トップページ >  1d.人を動かす秘訣 > 相手と自分が同意できる、共通の土台から話を始める

相手と自分が同意できる、共通の土台から話を始める

人を動かすのが上手な人と、下手な人の大きな違いのひとつとして、

「相手と自分が同意できる、共通の土台から話を始める」
ことができるか、できないか、があると思います。


これは要するに、人間を深く理解しているかどうか、ということです。

自分の感じたことを検証なしにぶつけてしまうのではなく、相手がどう感じているのか、それもよくよく考えた上で、相手に伝えるということです。


とくにこれは、相手が問題意識を持っていないことについて、こちらが問題意識を持っているようなときに有効です。

たとえば、仕事ばかりで家のことを顧みてくれない旦那さんに、家のことを考えてほしい、ときには手伝ってほしいこともあるということを伝えたけれど、仕事の責任がどうのこうのという理由を言われて、受け入れてもらえなかった(自分は専業主婦)。

そういう状況を想定してみます。

この旦那さんは、仕事面での危機意識が強くて、仕事を手抜きしたら自分が干されるとか、あるいは仕事に没頭するのは当然とか、考えているのです(という設定です)。

だとすると、いきなり「仕事ばかりしていないで、家のこともやって!」という苦情を言っても、
妻:「夫に家のことをやってほしい」
夫:「仕事上で『もっと頑張らなければ』という危機意識があるのに、妻に邪魔された」
という対立関係になってしまいます。


お互いが自分の問題意識だけを主張し合っていても、絶対に解決はありません。
そして、相手が歩み寄ってくれるのを待っていても、いつになるか分かりません。

だから、自分から動くことが大事です。

まず、二人が共通に「そうだね」と言える土台から話を始めます。

これを探るのは、自分都合でものを考えがちな人には、始めは難しいかもしれません。
しかしそこは、トレーニングあるのみ、です。


上の例で言えば、夫婦共に、生活を良くすることに意識が向いています。
但し夫の方は、最重要課題が仕事の安定だと考えています。
妻の方は、家の中のことに、意識が向いています。

まずは、相手が「そうだね」と言える部分から話を始めます。

「私たち、結婚して3年間、一緒に頑張ってきたよね。 (←問題点ではないが、共通の土台)
 一緒に、生活を良くしようとしてるよね。 (←問題点に少し関連した、共通の土台)

 それでね。ちょっと困っていることがあるんだけど…」

という流れで、家のことでやって欲しい点について話せばよいのです。


今度は、話のロジック(論理)が、
妻:「目的は、生活を良くすること。 手段として、夫に家のことをやってほしい」
夫:「目的は、生活を良くすること。 手段として、仕事の安定が最重要」
と、なっています。

だから、きっとこのあと、夫からの反論があるはずですが、その反論も、
「生活を良くしたいということは分かってる。
 でも、今一番重要なのは、仕事がいつ無くなるか分からない状況を、安定させることだと思う。」

という、論理的で建設的なものになっているはずです。


考え方の違いは、一回の話し合いで埋まるものではないですし、結論はすぐには出ないかもしれないけれど、少なくとも話し合いを二回三回と継続することは出来ます。

いきなり対立関係になってしまったら、話し合い自体にうんざりしてしまいます。


相手が「確かにそうだね」と言える、共通の土台から話を始める。
地味で地道な取り組みですが、長い目で見ると本当に大事なのです。






現在募集中のワークショップ一覧はこちら

あなたにぴったりの解決法は


応援クリックありがとう!→←人気ブログランキング

ドットライン

コメント




トップページ >  1d.人を動かす秘訣 >  このページ“相手と自分が同意できる、共通の土台から話を始める”のトップへ


相手と自分が同意できる、共通の土台から話を始めるの関連記事etc.

1d.人を動かす秘訣 記事一覧

ときには"形で示す"ことも大事。 /  「浮気はなぜいけないのか」これが私の最終回答です。 /  相手を操作する心理学に頼りたくなる自分の弱さに気づこう。 /  夫の望むことをするな、夫のためになることをせよ /  自分の無意識にも責任を持つ、という高い意識を。 /  反省とは、自分の力を信じること。 /  「別れたあと友達に戻りたい」と「円満離婚」は心理学的には同じこと。 /  相手と自分が同意できる、共通の土台から話を始める /  人間関係には「解なし」があることを前提に取り組むこと。 /  良かれと思ってしたアドバイスが裏目に出る理由 /  苦言を言うときは、相手のペースに合わせた提案をする /  「叱る」とは「あんた不幸に向かってるよ」と諭すこと /  正しいことを「正しい」と言うのは正しいか?(浮気を問い詰めることを例として) /  引き寄せる相手を変える秘訣?内面を大事にしよう /  「浮気はなぜいけないのか?」について議論しましょう。 /  「浮気はなぜいけないのか?」について議論しましょう、準備編 /  正直、誠実な態度が、味方を作る /  夫の浮気のあと、不安で仕方ないのはなぜ? /  自己重要感を持たせる /  傷つけ合ったことは、相殺されない /  なぜ夫婦の話し合いはうまく行かないのか-ダンマリ・逆ギレ夫の対処法 /  相手を悪者にしない /  難しい相手には、一人で立ち向かわない /  わたしはわたし、あなたはあなた /  不当な批判をキッパリ否定する /  黙っていたこと、何もしなかったことにも責任を持つ /  正当な批判を受け止め、必要なら素直に認める /  正当な批判と、不当な批判を見分ける /  何度でも根気よく繰り返し伝える /  議論しない /  よい感情で導く /  文章を完結させ、語尾までハッキリと発音する /  相手の痛みに共感する /  まず、自分を深くゆるすこと /  批判で人を動かそうとしない /  「リーダーシップ」を発揮するためのセラピー / 

記事カテゴリー一覧

1.恋愛の悩みに関するコラム(183) /  1b.心理学に関するコラム(116) /  1c.男性向きのアドバイス(32) /  1d.人を動かす秘訣(36) /  1e.結婚生活の悩みに関するコラム(2) /  1g.セラピストまなみのコラム(24) /  2.恋愛セラピー手法・事例・信念(36) /  3.女と男の心理学用語集(168) /  3b.心の化学反応式ー解説書(10) /  4.リンク(11) /  5.書評・レビュー・講演(112) /  6.メルマガバックナンバー(146) /  6b.メルマガバックナンバー2(153) /  6c.メルマガバックナンバー3(151) /  6d.メルマガバックナンバー4(147) /  6e.メルマガバックナンバー5(150) /  6f.メルマガバックナンバー6(65) /  7.恋愛セラピストあづまの日記・提言・発言(29) /  おすすめ・キャンペーン(5) /  オススメ記事(40) /  電話・skype恋愛セラピー(4) / 

オススメ記事

夫の不倫が発覚!さあどうする?という時に役立つ記事たち /  その恋、恋愛依存症かも!? 問題アリの彼から離れられない心理 /  「浮気しない人」を求めても、引き寄せられない理由 /  身近に回避依存症者がいるあなたへ、対応策と自分を守るアドバイス /  「浮気はなぜいけないのか?」について議論しましょう。 /  浮気症の治療法、改善方法 /  恋愛依存症の克服・解消に役立つ心理療法の技法 /  不倫に陥る理由(父親との関係) /  恋愛カウンセリングの受け方 /  モテる男の心理と、落ち着いた大人の男の心理の違い /  謝れない男の心理 /  婚活(結婚活動)の必須科目 心のおそうじ /  共依存的な恋愛の解決法について /  共依存的恋愛?恋愛依存症の泥沼から抜け出すために /  失恋した元彼との復縁方法を探しているあなたに辛口アドバイス /  浮気性、浮気症 【うわきしょう】 /  恋愛コラムby恋愛セラピストあづまやすし /  彼氏ができない理由、自己診断チャート /  マリッジブルーの原因と解消法?男性と女性でこれだけ違う /  黙り込む男の心理 /  いじられキャラの心理分析 /  モテる男の心理(心の問題/回避依存症) /  回避依存症【かいひいぞんしょう】 /  不倫の子を妊娠?中絶or出産?認知は? /  不倫されたときの心の癒し方 /  浮気男の心理 /  恋愛依存症の克服・回復 【れんあいいぞんしょう】 /  浮気チェックの方法 /  夫の不倫に気付いたら /  男の浮気を防止する方法 /  彼氏が出来ないのはなぜ? /  男心をつかむ方法 /  彼氏が出来ない理由、ご意見募集! /  【男心理解】30分でわかる男心のつかみ方 /  彼氏ができない理由、決定版 /  男の心理が分かる心理学レポート【男心理解】 /  男性心理(怒る男性の心理) /  心理学・メンタルヘルス おすすめリンク /  人生の先生・友人リンク1 /  恋愛・結婚おすすめリンク / 


  PR [無料タロット恋愛占い屋]