては「それはそれ、これはこれ」という風に分離した状態で記憶されています。

そのままだと、どんなにプラスを補っても、マイナスは消えない。
エミさんがどんなに愛情を注いでも、彼の寂しさは消えない、ということ。

彼が少し自覚して、今の幸せのエネルギーを使って、子供時代の寂しさを中和する作業を繰り返していく必要があります。

一般的に、あまり恋愛や結婚生活に問題が起きない人は、このプロセスが自然に起きるのですが、彼の場合、始めは意図的に中和した方がよいと思います。方法は実は色々ありますが、その一例を示しました。


参考までにワークを紹介しましたが、その意図は、感情の中和が必要だということを理解してほしい、ということです。
ワークは本来、セラピストの指導の下で行うものと考えています。
自己流で行う場合、自己責任でお願いします。


癒しの旅は、一度きりしかできない貴重な経験です。
癒されたあと、元に戻ってもう一度ということが、絶対に出来ないのです。
ですから、辛い感情を感じることさえも、とても貴重な、大切な経験だと思って、日々を過ごされることを、心からお勧めいたします。

変なこと言ってるな?とお感じになったかもしれませんが、たぶん、いつか「なるほど?」と思う日が来ると思います。

応援しています。
では。

投稿者 あづま(恋愛セラピスト) : 2010年12月 6日 17:38

彼と付き合って、4年と少し経ちました。
今は来年に結婚する流れです。

彼は浮気性です。
今年に入り1年ほど続いていたらしい浮気が発覚し一度別れたり色々ありましたが、結局彼は私のところへ戻ってきました。
今まで結婚願望などまるでなかったのに、自分の家庭環境から自分には大穴が空いていると気付いたらしく(これは私には最初からわかっていることでした)、彼から結婚したいと言ってきました。
(・・・結婚願望がある私を引き止めたいからなのかもしれませんが)
私自身が精神面で問題が多く、彼には多大な恩があります。
寂しい穴を抱えている彼にこれまで頼りきり依存し、更に寂しい思いをさせてきたと思っています。
以前は自分のことでまるで余裕がなかったのですが、今は自分の状態が改善してきたので、今度は彼が良くなることを第一にやっていきたいと思っています。

浮気が発覚してまだ半年と少し、向こうの彼女と別れて(多分)まだ2ヶ月です。
結婚に、周囲は反対が殆どです。
母だけは楽観していて、やってみたらいいよと笑ってくれます。

彼に関して子供時代の愛情不足、アダルトチルドレンを以前から感じていました。

周囲からみたらただのわがまま人間で、そんな浮気者で面倒くさい男と結婚するのはやめた方が良いと言われます。

しかし数あるわがままも浮気も、突き詰めていくと心の埋めきれない寂しさからだとわかりました。

彼の行動に怪しい部分もありましたが、彼を信じたい気持ちが強かったので見て見ぬ振りをしてしまいました。
これまでも何人かあったのかもしれません。
発覚した浮気は本当にショックでした。
もうあんな状況は味わいたくないし、また浮気が起こって荒れるかもと不安になるし、思い出して怒りと悲しみと不信に陥る時間もあります。
でもまだ彼への恩が勝ち、彼自身がなんとか治りたいと願っていてそのパートナーに私を選んでいるので、彼が安らかに幸せになれるよう手を尽くしたいです。

母のみ暖かい目で見てくれますが周囲の理解は得られずバッシングが多い中、私自身も精神的に不安定なところがあるのでこれから先頑張り続けられるか不安でした。
わがままな彼の態度や言葉が私に刺さりすぎてその裏側の本音まで汲めないこともあり、今後母と離れて彼と暮らすことを考えると心が痩せ細ってしまうのではないかと。

そんな中でこのサイトに出会いまして、皆様の書き込み・管理人さんのコメントを拝読し、涙が止まりませんでした。

とても励まされました。
良い方向にいけるよう、頑張り続けたいと思います。

ピントはずれたコメントですみません。
稚拙な文ですが読んでいただきありがとうございました。

投稿者 ほのか : 2010年12月 6日 18:57

ほのかさん

コメントありがとうございます。
ほのかさんの優しいお人柄が出ているコメントですね。

ピント外れではないですよ。
彼は自分で気づいているのでしょう?
本気で取り組めば、彼は心の穴を埋められるかもしれません。
こういう場合、まずは、彼が心の穴を埋められる方に賭けてみることをお勧めしますね。

但し結婚は心の課題が8割ぐらいは解決してから。
むしろ、言い方は悪いですが、結婚をエサにして、彼に本腰を入れて取り組んでもらうぐらいの舵取りはあってもいいと思います。確かにあまりよい動機付けの方法とは言えませんが、結果的に彼もよい方向に行くと信じてやってみるなら、許容範囲かな、と。

そしてまた、ほのかさん自身が、自分の心をしっかりどっしりさせていくための取り組みを、続けていって下さいね。やはり、心がしっかりしているからこそ、相手を導くこともできるわけですから。

応援しています。
コメントありがとうございました。

投稿者 あづま : 2010年12月20日 15:05

自力で12ステップやってみて9まできたけど10ステップまで来ないと自分の間違いに気付かない。嘆きの作業も一人で計4回もやって大変だった・・・。
自立した人間にとって略奪愛はあるんだろうか。好きな人に恋人がいたら諦められるのだろうか。

女性はより質の高い男を、男性は単純に癒しを求めます。
自立すれば恋人に傷をつけるからと諦めるのか、恋人がいると分かってて傷つける断られるの前提で告白し浮気関係覚悟で挑むのか
答えは人それぞれ?それともどっちか偏る?
分からない。

投稿者 本郷 : 2010年12月22日 05:44

本郷さん

コメントありがとうございます。
私には十分理解できない内容のコメントですが…
ともかく、ご自分の道を見つけて行かれることをお祈りいたします。

投稿者 あづま : 2010年12月24日 13:51

いつも拝見しております。

10年付き合って結婚4年目ですが、夫が3年ほど浮気していることに気づきました。夫婦間はとてもよかったので(と私は思っており)、寝耳に水でした。それまで何度か浮気疑惑はありました。ただ、その都度泣いて謝るし、「2度としない」というので、許してきました。でも、今回は私も実家へかえり、双方親に話がいき、別居しております。結婚までは一筋で私を好きでいてくれ、大事にしてくれていた人だったと思うのですが、会社の責任や、夫婦間の言い争いに、イライラして、遊び足りなさで、浮気しちゃったみたいです。同じ人と、継続的に3年程度です。そして今はいろいろ今後について考える時間が欲しいといわれて、これからどうしたいのか、彼側意見を待っている状態です。

今ここで「やり直したい」といわれたところで、こういう結婚後、浮気をして他の女性と付き合うことに目覚めてしまった人が、更に浮気とかをしないタイプだった人が、突然浮気をやめることが出来るものなのでしょうか。私とどうやらやり直したいから時間をかけて頭を整理しているようなのですが、言われたところで、私自身、自分の中で自信がなかなかつかないです。更に、目の前で電話して別れてもらったのですが、自らの意志で別れていない人が、相手から連絡とかがあった際、誘惑に負けるのではないか、不安です。

先生の経験上の、ご意見をお聞かせください。

投稿者 えみる : 2011年1月 5日 16:14

「断罪ではなく理解」という言葉にハッとしました。
12月にコメントされていた ほのかさん の状況と、私も似ています。
周囲からは、そんな男はだめだと反対の声ばかりです。

でも、彼の心の苦しみを感じると、何とか手助けしたくなってしまいます。
彼の浮気の原因は、まさにこちらのコラムに書かれている通りのことです。

「捨てられるのではないか」
「果てしないパートナーの要求に応えきれないのではないか」
「男らしくない自分を認められない」

本当に、私の話です。
私は彼に、「いつでも捨てるわよ」という雰囲気を常にちらつかせていました。
それは逆に言うと、私自身も捨てられることに恐れを感じているからです。
私にも心の問題があり、自己防衛が働いてしまうのだと思います。

そして、「果てしない要求」をしていました。
私と結婚したいなら、男であるなら、これくらいのことはやり遂げてほしい、と。
当時の私にとっては悪意は全くありませんでした。
本気でそう思っていたのです。
でも、結果的に彼の心をかなり傷つけていたことを浮気の事実で知りました。

また、私はいつも彼に、「子供っぽい」「男らしくない」を連発し、
彼の弱さを認めませんでした。
それは、強くなって欲しいという精一杯の善意のつもりでした。
悪意がない分、たちが悪いのですよね。

これらの私の行動を考えると、浮気したくなるのも当たり前、と思ってしまいます。
彼氏が本当にかわいそうだったと思います。今さらですが・・・。
そして、浮気が発覚した後も、私は断罪をし続けてしまいました。
どれだけ間違った行動なのか、常に説教をしてしまい、
そのため、彼の浮気性はいまだに直っていません。
私が傷つくのを分かっていながらも、やめられないそうです。
そのことでまた彼自身も苦しんでいます。

自分で冷静に考えると、どれだけ自分に悪女・悪妻の要素があるのかを
実感してしまいます。
男性側からしたらやはり恐怖しかないですよね。
それでも私とは別れない彼、結婚を目指そうとしている彼、
そんな彼が偉いと思える部分もあります。

ただ、これは私が冷静に理性的な考えができる時だけの感情で、
しばらくするとまた、怒りと悲しみの感情が爆発してしまうのです。
その悪循環のくり返しです。

私自身の心の闇も深いのだと思います。
私が彼をサポートできるほどの心の強さがないと、この関係はうまくいかないですね。
今、とても葛藤しています。

ほのかさんに対するお返事のなかで、
「彼が心の穴を埋められる方に賭けてみることをお勧めします」という一言には、
グッとさせられました。
私もそれに賭けたいし、彼を信じたいのです。

でも、途中で私自身の心が折れてしまいます。
「断罪ではなく理解」という温かい心の持ち主に私がなれるかどうかだと思っています。

投稿者 あかり : 2011年4月 6日 00:56

はじめまして。
初めてコメントをさせて頂きます。

現在私には、付き合って3ヶ月ほどの彼氏がいます。元々浮気をする人だとはおもっていましたが、このあいだふとしたことがきっかけで、浮気をしていたことがわかりました。発覚後、せめることはせず、浮気をしたら必ず報告することを約束させました。
しかし、不意にメールチェックをしたところ、浮気ではないですが、おもわせぶりなメールを送っていたり、会いたいなどのメールをしていました。
私には、このさき愛するのは私しかいないといっています。

そんな中、先日、私の元カレのどこが好きか、という話に、私は顔と器の広さと答え、彼のすきなとこでは別のとこを答えました。そしたら、元カレと俺とどっちがかっこいい?と聞かれたので、とっさに元カレと本音がでてしまいました。彼は本気できれ、お前の中の全部が一番じゃないのが悲しいといっていました。彼は、お前の中で一番じゃないなら、俺を一番だといってくれる人と付き合うよ。お前のことは信用できないといわれています。
先生がおっしゃるとおり、彼は女は好きだっていっててもいつかいなくなるといっています。俺はいつも一人なんだと。だからもうお前に求めるのはやめるといわれてしまいました。
彼は根にもつタイプで、このまま浮気をされてもおかしくない状態です。
そこでアドバイスを頂きたいです。

どうすれば、彼の心をきちんと理解して、一緒にやっていけるんでしょう?
今の私の考えでは、わかりません。

どうか教えてください。
お願いします!

投稿者 みゆき : 2011年8月30日 20:55

えみるさん

コメントありがとうございます。

…これは、なかなか分からないですね。

分析よりも、どうするか、の方が大事な気がします。

というのも、やるべきことは大体決まっているからです。

まず、深い意味で、ですが、愛情の出し惜しみはしないと決めてください。
えみるさんが出し惜しみをしたら、解決の道はないです。

ご主人さんの本音をちゃんと聞き出すことが大事ですね。
何が苦しくて浮気に至ったのか。

親を巻き込んだのが誰なのかは分かりませんが、謝らせたり裁いたりした場合、心はますます離れます。表面的には収まるのかもしれませんが。
その道を突き進むと、あとは別れしかありません。

ご主人さんが、えみるさんとの間に絆を感じる
(えみるさんが感じるのではないことに注意!)
ためには、どうしたらいいのか。

そこに集中することです。


…但し、詳しい状況もわからないし、ご主人さんがどういう状態なのかも分からないので、何ともコメントしようがないのですが(それにすでにブログのコメント欄で対応すべき問題の範囲を超えていますし)、

ご主人さんがもしも、浮気症の場合、上の対応は同様に必要なのですが、約束は守れないと思います。守る能力がないと言った方がいいですね。

飢餓状態の人に、目の前にある食べ物を食べないでいなさいと言っても無理なように、内面の愛情飢餓がある人に、目の前に女性がいるときに手を出さないでいなさいと言うのは、無理なんですね。

内面から改善しないといけないわけです。
その場合、さらに高いコミュニケーションスキルが必要になります。


夫はどちらなんでしょうか、という質問には、この欄では回答しません。
詳しく話を伺わないと責任を持って回答できませんので。それは有料のセラピーの範囲だと思ってください。

とにかく、ご主人さんが、自発的に、えみるさんの元にいることを選ぶ気持ちになるには、えみるさんは何をしたらいいのか。そこに意識を向けて、全力で取り組むことです。

少し間が空いてしまいましたので、いまどうなっているか分かりませんが、光が見えることをお祈りしています。

投稿者 あづま : 2011年9月15日 16:48

あかりさん

コメントありがとうございます。

彼の問題を背負わないでくださいね。
あかりさんは、あかりさん自身の課題にのみ取り組むべきです。

もちろん、彼が自分の課題に取り組むときに、できる範囲でサポートしてみるのは、よいと思いますが、彼の人生を代わりに生きることはできないのですから、

私は私、あなたはあなた。

この原則をよくよく意識しておきましょう。


最後に。

犠牲←→依存の軸で言うと、あかりさんは比較的犠牲側のようにお見受けします。こちら側の人は、自分への要求も厳しく、他人への要求も、同等に厳しいことがあります。

ここでもし、他人にだけ甘くして、自分には厳しいままでいると、早晩限界が来るように思います。

自分を責めていたり、自分を締め付けている考え方から自由になること。それが“温かい心の持ち主に”なるために必要な始めの一歩ではないでしょうか。

応援しています。

投稿者 あづま : 2011年9月15日 16:59

みゆきさん

ご質問ありがとうございます。

正直、いまのみゆきさんが、その彼を支えていけるようには、私には思えません。無理じゃないかなぁ。

まず、方法の前に、覚悟が必要です!

みゆきさんは10年かけてでも、彼に愛情を注いで「女は好きだっていっててもいつかいなくなるといっています。俺はいつも一人なんだ」という彼の考えを、

「お前のおかげで、男女の絆って本当に存在すると分かった。常にひとりぼっちだった俺の魂を救ってくれたのは、お前だ…同時に結構厳しかったけど(ぼそっ)…」

と言わせるぐらいに変えてみようという覚悟はありますか?

甘えをゆるさない厳しさと同時に、彼の孤独感を全身で受け止める温かさ。これを同時に持つことは、かなり難しいことですが、それだけの覚悟がありますか?

まずは、そこからだと思います。

中途半端な気持ちで手を突っ込むと、やけどします。

よく、考えてみて下さいね。

投稿者 あづま : 2011年9月15日 17:45

浮気の罪悪感について

はじめての投稿です。
よろしくお願い致します。

30歳女性です。

私は若い頃から浮気をたびたびするのですが、なぜか、その時にお付き合いしている本命に対する罪悪感が全くありません。浮気がバレて、罵倒されたり乱れ泣かれたりしても、悪いなと思わないのです。本命パートナーのことを「大好きだ、特別な人だ」という思いがあるにも関わらずです。

当然、浮気相手も遊び人タイプの男性だったりします。彼らに罪悪感はあるのかとたずねると、たいてい「うん…まぁ…本命には罪悪感はある」と答えます。こんな遊び人でも罪悪感があるんだと驚くとともに、「彼氏に悪いと思わないのか?それっておかしくない?」と指摘される始末。

あずまさん、どうして私には罪悪感がないのでしょうか?

それを分析して頂くために、私自身についてお話します。

私は、過去の恋愛では本命や遊びに関わらず男は絶えません。というか、絶やしませんに近いかもしれません。

でも実は、自他共に認める大の男嫌いです。自分が気に入った男以外には冷酷なまでの態度を取ります。ちょっとしたことで軽蔑し見下し、同じ空間にいるのですら苦痛に感じます。また、気に入った人でも「本気になられたら困る」と思うことがよくあります。好きな彼氏でも「同棲や結婚はしたくない」と思いながら何年も付き合います。プロポーズされると、なぜかいつも「怖い!嫌だ!」と恐怖を感じます。

「どうしてあの人はダメなの?いい人なのに…」
「極端に男嫌いだよね…」
仲の良い友人には必ず言われる言葉です。

そして、その友人にすら滅多なことでは本音を話せません。他人の愚痴も悪口も恋愛相談すらもしません。全ての感情において、私の心に立ち入る人を疎ましいと思います。「本音を話す=弱味を握られる」と思っているところがあります。時々本音を話すこともありますが、何日も悩んで勇気を出して心が裂かれる感覚を味わうことがあります。他人が聞けば、どってことない内容でもです。

そのわりには自虐ネタが大好きで、失敗話やバカにされた話で笑いを取って場を盛り上げる、ムードメーカー的な存在になっています。私と仲良くなればなるほど「楽しい人なのに、なぜか本音を語らないギャップ」を感じる人もいるようです。

そんな私を

ある人は「愚痴も言わない優しい大人の女性だ」と評価し
ある人は「恋愛相談くらいして欲しいなぁ」と寂しがり
ある人は「悩みのない楽天家だ」と羨ましがります。

自分が他人と距離を取りたがる性格だということは、小学生の頃には気付いていました。人と気薄な関係になりがちなことも、今までは、それが私の個性だと思っていました。

しかし最近、あることがきっかけで、もしかして私は周りの人に比べると、少し恋愛の感覚が違うのでは?と思うようになりました。

その一つが、浮気と浮気に対する罪悪感のなさです。本命のことも本気で好きではないのか?もしかして、私は誰のことも好きではないのか?好きになれないのか?と思っています。

そしてもう一つ。
このサイトの核心ともいえる、私の親についてお話をします。

父親が6年前に他界しましたが、その時、私は全く悲しくありませんでした。「ふーん。そうなんだ」といった感じで、むしろせいせいしたというか邪魔者が消えて安心したというか…。

私の父は、家庭をかえりみない人でお金も一銭も入れてくれないような人でした。言葉の暴力も多く、私たち子供や母親に「お前たちは大切じゃない」と吐き捨て、「ああ、そうか。私にはお父さんなんて初めからいなかったんだ…」と愕然とした幼い日のことは、今でも鮮明に覚えています。

それ以来、私の中で父親という存在を消し去り、他人に父について聞かれても「父親はいません」「まぁどこかで生きてるんじゃないかしら?」などと答えたりしていました。

父親が亡くなっても悲しくないのはそのせいもあるのかと思いますが、周りの人に「いくらなんでも全く悲しくないのはおかしい」と諭されるので、もしかしたらしばらく経てば悲しみもじわじわと湧いてくるのかしらなんて思いました…が、やはり、今の今まで父親がなくなったことを悲しいとは全く思いません。

また、過去に父を無視してきたことも、親孝行なんてする気すらなかったことも、家族そろって家を出て別居したために、最期は病床で一人の孤独な死に追いやったことも、父親に対してなんの罪悪感もありません。

むしろ、父親の人生を思い返せば「バカな人だったなぁ。可哀想な人だったなぁ」と冷静になる一方です。

このあずまさんのサイトに辿り着いてから、私の問題は根が深いような気がしてきました。

私のような人間が、いわゆる、恋愛依存症、回避依存症なのでしょうか?

投稿者 プリン・アラモード : 2011年10月27日 22:14

プリン・アラモードさん

貴重な体験談ありがとうございます。

>私の問題は根が深いような気がしてきました。
>私のような人間が、いわゆる、恋愛依存症、回避依存症なのでしょうか?
いずれも、Yes、だと思います。

大事なことは、どうしたいのか、ですね。

家族、特に父親に対して、怒りを通り越してあきらめまで至っている。

私は心の痛み(怒り)も、体の痛みと同様の段階で考えます。

無感覚(正常)→かゆみ→痛み→しびれ→麻痺(無感覚・異常)
元気(正常)→寂しい・不安→怒り→嫌悪感→あきらめ(無感覚・異常)

これを、おそらくは逆順にたどって、感覚を取り戻していくことになると思うんですね。そして、寂しい・不安の段階では、本当はほしかった愛情がどんなものか、ものすごく強く感じると思うのですが、そこに至って、しっかり心の底に愛情を補うことが出来れば、

他者に対する愛情も感じられるようになるのではないでしょうか。
そうなれば、当然、相手に不誠実な態度を取っていたら、それに後ろめたさも感じるのではないでしょうか。

あくまで、コメントを読んでの見解ですので、やってみると、色々違う点が出てくるかもしれません。

いずれにしても、年単位の真剣な取り組みが必要になるかもしれないので、そしてその過程では、今までフタをしてきたネガティブな感情が噴出する可能性もありますから、

本当に取り組む気があるのか、まずは自問してみるところがスタートラインだと思います。

できれば取り組んでほしいな、とは思いますが、自分のタイミングでスタートすべきですので。


それはそれとして、こうして、状況を書いて下さると、私や、ここを訪れた他の方にとっては、貴重な情報になります。心からお礼申し上げます。

プリン・アラモードさんが、自分らしい、納得できる道を見つけられますよう、心からお祈りいたします。

投稿者 あづま : 2011年10月28日 10:44

プリン・アラモードです。

あづまさん、ご回答ありがとうございます。
まず最初にお名前を打ち間違えてしまい、大変失礼致しました。

最近、こちらのサイトを拝見しながら涙が止まらない毎日を過ごしています。
正直、なぜ泣けてくるのか自分でもわかりません。
嫌な気分でもないのですが、たぶん混乱しています。

せっかくご回答頂いたのだから、
「浮気と劣等感」について深く掘り下げようと思っているのですが、まとめられません。
提起と結論が繋がらずに話がそれた方向へ行ってしまい、最後まで仕上げられないのです。

実は、いつも「自分自身」のことになると思考が停止する感じがあります。
他人のことや日々起こったことなどは饒舌で「話題の豊富な人」と言われているのに、
自分のこととなると途端に息苦しくなり言葉が浮かばなくなります。

私は本当は「人に本音を話さない」ではなく、「自分のことを話せない」のだと痛感しています。

それに気付いたのは、とある男性と親しくなってからです。彼はいわゆる真っ直ぐな人。
真剣に考え、全力で取り組み、的確な判断でトラブルを解決させる。そんな人です。
彼の話を聞いてると私も気分爽快。心が軽くなる感じで「洗われてるなぁ」と思ったりします。
素敵な生き方だなと思い、彼の真似をしようと思って頑張ってるところです。
でもなかなか上手くはいきません。。。

そんな彼にいくつか投げかけられた言葉があります。

「で?お前はどうしたいの?」

何も答えられなくなります。
真剣に考えれば考えるほど、自分がどうしたいのか?…驚くことに「わからない」のです。
一瞬、その答えが見えたような気がしても、モグラ叩きのようにすぐ引っ込んでしまいます。
でも聞かれてる以上「わからない」とは答えにくいので、いつも何となくの返事をします。

「何とかなると思ってるんだろ?」

一番グサリときました。
まさに「まぁ、なんとかなるさ」と思った瞬間に言われた言葉です。
その時は「今までだってなんとかしてきたもん!」と心の中で反発しました。
でも今は、反発した自分を疑わしく思っています。

「どうしてお前は結婚につながらないような男ばっかり選ぶんだ?」
「お前の良さを100%としたらその男は20%だ。なんでそんなもったいない事をする?」

これも答えられません。
私は結婚につながらないとは思っていないのです。
きっと分かり合える人だろうと思って選んでいたのです。
付き合っている時も、愛情をもって接しているつもりです。
しかし、彼に現状を懇々と説明され…甘えたがりの重い男、都合のいい無責任な男、不倫…
なぜそんな状態になっているのか…?自分では説明ができません。
自分が作り上げた、心地いいだけの無意味な人間関係を眺めるしかできませんでした。
そもそも「自分は結婚と無関係だ」と思ってるんじゃないか?そんな気がしました。

「ワガママを言わなすぎる。もっと言っていいのに。」

無理です。ワガママなんて言えません。
というか、他人に譲れる自分を誇りにすら思っていました。私は「物分かりが良い人」だと。
しかし、しつこく「ワガママを言え」と言われ続け…
私は、自分がしたいこと・して欲しいことがない、わかっていないのだと気付きました。
これではいけないと思い、先日、頑張って女らしく「会いたいなぁ」と言ってみました。
ワガママ言ってスッキリするどころか、罪悪感と後悔で落ち込んでいます。
やっぱり甘えたこと言わなきゃ良かった…。

「そんなことでは嫌いにならない!そんなこと気にする人なんていない!もし離れる人がいたら、そいつがおかしい!」

大喧嘩になったときに言われた言葉です。
この時は感情的になって「私はここがダメだから誰にも選んでもらえないの!」と、思わずぶつけてしまいました。
そんな言葉を「本気」で吐いたのは人生初のことでした。
自分を蔑む言葉を本気ではいわない、これが私のポリシーだったからです。
彼の言葉に驚きました。
「そんなこと気にしない?そんなハズない…あなたは何もわかっていない…」と思いました。
今も彼は変わらずに仲良くしてくれてますが、心の底から信じることができていません。
弱音を吐く強さがない私です。

ここだから言えますが…
私は今までフラれた事はありません。それなりに好意を寄せてくれる人は常にいます。
一度付き合えば長く、そこいらのくっついてすぐ離れての関係にはしません。
よく勉強し成績も良く、仕事も他人が憧れるような職業です。
女性から嫉妬されることもあり、自分はそれなりに価値のある人間だと思っていました。
劣等感をカバーできるだけの自信をつけてきたハズなんです。

しかし
彼が私の深い部分に触ってからは「いつか去っていくのだろう」と思う時があります。
去っていくに違いない、去って当然だとも思っています。
その時はそれを受け入れようとも思っています。
そして離れていかないためには、付かず離れずの距離が一番いいと思っています。
なので、彼との距離が近くなればなるほど、どう対応すればいいのかわからなくなります。

誰かが私から離れて行くなんて、今まで考えたことありませんでした。
ほんの少し自分をさらけ出しただけで、この有様です。
自分の中の矛盾。。。よくわかりません。

それから、前回の投稿からよく見る夢があります。

一つは
私の家の中に無理やり押し入ろうとする数名の知らない男性。私は怖くてドアが開かないように必死で押さえ付けています。
同じ家の中には、彼もいます。
外の男性も中の彼も、険しい顔で私を見ていました。

もう一つは
知らない女性が私の手からお金を奪おうとしています。
私は「私のお金なのになんであなたが取るの!?」と思いながら、必死でお金をつかんでいます。
女性は私よりずっと年上のオバちゃんなのに、ものすごい力なのです。
私は恐怖で泣きそうになりながら、オバちゃんは怖い顔で私を睨みながら、お金を取り合っていました。

今朝の夢は
大荒れの海で船が次々と転覆して、漁師?か男たちが海の中に飲まれていく夢です。

なんか…朝はぐったりでした。
夢占いとか詳しくないですが、今まで見たことのない夢でやけに印象的です。


自分としては治療を前向きに考えた方が良い気がします。
しかし、治療の先にある自分が全く想像できず、代わりに夢の中の怖い顔たちを思いしてゾッとします。

今の私はこんな感じです。
議論大好きなので、劣等感について自分なりの意見を述べてみたいのですが、
今は状況を書き出すのが精一杯みたいです(笑)。。すみません。

とりあえず浮気性の私は「自信のない自信家」のようです。

投稿者 プリン・アラモード : 2011年10月31日 11:15

あづまさん

お返事をありがとうございました。

>他人にだけ甘くして、自分には厳しいままでいると、早晩限界が来るように思います。

との言葉に、その通りだと感じました。
いろいろな浮気解決の方法を見ていると、彼に優しく振る舞うこと、とあるので、
そうしなきゃいけないのにできない自分を責めてしまいます。
今、かなり情緒不安定で限界に来ていると思います。

私も、例にもれなく、両親に不満を持って生きてきました。
子供の頃に両親を助けてあげられなかったという罪悪感ももっています。

男女関係において、良いお手本を見ることができなかったこと、
それが悔しくなってきます。

彼は優しくなってきましたが、どうしても信じることができませんし、
私が信じてあげないと、また浮気をするのだろうと思っています。
こんな関係は本当にもう良くないですよね・・・
それなのに、こんなに引きずるのは何でなのでしょう。。。
今までこんなに引きずったことはありませんでした。

あづまさんの言うように、自分は犠牲にならなきゃいけないという思いも強いです。

もしかして彼が変わってくれたら・・・
そんな期待をしていては駄目でしょうか。
でも、これで適齢期を逃して、本当に寂しく生きていくのが怖いのです。

投稿者 あかり : 2011年12月 7日 23:04

あづまさん

はじめまして。
最近こちらのサイトを発見し、共感と納得が多く勉強させていただいております。
気持ちの発散と相談の意味を持って、私も投稿させてください。

まさに彼が浮気男で、私は浮気相手の一人です。

私は20代後半で彼は私の3つ上です。
とても優秀な人でハマる人にはハマるかっこよさがあり、クールというか人見知りするけど
話すととても優しくて気さくな人です。
友人が立ち上げた会社を手伝うことになったのが出会いで、約1年が経とうとしています。

当初からすぐに気が合い、真面目な話もふざけた話もできる楽しさから彼を好きになりました。
出会って3ヶ月ほど経った時に彼に告白をしたのですが、
「家の事情が複雑なのと、会社が安定しない中では誰とも付き合えない。
君のことは好きだから悩むけど、無理。」
ということで振られました。
ですが、それ以降、彼から食事やお茶の誘いが増え、職場からほぼ毎回帰り送ってもらい
急速に仲は深まりました。

1ヵ月位は手も握らず何もなかったのですが、彼も私も仕事で落ち込んでいた時期に
ちょうどお互いの良さや痛みを一番理解し励ましあえたことがきっかけで、体の関係になりました。
その時も「付き合えないの?」と聞きましたが、「つきあうというより、大事にしたい」
と言われなあなあになっていました。

彼は「自分、ダメ人間だから」ということが度々ありましたが、違うキャリアから
転職してきたので自分の能力を発揮できないもどかしさからかなと思い、
「あなたはあなたのままでいいんだよ」とか具体的な例を挙げて「こんなすごいところあるよ、
そういうのとてもかっこいいし、大好き」と伝え続けました。
(実際に彼の頭の回転の速さや柔軟さを本当に尊敬しています)
逆に彼も私の良いところや頑張りを認めてくれていました。

半年後、彼の誕生日に彼への尊敬と愛情の集大成(笑)のような手紙を渡したのが
きっかけなのかわかりませんが、彼の私に対する接し方が少しずつ変わってきました。
具体的には一人暮らしの家にようやく入れてもらえたり、彼から「好き」と言われることが増えました。

そして、最近、彼のご家族が病気で倒れてしまったことと、帰り送ってもらっている最中に
事故にあうということが続きました。
幸い彼も私も多少の打ち身とかすり傷程度で済んだのですが、彼は私をケガさせてしまったことを
何度も謝りました。
事故は相手側が悪かったため、「大丈夫だよ!あなたも最近色々あって大変だね」
と笑い飛ばしていたら、「君よりも僕の方が君を好きだよ」と、今まで見せたこともない表情になり、
堰を切ったように泣いてしまいました。
「色んなことを抱えて我慢していたんだね」と彼を抱きしめたら私も一緒に泣いてしまいました。
そして、泣き止んだ時に「君には全部見透かされているようだ。」と言い出し、
「言いたいことあったら言ってもいいんだよ」と私が答えると、彼から
「実は彼女も不特定多数の女性もいる。他の女性たちは自分がこういう恋愛スタイルを
とっているのも知っている。君にだけは言わなかったし、君だけがそのことを知らなかった。
こんなんじゃだめだよね…。もうここまで言ったら自分は何も言えないので
今後どうするかは君に任せる」
ということでした。

さすがに彼女がいたということまでは想像できなかったので正直一瞬気が遠くなりました。
しかし、その時怒りよりも心は静かで「よく話してくれたね、今後のことは少し考えさせて」
と言い、その後はとりあえずそのことには触れずにいつも通り接しています。

ここで、私自身のことをお話すると、幼少時代から父親は常に浮気をし続けて、
母親が泣いてすがると父が怒鳴って出ていくという光景を見続けてきました。
普段は優しいし、冗談を言ったりもする人なのですが、女性関係のことになると豹変した
ように怖かったです。
恐らく、私もそのトラウマがあり、依存度が高く仕事でも恋愛でも男性に
「認められたい、受け入れてもらいたい」という意識が強いです。


さて、話は戻るのですが、彼の告白に対し、今後どうしていくかを相談させてください。
色々あづまさんのコラムや皆さんの体験談を拝見していて、忍耐力と覚悟が必要であることは
承知の上で彼を引っ張り上げることができないかと思っています。

彼が自分の家族の話をしてくれたり、クリスマスイブを私のために空けていたことで
心許せる存在になれてきているのではないかなと自意識過剰にも思っています。
なので、まずは彼に「一緒に幸せになる努力をしてくれるかどうか」の確認をしたいと考えています。
その上でのお話なのですが、父性愛が彼にとって必要なのか、それをどう伝えるかが悩みどころです。
私は今までと変わりなく彼を愛し労わることはできます。
言葉で「他の人とも関係を持つことは私は傷つく」と伝えることは可能です。
けれど、体の関係を許して良いものかがわかりません。
断った時にたとえ理由がちゃんとあるにせよ、彼は「拒絶された」と感じるのが想像できるからです。

長文になってしまい、すみません。
あづまさん、もしよければお知恵を拝借できないでしょうか。
どうぞよろしくお願いいたします。

投稿者 コリラ : 2011年12月26日 01:43

はじめまして。
コラムをいろいろと読ませていただき、どうしてもあづまさんに相談させていただきたく、コメントいたします。

昨年の夏から、おつきあいをしている男性がいます。
出会いは、趣味の場を通じてでした。
共通の友人はいません。
彼はバツ2、ものすごい浮気性(とにかくセックスが好き)な男性で、軽い付き合いを含めたら100人以上いるとのことでした。
「もうそんな何人もとつきあったりはしない」
「一回目の結婚は若すぎて、二回目も離婚は妻から。女遊びは向こうも『家に持ち込まないなら』と許してくれていたから、そういう問題での離婚じゃなく、すれ違い」
などなど・・・。

友人として何度か複数人で飲みに行き、電話をするようになり、おつきあいするようになりました。
実はわたし、彼がはじめておつきあいした男性なんです。
仕事もできて、リーダーシップもあり、男性的なところにひかれました。
三ヶ月経った頃、彼が「本気で好きになった。俺が40になる頃に結婚してほしい」と言い出しました。
彼は今30代前半なので、「そんな10年弱も先の話・・・」と思いながらも、その言葉は嬉しかったので、いいよ、と応えました。(わたしは彼の7つ下です)
それ以後、
「こんなに人を中身だけで好きになったことははじめてだ」
「はじめて、自分から一緒にいたいと思える女性だ」
「こんなに誰かのこと好きになれるんだ」
「もう、他に彼女つくったりしないよ。本気だよ」
等、とても真剣に、そう言うようになって。
わたしも嬉しくて、もっともっと応えたいと思ううちに彼の家で半同棲状態になってしまい・・・。
わたしは実家住まいなので、見かねた両親から問いただされ、「彼氏ができた。近いうちに一緒に暮らしたいと思っている」と伝えたところ、「娘をそんな家にいりびたせることを容認する男は信用できない」と、猛反対されてしまいました・・・。
わたしにも、落ち度はあったと思います。
依存しすぎで、彼との予定を何事よりも最優先し、「会いたい」と言われれば必ず会いに行って・・・。
そこで彼にその話をし、「泊まる日数を減らしたい」と伝えると、不機嫌になってしまいました。
彼は仕事が忙しく、最近だと泊まりに行かないとゆっくり会える状態でないので・・・。
昨日も、「今日は来ないんだっけ?」と電話がきて、「だってこないだ話したでしょ?」と言ったら、「もういいよ。」と一方的に電話を切られてしまいました。
そのあとメールし、電話もしましたが返事はありません。

そうした話をする前は、毎日必ず電話をくれましたし、そんなに不機嫌になったりもしませんでした。
一度、「今日来ないんだったら他に彼女つくろうかなー」と言われて、わたしが珍しく本気で黙り込んでしまい。
そのあと機嫌をなおそうとしてくれたりしたのですが、わたしが彼のわがままに応えられずに辛くなってきたために、彼もあまり癒されなくなったのかな、と・・・。

彼はほんとうにこどもで、自分の欲求を通すことを第一に考えます。
一度、わたしが暑い真夏の日に30分連絡なしで待たせたら、それでふられてしまいました。(納得できず、家まで行って謝って、許してもらえましたが)
短期で、我慢ができないのです。電車で空席ができると、わたしを放って自分がさっさと座ってしまいます・・・笑
相手の都合はどうでもいいと、本人もよく言っています。
自分の都合に合わせられない彼女は、いらない、といったようなことも・・・。
「俺がさびしいときにかまってくれない女はいらない」とはよく言っていて、ほんとうに寂しがりやのようです。
ひとりで何かする、ということができないのかわからないのか。
わたしはひとりで映画でもショッピングでもなんでもしますが、その心理がまったくわからないと言われます。
「ひとり」が大嫌いのようです。
聞いてみたら、幼い頃、両親からあまり愛されなかったとのこと。
父親からは虐待され、母親はそれを容認。
家柄は悪くない家だったものの、どんなに勉強を頑張ってもほめてもらえたこともなく。
実は、わたしも似ているのです。
わたしは母から軽度の虐待を受けました。「お前なんか産まなきゃよかった」等、言葉の暴力も受けました。
そういうところもあって、お互いひかれたのかな、とも思います。

彼はなんとかわたしを自分の家にいさせたいようです。
週三日は行く、と言っているのですが、納得せず・・・。
連絡もないので、もしかしたらもうだめなのかもしれませんが・・・。
一緒にいると本当にやすらかな気持ちになり、それなりにわたしのことも気遣ってくれます。
ほんとうに、大好きなんです。
できるなら、がんばれるところまで、がんばりたい。

わたしは、彼と一緒にいたいから、両親にふたりを認めてもらいたいから、泊まりに行かないんです。
彼も、一緒に認めてもらえるよう、がんばってほしい。
それは、無理なお願いなのでしょうか・・・。
彼の短気では難しいかなと思ってはいます。
とにかく、「今」を生きている人なんです。
いつ死ぬかわからないから、今日を生きたい、と。

もう、どうしたらいいのか、誰を大切にしたらいいのか、なにを守ればいいのか、わからなくなってしまいました。
正しさとか、よくないこととか、わからないのです。

長文になってしまい、申し訳ありません。
お時間あるときに、なにか、お言葉をいただけましたら、嬉しくおもいます。

投稿者 ryu : 2012年1月12日 14:09

コリラさん

コメントありがとうございます。

う〜〜〜〜ん。
これはね、なかなか、難しいよ。

というのはまず、私の分類では、コリラさんがその彼を好きな気持ちそのものが、神経症的な恋愛感情じゃないか、という気がするからです。

幼少期に暴力的な父親を身近に経験した女性が、同じように暴力的な男性を(往々にしてそれとは知らずに)選んでしまう、というのがその典型例なのですが、ちょっと似ているでしょう?

コリラさんが自分のメンタルな部分をしっかり見つめて改善して、彼を導けるぐらいに強くなったとき「なんで私、こんな人のことを好きだったんだろう?」という心境になる可能性が、50%以上ある気がします。

まずは、コリラさんが、彼との交際で感じる感情のうち、過去の体験に根ざしているものがどのぐらいあるのか、自分の心をよく探り、自分自身を良く理解しようと努力する。それが大事なことだと思います。

これまでのところ、彼に対してはいい影響を与えていそうなので、とにかく、自分の心をしっかり安定させ、成熟させることにこそ、力を入れてほしいと思います。

応援しています。でも無理しすぎないでね。

投稿者 あづま : 2012年2月11日 23:46

ryuさん

コメントありがとうございます。
そうですか。彼のことが好きなんですよね。

ただ、冷静な意見を申し上げますと、ryuさんの恋愛感情は、ryuさん自身を幸せにしない方向に働いているようですね。
最終結論としては、ご両親さんのおっしゃるように、その彼とは別れた方がいいでしょう。いや、結局別れることになる(続けられない)でしょう。

但し、ことの本質は、ryuさんの冷静で現実的な判断力(頭)と、ryuさんの恋愛感情(心)が一致していないことです。この状態を解消しなければ、葛藤は解消しないのです。

正直これは、コメント欄で解決できるレベルを超えていると思いますので、本当は恋愛セラピーで個別に対応したいところですが、

とりあえず、ここで書けることを書いてみたいと思います。

まず、相手のことを「離れられないほど好き」と感じるとき、多くの場合、自分の中に寂しさ、孤独感があるものです(心理学的には「ストローク飢餓」といいます)。
彼に求めているもの(自分の存在を認めてほしい、笑顔を見せてほしい、自分を必要としてほしい、優しい言葉をかけてほしい、など)を、自分でよく知ることが第一歩です。

次に、それを、自分で自分に与える努力と、彼以外の人から受け取って、意識して何度も反芻(はんすう)して感謝する努力をします。つまり、彼に一極集中になっている期待(=依存)の状態を分散するわけです。

私はセラピーの場でもよく、「彼というはしごを外したら、あなたの心が奈落の底に落ちてしまうような気がするのなら、しっかりと別の足場を作る努力をしましょう。」と伝えています。

まさに、いまryuさんに必要なのは、「別の足場」なのではないでしょうか。
自分で自分に愛を与えること。
他人からもらっている愛を受け取る感度を高めること。
こういう地道な努力が、幸せな恋愛の土台作りになります。

ぜひこの機会に、取り組み始めてくださいね。

投稿者 あづま : 2012年2月13日 09:24

あづまさん

コリラです。お忙しいにも関わらずコメントありがとうございます。
専門的なご意見本当に嬉しいです。

「神経症的な恋愛」というご指摘、まさに当たっていると思います。
本当に父とそんなところが同じとは全く想像にもしていませんでした(笑)

お話にありました「過去の体験に根ざした感情」ということで考えてみましたが、少し混乱してしまいます。

彼と交際をしていて、すごく楽しいと思ったり彼を好きだと感じる瞬間は
・仕事や共通の知人のことなどを建設的に議論することができる。
・お互いの良いところを認め合って感謝し合える。
・お金の使い方や生活におけるタイミングが似ているので一緒にいて楽
・仲間に対して情に厚い
というところなのですが、
ここは父親との関係で満たされなかった(すぐに感情的になって話し合いにならない等)
ことだから彼に惹かれるのでしょうか?

また、自分の未熟だと思う点は、彼には状況や感情をよく話しているので例えば、
仕事のトラブルで落ち込んだ時も彼に甘えて受け入れてもらい、
実際の処理は自分でするにしても、一人で乗り越えようとせず気持ちが逃げているところです。

また、当たり前のことかもしれないのですが、彼にとても依存していると思う反面、一人の時間もないと息が詰まりそうになります。

さて、前回の投稿以降ですが、「誠実ではないことは良くない」という
スタンスは続けていますが、前と変わらず仲良くしています。

会社関連の人達は彼と私のことは一切知らないので、ふざけて私に
「かわいいね」「アイドルだね」「好き」と言うことがあるのですが、
最近はそれが彼は気になるようです。
二人きりになると「(私を)独り占めしている!」「君はいてくれるだけでいい」「やばい好き!」と前よりも甘えてくるようになってきました。

でも、先日私が「心が通じ合わない片思いは悲しい」とだけ伝えたら
「片思いじゃないよ…でも、何も言えない…。」と言っていたので、
別の女性とも引き続き会ってはいるようです。

それでもやはり彼が「自分は幸せだ」と心から思えるよう力になりたいです。
でもまずは、あづまさんの仰る通り、自分の心を安定させることが重要ですね。

投稿者 コリラ : 2012年3月 1日 21:08

はじめまして。
僕はココヘルで自分が回避依存症者ではないかと気がつきました。

そうなる発端は、25歳の時の最初の結婚でした。
良好な関係を6年以上も続けた後で、いざ結婚となると「この人でいいのか?」もっと他の人と恋愛経験、人生経験を積んでから結婚をすべきではないのか?でも、彼女も適齢期だし捨てるなんて可哀想・・・と悩みました。

そうだ、1年間だけ他に女性をつくって試そう!
そんな浅はかな考えから5?6人の女性と同時に付き合いました。
嘘がつけないので1年後に結婚するのは女性に話してありました。
結婚が近づきその女性達とは別れましたが、結婚後の妻との関係は恋愛時代と違って安らげないものになってしまい、妻が「私が悪者になるから離婚しましょう」と他の男性を好きになったことを告白された時は、大切な物を失った絶望感で地獄の苦しみでした。

それ以来、一人の女性と良好な関係を築いても些細な障害が立ちはだかると他の女性を作って逃げ、本命を失うと悲しむパターンを繰り返したため、友人の助けもあり、ココヘルさんで自分の問題と気がつくに至りました。

結婚を機に症状が出たことから、自分の両親の結婚生活が円満に見えなかったことが原因なのかもしれません。

現在、この最悪な状況を自己開示しても受け入れてくれて、立ち直るのを見守ってくれるという婚約者がいるのですが、もしかして婚約者も恋愛依存症ではないかと思う時があります。
本人は自覚しているのかそこまで自己開示してくれていませんが、こんな僕達は幸せなパートナーシップを築けるのか不安でしかたない状況です。

今、罪悪感を手放す方法などを試しながら自己評価を上げようと努力しています。
あづまさんのメルマガをすがるような気持ちで読み、とても勇気ずけられています。いつもありがとうございます。
そしてこれからもよろしくお願いします。

投稿者 くろべー : 2012年5月26日 04:22

僕は大事な人を二回も裏切ってしまいました。

一回目ばれたとき、ちゃんと向き合ってくれた彼女にちゃんと向き合えなくてまた同じ人に逃げてしまいました。
一時期は浮気相手に本気になってしまいましたが、冷静になって考えると違っていました。

気付いたときには彼女は去っていってしまいました。
もう二度としないって思えても、気付いたときには全て失ってしまうんですね。

痛い思い、大事な人を無くさないためにもう一度考え直してくださいね。

ちなみにまだ諦めていません。
成長してもう一度迎えに行くって約束しました。
頑張ります。

投稿者 テッピラ : 2012年6月13日 22:32

くろべーさん

コメントありがとうございます。

婚約者の方は、ありがたい女性ですね。

まずは、くろべーさんの怖れの源がどこにあるのか、よくよく探ってみることでしょうか。
それがわかったら、いまは安全であるという証拠を、彼女と一緒に作っていくことが大事かと思います。


たとえば、
「結婚=自由が奪われること」
という怖れがあるのであれば、
彼女と居るときは、自分の自由な気持ちを言える。現実問題として、不可能なことを望んでいる場合でも、頭ごなしに否定されたりせず、一緒に「困ったね?」って話せる。

こんな風にリハビリすることができます。
(但し効果が出る前提として、その怖れが本当に根源であることと、自分がしっかり自覚していること、の2点が必要です)

せっかくの彼女さんとの関係。大事に活かして下さいね。
まずはそれが、大事なんじゃないかな。

応援しています。

投稿者 あづま : 2012年7月18日 11:51

テッピラさん

コメントありがとうございます。

このサイトのポリシーに沿ってコメントいたしますが…

ぜひ、頑張る方向は、彼女を取り戻す行動をする方向じゃなくて、
自分の内面としっかり向き合う方向であってほしいと思います。

応援しています。

投稿者 あづま : 2012年7月18日 11:54

あづま様

1年弱付き合って最近別れた男性が典型的なこのタイプの方でした。彼の職業があづまさんと同業なので、他人や自分の心に気を配れている穏やかな器用な世渡り上手の人間なのだという思い込みがあり、彼の言う事を全て鵜呑みにしてしまい、うまく対応できませんでした。

彼が声をかけてきたのは、私自身が長く依存していたトラブルメーカーの旦那と別れ、バツイチ子持ちになって、まだ感情の整理が済んでおらず、そのせいで苦手な家族に負い目をもちながらお世話になり、現状から抜け出すために仕事と育児の傍ら資格を取る努力をしていた時でした。不安と焦りと責任感と孤独感と疲労と怒りと未練よりストレスのマグマが喉元までこみ上げているときで、どのストレス解消方法も効かず、このままではやばいと思っていたときでした。

心の奥で、この人はやばい。と思ったにもかかわらず、ちょっとだけ、ちょっとだけがとめられずずるずるしてしまいました。私の子供になりたい願望があったようで、彼のわがまま、暴言も、精神的に幼稚なせいと歯牙にもかけず、束縛も軽く流し、子供の父親としても、将来の自分の伴侶としても不適合と早々に判断したのに、いざと別れるとなると彼の言う通りに別れ話などなかったことになってしまうのを許してしまいました。
一年間毎日朝目覚めて、今日こそは別れる!と意気込み、うまくいかず、深夜へとへとに落ち込む。その感情と行動の乖離のストレスは大きく、自分の言った事が全てわがままといった次には、気持ちを素直に言えと言われ、終盤には次の彼女がいた彼に依存し、心身症が発症。別れた瞬間から、つらかったけど、やりきった感に溢れ、戻る気も全くありませんでしたが。どうしたら、わたしは回避性の彼と初期にさっさと別れられたのでしょうか。

投稿者 よしこ : 2012年7月22日 20:54

あづまさま

たびたびのコメントお許しください。どうしたらいいのかというのは、上にあづまさんが記された通り、孤独感、喪失感等マイナスの感情を自分で埋める作業がそのまえに必要だったんですね。セラピストの彼でさえ自分のその癖を治せていないのだから、自分で思い癖や感情の根本をケアするというのはかなり難易度の高い事なのだと思います。まして素人にはほぼ不可能ではないかと。
彼に会ったのも、未来へ進む前に自分を見直すための、必要な出会いだったのでしょうね。
近いうちにあづまさんにご協力していただき、私の問題の根っこを探り、十分なケアをして、自分の未来を、予想未来図通りかそれ以上の豊かな素晴らしいものにしていきたいと考えております。その際は宜しくお願い致します。

投稿者 よしこ : 2012年7月22日 21:46

よしこさん

コメントありがとうございます。

気づかれたようですので、多くはコメントいたしませんが…


人は誰でも、母親的に無条件に受け入れてもらった経験と、父親的に成長の方向を示してもらった経験と、両方が必要なのだと思います。

子供時代に親がその役割を、かなりうまくやってくれた場合、その後も、多くの人との出会いの中から愛情や学びを受け取ってさらに成長できるものですが、

それが足りなかった場合、足りないものを差し出してくれる人と共依存的な恋愛関係になってしまうこともあるものだと思います。


ですので、ご自分のことを責める必要はないのだと思います。
そして、ただ、必要なもの、足りないものがまだあるのだなと、まっすぐ認め、

承認不足を解消し、成長する方向に、一歩ずつでも進むことが大事なのだと思います。

応援しています。
必要なときはいつでもご用命下さい。

投稿者 あづま(恋愛セラピスト) : 2012年7月26日 09:55

あづまさま

ありがとうございます。なるほど、父親と母親の役割ですね。私は父親のように指針を示してくれて、母親のように包容力のある、無条件で自分を受け入れてくれる男性がタイプです。両方足りないってことか。残念ですが、自分の、人の親としての資質も磨きたいため、ここらへんを熟考したいと思います。父親と母親の両方の力を磨かなきゃいけませんね。私は自分の子供にそんな思いは絶対させたくありません。

投稿者 よしこ : 2012年7月31日 22:41

私の彼氏も浮気性です。

職場で知り合い、付き合いはじめて約一年ですが
同じ職場の女の子に次々と手を出します。

私も良くないこととは分かっていながら、
怪しい気配があった時に携帯を見てしまいます。
証拠が出てくる度に、結局我慢が出来ず
「◯◯さんが見たらしいけど本当?」とカマをかけて
毎回認めさせている現状です。

彼は見た目も良いですし仕事も出来る人なので
「向こうから寄ってくると断れない」と言いますが
メールを見ると自分からかなり積極的に誘いをかけています。


私は彼が好きです。
今の私の生活?人生の中心に彼がいます。
客観的に見ればかなりのダメ男です。
大学四回生(歳は24歳ですが)なのに就活もせず
やりたい時にやりたいことだけする。
その生活サイクルを指摘したり、浮気を追及すると逆ギレする。
機嫌の波が激しく、ケンカになると「お前みたいな女死ね」と暴言を吐く。
更にそこにお酒が入ると軽めの暴力を振るわれることもあります。
それでもどうしても好きなんです。
本当にバカだと思います。

私は5つ年上で社会人のため、
多少の事は我慢して彼の思うようにしてもらってきました。
それもあってか、彼は「お前ほど居心地のいい彼女は初めてだ」と言っています。
それはきっと本当の気持ちで、私が本命なのは確実なのですが…

それだけ大切に思ってくれているのに
何故浮気するのでしょうか?
一人と向き合うことは、こういう人には不可能なのでしょうか?

最近は浮気される不安で、彼が友達と遊びに行くのも不安です。
友達も大体女の子なので余計にですが…
夜眠れず、ご飯も食べられず、
この一年で10キロ近く痩せてしまいました。

疲れています。

投稿者 まー : 2012年8月 1日 10:55

別のカテゴリーでお世話になりました。

「浮気する男性の心理」(病的な浮気性を除く)

私の経験から・・・。

*愛さずにはいられない人が現れた。
*自分を認めて欲しい。
*男として優越感に浸りたい。
*離婚しての恋愛は面倒くさい。(離婚に至れば浮気ではなくなる。)
*ご家庭に何か問題が有る? (ごめんなさい)

このくらいしか思いつきません。

なぜ浮気するの?
と聞いたことがありませんので・・。
ただ・・男性は、生物学的に大多数が浮気者だと思います。

少し質問からずれますが・・。

では・・パートナーはどうすればいいか・・・。

浮気する男性よりもパートナーさんがよりたくましく、
上を行くといいと思います。

例えば 人間的に。
例えば 魅力的に。
例えば 経済的に。

かなり努力が必要ですが、
絶対に出来ないことでもないと思います。

そして、意地を張らずにいつも素直で純粋な心を持ち続ける。
素直に大好きだといえる。

それでもダメな浮気する男性は捨ててしまう。

これでどうでしょうか・・・。

僭越ながら・・・。

投稿者 眠り姫 : 2012年8月28日 15:07

つい先日、まさに回避依存的な男性に何年も振り回されている事に疲れ、
彼の嘘を知り今まで甘やかしてきた私が、きつい口調で断罪を告げ縁を切りました。
そんな彼は、やはり幼少時代母からの虐待にあい、思春期は体型もふくよかだったため
女性から振り回されていたようです。
弱音はまったく口にせず身体的な欲求を満たす事で甘えているようでした。
ほとんど全身に刺青があり、女は薄情だというのがくちぐせでした。
そして、そんな私も恋愛依存症から回避依存症になった女である気がします。
見捨てられ不安を薄めるために、なんにんものセフレがいたりしました。
互いに寂しさ、自信のなさ、見捨てられ不安、の傷をなめあいしのいでいるうちに
私が、彼とは、きちんと向き合いたいと思うようになりました。
彼の本質的な孤独が感じてきて…私に似ていて…私は私とも向き合いたかったのだと
思います。
しかし彼は私と向き合うことはなく、他の女性との交際を始めました。
彼がその女性に自分を出し向き合えて落ち着いているなら幸せでいるなら
ショックだけれどしかたがない。
と思って居たのですが…忘れた頃にひょっこりと私のもとえきて二番目になって欲しいとのこと。
私のプライドの限界を感じて、いつまでもなめてんなよ、ふざけんなよ、さようなら。と、
今まで見せたことのない態度で断罪しました。
ここの文章を読んで、彼への恨み憎しみ怒りが収まるのと同時に、回避依存に加担してしまったかなと少し反省しました。

彼は本当は愛情に飢えた愛情にあふれた優しいひどいチャラ男です(笑)
私はすでに彼に対して恋愛感情は沸きませんが、せっかく互いに出逢って
色々日々をすごしすきになれたひとには、本当に向き合える関係を女性と築き安心して欲しいとおもいます。

怖がらずに、素直にひとを頼りなさい、信じなさい、そして大事にしなさい。
と伝えてあげればよかったなとおもいます。

そして私も、恋愛依存症になるでもなく、回避依存症になるでもなく、素直に自分の感情を大切にして、今の好きな人へ気持ちをゆっくり届けたいとおもいます。
そんな今の好きな人も回避依存的な人ですが、すこしづつすこしづつ弱さを開示してくれます。自立して我慢強い人ですが、本当は弱く繊細な部分があるようです。
私から負担にならないくらいな感覚で愛情を伝えていきたいと、同じことは繰り返さないように、素直に一途に恋をしていきたいと思います。

ありがとうございます。

投稿者 ゆかり : 2012年10月 9日 06:40

はじめまして。
40代。離婚経験のある独身女性です。

「不倫では、相手の女性を幸せには出来ない」というご意見について、
私の経験をお話させていただきます。

私は20代の頃、
不倫している独身女性を見ていました。
彼女はとても優しく穏やかで性格の良い女性でした。
色気もあり、比較的美人であったのに、
男性に縁がなく30代前半なのに独身でした。
時々。。。彼女が寂しそうに見え、
心に何か大きな問題を抱えているのではと感じるようになりました。

職場を離れた数年後、
彼女の告白で、社内不倫していたことを知りました。
相手の男性は違う部所にいたので、
どんな男性かはわかりませんでしたが、
ひどい男性だと、当時私は思いました。
妻を裏切り、こんなに一途な女性の愛を、
弄ぶようなことをするなんて!と。
愛しているなら、彼女と結婚してあげて!
家族が大事なら、彼女と別れてあげて!
彼女がつらそうで可哀想だから!
そう、心の中で相手の男性を憎みました。
その後二人がどうなったのかは存じません。

私は結婚・出産・離婚・再婚・離婚して現在に至ります。
好きになったのは、既婚男性でした。
自動的に、私の思いは一方通行のはずでした。
それまでは、二人でいても満たされない恋愛しか経験がありませんでした。
が、会えない遠くのその男性とメールでお話するようになり、
日常の一人ぼっちの寂しさや怖れなどが年月とともに消え、
ある日、一人でも満たされている自分を発見しました。
彼に会えなくて寂しいなどとは、少しも思いません。
彼は、私の心に根付き広がり、伸びていくようでした。
私は日々普通に楽しく働き、一人で子育てをしながら、
その合間にふっと、遠くの彼の姿を思い出します。
それだけで、心の底から幸せを感じます。
私は、彼と同じ空の下、この瞬間に生きている。
こんなにも多くの人がいる中で出会えたという幸運に、感謝しています。

彼と出会ったから、精神的に自立出来ました。
人を愛するとはどういう心の状態なのかを、初めて経験しました。
人生をかけがえのない素晴らしいものに変えてくれたことへの彼への感謝の気持ちは、決して失うことなく心に残ることでしょう。

幸せとは、自分で感じるものであり、
自分以外の人には見えないものだと思いますし、
どんな世界にも、例外はあり得るのではないかと思い、
私の経験をお話させていただきました。

最後に、あづま様が、魔性の女で書かれた解決法は、
私が知らずに辿った道であったことをお伝えしておきます。

ありがとうございました。

投稿者 空 : 2012年10月21日 11:54

ゆかりさん

貴重な体験談ありがとうございます。
ぜひ、自分らしい道を見つけていってくださいね。

投稿者 あづま : 2012年12月14日 14:46

はじめまして。
悩みを検索する内に、こちらへたどりつきました。

主人が他界した後、子供2人を育てています。
現在、付き合っている彼(既婚者)がおりますが、4年後、先方の子供が大学を卒業すれば離婚して私と結婚する予定になっています。彼の家庭は数年前から家庭内別居です。

彼とは知り合って23年程になります。当時は同じ職場で、その当時も不倫関係でした。私の結婚を機に別れたものの、主人が他界した後、改めてずっと一緒にいてほしいと言われて再度つきあうようになりました。
彼は外見(チョイ悪オヤジでもてます)に反して、まじめで義理堅い人間だと信じていました。
しかし、数年前に1度浮気をされました。当時遠距離だったので、男性の性を考慮すれば仕方のない状況だったのかと、今では少し可哀そうにも思えるようにもなりました。
しかし、その時は信じていた人に裏切られパニックを起こしてしまい酷い状態だったようです。彼も心底反省してくれ二度と私を悲しませるような事はしないと誓ってくれました。
現在もそれは守ってくれていると思います。
しかし、彼から連絡がなかったり(3、4時間でもダメです:浮気をされた時の空白の時間がその位だったので)、出張の予定が入ったりすると、よからぬ妄想をしてしまい心臓がバクバク状態になります。
彼には信じていると言っている為、私がそのような状態になっている事は時々しか言っていません。あまり疑うような事を言うと、また本当にされそうなので・・・

ここ最近、あの時のトラウマなのか自分でも特におかしいと思います。
彼の事を信じ切りたいのに、もしかしたら先で一緒になれてもまたどこかへ行ってしまうかもしれないという不安でいっぱいです。
でも、だからと言って自分から別れる事はできません。
もうすぐ50代になる自分に、女としての自信も持てなくなってきました。
仕事はしていますがそれも不安定で、全てにおいて自立しなければいけないと頭ではわかっているのですが・・・・

彼の行動に一喜一憂せず、妄想癖を直したいです。
彼以上に魅力的で、何も不安を感じなくてもいい素敵な男性が現れてくれればいいのに・・・逃げる妄想までしてしまいます。

投稿者 ジャム : 2013年1月 5日 18:38

空さん

貴重な体験談ありがとうございます。

まあ、私が常々書いている、不倫の関係では、永続的な幸せにつながらない、という主旨の話は、色々な含みがありまして…

ひとつは、共依存的になって、泥沼化するから、幸せにつながらない、という意味。

でも、別のパターンもあるんです。空さんのように、心が満たされる方に進み、相手が必要なくなって「卒業」する、というパターン。
これは私は、親から十分にもらえなかった、心の成長に必要な愛情を満たしてくれるために現れた相手だと考えています。でもそれは、いわば親代わり。いつか卒業する関係なのです。

満たされて卒業できたら、それは不倫関係の中ではかなりラッキーなケース。
ですので、これから既婚者との関係に踏み込もうという人には、基本的に「やめておきましょう」と伝えるのが愛情のあるアドバイスだと、私は信じています。

そして、そうやって自分一人でも温かい気持ちを感じられる。
そういう状態になったときこそ、永続的なパートナーシップを築く心の準備ができた、ということなのです(いまからチャレンジされるおつもりかどうか、分かりませんが)。

ここを読まれた、他の方のためにも、役立つ話だと思いましたので、解釈を書かせて頂きました。

体験談、ありがとうございました。

投稿者 あづま : 2013年1月 6日 04:33

ジャムさん

コメントありがとうございます。

うーん。何か、抑圧された感情というか、無意識の中に呑み込んでしまってフタをした痛みが出てきているように思えます。つまり、今の相手との関係をどうするか考える前に、自分の内面の整理を進めた方がいい、ということなのですが…

コメント欄では解決しないと思いますよ。
セラピーをご利用になって、きちんと未解決の感情を解決する、というような、内面的なテーマに取り組まれることをお勧めします。

大もとの原因が、生育環境から来るものなのか、ご主人さんを亡くされたことから来るものなのか、それともほかに原因があるのか、文面だけでは分かりませんでしたが、根っこになる出来事と、そのときの感情、というような課題があるように思えます。(これも文面だけなので、確信を持って断言はできませんが)

ところで、非常に気になるのは、こういう点です。
>彼とは知り合って23年程になります。当時は同じ職場で、その当時も不倫関係でした。
残念なお知らせですが、こうして始まる関係は、結局結ばれない結末になることが7割ぐらいじゃないかと思います。

>彼も心底反省してくれ二度と私を悲しませるような事はしないと誓ってくれました。
>現在もそれは守ってくれていると思います。
これも、とんでもない勘違いですよ。
彼が誓うべきなのは、正妻の方に対してです。あなたはあくまで不倫相手。

これが、日本の社会のルールです。

私は、四角四面にルールを守れ、ルール(法律・道徳)さえ守ればいい、と主張するつもりはありませんし、人間がルールと矛盾する感情を抱くことも分かっているつもりです。

しかし、ルールを守れないほどメンタルに切羽詰まっている状態は、本来ちゃんと解決しておかないと、問題の分身を生み、話を余計ややこしくするのです。

状況は若干違いますが、私が図解付きで書いた記事「自分が二股やW不倫をしていてこじれた場合は・・・」をご参照ください。(あづまの名前のところをクリックすると該当記事にジャンプします)

>でも、だからと言って自分から別れる事はできません。
これも、依存状態になってしまっている、ということではないでしょうか?


きっと、彼と別れるか別れないか、みたいな「行動」の事だけ考えていても解決の道を見つけるのは難しいと思います。

きちんと、心理セラピーなどを利用して、自分の中にため込んでいる感情を解消したり、いつの間にか身につけてしまったうまくいかない信念を手放したりと、内面的な取り組みから先に行う方が、結局は近道だと思います。

一度、よく考えて見てくださいね。

あづま様

早々にコメントを頂けましてどうもありがとうございました。
別記事のご紹介も頂きまして感謝申し上げます。

今の私には、一体何から解決すればよいのかもわかりません。
彼には依存状態であるという事は間違いないと思います。
5年前に主人を亡くし、子供達のこれから、残された借金問題等・・・ とにかく不安だらけだった私の唯一の相談相手で、一番つらい状況の時に支えになってくれた人でした。その後も、彼がいてくれたのでここまでやってこれたといっても過言ではありません。私は彼が支えで、彼も奥さんから離婚を切り出された時だったので、私にずっとそばにいてほしいと思ったのだと思います。
お互いに辛い状況がひと段落し、変な余裕ができてしまったのかもしれません。

今は子供達が大学を卒業するまで頑張って働かなければと思う気持ちですが、自分の人生を考えると、やはり彼から離れる勇気がありません。経済状態に何の心配がなければ、もしくは一生一人でも生きていけるだけの仕事を持っていれば彼に依存する必要もないのではと考えます。ただ、ただ、今は自分に自信がないのです。
彼の浮気後、心療内科にも通いました。そして、今でもひどい占い依存症です。自分の悩みなので、誰に頼っても解決はできないとわかっていながらやめる事ができません。
自分がしっかりしていれば、何か自分にあれば・・・ 男性になんて頼らずに生きていきたい。 負けず嫌いで、勝気だった私が、彼の浮気によってすっかり怯える、自分に自信のもてない女になってしまいました。それが悔しいのです。悔しいのに、その原因を作った彼に依存している自分が情けないのです。
ここ数日、このサイトから教えて頂いた志乃さんのHPを拝見し、どうすれば彼が私から離れられなくなるのか勉強しようかと思っています。今までも、彼が喜ぶようにと努力をしてきたつもりです。何の為にそこまでするのか自分でもわからなくなる事があります。プライドの高い私が、あの浮気で全否定されたような、二度と這い上がれない程叩きのめされたという事実だけです。それ以後、今まで以上に外見磨きに力を注ぎ、年齢より10才以上若くは見られていますが、それでも自分に自信がもてません。
彼の事を考える暇がない位打ち込める趣味でもと思い行動にも移すのですが、そういう時でさえも、今またどこかで誰かと一緒にいるのではないかと心配になり集中できません。
年末から、子供の進学問題・癌健診で精密検査が必要になった事・来年の春で仕事がなくなるかもしれない事・・・・ 色々な事が重なり、精神的にまいっている状態の時に、少し彼の怪しい気配を感じて(実際は何もありませんでしたが)、一気に数年前のトラウマが悪化したのだと思います。世間のご主人が元気で、頼れる人を持っている女性がうらやましくて仕方ありません。一人で子供を育てている私からすると、のほほんとして主人に頼っている女性に嫌悪感さえ感じます。特に彼の奥さんには・・・

長々と取り留めのない事を書いてしまい申し訳ありませんでした。やはり私はおかしいのだと思います。
友人も少なく、ほとんどの時間を彼と共有している為、愚痴を聞いてもらったり相談する相手もいません。ここは田舎なので、セラピーの方がいるとも思えません。
こうして書かせて頂ける場所を見つけられただけでも幸せだと思っています。

どうもありがとうございました。

投稿者 ジャム : 2013年1月 6日 21:45




あなたにぴったりの解決法は

トップページ >  1.恋愛の悩みに関するコラム >  このページ“浮気男の心理”のトップへ


浮気男の心理の関連記事etc.

1.恋愛の悩みに関するコラム 記事一覧

共働き時代の夫婦は、愛情にも「時間コスト」感覚が必要。 /  セフレ、都合のいい女になってしまうのはなぜ? 抜け出し方は? /  夫の浮気が発覚!どうしたらいい?動画を公開。 /  家事の分担ではなく、本当の問題は「頭脳労働」の分担 /  恋愛依存症? つらい恋愛には「感情の扱い方」が大事。 /  その恋、恋愛依存症かも!? 問題アリの彼から離れられない心理 /  不倫から結婚へ。不倫から始まり結ばれる可能性はあるか? /  「浮気しない人」を求めても、引き寄せられない理由 /  身近に回避依存症者がいるあなたへ、対応策と自分を守るアドバイス /  なぜ、あの人は、自分の問題と向き合わないのか? /  本当につらい理由は「愛せなくなるから」 /  彼女側の理由で、夫が浮気相手と別れないときに、一考すべきこと /  友達に「もう別れなよ」と言われる恋愛パターンの、交流分析的説明【禁止令と人生脚本】 /  なぜ、イケダン(イケてる旦那)育てに失敗するのか /  恋愛セラピスト、この歳で恋愛する気持ちが分かった(爆) /  自分の気持ちが分からない人に試してみてほしい方法 /  この世界が安全な場所と感じるかどうかが、幸せな恋愛と関係します(ワールドイメージ)。 /  「子供のために離婚しない」という考えは間違いか? /  メガネあづまが、浮気対策について語りました。 /  出来事に、堂々と対応できる自分になろう /  「婚外恋愛」について語りましょう?珠帆印ねとらじに出演しました。 /  夫(彼)の浮気のあと苦しいのは共依存だからなのか? /  相手を操作する心理学に頼りたくなる自分の弱さに気づこう。 /  許せない気持ちの中には、許さなくていい部分もある。 /  親が離婚すると子も離婚する!?ー不幸の世代間連鎖の本質 /  夫の望むことをするな、夫のためになることをせよ /  優しい人を選んだつもりが弱い人だった!とならないために。 /  彼との復縁に適切な方法で取り組めば、人は成長できる2。 /  彼との復縁に適切な方法で取り組めば、人は成長できる1。 /  強制しても、夫婦仲は戻らない。二人が自発的に選ぶことが大事。 /  男はちゃんと立ててあげないとダメ、の心理学的な意味。 /  「別れたあと友達に戻りたい」と「円満離婚」は心理学的には同じこと。 /  動画:相手の話を受け止めて言葉にすることの大切さ(コミュニケーションのコツ) /  動画:恋愛二ヶ月目。彼が引いちゃったと感じるとき。どうしたらいい(2)? /  動画:恋愛二ヶ月目。彼が引いちゃったと感じるとき。どうしたらいい(1)? /  絆の回復ではなく、対決を目指す場合、覚悟を決めて(露木幸彦さん) /  本気?遊びの恋? 遊び人を好きになってしまう女性の深層心理 /  男のマリッジブルーは、プロポーズ前にやってくる /  浮気の清算は、借金の清算に似ている /  失恋した元カレが忘れられないときの解決方法 /  引き寄せる相手を変える秘訣?内面を大事にしよう /  女性からの逆プロポーズはマル?バツ? /  女性は少し依存的、男性は少し犠牲的、がよい理由 /  問題のある彼と続けるか、別れるか? 正解:別れ方が大事。 /  私はこんなに愛しているのに!と思う方へのメッセージ /  男性にプレゼントを選ぶときのコツ。 /  喧嘩しないカップルより、風通しのいいカップルを目指せ! /  浮気発覚後、修復を選択。そこからがスタートです。 /  浮気症の治療法、改善方法 /  ケンカの一本道?喧嘩に至る道はワンパターン /  自分が二股やW不倫をしていてこじれた場合は・・・ /  心の距離を放置しない姿勢が大切 /  自他の時間を大切にすると、人間関係が良くなる /  「結婚」とは??人によって千差万別の結婚イメージ /  男性は、非言語のメッセージに無自覚に反応する /  責めないけれど、放置もしないためには? /  社長と不倫しているが、仕事上別れられない・・・ /  正直、誠実な態度が、味方を作る /  視野が狭いと夫婦は仲間割れする /  不倫に陥る理由(父親との関係) /  夫の浮気のあと、不安で仕方ないのはなぜ? /  恋愛体質の光と影?自由な感情と、依存症の違い /  男性の欲しいもの、女性の欲しいもの。 /  旦那さんに「私と一緒にいる時間を作って」と言おう /  彼の携帯をのぞき見したくなったとき、どうすべきか? /  夫の携帯をのぞき見するってどうなの? /  離婚か?夫婦関係の修復か?揺れているあなたに(2) /  上昇志向の男性狙い? 草食男子狙い? /  離婚か?夫婦関係の修復か?揺れているあなたに(1) /  共働き時代の恋愛道 ?女性の仕事は恋愛にマイナス? /  別れさせ工作を使いたい貴女へ /  男性心理を知りたい、というあなたにご忠告 /  相手に対する条件が多い人は・・・ /  遠距離恋愛を乗りこえる秘訣?この人と結婚するために /  正しい「愛着」と「恋愛依存症」の違い /  ヤンデレな彼氏・彼女とつき合っているあなたへ /  彼に怒りを感じて、苦しいあなたへ /  夫の浮気を今も許せない!というあなたに(3) /  夫の浮気を今も許せない!というあなたに(2) /  夫の浮気を今も許せない!というあなたに(1) /  不倫の彼が離婚してくれない!というあなたに。 /  モテる男の心理と、落ち着いた大人の男の心理の違い /  不幸の世代間連鎖を断ち切ることの大切さ /  親は、いつまでも親であってはいけない /  謝れない男の心理 /  婚活(結婚活動)の必須科目2 男女の違いの理解 /  婚活(結婚活動)の必須科目 心のおそうじ /  男と女の違い?恋愛で活性化する脳の部位 /  男は結婚式の準備にどこまで関わるべき??マリッジブルーの心理学? /  親切の受け取り拒否&返品をしていませんか? /  別れたあとの執着を断ち切る【捉え方】 /  共依存的な恋愛の解決法について /  共依存的恋愛?恋愛依存症の泥沼から抜け出すために /  草食系男子を攻略したい貴女へ /  マリッジブルーの彼女にかけたい言葉 /  同棲生活ってどう?結婚への同棲、別れる同棲 /  不倫ぐせの治し方 /  愛と依存心と罪悪感 /  まずは、笑顔を向けることから始めよう /  男女の友情はあり得るか? /  結婚を真剣に考える上で必要なこと /  ダメ男を作らないために(魚を授ければ一日の糧、竿を授ければ一生の糧) /  失恋した元彼との復縁方法を探しているあなたに辛口アドバイス /  恋愛コラムby恋愛セラピストあづまやすし /  彼氏ができない理由、自己診断チャート /  マリッジブルーの原因と解消法?男性と女性でこれだけ違う /  心のブライダルエステ /  遊びの恋と本気の恋の見分け方 /  黙り込む男の心理 /  彼の気持ちが分かりません、という人へ /  魔性の女とハマる男の心理 /  モテる男の心理(心の問題/回避依存症) /  恋愛心理学:男と女の違い?女と男の心理はどこに違いがあるか? /  別れた彼が憎くて忘れられない(失恋後の心のケア) /  恋愛初期にこそ、心のウミ出しを /  不倫解消に向けた4ステップ(不倫相手編) /  不倫の子を妊娠?中絶or出産?認知は? /  感情のバランスはとれていますか? /  不倫されたときの心の癒し方 /  恋愛相談なら、恋愛セラピーの「女と男の心のヘルス」 /  頑張れ!シングルマザー /  離婚後の心のケア /  恋愛の悪い癖を治すなら /  アイメッセージとアクショントーク /  別れの辛さを癒す方法 /  支配をやめると、幸せがやってくる /  パートナーに対する最大の罪 /  父親との関係が恋愛に影響する /  うまく行くカップルの特徴 /  浮気男の心理 /  カップルの幸せな将来が見える催眠ワーク /  恋愛ニューロロジカルレベル /  浮気調査を依頼する前に /  あなたは「正し」すぎて敬遠されていませんか? /  不倫・一夫多妻 /  不マジメ人生のススメ /  ヨシエさんの公開相談:夫婦問題について /  図解!依存・自立・相互依存そして共依存 /  男性が女性に望むもの /  1日1回恋愛タロット占い /  男を浮気という逃げに走らせる態度とは? /  浮気チェックの方法 /  夫の不倫に気付いたら /  男の浮気を防止する方法 /  男性は女性からのプレゼントをどう思うか /  恋愛がうまくいく潜在意識活用法 /  私はどうして彼に尽くしてしまうのか。。 /  いい女 /  専業主婦志向は幸せをつかめるか /  男性は感情表現が苦手 /  男心をつかむ方法 /  ?furin?ふりん?不倫?を繰り返してしまう理由 /  自分を安売りしない!の落とし穴 /  遠距離恋愛の乗りこえ方?体験記 /  恋して幸せになっていいんだよ /  恋愛・結婚生活がうまく行く秘訣?自分を許すこと /  彼氏が出来ない理由、ご意見募集! /  恋愛の悩み /  結婚の悩み /  恋愛と心の潤い /  甘えの欲求?マザコン男について /  復縁を願う心 /  失恋後の心のケア /  男心が手に取るように分かる方法 /  離婚弁護士について /  成田離婚の心理分析(なりたりこん) /  あなたが男性を立てられない本当の理由 /  暴力に至るまで /  彼氏ができない理由、決定版 /  男性心理(怒る男性の心理) /  離婚後の感情 /  男は失敗を責められることが怖い /  別れた時に、プレゼントを返せ…の心理 /  世話焼きの女性は歓迎されるか? /  真に男を立てるということ /  離婚アドバイス /  離婚するかしないか、迷う心 /  離婚後の悩み、迷い、逡巡 /  男を立てるということについて / 

記事カテゴリー一覧

1.恋愛の悩みに関するコラム(179) /  1b.心理学に関するコラム(116) /  1c.男性向きのアドバイス(32) /  1d.人を動かす秘訣(36) /  1e.結婚生活の悩みに関するコラム(2) /  1g.セラピストまなみのコラム(24) /  2.恋愛セラピー手法・事例・信念(36) /  3.女と男の心理学用語集(168) /  3b.心の化学反応式ー解説書(10) /  4.リンク(11) /  5.書評・レビュー・講演(107) /  6.メルマガバックナンバー(146) /  6b.メルマガバックナンバー2(153) /  6c.メルマガバックナンバー3(151) /  6d.メルマガバックナンバー4(147) /  6e.メルマガバックナンバー5(150) /  6f.メルマガバックナンバー6(17) /  7.恋愛セラピストあづまの日記・提言・発言(29) /  おすすめ・キャンペーン(10) /  オススメ記事(39) /  電話・skype恋愛セラピー(4) / 

オススメ記事

その恋、恋愛依存症かも!? 問題アリの彼から離れられない心理 /  「浮気しない人」を求めても、引き寄せられない理由 /  身近に回避依存症者がいるあなたへ、対応策と自分を守るアドバイス /  「浮気はなぜいけないのか?」について議論しましょう。 /  浮気症の治療法、改善方法 /  恋愛依存症の克服・解消に役立つ心理療法の技法 /  不倫に陥る理由(父親との関係) /  恋愛カウンセリングの受け方 /  モテる男の心理と、落ち着いた大人の男の心理の違い /  謝れない男の心理 /  婚活(結婚活動)の必須科目 心のおそうじ /  共依存的な恋愛の解決法について /  共依存的恋愛?恋愛依存症の泥沼から抜け出すために /  失恋した元彼との復縁方法を探しているあなたに辛口アドバイス /  浮気性、浮気症 【うわきしょう】 /  恋愛コラムby恋愛セラピストあづまやすし /  彼氏ができない理由、自己診断チャート /  マリッジブルーの原因と解消法?男性と女性でこれだけ違う /  黙り込む男の心理 /  いじられキャラの心理分析 /  モテる男の心理(心の問題/回避依存症) /  回避依存症【かいひいぞんしょう】 /  不倫の子を妊娠?中絶or出産?認知は? /  不倫されたときの心の癒し方 /  浮気男の心理 /  恋愛依存症の克服・回復 【れんあいいぞんしょう】 /  浮気チェックの方法 /  夫の不倫に気付いたら /  男の浮気を防止する方法 /  彼氏が出来ないのはなぜ? /  男心をつかむ方法 /  彼氏が出来ない理由、ご意見募集! /  【男心理解】30分でわかる男心のつかみ方 /  彼氏ができない理由、決定版 /  男の心理が分かる心理学レポート【男心理解】 /  男性心理(怒る男性の心理) /  心理学・メンタルヘルス おすすめリンク /  人生の先生・友人リンク1 /  恋愛・結婚おすすめリンク / 


  PR [無料タロット恋愛占い屋]