【ココヘル175】メルマガを書いていて嬉しいこと

 

3/5 3/6の恋愛セラピーにキャンセルが出ました。

フォーカシング:自分を痛めつけてきたことに気づく


◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ デアイ一秒アイ一生。関係を維持する方が難しいんですよ。
◇ 女と男の「心のヘルス」?癒しの心理学 175号 2007.2.28
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆
 
 こんにちは。あづまです。
 いつも読んでくださってありがとうございます。
 
 最近、祈ることが多くなりました。
 
 悲惨な体験談を聞いたとき、
 精一杯頑張っても光が見えない状況を聞いたとき・・・
 
 特に、自分を肯定する気持ちを十分に親からもらえずに、その後
 とても苦労をしている方の話を聞いたとき・・・
 
 心の力が十分にある人は、短期の心理療法で驚くほど変化します。
 
 一方、心を育てる必要のある人もいます。
 そして、その心を育てる作業は、自分を肯定する気持ちを育てる、
 地道な取り組みが必要です。
 
 
 この人、ちゃんと続けられるかな・・・
 
 
 ちゃんと自分を育てて、幸せな未来を手に入れられますように。
 
 
 そう祈ることが多くなりました。
 
 
 
 あなたは、もしかすると、
 
 ・ひとつのことを続けることができなかったり、
 ・他人の意見に常に振り回されて、自分がない感じがしたり、
 ・自分に対して、異常に厳しかったり、
 ・未知の幸せより、慣れた不幸が安心だったり、
 ・白黒をはっきりさせすぎ、中間を認められなかったり、
 ・自分が生きている価値がないと感じてしまったり・・・
 
 そんな気持ちを抱えているかもしれません。
 
 心理療法のワークは、そんなあなたにも効果はあります。
 但し同時に心の基礎体力を育てることが必要です。
 
 
 
 今日は、ある読者さんからのメールをご紹介します。
 
 希望のある話なので、読んでみてください。
 
 
>あずまさま。
>いつも、「ココヘル」読ませて頂いております。大変わかりやす
>くて、ことある毎に救われています。
 
>私は、昨年の1月に、あずまさまにメールを出して、返信頂いて
>いた、Yと申します。長い間、音沙汰なくて、本当に申し訳ござ
>いません。
 
 いいんです。メルマガをそっと読んでくださっているだけで。
 こうして救われた気持ちになる方がいることが、
 ココヘルの存在する意味だと思っています。
 
 
>1年前は、「死にたい」の塊だった私ですが、今は、幸せという
>ものが何かを感じれるようになり、また、幸せと思える時間が私
>の中で増えています。本当に、ありがとうございました。
 
 よかったですね。
 大きな変化ですね。
 
>あの時、あずまさまが見捨てないでくれたことが、とても嬉しかっ
>たです。自分は、世界の誰にとっても価値がないと思っていまし
>たから・・・。今は、自分の中に「好き」と思える部分が出来て
>きました。すごい変化です。
 
 よかったですね。
 苦しいときがあっても、一歩ずつ前に進む気持ちがあれば、
 一年たてば相当変化できるものだと思います。それは、Yさんの
 力ですよ。
 
 ちょっと解説ですが、彼女は去年私がメールセミナーをやろうと
 して、有料にする前に無料モニターを募集した時に応募してくれ
 たのでした。(結局そのメールセミナーは納得行くものが作れな
 かったので、企画自体をボツにしたのですが)
 
 そのとき、メールで相談に乗ったんです。
 解説終わり。
 
 (中略)
 
>あずまさまは、依存から卒業したということを自分で感じられま
>したか?
 
 はじめから、自立(悪くすると孤立)的な恋愛が多かったように
 思います。私の場合。お役に立てない回答でごめんなさい。
 
 
>今日は、この1年のことを報告できて、本当に嬉しいです。ただ
>ただ、感謝の気持ちをお伝えしたくて、メールさせて頂きました。
>これからも、応援させて頂きます。
>そして、奥様との幸せな毎日、楽しんでください。私も、自分の
>人生を楽しみます。
 
 ありがとうございます。
 今までもらった感想の中では、一番嬉しかったかな。
 
 出だしが重たかったので、紹介しようかどうしようか迷いました
 が、むしろ他の方への勇気づけになると思い、ご紹介しました。
 
 
 こんなコメントが・・・
 
>いつか、北海道に進出なさる時には、どうかお知らせ下さいます
>よう、お願い申し上げます。その日を楽しみにしております。
 
 はい。この一言で、北海道に行ってみようという気になりました。
 ある程度人数が集まらないと旅費も出ないので、ちゃんと企画し
 て、行けそうならまた告知しますね。
 
 
 
◆今日のまとめ
 
 今は先が真っ暗だと感じていても、
 かすかな希望を頼りに、
 前に進む勇気を持てば、
 
 道が開ける可能性はあります。
 
 毎日、自分をいとおしむ習慣をつけるのです。
 昨日より、ちょっと幸せに向かって一歩踏み出すのです。
 
 ときには、戻っちゃうこともあるけれど、仕方のないこと。
 
 また、今日も幸せに向かって一歩踏み出すのです。
 
 
 小さな頃から、大変な人生を送ってきたあなた。
 今、とてもネガティブな気持ちでいるあなた。
 
 そんな、あなただからこそ、
 幸せな気持ちの大切さを誰よりも分かるようになれます。
 
 
 ・・・そうなれますように。
 
 
 長い道のりで、くじけないように。
 私は今日も、祈っています。
 
 
 
◆編集後記
 
 恋愛セミナー、盛況のうちに終了いたしました。
 結構緊張したな?。そうは見えなかったかもしれません。
 ハッタリと心臓は一流なので(*^_^*)
 
 次のセミナーは、沖縄!そして帰ってきたら、上で告知した、
 かめおかさん、心屋さんとのワークショップ。
 
 色々な人とつながって、学びながら仕事を発展させていきたい、
 そう思っていたとおりに、進んでいます。いいことだ。
 
 そして、4月頃にはまた恋愛セミナー(単独で)をやろうかな。
 
 あと、4月に【セラピストのためのメルマガ成功講座】みたいな
 セミナーを考えています。ホームページを上手に作ってお客さん
 を呼び込む専門家の方とのコラボで。
 技術面の勉強+お客さんを集める方法の勉強が必要ですから。
 
 
 今日は、いつもと違う調子で書きました。
 また、次回から、恋愛法則を斬ります。お楽しみに。
 
 
┏━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━┓
 ありがとう! まぐまぐ大賞 生活情報1位! 祝!16000部
 ●女と男の「心のヘルス」?癒しの心理学
 ●ご意見、ご感想お待ちしています。このまま返信して下さい。
  これまで、頂いたメールをメルマガで紹介させていただく際の
  ルールを明確にしていませんでしたが、このようにします。
 
 ・頂いた文面はなるべくそのまま掲載する。
 ・お名前はこちらでイニシャルにします。
 ・掲載許可の事前確認は原則しません。
 ・紹介不可の場合、明記してくだされば、紹介しません。
 
  azma@556health.com ←メールはこちらまでお願いします。
  スパム防止で@は全角になっています。半角に直してください。
 
 ※たくさんのメールを頂いています。ありがとうございます!
  個別の返信はできないことがありますのでご了解下さい。
 
 こんな方にお役立ち情報をお届けします。
 ○出会いがない(出会う自信がない)
 ○なぜか不倫ばかり(一対一の恋愛に自信がない)
 ○不倫されて悩んでいます!
 ○交際が長続きしない
 ○今の相手と喧嘩が絶えない
 ○パートナーとマンネリ(冷戦)
 →でも、現状を変えたい!解決したい!
 
 ●制作:阿妻靖史(あづま やすし 恋愛セラピスト)
 ●自己紹介はこちらです↓(声の自己紹介があります!)
  http://www.556health.com/archives/2005/07/post_5.html
 ●登録・解除:http://www.mag2.com/m/0000164141.html
  (解除依頼は受けていません。ご自分でお願いします)
 ●ブログ http://www.556health.com/
 
 このメルマガは、メルマガの登録、無料レポートの請求および
 協賛によってのみ登録になります。違法なアドレスの収集は
 一切行っていません。
 
 このメルマガの著作権は発行者であるあづまやすしに属します。
 無断転載を禁じます。ブログへの転載は事前にお申し出下さい。
 1?2号であれば基本的に出所明記(リンクを貼る)を前提に
 転載依頼に応じています。※事前にご連絡下さい。
 ご友人への転送は歓迎です。メルマガ全文をお願いします。
┗━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━┛
 
(アイの儀式)
 
 「出さない手紙を書こう」
 
 子供の頃、本当はこうしてほしかった。そういう気持ちを我慢し
 ていると、幸せを求める力が抑えつけられてしまいます。
 
 だから、今日はその力を、解放してあげましょう。
 
 どんな自分勝手な気持ちでも、丸ごと自分で受け止めましょう。
 
 出さない手紙を書くんです。
 
 お父さん、お母さん、先生、周りの友達に。
 出さない手紙を書きます。
 してほしかったこと、されていやだったことを書きます。
 
 まず「嫌だ」を言えることが、心の成長の一歩目です。
 次に「ありがとう」そして、「ごめんね」
 
 まず、嫌だったことを、思い出して手紙にしてみましょう。
 
 
 当時、その相手の人はいっぱいいっぱいだったかもしれない。
 あなたにそんな要求をされても、応えられなかったかもしれない。
 
 でも、当時、あなたもいっぱいいっぱいだったんです。
 だから、自分の要求を我慢してきましたね。
 
 その癖を、手放すときが来ているかもしれませんよ。
 そのためには、あらためて「嫌だ」の手紙を書いてみることです。
 
 あなたは、求めてよいのです。