【ココヘル445】失恋を引きずっている人はどうしたらいい?

 

◆女と男の「心のヘルス」?癒しの心理学 445号 2010.3.8
 
 あづまです。こんにちは。
 いつも読んでくださってありがとうございます。
 
 あなたの人生に安心と自信と自由がありますように☆
 そして、あなたらしい生き方ができますように☆☆
 
 
★ 恋愛セラピー 悩みからは、早く抜け出しましょうね!
 http://www.556health.com/order.html
 
 
★3/14(日)渋谷にて、ボイストレーナーの濱田真実さんと
 コラボセミナーを行います。題して、
 「春の出会い・恋愛・幸運を引き寄せる
  Pure Voice & Pure Heart ワークショップ」
 ・キレイな声を手に入れる、真実さんのパートと、
 ・心を浄化して、キレイな心を手に入れるあづまのパート。
 
 濱田真実さんに、声の悩みに対する答えを語っていただきました。
 http://www.556health.com/sp/purevoice/
 
 
 
 
★★ 濱田真実さんから、質問を受けました。
 
 Q.過去の恋愛をずっと引きずっている人がいます。
   過去の上手な手放し方を教えて下さい。
 
 
 A.性格のタイプにもよりますが、自分をゆるすことから
   とり組むと、過去の恋愛を手放せることが多いです。
 
 
 
 では、順を追って解説していきたいと思います。
 
 
◆ 喪失は「悲しみ」を感じることで手放せる
 
 人が「悲しい」と感じるのは、喪失を受け入れていくためです。
 悲しみの涙を流し、失ったものを手放していくのです。
 
 但し、「泣いても泣いても、手放せない」
 「悲しいのではない。まだ『好き』だから忘れられない」
 などの気持ちを感じることもあるはずです。
 
 それは、なぜなのでしょうか?
 
 それは、本物の感情をきちんと感じていないからです。
 
 たとえば、私たちが「悲しみだと思っている感情」は、
 実は【純粋な悲しみではない】ことが多いのです。
 
 
◆ 純粋でない「悲しみ」とは?
 
 激しく号泣するような「悲しみ」は、
 おそらく「怒り」がかなり混じっています。
 
 また、非常に辛い「悲しみ」には、自分を責める気持ち、
 即ち、「罪悪感」が混ざっていることもあります。
 
 本来、ただただ悲しくて静かに涙が流れる。
 それが、悲しみです。
 
 
◆ 引きずるというのは、どういうこと?
 
 引きずるというのは、感情の観点から言うと、
 罪悪感、怒り、寂しさ、不安、悲しみなどのネガティブな感情が、
 十分に感じられていないこと。感情に詰まりがあることです。
 
 すると、次の恋愛をしたときや、前の恋愛を思い起こさせるよう
 なものを見聞きしたときに、まだ解消されていないネガティブな
 感情が湧き上がってきます。
 
 純粋な悲しみ以外の感情を抱えている場合、
 感情の「詰まり」が発生しやすいのです。
 
 
 潜在意識はそれを分かっているので、
 次の恋愛に進めません。
 
 これが「ひきずっている」状態の正体です。
 
 
 
◆ まだ「好き」な場合はどう考えたらよいのでしょうか?
 
 実は、自覚症状として「まだ好きだから忘れられない」という
 場合には、感情の観点からいうと2種類あるように思います。
 
 ◇ひとつ目は「好き」と思いこんでいるけれど、
 実は「罪悪感」を感じているケース。
 
 私は彼に、十分に愛情を注いであげられなかった。
 やり残しがあるように感じていると、
 それが「好き」なのだと自己説得をしてしまうことがあります。
 
 この場合のテーマは「自分をゆるす」ことです。
 
 また、多くの場合、もっと過去にさかのぼると、やり残したこと
 が出てくることが多いです。
 
 もしかすると、両親に愛情を注いであげたかったのかもしれない。
 それは、気づかない限り「永久に終わらない償い」になります。
 
 
 ◇ふたつ目は、急に振られたようなケースでは、何が何だか
 分からないという気持ちになったような場合。
 
 こちらの場合は、実は勝手に「うまく行っている」と勘違いし、
 相手の本心を理解していなかったわけですから、
 
 それを理解することが、大切なステップになります。
 
 ・知らず知らずのうちに、相手を傷つける言動をしていたり、
 ・相手が隠してきた心の痛みに気づくことができなかったり、
 ・「優しい人」を選んだつもりが、「罪悪感が強く遠慮がちな人」
  を選んでしまっていて、急に身を引かれた(よくあるんです)
  ことが原因だったり。
 
 「理解」が解決のキーワードになります。
 
 
 
◆ ひとつの取り組みの仕方として・・・
 
 私が好きなのは、【ゆるしのワーク】を行うことです。
 自分をゆるすと、不思議なぐらい、他人にも優しくなれます。
 
 自分を責め続けながら他人を愛するというのは、
 原理的には不可能だと思います。
 (そういう「ごまかし」が上手な人もいますが)
 
 だから、自分をゆるす。
 
 
 すると、また、誰かを愛せる状態になります。
 
 
 ☆ゆるしのワークは、
 
 (主に子ども時代の)自分を目の前にイメージして、
 「悪くないんだよ」
 「よく頑張ったね」
 「優しい子だね」
 というゆるしの言葉をかけてあげるワークです。
 
 シンプルな割に、時に劇的な効果が上がることもある、
 私のセラピーでは定番のワークです。
 
 
  Pure Voice & Pure Heart ワークショップの、
 心を浄化して、キレイな心を手に入れるあづまのパートで、
 みなさんと一緒に実習していきます!
 >>> http://www.556health.com/sp/purevoice/
 
 
◆ 家族彫刻と組み合わせると、さらにパワーアップ
 
 実は、辛い出来事は癒しのためにある、という言葉があります。
 辛い出来事が起きたとき、それまで心の中に溜め込んできて、
 未解決になっていた色々な問題を、
 
 ?いっときは辛いけど?
 
 開いて、解決するチャンスだ、という考え方です。
 
 どうせなら、子ども時代の問題まで、
 一気に解決してしまいましょう。
 
 
◆ 人生脚本に気づくワーク(当日やります)
 
 交流分析に「人生脚本」という概念があります。
 
 曰く、
 
   人は2?3歳頃までに、自分がどんな人生を歩むか、
   その青写真(=人生脚本)を心の中に作り、
 
   意志の力で別の人生を生きようとしても(=対抗脚本)、
   結局元の人生脚本に引き戻されてしまう。
 
 だそうです。
 
 前世療法で現れる人生のストーリーなども、
 この「人生脚本」が見えているのかもしれないと
 私は推測しています(前世を信じている方、すいません)。
 
 
 そして、幼少期の家族の関係の中で、人生脚本が作られる。
 私はこの説を支持しています。
 
 
 人生脚本を明らかにする方法のひとつとして、
 【家族彫刻を描く】ことが有効です。
 
 紙に四角い部屋を描いて、その中に
 子ども時代の家族のメンバーを描き入れていきます。
 
 直感を信じて、
 距離感を距離で、存在感を大きさで表現していきます。
 
 
 孤独な人生を歩んでこられた方に、
 家族彫刻を描いていただいたら、
 
 真ん中に自分がぽつんといるだけ。
 
 という絵を描かれました。
 
 そうです。その方は子どもの頃の家族関係(=自分一人で孤独)
 通りの人生を大人になっても歩んできたのです。
 
 ※「家族彫刻」は池田登氏の「脳が作り出した人生のストーリー」
  (自費出版)に記載されています。 (家族彫刻の例
 
◆ ここからは、スキルが必要です。
 
 気づくところまでは一人で作業してもできるのですが、
 そのあと、ゆるしのワークを試みます。
 
 なぜかというと、子どもは、寂しさとか、不安とか、ネガティブ
 な感情を発散するのが本来得意なのですが、
 
 罪悪感(私は悪い子。だから気持ちを感じてはいけない)がフタ
 をすると、感情の整理が進まなくなるのです。
 
 
 すると、子ども時代の「家族彫刻」が心の中で固定的になる。
 
 これを解消して行くには、「過去の自分をゆるす」ことが
 とても有効です。
 
 
 いままで、ゆるしのワークは、
 恋愛セラピー、癒しのセラピスト養成講座、他のワークショップ
 などで実習してきましたが、
 
 【誘導がうまくないと、全然効果がない】
 ことが分かっています。
 
 私は500回以上実践していますから、体が覚えていますが、
 
 見よう見まねでやってみると、結構難しいようです。
 
 
 そこで、
 PureVoice&PureHeartワークショップでは、
 私が皆さん全員を相手に、誘導瞑想的にワークを行います。
 
 
★3/14(日)渋谷にて、
 ボイストレーナーの濱田真実さんとのコラボセミナー。
 
 「春の出会い・恋愛・幸運を引き寄せる
  Pure Voice & Pure Heart ワークショップ」
 
 ・キレイな声を手に入れる、真実さんのパートと、
 ・心を浄化して、キレイな心を手に入れるあづまのパート。
 
 >>> http://www.556health.com/sp/purevoice/
 
 
 ↑
 新しい出会いの時期の前に、
 声も心もキレイ♪ にして、準備しておきましょうね!
 
 
 
 真実さん。
 こんなお答えでよかったでしょうか。
 
 
 
 
★ 恋愛セラピー 早めに取り組みましょうね!。
 http://www.556health.com/order.html
 
 
★ 今後のセミナー予定
 
・3月末に、理想の結婚相手を引き寄せるための、
 ワークショップを開催します。募集開始をお待ち下さい。
 
・4月上旬頃、HUG&ACTシリーズで、テキストのない、
 当日集まった方の悩みに応じて臨機応変に行う、
 グループセラピー形式のワークショップを企画中です。
 
・4月から、癒しのセラピスト養成講座、開講します。
 
 
◆編集後記
 
 知花の咳が治りません。
 昨晩はほんと辛そうで・・・(涙)
 
 私も昔、風邪のあとの咳が長引いて、辛かったので、
 昨晩は胸が痛かったです。(←比喩です。私は元気です。)
 
 このあと、医者に連れて行くことにしました。
 
 
 
 そういえば、最近宣伝してませんでしたが、
 幸せな★恋愛☆結婚☆人間関係★を引き寄せる
 愛の永久磁石になる方法 (DVD)
 http://www.556health.com/sp/dvd.html
 インナーチャイルドのワークが泣けると評判です!
 
┏━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━┓
 応援ありがとう!まぐまぐ殿堂入り! 祝!21000部
 ◆女と男の「心のヘルス」?癒しの心理学
 ◆ご意見、ご感想お待ちしています。このまま返信!
 ・頂いたメールは、事前確認なく掲載することがあります。
 ・お名前はイニシャルにします。
 ・メール相談は行っていません。また、多数のメールを頂くた
  め、個別の返信はできないことがございます。
 
 もっと幸せな恋愛・結婚生活・人間関係を求める方に情報提供
 をするのが本誌の目的です。ご自身の責任にてご活用下さい。
 
 ◆制作:阿妻靖史(あづま やすし 恋愛セラピスト)
 ◆自己紹介はこちらです↓(声の自己紹介があります!)
  http://www.556health.com/archives/2005/07/post_5.html
 ◆登録・解除: http://www.mag2.com/m/0000164141.html
  (解除依頼は受けていません。ご自分でお願いします)
 ◆ウェブサイト http://www.556health.com/
 
 このメルマガは自主的な登録によってのみ登録になります。
違法なアドレス収集は一切行っていません。
 
 ★ご友人への転送は歓迎です。メルマガ全文をお願いします★
 このメルマガの著作権は発行者であるあづまやすしに属します。
 無断転載を禁じます。転載は【事前に】お申し出下さい。
┗━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━┛


 

「【ココヘル445】失恋を引きずっている人はどうしたらいい?」への2件のフィードバック

  1. はじめまして。june15です。
    失恋して出口を探しているところでこのページを見つけ、コメントさせていただきました。
    自分が考えていることが恥ずかしくて、でも誰かに聞いて欲しくて、書き込みをさせていただきました。
     
    彼と別れたのは4ヶ月程前になります。
    別れのきっかけは、私が自分の不安に負けてしまい、感情的になって「別れよう」とメールしてしまったことです。
    彼からは返信がなく、2?3日後に電話してみたところ、切られてしまったのが最後です。
     
    振り返ってみると、自分に自信がもてず、いつも不安になっていました。
    彼にも「俺のこと信用してないよね。」と言われたことがあります。
    当時は言われていることの意味がわからなかったのですが、今考えればそうだったのかもしれません。
    もちろん原因は彼にはありませんが、そのことが彼を傷つけてしまっていたかもしれないと思います。
     
    彼のことが忘れられない原因を自分なりに考えてみました。
    ・自分の思うように彼を愛せなかったこと(お付き合いするのは初めてでした)
    ・最後に彼に気持ちを聞けなかったこと
    ・彼に仲直りしたいという気持ちすら伝えられなかったこと
     
    恥ずかしいのですが、4ヶ月もたっていて、頭ではもうダメだって思うのに、「誤解されたままなのではないか」「伝えれば変わるかも知れないのでは」と、どこかでまだ期待しているんだと思います。
    彼に「もう無理だよ」と言って欲しくて、連絡しようとも考えました。
    でも、彼は前に進んでいると思うと、怖さや申し訳なさでそこに踏み込めません。
    自分もちゃんと前に進みたいのに、同じところを回ってしまっているようです。
     
    そこで、本文中にある
    ・「罪悪感」を感じているケース
    ・急に振られたようなケース
    について読ませていただき、まさにどちらもだな!と感じてしまいました。
    「自分を責めてはいけない」と言いますが、許すって本当に難しいですね。。。
     
    お話させていただき、ありがとうございます。
    ちょっと楽になった気がします。

  2. はじめまして。june15です。
    失恋して出口を探しているところでこのページを見つけ、コメントさせていただきました。
     
    彼と別れたのは4ヶ月程前になります。
    別れのきっかけは、私が自分の不安に負けてしまい、感情的になって「別れよう」とメールしてしまったことです。
    彼からは返信がなく、2?3日後に電話してみたところ、切られてしまったのが最後です。
     
    振り返ってみると、自分に自信がもてず、いつも不安になっていました。
    彼にも「俺のこと信用してないよね。」と言われたことがあります。
    当時は言われていることの意味がわからなかったのですが、今考えればそうだったのかもしれません。
    もちろん原因は彼にはありませんが、そのことが彼を傷つけてしまっていたかもしれないと思います。
     
    彼のことが忘れられない原因を自分なりに考えてみました。
    ・自分の思うように彼を愛せなかったこと(お付き合いするのは初めてでした)
    ・最後に彼に気持ちを聞けなかったこと
    ・彼に仲直りしたいという気持ちすら伝えられなかったこと
     
    恥ずかしいのですが、4ヶ月もたっていて、頭ではもうダメだって思うのに、「誤解されたままなのではないか」「伝えれば変わるかも知れないのでは」と、どこかでまだ期待しているんだと思います。
    彼に「もう無理だよ」と言って欲しくて、連絡しようとも考えましたが、彼は前に進んでいると思うと、怖さや申し訳なさでそこに踏み込めません。
    自分もちゃんと前に進みたいのに、同じところを回ってしまっているようです。
     
    本文中にある“「罪悪感」を感じているケース”と“急に振られたようなケース”について読ませていただき、まさにどちらもだな!と感じてしまいました。
    正直なところ、「嫌いなら嫌いって言ってよ!最後に話くらいさせてよ!」と、彼に怒りを感じている部分もあるんだと思います。
    でも、その状況を作り出したのも私なんですよねーなんか悔しい!笑
    「自分を責めてはいけない」と言いますが、責めたくなるところがいっぱいです。
    許すって本当に難しいですね。。。
     
    自分が考えていることが恥ずかしくて、でも誰かに聞いて欲しくて、書き込みをさせていただきました。
    お話させていただき、ありがとうございます。

コメントは受け付けていません。