【ココヘル355】質疑応答。愛情と情の違いとは?

 

◆女と男の「心のヘルス」?癒しの心理学 355号 2009.2.11
 
 あづまです。こんにちは。
 いつも読んでくださってありがとうございます。
 
 
★「心のデトックスマニュアル」
 心理療法をベースに、まんがで解説した自習マニュアル。
心の毒を出して、気持ちを軽く。生きやすく、恋愛にもマル。
 
http://www.556health.com/selfcare/
 
 
 
 さて、本題です。
 今回から何回かは、質問にお答えする形でお送りします。
 
◆ ケイさん
 
>あずまさん、初めましてケイと申します。
>すみませんが、ニックネームで失礼します。
 
 はい、メールありがとうございます。
 ニックネームで構いませんよ。
 
 
>質問です!
>愛情と情(同情)の違いとはなんだと思いますか??
>愛情はどんなときに感じるものでしょうか?
>そもそも愛情とはなんでしょうか?
 
 なるほど・・・
これは、中々難しい問題ですね。
 
 
ケイさん以外の方も、自分に当てはめて読んでみてください。
 
バイオリンとチェロの音の違いはなんですか?
これを実際の音を聴かずに理解するのが難しいのと同じぐらい、
本当の愛情を感じたことのない人が、
本当の愛情と同情の違いを理解するのは難しいです。
感じたことのある人は体感的にわかっているし、
感じたことのない人は、言葉で説明してもわからない。
 
 そういうものなのですが、
頑張って説明してみます。
 
 
>実は、先月初めに6年交際していた彼と別れました。
>彼の浮気が原因で。
>とても辛かったです。立ち直るために何かHOW TO本を探しに
>本屋へ行きました。そこで、あずまさんの本「あなたの恋愛が
>うまくいかない本当の理由」に出会いました。
>私は、まさに依存タイプでした。
>一部自己犠牲タイプにあてはまるところもありました。
 
 そうですか。辛かったですね。
そして、私の本を手にとって下さったのですね。
ありがとうございます。
 
 
>その後、あずまさんのHPのコラムなどを読んで私は共依存が
>いちばんあてはまる気がしました。
>彼の機嫌が悪くなるのが嫌でわがままを聞いてしまったり、
>何かをやってあげたりと尽くしすぎてしまうことがあります。
 
>いやいや尽くしているわけではありませんが、これが愛情なのか
>依存?なのか?
 
>彼の喜ぶ顔が見たくてしていることは愛情ですか?
>ずっと一緒にいたいと思うこと、一緒にいて安心できることは
>愛情ですか?
>交際期間が長くなると確かに情はでてくるかと思います。
>安心できることは、情からくるもの?
>彼を失うのが怖いという依存からくるものなのでしょうか?
 
>難しいことだと思いますが何かいいアドバイスをください。
 
 今まで大変でしたね。
よく頑張って来ました。
 
 
 さて、質問へのお答えですが、
私は、結局、結果論でしか明確なことは言えないと思っています。
よい男女関係というのは、恋愛であっても、結婚であっても、
出会う前よりも、感情的に自由になるし、
出会う前よりも、幸せを感じられるし、
出会う前よりも、元気が出るものなのです。
もちろん、出会ってすぐの頃は、脳の恋愛スイッチが入っていて、
PEAというホルモンが出て、「恋は盲目」と言われるように、
不安や不満に目が向かなくなるので、この段階では、まだ本当の
ところはわかりません。
大体3か月?半年もすると少し落ち着いてきて、冷静に相手のこ
とを見ることができるようになります。
このときに、
出会う前よりも、感情的に自由だと感じていて、
出会う前よりも、幸せを感じられて、
出会う前よりも、元気が出ていたら、
それは単なる恋愛スイッチが入ったのとは違いそうです。
よい男女関係を築きつつあると考えてよいでしょう。
 
長続きするかどうか、ということになると、
本当の愛と絆があるかどうか、これが大事になります。
 
 結果論から言えば、
 
ふたりの関係が長続きして、
出会う前よりも、感情的に自由で、
出会う前よりも、幸せを感じられて、
出会う前よりも、元気が出ていたら、
 
 そこに本物の愛情があると言えます。
 
 
 ただこれは、あくまで、あづまの愛情の定義です。
 
 ぱっと燃え上がって、その後トラブルになっても、それでよい。
 それが愛情だと言う人がいても、それはそれでよいと思います。
 
 大事なことは、あなたは、どういう男女関係を目指しているの?
ということです。それによって、答えは違うのです。
 
 私は、少し地味でも、幸せが長続きする男女関係を目指している
から、こういう話になるわけです。
 
 
 
◆ ひとつの判断基準は、これ。
 
 ウェブサイトのコラムに書いた記事ですが、
 「愛と依存心と罪悪感」
 http://www.556health.com/archives/2008/12/post_316.html
 
 あなたの心の中にある「好き」が、愛と依存心と罪悪感のうち
どれであるか、考えてみることが役に立ちます。
 
 実は、恋愛の始まりから、ある程度結末が決まっています。
愛50% 依存心45%ぐらいで始まり、次第に、
愛75% 依存心20%ぐらいに向けて変化してゆくのなら、
そのカップルは長続きしますが、
依存心が多すぎたり、罪悪感(同情も含む)を愛と勘違いしてい
ると、その恋愛は、不幸へと進んでいきます。
 
 
◆ 罪悪感が強い場合は、自分をゆるすことが課題
 
 罪悪感が強い場合は、どうしても人生が「償い」になってしまい
がちです。どういうわけか、ダメ男遍歴がやめられない、不幸な
身の上の男性と(それとは知らずに)つき合ってしまう。
こういうパターンが起こりやすいのです。
恋愛セラピーや、癒しのセラピスト養成講座で心の癒しを進めて、
不要な罪悪感を手放してゆくことが、とても役立ちます。
 
 
◆ 依存氏が強い(寂しい)場合は、よい仲間の輪を活用
 
 寂しさが強い場合も、実は、恋愛がしたいのではなくて、
居場所がほしいだけ、ということも、よくあります。
人は、安心できるつながりを求める存在だからです。
どんなに健全に育った人でも、安心できるつながりがなくなって
しまったら、たぶん、心が病んでしまいます。
 
 相手を否定せず受け止めることがお互いにできる、安全な場を持
つことが、恋愛に一極集中しない秘訣です。
 
 
 ケイさんの場合も、
 
>彼の喜ぶ顔が見たくてしていることは愛情ですか?
>ずっと一緒にいたいと思うこと、一緒にいて安心できることは
>愛情ですか?
 
 このように書かれている一方で、
 
 
>彼の機嫌が悪くなるのが嫌でわがままを聞いてしまったり、
>何かをやってあげたりと尽くしすぎてしまうことがあります。
>いやいや尽くしているわけではありませんが、これが愛情なのか
>依存?なのか?
 
 と、ありますね。
 
 
 「愛と怖れ」という考え方があります。
 あらゆる肯定的な感情は「愛」から生まれ、
あらゆる否定的な感情は「怖れ」から生まれる。
(エリザベス・キューブラー・ロスの言葉より)
 
 
ケイさんがもしも、
 「彼の喜ぶ顔が見たくて」しているのなら、それは愛情でしょう。
 
 しかし、なかなか自分で区別するのは難しいですが、
表面的には「彼の喜ぶ顔が見たい」と思っていても、彼が不機嫌
になったときに彼のわがままを聞いてしまう。
それが長い目で見て彼のためにならないと分かっていても、彼が
不機嫌になるのを「怖れ」てそうしてしまうとしたら、
それは「怖れ」に基づいた判断です。
 
 
 そして「怖れに基づいた判断」が多くなればなるほど、
人生から、幸せと安心が遠のくのです。
 
 
 何が正しいかを主張するつもりはありません。
怖れを避けるための人生を送っても、
それは自分の判断ですから、それはそれでよいのです。
ただ、残念ながら、怖れを避けているだけでは、
つかの間の安心と、すぐにまたやってくる不安の繰り返しです。
 
怖れを本当に乗りこえて、言いたいことがしっかり言えるように
なり、彼のわがままに対しても「それでいいの?」と言えて、
まさに、相手の心の成長に寄与できる自分になったときこそ、
本当の安心と自信と自由が手に入るのだと思います。
なお、
最大の怖れは、
別れてひとりぼっちになること、だったりします。
 
 
◆ 今日のまとめ
 
 今感じている感情が「愛」なのか「情(同情)」なのか。
それは、結果論から言えば、
 
ふたりの関係が長続きして、
出会う前よりも、感情的に自由で、
出会う前よりも、幸せを感じられて、
出会う前よりも、元気が出ていたら、
 
 そこに本物の愛情があると言えます。
 
 
 しかし、自分を犠牲にしながら相手に尽くしてしまうのなら、
 それは「愛」ではなく私が「罪悪感」に分類している感情です。
 
怖れを本当に乗りこえ、愛に基づいて生きられるようになったと
き、幸せと安心がやってくることでしょう。
私も、その道の途中ですけどね。
 
 
◆ 恋愛セラピー 申込受付中です。
 
 ひとりで抱えていないで、一緒に悩みを分かち合いませんか?
きっと、楽になって解決が早くなりますよ。
 
http://www.556health.com/order.html
 
 
◆編集後記
 
イチゴ狩りは面白かった?
1年前にやはり3人で行ったときは、知花はまだ歩けなかったし、
抱っこされたまま一口かじっただけでしたが、
今年は、もぐことはまだできなかったけれど、面白がってあえて
大きいイチゴを渡してみたら、小さい手でちゃんと持って、一生
懸命かじってました。お腹いっぱい食べたみたいです。
「おいし?ね?」って言えるようになりました。
イチゴ狩り。ひとり2000円(幼児は無料)。
結構高いと思ったけれど、こういう姿が見られると、元を取った
気になりますね。
あ、私?
そりゃもう、4?5パック分ぐらいは食べましたよ(笑)
帰りに、金目鯛を買って、夜は煮付けにしました。
煮魚担当の私。
今日は金目鯛のあらと大根の煮物を食べました。
これもね、勢いで昨日作ったの。予想以上にうまかった。
 
 
★「心のデトックスマニュアル」
 心理療法をベースに、まんがで解説した自習マニュアル。
心の毒を出して、気持ちを軽く。生きやすく、恋愛にもマル。
 
http://www.556health.com/selfcare/
 
 
┏━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━┓
 応援ありがとう!まぐまぐ殿堂入り! 祝!26000部
 ◆女と男の「心のヘルス」?癒しの心理学
 ◆ご意見、ご感想お待ちしています。このまま返信!
 ・頂いたメールは、事前確認なく掲載することがあります。
 ・お名前はイニシャルにします。
 ・メール相談は行っていません。また、多数のメールを頂くた
  め、個別の返信はできないことがございます。
 
 もっと幸せな恋愛・結婚生活・人間関係を求める方に情報提供
 をするのが本誌の目的です。ご自身の責任にてご活用下さい。
 
 ◆制作:阿妻靖史(あづま やすし 恋愛セラピスト)
 ◆自己紹介はこちらです↓(声の自己紹介があります!)
  http://www.556health.com/archives/2005/07/post_5.html
 ◆登録・解除: http://www.mag2.com/m/0000164141.html
  (解除依頼は受けていません。ご自分でお願いします)
 ◆ウェブサイト http://www.556health.com/
 
 このメルマガは自主的な登録によってのみ登録になります。
違法なアドレス収集は一切行っていません。
 
 ★ご友人への転送は歓迎です。メルマガ全文をお願いします★
 このメルマガの著作権は発行者であるあづまやすしに属します。
 無断転載を禁じます。転載は【事前に】お申し出下さい。
┗━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━┛