【ココヘル673】お盆ですね。

親との関係性、について、少し書いてみようと思います。そもそも、親との関係性とは、・従う対象としての親、・見習う対象としての親、を経て、卒業する、というものかな、と、考えています。
 

★女と男の「心のヘルス」ー癒しの心理学 673号 2015.8.12
 
こんにちは。あづまです。
いつも読んで下さってありがとうございます。
 
 
あづまの、人間関係コンサルティング、モニター制度。
知ってました?
 
・縁結びコンサル
・縁切りコンサル
・コミュニケーションコンサル
・引き寄せコンサル
 
メンタルで感覚的なテーマと、合理的(理性的)な判断と、
両方を兼ね備えた、心理コンサルティングです。
 
こっそり言うと、通常3回セットの、あづまのセッションを、
 1回毎に受けられるチャンス、として使えます(*^_^*)
 
今月は、運命の相手ワークショップが控えていて(来月頭)、
月末に男女の仲が深まるセミナーも行いますので、
 
あづま的には、
出会いから引き合いの強化月間です。
(あくまで気持ち的なものですが)
 
このテーマの相談、心からお待ちしております。
 
あづまの人間関係コンサルティング
http://bit.ly/1W0VVZq
 
 
 
お盆ですね。
 
私は比較的親戚づきあいの薄い、
東京的文化で育ったので、
今でも、お盆は単なる休み、ぐらいの
意識で過ごしています。
 
 
あんまり、
野菜に割り箸刺して動物を作ったり(精霊馬)
なども、したことがありません。
 
地方の方が、親戚が集まることが、
暗黙の決まりになっている、
というお家が、多いようですが、
 
 
この時期、
どうしても親との関係など、
意識することが多くなりますね。
 
 
というわけで、今日は、
 
 
親との関係性、
について、少し書いてみようと思います。
 
 
そもそも、親との関係性とは、
 
・従う対象としての親、
・見習う対象としての親、
を経て、
卒業する、
 
というものかな、
と、考えています。
 
 
小さい頃は、親に怒られたり、
親が決めたことに従ったり、
 
親と自分の関係って、
 
親:指示する側
自分:指示される側
 
でしたよね。
 
 
確かに、子供には、
 
頼れる親がいて、
親の言うことだけ聞いていれば安全、
という時期も必要なのですが、
 
いずれ次の段階に進まなくてはいけない。
 
 
次の段階は、
自分のことは自分で決めれば良い。
 
自分の人生にとって大事なことは、
・自分で決めて
・自分で行動して
・自分で責任を持つ
 
で、いいんだ、という感覚が、
 
十分に身についた大人になったときの、
親との関係性。
 
 
それでも、
親は、見習う対象として、
存在し続けるのかな、と思っています。
 
何か、判断を迷ったとき、
お父さんだったらどう考えるのかな?
お母さんだったらどう考えるのかな?
 
 
そうやって、
最終的には自分で決めるので、
既に、主体は自分になっていますが、
 
見習ったり参考にしたりする、
対象として、親がいる、という。
 
同じ方向性で、
もし親がこの段階でまだ生きていれば、
意見を聞く、相談をする、
ということも、あるでしょう。
(あくまで決定は自分の権利、自分の責任、
 という前提で)
 
 
そしていずれは、
卒業する、
 
それが、親との関係、
というものだと思います。
 
 
親が商売をやっていて(要は社長)、
いつまでも、従わなければならないという、
「心理的な理由とは別の理由」による、
関係性があると、
 
この辺の「卒業」がうまくいかず、
関係がこじれることもあったりします。
 
あとは、親自身が無自覚に依存的だったりね。
(色々ありますね)
 
 
でも、こういう、
親との関係は、本来こうあるべきなのでは?
という基準を自分の中に持っておくと、
振り回されにくくなります。
 
 
 
さて、
さらにそこから派生して、
お盆の時期をセラピーに活かそうという話。
 
 
 
私がセラピーで、行動課題として良く出す、
リアルライフセラピー、というのがあるんですが、
 
マイナスのことを思い出すと同時に、
プラスのエネルギーを体験すると、
ふたつが中和されて、マイナスが消えて行く、
 
ざっくり言うと、そういう方法ですが。
 
 
やはり、過去のマイナスのこととして、
親子関係が出てくることは多いです。
 
 
また、エネルギー源としても、
「子供の頃に楽しかったこと」
を今またやってみる、
というものを使うことがあります。
 
 
この時期、
実家に帰省したり、
 
親や、滅多に会わない親戚に会ったりして、
 
過去のことを思い出す機会は、
多いと思います。
 
 
リアルライフセラピーのチャンスです。
 
 
 
子供時代、楽しい思い出が多く、
この時期、実家に帰ると、
楽しい思い出を思い出しやすいという人は、
 
ぜひ、子供時代に帰って、
昔やったことを、またやってみたりしてください。
 
それが、心の元気補給になります。
 
そのときに、最近の仕事上のストレスや、
夫婦関係や子育てのストレスなどを、
思い出してみると、
 
嫌な気分も中和されて、すーっと楽になるでしょう。
 
 
 
逆に、子供時代、つらい思い出が多く、
この時期、実家に帰ると、
つらい思い出を思い出しやすいという人は、
 
何か、プラスのことを思い出せるアイテムを、
必ず持って、実家に帰りましょう。
 
実家にいる期間は、あまり元気補給できる
感じがしないかもしれませんが、
 
過去のマイナスを思い出すチャンスにしましょう。
 
できるだけ、同時にプラスのエネルギーを
感じるようにして過ごします。
 
 
現在のダーリンのことでも、
ペットのことでも、
何でもいい。
 
 
プラスのエネルギーを感じるものを、
同時に思い出すこと。
(細かく言うと「何でもいい」わけではありませんが、
 細かい判断には経験が必要なので、まずは、
 プラスのエネルギーを感じるものなら、何でもいいです)
 
 
子供時代もつらくて、
現在もつらいので、
どっちもできないというアナタ。
 
かなり根本的に、
今の生活、および精神生活を、
変えていかないといけないです。
 
本腰入れて、何とかするために自分で腰を上げるかどうか。
それを決めるのが、第一歩です。
 
 
 
さて、
 
お盆ですね。(さっき言いましたが)
 
 
どうしても、
家族に回帰する期間、
家族・親のことを思うことの多い期間です。
 
この機会を、
せっかくなので、有効活用しましょう。
 
 
というお話でした。
 
 
次回もお楽しみに!
 
 
★Lのマメ知識
 
今日はお休み
 
★脳トレ的クイズ
 
メイクテン、というらしいのですが、
昔は、きっぷの4桁の数字で10をつくる、
というのをやりましたよね。
 
今はきっぷがなくてスイカとかなので、
それもなくなりましたけど・・・ね。
 
さて問題です。
9999
を使って、 ×÷+ーの四則演算だけで、
10にしてください。
 
問題はシンプルですね。
 
解答は、ココヘル+で。
(登録は http://www.556health.com/sp/e-zine/ )
 
 
◆編集後記
 
今日は広島カープの応援に行こうという話
だったんですが、
先週ずっとカンカン照りの日が続いていた割に、
いきなり雨orz
 
これを書いている時点では、
まだ試合中止にはなっていないようですが、
うちの家族は、行くのをやめました・・・
 
野球観戦は、また来年か・・・(すごいスローペースだ)
 
┏━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━┓
 ◆女と男の「心のヘルス」ー癒しの心理学
 祝!TBS・日テレ・フジテレビ出演(目指せNHK!)
 ◆ご意見、ご感想お待ちしています。このまま返信!
 ・頂いたメールは、事前確認なく掲載することがあります。
 ・お名前はイニシャルにします。
 ・メール相談は行っていません。また、多数のメールを頂くた
  め、個別の返信はできないことがございます。
 もっと幸せな恋愛・結婚生活・人間関係を求める方に情報提供
 をするのが本誌の目的です。ご自身の責任にてご活用下さい。
 ◆制作:阿妻靖史(あづま やすし 恋愛セラピスト)
 ◆自己紹介はこちらです↓(声の自己紹介があります!)
  http://www.556health.com/archives/2005/07/post_5.html
 ◆登録・解除: http://www.mag2.com/m/0000164141.html
 (解除依頼は受けていません。ご自分でお願いします)
 ◆ウェブサイト http://www.556health.com/
 このメルマガは自主的な登録によってのみ登録になります。
 違法なアドレス収集は一切行っていません。
 ★ご友人への転送は歓迎です。メルマガ全文をお願いします
 ★このメルマガの著作権は発行者であるあづまやすしに属します。
  無断転載を禁じます。転載は【事前に】お申し出下さい。
┗━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━┛