【ココヘル318】頑張り屋のあなたへ

 

◆女と男の「心のヘルス」?癒しの心理学 318号 2008.8.23
 
 ココヘル携帯版もよろしく!
 http://lmag.jp/i/10174.html ←携帯専用です。
 
 こんにちは。あづまです。
 いつも読んでくださってありがとうございます。
 
 
◆ 本申込開始しました。
  癒しのセラピスト養成講座。
 
 様々な技法が一度に学べます!
 自分の問題を解決しながら、セラピーの技法を学べます。
 
 ・傾聴の技法
 ・質問の技法
 ・気づきの技法(カードセラピーもこの回に学びます)
 ・心のエネルギー補充法1
 ・心のエネルギー補充法2
 ・「今ここ」で「生身の体」で生きている自分を確立する
 ・潜在意識との対話法(イメージワーク)
 ・ビデオ再現法
 ・癒しのセラピーの精神(感情の仕組み、セラピーの組立て)
 ・セラピストとしての心構え、開業、メールの技法
 
 全10回です。詳しくは↓
 http://www.556health.com/archives/2008/08/post_304.html
 本申込を開始しました。
 
 
 
 ★このメルマガは、心理に関する内容を扱っているため、感情的
  ストレスを感じることがあります。ご自分の感情にはご自分で
  責任をもつ姿勢でご利用いただきますようお願い申し上げます。
 
 
 
 「頑張りやナースのあなたへ」
 
 
 今日は以前、ナーシングトゥデイという看護雑誌に私とナースの
 西田さんという方の対談記事が載ったときに私が書いた、
 「頑張りやナースのあなたへ」というコラムをご紹介します。
 
 
 ちょっとだけ、このコラムを書いた背景をお話しします。
 
 ナースになる方や、介護のお仕事をされている方、そして、
 心理カウンセラーなどをされている方には、
 
 身近に病気や死を経験された方が多いと感じています。
 
 そのことをきっかけに、他人を癒すお仕事をしている。
 それは、とても愛情深い行為ですし、立派なことです。
 
 でも自分でそれを認めていない人が、結構います。
 せっかく愛情深い行動をしているのに、自分に厳しいのです。
 
 もったいないよ。
 
 そう思うことが、よくあります。
 
 それで、このコラムを書いたのです。
 まず、自分を大切にしてくださいね、
 あなたは、愛情深い人なんですよ、という気持ちを込めて。
 
 
 今からご紹介するコラム記事は、ナースの方が読まれる雑誌に
 掲載されたものですので、ナースのあなたへ、となっていますが、
 
 ご自分のお仕事や立場に置き換えて読んでみてください。
 
 
 
 (コラム記事、ここから)
 
 
 いつもありがとう。
 
 検査や採血、あるいは医療器具の準備やメンテナンスを
 してくれてありがとう。
 
 ちゃんとできて当たり前の世界で、
 地道な努力を続けてくれてありがとう。
 
 ミスの無いようにしっかりチェック、
 そんなストレスの多い職場で頑張ってくれてありがとう。
 
 我々患者の命を預かる重要な役割を担ってくれてありがとう。
 
 
 あなたは、どうしてナースになったのでしょうか。
 
 
 ひょっとして、身近に病気の人を見て、あなたの優しい心が目覚
 めたのかもしれませんね。素敵ですね。
 
 数年前私は、よく腸炎で高熱を出して病院に行きました。
 ナースの方からの優しいひと言が心に染み、だるい体も少し楽に
 なったように感じたものです。その後は優しい対応をしてくれる
 その病院ばかり行きました(笑)
 
 ナースは専門職ですが、私は優しい白衣の天使も期待してしまい
 ます。病は気からという言葉のように、気持ちが明るくなると病
 気を乗り切るエネルギーが湧いてきます。
 
 患者さんを笑顔で癒す、そんなナースのあなたにエールを送りた
 いと思います。
 
 でもがんばり屋ナースのあなたは上手に甘えたり、頼ったりする
 のが苦手かもしれません。一人で我慢して頑張ってしまい、笑顔
 が辛くなる日があるかもしれませんね。
 
 そんなあなたに、私が大切にしている言葉を贈ります。
 「人は、自分以上に他人を幸せにすることはできない」
 
 人は、自分の心に余裕がないと他人に優しくできません。
 イライラしたり、笑顔が辛い自分に気づいたら、そんな自分を責
 めるのではなく、「あぁ、私いっぱいいっぱいなんだ」と優しく
 自分の気持ちに寄り添ってあげてください。
 
 ついつい自分に厳しくしてしまい、苦しいというあなたに、
 心をほぐすイメージワークを紹介します。
 
 疲れたあなたが病室のベッドの上に寝ていると
 イメージしてください。
 
 寝ているあなたに、ナースのあなたが優しく話しかけます。
 「大丈夫ですか?」「ゆっくり休んでくださいね。」
 
 自分に久しく優しい言葉をかけていなかったことに
 気づくかもしれません。
 
 まず、自分自身に優しくすることで、
 無理なく他人に優しくできるのです。
 
 
 ナースの仕事は大変ですね。安全チェック、ドクターとの関係、
 暗い患者さん、そして、死。様々なストレスを我慢しているうち
 に感情が鈍くなっているかもしれません。
 
 意識して感情を開くことが大切です。休みの日には泣ける映画を
 見る、感動的な恋愛小説を読む。
 
 私は、誰でもできる最大の社会貢献は、一人一人が幸せに生きる
 ことだと思っています。
 
 まずあなた自身が安心と自信と自由を感じて毎日を過ごせるよう、
 ご自分の幸せに意識を向けてほしいと思います。
 
 休暇が明けてふたたび白衣をまとったあなたが、
 優しい笑顔で仕事ができますように。
 
 
 (コラム記事、ここまで)
 
 
 仕事をしているときの自分は、しっかりしているけれど、
 家にいると、ダメな自分になってしまう。
 
 そう感じる方もいらっしゃると思うんです。
 
 家にいるときに、力を抜いておくことは大事なことです。
 抜くときがないと、力を入れられませんから。
 
 
 そして、しっかりしている時もある。
 これは、大事なことです。
 
 主婦なら、得意料理を作って出す瞬間かもしれないし、
 先生なら、教壇に立ったときかもしれません。
 営業なら、商談をまとめる瞬間かもしれませんし、
 IT系の技術者なら、PCの前に座っているときかもしれません。
 
 そのときのしっかりした自分を思い出し、
 その自分が、疲れていっぱいいっぱいになった自分にねぎらいの
 言葉をかけるところを想像してみて下さい。
 
 まずは、自分自身が、
 いちばん自分のことをねぎらってあげないとね。
 
 
◆ 次回予告
 
 次回も心理療法に関する話や、
 恋愛心理に関するお話をお送りします。
 
 お楽しみに。
 
 
◆ ついについに、予約開始しました。
  癒しのセラピスト養成講座。
 
 様々な技法が一度に学べます!
 自分の問題を解決しながら、セラピーの技法を学べます。
 
 ・傾聴の技法
 ・質問の技法
 ・気づきの技法(カードセラピーもこの回に学びます)
 ・心のエネルギー補充法1
 ・心のエネルギー補充法2
 ・「今ここ」で「生身の体」で生きている自分を確立する
 ・潜在意識との対話法(イメージワーク)
 ・ビデオ再現法
 ・癒しのセラピーの精神(感情の仕組み、セラピーの組立て)
 ・セラピストとしての心構え、開業、メールの技法
 
 全10回です。詳しくは↓
 http://www.556health.com/archives/2008/08/post_304.html
 本申込(日曜コース)を開始しました。
 
 
 
◆『愛の行為を癒しと魂の成長につなげる方法』プレビュー版
 
 セックスに関連する内容を書きました。
 もちろん、メンタルな部分についてです。
 
 『愛の行為を癒しと魂の成長につなげる方法』プレビュー版
 http://www.556health.com/backno/tokuten_preview.html
 ↑このプレビュー版は無料でさくっとダウンロードできます。
 
 目次の一部を抜粋しました
 
 第1章 セックスは自然な行為
  生まれて、食べて、寝て、恋をして、セックスをして命をつなぐ
  セックスは心のエネルギーの交換
  無償の愛の反対は○○○
  セックスがあまり好きになれない想定原因
  元々性欲がない→マザーテレサのように人類のために生まれた
  トラウマが原因→乗り越えることが人生の課題
 
 第2章 トラウマの原因と解決方法
  トラウマの原因
  性的潔癖症の場合(罪悪感を感じる)
  性的なトラウマ(親や兄弟による卑猥な言葉や痴漢行為)
  自分でできる、心のセルフケアのワーク……………正式版のみ
  感情の90対10の法則………………………………正式版のみ
  インナーチャイルドヒーリング………………………正式版のみ
  潔癖症的な人向けのワーク……………………………正式版のみ
  (中略)
 
 第3章 様々なテクニック&小技&ヒント
  呼吸を合わせる(彼のハァハァにあなたも合わせる)
  彼のペニスへの苦手意識を変える心理的ワーク1…正式版のみ
  彼のペニスへの苦手意識を変える心理的ワーク2…正式版のみ
  北風にならないこと。あなたは常に太陽で!………正式版のみ
  不幸競争をすると、結局損をするのは自分…………正式版のみ
  (中略)
 
 ↓↓上記の目次の記事を読むためには↓↓
 『愛の行為を癒しと魂の成長につなげる方法』プレビュー版
 http://www.556health.com/backno/tokuten_preview.html
 ↑このプレビュー版は無料でさくっとダウンロードできます。
 
 
 
◆編集後記
 
 昨日は幸恵ちゃんの希望で、ホッケを焼いて食べたのですが、
 まだ「さかな」も言えない知花が「ホッケ」ははっきりと発音で
 きるんです。それが面白くて、何度も言わせてしまいました。
 
 知花は、魚は全般に好きみたいですが、ホッケもお気に入りでし
 た。「ホッケ、ホッケ」と催促してましたから。
 
 昨日のホッケは大きくておいしかったなぁ。
 
 
 セラピストのスキルを身につけませんか?
 http://www.556health.com/archives/2008/08/post_304.html
 これからは、心の時代です!
 それが分かる方の、受講をお待ちしております。
 
 
 ココヘル携帯版もよろしく!
 http://lmag.jp/i/10174.html ←携帯専用です。
 
 
┏━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━┓
 応援ありがとう!まぐまぐ殿堂入り! 祝!25000部
 ◆女と男の「心のヘルス」?癒しの心理学
 ◆ご意見、ご感想お待ちしています。このまま返信!
 ・頂いたメールは、事前確認なく掲載することがあります。
 ・お名前はイニシャルにします。
 ・メール相談は行っていません。また、多数のメールを頂くた
  め、個別の返信はできないことがございます。
 
 もっと幸せな恋愛・結婚生活・人間関係を求める方に情報提供
 をするのが本誌の目的です。ご自身の責任にてご活用下さい。
 
 ◆制作:阿妻靖史(あづま やすし 恋愛セラピスト)
 ◆自己紹介はこちらです↓(声の自己紹介があります!)
  http://www.556health.com/archives/2005/07/post_5.html
 ◆登録・解除:http://www.mag2.com/m/0000164141.html
  (解除依頼は受けていません。ご自分でお願いします)
 ◆ウェブサイト http://www.556health.com/
 
 このメルマガは、自主的な登録、無料レポートの請求および協賛
 によって登録になります。違法なアドレス収集は行っていません。
 
 ★ご友人への転送は歓迎です。メルマガ全文をお願いします★
 このメルマガの著作権は発行者であるあづまやすしに属します。
 無断転載を禁じます。転載は【事前に】お申し出下さい。
┗━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━┛
 
◆『愛の行為を癒しと魂の成長につなげる方法』プレビュー版
 
 セックスに関連する内容を書きました。
 もちろん、メンタルな部分についてです。
 
 実は、以前無料レポートをご紹介した中山志乃さんのセックスの
 教科書がとても良くできていたので、ぜひ多くの人が手にとって
 ほしいと思いました。
 そこで、私の得意なメンタル面のアドバイスを特典E-bookにして
 合わせて活用すればより効果が高まるように配慮しました。
 
 『愛の行為を癒しと魂の成長につなげる方法』プレビュー版
 http://www.556health.com/backno/tokuten_preview.html
 ↑このプレビュー版は無料でさくっとダウンロードできます。
 
 正式版は、こちらから中山志乃さんのE-bookをご購入になると、
 紹介者特典としてダウンロードできます。
 
 中山志乃さんの「なぜ男は風俗嬢にハマるのか? 普通の女の子
 では絶対知ることができない! 男のスケベ心を利用した、あな
 たが一人勝ちする 女の子のためのセックステクニックを 現役
 No.1風俗嬢が教えます♪」と、
 あづまの『愛の行為を癒しと魂の成長につなげる方法』を、
 ↓↓合わせて手に入れる↓↓
 http://tinyurl.com/shinoxxx
 
 ※他のアフィリエイト販売者のリンクをクリックして購入すると
 この特典は手に入りませんので特に注意してください。
 (意味が分からない方は、上のリンクをクリックしてから購入す
 ればいいと理解していただければ結構です)
 ※特典が手に入るのは、ダウンロード版のみですのでご注意くだ
 さいね!冊子版ご希望の方は前もってご相談下さい。
 
 
 
 
 
 まだこの無料レポートをお読みになっていなければ、
 ココヘルの基本ですので、一度ご覧になって下さいね。
 感謝の声(編集なしで掲載してます)がたくさん届いています!
 
 ★【男心理解】30分でわかる男心のつかみ方
 http://www.556health.com/archives/2005/10/post_189.html
 
 
 ↓これもおすすめ↓
 ★頑張れ!シングルマザー
 http://www.556health.com/archives/2007/03/post_194.html