ワールドイメージ,セルフイメージ,基本的信頼

トップページ >  1b.心理学に関するコラム > この世界が安全な場所と感じるかどうかが、幸せな恋愛と関係します(ワールドイメージ)。

この世界が安全な場所と感じるかどうかが、幸せな恋愛と関係します(ワールドイメージ)。

あづまです。

このサイトの記事にも、幼少期の環境のことなど、過去の「事実」に関する問いかけ記事が多数ありますし、その問いかけには大事な意味があるのですが、

・私の両親は、不仲ではなかった
・暴力はなかった
・両親は離婚していない

でも、なんだか恋愛がうまく行かない、どうしてか分からない。

そのようなご意見をいただくことがあるので、もう少し深く突っ込んだ、あづまの見解を記事にしようと思います。


実は、これだけ過去のことをサイトの記事に書いておきながら、こう言ってしまってはミもフタもない感じがすると思うのですが、本質を言うと、過去の事実は、現在の問題とは直接関係ないのです。

過去の事実が、現在の問題と関係しているわけではない、ということ。

もう少し説明すると、「過去の事実として記憶していること」と「現在の恋愛傾向」が関係あるわけではない、ということなのです。


では、現在の恋愛傾向や、人間関係で繰り返し起こる問題の傾向と、関係している「本質」は何なのか、というと、それは、今のあなたの「セルフイメージ」と「ワールドイメージ」です。


セルフイメージというのは、自分がどんな人間なのか、
自分で思っているイメージのこと。

ワールドイメージというのは、こちらはあづまの造語ですが、
今自分が生きているこの世界がどんな場所なのか、
自分で思っているイメージのことです。


セルフイメージも、ワールドイメージも、
心の深いところに置いてあって、日頃は直接意識することは、あまりありません。

でも、何かを体験したときに、その体験をどう「解釈するか」という段階になると、裏で強力に糸を引いてきます。

一例を挙げましょう。


A子さんが「自分はバカだ」というセルフイメージを持っていたとします。
B子さんは、そのような自己否定的なセルフイメージは持っていないとします。

ふたりとも、それぞれ、自分の彼氏とクイズ番組を見ていました。
彼氏が、平坦な調子で「この問題の答え、分かる?」と聞きました。

B子さんは、「あぁ、彼はこの問題の答えが分からないから、私に聞いたんだな」と解釈。
A子さんは、「え!? 私がバカかどうか、テストされてるんだ!」と解釈。


こんな風に、自分が、自分に対して持っているセルフイメージによって、ほとんど同じ体験をしたとしても、その体験の受け止め方が大きく変わります。


と、ここまでは、セルフイメージの説明として、どこかで聞いたことがある話かもしれません。


この記事の本題は、ここからです。

実は、人間は、自分自身に対して「セルフイメージ」を持っているのと同様に、
自分を取り巻く世界に対して「ワールドイメージ」を持っています。
(注:ワールドイメージはあづまの造語ですので、他では通じない言葉です。なお、心理学用語では、「良いワールドイメージを持っている」ことを「基本的信頼がある」と表現します。)


C夫さんは「この世界は基本的に安全で、信頼するに値する」というワールドイメージを持っています。
D夫さんは「この世界は安全ではなく、他人は常に警戒していなくてはならない」というワールドイメージを持っています。


C夫さんは、世界(つまり自分以外の他人)を、根っこの部分で信頼していますので、まず他人に対して、信頼する形から関係を作ろうとします。
他人からの親切は、素直に嬉しい出来事として受け取ります。
ときには、ひどい相手から傷つけられることもありますが、それはC夫さんにとって「例外的な、嫌な出来事」として処理されます。したがって、しばらくしたらその「例外」は忘れて、また、信頼できる世界観を取り戻します。

D夫さんは、世界を、根っこの部分で信頼していません。人間不信なのです。だから、他人に対して、心を開きません。形だけ、あいさつしたり、問題を起こさないように決まり切ったマナーは守るようにしています。もちろん、その動機は、相手に隙を見せないため、相手から攻撃されないためです。
他人からの親切は、D夫さんにとって「例外的な出来事」として処理されます。したがって、しばらくしたらその「例外」は忘れて、また、信頼できない世界観に戻っていきます。
こんな生き方ですから、ひどい相手を引き寄せたり、他人とぶつかることも多くなります。他人から傷つけられることも、もちろんあります。するとそれは、「やっぱり世界は安全な場所ではない」「他人は信用できない」「油断したらやられる」という、D夫さんの基本的な信念を強化する材料になります。


愛情表現をしてくれない夫、
言葉がモラハラ的である夫、
実際に暴力をふるう夫、
何を考えているのか分からない夫、
お金に異常に執着する夫、

などなど、夫婦関係を破壊する行動が多い夫に関して相談を受けていると、
結構高い割合で、その夫が、「ネガティブなワールドイメージ」を持っていることが多いことに気づかされます。

そのような人の場合、
他人を「信頼するかしないか」という、意志や努力の問題ではなく、
他人が「油断ならない相手に見えてしまう」という無意識の問題なのです。
本人に、意識的な努力を求めても、効果が低いのです。


では、ネガティブなワールドイメージは、どうやってできるのか、というと、
子供時代の生育環境が、自分にとって、安全な場所と感じられる環境であったのか、そうでなかったのか、ということが大きいのです。


・私の両親は、不仲ではなかった
・暴力はなかった
・両親は離婚していない

だとしても、
親自身が、ネガティブなワールドイメージを持っていたりすると、
・世間の目を異常に気にするので、子供も常に緊張することになる
・子供の成績のことで、親が異常に不機嫌になったりする
・子供の健全な「わがまま」を、親が「自分に対する否定」と受け取り、怒るので、
 子供が自由な感情を表現できない「空気」が家の中に蔓延する
・親の関心事が「生活の安定」にのみ集中していて、
 お互いの気持ちに関心を持ち合い温かい言葉を交わし合うことはない。

というように、子供の感情面で、安全・安心を感じられない環境ができあがったりするわけです。

自分は、世界(他人)に対して、基本的に信頼できる、という感覚、つまり「よいワールドイメージ(基本的信頼)」を持っていると思うか?

それとも、世界(他人)に対して、基本的に信頼できない、という感覚、つまり「悪いワールドイメージ」を持っていると思うか?

まずは、そのことを考えてみることが、大事なのだと思います。


そして、悪いワールドイメージを持っている場合、人生のどこかに、そのイメージを持つだけの、十分な理由があったはずなのです。それは大抵は、とても小さい頃のことです。

場合によっては、2、3歳の、記憶に残らない頃の出来事かもしれません。

過去の出来事(事実)を頼りに、自分のメンタルな課題について考える方法は、一般的には有効なのですが、このように、記憶に残らないような過去の影響の場合、あるいは、記憶に残りにくい、「空気のような」過去の影響の場合、

過去の出来事を一生懸命思い出そうとすると、疲れるだけになってしまいます。

過去の出来事を思い出すというやり方は、あくまで、手段です。
その手段が、比較的効果的な人は、その手段で行けばいい。
その手段が、やってみて難しい人は、別の手段を使った方がいい、その程度の話なのです。


本質はまず、自分がポジティブなワールドイメージを持っているか、ネガティブなワールドイメージを持っているか、そこに気づくことだと思います。

(ちなみに、もう周知の話なのでこの記事では強調はしませんが、ポジティブなセルフイメージを持っているか、ネガティブなセルフイメージを持っているか、という点も、当然ながら重要です)


子供時代の環境について思い出すことに疲れてしまった方は、少し視点を変えて、ワールドイメージという観点で取り組んでみると、解決の糸口が見えてくるかもしれません。ご参考になれば。






現在募集中のワークショップ一覧はこちら

あなたにぴったりの解決法は


応援クリックありがとう!→←人気ブログランキング

ドットライン

コメント




トップページ >  1b.心理学に関するコラム >  このページ“この世界が安全な場所と感じるかどうかが、幸せな恋愛と関係します(ワールドイメージ)。”のトップへ


この世界が安全な場所と感じるかどうかが、幸せな恋愛と関係します(ワールドイメージ)。の関連記事etc.

1b.心理学に関するコラム 記事一覧

恋愛依存症? つらい恋愛には「感情の扱い方」が大事。 /  身近に回避依存症者がいるあなたへ、対応策と自分を守るアドバイス /  なぜ、あの人は、自分の問題と向き合わないのか? /  愚者は経験に学び、賢者は・・・(さてなんでしょう?) /  相手の問題を指摘するときの「作法」とは? /  本当につらい理由は「愛せなくなるから」 /  コンサルティング的セッションを始めます2 /  コンサルティング的セッションを始めます。 /  心理セラピーが真に役立つとき3【得体の知れない感情の出どころ】 /  私の目指すセラピーは、真の解決志向 /  人生がパターン化するとき(禁止令と人生脚本、つづき) /  友達に「もう別れなよ」と言われる恋愛パターンの、交流分析的説明【禁止令と人生脚本】 /  深いレベルで、自分を変えること(家事の好き嫌いを例として) /  心理セラピーでいちばん大事なのはリソース探し /  心理セラピーが真に役立つとき2【得体の知れない感情の癒し】 /  自分の気持ちが分からない人に試してみてほしい方法 /  心理セラピーが真に役立つとき【得体の知れない感情の癒し】 /  反省には「肯定的反省」「否定的反省」「反省したフリ」がある /  「信じる」には「期待」と「信頼」と「思考停止」がある /  この世界が安全な場所と感じるかどうかが、幸せな恋愛と関係します(ワールドイメージ)。 /  「子供のために離婚しない」という考えは間違いか? /  出来事に、堂々と対応できる自分になろう /  「浮気はなぜいけないのか」これが私の最終回答です。 /  夫(彼)の浮気のあと苦しいのは共依存だからなのか? /  相手を操作する心理学に頼りたくなる自分の弱さに気づこう。 /  許せない気持ちの中には、許さなくていい部分もある。 /  自立しているはずなのに「依存的」と言われるのはなぜ? /  本当に自分のしたいこと、ほしいものが分からない状態とは? /  親が離婚すると子も離婚する!?ー不幸の世代間連鎖の本質 /  夫の望むことをするな、夫のためになることをせよ /  優しい人を選んだつもりが弱い人だった!とならないために。 /  自分の無意識にも責任を持つ、という高い意識を。 /  反省とは、自分の力を信じること。 /  動画:問題解決に当たるときに、必要なことは? /  自分の「ストレス指標」を知ることから始めよう。 /  人間関係には「解なし」があることを前提に取り組むこと。 /  「叱る」とは「あんた不幸に向かってるよ」と諭すこと /  浮気の清算は、借金の清算に似ている /  「浮気はなぜいけないのか?」について議論しましょう。 /  傷が深いときは、愛を補うだけでは解決できない /  見守る愛が足りないケースとその対処法 /  父親的な愛の必要性と、足りない場合の補い方(2) /  父親的な愛の必要性と、足りない場合の補い方(1) /  母親的な愛の必要性と、足りない場合の補い方 /  信じる=思考停止、のことがあるのでご注意を。 /  自我の発達と、精神的成長 /  一緒にいて疲れる女性の特徴ランキングから考察。 /  「いい子」と「思いやりのある子」は違う。 /  精神的成長とは何か(1) 困った人を「自我の発達」から見ると… /  良いことがあったあとには悪いことがある!? /  「被害の受け身」の言葉を使わないようにしよう。 /  4+1個の感情スキルで、感情のコントロールを。 /  意味と印象を、ちゃんと分けて捉えること。 /  痛み止めではなく、治療薬を選択する意志を持つこと /  能力は「借りもの」という意識 /  自己否定のクセはどうやって始まるの? /  問題だらけの人生は、「共依存的人間関係」から生じる /  親の離婚ではなく、家族間の「心の距離」こそが傷になる /  解決不能な問題に向き合い、「受容」に至る道 /  過去に何を経験したかではなく、そこから何を学んだかが大事 /  問題に向き合う4つの態度「解決・放置・回避・責任転嫁」 /  「成長するな」という禁止令に気づこう /  辛い体験を「乗りこえる」とはどういうこと? /  男性は、非言語のメッセージに無自覚に反応する /  責めないけれど、放置もしないためには? /  不幸の世代間連鎖を断ち切ることの大切さ(2) /  視野が狭いと夫婦は仲間割れする /  不倫に陥る理由(父親との関係) /  大人の人見知り克服法 /  怒りのコントロール(3) ?怒りのコントロールが難しい人 /  実空間と像空間?怒りと罪悪感 /  生きるよろこび /  嫉妬も変化の第一歩、のことがある /  家事が嫌いになる心理学的な理由とその解決方法 /  怒りのコントロール(2) /  怒りのコントロール /  感情の出方が間違っていませんか? /  命をつなぐ /  変えられないことを受け入れる /  不幸の世代間連鎖を断ち切ることの大切さ /  不幸な母親とは、訣別しなさい /  共依存的な恋愛の解決法について /  共依存的恋愛?恋愛依存症の泥沼から抜け出すために /  人生脚本の書き換え方(提案) /  罪悪感を手放す方法 /  ときには、課題から逃げることもあっていい。 /  フォーカシングを使って、感情を整理しよう /  自分を大切にするとは、こういうこと /  いじられキャラの心理分析 /  親からもらった一番悪い癖とは【自分の幸せのために努力しないこと】 /  ハイヤーセルフにつながる前に、自我を育てよう /  好きなことをして幸せになれる人、罠にはまる人 /  相手が変わってくれないと嘆く前に /  感情の90対10の法則 /  心理療法を受けて変化できる人、できない人 /  大人って何? /  幸せなとき、心は外を向いている /  心の力について /  自分の心の力を育てる /  アファメーションをしましょう /  幸せなことを100個書いてみましょう /  私は「脱力系」セラピストなので・・・ /  「私は自立した女」のワナ /  マンネリ解消 /  タロット占いについて思うこと /  息子を愛する母親 /  人生初の三角関係! /  依存?自立?相互依存?共依存 /  「相手を変える」たったひとつの方法 /  人気ブログランキング、快進撃中! /  相談するということ /  メルマガ 女と男の「心のヘルス」?癒しの心理学 を創刊して /  メルマガへのコメント受付中! /  メールマガジンサンプル誌 /  このサイトを立ち上げた目的 /  サイトの立ち上げ / 

記事カテゴリー一覧

1.恋愛の悩みに関するコラム(183) /  1b.心理学に関するコラム(116) /  1c.男性向きのアドバイス(32) /  1d.人を動かす秘訣(36) /  1e.結婚生活の悩みに関するコラム(2) /  1g.セラピストまなみのコラム(24) /  2.恋愛セラピー手法・事例・信念(36) /  3.女と男の心理学用語集(168) /  3b.心の化学反応式ー解説書(10) /  4.リンク(11) /  5.書評・レビュー・講演(112) /  6.メルマガバックナンバー(146) /  6b.メルマガバックナンバー2(153) /  6c.メルマガバックナンバー3(151) /  6d.メルマガバックナンバー4(147) /  6e.メルマガバックナンバー5(150) /  6f.メルマガバックナンバー6(65) /  7.恋愛セラピストあづまの日記・提言・発言(29) /  おすすめ・キャンペーン(5) /  オススメ記事(40) /  電話・skype恋愛セラピー(4) / 

オススメ記事

夫の不倫が発覚!さあどうする?という時に役立つ記事たち /  その恋、恋愛依存症かも!? 問題アリの彼から離れられない心理 /  「浮気しない人」を求めても、引き寄せられない理由 /  身近に回避依存症者がいるあなたへ、対応策と自分を守るアドバイス /  「浮気はなぜいけないのか?」について議論しましょう。 /  浮気症の治療法、改善方法 /  恋愛依存症の克服・解消に役立つ心理療法の技法 /  不倫に陥る理由(父親との関係) /  恋愛カウンセリングの受け方 /  モテる男の心理と、落ち着いた大人の男の心理の違い /  謝れない男の心理 /  婚活(結婚活動)の必須科目 心のおそうじ /  共依存的な恋愛の解決法について /  共依存的恋愛?恋愛依存症の泥沼から抜け出すために /  失恋した元彼との復縁方法を探しているあなたに辛口アドバイス /  浮気性、浮気症 【うわきしょう】 /  恋愛コラムby恋愛セラピストあづまやすし /  彼氏ができない理由、自己診断チャート /  マリッジブルーの原因と解消法?男性と女性でこれだけ違う /  黙り込む男の心理 /  いじられキャラの心理分析 /  モテる男の心理(心の問題/回避依存症) /  回避依存症【かいひいぞんしょう】 /  不倫の子を妊娠?中絶or出産?認知は? /  不倫されたときの心の癒し方 /  浮気男の心理 /  恋愛依存症の克服・回復 【れんあいいぞんしょう】 /  浮気チェックの方法 /  夫の不倫に気付いたら /  男の浮気を防止する方法 /  彼氏が出来ないのはなぜ? /  男心をつかむ方法 /  彼氏が出来ない理由、ご意見募集! /  【男心理解】30分でわかる男心のつかみ方 /  彼氏ができない理由、決定版 /  男の心理が分かる心理学レポート【男心理解】 /  男性心理(怒る男性の心理) /  心理学・メンタルヘルス おすすめリンク /  人生の先生・友人リンク1 /  恋愛・結婚おすすめリンク / 


  PR [無料タロット恋愛占い屋]