【ココヘル218】泣き面に蜂の原理

 

 
◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 女と男の「心のヘルス」?癒しの心理学 218号 2007.8.3
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆
 
 あづまです。こんにちは。
 いつも読んでくださってありがとうございます。
 
 今日から読んでくださっている方、はじめまして。
 
 
 ★このメルマガは、心理に関する内容を扱っています。読んで
  いるうちに、感情が乱れるなど、感情的ストレスを感じるこ
  とがありますが、あくまで自分の感情には自分で責任をもつ
  という姿勢でご利用いただきますようお願い申し上げます。
 
 ★最近たくさんの相談や質問メールを頂きますが、無料相談は
  原則として受けておりません。本格的な相談をご希望の方は
  恋愛セラピー・skype恋愛セラピーをご利用下さい。
  (セラピー後、メールによるアドバイスも行っています)
 
 
 今日のテーマは、「泣き面に蜂の原理」です。
 
 
 甘いことは言いませんので、覚悟してお読み下さい。
 「ここが本質だ」という部分だと思っていますので、読めば必ず
 得るものがあると思います。
 
 ※ネガティブな意味に取る人がいるかもしれないので、予め釘を
  刺しておきますが、どんな場合でも泣き面(悪いことが起きた)
  に蜂(更に悪いことが起きる)という意味ではありません。
 
  すぐにネガティブな意味に解釈するあなたに釘刺ししておきま
  す。よく読んでくださいね。
 
 
◆◆
◆  多くの言葉で語られる、「引き寄せ」の法則。
 
 ジェームス・アレンの 原因と結果の法則
 野口嘉則さんは、鏡の法則と言ってますし、
 江原啓之さんは波長の法則って言ってますね。
 
 環境が心の反映だというのは、多くの人が認めていることです。
 
 
 しかし、この法則、ある意味とても厳しいものなのです。
 そこまではっきりと意識している人は少ないんじゃないかな。
 
 
◆◆
◆  思い通りの人生を歩める人
 
 思い通りの人生を歩める人は、朗らかでこだわりがなく柔軟で、
 楽しいことを思い、目標をしっかり意識できて、
 ここ一番では誰よりも努力できる。
 
 そんな人です。
 
 もう少し潜在意識レベルまで掘り下げると、
 「ネガティブな感情に振り回されることがない」
 ということが言えます。
 
 
◆◆
◆  ネガティブな感情を【我慢】してもダメという法則
 
 ネガティブな感情とは、
 「倦怠感」「めんどくさい」「怒り」「寂しさ」「不安・恐怖」
 「罪悪感」「自己嫌悪」「無力感」「無価値感」などです。
 
 このうち、「倦怠感」「怒り」「めんどくさい」は別の感情がそ
 の下に隠されていることが多いです。
 
 
 「引き寄せ」の法則では、我慢して抑え込んだ感情も、引き寄せ
 に寄与すると考えます。
 
 つまり、怒りを例に取れば、感情にまかせて相手に怒りをぶつけ
 る人が、よい人間関係を作れなくて、不健全な人間関係に悩まさ
 れるのは当然として、
 
 怒りを出さないように【我慢】している人も、心の中で思ってい
 る限り、同じような環境を引き寄せてしまうということを言って
 います。
 
 
 これは、考えてみると中々難しい話で、
 潜在意識をコントロールするということです。
 
 
 イヤミな上司の前に立ったときに、
 緊張感や嫌な気持ちを我慢するのは、ふつうできますよね。
 
 緊張感や嫌な気持ちが出てこないようにするのは、困難です。
 
 
 自分の心をコントロールするって、まるで修行みたいなイメージ
 がしますね。大変です。
 
 
 今日は詳しく書きませんが、相手の辛さに寄り添う心を持つこと
 と、自分の辛い気持ちを優しく抱きしめる気持ちを持つことが、
 ネガティブな感情の支配から抜け出すためには大事です。
 
 
◆◆
◆  人間関係で行動が【裏目】に出やすいあなたは・・・
 
 ※事故などは、必ずしも引き寄せたわけではないと私は考えてい
  ます。野口さんは人生の課題として持って生まれてきたという
  言い方をしています。私もそう考えています。
  但し自分の体に対して投げやりな気持ちを持っていると事故に
  遭いやすいと思いますので、自分を大切にしてください。
 
 
 引き寄せの法則は、人間関係で非常に強力に作用する法則です。
 
 人間関係で、相手に好かれようとしてとった行動が裏目に出やす
 いとか、なぜか暴力的だったり依存的だったりする人が寄ってく
 るとしたら、潜在意識に抑圧された感情が引き寄せている可能性
 があるのです。
 
 
 私はよく子供時代の経験の話をします。
 子供時代の経験は感情的に大きな影響力を持っているからです。
 
 暴力的な父親に育てられた。あるいは、
 不幸そうな母親(「不機嫌」は受動攻撃といって攻撃の一種です)
 に育てられ、自分の欲求を肯定することに罪悪感を覚えてしまう。
 
 こんな話をメルマガによく書いています。
 
 
 確かに、こうして形成されたネガティブな心が、大人になってか
 らもネガティブな環境、特に不健全な人間関係や疎遠な人間関係
 をもたらすのです。
 
 結果だけ言えば、
 父親が暴力的だと、また暴力的な彼氏を引き寄せてしまったり、
 あるいは逆に自虐的な(これも攻撃の一種)彼氏に引き込まれて
 しまったりしますし、
 
 母親が不幸で不機嫌で犠牲的だと、娘は恋愛ができなくなってし
 まったり、恋愛するにしても不幸な人にばかり引き込まれてしまっ
 たりします。
 
 
◆◆
◆  質問★「親のせいにばかりして、よいのでしょうか?」
 
 さてここで、一通のご質問を頂いたのでご紹介します。
 これに回答することで、今回の話がより分かりやすくなると思い
 ますので。
 
 
 HN 弥生さんより
 
> 2人の子育てをしながら、少々仕事もしている30代女性です。
>
> はた目には「旦那さんの理解と協力があって、仕事と子育てを両
> 立できていて、うらやましい」と映るのではないかな?という生
> 活です。
> でも、私の中ではスッキリしない気持ちの部分が多かったりして
> いたのですが、ココヘルを読むと、パーっと気持ちが晴れた感じ
> がして、優しく穏やかな気持ちになれます。
 
 ありがとうございます。
 こうして寄せられる「気持ちが晴れた」などの感想が私の心のエ
 ネルギー源です(*^_^*)
 
> 先日、私の母にココヘルの話をしました。
> 自分の気持ちがこのメルマガのお陰で救われる事が多いと伝えた
> かったのですが、母から思いもよらない返事が。
> その返事を聞いてから、確かに「母の指摘」がもっともの様な気
> がしてきました・・。
>
> それは、
> 『なぜ、今の自分の状況や心理状態を、
>  全て親のせいにするのか?』
> という事です。
>
> 自分の心を解き放つことは大事だと思うのですが、
> 何かネガティブな感情・思考回路になるたびに、
> 「母がこういう人だったから」「いつも母がこう言ってたから」
> という風に考えるのは、
> 『親のせいにしている』という事にはならないのでしょうか?
>
> 確かに、誰かに責任転嫁すれば自分が楽になるかもしれないので
> すが・・・。
 
 とてもよいところに気づきかけていますね。
 誰かに責任転嫁している限り、自分の人生にならないのです。
 
 「お母さんが悪い。」
 
 こう言ってしまったが最後、あなたの人生はお母さん次第になっ
 てしまいます。
 
 これは人生全般における法則で、誰か他の人が100%悪くて、
 あなたに責任がないとすれば、あなたにはもう何もできないとい
 うことなのです。考えてみれば当たり前ですね。
 
 
> ココヘルを否定・非難する気は全くないのですが、
> 今後、自分を楽にする為に、何でもかんでも、自分が子供だった
> 頃の親の姿を今の自分の姿と照らし合わせてばかりいると、だん
> だん本当に「お母さんのせいで・・」となってしまいそうな気が
> してきたので、それでよいのか、それとも違う考え方をプラスし
> た方がよいのかを教えて頂きたくてメール致しました。
>
> よろしくお願いいたします
 
 ご質問ありがとうございます。
 
 今までも書いてきたつもりだったのですが、
 少し分かりにくかったかもしれないので、改めて説明します。
 
 あなたの中に潜んでいるネガティブな感情。
 
 きっかけは親との関係。
 でも、その感情に責任を持つのは、あなた自身。
 
 私はずっとこう言っています。
 
 
 
 だったら、親との関係なんて出さないで、最初から自分の責任と
 考えればいいじゃないか、そう思われるかもしれません。
 
 そうなんです。それでもいいと思います。
 
 いやむしろ、親のせいにするより、自分と向き合う姿勢の方がよ
 ほど大事です。これができる人だったら、親なんて出さなくてい
 いんです。
 
 
 ただ、親という他人を見た方が自分のことを客観的に観察しやす
 いという側面があります。他人のことはよく分かりますから。
 
 また、ココヘルで親のことを書いている理由はもう一つあります。
 
 
 心の問題解決の段階というのがあるんです。
 
 【否認の段階】
 問題はない。全てうまく行っている(けど苦しい・・・)
 
 【不平不満の段階】
 問題がある。でも自分は悪くない。誰それのせいだ。
 
 【自己責任の段階】
 問題がある。自分にも責任がある。どう変わったらよいのだろう。
 
 →解決へ
 
 
 心のエネルギーのレベルでいうと、下の方ほど高くなっています。
 
 心のエネルギーが低いと、問題を認識するだけで苦しいので、
 「私や家族には問題がない」と、問題の存在を否認します。
 心のエネルギーが高くなってくると、問題を意識できます。
 さらに高くなってくると、自分の責任を認められます。
 
 そして、自分が変わることによって、状況を改善できます。
 
 
 苦しいけれど、出口がないという場合、
 否認の段階にいる可能性があります。
 
 その段階の人に、いきなり「あなたに責任があります」って言っ
 ても受け入れられないし、責められたと感じてしまうし、逆効果
 なのです。
 
 だから、一旦、あなたの心の問題の出所は、親との関係から生ま
 れたものですよ、という話をすることによって、
 
 
 【問題を認識する】(でも他人のせい)
 
 段階まで進むことを期待しています。
 
 
 
◆◆
◆  ここからが泣き面に蜂の原理です。
 
 ※ネガティブな意味に取る人がいるかもしれないので、再度釘を
  刺しておきますが、どんな場合でも泣き面(悪いことが起きた)
  に蜂(更に悪いことが起きる)という意味ではありません。
 
  すぐにネガティブな意味に解釈するあなたに釘刺ししておきま
  す。よく読んでくださいね。
 
 
 さて。
 
 ここまでの話をまとめると、こういうことです。
 
 ・きっかけは、親との関係(あるいは家族のメンバーとの関係)
 ・ネガティブな感情を抑え込んだ
 ・その感情が、ネガティブな人間関係を引き寄せている
 
 これって、ちょっと被害者的に発想すると、
 
 ・親との関係で嫌な目にあった(泣き面)
 ・その結果、大人になって人間関係で苦労している(蜂)
 
 泣き面に蜂みたいな原理なんです。
 
 
 色々な言葉で表現されている引き寄せの法則って、
 結構残酷ですね。
 
 だって、子供時代に苦労したら大人になってまた苦労するって話
 ですから。なんだか、切なくなりますね。
 
 
 でも、ここに気づいたあなたには、復活のチャンスがあります。
 
 
◆◆
◆  被害者意識を卒業しよう
 
 上で、泣き面に蜂と書きましたが、
 
 私が「被害者的に発想すると」と前置きしたのを
 ちゃんと読みましたか?
 
 他人のせいにしていると、「泣き面に蜂」になっちゃうんです。
 
 
 人生を自分の手に取り戻しましょう。
 
 確かにきっかけは親との関係だった。
 うちの親は、理想的な親じゃなかった、それは辛いことだった。
 
 【私はこれだけの課題を背負って生まれてきた】
 
 【この課題を、自分の課題としてクリアしよう】
 
 【今できることは、自分の心と向き合うこと】
 
 こう考えることです。
 
 
 幸い、心理学の知識は年々向上し、子供時代に付いた心のクセは
 変化させられるようになっています。
 
 だから、ぜひとり組んでほしいのです。
 
 
 人生の責任を、自分の手に取り戻しましょう。
 
 
◆◆
◆  今日のまとめ
 
 「原因と結果の法則」「鏡の法則」「波長の法則」
 心のありようが環境に反映するのは多くの人が認めるところ。
 
 特に人間関係には強く影響します。
 
 この法則は「ひどい親に育てられると」「ひどい人生になる」
 という「泣き面に蜂」的な側面を持っています。
 
 但し【被害者意識で見れば】
 
 
 簡単ではないと思いますが、
 
 【人生の責任を自分の手に取り戻すこと】
 これができることで、光が見えてきます。
 
 ただ注意したいのは、
 自分で責任を持つことと、
 自分で何でもやることは、別のことです。
 この話は次回。
 
 
◆◆
◆  次回予告
 
 次回は、「人生の社長になろう」をお送りします。
 
 現在「中絶と心の痛み」について詳しく勉強中です。
 何か書けるとよいのですが・・・デリケートなテーマなだけに、
 半端なことは書きにくいですから、しっかり勉強しています。
 要望があったらお寄せ下さい。
 
 
◆編集後記 (今日も親バカ日記ですまん)
 
 恋愛系(特に女性向き)の情報販売をされている方。
 現在ココヘルでは良質の教材の情報を求めています。
 アフィリエイト(販売協力)いたしますのでご連絡下さい。
 
 知花が最近「うんうん」うなるんです。
 おっぱいをよく飲む子はおなかいっぱいなのでうなるらしい。
 よく頑張ってるね。
 
 
 最近、ボイスレコーダーを買ったんです。ソニーのやつです。
 音声レポートを最近色々作っていたんですが、
 ・iPod+グリフィントーク
 ・Radioline(フリーソフト)
 ・超録(フリーソフト)
 など、色々使ってみましたが、私みたいにイメージ誘導などをす
 ると、無音部が結構あるんです。
 
 で、録音の性能がよくないとノイズが入ってうるさいんです。
 今のところ、一番キレイに録れるかな。餅は餅屋。
 
 初の作品がこれです。自己紹介のところ。
 http://www.556health.com/archives/2007/07/post_218.html
 
┏━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━┓
 ありがとう! まぐまぐ大賞 生活情報1位! 祝!16000部
 ●女と男の「心のヘルス」?癒しの心理学
 ●ご意見、ご感想お待ちしています。このまま返信して下さい。
 ・頂いたメールは、ココヘルに掲載することがあります。
 ・掲載の事前確認はしません。紹介不可の場合明記して下さい。
 ・お名前はイニシャルにします。プライバシーを考慮し、一部
  内容をぼかすことがあります。例:彼が米軍→彼が外国人
 ・メール相談は行っていません。また、多数のメールを頂くた
  め、個別の返信はできないことがあります。
 
  azma☆556health.com ☆を@に直して送って下さい。
 
 こんな方にお役立ち情報をお届けします。
 ○出会いがない○不倫ばかり○不倫された○交際が続かない
 ○喧嘩が絶えない○マンネリ(冷戦)○自分に自信がない
 →でも、現状を変えたい!解決したい!
 
 ●制作:阿妻靖史(あづま やすし 恋愛セラピスト)
 ●自己紹介はこちらです↓(声の自己紹介があります!)
  http://www.556health.com/archives/2005/07/post_5.html
 ●登録・解除:http://www.mag2.com/m/0000164141.html
  (解除依頼は受けていません。ご自分でお願いします)
 ●ブログ http://www.556health.com/
 
 このメルマガは、自主的な登録、無料レポートの請求および協賛
 によって登録になります。違法なアドレス収集は行っていません。
 
 ★ご友人への転送は歓迎です。メルマガ全文をお願いします★
 このメルマガの著作権は発行者であるあづまやすしに属します。
 無断転載を禁じます。転載は【事前に】お申し出下さい。
 1?2号であれば基本的に出所明記(リンクを貼る)を前提に
 全文転載にも応じています。※必ず許可を取って下さい。
 なお10行程度までの「引用」は事前の許可は必要ありません。
 出所明記(リンクを張る)して下さい。
┗━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━┛
 
(今日のボイスメッセージ)
 
 今日のボイスメッセージは、ボイスレコーダーで作りました。
 http://www.556health.com/archives/2007/07/post_218.html
 恋愛セミナーの告知ページですが、結構いいこと言ってます。
 
 
(ココヘル読者さんの声)
 
 前回掲載したSさんからお返事が届きました。
 とてもためになると思いますので、誌上でシェアします。
 
 Sさん(女性)
 
> あずまさま
>
> こんにちは。
> 前回のココヘルを読んで、質問のメールを送らせていただいたS
> と申します。
>
> 今回のメルマガは、ひとつひとつのことを大変丁寧に答えてくだ
> さって、本当にありがとうございます。
>
> あずまさんの真摯なお言葉に、心から感激いたしました。
 
 はい。こちらこそ。
 丁寧なお返事を頂きましてありがとうございますm(_’_)m
 
 
>>>ココヘルを読ませていただいているSと申します。
>>>はじめまして。
>>>本日のココヘルを読んで、ひとつ疑問に思ったことがありました。
>>>それは、「女性にばかり要求されている」ような気がする、とい
>>>うことです。
>>
>> はい、よく気がつきましたね♪
>> ココヘルは女性読者さんが多いので。
>>
>> 男性へのアドバイスだったら、
>> 「女性が感謝しやすいように、自信を持って気前よくサービス」
>> みたいなことを書くかもしれませんが、男性は少数派ですから。
>>
>> 女性の方が男性への辛口のアドバイスを読んだとして、確かに
>> 気晴らしにはなるかもしれないけれど、それを彼にそのまま伝
>> えたらケンカになるのがオチ。役には立たないです。
>>
>> ココヘルは読んで実践して役立つことを大事にしてますので。
>> 女性へのアドバイスが多いですが、そういうメルマガなんです。
>
>
> そうですね。
> あずまさんの意図を理解していなかったために、どこかで何か
> 押し付けられているように感じてしまい、
> とてもぶっきらぼうなメールを書いてしまいました。
>
> にも関わらず、とても丁寧に優しくお返事をくださって、心から
> 感謝しています。
 
 この部分、とてもいいことに気づかれています。
 同じ言葉を聞いても、過去の経験によって、「なるほど♪」と
 感じる人もいれば、追い詰められたように感じる人もいます。
 
 これは、主に心の中に(言葉を聞く前から)既にある感情が
 出てきているだけなのです。
 
 最近、ココヘルの冒頭にこう書いています。
 
 ★このメルマガは、心理に関する内容を扱っています。読んで
  いるうちに、感情が乱れるなど、感情的ストレスを感じるこ
  とがありますが、あくまで自分の感情には自分で責任をもつ
  という姿勢でご利用いただきますようお願い申し上げます。
 
 大事な原則なんです。
 
 
>>  さて、本題ですね。
>>
>>>彼に自信をつけさせてあげるのも大切ですが、女性は男性に愛さ
>>>れ、守られて初めてそういう安心やのびのびとした愛情表現をで
>>>きるのではないですか?
>>
>>>それを、与える、与えると言うけれど、犠牲にばかりなって与え
>>>て、なにも戻ってこない。相手のためを思って必死になって元気
>>>づけたり、自信をとりもどさせたりするけれど、
>>
>>>相手は自信を取り戻すとどこかへ(違う女性のところへ)行って
>>>しまう。
>>>こういう場合は、どう考え方を変えていけばいいのでしょうか。
>>
>>>あずまさんの意図が伝わっていないのかもしれませんが、よりよ
>>>い自分になるためにご助言いただければ嬉しいです。
>>
>> これは、Sさんの彼氏がそういう人だったと理解すればいいです
>> ね。大変でしたね。
>
>
> お優しいお心遣い、ありがとうございます。本当に嬉しいです。
>
> ただ、あずまさんの今回のメールを読ませていただいて、
> 単に私の彼氏がそういう人だっただけではなく、
> (現に、昔何度も相手が違う女性のところへ行ってしまうことが
> ありましたが)私自身の男性観にも、とても問題があったように
> 今は感じています。
 
 そうですね。いいことに気づいています。
 自分自身の中の、変えられる部分、成長できる部分を発見するこ
 とで環境や出会う人も変化していきます。
 
 
>> 私が前回のメルマガで書いたのは「信頼」を与えてくださいと
>> いう一点のみです。よく読んでみてくださいね。
>> 人を信頼するのに、そんなに犠牲になった気持ちがするのでしょ
>> うか?これが、私の違和感1点目。
>
>
> あずまさんがおっしゃる信頼する、という意味と、私が思う信頼
> というのが、とてもずれていました。
> というよりも、私が信頼する、ということを根本的に理解してい
> なかったのかもしれません。
>
> 私が信頼を与える、ということに犠牲の気持ちを感じていたのは、
> 不幸な男性、傷ついた男性にばかり興味を持っていたからです。
 
 その優しい気持ちは大切にしてくださいね。仕事やプライベート
 な友人関係では人助けの気持ちは大切なものです。
 ただ、恋愛のときは、自分を幸せにしてくれる人を選んだ方が、
 自分の心のエネルギーが湧いてきて、結果的には多くの人を幸せ
 にできると思いますよ。
 
>> Sさんの場合、お母さんが不幸そうな生き方をしているかもしれ
>> ません。あるいは家族の誰か。勝手に推測して書いています。
>>
>> 家族に不幸を背負って(犠牲になって)生きている人いると、
>> その家族で育った子は不幸な人、元気のない人にばかり引き込ま
>> れるようになってしまいます。
>
> あずまさんのおっしゃるとおりです。
> 私の母は、いつも父や私や家族に対して、「やってあげている」
> 感じが強く、いつも母自身が恵まれていない、と不平不満を言う
> タイプの人でした。
> 母は身体的な病気を持っていたのですが、それを私に対して、
> とてもぶつけることも多かったです。
> 私はそれが辛く、カウンセリングにもかかったことがあります。
 
 これは辛かったですね。
 お母さんもいっぱいいっぱいだったんですね。
 
>> 幸せな人には興味がなくて、不幸な人、傷ついた人ばかり好き
>> になるとしたら、あなたにも心の問題があるのです。
>
> そうですね。
> 私自身、今まで男性を選ぶ基準が、
> この人はかわいそうだから救ってあげなければ、という気持ちが
> 強かったように思います。
>
> 不幸な人を助けたい、という気持ちで、傷ついた男性を好きに
> なって頑張る反面、心の奥底では、
> 「ああ、また励まさなきゃいけないの。めんどくさい」
> 「どうして私ばっかり苦労しなければならないの」
> というようなマイナスの感情が非常にありました。
>
> だから、あずまさんのアドバイスにあった、励ましたり、お礼を
> 言ったりするのも、とても「やってあげている」感じが強かった
> ために、励ましたりお礼を言ったりするたびに、自分が磨り減っ
> ているような気持ちがしていました。
> またか、というような感じです。
>
>
>> その場合、お母さんはお母さんの人生。私は私の人生を行くと
>> 心の底から決めることが大事なんですね。
>
> そうですね。
> 私がかわいそうな男性ばかり選んでしまったり、男性を心から信
> 頼できずにどこかでいつも「男は頼りない、信頼できない、浮気
> する」というような悪いイメージを持っていたのも、
> 母から母自身が持っている悪い男性のイメージを 幼い頃から植
> えつけられてきた影響が強いと思います。
> (父の悪口を聞かされたりとか、世間の男性の悪口を聞かされた
>  りです。)
> ただ、これからは、このメールをきっかけに、
> 男性の悪いイメージというのは、母自身のもので、私とは別なの
> だと心から理解して生きていきたいと思います。
>
 
 そうですね。
 長年の習慣は、少しずつ時間をかけてとり組んでくださいね。
 
 また、恋愛セミナーに無料メールセミナーをつけましたが、
 心の力を育てる「インナーチャイルドヒーリング」の音声をつけ
 ています。心の力を育てると変化が早くなります。
 http://www.556health.com/archives/2007/07/post_218.html
 ご参考まで。(無料メールセミナーだけの受講も可能です)
 
 
>> 傷ついた男性は癒してくれる女性を一時的に求めますが、心の傷
>> から回復してくると、今度は受け取り上手で感謝と信頼を返して
>> くれる女性を求めるようになります。
>>
>> だから、いまあなたが引き込まれてしまう人に与えるのではなく、
>> あなたを幸せにしてくれる人を選べるように、ご自分の心とよく
>> 向き合い、自分に幸せを許可できる心を育てることが大事です。
>
> そうですね。ありがとうございます。
> 自分の心と向き合うことを、あずまさんのメールから教えていた
> だいていると思います。
>
> 受け取り上手で感謝と信頼を返せる女性に関しても、
> 「やってやってるんだ」なんて思いながら、自分を犠牲にして相
> 手を持ち上げる人よりも、心から感謝し、「この人は大丈夫。
> 信じられる」といつも自然とにこにこしている女性のほうが、
> ずっと魅力的ですよね。
> 前回のメルマガも、改めて読ませていただきました。
> ようやく、あずまさんのおっしゃっている「信頼する」というこ
> とが、心から理解できたように思います。
>
>
> そして、今まで私が癒しだと思い込んでいた、「表面的にはとて
> も持ち上げたりするけれど、心の奥底ではめんどくさがっている」
> ということも、相手にとても失礼なことだと思いました。
>
> 心からありがたいと思っていれば、自然と感謝の言葉も出ますし、
> 相手の男性のいい面も見ていけますよね。
 
 そうそう、そうなんですよ。
 心の底で感じていることが人間関係に影響しちゃうんです。
 これが、人間心理の深いところでもあり、面白いところでもあり
 ます。
 
 
>> ◆母親との感情的な癒着を断ち切るワークもやります◆
>>
>> 【男と女の愛と絆】?コミュニケーションテクニックから
>>   心理学講座   愛を育てる潜在意識の使い方まで?
>> http://www.556health.com/archives/2007/07/post_218.html
>>
>
> ここまで提案してくださって、本当にありがとうございます。
> 男性に対してマイナス感情をいだいていた母からの影響、とても
> 強いと改めて気づきました。
>
> このとても短いメールの中で、とても深いところまで理解してく
> ださって、私の中にあった問題点を見抜いてくださって、とても
> 親身になってくださり、本当に感謝しています。
 
 えへへ。
 実はこの部分が一番嬉しかったです(*^_^*)
 相談を受けたときに、どんな背景があってどんな感情を抑え込ん
 でいるのか、できるだけ見抜いて的確なアドバイスをするよう、
 いつも配慮しています。
 
 こうして、断片的な情報から深いところまで見抜くことを理想と
 しています。いつも分かるわけじゃないですけど。
 
 (宣伝ですが)
 対面の恋愛セラピーでも、この鋭い分析は生かしています。
 http://www.556health.com/archives/2006/07/post_153.html
 
 
> 私が最初に書いたメールで、
> 「女性は男性に愛されてはじめてのびのびとできるのではないか」
> というフレーズがありましたが、
> あずまさんがここまでしてくださったことで、
> ああ、これが私が言っていた 男性に大切にされると安心できる
> ということなのか、と、心から感じています。
> 感激して、涙が出ています。一挙に肩の力が抜けた気がします。
>
>
> 今までは、あずまさんのメールを読んでも、ぴんとこなかったり、
> また、心から理解できないことも多かったのですが、
> 改めてメルマガを読み返して、素敵な女性になりたいと思います。
> (また、少しですが、色々なことに気づけたことで、あずまさん
> のように素敵な男性と出逢えるような気もしています)
>
>
> とても長くなってしまいましたが、目を通してくださってありが
> とうございました。
>
> これから暑さも本格的になりますが、どうかお体大切にされてく
> ださいね。これからも、メールを心から楽しみにしています。
 
 どうもありがとうございました。
 
 私が素敵かどうかは、会ってみないと分かりませんよ(笑)
 
 
 
◆『愛の行為を癒しと魂の成長につなげる方法』プレビュー版
 
 久しぶりにセックスに関連する内容を書きました。
 もちろん、メンタルな部分についてです。
 
 実は、前回無料レポートをご紹介した中山志乃さんのセックスの
 教科書がとても良くできていたので、ぜひ多くの人が手にとって
 ほしいと思いました。
 そこで、私の得意なメンタル面のアドバイスを特典E-bookにして
 合わせて活用すればより効果が高まるように配慮しました。
 
 『愛の行為を癒しと魂の成長につなげる方法』プレビュー版
 http://www.556health.com/backno/tokuten_preview.html
 ↑このプレビュー版は無料でさくっとダウンロードできます。
 
 正式版は、こちらから中山志乃さんのE-bookをご購入になると、
 紹介者特典としてダウンロードできます。
 
 中山志乃さんの「なぜ男は風俗嬢にハマるのか? 普通の女の子
 では絶対知ることができない! 男のスケベ心を利用した、あな
 たが一人勝ちする 女の子のためのセックステクニックを 現役
 No.1風俗嬢が教えます♪」と、
 あづまの『愛の行為を癒しと魂の成長につなげる方法』を、
 ↓↓合わせて手に入れる↓↓
 http://tinyurl.com/shinoxxx
 
 ※他のアフィリエイト販売者のリンクをクリックして購入すると
 この特典は手に入りませんので特に注意してください。
 (意味が分からない方は、上のリンクをクリックしてから購入す
 ればいいと理解していただければ結構です)
 ※特典が手に入るのは、ダウンロード版のみですのでご注意くだ
 さいね!冊子版ご希望の方は前もってご相談下さい。
 
 
(ココヘル活用の達人) ?体験談募集中?
 
 ココヘル活用の達人では、ココヘルをこんな風に活用しています、
 ココヘルによって、こんな成果が出ました、という報告を募集し
 ています。ココヘル活用の達人第○号、と認定します。
 
 掲載の基準ですが、
 ・ココヘルの記事を読んで、
 ・活用して(実際に行動して)←【ここが大事です】
 ・よい結果が出た
 という条件がそろっているものを採用します。
 
 お待ちしています♪
 応募は、azma★556health.com ★を@に替えてくださいね。
 
 
 
◆頑張れ!シングルマザー 子育て時間と収入を両立する
 http://www.556health.com/archives/2007/03/post_194.html
 好評です。ありがとうございます。
 シングルマザーでなくても豊かに生きるために役立つ内容です。