【ココヘル448】ジュン「出会った頃はステキに見えたのに…」

 

◆女と男の「心のヘルス」?癒しの心理学 448号 2010.3.16
 
 あづまです。こんにちは。
 いつも読んでくださってありがとうございます。
 
 あなたの人生に安心と自信と自由がありますように☆
 そして、あなたらしい生き方ができますように☆☆
 
 
 先日の、PureVoice&PureHeartワークショップは、
 ほんと盛り上がって楽しかったです。
 (ねっ! >参加したあなたへ)
 
 また企画しますので、今回都合が合わなかった方は、
 次回にぜひぜひ。
 
 
 さて。ちょっと久しぶりになってしまいましたが、
 ジュンの物語、はじまりはじまり?
 
■登場人物
 ジュン 主人公。ツイテナイ恋愛からどう抜け出したのか?
 サタケン 主人公の親友。色々相談に乗っていた。
 タケシ ジュンの元彼。DV男。
 
 チハル&アキオ ジュンの友達。この二人の関係は?
 
 あづま 恋愛セラピスト
 
 
 
「そういえばジュンは、暴力的な彼との交際で悩んでいて、
 私も色々相談に乗ったんですが・・・」
 
 サタケンが、あづまに話しかけてきた。
 ジュンは、サタケンには色々相談をしていたのだった。
 
 
◆当時のこと・・・
 
「なあ、ジュン。ちょっと専門家に相談してみたら?」
 
 長い沈黙のあと、サタケンが口を開いた。
 
「うん・・・自分一人では決心がつかないかも・・・
 あのね、こんな彼でも、昔はよかったから・・・」
 
 
◆タケシと出会った頃・・・
 
 その頃ジュンは、何人もの男性と出会っては別れてを繰り返して
 いた。だから、ちゃんと長くつきあえる男と出会いたいと思って
 いた。
 
 職場の配置転換もあり、新しく出会った同僚の女性が合コンを
 セッティングしてくれるというので、ジュンも参加したのだった 。
 
 
 タケシとは、そうしてセッティングしてもらった、ちょっと
 おしゃれな和風の居酒屋で出会った。
 
 体つきも声も力強く、とても男らしいタケシとは、普通の会話し
 か交わさなかったのだが、帰り際、彼が重たい入口のドアを開け
 てくれたとき
 
  ―今思うと自分はかなり単純だと笑ってしまうのだが―
 
 幸せへの扉が開いたように感じたのだった。
 
 
 結局、いわゆる「お持ち帰り」になってしまったのだが、二人で
 カフェに移動して、色々なことを語り合った。彼はコンピュータ
 システムのやり手の営業で、会社でガンガン業績を上げている話
 を聞かせてくれた。
 
「先月、F社のシステムとの導入競争に勝ったんだよ。奴ら、十人
 もの営業を送り込んできたらしいけど、こっちは俺一人。負けた
 ら終わりだと思ったら、俄然闘志が湧いてきたよ。」
 
 熱く語る彼の目力に、ジュンは惹かれていった。
 
 
・・・
 
 ジュンは、サタケンに言った。
 
「今思うとね、彼の会話には、「勝つ」「負けたら終わり」「闘志」
 など、勝負の駆け引きとか勝ち負けにこだわる言葉が多かったの
 ね。彼はどうも人を信じていないところがあって、勝ち負けだけ
 が人生だと思っていたみたい・・・」
 
 サタケンはこう問いかけた。
 
「出会ったときは、そんな彼が素敵に見えたんでしょ?」
 
「うん・・・私はそういう強さがないから、憧れたんだと思う。」
 
「でも、彼のその強さが、今はジュンを悩ませているんだよね?」
「うん・・・」
 
 
◆タケシと出会ってから二か月目・・・
 
「うるさいな。いちいち指図するな!」
 
 ジュンは誰かが「豹変する」という言葉を知ってはいたが、
 まさか自分が目の当たりにするとは想像もしていなかった。
 
 
(つづく)
 
 
 人生において、パートナー選びは、職業選びよりも難しい。
 私はそう感じています。
 
 私たちは、あまり深く考えずに、パートナーを選んでしまいます。
 でも、本当は仕事以上に真剣に取り組む必要があるはずです。
 
 「あなたの理想の相手はどんな人?」
 「やさしい人」
 
 こういう答えをしてしまう人は、要注意です。
 
 
 だれでも、
 ・こういう要素は絶対に持っていてほしい
 ・こういう要素があったら絶対にイヤだ
 
 といった「相手に望むこと」を【必ず】持っています。
 
 1年や2年は我慢できても、
 10年、20年と経ってくると、
 「こんなはずじゃなかった」
 そう思うわけです。
 
 
 また、なんとなく直感で相手を選んだ場合、
 
 過去の感情に基づいて相手選びをしてしまうこともあります。
 このページで紹介している、「ジュン」のような経歴を持った
 女性も、なんとなく直感で相手選びをしていたのですが、
(このページ→ http://www.556health.com/sp/konkatsu100/ )
 
 その「なんとなく直感」で選んだ結果、
 本当に必要な相手ではなくて、母親のような「重たい愛情」とは
 正反対の相手を選んでいたのでした。
 
 その結果、求めている愛情をくれない「冷たい」感じの彼とばか
 り交際することになってしまい、いつもうまく行きませんでした。
 
 
◆直感に自信がある方は、そのままでOKです。
 
 既に直感で相手を選んで、うまくいっているという方は、
 そのまま今の関係を大切にしていって下さいね。
 
 
◆ベストパートナーを見つけづらい時代だからこそ、この方法!
 
 今の日本のように、価値観が多様化すると、親世代のように
 「稼いでくれる男なら誰でもいい」とは言えなくなります。
 
 やはり、自分にぴったりの相手を見つける必要があるのです。
 
 しかも、男性も、女性が自分に何を求めているのか、
 多様化した価値観の中では、分からなくなっているのです。
 
 
 これは、社会が成熟したということで、いいことでもあります。
 
 しかし同時に、自分で、「私はこういう人がほしい!」と声を
 上げなければ、自分にぴったりの相手が見つからないということ
 でもあるのです。
 
 
 現代だからこそ、必要になった、
 自分の理想の結婚、自分の理想のパートナーを明らかにする作業。
 
 直感でそれができる人は、「なんとなく」でうまく行きます。
 
 でも、もし直感が外れていたら・・・
 
 結婚が、【人生をかけた大バクチ】になってしまいます。
 
 
 そうならないためには、
 自分の理想の結婚のイメージ、理想のパートナーのイメージを、
 しっかり作ることが大切です。
 
 しかもそのとき、子ども時代に母親にきつく叱られて、叱られる
 のがもう嫌だから、キツイことを言わない人を選ぶ、みたいに、
 
 【過去の感情に振り回されて】相手選びをしてしまうと、
 
 バランスが崩れて、
 キツクない、やさしい人を選んだはずが、人に意見を言えない弱
 い人を選んでしまっていて、
 
 (旦那が頼りないから!)あれほど嫌いだった母親みたいに
 他人に小言を言う役割を、自分がやる羽目になってしまった
 
 なんてこともあるわけです。
 
 
 だから、
 自分の理想の結婚のイメージ、理想のパートナーのイメージを、
 しっかり作るときに、
 
 その条件が「心の底から必要な要素なのか」
 
 それを深く自問する必要があります。
 
 
 
 
◆編集後記
 
 とりあえず、希望を書くだけ書いておきます。
 あのね、真実さんのボイストレーニングをグループレッスンで
 受けに行こうかと思っているんですが、
 (このレッスン>>> http://koetokokyu.com/ )
 
 要するに「一緒に行ってくれる人」「子供を預かってくれる人」
 を募集したいのです。
 
 私と、妻と、それからあと2名ぐらい集まれば、
 グループレッスン価格で受けられますので、受けたいな、と。
 
 そして、子供を預かってくれる人(手当てを出そうと思ってます)
 がいてくれると、すごくありがたいです・・・
 
 具体的に子供はどこにいてもらうのかとか、
 細かい話は何も考えていないのですが・・・
 
 今後、託児付きのセミナーなども考えたいと思っているので、
 まずは、こういう形で始めてみるのもいいかなと思って。
 
 
 
 
┏━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━┓
 応援ありがとう!まぐまぐ殿堂入り! 祝!21000部
 ◆女と男の「心のヘルス」?癒しの心理学
 ◆ご意見、ご感想お待ちしています。このまま返信!
 ・頂いたメールは、事前確認なく掲載することがあります。
 ・お名前はイニシャルにします。
 ・メール相談は行っていません。また、多数のメールを頂くた
  め、個別の返信はできないことがございます。
 
 もっと幸せな恋愛・結婚生活・人間関係を求める方に情報提供
 をするのが本誌の目的です。ご自身の責任にてご活用下さい。
 
 ◆制作:阿妻靖史(あづま やすし 恋愛セラピスト)
 ◆自己紹介はこちらです↓(声の自己紹介があります!)
  http://www.556health.com/archives/2005/07/post_5.html
 ◆登録・解除: http://www.mag2.com/m/0000164141.html
  (解除依頼は受けていません。ご自分でお願いします)
 ◆ウェブサイト http://www.556health.com/
 
 このメルマガは自主的な登録によってのみ登録になります。
違法なアドレス収集は一切行っていません。
 
 ★ご友人への転送は歓迎です。メルマガ全文をお願いします★
 このメルマガの著作権は発行者であるあづまやすしに属します。
 無断転載を禁じます。転載は【事前に】お申し出下さい。
┗━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━┛