【ココヘル104】既婚者との恋愛は禁止?

 

まぐぞうさん、いらっしゃい。
◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 女と男の「心のヘルス」?癒しの心理学 104号 2006.6.27
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆
 
 こんにちは、あづまです。
 
 まぐぞうが復活して、そちらから無料レポートをダウンロードし
 て登録になった方もいらっしゃると思います。
 
 心理・恋愛系は、ビジネス系とは違い、売れ筋の情報商材などに
 くせがあります。まあ、その話は編集後記で。
 
 
★さて、今日は、私が「不倫もOK」と言っているのではないかと
 いう懸念をお持ちの方がいらっしゃるようですので、その辺の説
 明をもう一度したいと思います。
 
 但し、今日の内容は、あくまで私の「意見」です。
 それ以外の考えも、もちろんアリですからね?
 
 
◆不倫の入口に立ったあなた、どうしますか?
 
 「結婚していても、好きな人ができてしまった」
 「既婚者を、好きになってしまった」
 
 そんなとき、どうすればいいかについてです。
 
 私の、一番のおすすめは、こうです。
 
 好きになった気持ちは、自分が大事にしてあげる。
 否定したりはしないのです。
 
 
 そして、あなたが既婚者なら、自分のパートナーとの将来を思い、
 やはり、真の幸せはそこにあることを思い出します。
 
 人生を共に歩むパートナーは、単に一時盛り上がればいいわけで
 はなく、生活レベル、価値観、病気、子供のことなどがすべて関
 係する運命共同体です。
 
 簡単に壊して平気な顔をしているようでは、真の幸せはやって来
 ません。
 
 
◆但し、好きになった感情は100%認めてあげるのです。
 
 好ましくない対応のひとつはもちろん、その時の感情にまかせて
 浮気に走ってしまうというやり方ですが、
 
 実はそれと同じくらい好ましくない対応に、
 
 「『好きになってはいけない』と自分に言い聞かせる」
 というものがあります。
 
 
 え?
 
 
 なぜいけないの?
 
 
 さあ、ここからが今日の本題です。
 
 
◆表層意識と、潜在意識を使い分けてください。
 
 表層意識と潜在意識。
 
 自分がやっていることを、自分で分かっているのが表層意識。
 たとえば、「車を運転している」のが表層意識の働き。
 「おいしそうなレストランが目に入った」のが潜在意識の働きで
 す。ふと気づいたり、自分ではコントロールできない感情に突き
 動かされたりする、心の深いところにあるのが潜在意識です。
 
 
 さて、話を戻して、なぜいけないのでしょうか?
 
 潜在意識はイメージ的に大づかみにすることしかできないので、
 「不倫相手に対する愛情は止め、結婚相手に対する愛情は持つ」
 みたいな器用なことが苦手なのです。
 
 恋愛感情を禁止してしまったら、大切な、結婚相手に対する愛情
 まで失ってしまうかもしれません。
 
 だから、人を好きになる気持ちは、自由にしてあげた方がいいと
 私は考えています。
 
 
◆理性の力
 
 好きになるという感情は十分に味わい尽くして、十分に認めてあ
 げた上で、「より高いレベルの幸せ」のためには、現在のパート
 ナーとの関係をよくすることが大事、
 
 そう、理性を働かせて、思いとどまればよいのです。
 
 
 「好きになってはいけない」という考え方は、
 潜在意識に対してブレーキをかけようとしています。
 表層意識より7倍とも100倍とも言われる潜在意識に対して
 「禁止令」を出そうというのだから、無謀な試みです。
 
 止めようとすればするほど、好きになる気持ちが暴れます。
 
 
 「好きになってもいい。
  そして、より高い幸せのために現在のパートナーを選ぶ」
 という考え方は、潜在意識(感情)は自由にさせています。
 そして、表層意識(理性)で行動だけ止めています。
 しかも、より高い幸せ(長続きする愛情、家族など)という、
 別の幸せを思い描き、行動を決めています。
 
 このパターンでは好きになる気持ちは暴れにくいのです。
 
 
◆将来の希望
 
 そのためには、現在のパートナーと、幸せになれるという将来の
 希望を持っていることが最低条件になります。
 
 もし、これがないのなら、
 
 そのパートナーシップは、不倫の入り込む隙だらけということに
 なります。
 
 現在パートナーのいるあなたは、ぜひ将来の希望を育ててくださ
 いね。
 
 
 不倫シリーズのあとは、基本に戻り、パートナーがお互いに希望
 を育て、より高い幸せのためにお互いに努力する関係を築くため
 のヒントをお送りしようと思います。
 
 
◆まとめ
 
 色々メールを頂きましたが、
 真意が伝わっていなくて残念です!!
 
 「自由な気持ちで不倫していい」なんて書いてませんからね!
 逆に、
 「不倫はケシカラン」とも書いてません。
 
 
 好きになる感情を抑圧すると、かえって暴れる。
 
 だから、
 
 感情を味わい尽くし、自分だけはその気持ちを大事にしてあげる。
 
 そして、
 
 不倫という行動に出るかどうかは、理性で判断。
 
 そのときに、
 
 現在のパートナーとの、将来の希望があるかどうかが大事。
 
 
 今度こそ、伝わってほしいと祈ってます(涙)
 
 
◆あなたは、どう思いますか?
 メッセージお待ちしています
 
 azma@556health.com までメールしてください。
 (@を半角にしてください)
 
 
 
 
◆不マジメ人生のススメ
 
 ココヘルブログの記事です。
 http://www.556health.com/archives/2006/05/post_305.html
 
 先日ご紹介したのと同じメルマガのバックナンバーが使われてい
 ますが(お気に入りの号なのでご容赦)、
 
 そう、不マジメなのに幸せになる。
 そんな話を書いています。
 読んだら納得していただけると思いますよ。
 
 タイトルは、???な感じですけどね。
 
 不マジメ人生のススメ
 
 お読みになり、ブログランキング応援していただけると
 とても嬉しいです。
 
┏━◆━━◆━━◆━━◆━━◆━━◆━━◆━━◆━━◆━━┓
 ありがとう! ライフスタイル版新着1位! 祝!10000部
 ●女と男の「心のヘルス」?癒しの心理学
 ●ご意見、ご感想お待ちしています。このまま返信して下さい。
  これまで、頂いたメールをメルマガで紹介させていただく際の
  ルールを明確にしていませんでしたが、このようにします。
 
 ・メールの文面は、基本的に元の文体そのまま。
 ・本人のお名前や、登場人物はイニシャルにするか、または別の
  名前にすることで、個人が特定できないようにします。
 ・事前の確認は原則しませんので、送って下さったメールは紹介
  されることがあるとお考え下さい。
 ・紹介不可の場合、明記してくだされば、紹介しません。
 
  azma@556health.com ←メールはこちらまでお願いします。
  スパム防止で@は全角になっています。半角に直してください。
 
 ※たくさんのメールを頂いています。ありがとうございます!
  個別の返信はできないことがありますのでご了解下さい。
 
 こんな方にお役立ち情報をお届けします。
 ○出会いがない(出会う自信がない)
 ○なぜか不倫ばかり(一対一の恋愛に自信がない)
 ○不倫されて悩んでいます!
 ○交際が長続きしない
 ○今の相手と喧嘩が絶えない
 ○パートナーとマンネリ(冷戦)
 →でも、現状を変えたい!解決したい!
 
 ●制作:あづま やすし(男女のメンタルヘルスカウンセラー)
 ●自己紹介はこちらです↓(声の自己紹介があります!)
  http://www.556health.com/archives/2005/07/post_5.html
 ●登録・解除:http://www.mag2.com/m/0000164141.html
 ●ブログ http://www.556health.com/
┗━◆━━◆━━◆━━◆━━◆━━◆━━◆━━◆━━◆━━┛
 
(裏編集後記)
 
 週末に、母が訪ねてきました。
 奥さんの具合が悪いから心配して来たんですけどね。
 
 まあ、すっかり元気になっていたので、安心して帰りました。
 女同士、仲良くやっているみたいなので、私も安心しました。
 
 家族みんな、それぞれ信頼し合えるのが一番ですからね。
 
 私が作った、インドカレーが好評でした。
 野菜と果物をフードプロセッサーでつぶして煮込み、ほとんど水
 を入れずに作るカレーなんです。オリジナルです。
 
 母の煮物(筑前煮)はおいしいんです。作って持ってきてくれま
 した。奥さんの料理は、ちょっとお休み。たまにはいいですよね。
 
 月曜日は、奥さんがハンバーグを作ってくれました。
 これで、私の得意料理、母の得意料理、奥さんの得意料理。
 
 全部食べられました(*^_^*)
 
 食べ物の話ばかりですいませんね。
 
 
(今日のアファメーション)
 
 (たとえ恋愛が成就しなくても)
 
 人を好きになれた、自分が好き。