怒る男性の心理, 殻にこもる男性の心理

トップページ >  1c.男性向きのアドバイス > 自分の感情に気づいていないと、彼女との関係を壊す

自分の感情に気づいていないと、彼女との関係を壊す

男性の陥りやすい、男女関係のワナの一つに、

「自分の感情に気づいていない」

というものがあります。


いくつか典型的なパターンがあるのですが、大体共通して、最終的には、無自覚に、
・怒りを彼女にぶつける
・引きこもる(コミュニケーションを拒否して距離を取る)
のどちらかのパターンをやってしまいます。

「感情に気づいていない」というのは、そこに至る前に本当は色々な心の動きがあるのですが、それに気づかずに、最終的な、破壊的な行動に至ってしまうという意味です。


no.1たとえば、彼女の質問に対して、答えられなかった。
彼女は残念そうな顔をしている。

→(な、なんだよ。オレの能力が低いっていうのか?)
 →(そんなこと、認められない!)
  →(自分だって分からないくせに、何だよその顔は!)
   →「そんな、くだらないこと訊くなよ!」

突然怒りをぶつけられた彼女は、驚いてショックを受けてしまう…

no.2たとえば、彼女がテレビを見ながらタレントをほめる。
「○○って、カッコイイね。」

→(オレはかっこよくないってこと????)
 →(そんなこと、認められない!)
  →(オレの前で、そういうデリカシーのない発言をするなんて許せない!)
   →いきなり拗ねて、会話拒否。引きこもる。

彼女は何気ない一言に彼が急に不機嫌になったので、意味が分からない。

no.3たとえば、仕事上の話をしていて、職場でのトラブルの話。
彼女が、こちらの意に反して、ちょっと指図的なアドバイスをした。
「そういう場合、○○しないといけないのよ。」

→(がーん。オレの責任でトラブルが起きたと思われてる!)
 →(そんなこと、認められない!)
  →(大体なんだよ偉そうに、自分は当事者じゃないくせに。)
   →「おまえのそういう偉そうな態度が鼻につくんだよいつも!」

今まで冷静に話していたのに、
急に攻撃された彼女は意味が分からないし、ショックを受けてしまう。

no.1なら、「答えられなくて不甲斐ないと感じてるよ。我ながら。」
no.2なら、「オレ容姿に自信ないから、ちょっと凹むんだよね、そう言われると。」
no.3なら、「事情を分かってもらえてないみたいだね。残念だ。実際はね…」

など、上の破壊的な例では括弧内に入っていた、思考や感情にちゃんと気づいて言葉にすれば、相手との関係は壊れないのです。

これらは、自分でも気づかずに湧き上がって、最終的な怒りの原因になっている自動思考および、それに関連した感情です。こうした思考や感情に気づき、客観視できることが大事なのです。


感情を抑え込むことが大人の証なのではありません。
自分の感情を自由に感じるけれど、客観視も出来ることが大事なのです。
逆に、自分の感情に振り回されたり、気づかないうちに怒りにまで発展してしまったりするのは、感情面で大人であるとは言えません。


女性たちは、プライドが高い男性は付き合いにくいとか、すぐ怒る人は嫌だとか、気むずかしい人は扱いが難しいとか、様々な言葉で表現しますが、

実は事の本質は、男性が、自分自身の感情にちゃんと気づいていない、ということなのです。
特に、怒りに発展する前の感情をキャッチできるかどうか。そこが大事なのです。

「自分の感情に気づかない男性は、付き合いにくい」

これが、事の本質です。
私もかつてそうでした。この記事は自戒を込めて書きました。





身近な「食べる」行為を通じて瞑想を体験できる講座! 食べる瞑想の会

現在募集中のワークショップ一覧はこちら

あなたにぴったりの解決法は


応援クリックありがとう!→←人気ブログランキング

ドットライン

コメント

コラム拝見しました。
今、私が困っていることズバリだったので、コメントします。
ただ、パートナーではなく、会社の話です。

私が勤務する会社は創業間もない会社で、メンバーも
旧知の人間のみ全員で4人の会社です。

社長はみんなで色々意見を出して盛り上げていこう!とは
言うのですが、実際会議で、自分の考えと異なる意見を
みんなが言うと拗ねてむくれます。

そして、うやむやで締めて、何事も無かった事のように
結局は自分の考えで物事を進めます。

もちろん社長ですので、経営者責任でそうなさることは
結構なのですが、その割に『みんなの意見』を求めます。

拗ねてむくれている時は、顔が赤くなり、怒りをため込んで
我慢していることがありありと分かるので、周囲も扱いに困ってます。

そのうち様子を見ていると、自己否定されていると感じてる
のではないかと思うようになりました。
そうなると…もう、どうしようもないなと。

もちろんビジネスですし、周囲はそんなことはありません。
因みに、周囲との関係は壊れ気味です…。

座席の配置も心理面が出るものなのでしょうか。
社長が考えたこだわりのレイアウトなのですが
同じフロア内で自分だけ孤立しているような配置にしてます。

そして、他の人達の島を一つ作ってます。
その配置も、片方は社長と向い合せになり、片方は
社長に背を向けるような配置になってます。

正に今日、席の配置替えをお願いしました。
私の席は、社長に背を向けている側です。

『見張られているとは思ってませんが、後ろから見られている
配置は心理的に圧迫感があります』
とは言ったのですが、あんまりいい顔はしてませんでした。

ずっと、付き合いにくいと考えてた自分が未熟だと
思ってたのですが、実際付き合いにくいんだと分かると
少しホッとしました。

投稿者 sk_ky : 2011年7月27日 13:46

sk_kyさん

コメントありがとうございます。

そうですね。仕事でも実はそうだと思います。
私もそういう人上司の元で働くのは、結構苦手だと思います。

高度成長期の、年功序列・上意下達式のマネージメントでは、

実は素の自分を見せ(自己開示)、心を開いて部下と向き合うことをしなくても、なんとかなったんですね。(本当は感情的なしわ寄せが誰かに行っているんですが)

これからは、次第にそれは通用しなくなっていくんじゃないかな。

無理して合わせても苦しいし、かといって面と向かって反発しても、今度は自分が立場的に損をしてしまうでしょうから、

大人の対応でうまく乗り切っていきましょう。
応援しています。

投稿者 あづま : 2011年8月 6日 07:24

はじめまして。この記事を読んで、正に私の彼氏がそうなんです。彼氏とは同じ職場で、最近管理職になりました。入社は私が先になります。管理職になって余裕がないのは、私も感じてますが、その前から他人にはそういうことはないのですが、私に関しては怒りをあらわにします。彼は、すごく周りに気をつかってるのは理解してて、私にしか自分の感情を出せないだろうと思ってますが、その時になるとやはり悲しい思いをします。先日も彼が仕事休みでしたので、その日の伝達をしたところ、休みなのに休んだ気がしないと怒られました。彼の前の上司には、普通にしていたのでビックリしてしまい、もう本当に悲しくて、喧嘩になりました。彼はそういうことがあると態度に出ますが、その日は逆にすごく私に関わって来て、手伝ってくれるので、よくわからないなと思って、一歩下がってみてました。感情を客観的に見れないのですね。本当にそうだと思いました。見れるようになるには、私は彼に何かしてあげられますか?

投稿者 梅ちゃん : 2012年10月20日 08:32

梅ちゃん

コメントありがとうございます。

>私は彼に何かしてあげられますか?
この言葉が本気であると信じて、アドバイスを書きます。
簡単な話じゃないので、覚悟して進んでください。

まず、ネガティブな感情を出し慣れていない人は、怒りなどの、激しくて相手にとって受け止めにくい感情から出してくる傾向があります。
梅ちゃんは、彼の怒りを、まっすぐ受け止める必要があるんです。

怒りを出し尽くすと、そのしたにある悲しみというかむなしさというか、本当の痛みの部分を感じられるようになります。まさに、梅ちゃんの望んでいる状態がやってくるわけです。

彼の、感情の抑圧の程度がどのぐらいなのか分からないので、確定的なことは言えませんが、梅ちゃんのキャパをオーバーしているような場合は、別れた方が楽だと思います。
それでも取り組むのだ、という気持ちがあるのでしたら、楽じゃない道ですが、やってみる価値はあると思います。

彼の怒りを堂々と受け止めて逃げない自分を作るところからです。
大変だと思いますが、頑張ってくださいね。

※このコラムは、感情を出さない「本人」に向けてのものです。
 相手を変えたい、というテーマは、このように、格段に難しいのです。

投稿者 あづま : 2013年1月 6日 04:19




トップページ >  1c.男性向きのアドバイス >  このページ“自分の感情に気づいていないと、彼女との関係を壊す”のトップへ


自分の感情に気づいていないと、彼女との関係を壊すの関連記事etc.

1c.男性向きのアドバイス 記事一覧

花に水をやるように、妻の【心】に水やりを。 /  浮気相手と別れて終わりではない、と心得るべき。 /  自分の感情に気づいていないと、彼女との関係を壊す /  自分の「ストレス指標」を知ることから始めよう。 /  男のマリッジブルーは、プロポーズ前にやってくる /  彼女が出来ない男性は、まず仕事を頑張れ。 /  夫が妻に「口うるさい」と感じる本当の理由とは? /  「共感」できると、女性の扱いは一気に楽になる /  女性の人間関係は「距離感」中心。 /  彼女を笑顔にしよう! /  浮気症の治療法、改善方法 /  ケンカの一本道?喧嘩に至る道はワンパターン /  女性は「自分の感覚を強く信じていて頑固」だと知ろう /  嫁姑問題の本質。必ず嫁の味方に付くこと。 /  彼女が感情的なときこそ、しっかり向き合って話を聴こう /  彼女の世界を、把握しておこう /  女性には、ごまかしが利かないと思って接するべし /  信頼に足る行動をすること。妻との「距離」に要注意。 /  まずは、彼女を本気で喜ばせよう /  感情シグナルに、意識を向けよう /  男性の欲しいもの、女性の欲しいもの。 /  何をやっても不満な女性は【元々】不満な女性 /  男性は、彼女の気持ちをくみ取ることに挑戦を。 /  彼女が大切にしているものを、大切にする2 /  彼女が大切にしているものを、大切にする1 /  見る・聴く・触れることの大切さ /  働き者で遊び好きの女性を選ぼう /  女性は、感情の貯金箱 /  こんな女性とは、結婚してはいけない /  男は結婚式の準備にどこまで関わるべき??マリッジブルーの心理学? /  マリッジブルーの彼女にかけたい言葉 /  黙り込む男の心理 / 

記事カテゴリー一覧

1.恋愛の悩みに関するコラム(179) /  1b.心理学に関するコラム(116) /  1c.男性向きのアドバイス(32) /  1d.人を動かす秘訣(36) /  1e.結婚生活の悩みに関するコラム(2) /  1g.セラピストまなみのコラム(24) /  2.恋愛セラピー手法・事例・信念(36) /  3.女と男の心理学用語集(168) /  3b.心の化学反応式ー解説書(10) /  4.リンク(11) /  5.書評・レビュー・講演(104) /  6.メルマガバックナンバー(146) /  6b.メルマガバックナンバー2(153) /  6c.メルマガバックナンバー3(151) /  6d.メルマガバックナンバー4(147) /  6e.メルマガバックナンバー5(147) /  7.恋愛セラピストあづまの日記・提言・発言(29) /  おすすめ・キャンペーン(7) /  オススメ記事(39) /  電話・skype恋愛セラピー(4) / 

オススメ記事

その恋、恋愛依存症かも!? 問題アリの彼から離れられない心理 /  「浮気しない人」を求めても、引き寄せられない理由 /  身近に回避依存症者がいるあなたへ、対応策と自分を守るアドバイス /  「浮気はなぜいけないのか?」について議論しましょう。 /  浮気症の治療法、改善方法 /  恋愛依存症の克服・解消に役立つ心理療法の技法 /  不倫に陥る理由(父親との関係) /  恋愛カウンセリングの受け方 /  モテる男の心理と、落ち着いた大人の男の心理の違い /  謝れない男の心理 /  婚活(結婚活動)の必須科目 心のおそうじ /  共依存的な恋愛の解決法について /  共依存的恋愛?恋愛依存症の泥沼から抜け出すために /  失恋した元彼との復縁方法を探しているあなたに辛口アドバイス /  浮気性、浮気症 【うわきしょう】 /  恋愛コラムby恋愛セラピストあづまやすし /  彼氏ができない理由、自己診断チャート /  マリッジブルーの原因と解消法?男性と女性でこれだけ違う /  黙り込む男の心理 /  いじられキャラの心理分析 /  モテる男の心理(心の問題/回避依存症) /  回避依存症【かいひいぞんしょう】 /  不倫の子を妊娠?中絶or出産?認知は? /  不倫されたときの心の癒し方 /  浮気男の心理 /  恋愛依存症の克服・回復 【れんあいいぞんしょう】 /  浮気チェックの方法 /  夫の不倫に気付いたら /  男の浮気を防止する方法 /  彼氏が出来ないのはなぜ? /  男心をつかむ方法 /  彼氏が出来ない理由、ご意見募集! /  【男心理解】30分でわかる男心のつかみ方 /  彼氏ができない理由、決定版 /  男の心理が分かる心理学レポート【男心理解】 /  男性心理(怒る男性の心理) /  心理学・メンタルヘルス おすすめリンク /  人生の先生・友人リンク1 /  恋愛・結婚おすすめリンク / 


  PR [無料タロット恋愛占い屋]