【ココヘル489】本能と社会の狭間で葛藤する私たち

 

◆女と男の「心のヘルス」?癒しの心理学 489号 2010.8.27
 
 あづまです。こんにちは。
 いつも読んでくださってありがとうございます。
 
 まず始めに、お知らせをします。
 
 ↓こちら、NOを言う。それを中心に据えた、
  コミュニケーション講座です。
 
  自分と家族を守り、生きていくためには、
  ちゃんと言うべき時に「NO」が言えないとダメなの。
 
  しかも、相手と険悪にならない言い方で。
 
  それを、ロールプレイで、実践的に練習します。
  メンタルブロックがある(言うのが怖いなど)場合にも、
  その外し方を伝授します。
 
 
★ HUG&ACTワークショップ
 
 9/4(土)5(日)でHUG&ACTワークショップを開催。
 場所は、北区滝野川会館。最寄り駅は駒込/上中里です。
 
 このシリーズは色で内容を分けているのですが、
 今回はGOLD(基本2)です。
 
 今回初めて開催するテーマなので、定員は4名とします。
 
 どなたでも参加できます。
 テーマとしては「NOを言う」がメインです。
 
 HUG&ACT“GOLD”の目的は以下のとおりです。
  ☆嫌なことをイヤと言える
  ☆相手を大切にしながらNOと言える
 
 NOと言えない典型的な理由は、
  ☆「言ったら嫌われてしまうかも」という怖れが強い
  ☆相手の気持ちばかり優先してしまう心のクセがある
  ☆単なる練習不足
 などがあります。
 
 これらの、様々な原因に対応して、本講座では、実践形式で
 「断る練習」のロールプレイをすること(行動:ACT)と、
 
 心のブレーキを外すこと(癒し:HUG)を車の両輪のように
 どちらも大切にして、とり組んでいきます。
 
 なお、GOLDの名前は、自分を守るワークで、金色のオーラを
 まとうイメージをするので、イメージカラーとして選びました。
 
 言いたいことが言えない関係を続けていると、その場は丸く収まっ
 ても、長い目で見ると対人関係の歪みが修復不可能な問題に発展
 します(夫婦だと浮気・病気・お金などで表面化する)。
 
 風通しのよい人間関係のために、まず一歩を踏み出しましょう!
 一緒にとり組めば、心強いし、自己流よりも効果的です。
 
 ※講座内容はより良くするため変更することがございます。
 ■一日目
 ・自己紹介?オリエンテーション等
 ・「ありがとう」を言う/受け取るワーク
 ・NOを言おう!(アサーティブに断る練習:ロールプレイ)
 ・確固たる居場所を感じるための「ゆるしのワーク」
   (Blue講座とはと別バージョン)
 ■二日目
 ・相手が怖いときに有効な、自分を守るイメージワーク
 ・NOを言える自分になる「暗示の瞑想」
 ・より面倒な相手にNOを言うワーク(ロールプレイ)
 ・自分の味方を引き寄せる心理学的ヒケツ♪
 ・学び・気づきのシェアタイム
 
 詳しくは
 http://www.556health.com/sp/hugandact/gold.html
 
 
 
◆ さて、本文です。
 
 今回のテーマは、
 私たちは、進化の過程で獲得した「本能」と、
 進化のスピードよりはるかに速く変化した「社会」の狭間で、
 
 葛藤している、というお話です。
 
 特に、恋愛や男女関係では、そのギャップが問題化します。
 
 
 最近、ツイッターでつぶやいているのですが、
 http://twitter.com/azmax777/
 
 
 反響があったつぶやきについて、
 深く掘り下げてみたいと思います。
 
 もともとは、こんなつぶやきでした。
 
 (彼氏ができない女性や、いい男が現れないという女性向け)
 私は、寂しさや、甘えたい気持ちを表現しているだろうか?
 現代女性は、大自然の中で進化した「男に守ってもらいたい」
 欲求と、現代社会での頼らない生き方の狭間で葛藤している。
 時には感情を大切にしよう。
 http://twitter.com/azmax777/status/21905667875
 
 
◆ 本能と理性と、人類の進化
 
 私たち人類は、進化の中で培った「本能」「感情」と、
 進化では間に合わない、環境の速い変化に対応するための
 「理性」「判断力」を持っています。
 
 
 ちょっと、人類の進化について書きたいと思います。
 
 
 私たちの恋愛感情と、人類の二足歩行が、深く関係していると
 言ったら驚くでしょうか?
 
 私たちは、二本足で歩くために、恋愛が必要になったのです。
 
 まるで、風が吹けば桶屋が儲かる的な因果関係に聞こえますが、
 桶屋よりは、よほど原因と結果がしっかりしています。
 
 
◆ 恋愛感情が生まれた理由
 
 およそ500万年ぐらい前に、人類の祖先は、
 樹上生活から、サバンナに降り立ったと考えられています。
 
 木から降りて、二足歩行するようになったのです。
 
 果物や木の実中心の食生活から、狩りもするようになり、栄養価
 の高い食物を得て、脳が大きく発達するようになりました。
 
 重い脳を支えるのに、直立二足歩行は適していました。
 
 
 こうして、良いことづくめに見える、人類の進化ですが、
 実は一つ困ったことがありました。
 
 
 それは、直立したことで、骨盤が小さくなり、一方で、脳は大き
 くなったので、難産になったことです。
 
 
 いや、もう少し正確に言うと、体が十分に大きくなってから生ま
 れる、他の動物に比べ、ギリギリ生き延びられる「未熟」な段階
 で生まれてしまうようになったのです。
 
 
 生まれたらすぐに立ち上がるシマウマなどの動物と比べ、
 人間は、大人について歩けるようになるまで3年はかかります。
 
 お世話してあげなければ、赤ん坊や幼児は生きられないですから、
 その間、母親はかなりの育児負担を強いられます。
 
 
◆ だから恋愛感情は進化した
 
 だから、人類は恋愛感情を進化させ、
 
 好きな女のために、狩りをして養う男と、
 それを当てにして受け取る女、
 
 というペアが生まれたのです。
 
 
 恋愛感情が3年で冷めることは科学的に証明されていますが、
 子供が一応シマウマの赤ん坊並みに動けるようになるのが3歳
 ということと、関係あると(私は勝手に)考えています。
 
 メスだけが育児をするほとんどの哺乳類と異なり、
 人類は珍しく、オスが関わります。
 
 
 法律も社会制度もなかった大自然の中で、男女が協力し合うため
 には、「感情の力」を進化させるしかありませんでした。
 
 
 つまり、男は「役に立てた」ときに喜びを感じ、
 女は「守ってもらえた」「助けてもらえた」ときに喜びを感じる。
 
 
◆ 大自然の中では、死活問題になる、こんな恋愛
 
 セックスだけして、やり逃げする男性を好きになってしまえば、
 サバンナでは死活問題です。
 
 だから、女性は恋愛感情が開く際に、
 
 「この人は私に何をしてくれたか」を無意識レベルで記憶し、
 一定量の「喜び」を与えてくれたら、好きになる、
 というメカニズムがあるようだということが、わかっています。
 
 ※脳科学的には、女性のみ、恋愛時に記憶に関わる部位が活性化
  するということが分かっています。
 
 
 体験的には、色々してもらううちに相手のことを好きになってし
 まった、そういう経験をされている女性の方は多いのではないで
 しょうか。
 
 
 逆に、結婚式の準備を手伝ってくれなかった旦那のことを
 ずっと恨みに思ってしまったり、
 
 一番大きいのは、妊娠・出産時に何も協力してくれなかった夫に
 腹が立ったり、諦めて距離を感じてしまったという女性は多いの
 ではないでしょうか。
 
 過去に、その人が自分に何をしてくれたか、逆に期待を裏切られ
 たことは何か、それをしっかり記憶しているのが女性で、
 
 そんな記憶は全然持たないか、持っていても半年ぐらいで忘れて
 しまうのが、男性です。
 
 
◆ 恋愛感情の開く仕組みを知り、活かせる・・・か?
 
 このような、女性の恋愛感情の仕組みを鑑みれば、
 ふたつの重要なルールが導かれます。
 
 男性にしてみれば、女性に好かれるためには、その女性を喜ばせ
 ることを、積み重ねる必要がある。ということ。
 
 
 女性にしてみれば、ある男性と喜びの感情を共有する経験を
 積み重ねると、その人を好きになる可能性が高いわけですから、
 
・恋愛関係になってもよい人からは、色々受け取って喜び、
・恋愛関係になっては困る人からは、受け取らないようにする。
 
 という自己コントロールが必要だということ。
 
 
◆ 社会の中では、そうはいかない。
 
 実は、男性が見た目レベルで女性を瞬時に選ぶ(たとえばウエス
 トとヒップの比率が7:10を好むなど)傾向を持っているのは、
 
 男性は女性をものにするために、色々尽くして喜ばせなければな
 らない、つまり、男性はセックスに至るまでに先行投資が必要な
 ので、
 
 もしここで、極端な話、おばあちゃんに発情するような傾向を持っ
 た男性がいたら、子孫を残せませんから、
 
 妊娠力の強い女性に、恋愛感情を抱き、喜ばせようという気が起
 きるように、見た目レベルで瞬時に判断する能力を進化させたと
 考えられているのです。
 
 
 そう考えていくと、
 
 男性が若い女性が好きで、スタイルが良い子を選ぶ、ということ
 も、男性のエゴの部分でもあり、
 
 別の見方をすれば、進化の過程で身に付けた、先行投資が確実に
 受胎に結びつくための必死の戦略でもあり、
 
 なんだか可愛いものだと思えますね。
 
 
 一方で、
 
 女性が、相手からお姫様扱いされて、色々尽くされることが好き、
 ということも、女性のエゴの部分でもあり、
 
 別の見方をすれば、進化の過程で身に付けた、やり逃げ君ではな
 い誠実な男性を選ぶための必死の戦略でもあり、
 
 なんだか可愛いものだと思えますね。
 
 
◆ 本能と社会の狭間
 
 そして、人類は、そうした恋愛感情を超えて、
 社会を作るようになりました。
 
 
 社会の中では、
 
 感情に任せて男に甘えるばっかりの
 依存的な女性は評判を落としますし、
 
 感情に任せて若い女性ばかりちやほやする
 鼻の下伸ばし系の男性も評判を落とします。
 
 
 恋愛感情に任せて生きるだけでは、
 いまの社会を生きて行くことはできないのです。
 
 
 本能は大事です。
 
 開くべき時に、恋愛感情が開き、
 自然に人を好きになり、セックスをして、子供ができる。
 
 その流れは、命のリレーの中でとても大事なものです。
 
 
 しかし一方で、本能のままに生きることは、
 
 現代の社会では、できないのもまた、事実です。
 
 
 
 私たちは、
 二足歩行を始めた頃の人類が持っていた、
 古い「恋愛感情」という仕組みと、
 
 人類の文化的な歴史の中で培ってきた、
 本能に若干反する部分もある「社会制度」の狭間で、
 
 
 葛藤する存在なのです。
 
 
◆ 彼氏ができない、というケースでは・・・
 
 特に、現代社会で生きる女性は、仕事面では、
 男性に頼らないで生きることを求められがちです。
 
 確かに、サバンナに降り立った頃と比べて、
 女性は無力ではありません。
 男に守ってもらわなくても、生きられます・・・
 
 
 そんな要請なんて関係ない、
 私は私の思うように生きるの!
 という女性は、あまり意に介さないようですが。
 
 
 社会の求めに忠実で、真面目な人ほど、
 恋愛感情は開きにくくなってしまいます。
 
 ときには、思いっきり甘えてみて、
 尽くされる喜びを味わってみることも、
 
 恋に栄養を与えるためには、必要だと思いますよ。
 
 
◆ 今日のまとめ
 
 人類は、サバンナで二足歩行をするようになった頃の感情を、
 いまだに持っている。
 
 それは、男女が協力し合い、子育てをして、
 きっちり子孫を残すために、必要な進化だった。
 
 ところが、現代社会は、進化した頃とは異なる環境に、
 大きく変化してしまい、
 
 
 特に自立的に生きている女性は、
 恋愛感情が開きにくくなることがある。
 
 ときには、甘えて、尽くされて、
 お姫様になってみる喜びも感じてみると、
 
 恋心に栄養を与えることになる。
 
 
★ HUG&ACTワークショップ
 
 9/4(土)5(日)でHUG&ACTワークショップを開催。
 場所は北区滝野川会館です。最寄り駅は駒込/上中里。
 
 このシリーズは色で内容を分けているのですが、
 今回はGOLD(基本2)です。
 
 今回初めて開催するテーマなので、定員は4名とします。
 
 どなたでも参加できます。
 テーマとしては「NOを言う」がメインです。
 
 HUG&ACT“GOLD”の目的は以下のとおりです。
  ☆嫌なことをイヤと言える
  ☆相手を大切にしながらNOと言える
 
 NOと言えない典型的な理由は、
  ☆「言ったら嫌われてしまうかも」という怖れが強い
  ☆相手の気持ちばかり優先してしまう心のクセがある
  ☆単なる練習不足
 などがあります。
 
 これらの、様々な原因に対応して、本講座では、実践形式で
 「断る練習」のロールプレイをすること(行動:ACT)と、
 
 心のブレーキを外すこと(癒し:HUG)を車の両輪のように
 どちらも大切にして、とり組んでいきます。
 
 なお、GOLDの名前は、自分を守るワークで、金色のオーラを
 まとうイメージをするので、イメージカラーとして選びました。
 
 言いたいことが言えない関係を続けていると、その場は丸く収まっ
 ても、長い目で見ると対人関係の歪みが修復不可能な問題に発展
 します(夫婦だと浮気・病気・お金などで表面化する)。
 
 風通しのよい人間関係のために、まず一歩を踏み出しましょう!
 一緒にとり組めば、心強いし、自己流よりも効果的です。
 
 ※講座内容はより良くするため変更することがございます。
 ■一日目
 ・自己紹介?オリエンテーション等
 ・「ありがとう」を言う/受け取るワーク
 ・NOを言おう!(アサーティブに断る練習:ロールプレイ)
 ・確固たる居場所を感じるための「ゆるしのワーク」
   (Blue講座とはと別バージョン)
 ■二日目
 ・相手が怖いときに有効な、自分を守るイメージワーク
 ・NOを言える自分になる「暗示の瞑想」
 ・より面倒な相手にNOを言うワーク(ロールプレイ)
 ・自分の味方を引き寄せる心理学的ヒケツ♪
 ・学び・気づきのシェアタイム
 
 詳しくは
 http://www.556health.com/sp/hugandact/gold.html
 
 
◆ 今日のまとめ
 
 日記調なので、まとめは特にないのですが・・・
 
 言うべき事は、ちゃんと言う。
 但し、相手に自分の感情のケアを当然のように押しつけない。
 
 それが大事なことかな。
 
 
◆ ご意見・ご要望お待ちしております。
 
 励みになりますので、ご意見・ご感想・ご要望を
 お寄せいただけますと大変嬉しく思います。
 
 こちらに、コメントを頂けますと嬉しいです。
 http://ameblo.jp/loveandpartnership/
 
 公開されたくないご意見ご要望は、こちらから。
 http://clap.mag2.com/thaliovioc?goiken
 
 
◆編集後記
 
 もうすぐ幸恵ちゃんの誕生日。
 どうしよっかな?。
 
★ HUG&ACTワークショップ(9/4・5です!)
 http://www.556health.com/sp/hugandact/gold.html
 
┏━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━┓
応援ありがとう!まぐまぐ殿堂入り! 祝!21000部
◆女と男の「心のヘルス」?癒しの心理学
◆ご意見、ご感想お待ちしています。このまま返信!
・頂いたメールは、事前確認なく掲載することがあります。
・お名前はイニシャルにします。
・メール相談は行っていません。また、多数のメールを頂くた
め、個別の返信はできないことがございます。
 
もっと幸せな恋愛・結婚生活・人間関係を求める方に情報提供
をするのが本誌の目的です。ご自身の責任にてご活用下さい。
 
◆制作:阿妻靖史(あづま やすし 恋愛セラピスト)
◆自己紹介はこちらです↓(声の自己紹介があります!)

恋愛セラピストあづまやすし プロフィール紹介


◆登録・解除: http://www.mag2.com/m/0000164141.html
(解除依頼は受けていません。ご自分でお願いします)
◆ウェブサイト http://www.556health.com/
 
このメルマガは自主的な登録によってのみ登録になります。
違法なアドレス収集は一切行っていません。
 
★ご友人への転送は歓迎です。メルマガ全文をお願いします★
このメルマガの著作権は発行者であるあづまやすしに属します。
無断転載を禁じます。転載は【事前に】お申し出下さい。
┗━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━┛