【ココヘル733】恋愛ドクターの遺産第一話(6)変化4

 

★女と男の「心のヘルス」ー癒しの心理学 733号 2016.12.13
 
こんにちは。あづまです。
いつも読んで下さってありがとうございます。
 
 
 
★自習型のセルフセラピー教材
 幸せな恋愛・結婚・人間関係のための
 心のデトックスマニュアル
 http://www.556health.com/selfcare/
 
★「阿妻式恋愛眼力トレーニングDVD」
 21日間のトレーニングで学ぶ 潜在意識レベルの変容を目指した、
 セラピースキル満載の恋愛パターンの改善プログラムです。
http://bit.ly/12X06ZC 
 
 
 
現在は、私の伝えたいセッションの理想を、
小説風にしてお伝えしようと、
作品を書いています。まあ、読みものとして
楽しんで頂ければと思います。
 
また、少しまとめて、解説を「ココヘル+」の方で書きたいと
考えていますので、物語だけではなく、心理学の学びがほしい、
という方は、そちらも合わせてご活用ください。
 
ココヘル+
http://www.556health.com/sp/e-zine/
 
 
 
 
前回までのあらすじ
 
離婚の危機で悩んで父親に相談したゆり子は、
伝説のカウンセラーで「恋愛ドクター」の異名を取る祖父(故人)の
ノート「恋愛ドクターの遺産(レガシー)」を父から渡された。
そのノートは小説になっていて・・・
今回はクライアントのこばやんの数回目のセッション、ドクターは
「仕事ストレス」からの「罪悪感」や「無力感」を夫婦不仲の原因と推定。
ところがセッションの終わりに、なつをに対して否定したはずの
愛情飢餓説を再び口にしたのだった。ドクターの意図はいったい・・・?
 
【登場人物】
(現在の人物)
 ゆり子 父からノートをもらった。離婚するかどうか悩んでいる
 幸雄 ゆり子の夫。 仕事はできるが共感力のない人。
(ノートの中の人物)
 恋愛ドクターA ゆり子の祖父(故人) ノートを書いた本人
 なつを ドクターの助手
 こばやん 今回のクライアント 妻に離婚を突き付けられ相談に来た。
 
 
 
恋愛ドクターの遺産(レガシー)(6) 変化ー4
 
 
「いや、実はそうではないかもしれない、と思っているんです。
 幼少期の愛情飢餓問題。そのことで、少し相談があるんですが。」
 
(えっ! なんと!)
 
なつをは心底驚いた。先生がなつをに対してあれほど明確に否定した
愛情飢餓説を、クライアントを前にして堂々と言ってのけたのだ。
 
(そんな・・・やっぱり、自分が言うのは良くて、私が言うのは
許さない、ということなの・・・?手柄を独占したいってこと?
 尊敬できる先生かと思ったけど意外に器が小さいのかも・・・)
なつをの脳裏に、以前一度浮かんだ疑念がまたよみがえってきた。
 
 
「幼少期の愛情飢餓。私にはそういう問題がある、
ということでしょうか?」
こばやんが尋ねた。ひとつ課題をクリアしてスッキリしたばかりで、
また次の課題があると言われて、戸惑っているようだった。
しかしドクターは全く動じることもなく、いつも通りの調子でこう言った。
 
「いや、そうではありません。愛情飢餓の問題を持っているのは、
奥さまではないかと考えているのです。」
 
「えっ?」
「えっ?」
こばやんとなつをは同時に声を上げた。ドクターはなつをの方を
チラッと見た。助手は静かにしていなさい、という意味だった。
なつをは心の中で「すみません」といいながら軽く頭を下げた。
 
「さきほど、こばやんの課題については、一番大きいものが、会社の
危機に十分力を発揮できなかったと自分を責めていたことによる罪悪感・
無力感、と申し上げましたが、それは、それでよいと思っています。
但し、ご夫婦の関係がうまく行かない原因として一番大きな要因、
ということになりますと、実は奥さまの側の問題・・・幼少期の愛情飢餓
の問題・・・が、こばやんの課題よりも少しだけ大きいのではないか
という印象を持っています。」
 
「えっ?そうなんですか?」
 
「えぇ。でも今日は、色々ワークもしましたし、全部こと細かく説明
する時間もありません。そこで、この仮説は私を信用して頂いて、
ひとつ試して頂きたいことがあるのですが。」
 
「はい。先生の仮説なら、信じて進める気がします。」
 
「奥さまは、ときどきご実家にお帰りになっているのですよね。
その奥さまに、毎日メールか電話をする。そして、ここが大事なところ
ですが、あえて、サンドバッグ役になって電話してください。変な話
ですが、たとえばご自分が本物のサンドバッグになって、奥さまの
パンチやキックを受け止める、というイメージを頭の中で作ってから、
メールをする、電話をする、ということを、一ヶ月ぐらい続けてみて
ください。」
 
「・・・はーぁ。なるほど。これ、結構キツイ修行やね。」
「そうですね。ただ、今のこばやんなら、ある程度頑張れるかもしれない、
と思うので、提案しているんです。」
 
「先生はどうしてそう思われるのですか?」
 
ドクターは質問には直接答えず、さらに話を続けた。
「以前険悪になった頃には、奥さまから色々言葉で責められたことが
あったのではないかと思うのですが。」
「えぇ。ありました。あれはキツかったですわ。」
 
「もし、奥さまがお家に帰っていらっしゃった場合、それと同じように、
奥さまの言葉を受け止めることを、またやってみてほしいのです。」
「はい。頑張ります・・・でも結構しんどいかもしれません。」
 
(いきなりこんな大変な宿題を出して大丈夫なんだろうか・・・?)
サンドバッグになれ、とかなり精神的にキツイ行動課題を、平気で
出している先生に対して、なつをはそう思った。
 
「まあまあしんどいとは思いますが、実は以前ほどじゃないと思いますよ。」
 
怪訝そうな顔をしているこばやんに対して、ドクターはさらに続けて言った。
「では、奥さまが以前のように、こばやんを責め立てる、という
場面を想像してみてください。」
 
「・・・はい。」
少しだけ、こばやんの表情が曇る。
 
「今どんな感じですか?とてもしんどくて耐えられない感じ?」
 
こばやんは、意外そうな顔をしながら答えた。
「いや、意外と出来るかもしれへん、と思いました。前はほんまに
しんどかったのに、なぜなんでしょう?」
 
「詳しくは、そのうちお話ししますよ。でも、人は、目の前の出来事から
直接影響を受けるわけではないのです。それを心の中で解釈して、それで、
どんな気持ちになるかが決まる。
こばやんは、以前は、ご自身を責めていらっしゃったわけですよね?」
 
「そうですねぇ。」
 
「ということは、同じように責められても、以前の方が、自分で自分を
責めて苦しくなる、という度合いが大きかったわけです。自分を責めるのが
止まった今、以前より、他人から責められることに、強くなったわけです。」
 
「はぁ・・・そういうもんですか。いつも勉強になりますわぁ。」
 
そろそろ時間だ。セッションは終わり、こばやんは、先生ありがとう
ございました、と言って、深々と頭を下げて帰っていった。
先生も同じぐらい深々と頭を下げていたのがなつをには印象的だった。
 
(つづく)
 
 
こちらにもアップされています。
まとめ読みには便利かも・・・
あづまやすしのサイコロジーな毎日
http://556health.com/consultant/
 
 
 
 
★自習型のセルフセラピー教材
 幸せな恋愛・結婚・人間関係のための
 心のデトックスマニュアル
 http://www.556health.com/selfcare/
 
★「阿妻式恋愛眼力トレーニングDVD」
 21日間のトレーニングで学ぶ 潜在意識レベルの変容を目指した、
 セラピースキル満載の恋愛パターンの改善プログラムです。
http://bit.ly/12X06ZC 
 
 
 
ご相談のご用命は、こちらから。
 
★恋愛・人間関係コンサルティング(旧名称:恋愛セラピー)はこちら。
 
 個別に丁寧に、問題を紐解き、解決策を提案しております。
 http://www.556health.com/consulting.html
 
 
 
◆ココヘル主催のワークショップ・セミナー一覧はこちら
 http://www.556health.com/work.html
 
 
◆編集後記
 
昨日今日は家でゆっくり休んでました。
今日は山に登る予定だったんだけどなー。
ギリギリいけそうな気もしたんですが、喉の痛みが
朝は少しだけ残っていたので、大事を取って、
山はお休みしました。
 
でも、小説は結構筆が進むんだよな〜
(筆じゃなくてキーボードで打ってますが)
 
┏━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━┓
 ◆女と男の「心のヘルス」ー癒しの心理学
 祝!TBS・日テレ・フジテレビ出演(目指せNHK!)
 ◆ご意見、ご感想お待ちしています。このまま返信!
 ・頂いたメールは、事前確認なく掲載することがあります。
 ・お名前はイニシャルにします。
 ・メール相談は行っていません。また、多数のメールを頂くた
  め、個別の返信はできないことがございます。
 もっと幸せな恋愛・結婚生活・人間関係を求める方に情報提供
 をするのが本誌の目的です。ご自身の責任にてご活用下さい。
 ◆制作:阿妻靖史(あづま やすし 恋愛セラピスト)
 ◆自己紹介はこちらです↓(声の自己紹介があります!)
  http://www.556health.com/archives/2005/07/post_5.html
 ◆登録・解除: http://www.mag2.com/m/0000164141.html
 (解除依頼は受けていません。ご自分でお願いします)
 ◆ウェブサイト http://www.556health.com/
 このメルマガは自主的な登録によってのみ登録になります。
 違法なアドレス収集は一切行っていません。
 ★ご友人への転送は歓迎です。メルマガ全文をお願いします
 ★このメルマガの著作権は発行者であるあづまやすしに属します。
  無断転載を禁じます。転載は【事前に】お申し出下さい。
┗━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━┛