アサーティブ, 批判, 中傷, 受け止め方

トップページ >  1d.人を動かす秘訣 > 正当な批判と、不当な批判を見分ける

正当な批判と、不当な批判を見分ける

相手をどうにか動かしたいと思う場合、その相手が人の意見を聞く耳持たなかったり、聞いているフリをして聞き流していることが多いのではないでしょうか。

すると、こちらが一回言っても、相手は動いてくれない。
そんなことが多いと思います。

そのような相手との関係においては、批判を受けることも多くなります。自分のことを反省しない人は、他人を責める傾向がありますので。

しかし、相手の言い方が悪いからといって、こちらまでひどい言い方をしていいというわけではありません。それでは、結局相手と同類になってしまっただけで、何も改善しません。

悪い例:
「おまえ顔が変だよな。そんなヤツにつき合ってやってることを感謝しろよ。」
「なによ、あんただって、いつも人に金せびるばかりじゃない。少しは甲斐性見せなさいよ。」

一回は一回。
やられたらやりかえす。

残念ながらそれでは、よい人間関係は作れません。


まず始めに必要なことは、批判には2種類あると知ることです。
・正当で建設的な批判
・不当な批判や、中傷

そして、正当で建設的な批判は、言うことも聞くこともできるのが大事。
(嫌われるのを怖れて正当な批判を言えないのもまた、問題なのです)

不当な批判や中傷は、言わないのはもちろん、言われても受け取らないという姿勢が大事。
上の悪い例は、不当な批判をお互いに言い合っているのです。相手がやったからといって、こちらもやる、ということのないようにしましょう。

正当な批判の例:
たとえ、相手の見た目に関することであっても、変えられることなら正当な批判になります。
「○子さん。言いにくいことなんだけど、お化粧の仕方でね、アイラインを強く入れているでしょう?私の感じ方なんだけど、ちょっと怖い感じに見えるんだ。もう少し薄い色にする方が、キレに見えると思うよ。」
正当な批判とは、自分の気持ちに正直に、相手のことを思いやり、具体的で、改善の提案になっているものです。

自分がそのような正当な批判を言えるようになることも大事ですし、相手から受けた正当な批判は、きちんと受け止めて、直すべきところは直す、直せないところは素直に「今は無理」などと認めることが大事です。

正当な批判と、不当な批判の違いを見分けるポイント:

正当な批判は、「言い方」「行動」「態度」「考え方」など、本人が自分の意思で変えられる部分について、具体的かつ建設的に提案するものです。

一方、不当な批判とは、「(変えられない)容姿」「生まれ」「人格・性格」や本人が触れないでほしいと思っているところについて言及してしまっているものです。
また、「期日までに書類を仕上げてほしい」という具体的な要求は正当な批判ですが、「仕事がだらしない」という、あいまいで人格にかかわる表現になると不当な批判になります。


正当な批判まで、耳を貸さなくなってしまっては、困った人になってしまいますし、
不当な批判まで全部受け取ってしまっては、生き生きと生きていくことが難しくなります。

批判は、どうしても耳に入ってしまいますから、受け取る、受け取らないというのを判定する前に始めのうちは自分の心が傷ついてしまうこともあるかもしれません。

慣れると、どれが受け止めた方がいいもので、どれが受け取らなくていいものか、すぐに見分けがつくようになっていきますので、

まずは、正当な批判と不当な批判が見分けられるようになるよう、意識してみることをオススメします。

正当な批判と不当な批判を見分けたあとは、正当な批判を受け入れ、必要なら素直に認める、の記事を参照してください。






現在募集中のワークショップ一覧はこちら

あなたにぴったりの解決法は


応援クリックありがとう!→←人気ブログランキング

ドットライン

コメント

あづま先生、こんばんは。
TVとかサイトもいつもみて、勉強させていただいています☆

わたしは、自己表現とか感情のコントロールが苦手です。

人のせいにするわけではないのですが。。うちはあまり家庭環境がよくなくて
母から、罵られたり、喧嘩ばかり見てきて「こういうのは嫌だ」とか
どうしたらいいのかわからない、とか人に聞いたりする
自分の言いたい事を言えずにいました。
それと同時に、人の顔色ばかり伺っていて

付き合う男性に対しては特に、そっけなく感じたり
慣れてきたりすると、雑な部分を指摘したり
気持ちを疑ったり
自分で関係を悪くしてしまいます。

いま付き合ってる人は、友達と会ったりすることなく
一人ばかりで、仕事か家でのんびりしたいタイプで
自分の話をしません。

寂しいなぁとか、会いたいなぁとかの表現もなく
出る言葉が世間知らずなカチンとくることばかりで
喧嘩ばかりしています。

初めのころは、何も言わず耐えてることが多かったので
ちゃんとアピール(正しい言い方で)しなければいけなかったのかも
しれませんね。

最近、ここのサイトを見ながら思ったのですが
心の奥底に、彼に対してだけでなく
なんだか怒りがたまってる気がして。。
まずは、そんな感情と向き合っていこうと思いました。

投稿者 いるか : 2012年3月18日 01:00

いるかさん

コメントありがとうございます。

こうして、記事を読んで、自分のことを省みて下さる方がいると、
書いた甲斐があるなぁ、と嬉しくなります。


本来なら、親からの承認がいっぱいほしい時期である、子供の心で、
>母から、罵られたり、喧嘩ばかり見てきて
こういう環境を経験したことは、辛かったですね。
心中お察しいたします。

ひょっとすると、そのような経験の中で、黙って耐えた方が嵐が去ってくれるという経験などをされた(推測ですが)ことから、自分にとって一番安全な対応として、潜在意識が

【黙って耐えることこそ最高の対応策】

と、学習してしまったのかもしれませんね。


このような、幼少期に身についた心のクセは、セラピーなどを通じて解決した方が、解決は早いと思うのですが、

自分でもできる方法をひとつ、ご紹介してみたいと思います。


それは、自分のクセを、言葉にできたら、という条件付きなのですが、

たとえば、

【黙って耐えることが一番安全!】

っていうルールが自分の中にあると気づいたら、

その前に、条件をつけてしまうんですね。

たとえば、
【精神的にいっぱいいっぱいの人の前では】
【黙って足ることが一番安全】
というように。

呪文のように唱えているうちに、


あれ?
私って、
精神的にいっぱいの人とばかり関わってない?

って自然に思うようになったら、その呪縛から少し抜け出しています。


条件文としてつけてみるといい候補は、上記のものの他には、
【愛情不足の人の前では】
【精神的に未熟な人の前では】
【本当の思いやりが分からない人の前では】
などがいいかもしれません。


まぁつまり、
幼少期についたクセも、使いどころはあるわけですから、
決して自分を否定してしまうことなく、
条件をつけて、こういうときには使える、
という風に認めることが大事なんじゃないかと。

そして、切り替えもできるようになろう、と。


この方法がお気に召すかどうか分かりませんが、
まあ、やってみようと思ったら、やってみて下さいませ。

投稿者 あづま : 2012年4月24日 22:47




トップページ >  1d.人を動かす秘訣 >  このページ“正当な批判と、不当な批判を見分ける”のトップへ


正当な批判と、不当な批判を見分けるの関連記事etc.

1d.人を動かす秘訣 記事一覧

ときには"形で示す"ことも大事。 /  「浮気はなぜいけないのか」これが私の最終回答です。 /  相手を操作する心理学に頼りたくなる自分の弱さに気づこう。 /  夫の望むことをするな、夫のためになることをせよ /  自分の無意識にも責任を持つ、という高い意識を。 /  反省とは、自分の力を信じること。 /  「別れたあと友達に戻りたい」と「円満離婚」は心理学的には同じこと。 /  相手と自分が同意できる、共通の土台から話を始める /  人間関係には「解なし」があることを前提に取り組むこと。 /  良かれと思ってしたアドバイスが裏目に出る理由 /  苦言を言うときは、相手のペースに合わせた提案をする /  「叱る」とは「あんた不幸に向かってるよ」と諭すこと /  正しいことを「正しい」と言うのは正しいか?(浮気を問い詰めることを例として) /  引き寄せる相手を変える秘訣?内面を大事にしよう /  「浮気はなぜいけないのか?」について議論しましょう。 /  「浮気はなぜいけないのか?」について議論しましょう、準備編 /  正直、誠実な態度が、味方を作る /  夫の浮気のあと、不安で仕方ないのはなぜ? /  自己重要感を持たせる /  傷つけ合ったことは、相殺されない /  なぜ夫婦の話し合いはうまく行かないのか-ダンマリ・逆ギレ夫の対処法 /  相手を悪者にしない /  難しい相手には、一人で立ち向かわない /  わたしはわたし、あなたはあなた /  不当な批判をキッパリ否定する /  黙っていたこと、何もしなかったことにも責任を持つ /  正当な批判を受け止め、必要なら素直に認める /  正当な批判と、不当な批判を見分ける /  何度でも根気よく繰り返し伝える /  議論しない /  よい感情で導く /  文章を完結させ、語尾までハッキリと発音する /  相手の痛みに共感する /  まず、自分を深くゆるすこと /  批判で人を動かそうとしない /  「リーダーシップ」を発揮するためのセラピー / 

記事カテゴリー一覧

1.恋愛の悩みに関するコラム(183) /  1b.心理学に関するコラム(116) /  1c.男性向きのアドバイス(32) /  1d.人を動かす秘訣(36) /  1e.結婚生活の悩みに関するコラム(2) /  1g.セラピストまなみのコラム(24) /  2.恋愛セラピー手法・事例・信念(36) /  3.女と男の心理学用語集(168) /  3b.心の化学反応式ー解説書(10) /  4.リンク(11) /  5.書評・レビュー・講演(112) /  6.メルマガバックナンバー(146) /  6b.メルマガバックナンバー2(153) /  6c.メルマガバックナンバー3(151) /  6d.メルマガバックナンバー4(147) /  6e.メルマガバックナンバー5(150) /  6f.メルマガバックナンバー6(65) /  7.恋愛セラピストあづまの日記・提言・発言(29) /  おすすめ・キャンペーン(5) /  オススメ記事(40) /  電話・skype恋愛セラピー(4) / 

オススメ記事

夫の不倫が発覚!さあどうする?という時に役立つ記事たち /  その恋、恋愛依存症かも!? 問題アリの彼から離れられない心理 /  「浮気しない人」を求めても、引き寄せられない理由 /  身近に回避依存症者がいるあなたへ、対応策と自分を守るアドバイス /  「浮気はなぜいけないのか?」について議論しましょう。 /  浮気症の治療法、改善方法 /  恋愛依存症の克服・解消に役立つ心理療法の技法 /  不倫に陥る理由(父親との関係) /  恋愛カウンセリングの受け方 /  モテる男の心理と、落ち着いた大人の男の心理の違い /  謝れない男の心理 /  婚活(結婚活動)の必須科目 心のおそうじ /  共依存的な恋愛の解決法について /  共依存的恋愛?恋愛依存症の泥沼から抜け出すために /  失恋した元彼との復縁方法を探しているあなたに辛口アドバイス /  浮気性、浮気症 【うわきしょう】 /  恋愛コラムby恋愛セラピストあづまやすし /  彼氏ができない理由、自己診断チャート /  マリッジブルーの原因と解消法?男性と女性でこれだけ違う /  黙り込む男の心理 /  いじられキャラの心理分析 /  モテる男の心理(心の問題/回避依存症) /  回避依存症【かいひいぞんしょう】 /  不倫の子を妊娠?中絶or出産?認知は? /  不倫されたときの心の癒し方 /  浮気男の心理 /  恋愛依存症の克服・回復 【れんあいいぞんしょう】 /  浮気チェックの方法 /  夫の不倫に気付いたら /  男の浮気を防止する方法 /  彼氏が出来ないのはなぜ? /  男心をつかむ方法 /  彼氏が出来ない理由、ご意見募集! /  【男心理解】30分でわかる男心のつかみ方 /  彼氏ができない理由、決定版 /  男の心理が分かる心理学レポート【男心理解】 /  男性心理(怒る男性の心理) /  心理学・メンタルヘルス おすすめリンク /  人生の先生・友人リンク1 /  恋愛・結婚おすすめリンク / 


  PR [無料タロット恋愛占い屋]