【ココヘル545】彼が「優しくない」のはどういう精神状態? 婚活心理11

 

★女と男の「心のヘルス」?癒しの心理学 545号 2011.9.20
 
 こんにちは。あづまです。
 いつも読んで下さってありがとうございます。
 
◆ 恋愛セラピー 早めに相談。早めに解決!
  http://www.556health.com/order.html
 
◆ 人間関係力向上セラピスト養成講座 募集開始
 本物の心理セラピーのスキルを学べる講座です。
 http://www.556health.com/sp/therapist/
  残席あと1名です。
 
◆ 恋愛・結婚・人間関係に
  ソッコー使える心理スキルセミナー3
 
 ついに、10月9日。日曜日に開催です。
 http://www.556health.com/sp/rightaway3/
 
 
 
 婚活に役立つ心理学シリーズです。ココヘルでは、
 「婚活」を広く捉えていて、結婚相談所やお見合いの利用もあり、
 自分で出会いの機会を作れたらそれでも良し、と考えています。
 
 
 交流分析の「自我状態」という考えでは、
 人の心の働きを大きく5つに分け、
 CP、NP、A、FC、ACと表現します。
 
 本文の後ろに簡単な解説がついています。
 
 
 さて今日は、
 
 彼が優しくない、共感力がない、固い。
 そういうとき、自我状態から説明すると何が起きているのか、
 
 という話をしたいと思います。
 
 今日のテーマは「NP」です。
 
 ◇NP(Nurturing Parent:養育的な親)
  優しい母親みたいな、相手を受け入れ、気持ちに共感し、
  お世話をする、といった心の働きです。日本語の「母性本能」
  に近い気がしますが、本能ではありません。
 
 
 つまり、上記のような状態の時には、交流分析では、
 【NPが低い】状態になっている、と考えます。
 
 
 
 そういえば、前回ご質問を頂きまして、
 
 「CPの高すぎる相手の場合はどうしたらいいのでしょう。」
 
 
◆ 高い自我状態を低くするのは難しい
 
 以前、相手の「欠点」に目を向けよう
 http://archive.mag2.com/0000164141/20110805100000000.html
 
 という話で書いたのは、主にFCが低い彼の話だったのですが、
 低いところをうまく補い、引き出して高めることは有効です。
 
 「幼少期に欠けていた関わりの種類」を推測して、
 欠けていたものを補ってあげることで成長する。
 
 
 欠けていなかったものをあげても、成長は限定的です。
 
 
◆ カップルがケンカや冷戦状態になるのはNP不足
 
 カップルがケンカや、その先にあるあきらめ(冷戦)になるとき、
 二人の間に欠けているのは、多くの場合、
 
 相手の気持ちを理解し、共感する力
 相手の気持ちを受け止める力
 
 です。
 
 
 自我状態で言うとNP(養育的な親)の状態です。
 
 
 実は、CP(支配的な親)が高すぎると感じる場合も、
 確かにそういう傾向はあるのでしょうが、おそらく、
 直接問題になっているのはNPの低さです。
 
 
 CPもNPも高い彼の場合、
 ルールにも厳しいが、相手の気持ちもよく分かる。
 
 厳しくも熱い、愛情にあふれる人、という印象になるはず。
 
 CPだけが高く感じるってことは、
 NPが比較的低いから、そう見えるんだと思います。
 
 
 というわけで、CPが高すぎるように見える人の場合も、
 NPが低いことに対する対策をするのがよいと思います。
 
 
◆ ふたりともNP不足なんです。
 
 実は、相手にNPが足りないと感じる場合、
 自分の側もNPが足りなくて、
 
 二人の間での、共感力や気持ちの受け止めがうまくいかない。
 
 ということが起きている可能性が高いです。
 
 
◆ NPの高め方(教科書的)
 
 それで、そういう場合、どうしたらいいのか、という話ですが、
 
 低いものは高める努力をしたらいいんです。
 
 
 まずは、自分が高める努力ですね。
 
 教科書的なことをまず書くと、
 
 他人に共感的に接したり、
 笑顔で接するように心がけたり、
 お世話役をしたり、
 
 行動療法的に、いま足りなくなっているNP的な行動を、
 実際にやってみてトレーニングする、ということになります。
 
 
◆ NPはそもそもどうやって育つ?
 
 まあしかし、そもそもNPがどうやって育つのかと言えば、
 子供時代に親から優しくお世話をしてもらった経験が、
 
 今度は自分のものとして心の中に根付いて、育つ。
 というものなんですね。
 
 親のNPが低かったりすると、自分の中に十分にNPが育って
 いないこともあるわけです。
 
 それを行動を通じて修正すると苦しい道になりやすく、
 
 場合によっては、相手の顔色をうかがいながら接する(AC)
 という結果を招いてしまう危険性もあります。
 
 
 こういうとき、自分で自分を愛しましょう、みたいなことを言う
 カウンセラーさんも結構多いんですが、できればやるべきですが、
 
 なかなか辛い道なんですよね、それって。
 
 
 ところで、一説によれば、
 親からもらう愛情は、人が生きていく上で必要な分の、
 大体5%ぐらいだそうです。
 
 まあ考えてみれば、小学生になれば活動の大半を友達や先生と
 過ごしますし、高校生ぐらいになれば、家になかなか帰ってこな
 い子も多いですよね。
 
 親以外からもらう愛情(CP的、NP的)が、
 大変大きな意味を持っているんです。
 
 
◆ NPの高め方(あづま流)
 
 で、そういう心の成長の仕組みを踏まえて、
 
 あづま的に自然だろうと思う取り組みは、
 
 
 他人からの愛情を【意識的に】受け取る、ということ。
 
 たとえば、会えただけで嬉しい顔をしてくれる友達がいたら、
 無条件の承認ですし、まさにNP的な関わりをもらったわけ。
 
 
 こういうありがた?い関わりを、
 
 
 私たちは、結構流してしまってるんですね。
 ちゃんと受け取って、喜んで、心の栄養にすればいいのに、
 それをしていない。
 
 愛情のザルになってしまっているんですね。
 
 
 最近私が恋愛セラピーでよく提案する課題があります。
 
 それはあらゆる他人からもらったNP的な関わりを、
 ノートに付ける、という課題。
 
 
 子供時代は、潜在意識がフルオープンに開いていますから、
 そんな取り組みをしなくても、どんどん心に入ってくるんですが、
 
 大人になると、とくに怖れが強い人ほど、幸せに対する警戒心が
 強くて、心の底から受け取らないクセがついているんですね。
 
 
 親からもらえなかった愛情はいろいろあるでしょうが、
 それ以上に「親から愛してもらえなかったと拗ねている」ことや、
 「私は悪い子だから幸せになってはいけない」と自分を責めてい
 ることで、
 
 その後他の人が与えてくれたはずの95%分の愛情すら、
 ぼろぼろと、取りこぼしているのです。
 
 これって、ものすごくもったいないことです。
 
 
 ノートに付けて、時々見返して、繰り返し意識すれば、
 大人の、固くなった心でも、少しずつ入っていきます。
 
 本人の感覚としては、嬉しくなり、感謝の気持ちが湧いて、
 自然に相手に優しくしたくなる(ほらNPが高くなっちゃった!)
 という感覚です。
 
 
 そうやって、他人から【意識的に受け取る】というやりかたが、
 私は好きです。
 
 
 なんか、自然な感じがするでしょ?
 
 
◆ 心に愛が入っていかないのは、痛みがあるから
 
 ちなみに、幼少期の恐怖心とか罪悪感が強い場合、
 まずそこを癒さないと、怖れの感情・心の痛みがブロックになり、
 
 上のやり方だけではなかなか愛が入ってこないことがあります。
 
 これはもう、セラピーの領域です。
 
 
 こういう状態の方は、結構いらっしゃいます。
 
 精神科に行っても病名はつきませんが、
 
 ・恋愛がうまく行かなかったり
 ・結婚生活がどうもギスギスしがちだったり
 ・職場で冷たいあしらいを受けやすかったり
 ・感情のコントロールが難しかったり
 
 といった、愛情や人間関係という部分での問題が起きやすいです。
 
 
 だから私は、恋愛セラピーを提供していて、
 病名がつくような状態でなくても、普通に健康な人でも、
 
 セラピーを受けて、小さな心の傷や痛みを癒して、
 愛情や人間関係がよりうまくいくようになってほしい、
 
 そう考えているのです。
 
 
◆ 相手のNPを高めよう、という取り組みは超上級編
 
 さて、では、相手のNPが低い場合どうしたらいいのか、
 という話なのですが、
 
 比較的程度が軽い場合は、
 まず自分が上に書いたような、NPを高める取り組みをして、
 自然に相手に優しくしていると、
 
 相手もそれを受け取って、優しくなっていきます。
 
 
 嫌われないように相手の顔色をうかがいながら、
 びくびくしつつ、相手に合わせる(これはACです)
 という話とは全然違うので、注意して下さい。
 
 
 心底、優しい気持ちで、相手に接するということ。
 そのためには、自分がまず満たされていないとね。
 
 
 でももし、自分が優しい気持ちになって相手に接しても、
 なかなか変わってくれない、という場合、
 
 相手の中に、過去の痛みがあるのかもしれません。
 
 もし彼が、過去の痛みについて自発的に話し出したなら、
 それは、その記憶を癒したいというサインです。
 
 寄り添って、手を握るなどしながら、話を聞いてあげて下さい。
 それが一番の癒しです。
 
 恋人が寄り添って話を聞いてくれる。
 専門家のセラピーなどより、よっぽど癒しパワーがあります。
 
 
 なかなか開かない彼の場合、
 恋愛セラピーで作戦を一緒に考えたりもしていますので、
 相談して下さいね(基本、結構難しいです)。
 
 
 
◆ 今日のまとめ
 
 NPが低いと、
 共感力がない、優しくない、素っ気ない、固い、みたいな
 イメージになることがあります。
 
 カップルがケンカをしたり冷戦になりやすいのは、
 お互いにNPが低くなっている可能性が結構高い。
 
 
 NPが育つのは、親やそれ以外の人から、優しく接して
 もらった経験を、自分の中に取り込むから。
 
 いまNPが低いと感じるなら、
 意識的にNP的な行動をしてみることも意味がありますが、
 
 もっと本質的に考え、他人からの優しさを【意識的に】受け取る
 ことも、おすすめ。
 
 
 怖れや痛みが強く、NP的な優しさ・愛情を受け取れない状態に
 ある人は、セラピーで痛みを癒してからの方が解決がずっと早い。
 
 
 NP不足でカップルがうまく行かない場合も、
 まず自分の中を満たすことから。
 
 相手のNPを根本的に高めるのは、超上級編。
 
 
 A、FC、ACについては、
 婚活との関わりは、一応ありますが、
 CP、NPほどではないとあづまは考えているので、
 
 次回以降は、自我状態シリーズをおしまいにして、
 もう少し別の切り口からお届けします。
 
 次回もお楽しみに!
 
 
◆参考:五つの自我状態
 
 人の心の働きを大きく5つに分けると、
 CP、NP、A、FC、ACに分けられます。
 
 ◇CP(Controlling* Parent:支配的な親)
  厳格な父親や、厳しい肝っ玉母ちゃんに特徴的な、
  ルールや道徳をしっかり持っている心の働きです。
 
 ◇NP(Nurturing Parent:養育的な親)
  優しい母親みたいな、相手を受け入れ、気持ちに共感し、
  お世話をする、といった心の働きです。日本語の「母性本能」
  に近い気がしますが、本能ではありません。
 
 ◇A(Adult:成人)
  全体の調整役であり、冷静に・客観的に判断する、
  大人の判断力の部分です。「今ここ」に意識を向けています。
 
 ◇FC(Free Child:自由な子供)
  自由な感情や欲求を持っている部分です。
  さあ、遊ぼうぜ!という感じ。
  ※ネガティブな感情も持っています。
 
 ◇AC(Adapted Child:順応した子供)
  相手の顔色をうかがったり、相手に従ったりする部分です。
 
 
 
★ 恋愛セラピー 早めに相談、早めに解決!
  http://www.556health.com/order.html
 
★ 電話・skypeでも相談受付中です。
  http://www.556health.com/skype.html
 
 
★ 恋愛・結婚生活・人間関係に
  ソッコー役立つ 心理スキル セミナー3
  http://www.556health.com/sp/rightaway2/
 
 恋愛セラピーよりも、もっと気軽に、心理スキルを学べる機会が
 あったらいいなぁ。
 
 そんな声にお応えして、すでに第三弾!
 10/9(日)14:00?16:00。
 
 パート3を開催することにしました。今度は日曜です。
 今まで来られなかった方も、この機会にどうぞ。
 ちょっと定員が少ないのでお申込はお早めにどうぞ。
 
 滝野川会館(最寄り駅:駒込/上中里)
 参加費は2100円です。
 詳細&お申込は、こちらのページからお願いします。
  恋愛・結婚生活・人間関係に
  ソッコー役立つ 心理スキル セミナー3
  http://www.556health.com/sp/rightaway3/
 
 
◆ HUG the World (はぐざわ)活動中です。
 
 被災地の方にも何らかの貢献をしながら、経済活動を積極的に
 回していくことが、大事なことだと信じています。
 
 ★そして、人間関係力向上セラピスト養成講座の卒業生さんが、
 このチャリティー企画に参加してくれています。
 彼女たちの学んだ内容と、真剣な想いを考えれば、
 こんな値段は安すぎてありえないのですが、
 本当に、今だけ、セラピーが格安でご利用頂けます。
 しかも、被災地にも半額ぐらい寄付をするという話ですから、
 彼女たちの取り分は経費相当分ぐらいです。
 実質的にボランティアだと思います。
 
 ですから、絶対に、冷やかしの人は相談しないで下さい。
 セラピストを頼りにするけれど、自分でも努力をする。
 そのような真剣な人のお申込を、心からお待ちしています。
 
 ◇恋愛セラピスト HaNA
 http://ameblo.jp/doitnow-therapy/entry-10861963817.html
 ◇リカバーセラピスト 千晴
 http://ameblo.jp/doitnow-therapy/entry-10876703174.html
 ◇竹中大基・純枝さん
 http://ameblo.jp/doitnow-therapy/entry-10848211104.html
 ◇ナースセラピスト 花桜里*KAORI
 http://ameblo.jp/doitnow-therapy/entry-10926774160.html
 ◇恋愛ロゴセラピスト 明日香
 http://ameblo.jp/doitnow-therapy/entry-10889369981.html
 ↑★プロフィールを見るだけでも勉強になりますよ!
  ぜひぜひ、見ていって下さいな。
 
 
◆ 次回以降の予定
 これからしばらく、婚活特集で行きます。
☆交流分析的見地から、婚活を見る、シリーズ
 
・恋人ができない理由。三十代半ばを境に変わるって知ってました?
・デートのルールで、男性が女性を大事に扱ってもてなすのはなぜ?
・理系男子を狙え!?地味でも安定!金の卵はこう落とせ。
・男性を褒めるコツ
・男性をヤル気にさせるコツ
・彼がだらしないと感じた時、どうすれば?
・彼が結婚式の準備にあまり関わろうとしない
・結婚を前にして、不安になる(マリッジブルー)理由と対処法
 などなど。
 上に挙げた内容は、あくまで現時点での案ですので、
 新たに追加されたり、削除されることがありますので、
 ご了解くださいね。
 ではまた!
 
 
◆ 質問募集中です!
 あづまに質問を送りたい方は、
 次のどの方法でもOKです。
(1)ブログにコメントする(公開)
   http://ameblo.jp/loveandpartnership/
(2)ツイッターで @azmax777 をつけてつぶやく(公開)
 ↑つけないと私が気づかないので確実によろしく。
(3)質問フォームから質問する(非公開)
   https://24auto.biz/556health/touroku/556health_q.htm
(4)まぐまぐ! のクリックアンケートから(非公開)
  http://clap.mag2.com/thaliovioc?goiken
 9/30まで、電話も対面も含めた全ての
 恋愛セラピーの売り上げの5%を、被災地に寄付します。
 ★恋愛セラピー
 一人で悩まずに、早めに相談。早めに解決!
 http://www.556health.com/order.html
 
 
◆編集後記
 
 昨日のねとらじ、聴いてくださった皆さま。
 ありがとうございました。
 
 今日は幸恵ちゃんはお出かけ。子どもたちとお留守番です。
 
 もうすぐ交流分析士の試験です。
 たぶん大丈夫だと思いますが…でも少し緊張しますね。
 
 
┏━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━┓
 応援ありがとう!まぐまぐ殿堂入り! 祝!20000部
 ◆女と男の「心のヘルス」?癒しの心理学
 ◆ご意見、ご感想お待ちしています。このまま返信!
 ・頂いたメールは、事前確認なく掲載することがあります。
 ・お名前はイニシャルにします。
 ・メール相談は行っていません。また、多数のメールを頂くた
  め、個別の返信はできないことがございます。
 もっと幸せな恋愛・結婚生活・人間関係を求める方に情報提供
 をするのが本誌の目的です。ご自身の責任にてご活用下さい。
 ◆制作:阿妻靖史(あづま やすし 恋愛セラピスト)
 ◆自己紹介はこちらです↓(声の自己紹介があります!)
  http://www.556health.com/archives/2005/07/post_5.html
 ◆登録・解除: http://www.mag2.com/m/0000164141.html
 (解除依頼は受けていません。ご自分でお願いします)
 ◆ウェブサイト http://www.556health.com/
 このメルマガは自主的な登録によってのみ登録になります。
 違法なアドレス収集は一切行っていません。
 ★ご友人への転送は歓迎です。メルマガ全文をお願いします
 ★このメルマガの著作権は発行者であるあづまやすしに属します。
  無断転載を禁じます。転載は【事前に】お申し出下さい。
┗━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━┛