【ココヘル038】東京大学で不幸になる話

 

◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 女と男の「心のヘルス」?癒しの心理学 038号 2005.11.18
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆
 
 こんにちは。あづまです。
 
 かつて、交際していた女性に恐い顔で「やすし君は立派だから」
 と言われたことがあります。混乱しました。
 
 立派は普通褒め言葉です。
 
 なぜ?
 
 今日は、こんな話から、恋愛につなげてみます。
 
 
◆自分に許可を与えること
 
 今日のメインテーマです。
 
 今日は、久しぶりに私自身のことを書きます。
 緊張してきました。
 いつもは辛口のご意見も歓迎ですが、今日はお手柔らかにお願い
 します。冷や汗かきながら書いていますので。
 
 
◆東大に合格できた理由
 
 これを書くと自慢話っぽくて嫌なので、これまで人にも言わな
 かったし書くこともなかったのですが、私は結構余裕で合格しま
 した。高校3年生の2学期には合格を確信していました。
 
 
 でも、今日は『ダメな話』の例として書いています。
 
 なぜダメな話なのか、よく読んでください。
 
 
 なぜ、一発で合格できたのか。
 心理面から考えます。実は、かなり緊張していたと思います。
 高校1年生の終わりぐらいから本格的に勉強を始めました。
 
 中学受験をした私は、小学生にして受験に「落ちる」経験をしま
 した。幼心についた傷は、決して浅くありません。
 
 もう、あんな無念を感じるのは嫌だ。
 
 これが原動力になり、かなり早い時期から、受験の準備を始めま
 した。今は高校1年の3学期から勉強するのは珍しくないかもし
 れませんが、当時としては早かったと思います。
 
 
◆前へ前へ、強く、強く。
 
 とにかく、前へ、前へ、強く、強く。
 負けてはいけません。合格を勝ち取るんです。
 目標に向かって、一生懸命やります。
 
 
◆勝ち組の憂鬱
 
 こうして、勝ち組に入るためのメンタリティーができました。
 いい成績をあげ、さらに先に進む。これが大事な価値観だと、
 その時は思っていました。
 
 社会人になってからは、それが「社会に役立つこと」にかわり
 ました。役立つことをするんです。
 
 正直言って、目先の楽しさを優先する人間をバカにしていました。
 たとえば、大学を1年休学して旅行をしてみる。そんな人です。
 
 会社を辞めて数ヶ月のんびりする人も同罪です。
 
 何人生の寄り道しているの、ぐらいに思っていました。
 
 
◆一番欠けていたもの
 
 そんな考え方だから「立派だから」と嫌味を言われたんです。
 
 私に欠けていたもの、それは、
 「ありのままの自分を認めてあげること」「自分を許すこと」
 でした。
 
 常に学び、進歩し、競争に勝っていかなければいけない。
 心の中に、負けることへの恐怖が渦巻いていたんです。
 
 これでは、どんなに成績が良くても、社会に出てどんなに稼いで
 も幸せを感じることができませんし、周りの人を幸せにすること
 もできません。
 
 
◆新たな人生の目標
 
 あるとき、はっと気づいたんです。
 
 成績がいいことも、社会に役立つことも、上司に評価されること
 もすべて、「他人の評価を良くすること」だということに。
 
 自分は、何を求めているの?
 
 無意識に、自分がやりたいことを心から追求してはいけないよう
 な、罪悪感にも似た感情を持っていました。
 
 でも、それでは幸せになれません。永久に満たされません。
 
 
 いま、私の目標はシンプルです。
 
 「自分の幸せを、心から追求すること」
 
 
 シンプルですが、意外とできていない人が多いと思います。
 このメルマガへの返信で相談された方。
 ある会でタロット占いをした時に相談された方。
 
 もっと、ご自分を許してあげてください。
 ご自分の幸せを、心から追求してください。
 肩の力を抜いたら、全部がうまく回りますよ。
 
 
 そんなアドバイスを何度もしました。
 
 だから今日は、自分の話を書いて、そんなあなたへのメッセージ
 としました。
 
 
◆まとめ
 
 自分を認めてあげること。
 それができると、一気に幸せの流れが押し寄せてきます。
 
 自分は一生懸命頑張っているのに、いい恋愛ができない、そう思っ
 ているあなた、私のケースと同じではありませんか?
 
 私は、自分の幸せを、心から追求していい、そう思うようになっ
 てから、恋愛がとても充実するようになりました。
 
 私の体験談を書きましたが、あなたへのメッセージです。
 ご自身に置き換えて、もう一度読んでみてください。
 
 今日は恋の話はほとんど出てきませんでした。
 でも、恋愛や結婚生活にとって、とても重要な話を書きました。
 
 もう一度だけ書きます。
 
 「自分の幸せを、心から追求すること」
 
 
 ※ブログの方にも関連記事をアップしました。
 「恋愛・結婚生活がうまく行く秘訣?自分を許すこと」
 http://www.556health.com/archives/2005/11/post_226.html
 読んだら、ブログランキングのボタンを押してくださいね☆
 
 
 
◆お役立ち情報  【男心・女心】
 
 この二つは、本当におすすめです。継続して紹介しています。
 
 ◆男心が知りたい◆
 
 →私の無料レポート(もうダウンロードしましたか?)
 【男心理解】30分でわかる男心のつかみ方
 http://www.556health.com/archives/2005/10/post_189.html
 読んだら感想を送って下さいね。
 
 ★女心が知りたい★
 
 →けえこさんによる、無料レポートがおすすめ。
 【女の子のホンネ】満載スペシャルブック第2弾♪
  (配布終了しました)
 
 
◆編集後記
 
 このまま行くと、今年の終わり頃に50号がでるかどうか、とい
 うところですね。週2回の配信ですが、ここまで良く続いていま
 す。増刊号が出れば年内50号。出なければ、新年号が50号。
 
 さてどうなるか。
 
 振り返ってみると、
 ・出会う恋人はあなたの鏡シリーズ
 (自分の心の状態が、出会う人を決める)
 ・手紙を書きましょうシリーズ
 ・男心シリーズ
 そして、現在の、
 ・彼氏ができないのはどうしてシリーズ
 
 こんな感じで特集を組んでやってきました。
 個人的にお気に入りはやっぱり出会う恋人はあなたの鏡シリーズ
 の中の「愛情貯金」でしょうかね。
 
 男心シリーズは、心理に関する知識を本当に出し切って書いたと
 いう達成感のあるシリーズでした。
 
 男心が分かる特別無料レポートも仕上がりましたし。
(ダウンロードしました?そのうち打ち切りますからね)
 http://www.556health.com/archives/2005/10/post_189.html
 
 意外だったのは、書いているときにほとんど反響がなかった、
 手紙を書きましょうシリーズ。
 失敗だったか?。そう思っていました。
 
 でも、あとになって、実は参考にしていましたというメールを
 何通かいただきました。男性からが多かったですね。これは。
 
 メールをいただくのはほとんど女性からなので、男性の方には
 読まれていないかと思っていました。そうでもないんですね。
 
 今日は、思い出話になってしまいました。
 これからも、お付き合いいただけると嬉しいです。
 
 
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ありがとう! ライフスタイル版新着1位!
 ●女と男の「心のヘルス」?癒しの心理学
 
 以下の方は、ほかを当たってください。
 ×すぐモテるテクニック教えて!
 ×相手を操る心理学のテクニック教えて?
 ×フェロモンとかでオトす方法、ないの??
 
 逆に以下の方にはお役立ち情報をお届けします。
 ○どうしても、交際が長続きしない
 ○良い相手に巡り会えないように感じる
 ○今の相手と喧嘩が絶えない
 ○彼氏、彼女、奥さん、旦那さんと会話するのが面倒だ
 →でも、現状を変えたい!解決したい!
 
 ●制作:あづま やすし(男女のメンタルヘルスカウンセラー)
 ●登録・解除:http://www.mag2.com/m/0000164141.html
 ●ブログ http://www.556health.com/
 ●恋愛、結婚生活の悩みをご相談下さい。
  このメールへの返信で受け付けています。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
 
(裏編集後記)
 
 今日はナシ。
 
 
(私信)
 
 かみふじこうじさん:やっぱりあんたは相互紹介のプロだ。
 しばりんさん:葉書ついてよかったね。メールありがとう。
 
 
(今日のアファメーション)
 
 (自分に向かって)「今日も、ありがとう」
 
 自分の体。自分の心。自分の長所。自分の短所。
 今日一日生きたことに対して、「ありがとう」