【ココヘル321】過去と他人は変えられない2?心理療法を学ぶ効果

 

◆女と男の「心のヘルス」?癒しの心理学 321号 2008.9.5
 
 ココヘル携帯版もよろしく!
 http://lmag.jp/i/10174.html ←携帯専用です。
 
 こんにちは。あづまです。
 いつも読んでくださってありがとうございます。
 
 
◆ あなたの男女関係の悩みに、ズバリアドバイスします★
 1人で悩んで、ぐるぐると同じところを回っていませんか?
 9/17(水)平日ですが受付開始しました!お早めに。
 恋愛セラピー http://www.556health.com/order.html
 
★このメルマガは、心理に関する内容を扱っているため、感情的
 ストレスを感じることがあります。ご自分の感情にはご自分で
 責任をもつ姿勢でご利用いただきますようお願い申し上げます。
 
 
 
 さて、今回は、前回に続き、
 「過去と他人は変えられない」の第二回目です。
 
 前言を撤回するようですが、実は、私たちが変えられないと思っ
 ている「過去」は簡単に変えられます。
 
 
◆ ビデオ再現法 ?記憶の中の過去は変えられる?
 
 こんなワークがあります。
 
 目の前にビデオのスクリーンがあるとイメージして、
 過去の嫌だった出来事や後悔している出来事が、そこに映し出さ
 れているとイメージします。
 
 一回目は、当時の出来事を全て、ビデオで観察します。
 
 一旦ビデオを巻き戻して、
 二回目は、「こうだったら良かったのに」という内容に書き換え
 て上映します。
 
 それをもう一度巻き戻して、もう一度上映します。
 
 最後にもう一度巻き戻して、今度は当時の自分の中に入ったとイ
 メージして、良くなったシーンを実際に体験するように再現しま
 す。
 
 
 このワークは、癒しのセラピスト養成講座でご指導しています。
 http://www.556health.com/archives/2008/08/post_304.html
 
 また、自習型になりますが、
 「幸せな恋愛・結婚生活・人間関係を引き寄せるための
  心のデトックスマニュアル」の中でも解説しています。
 http://www.556health.com/selfcare/
 
 
◆ この世界に「過去」は存在しない
 
 この世界(現在)に「過去」は存在しないのです。
 
 だから、私たちが「過去」だと思っているものは、実際には過去
 ではありません。
 
 【現在の脳の中】にある「過去の日付」が付いた「記憶」です。
 
 
 もう少し掘り下げてみましょう。
 
 ☆彼にひどいことを言ってしまった。
 ☆好きだった彼と大げんかをしてしまった。
 
 ☆お父さんなんか「嫌い!」と言ってしまった。
 ☆準備が足りなくて、大事な場面で失敗してしまった。
 
 
 私たちが過去をやり直したいと思うとき、
 もう少し心理学的にその衝動を掘り下げてみると、
 
 
 「後悔している気持ちを解消したい」
 
 
 本当の気持ちは、ただそれだけなのです。
 
 
 
 過去の出来事をきっかけに、後悔の気持ちが湧いた。
 それを解消できなくて、苦しい。
 だから、その気持ちを解消したい。
 
 
 後悔の気持ちはどこにありますか?
 
 そうです、現在の脳の中です。
 
 だから、適切な方法を使えば、解消することが出来るのです。
 
 
 その方法は、癒しのセラピスト養成講座でご指導しています。
 http://www.556health.com/archives/2008/08/post_304.html
 
 また、自習型になりますが、
 「幸せな恋愛・結婚生活・人間関係を引き寄せるための
  心のデトックスマニュアル」の中でも解説しています。
 http://www.556health.com/selfcare/
 
 
 
◆ 他人は変えられない、のウソ
 
 心理学の本を見ると「他人は変えられない」と書いてあります。
 実はこれ、半分は本当ですが、半分はウソなんですね。
 
 もし、他人を変えることが絶対に出来ない、他人に影響を与える
 ことすら出来ないというのなら、
 
 カウンセラーは全員すぐに廃業しなければいけません。
 
 
 人が、他人に影響を与え、良い影響であればその相手が変化する
 ためのきっかけを与えることができる。これは、多くの人が経験
 していることだと思います。
 
 
 ではなぜ、「他人は変えられない」という言葉があちこちで使わ
 れるのでしょうか?
 
 
 私の考えを述べると、「他人を変えよう」として、うまく行かな
 い人があまりに多いからだと思います。やり方がまずいんですね。
 
 
 では、別の質問。
 他人に影響を与え、人が変わるきっかけを与えられる接し方と、
 他人を変えることができない接し方があるとするなら、
 
 何が違うと思いますか?
 
 
 その方法は、癒しのセラピスト養成講座でご指導しています。
 http://www.556health.com/archives/2008/08/post_304.html
 
 また、自習型になりますが、
 「幸せな恋愛・結婚生活・人間関係を引き寄せるための
  心のデトックスマニュアル」の中でも解説しています。
 http://www.556health.com/selfcare/
 
 
 ・・・(↑)というのでは、あまりに不親切なので、
 
 私の考えを述べます。
 
 
◆ イヤな感情の解消
 
 他人を変化させるために、有効な働きかけは大きく分けてふたつ
 あると考えています。
 
 ひとつは、その人が抱えているイヤな感情を解消してあげること。
 セラピーでは「傾聴」「ゲシュタルト療法」「フォーカシング」
 などの手法が知られています。
 
 時間はかかっても、心の癒し(過去の感情をしっかり吐き出す)
 をじっくり進めて、心に抱えた重荷を下ろすお手伝いをします。
 
 
 ・約束をしても守れない人
 ・要求をしても、Yesと言えない人
 ・何か言おうとすると、すぐに反発する人
 ・だんまりを決め込んでいて、会話にならない人
 
 こういう人に、アイメッセージとか、ストレートな要求とか、
 普通の状態の人に有効なコミュニケーション法を使ってみても、
 たぶん効果がないんですね。
 
 それは、もう、心の中がイヤな感情でいっぱいいっぱいになって
 いるから。
 
 
 お腹が痛くて、今にも下痢をしそうなときに人から何か言われて
 もまともに聴くことなんて出来ません。
 
 心の中は見えにくいので、今にも下痢をしそうなほどいっぱい
 いっぱいになっていても、本人も周りもなかなか気づかない。
 
 
 こういう状態の時は、まずは、その人がため込んだ感情を吐き出
 し、心の重荷を下ろすためのお手伝いをする必要があります。
 
 セラピーの現場では、様々なテクニックを使いますが、
 夫婦間や恋人同士では、ほとんどの場合「傾聴」することぐらい
 しかできないのではないでしょうか。
 
 
 傾聴というのは、目線を合わせ、うなずき、相づちを打ち、呼吸
 と動作を合わせて相手の話を聴く、ということです。
 
 大事なことは、決して否定せずに聴くこと。
 但し、同意・迎合するという意味ではありません。
 私とあなたが違っていてもよい。それでもあなたを否定しません。
 そういう前提で聴く、ということです。
 
 
 詳しい方法は、癒しのセラピスト養成講座でご指導しています。
 http://www.556health.com/archives/2008/08/post_304.html
 
 また、自習型になりますが、
 「幸せな恋愛・結婚生活・人間関係を引き寄せるための
  心のデトックスマニュアル」の中でも解説しています。
 http://www.556health.com/selfcare/
 
 
 ただ、男性は、あまり自分の気持ちを話さない人も多いです。
 その場合は、女性の側からの働きかけはちょっと難しいですが、
 
 余計な心配をしない。これが一番大事。
 
 そして、ストレス解消のために、ニュース番組やスポーツ番組を
 見る人もいますので、そういう1人の時間を大事にしてあげるこ
 とも大切です。
 
 あとは、笑顔です、笑顔。
 男性は、なんか色々あっても、家に帰ってきたり、彼女と会って、
 笑顔を見たら癒されるものですから。
 
 
◆ 成長のための変化
 
 もうひとつ大事な働きかけは、相手が成長するためのヒントや
 気づきを与えることです。
 
 これは、様々な技法がありますので、ここではとても書き切れま
 せんが、たとえば私が最近気に入っているワークは、
 
 「状況リフレーミング」と言われるものです。
 
 
 NLPの講座に行くと、
 ネガティブなクセであっても、別の状況では役に立つかもしれな
 いので、「そのクセは他にどんな場面で役立っていますか」なん
 ていう質問を習ったりするのですが、
 
 正直言って、この形式はあまり使えません。
 
 
 私が気に入っているのは、これです。
 
 
 あなたのなかに、たとえば、「我慢しなければいけない」とい
 う自分ルールがあったとしますね。(自分ルール=信念)
 
 このルール、大抵、「どんなときも」という条件が付いているん
 ですね。つまり無条件にどんなときも我慢しなければいけない。
 
 そういうルールを持っていると生きるのが苦しくなります。
 
 
 かといって、「我慢しなくていい」というルールにいきなり変え
 ようとしても、心の抵抗が生じることが多いです。
 
 
 そこで、(ルール)+「と思っている人の前では」+(ルール)
 という構文を使います。上の例でいえば、
 
 
 我慢しなくてはいけないと思っている人の前では、
 我慢しなくてはいけない。
 
 
 と、なります。
 なんだか、ちょっと人を小馬鹿にしたような感じもしますが、
 
 これを唱えていると、ふたつのことに気づきます。
 
 ひとつは、そのルールを持っていない人もいるのだということ。
 
 もうひとつは、自分がいかに、我慢しなければいけないと思って
 いる人とばかり過ごしてきたか、ということ。
 
 
 あなたの中にある、自分ルールを発見したら、
 (ルール)+「と思っている人の前では」+(ルール)
 の構文でリフレーミングしてみてください。
 
 
 こちらの講座では、もっと色々な技法を教えています。
 http://www.556health.com/archives/2008/08/post_304.html
 
 
 ちなみに、自分の彼氏に向かって使うときは、ちょっとひと工夫。
 
 彼が会社で「我慢しなければいけない」と思って苦しくなってい
 るなら、
 
 「我慢するから、苦しくなるのよ(←彼の信念を否定)」なんて
 言っても拒絶されるだけです。
 
 さりげなくリフレーミングします。
 
 「そうよね?。『我慢しなきゃいけない』って思っている人の前
  だとこっちまで『我慢しなきゃいけない』って感じちゃうから、
  苦しいよね?。」
 
 
 
 過去の記憶にまつわる感情を整理する方法を身につけたり、
 自分ルールを変更したり、そのほかにも人生の色々な局面で役立
 つスキルを身につけると、
 
 自分の対応できる物事の範囲が広がります。
 すると、自信を持って生きることが出来るようになり、
 
 次第に、物事を他人のせいにしなくなります。
 自分で決めて、自分で行動し、自分で責任をとる。
 
 そうです。成長していくのです。
 
 
 
 ここで、大事なポイント。
 
 成長のための変化は必ず、本人が、自分の心の求めにしたがって
 生きられる方向に、向かっている必要があります。
 
 
 周りがあれこれ指図して、本人の意思をゆがめるのは、
 成長を阻害していることなんです。
 
 自分で決めて、自分で行動し、自分で責任をとる。
 
 
 人は、しっかり成長したら、決して自分勝手な行動はとりません。
 相手の幸せを願う心が育ってきたら、「愛」に基づいて、相手の
 ための行動も出来るようになります。
 
 「嫌われることを怖れて」相手に合わせるのではなく、
 「バカにされることを怖れて」必死で頑張るのではなく、
 「捨てられることを怖れて」言いたいことを我慢するのでもなく、
 
 心の底から、自他の幸せを願って行動できるようになります。
 
 それを信じて、相手の成長のための小さな影響力を根気よく与え
 続けられるかどうかが、大事なのです。
 
 
◆ 相手の変化につながらない、ダメな例
 
 最後に、相手の変化につながらない、ダメな働きかけについて書
 こうと思います。
 
 
 まず根本的に重要なのは、接し方ではなく動機。
 相手に変わってほしい動機が、自分の都合である場合はダメです。
 
 旦那に、優しい言葉をかけてもらいたい。
 彼氏に、もっと会う機会を作ってほしい。
 
 あるいは、相手がすでに問題行動をしていて、
 
 旦那に、その浮気をやめてほしい。
 彼氏のギャンブルぐせを治したい。
 働かない旦那を、働くように変えたい。
 
 
 これらに共通しているのは、(確かに相手の行動は問題かもしれ
 ないけれど)
 
 「私が不満だから、あなた変わってよ」
 
 という点です。
 
 「私が寂しいから」旦那に、優しい言葉をかけてもらいたい。
 「私が寂しいから」彼氏に、もっと会う機会を作ってほしい。
 「私がみじめだから」旦那に、その浮気をやめてほしい。
 「私が不安になるから」彼氏のギャンブルぐせを治したい。
 「私の生活が困るから」働かない旦那を、働くように変えたい。
 
 ほらね。
 
 
 相手が精神的に成熟していて、あなたに対して「愛」で接するこ
 とができる人ならば、あなたの不満を受け止めてくれて、態度を
 改めてくれるでしょう。
 
 まずは、それを信じて、一度は素直に気持ちを伝えてみることが
 大事だと思いますが、
 
 問題行動が中々直らない人は、精神的に成熟していないことが多
 く、また、イヤな感情をため込んでいていっぱいいっぱいになっ
 ている人が多いんです。
 
 
 体調にたとえれば、お腹の具合が最悪で下痢しそうで必死で耐え
 ているような感じでしょうか。
 
 その状態の彼に何かを要求しても、答えられる状態ではないです。
 
 
 それを無理に要求してケンカしたり、
 不機嫌・怒鳴り声・すねる・無視などの形で相手に感情的な脅し
 をかけてみたり、別居・離婚・浮気のような形で実力行使的な脅
 しをかけてみたりしても、
 
 彼が余計嫌な感情をため込むことはあっても、
 あなたのことを心から好きになることはありません。
 
 考えてみれば、当たり前のことです。
 彼の嫌がることをして、彼から好かれるわけがないですから。
 
 
 彼を信じて、待つべきところで待ち、話を聴くべきところで聴き、
 ナイスな助言で、彼の行動の選択肢を広げて成長のきっかけとす
 る、そんな接し方が必要です。
 
 
 とはいえ・・・
 
 
 その前に、いっぱいいっぱいの男性を選ぶクセがないか、
 そのあたりのクセを反省することが大事だと思います。
 
 やっぱり、いっぱいいっぱいで、恋愛や結婚に進む準備が出来て
 いない状態の人っているわけですから。
 
 ちゃんとゆとりがあって、恋愛や結婚に進む準備が出来ている人
 を選ばないと、苦労します。
 
 
◆ 次回予告
 
 次回から、出会い?結婚までに、どんなことを考えればよいか、
 そんなお話をはじめようと思っています。
 
 デートの心理学、ですね。
 
 お楽しみに。
 
 
◆ 癒しのセラピスト養成講座(9/28開講)。
 
 本格的に、心理技法を学びたい方に。
 心理療法の様々な技法が一度に学べます!
 自分の問題を解決しながら、セラピーの技法を学べます。
 
 ・NLP(神経言語プログラミング)
 ・解決志向ブリーフセラピー
 ・フォーカシング
 ・傾聴(来談者中心療法)
 ・ゲシュタルト療法
 ・カードセラピー
 ・感情の仕組み、癒しの手順 ←この回が特に自信作です★
 ・開業の仕方、お客さんの集め方 ←ここは私の得意分野♪
 
 などなど。。。
 
 全10回です。詳しくは↓
 http://www.556health.com/archives/2008/08/post_304.html
 
 今回は、日曜コースのみを開講いたします。
 土曜日をご希望の方、ごめんなさい!
 
 今回受講できなかった日については、来期に振り替えが出来ます。
 来期も受講できそうにない場合、返金対応になります。
 
 
 
 
◆ あなたの男女関係の悩みに、ズバリアドバイスします★
 1人で悩んで、ぐるぐると同じところを回っていませんか?
 9/17(水)平日ですが受付開始しました!お早めに。
 恋愛セラピー http://www.556health.com/order.html
 
 
 
◆編集後記
 
 今日は泳ぐ日。メルマガ書き終わったので泳ぎに行きます。
 では!
 
┏━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━┓
 応援ありがとう!まぐまぐ殿堂入り! 祝!29000部
 ◆女と男の「心のヘルス」?癒しの心理学
 ◆ご意見、ご感想お待ちしています。このまま返信!
 ・頂いたメールは、事前確認なく掲載することがあります。
 ・お名前はイニシャルにします。
 ・メール相談は行っていません。また、多数のメールを頂くた
  め、個別の返信はできないことがございます。
 
 もっと幸せな恋愛・結婚生活・人間関係を求める方に情報提供
 をするのが本誌の目的です。ご自身の責任にてご活用下さい。
 
 ◆制作:阿妻靖史(あづま やすし 恋愛セラピスト)
 ◆自己紹介はこちらです↓(声の自己紹介があります!)
  http://www.556health.com/archives/2005/07/post_5.html
 ◆登録・解除:http://www.mag2.com/m/0000164141.html
  (解除依頼は受けていません。ご自分でお願いします)
 ◆ウェブサイト http://www.556health.com/
 
 このメルマガは、自主的な登録、無料レポートの請求および協賛
 によって登録になります。違法なアドレス収集は行っていません。
 
 ★ご友人への転送は歓迎です。メルマガ全文をお願いします★
 このメルマガの著作権は発行者であるあづまやすしに属します。
 無断転載を禁じます。転載は【事前に】お申し出下さい。
┗━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━┛
 
◆ ついについに、予約開始しました。
  癒しのセラピスト養成講座(9/28開講)。
 
 心理療法の様々な技法が一度に学べます!
 自分の問題を解決しながら、セラピーの技法を学べます。
 
 ・NLP(神経言語プログラミング)
 ・解決志向ブリーフセラピー
 ・フォーカシング
 ・傾聴(来談者中心療法)
 ・ゲシュタルト療法
 ・カードセラピー
 ・感情の仕組み、癒しの手順 ←この回が特に自信作です★
 ・開業の仕方、お客さんの集め方 ←ここは私の得意分野♪
 
 などなど。。。
 
 全10回です。詳しくは↓
 http://www.556health.com/archives/2008/08/post_304.html
 
 今回は、日曜コースのみを開講いたします。
 土曜日をご希望の方、ごめんなさい!
 
 
 
 
 まだこの無料レポートをお読みになっていなければ、
 ココヘルの基本ですので、一度ご覧になって下さいね。
 感謝の声(編集なしで掲載してます)がたくさん届いています!
 
 ★【男心理解】30分でわかる男心のつかみ方
 http://www.556health.com/archives/2005/10/post_189.html
 
 
 ↓これもおすすめ↓
 ★頑張れ!シングルマザー
 http://www.556health.com/archives/2007/03/post_194.html