【ココヘル261】1愛情貯金1?『謝る』

 

◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 女と男の「心のヘルス」?癒しの心理学 261号 2008.1.18
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆
 ★帰ってきた★今日のアファメーション
 
 「かばんを下ろすと、肩の荷も下りる」
 
 仕事から帰ってきたらリラックスモードにチェンジしましょう。
 一種の自己暗示ですが、バッグを下ろすという行為を、肩の荷を
 下ろしてリラックスするための『儀式』として利用するんです。
 (巻末のミニ解説に続く)
 
 
 恋愛セラピストあづまです。こんにちは。
 いつも読んでくださってありがとうございます。
 
 
 では今日も恋愛に役立つ心理のお話いきま?す。
 
 
 そういえば、この無料レポートはもうお読みになりましたか?
 男心をつかむ、心理学的ヒントです。
 ★【男心理解】30分でわかる男心のつかみ方
  http://www.556health.com/archives/2005/10/post_189.html
 
 
 ★このメルマガは、心理に関する内容を扱っています。読んで
  いるうちに、感情が乱れるなど、感情的ストレスを感じるこ
  とがありますが、あくまで自分の感情には自分で責任をもつ
  という姿勢でご利用いただきますようお願い申し上げます。
 
 
 さて、本題です。
 今日からしばらく「愛情貯金」についてお話ししようと思います。
 
 私はこのメルマガでパートナーに対する接し方について書くこと
 がありますが、書いてあるとおりの接し方をしてもうまく行かな
 い場合、大抵相手が「愛情切れ」を起こしていると思われます。
 
 愛情貯金を欠かさないのが、幸せなパートナーシップの秘訣です。
 
 
 愛情とは行動によって示すものです。
 ※表情や声の調子なども行動に含めています。
 
 今日は「謝る」という行為について書きます。
 
 
◆◆
◆  謝ることの大切さ
 
 私たちは、日々、間違います。日々、問題を起こします。
 生きている限りそれは避けられないのです。
 
 余裕がないときなど、相手を傷つけてしまうこともあります。
 相手の欲求を満たしてあげられないことだってあります。
 
 そんなとき、きちんと謝ることはとても大切なことです。
 「ごめんね」って。
 
 
◆◆
◆  何に対して謝ればいいのか?
 
 ここは、多くの人が勘違いしているのではないかと思いますが、
 相手の気持ちを害したことに対して、相手を傷つけたことに対し
 て「ごめんね」と言うことが大切です。
 
 「どちらが正しいか」の世界で生きている人は、「謝る=負け」
 みたいな感覚を持っているかもしれません。
 すると、完全に自分に非があるときしか謝りません。
 
 でも、愛情貯金という観点で言うと、そうじゃないんです。
 
 
 ちょっと例を挙げて説明しますね。
 
 
 あなたは、友人たちとランチをしに行きました。
 そのうちの一人が、すごくおしゃべりな人で、とにかくよくしゃ
 べるしゃべる。しかも結構話が面白かったので、ついつい話し込
 んでしまって、気づくとちょっと遅くなっていました。
 
 その日はご主人さんが早く帰宅する日。
 いつもは、早めにごはんを支度して待つことにしていました。
 
 しかし今日は、買い物も間に合わないかも。どうしよう・・・
 
 何とか買い物だけは済ませて、帰宅すると既にご主人さんが帰っ
 ていました。ちょっと不機嫌です。
 
 
 あなたの責任とばかりは言えません。
 あなたなりに、早く帰る努力もしたけれど、友人の話の腰を折る
 のも悪いと思って、切り上げにくかったという事情もあります。
 
 「私は悪くない」と言いたいところですね。
 
 
 
 さてここで。
 
 「ごめんね?。お腹空いているのに待たせちゃったね。」
 
 こうやって、相手の気持ちを思いやった「ごめんね」が言えた場
 合、「愛情貯金」が出来たことになります。
 
 
 ところが私たちは、責められまいという気持ちが強いと、
 ついこんなふうに言ってしまいます。
 
 「あ、今日ね、○美の話が止まらなくてさ、帰りたかったんだけ
  ど、帰れなくて。遅くなっちゃって・・・」
 
 言い訳っぽくなって、却って印象が悪いですね。
 
 さらに、こんなことを言いたくなるかもしれません。
 
 「私だっていつも頑張ってるんだから、たまには遅く帰ることも
  あるわよ。」
 
 う?ん。これは間違いなく愛情貯金の残高を減らしていますね。
 
 
◆◆
◆  謝るの反対は「正当化する」こと
 
 上で挙げた例の最後は自分を「正当化」しているんですね。
 これは愛情貯金の残高を減らす行為です。
 
 「なぜ、自分を正当化してはいけないのか?」
 
 この説明は、私もほとんど聞いたことがありません。
 ですので、説明が少しうまくないかもしれません。
 
 正当化するとうまく行かなくなることは確かなんですが、では、
 なぜうまく行かなくなるのかというと・・・
 
 
 おそらく、心の底にある「考え方の枠組み」が伝わってしまうか
 らではないかと考えています。
 
 正当化するということは、
 「あなたが私を責めるかもしれない」と思っているわけで、
 「責められないように防御壁を作ろう」としているわけです。
 
 そして、「私が正しくてあなたが間違っている」という結論を出
 そうとしているわけです。
 
 言葉の内容よりも、前提にしている考え方の枠組みが嫌ですね。
 
 
◆◆
◆  あなたは、心から謝っていますか?
 
 心から謝るというのは、相手の気持ちを楽にしてあげる気持ちで
 「ごめんね」と言うってことです。
 
 人のことを悪く思い続けるのは苦しいことです。
 許せれば、楽になるのです。
 
 相手のために、「ごめんね」って言っていますか?
 
 
 自分が「責められたくないから」「怒られないように」という気
 持ちで謝っていると、何となく心がこもっていないように感じる
 ものです。
 
 
◆◆
◆  なぜ、謝れないのか?
 
 明橋大二著 子育てハッピーアドバイス2(1万年堂出版)には、
 こんな一節があります(子育て本のベストセラーです)。
 
  ★質問
  悪いことをしたのに、少しも自分の非を認めようとしません。
  人のせいにばかりして、謝りません。
  どのように話をすればいいのでしょうか。
 
  ★回答
  「自分の非を認めようとしないのは、プライドが高くて、傲慢
  だから。だから、そういう子は、きつく叱って、そのプライド
  の高い鼻をへし折ってやらなければならない」と、ふつう思い
  ます。
  しかしそうでしょうか。
 
  本当にプライドの高い、自己評価の高い子であれば、むしろ、
  自分の非を認めることが出来ます。相手に謝ることができます。
 
  非を認めることができないのは、一見、プライドが高そうに見
  えても、実は、逆に、自己評価がとても低いからなのです。
 
 
 そのあと、この本では、叱られすぎているから自己評価が低くなっ
 てしまっていることが書かれています。また、子供の性格によっ
 て、叱られると自分が全否定されたように感じてしまう子がいる
 ことなどが書かれています。
 
 
 なぜ子育て本から引用したかというと、この本が一番分かりやす
 かったから。実は大人の場合も同じだと思うのです。
 
 
 プライドが高く見えて、謝れない、自分ばかりほめてもらいたが
 る人というのは、自己評価が低いのです。それは、育った過程に
 問題があったのかもしれませんし、本人の生まれ持った性格が影
 響しているかもしれません。
 
 他人のことはともかく、今日は「私は謝らない人じゃないかな?」
 と、ご自分のことを省みてみてください。その方が人生にプラス
 になりますのでね。
 
 
◆◆
◆  こうやって、謝れる自分を作ろう
 
 素直に謝れる自分になれると、相手も警戒心を解いてくれます。
 すると、今まで言えなかった本音でのコミュニケーションができ
 るようになり、自分も楽になるんです。
 
 そうなるためには、どうしたらよいのでしょうか?
 
 まず、大前提として、よいコミュニケーションの形を知っておき
 ましょう。自分の側の苦情はもちろん相手に伝えてよいのですが、
 相手の人格を攻撃したり、相手を全否定するのは、やってはいけ
 ないことです。
 
 もし、目の前の相手があなたの人格攻撃をしてきたり、あなたの
 ことを全否定してきたら、「あちゃ?境界線からこっちに侵入し
 てきてるよ?。その部分は受け取らないようにしよう。」と思え
 ばよいのです。
 
 あなたはきっと優しいので、相手にそんな言葉は投げていないと
 思いますが、心の中で言っていたら、心の中で言い直しましょう。
 
 「酷い男」「いつもダメなことばっかり」「全然ダメ男」
 それはやめて、
 
 「私は、辛かった」「私は、傷ついた」というようにね。
 
 
 で、なんで謝ることと関係するかというと、
 
 「ごめんね?。お腹空いているのに待たせちゃったね。」
 とあなたが言ったときに、
 
 「お前はいつでも、自分勝手で(←人格攻撃)、何一つまともに
  できたことがないじゃないか(←全否定)。いい加減にしろ!」
 
 という攻撃がやってきたとしても、
 (私が言われたとしても確かに中々痛いですが、)
 
 それはルール違反の言い方だということが分かるはずです。
 
 
 相手もいっぱいいっぱいなのでしょうが、あなたの側のことを否
 定したり攻撃する権利はないのです。それこそ傲慢なことです。
 
 そこが分かっていると、相手の一言一言にぐらつかないですみま
 す。強くなります。
 
 
 するとね、
 相手にそういうことを【言わせないように空しく努力する】
 
 のではなく、
 相手にそういうことを【言われても聞き流せる】
 
 ようになります。
 こっちの方が、本当の強さです。
 
 
 感情をため込んでいる人は、怒ると人格攻撃をしたり全否定をし
 たりすることがありますが、それは、真に受けないこと。
 
 こう言うと、真面目に聞かないという態度に出る人がいますが、
 それもあまりよくないですね。
 
 
 相手が本当に受け取ってほしい気持ちは、上の例だったら、
 「帰ってきて一人で、がっかりした」ということかもしれません。
 
 そこだけは、受け止めてあげるんです。
 
 
 どこを受け止めて、どこを聞き流すのか。
 これは、ご自分で考えて、身につけるしかありません。
 
 ヒントだけ書くと、
 
 相手の感情は受け止める。
 自分の非は認めて、そのことに関しては謝る。
 自分への人格攻撃は聞き流す(反撃はしない)。
 自分への全否定は聞き流す(反撃はしない)。
 
 ということです。
 
 
 ココヘルの「今日のアファメーション」などを利用して、あるい
 は現在販売しているDVD【愛の永久磁石になる方法】の中の、
 インナーチャイルドヒーリングを行ってみて、自己評価を高める
 ことに挑戦していってください。
 これです>>> http://www.556health.com/sp/dvd.html
 
 自己評価が高くなれば、素直に謝ることができます。
 
 
◆◆
◆  こう考えると、失敗だって怖くない
 
 実は、人間関係が悪くなるのは、失敗によってではありません。
 むしろ、そのあとに謝らないことによってです。
 
 素直に謝ったら、むしろ関係がよくなることだってあります。
 
 「今月は、仕事がうまく行っていないんだ。収入が○○万しかな
  くて、生活に負担をかけてしまってごめんな。」
 
 こう言われれば、奥さんも一緒に難局を乗り切るためのチームの
 一員として協力的になれますが、逆に、旦那が何もいわないので、
 
 「今月の生活費がちょっと不安なの・・・」
 
 と言ってみたら、
 
 「うるさいな!俺だって頑張ってるんだ!お前も何とかしろ!」
 
 なんて言われてしまったら協力するのがバカバカしくなりますね。
 
 
 こう考えると、失敗や問題は、問題ないってことに気づけると思
 います。その時に素直に謝ること、相手の気持ちを思いやること
 ができれば、愛情という点では【貯金】になるのです。
 
 
 でも、これには前提がありますよね?
 そう、夫婦の間で「謝られたら、許す」というルールが成立して
 いることです。許すことの方が、難しいかもしれませんね。
 
 
 次回は愛情貯金2?『許す』をお送りします。
 
 
 
◆◆
◆  次回以降の予告
 
 次回は過ちを犯した側の「謝る」行動に対して、そのパートナー
 に求められる「許す」という行動について書きます。
 
 
 私が書いているようなコミュニケーションの方法とか、相手に対
 する要求の仕方(アイ・メッセージなど)とか、そういうことを
 やっても全然効果がないことって、あるんです。
 
 なぜ?って思いますよね?
 
 大抵の場合、相手が「愛情切れ」を起こしています。
 その状態では善意で発した言葉さえ、誤解されたりします。
 要求なんて絶対に通りません。
 まるで感情の地雷原を歩くようです。
 
 で、その原因は、「愛情切れ」です。
 それを、どうやって修復していくか。それを書いていきます。
 
 基本は愛情貯金。相手に対する愛情、思いやり、優しさ、信頼を
 向けていくこと。問題が起こっても責めないこと。自分が間違え
 たら謝ること。相手が間違えたら許すこと。不機嫌な感情を相手
 にぶつけないこと。
 
 こういった、相手に対する愛情と信頼の貯金をすることが大事で
 す。【たとえ相手が信頼破壊する言動に出たとしても】です。
 
 
 で、「私がやってみたこの行動は愛情の貯金になるの?」って感
 じで投稿を募集いたします。優れた行動はココヘル誌上およびウェ
 ブサイト上に掲載して表彰いたします。
 
 氏名(匿名希望の方は呼ばれたい名前も記載のこと)
 年齢(30代、などでもOK)
 お住まいの都道府県
 を記載の上、件名:愛情貯金例で送って下さい。
 
 azma★556health.comまで。 (★を@に替えてください)
 
 
◆◆
◆  恋愛・結婚・人間関係に効く、商品・サービスのご紹介
 
 ◇男を落とすテクニックがとにかく知りたい。
 
 >>>私は得意ではないので、ご提供していません。
    (こういう話、嫌いじゃないんですけどね)
 
 
 ◇男女がいつまでも仲良くあるための心がけを知りたい。
 
 >>>セミナーを行っています。
    現在は、DVDを販売していますので、ご利用下さい。
    ★恋愛セミナー【愛の永久磁石】になる方法DVD
    http://www.556health.com/sp/dvd.html
 
 
 ◇自分の心の問題として、恋愛や結婚生活を捉えたい。
 
  特に、彼氏がずっといない、不倫ぐせ、パートナーの浮気ぐせ、
  親から自立して、自分らしい恋愛・結婚生活をしたい、
  パートナーと喧嘩ばかり、などなど。
 
  ☆これらの問題に対して、「なるべく自分でとり組みたい」
  >>電子書籍を販売しています。
    マニュアルを読み、自分で工夫してみたい方向けです。
    ★幸せな恋愛・結婚生活・人間関係を引き寄せる
     心のデトックスマニュアル
     http://www.556health.com/selfcare/
     メールサポート付ですので、相談も寄せてくださいね。
 
  ☆これらの問題に自分一人でとり組むのは難しい気がする。
  >>恋愛セラピー(カウンセリング)をご利用下さい。
    やはり、一対一で行うことのメリットは大きいです。
    特に、AC、共依存、恋愛依存症、自殺未遂、摂食障害、
    買い物依存症、などにも関係があると思われる方は、やは
    り一対一のカウンセリングをご利用になることをお勧めします。
 
    ★恋愛セラピー
    http://www.556health.com/sp/therapy.html
    一月は私がNLPを学びに行っていて、中々セッションの
    時間がとれません。今後のレベルアップのためですので、
    ご理解いただきたく思います。ほんとごめんなさい。
    ★お急ぎの方はskype・電話セラピーをご利用下さい。
    http://www.556health.com/archives/skype/
 
 
 ◇ココヘルを、綺麗に印刷して読みたい+α
 
 >>>ココヘルバックナンバーを販売しています。
    そこまでココヘルを大切にしてくださってありがとうござ
    います。無料で配信しているものを、購入してくださるな
    んて、涙が出るほど嬉しいです。
 
    テーマごとに分類してありますので、メルマガの時よりも
    読みやすくなっています。圧倒的な分量もすごいです。
    ★ココヘルバックナンバー集
    http://www.jinkiryu.com/cocoheru/
 
 
◆編集後記
 
 昨日はDVDで映画を一本見ましたが、それ以外はホントのんび
 りして過ごしました。
 
 実は、私は何か考え事をするのが好きで、いつも目一杯考えたり
 本を読んだりしてしまうんです。でも、今週はなんだか脳がいっ
 ぱいいっぱいな感じで、メールの返事も考えがまとまらないし、
 スケジュールの把握も出来なくなっていました。
 
 一日休んだら、なんかスッキリしました。
 脳も筋肉みたいなものですから(実際、神経細胞は筋肉細胞とす
 ごく似ているんです)、使ったら疲れるんです。
 
 たまには何も考えないでぼけ?っとしたり、のんびりする日も
 大事だな?と改めて思いました。
 
 幸恵ちゃんの熱も下がりました。トモチャンも、ここで初めて書
 くような気がしますが、カンジダになってしまって、痛々しかっ
 たのですが、次第によくなってきました。どうやら耳鼻科でもらっ
 た抗生物質の影響のようです。
 
 詳しくは分からないのですが、たぶん、抗生物質で常在菌が死ん
 で、真菌類なので普通の抗生物質が効かないカンジダ菌が、敵が
 いなくなって元気になってしまったのだと思います。
 
 菌は殺せばいいってものじゃないんですね。
 
 次回もお楽しみに。
 
 
┏━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━┓
 ありがとう! まぐまぐ大賞 生活情報1位! 祝!20000部
 
 ◆女と男の「心のヘルス」?癒しの心理学
 ◆ご意見、ご感想お待ちしています。このまま返信して下さい。
 ・頂いたメールは、ココヘルに掲載することがあります。
 ・掲載の事前確認はしません。紹介不可の場合明記して下さい。
 ・お名前はイニシャルにします。プライバシーを考慮し、一部
  内容をぼかすことがあります。例:彼が米軍→彼が外国人
 ・メール相談は行っていません。また、多数のメールを頂くた
  め、個別の返信はできないことがあります。
 
  azma☆556health.com ☆を@に直して送って下さい。
 
 こんな方にお役立ち情報をお届けします。
 ◇出会いがない◇不倫ばかり◇不倫された◇交際が続かない
 ◇喧嘩が絶えない◇マンネリ(冷戦)◇自分に自信がない
 →でも、現状を変えたい!解決したい!
 
 ◆制作:阿妻靖史(あづま やすし 恋愛セラピスト)
 ◆自己紹介はこちらです↓(声の自己紹介があります!)
  http://www.556health.com/archives/2005/07/post_5.html
 ◆登録・解除:http://www.mag2.com/m/0000164141.html
  (解除依頼は受けていません。ご自分でお願いします)
 ◆ブログ http://www.556health.com/
 
 このメルマガは、自主的な登録、無料レポートの請求および協賛
 によって登録になります。違法なアドレス収集は行っていません。
 
 ★ご友人への転送は歓迎です。メルマガ全文をお願いします★
 このメルマガの著作権は発行者であるあづまやすしに属します。
 無断転載を禁じます。転載は【事前に】お申し出下さい。
 1?2号であれば基本的に出所明記(リンクを貼る)を前提に
 全文転載にも応じています。※必ず許可を取って下さい。
 なお10行程度までの「引用」は事前の許可は必要ありません。
 出所明記(リンクを張る)して下さい。
┗━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━┛
(今日のアファメーション ミニ解説)
 
 「かばんを下ろすと、肩の荷も下りる。」
 
 一日疲れて帰ってきたら、リラックスする時間が必要です。
 緊張を解くための、スイッチみたいなものがあるといいですね。
 
 家族がいる人は、家族の笑顔を見たらスイッチが切り替わるかも
 しれません。
 
 一人暮らしの人は、自分でスイッチを作ってみてください。
 
 かばんを下ろすと、肩の荷も下りる。
 私が考えた文ですが、なんかそんな気がするでしょ?
 
 
 自己暗示文と言いますが、「○○すると、××になる」という
 形で作ります。必ず順接で。そして前後の文は基本的に無関係で
 いいのですが、なんとなく関係している気がするものがいいです。
 
 「かばんを下ろすと、掃除をしたくなる。」よりは、
 「かばんを下ろすと、肩の荷も下りる。」の方が信じやすいです。
 
 ぜひ、使ってみてください。
 また、自分でもオリジナルの文を作ってみてくださいね。
 
 
 
 
 人は、一瞬の出来事を何度でも思い出して再体験する性質を持っ
 ています。楽しい出来事を思い出すクセのある人はいいのですが、
 
 嫌な思い出ばかり思い出すと、生きるのが苦しくなります。
 そんな時には、心のデトックスです。
 過去についた、ネガティブな感情を溜め込んで我慢し、結局振り
 回されてしまうというクセを修正しましょう。
 
 
 あなたにぜひ手にとってほしいのが、これ。
 
 
 まんがで学ぶ、心理療法。
 ★「幸せな恋愛・結婚生活・人間関係を引き寄せるための
   心のデトックスマニュアル」
 http://www.556health.com/selfcare/
 
 ワークがまんがで解説してあるので、イメージをつかみやすいと
 思います。恋愛セラピーと合わせて活用すると、一番効果が出る
 と思います。
 
 このマニュアルの正しい使い方は、
 ・購入する
 ・第一部のストーリーだけ読む
 ・あづまに悩みの相談メールを送る
 ・あづまから、重点的にとりくむべきワークをお返事
 ・そのページを中心にワークを進める。
 
 という形がよいと思います。「彼氏ができない」という悩みだけ
 は、詳細な自己診断チャートが付いているので、それをやってみ
 てから相談メールを送って下さいね。
 
 たくさんの真剣なご質問を頂いていますので、ご回答がちょっぴ
 り遅くなることがございます。このマニュアルのメールサポート
 は【必ずお返事しています】ので、期待してお待ち下さいね。
 
 心のデトックスマニュアルは、こちらよりお求め下さい。
 >>> http://www.556health.com/selfcare/