【ココヘル454】ジュン「SとN。共依存の磁石」

 

◆女と男の「心のヘルス」?癒しの心理学 454号 2010.4.2
 
 あづまです。こんにちは。
 いつも読んでくださってありがとうございます。
 
 あなたが、あなたらしく、ステキに輝けますように☆
 
 
 ★なななんと、4/10まで、恋愛セラピーの極意が1000円で!?
 ★ダウンロード音声セミナー【恋愛セラピーの極意】
 >>> http://www.556health.com/sp/lt-gokui/
 
◆このセミナーが役立つ人
 
 ■他人の悩みの相談に乗りたい人
   ☆癒しのセラピスト養成講座を受ける前に、
    あづまの考えを知りたい人
   ☆恋愛や、人間関係改善に対する、
    恋愛セラピストの考えを知りたい人
   ☆将来、人間関係の相談を受ける“相談業”につきたい人
   ☆現在、カウンセラーなどの“相談業”をしている人
   ☆プロは目指さないが身近な友人の相談に乗る機会が多い人
 
 ■自分の恋愛に、知識を活かしたい人
   ☆なかなか彼氏が出来ない原因を自己分析したい人
   ☆別れの後の心の痛みがなかなか癒えない人。
    執着が手放せない人
   ☆パートナーの浮気・借金など、
    相手の「問題行動」に対処するための、
    はじめの一歩の行動、考え方の原則を知りたい人
 
 ■その他、こんな人にもお勧めです。
   ☆単純に、あづまのセミナーを聴いてみたい人
   ☆人間や、人間関係について勉強したい人
 
 
 こちらから、お申し込みいただけます。
 
 ★ダウンロード音声セミナー【恋愛セラピーの極意】
 >>> http://www.556health.com/sp/lt-gokui/
 
 (銀行振込、クレジットカード対応です)
 
 
◆ 「きく」にも2種類ある。
 
 カウンセリングでよく言われるのは、
 なんとなく「聞く」のではなくて、
 意識的に「聴く」ことが大事。
 
 傾聴のスキルが大事ですよ、ということ。
 
 
 でも、もう一種類大事な「きく」があるのです。
 
 それが「訊く」。
 
 質問をするということです。
 
 
 単に「聴いて」いると、相談者は、延々と愚痴をこぼし続けたり、
 あまり問題と関係ない話をずっと続けてしまったりと、
 
 的が絞れていない話になりがちです。
 
 
◆ そこで必要なのが、「訊く」ということ。
 
 適切なときに、適切な質問を投げかける。
 これができないと、カウンセリング自体が迷走します。
 
 的を射たカウンセリングの組み立てを教えています。
 http://www.556health.com/archives/2010/03/post_458.html
 
 
 解決志向ブリーフセラピーでは・・・
 「ミラクルクエスチョン」と言われる質問があります。
 
  『もしあなたが、朝起きたら、奇跡が起きていて、
   今抱えている全ての問題が解決していたとしたら、
   どんな一日になっていると思いますか?』
 
 こんな質問です。
 色々な考えが出てきますので、楽しんでやってみてください。
 
 
 ところが、私は、この質問よりも、
 もっと大事にしている質問があります。
 
 それは・・・
 http://www.556health.com/archives/2010/03/post_458.html
 
 
◆ 聴く+訊く。
 
 相談者の気持ちや考えに、耳を傾ける「聴く」。
 こちらから適切な質問をする「訊く」。
 
 ふたつの「きく」を使いこなしてください。
 
 こちらの講座で、一緒に学んでいきましょう。
 
 ★癒しのセラピスト養成講座 2010年4月期募集中です。
 http://www.556health.com/archives/2010/03/post_458.html
 
 
 
■ ジュンの物語
 
■登場人物
 ジュン 主人公。ツイテナイ恋愛からどう抜け出したのか?
 大介 主人公の結婚相手。
 サタケン 主人公の親友。色々相談に乗っていた。
 タケシ ジュンの元彼。ダメンズその1。DV男。
 
 チハル&アキオ ジュンの友達。この二人の関係は?
 
 あづま 恋愛セラピスト
 
 
 
◆ やっぱり専門家に。
 
 しばらく沈黙があったあと、サタケンが言った。
 
「そうか。彼の中に優しさを見るから、別れられないんだね。」
「うん・・・」
 
「でも、今のままでいたいわけではないんでしょ?」
「うん。」
 
「やっぱりジュン、専門家に相談してみなよ。」
「うん・・・」
 
 
◆ 披露宴会場にて。
 
 少し酔いが回ってほんのり赤くなっているサタケンに、
 あづまが言った。
 
「そうですか、ジュンさんはセラピーの時に、誰か男性の方に相談
 に乗ってもらっていたとおっしゃっていました。佐竹さんだった
 んですね。
 
 ジュンさんの変化が早かったのは、セラピーの効果もありますが、
 支えてくれる佐竹さんがいらっしゃったことも大きな要素ですね。」
 
 
◆ あの日、セラピールームで・・・
 
「・・・ところで、ジュンさんは
 『怒ってはいけない』とか思っていませんか?」
 
 
「え?」
 
 
 ジュンは核心を突く質問をされて、一瞬息が止まった。
 
「確かに・・・怒るのは苦手かもしれません。」
 
「ちょっとね、よくある人間関係を図解しますね。」
 あづまは、ホワイトボードにSとNの文字を書いた。
 
「人間を大きくふたつのタイプに分けます。
 片方がS。『犠牲』の頭文字で、犠牲的な人です。
 もう一方がN。『依存心』の頭文字で、依存的な人です。
 
 Sタイプ、犠牲的な人のキーワードは、
 頑張る、頼れない、ハードワーク、罪悪感、
 トラブルが起きると自分を責める、というものです。
 
 ジュンさんは、こっちのタイプですよね?」
 
 
「はい。間違いなくそうです。」
 ジュンは苦笑しながら答えた。
 
 
「一方、Nタイプ、依存的な人のキーワードは、
 すぐ人に頼る、頑張れない、無力感が強い、
 
 ドラえもんのジャイアンみたいに力で従わせるタイプと、
 ルパン三世の峰不二子みたいに甘えるタイプがいる、
 
 そして、何かトラブルが起きると相手を責める人が多い。
 
 それでね、とても大事なことなんですが、SタイプとNタイプが
 くっついてしまうことが多いんですよ。
 
 典型的なSと典型的なNがくっついたものが共依存です。」
 
 
◆ 怒らないと攻撃される!?
 
「そうなんですか・・・
 私が怒らないから、彼が私に怒るんですか?」
 
「それもあります。ジュンさんは、自分の怒りの感情に
 フタをしていたりしませんか?」
 
「はい。怒ることはいけないことだと思っていました・・・
 でも!彼みたいに怒るのがいいとは思えません!」
 
「そうですよね。実は、すぐに相手に怒りをぶつけてしまう人は、
 腹の底でしっかり怒ることができていない人なんです。
 
 『怒る』というのは、自分の心の中の出来事です。」
 
「はい・・・」
 ジュンはあづまの言葉がよく分からなかった。
 
 
◆ 披露宴会場にて。既婚者のサタケンが質問されて・・・
 
「あのさぁ、サタケン。結婚て、二人でいるときはいいけど、
 子供が出来たら大変じゃない?責任も重いしさ。」
 
 チハルがサタケンに尋ねた。
 サタケンは既婚で、既に男の子二人がいる。
 
「確かに生活をしっかり守っていかなければいけないという意味で
 は責任はあるけど、何か自己犠牲したり、自分の幸せをなげうっ
 て子供のために尽くすみたいなのとは違うんだよなぁ・・・
 
 あづまさん、この感覚分かりますか?」
 
「はい。私は常々、最高の教育とは、親が
 『色々あるとしても、人生は楽しんでいいもの』ということを、
 
 身を以て示すことだと言ってきましたが、そういうことですよね?
 親も楽しく、自分らしく生きることが子供のためにもなるという・・・」
 
 
「そう!そうです。『責任』と言うと『自分を犠牲にして』という
 ニュアンスが漂うんですけど、そうじゃなくて、人生を堂々と
 楽しむというか、楽しいことをしてもいいんだよということを
 身を以て教えるというか。
 
 それだって大事な『責任』じゃないかと思うんですよね。」
 
 
「楽しむことが責任を果たすこと・・・
 なんかまだ分からないなぁ。」
 
 チハルがつぶやいた。
 
 
(つづく)
 
 楽しむことが責任を果たすこと?
 すぐキレる人は、ちゃんと怒っていない?
 
 ふたつの概念が、意外な形で関連し合い、
 ひとつの真理にたどり着く。
 
 この謎解きは、次回以降・・・
 おたのしみに。
 
 
 ★なななんと、4/10まで、恋愛セラピーの極意が1000円で!?
 ★ダウンロード音声セミナー【恋愛セラピーの極意】
 >>> http://www.556health.com/sp/lt-gokui/
 
 
 ↓もっと本格的に学びたい方はこちら↓
 
 ★心理学、どうせ学ぶなら、がっちり学んだ方が身につきます。
 
   ↓↓  ↓↓  ↓↓  ↓↓  ↓↓  ↓↓  ↓↓
 
 ★癒しのセラピスト養成講座 募集中です
  潜在意識の浄化「癒し」と
  目の前の人間関係の改善のための「行動」
  これを両輪とするHUG&ACTメソッドを余すところなく
  お伝えする、充実の心理学講座です。
 
  今期のお申し込みは、こちらのページよりどうぞ!
  http://www.556health.com/archives/2010/03/post_458.html
 
 
◆編集後記
 
 昨晩、友里椛の本性が現れる、出来事がありました。
 
 実は明日妻が着るドレスを一緒に選びに行っていたのですが、
 (友人の結婚式のため)そのおかげで一日中友里椛は抱っこ。
 元々動きたがりの彼女は、運動不足で眠れず・・・
 
 夜に、私が布団のそばにいたら、起き出してきて、私の周りを
 25周も嬉々としてハイハイして・・・最後は疲れてつぶれて
 ましたが・・・でも楽しそうでした。
 
 日課のトレーニングが終わって、眠りにつきました(爆)
 
 
 
 ★ダウンロード音声セミナー【恋愛セラピーの極意】
 >>> http://www.556health.com/sp/lt-gokui/
 
┏━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━┓
 応援ありがとう!まぐまぐ殿堂入り! 祝!21000部
 ◆女と男の「心のヘルス」?癒しの心理学
 ◆ご意見、ご感想お待ちしています。このまま返信!
 ・頂いたメールは、事前確認なく掲載することがあります。
 ・お名前はイニシャルにします。
 ・メール相談は行っていません。また、多数のメールを頂くた
  め、個別の返信はできないことがございます。
 
 もっと幸せな恋愛・結婚生活・人間関係を求める方に情報提供
 をするのが本誌の目的です。ご自身の責任にてご活用下さい。
 
 ◆制作:阿妻靖史(あづま やすし 恋愛セラピスト)
 ◆自己紹介はこちらです↓(声の自己紹介があります!)
  http://www.556health.com/archives/2005/07/post_5.html
 ◆登録・解除: http://www.mag2.com/m/0000164141.html
  (解除依頼は受けていません。ご自分でお願いします)
 ◆ウェブサイト http://www.556health.com/
 
 このメルマガは自主的な登録によってのみ登録になります。
違法なアドレス収集は一切行っていません。
 
 ★ご友人への転送は歓迎です。メルマガ全文をお願いします★
 このメルマガの著作権は発行者であるあづまやすしに属します。
 無断転載を禁じます。転載は【事前に】お申し出下さい。
┗━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━┛
 
 
 ★心理学、どうせ学ぶなら、がっちり学んだ方が身につきます。
 
   ↓↓  ↓↓  ↓↓  ↓↓  ↓↓  ↓↓  ↓↓
 
 ★癒しのセラピスト養成講座 募集中です
  潜在意識の浄化「癒し」と
  目の前の人間関係の改善のための「行動」
  これを両輪とするHUG&ACTメソッドを余すところなく
  お伝えする、充実の心理学講座です。
 
  今期のお申し込みは、こちらのページよりどうぞ!
  http://www.556health.com/archives/2010/03/post_458.html