【ココヘル314】正義は苦いもの、なのです

 

◆女と男の「心のヘルス」?癒しの心理学 314号 2008.8.8
 
 ココヘル携帯版もよろしく!
 http://lmag.jp/i/10174.html ←携帯専用です。
 
 こんにちは。あづまです。
 いつも読んでくださってありがとうございます。
 
 今回、無料レポートに登録された方をココヘルに代理登録させて
 いただきました。もし、このメルマガがご不要の方は、お手数で
 すがこちらより解除をお願いいたします。
 http://www.mag2.com/m/0000164141.html
 
 
 まだこの無料レポートをお読みになっていなければ、
 ココヘルの基本ですので、一度ご覧になって下さいね。
 感謝の声(編集なしで掲載してます)がたくさん届いています!
 
 ★【男心理解】30分でわかる男心のつかみ方
 http://www.556health.com/archives/2005/10/post_189.html
 
 
 
 ★あなたの恋の悩みにズバリ!アドバイス!(恋愛セラピー)
 >>> http://www.556health.com/order.html 
 
 
 ★このメルマガは、心理に関する内容を扱っているため、感情的
  ストレスを感じることがあります。ご自分の感情にはご自分で
  責任をもつ姿勢でご利用いただきますようお願い申し上げます。
 
 
 
 今日は朝から、本の整理をしています。
 本って、すぐ増えちゃうんですよね?。
 勉強する教材は、本が中心なので、仕方ない部分もありますね。
 でも、本代より、置き場所の方が問題です・・・
 (編集後記に続く)
 
 
 最近また、無差別殺傷とか、娘が親を、など、凶悪な犯罪のニュー
 スが目につきますので、そのあたりについて、私の考えを書こう
 と思います。
 
 なんでこんなことを書こうと思ったかというと、あるメルマガを
 読んでいて色々考えたからです。
 
 
 私の仲良しのセラピストのカズ姐さんが、そういった、犯罪を犯
 してしまう人に足りないのは、
 
 【子供の頃の絶対の安心感】
 
 だと主張しています。
 こちらで http://archive.mag2.com/0000255282/index.html
 
 曰く、
 
>絶対の安心感を経験した子供は、人を信頼することができますし、
>人に愛を与えることのできる大人になれます。
 
 私も、全く同感です。
 
 私も大学時代、理系だった割に、犯罪心理学とか、プロファイリ
 ングに興味があり「凶悪犯罪を犯す犯人は、ほぼ間違いなく子供
 時代に虐待を経験している」という話を知って心を痛めました。
 
 「私も」って他には誰が? →カズ姐さんです。
 http://archive.mag2.com/0000255282/index.html
 ↑
 あ、これ、カズ姐さんのメルマガです。私も愛読しています。
 「人生も仕事もうまくいく
  ?幸せに成功するコミュニケーション心理学?」
 
 
◆ 裁判では【責任能力の有無】が争点に
 
 この手犯罪の裁判では、責任能力の有無が争点になることが多い
 ですね。
 
 弁護側の主張は、大抵これです。
 犯行時、心神喪失状態だったので、正常な判断が出来なかった。
 
 人間は、相当ぐでんぐでんに酔っぱらっていても、赤信号では大
 抵ちゃんと止まって待っています。
 
 だから、責任能力が無くなるというのはよほどのことなんですね。
 
 
 でも、こういう報道を聞いて、違和感や疑問を感じませんか?
 言葉が悪くて、本当に申し訳ありませんが、それこそ、
 
 「じゃあ、狂ったもん勝ちか?」
 
 と、言いたくなりませんか?
 
 被害者側に立ってみれば、犯罪を犯した事実はあるのに、罪に問
 われないなんて、納得行かないという思いもあるはずなんですね。
 
 
 もちろん、責任能力がある=正常、ではないですよね。
 本当に正常なら、そもそも凶悪犯罪を犯すこともないのです。
 
 多かれ少なかれ、心に傷を持っていると考えてよいと思います。
 
 
◆ 抑圧された怒りに要注意
 
 私の恋愛セラピーでは、相談者の方が怒りを心の底にため込んで
 いるかどうかに、非常に気をつけて見ています。
 
 なぜなら、怒りを抑え込むクセがついている人は、本人も通常は
 怒りをため込んでいることに気づかないからです。
 
 本人も気づかず、なんの問題もないのなら、ほうっておけばよい
 のですが、そうではないのです。
 
 抑圧された怒りは、色々な別の形で表に出てきます。
 
 一番よくあるのが、嫌悪感・吐き気・脱力感など、気分が悪くな
 る系の反応です。嫌なことがあってこの手の感覚を感じる方は、
 
 「私って、怒りを抑え込むクセがあるのかも?」
 
 と、考えてみてくださいね。
 
 もう少し慢性的になってくると、自傷や自己攻撃、対人恐怖など
 の形で表に出てくることもあります。また、怒りが病気を引き起
 こすこともあります。
 
 
 そして、一番破壊的なのは、爆発することです。
 ため込んだ怒りが限界を迎えると、一気に爆発します。
 キレるわけです。
 
 我慢して、苦しくなって、爆発するというパターンを持っていた
 相談者の方が、秋葉原の無差別殺傷事件について、
 
 「私はそこまでしないけれど、あの犯人の気持ちは分かるような
  気がする」
 
 と、おっしゃっていたことがありました。
 
 確かに。犯罪を犯してしまう人は、大抵、傷ついた人なんですよ。
 
 
◆ 怒りを安全に吐き出す方法の重要性
 
 私が最近よく使うワークをご紹介します。
 これは、怒りをため込みがちな方にお勧めのワークです。
 
 こうやって、安全に怒りを吐き出すスキルを身につけることは、
 犯罪という大げさなレベルではなくても、恋愛や結婚生活を怒り
 で破壊しないためにも、とても大切です。
 
 
 まず、怒りを感じる相手を目の前にイメージします。
 (リアルにイメージしてください)
 
 その時感じる気持ちが体のどこにあるか、
 そしてどんな感じなのか、しっかりと探ります。
 
 (たとえば、胃のあたりにムカムカして熱い塊がある、みたいに)
 
 その体の感覚を取り出して、手に持ちます。
 するとその感覚が爆弾に変化する、とイメージします。
 
 目の前の相手に向かって、その爆弾を思いきり投げつけます。
 
 「えい!」(実際に投げる動作をします)
 
 すると「どかーん」と爆発して、黒い煙がもくもく上がります。
 
 その煙は、その人から受けた、嫌な感情です。
 爽やかな風が吹いてきて、煙を元の持ち主の元に運んでいきます。
 
 空から、キラキラしたものが降ってきます。
 それは、その人に対して感じた、よい感情や、よい思い出です。
 
 受け取りたかったら、受け取って、
 息と一緒に吸い込んでみましょう。
 
 いらなかったら、パッパッと払って捨ててしまいます。
 
 以上です。
 やってみると、意外にスッキリします。
 スッキリ度が足りないときは、爆弾を何発も投げます。
 
 
◆ 病気の人に接するように・・・
 
 私は浮気性とか、浪費癖とか、仕事中毒とか、キレるとか、結婚
 生活を破壊するクセを持っている人に対しても、いたわりと思い
 やりの心を持つことが大事だと説いていますし、
 
 病気の人に接するようにいたわりの気持ちを持とう、とも主張し
 ています。
 
 この主張と、
 
 犯罪を犯したら、刑罰がある。
 結婚生活を破綻させる行動をしたら、離婚、慰謝料請求がある。
 
 このような「正義の執行」は矛盾しないのか?
 特に鋭いあなたは、そう感じていたのではないでしょうか。
 
 
 もちろん、野放しにすることは出来ないですよね?
 
 犯罪を犯した人は、傷ついている人だから、裁かない。
 浮気性は子供時代の「見捨てられ不安」が原因だから、裁かない。
 
 これでは、社会の秩序も、結婚生活の安心も保てません。
 
 
◆ 全ての正義は、苦いもの
 
 私は、こう考えています。
 
 そもそも、全ての正義は、苦いものなのだ、と。
 
 悪を懲らしめてスッキリ、などという正義は物語の中だけです。
 
 
 傷ついた心で、悪いことをしてしまった人を、
 さらに裁くのが「正義」。元々苦いものなのです。
 
 
 相手を悪者扱いして、裁いて懲らしめてスッキリ、ではなく、
 傷ついた心を持った人を、さらに裁くという「苦み」を味わえる
 のが大人の感覚ですし、
 
 逆に、傷ついた人だから裁けない、という弱い心ではなく、
 正義の苦みをしっかり感じた上で、裁くべきは裁くという決断が
 できるのが大人の感覚です。
 
 
 ちょっと、結婚生活に当てはめてみるとね、
 
 浮気性=悪だから、離婚だ!慰謝料だ!裁いてしまえ!ではなく、
 浮気夫も傷ついた心を持って苦しんでいる、それを理解しつつ、
 自分の生活を守るために離婚、慰謝料請求をするという「苦み」
 を味わえるのが大人の感覚ですし、
 
 逆に、傷ついた人だから、別れられない、慰謝料を取ったらかわ
 いそう、だからずるずると関係を続けるという弱い心ではなく、
 正義の苦みをしっかり感じた上で、責任はきちんと取ってもらう
 という決断が出来るのが大人の感覚です。
 
 ※もちろん、相手の心の傷を癒す旅を共にする(=関係を続ける)
 という道も当然あります。浮気性の場合そのたびに自分が否定さ
 れたように感じますので、浮気されても揺らがないほど自分がしっ
 かりしていないと、ただ辛いだけの道になってしまいますが。
 
 
 そういえば・・・
 某法務大臣も、死刑を自分がサインしなくても手続きが進むよう
 にできないか、という主旨の発言をして叩かれていましたが、
 
 ひとこと「正義は苦い」と言えればよかったのに。
 
 傷ついた心で、悪いことをしてしまった人を裁くのだから、
 自動とかじゃなくて、せめて人の手で送ってあげてください。
 重責なのはわかりますが。
 
 
◆ 次回予告
 
 次回はまた、心理療法ネタに戻りたいと思います。
 
 
◆ 今日のまとめ
 
 犯罪を犯す人、結婚生活を破綻させるような問題行動を起こす人
 は、傷ついた心を持っている人。子供の頃の絶対の安心感が足り
 ない人。
 
 心が傷ついて、悪いことをしてしまった人を裁くのだから、
 そもそも、全ての正義は、苦いもの。
 
 苦いから、相手を徹底的に悪者扱いして裁こうとするのではなく、
 逆に、相手が傷ついた人だから裁くのをやめるのでもなく、
 
 相手には、きちんと責任を取ってもらう、と決断する。
 その苦みを味わうことが出来るのが、大人の感覚。
 
 
 
◆愛の永久磁石になる方法【セミナーDVD】
 
 矢野先生とあづまが幸せな恋愛、結婚生活、人間関係を引き寄せ
 るための【愛の永久磁石】になる方法について語りました。
 
 このDVDの中のインナーチャイルドヒーリングのワークが、
 とにかく泣ける、という感想を頂いております。
 http://www.556health.com/sp/dvd.html
 
 ↓このメルマガの下の方に、詳しい説明があります。
 
 
 ★あなたの恋の悩みにズバリ!アドバイス!(恋愛セラピー)
 >>> http://www.556health.com/order.html 
 
 
◆編集後記
 
 本の整理は、とりあえずAmazonから来る段ボール箱ふた箱分だけ
 古本屋に持っていくことにして、箱に詰めました。
 
 そういえば昔から読書と思索が好きで、それだけやって仕事にな
 る道があればいいのに、と何度も考えていたことを思い出します。
 
 いつのまにか、そういう仕事になってしまいました。
 やっぱり、思考は現実化するんですね。そこにたどり着くまでは、
 相当試行錯誤したように思いますが。
 
 
 ココヘル携帯版もよろしく!
 http://lmag.jp/i/10174.html ←携帯専用です。
 
 
┏━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━┓
 応援ありがとう!まぐまぐ殿堂入り! 祝!25000部
 ◆女と男の「心のヘルス」?癒しの心理学
 ◆ご意見、ご感想お待ちしています。このまま返信!
 ・頂いたメールは、事前確認なく掲載することがあります。
 ・お名前はイニシャルにします。
 ・メール相談は行っていません。また、多数のメールを頂くた
  め、個別の返信はできないことがございます。
 
 もっと幸せな恋愛・結婚生活・人間関係を求める方に情報提供
 をするのが本誌の目的です。ご自身の責任にてご活用下さい。
 
 ◆制作:阿妻靖史(あづま やすし 恋愛セラピスト)
 ◆自己紹介はこちらです↓(声の自己紹介があります!)
  http://www.556health.com/archives/2005/07/post_5.html
 ◆登録・解除:http://www.mag2.com/m/0000164141.html
  (解除依頼は受けていません。ご自分でお願いします)
 ◆ウェブサイト http://www.556health.com/
 
 このメルマガは、自主的な登録、無料レポートの請求および協賛
 によって登録になります。違法なアドレス収集は行っていません。
 
 ★ご友人への転送は歓迎です。メルマガ全文をお願いします★
 このメルマガの著作権は発行者であるあづまやすしに属します。
 無断転載を禁じます。転載は【事前に】お申し出下さい。
┗━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━┛
 
 
◆ 愛を引き寄せる秘訣のDVD 内容紹介です。
 
第1部 講師:あづまやすし
 
 ◆緊張をほぐし、円滑なコミュニケーションをする方法★
 
 ◆男女の心理の違い
   男性のほしいもの、女性のほしいもの。
   男性への禁句、女性への禁句。
 
 ◆コミュニケーションスキル
   アイメッセージとアクショントーク。
  「これは禁句」という言い方。
 
 ◆コミュニケーションスキルが通用しないケースの考え方1
   相手が不平不満愚痴タイプの場合:愚痴のこぼし上手、
   愚痴聞き上手になり、お互いの心を元気にする方法。
   それでもダメなときは執着を手放すワーク★
 
 ◆コミュニケーションスキルが通用しないケースの考え方2
   自分が「正しさ」を主張している場合:本当にほしい
   ものを自分に許可すること。
 
 ◆過去の経験から来る恨みや禁止を手放し、
  楽に生きるためのワーク★
   (インナーチャイルドヒーリングの応用版です)
 
第2部 講師:矢野惣一
 
 ◆恋と愛の違い
   恋は○○○でするもの。愛は○○○でするもの。
   ↑名言です!
 
 ◆愛の目的
   愛に「目的」があるなんて!?これを知ると、何が愛
   なのか分からず空回りしていたあなたも、正しい方向で
   ムダのない努力ができます。
   ☆「愛と勘違いしやすいもの」の話は絶品です。
 
 ◆理想の結婚相手と理想の結婚を知るワーク★
   恋愛は相手の○○とするもの。
   結婚は相手の○○とするもの。←目から鱗の名言!
   ワークは矢野惣一の真骨頂、光と影の統合のワークです。
 
 ◆愛と癒し ?その表現方法?
   癒しは「見る」「聴く」「触れる」で起こる。
   真髄は話を聴いてみてください!
 
第3部 質疑応答
   ナイスで鋭い質問が飛び交いました。
   講師も必死で答えました(笑)
 
 
 お申込は↓
 http://www.556health.com/sp/dvd.html
 
 
 
 
 まだこの無料レポートをお読みになっていなければ、
 ココヘルの基本ですので、一度ご覧になって下さいね。
 感謝の声(編集なしで掲載してます)がたくさん届いています!
 
 ★【男心理解】30分でわかる男心のつかみ方
 http://www.556health.com/archives/2005/10/post_189.html

 
 ↓これもおすすめ↓
 ★頑張れ!シングルマザー
 http://www.556health.com/archives/2007/03/post_194.html