【ココヘル567】傷つきにくい心の育て方10?プラスの感情の大切さ

 

★女と男の「心のヘルス」?癒しの心理学 567号 2012.2.17
 
 こんにちは。あづまです。
 いつも読んで下さってありがとうございます。
 
 
 さて。
 
 これまで、テーマが「傷つくこと」だったので、
 ネガティブな感情について書いてきましたが、
 今回は、ポジティブな感情の役割について書きます。
 
 シリーズの中で、過去の未解決のネガティブな感情があると、
 傷つきやすい状態になるという話を書きましたが、
 
 それ以上に、今日のメインテーマである
 「ポジティブな感情で心を満たしておくこと」は
 重要であると言えます。
 
 
◆ こんな経験、ありませんか?
 
 彼に「お前太ったな」と言われた。
 
 あまり良い言い方ではありませんが、
 まあ、そういう会話、あると思うんですね。
 
 
 ◇ある日の自分は…
 
 直前に、仕事で表彰されて、すごく元気いっぱい。
 さらに、20年来の友達と食事する機会があって、
 とても楽しくて、心のエネルギーが十分チャージされていた。
 
 そこに、彼のその一言。
 
 あんまり、うれしいひと言ではないけれど、
 とりあえず、それほど問題にせず、笑ってスルーできた。
 
 
 ◇ところが…別の日。
 
 直前に、仕事で自分のミスが大ごとになってしまって、
 身の縮む、とてもつらい思いをした。
 さらに、雨が降っていて、靴はびしょ濡れ。気持ち悪い。
 
 なんか、心のエネルギーが枯渇している感じ…
 
 そんなときに、彼の
 
 「お前太ったな」
 
 が来てしまった!
 
 
 弱っているときだったので、
 「ぐさっ」と来てしまった。
 
 
◆ 受け取り方は、出来事の前に経験したものの影響を受ける
 
 実は、受け取る側の心の状態によって、
 できごとの印象って、ものすごく変わってくるものなんです。
 
 だから、
 プラスの感情で心を満たしていれば、傷つきに強くなるし、
 マイナスの感情で心が占められていれば傷つきやすくなります。
 
 ・・・って私が力説するまでもなく、ご存じですよね?
 
 
 今日のメインは、その先の話です。
 
 
◆ 感情の「貯金」は10年単位で考えるもの。
 
 上に挙げた例は、体験として、記憶に残りやすい、
 一連の出来事、数時間内の出来事の話です。
 
 でも、実は、感情の貯金というのは、
 もっともっと、長い期間でも起こっていることなのです。
 
 
 たとえば、結婚して、なんだか窮屈な生活だと思ったけれど、
 別れるのも怖かったので、我慢して生活を続けてきた。
 
 あるときから、急に神経症的症状が出はじめて、
 ちょっとしたことでも、過敏に反応するようになってしまった。
 
 
 こういう場合、プラスの感情の貯金が、
 10年単位で考えたときに、次第に枯渇してしまった、
 ということもあるわけです。
 
 
 本当は、もっとさかのぼると、
 子供時代にまでさかのぼることになります。
 
 
◆ 感情の貯金ぐせ、借金ぐせ。
 
 実は、同じできごとを経験しても、
 楽しかったことに目が向くポジティブな人と、
 イヤなことばかり気になるネガティブな人がいます。
 
 これは、言い換えると、
 
 感情の貯金ぐせがある人と、
 感情の借金ぐせがある人、
 
 という風にも言えると思います。
 
 
 そしてこのクセがどうしてできるのかをひもといていくと、
 子供時代にまでさかのぼることが多いのです。
 
 
◆ 人は、ストロークを得るために生きている。
 
 交流分析のエリック・バーンによれば、
 
 「人は何のために生きるか。それはストロークを得るためだ。」
 
 つまり、人はストローク(存在認知)を得るために
 生きているのだ、とされています。
 
 
 ストロークというのは、
 「おはよう」と言うのもストローク。
 子供の頭をなでるのもストローク。
 (そもそも「ストローク」という単語は「なでる」という意味)
 
 ほめるのもストローク。
 けなすのもストローク(否定的なストローク)。
 
 自分で自分をほめるのも、ストローク。
 
 
 感情の貯金ぐせというのは、
 自分がどんなストロークを欲しているか、
 自分でちゃんと分かっていて、
 
 自分で自分にも肯定的なストロークをあげられて、
 (自分で自分を喜ばせ、気持ちよくさせることができて)
 
 他人からも、上手にストロークを求め、受け取ることができる。
 
 そういう行動の習慣のことなんです。
 
 
 詳しくはまた、次回以降!
 
 
◆編集後記
 
 いや?テレビに映ってましたね?
 なんか恥ずかしいです。
 テレビ映りは、あんまり良くないですよね?
 まあそういう商売じゃないですから仕方ないですけど。
 
 この週末は、
 人間関係力向上セラピスト養成講座
 去年の10月からの期の最終回です。
 
┏━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━┓
 応援ありがとう!まぐまぐ殿堂入り! 祝!20000部
 ◆女と男の「心のヘルス」?癒しの心理学
 ◆ご意見、ご感想お待ちしています。このまま返信!
 ・頂いたメールは、事前確認なく掲載することがあります。
 ・お名前はイニシャルにします。
 ・メール相談は行っていません。また、多数のメールを頂くた
  め、個別の返信はできないことがございます。
 もっと幸せな恋愛・結婚生活・人間関係を求める方に情報提供
 をするのが本誌の目的です。ご自身の責任にてご活用下さい。
 ◆制作:阿妻靖史(あづま やすし 恋愛セラピスト)
 ◆自己紹介はこちらです↓(声の自己紹介があります!)
  http://www.556health.com/archives/2005/07/post_5.html
 ◆登録・解除: http://www.mag2.com/m/0000164141.html
 (解除依頼は受けていません。ご自分でお願いします)
 ◆ウェブサイト http://www.556health.com/
 このメルマガは自主的な登録によってのみ登録になります。
 違法なアドレス収集は一切行っていません。
 ★ご友人への転送は歓迎です。メルマガ全文をお願いします
 ★このメルマガの著作権は発行者であるあづまやすしに属します。
  無断転載を禁じます。転載は【事前に】お申し出下さい。
┗━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━┛