【ココヘル680】衝動・感情の取り扱い方

【感情】に振り回されるという問題。それと、感情と近いのですが、【衝動】に振り回されるという問題。このあたりが、うまく操縦出来るかどうか、うまく制御出来るかどうか。これって、人生の安定度に、大きく関係します。

★女と男の「心のヘルス」ー癒しの心理学 680号 2015.10.11
 
こんにちは。あづまです。
いつも読んで下さってありがとうございます。
 
 
★恋愛・人間関係コンサルティング はこちら。
 
 個別に丁寧に、問題を紐解き、解決策を提案しております。
 http://www.556health.com/consulting.html
 
 
★幸せな恋愛・結婚・人間関係のための
 心のデトックスマニュアル
 
 感情を癒す、そこだけが目的で、友達にもそれなりに
 恵まれている、そういうあなたは、自分で解決出来ます。
 http://www.556health.com/selfcare/
 
 
 
今回から、また新しいテーマを扱っていきたいと思います。
 
恋愛セラピー、人間関係の問題を扱って、
ずっと相談を受けてきて思うことは、
 
【感情の操縦がうまく出来ないとトラブルになる】
 
というのが、
結局のところ、
ものすごく大きい理由なのだ、ということ。
 
 
他にも原因として想定することは、
いろいろありますが、
 
【感情】に振り回されるという問題。
 
それと、感情と近いのですが、
 
【衝動】に振り回されるという問題。
 
 
このあたりが、
うまく操縦出来るかどうか、
うまく制御出来るかどうか。
 
 
これって、人生の安定度に、
大きく関係します。
 
 
NLPのスキルの中に、
依存症解消というのがあります。
 
正直、習ったときは、
こんなんで治るんかいな?
 
って思ったものですが。
 
 
実際、そんな簡単な話じゃないですよね。
 
 
ただ、
 
本当の「依存症(病名としての)」ではなく、
日常の、感情や欲求、衝動のコントロール
 
というレベルであれば、
 
この考え方は、かなり役立ちます。
 
 
まず、方法論の基本からいきます。
 
 
いま、求めているものを特定します。
たとえば恋愛依存傾向なら、彼のハグかもしれない。
 
自分の体(というか心かな)に聞きます。
彼のハグの代わりに、自分を満たすものは?
 
そして、今後はその答えのものを、
自分を満たすために使っていく、
 
という手順なんですが。
 
 
 
これ、概念的には、
その通りなんですが、
 
 
使いこなすのに、
少しコツがいるんですね。
 
 
もう、今日から彼とは会わない!!!
その代わり、建設的な満足を得る!
 
勉強頑張る!
資格取る!
 
仕事頑張る!
評価を上げる!
 
友達との楽しい時間を持つ!
 
 
よし!!!
 
 
・・・って、こんな荒っぽいのじゃ、
うまくいかないです。
 
 
 
もうちょっと、丁寧に考える必要があります。
 
 
何かに依存しているときというのは、
 
 
本当に自分に必要なものに、
 
【似ているが違うもの】
 
で、かりそめの満足を得ている
 
 
んですね。
 
 
本当に自分に必要なものと、
いま自分を満たしているものの、
 
差異をきちんと知ることが必要です。
 
 
差異とは、
つぎの三つの点での違いのことです。
 
・時間軸
・承認の種類
・満足の純度
 
 
本当はもうちょっと違う形で捉える
べきなのかもしれませんが、
 
セラピー|コンサルの経験上、
このみっつで考えると、大抵整理出来ます。
 
 
 
順番にいきます。
 
時間軸というのは、
いま、欲しいのか、
過去、欲しかったのか、
 
ということです。
 
 
典型的には、
子供時代に、親が子供と触れ合わない子育てをした。
で、どことなく、肌寒い感じの(=「寂しい」の体感覚)
子供時代を過ごした。
 
なので、実は、
過去、ハグが欲しかった、が実は正解。
 
ということがあったとしますね。
 
これを、現在の彼のハグで埋めようとすると、
 
 
その瞬間だけはちょっと埋まった気がするんですが、
彼と離れたらまた、元の寂しい世界に逆戻り。
 
 
だって、欲しかったのは、過去のハグなんだもん。
埋まるわけないですよね。
 
 
解決方法は、追って書いていきますが、
 
ここでは、
 
このように、ズレがあると、
やってもやっても満たされない、
ということが起こるよ、
 
ということを、覚えておいて下さい。
 
 
次に、
承認の種類
 
これも、本人が勘違いしていることが、
結構多いですね。
 
子供時代に、親が子供と触れ合わない子育てをした。
 
あれ、また同じパターンだ。
そうそう、この根っこ、結構多いのよ。
 
ほんとにね、
子育てする人は、子供といっぱいスキンシップ、
してあげてくださいね。お願いだから。
 
 
さて、話を戻しますが、
 
先ほどの「現在ー過去のズレ」パターンとは、
似ているようで、ちょっと違うんですね。
 
 
子供時代に、
「自分はスキンシップを求めたい」
 
ということ自体を、封印してしまうわけ。
 
そうすると、
それは「この世界にないもの」になっているので、
 
(あきらめて)
 
「この世界にあるもの」で自分を満たそうとする。
 
 
彼との、楽しい会話、
友達との、楽しい時間、
 
仕事上での、頑張った結果の「評価」
 
などなど、
精神的に自分が承認をもらえることは、
身の回りに、いっぱいできた。
 
 
でも、
本当はスキンシップが欲しい
 
(けど、それは普通求めちゃ
 いけないものだから) ←と、思い込んでいる。
 
そう、
ここに、ズレが出来る。
 
 
そうして、
なんか満たされない、ということになる。
 
 
これね、
少し違うパターンもある。
 
 
たとえばね、
この間から書いていた、
・美人
・優等生
 
とか。
 
どうしても、
一応持ち上げられる方ではあるけど、
少数派(マイノリティー)になってしまう。
 
本当の意味で、
自分の言いたいこと、
自分の感じていることを言って、
 
分かり合えることが、
特に学生時代ぐらいまでは、
なかなか、ない。
 
 
こういう人の、
本当に求めているものって、
 
自分と同じような経験をしてきて、
同じ感覚を共有出来る、仲間、同志だったりします。
 
でも、元々が少数派なので、
そういう風に分かり合えることは「ない」って
学童期にあきらめているんですね。
 
だから、
本当に欲しいものと、日頃得ている満足が、
ずっと、ズレたまんまになる。
 
 
私もこれ、ありました。
経験しましたよ。
同じ感覚が分かり合える仲間って、
ちゃんと探さないといけないけど、
探しさえすれば、いるんだ、って。
 
 
 
さて、みっつめ行きます。
 
満足の純度
 
 
これはね、
ちょっと上の二つとは
毛色が違うんですよね。
 
 
自分自身の問題というよりも、
相手の問題が大きく絡んでくる。
 
 
典型的には、こういうやつです。
 
 
彼は、一緒にいるときはとても優しくて、
私が「ハグ」を求めているのをよく知っていて、
よく、してくれる。
 
自分自身も、過去のスキンシップ不足があるのを、
自覚しているから、彼のハグをもらいながら、
子供時代を思い出したりして、
 
過去の承認不足を癒すよう努力している。
 
 
長いこと、自分は「ハグ」を求めちゃいけないと
思い込んでいたけど、彼のおかげで、
人肌の温かさを知った。
 
こんなに満たされるものなんだ、って分かった。
 
 
でも、
彼は忙しい人で、
一緒にいるときは、とても優しくしてくれるんだけど、
なんか、私がいなくても、彼の世界は回っている、
 
そう感じることがある。
 
彼は全然、私に依存していない。
 
私がいなくなっても、
きっとまた、別の人を見つけるだろうし、
 
彼は全然、私に依存していない。
 
 
それが、
ときどき、
 
もやもやする。
 
なんか、
 
腹立つ。
 
 
でも、
でも、
でも・・・
 
 
うまく表現出来ない・・・
 
 
 
みたいな感じでしょうか。
たとえばね。
 
 
これね、
 
少し解説すると、
 
 
彼は、
彼女と深くつながることを、
避けているんですね。
 
これは、彼の心の中にある、
人と深くつながることへの怖れが原因です。
 
彼、怖いんです、要するに。
 
 
でも、その怖い気持ちを、
自分でちゃんと背負っていない。
 
人は、自分の気持ちを、
自分でちゃんと背負わないといけない。
 
自分の感情に責任を持つ、ということです。
 
 
それをしないと、
周りの人に、悪影響が波及してしまうの。
 
 
彼の場合は、
自分の中にある怖さと向き合ってないから、
 
それが彼女に波及してしまったわけ。
 
 
電波のように?
 
 
私その言葉、好きじゃないです。
電波はマクスウェルの方程式に従って、
電場と磁場が交互に振動して、真空中を伝わるという、
電磁波の一種です。
 
失礼しました(笑)
 
 
というか、
彼は、行動を通じて、
彼女に自分のマイナス感情を押しつけているんですね。
 
 
深くつながらない、
「君を失ったら怖い」と言わない、
彼女に対して「さっぱりした」態度ばかり見せる、
 
という形で。
 
 
 
さて、
話がだいぶ脱線してきたので、
彼女の方の視点に戻ります。
 
 
満足の純度
 
 
でしたね。
 
 
彼のハグはいいものだけど、
彼は優しくしてくれるけど、
 
そう、
 
彼の優しさ、愛情には、
 
 
どうしても、
 
彼が自分で責任放棄した、
彼自身の負の感情が、
 
 
混ざってくるんです。
 
 
濁りがある。
 
純粋じゃない。
 
 
プラスのエネルギーに、
マイナスのエネルギーが、
くっついてしまっている。
 
 
そういうこと。
 
 
 
ということで、
今日はココまで。
 
 
まとめると、
 
依存症の解消のスキル
とても役立つけど、
まず、丁寧に自分を見つめないと、
失敗する。
 
丁寧に見るとき、
 
本当に欲しいものと、
今得ているものの差異を、
 
ちゃんと知ることが大事。
 
 
差異とは、つぎの三つのポイントで見ると良くて、
 
・時間軸
・承認の種類
・満足の純度
 
 
今日はココまで。
ではまた!
 
次回もお楽しみに!
 
 
 
 
ところで、こっそり書きますが、
ココヘル+の方で発表するキーワードを
セラピー申込の時に書いて下さったら、
 
メルマガ読者さん限定の特典小冊子を
差し上げます。
 
【ココヘル+】 ご登録はこちら。
http://www.556health.com/sp/e-zine/
 
 
 
 
★Lのマメ知識
 
今日はお休み
 
★脳トレ的クイズ
 
今日はお休み
 
 
 
★無料メールセミナー
「セラピストのコンサルスキル」
 
メール講座の内容は、こんな感じです。
 
「セラピストのコンサルスキル」
(1)「不倫をやめたいのですが」という相談を受けたらどう対応する?
(2)「浮気」と聞いて浮気を思い浮かべてはいけない理由
(3)「浮気してしまった夫」からの相談を受けた場合の対応
(4)本講座の特徴・意義
(5)「出会いがない」系の相談を受けたらどう対応する?
 
 
登録したからといって、
しつこくメールが届いたりしませんので、
(全5回です)
 
興味のある方は、
ぜひご登録下さい。
 
ご登録は、
心理セラピー&人間関係コンサルティング講座のページから。
http://www.556health.com/sp/r_therapist_ws/part_a.html
 
 
 
◆編集後記
 
最近、ココヘルのメインサイトに、自らほんと、手を加えています。
毎日毎日・・・結構色々気づくことが多くて・・・
放置してたものとか・・・
メンテナンス重要ですね。やっぱり。
 
┏━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━┓
 ◆女と男の「心のヘルス」ー癒しの心理学
 祝!TBS・日テレ・フジテレビ出演(目指せNHK!)
 ◆ご意見、ご感想お待ちしています。このまま返信!
 ・頂いたメールは、事前確認なく掲載することがあります。
 ・お名前はイニシャルにします。
 ・メール相談は行っていません。また、多数のメールを頂くた
  め、個別の返信はできないことがございます。
 もっと幸せな恋愛・結婚生活・人間関係を求める方に情報提供
 をするのが本誌の目的です。ご自身の責任にてご活用下さい。
 ◆制作:阿妻靖史(あづま やすし 恋愛セラピスト)
 ◆自己紹介はこちらです↓(声の自己紹介があります!)
  http://www.556health.com/archives/2005/07/post_5.html
 ◆登録・解除: http://www.mag2.com/m/0000164141.html
 (解除依頼は受けていません。ご自分でお願いします)
 ◆ウェブサイト http://www.556health.com/
 このメルマガは自主的な登録によってのみ登録になります。
 違法なアドレス収集は一切行っていません。
 ★ご友人への転送は歓迎です。メルマガ全文をお願いします
 ★このメルマガの著作権は発行者であるあづまやすしに属します。
  無断転載を禁じます。転載は【事前に】お申し出下さい。
┗━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━┛